厳粛かつ静謐な平和式典を。有志市民が立ち上がる。【勇気を伝えるためにシェア】


 

 

 今年の状況は、大きな変化がありました。ついに「静かな慰霊」のために市民が立ち上がる。左派が言う「いわゆる市民」ではなく、本当に静かな祈りを求める市民たちです。広島市の資料として公開されたHPでは、デモ集会を等を行っているのは”中核派”なども含まれており、過激派も出ていたということです。
 『厳粛勝つ静謐な平和式典を。」という旗とともに、静かに立ちふさがる市民たち。この写真は、ウイグルを応援する全国地方議員の会でもお世話になっている、広島市の山路英男先生より頂きました。

(以下、引用)
 毎年8月6日の原爆ドーム前には朝6時くらいから様々な団体が集結し、デモ集会などを開催します。
広島市の資料によれば、当日原爆ドーム前に集結するのは、8・6ヒロシマ大行動、日本社会主義青年同盟(社青同)解放派、第九条の会ヒロシマ、日本山妙法寺、在日特権を許さない市民の声(在特会)、日本第一党、民族自警団日本暁乃会。
 この中でも特に大規模デモ集会を行うのが8・6ヒロシマ大行動で、広島市の資料によれば団体の中心は中核派です。参加者は例年300~400人程度。デモ集会ののち、行進を開始し、式典会場付近や本通などまちなかを練り歩き、鳴り物を打ち鳴らし、拡声器を使ってシュプレヒコールを行います。
また、青いヘルメットにゲバ棒を持った集団は日本社会主義青年同盟開放派です。前記中核派もこの団体も目的はプロレタリア世界革命。警察白書では極左暴力集団に指定され、マスコミは過激派と呼んでいます。
(ここまで【公式】静かな8月6日を願う広島市民の会HPより引用)

 この光景は、恐らく報道には載らない、まさに広島市民の声でしょう。
 ネットを通じて、是非、伝えて行って頂きたい。誰かの勇気になるために、被爆都市の本当の思いを伝えるために。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

今年も喧噪

ご覧ください。

 

「静かな祈り」を求める人もいます。
それは忘れないでください。

かと言って、”いわゆる市民”にも、思想信条の自由があり、表現の自由があることはまずもって述べさせて頂きます。
その上で、「静かに慰霊」したい人もいるということは、両論併記として述べさせて頂きます。

 

 

 

私個人の意見にはなりますが、彼等の掲げるスローガンと、広島の祈りに何の関係があるというのでしょうか。
少なくとも”静かに祈りたい”という思いを踏みにじる権利は誰にもありません。

 

 

 

立ち上がる市民

涙が出ました。

これほど勇気を伝える写真はない。

 

 

 

心なしか、警察官も誇りをもって立っているように見えます。

 

 

 

静かな8月6日を願う広島市民の会
以下、公式HPより紹介させて頂きます。

 

 

毎年8月6日の原爆ドーム前には朝6時くらいから様々な団体が集結し、デモ集会などを開催します。
広島市の資料によれば、当日原爆ドーム前に集結するのは、8・6ヒロシマ大行動、日本社会主義青年同盟(社青同)解放派、第九条の会ヒロシマ、日本山妙法寺、在日特権を許さない市民の声(在特会)、日本第一党、民族自警団日本暁乃会。
この中でも特に大規模デモ集会を行うのが8・6ヒロシマ大行動で、広島市の資料によれば団体の中心は中核派です。参加者は例年300~400人程度。デモ集会ののち、行進を開始し、式典会場付近や本通などまちなかを練り歩き、鳴り物を打ち鳴らし、拡声器を使ってシュプレヒコールを行います。
また、青いヘルメットにゲバ棒を持った集団は日本社会主義青年同盟開放派です。前記中核派もこの団体も目的はプロレタリア世界革命。警察白書では極左暴力集団に指定され、マスコミは過激派と呼んでいます。

 

広島市はこの状況をどう捉えているのか?

本来、原爆ドーム周辺は平和記念公園内であり、集会などで利用しようと思えば、広島市公園条例第四条にもとづき、広島市長の許可が必要です。しかしながら、8月6日の朝に原爆ドーム周辺に集結する団体は利用の許可は一切受けておりません。つまり無許可です。
広島市では、これら幟や横断幕を掲げ場所を占拠し、次々と登壇しマイクを使ってアジ演説を行う行為、集団で座り込んだり立ち止まったりして、それに聞き入っている状態を「集会」とみなしておらず、実質、黙認状態。占用を許可しているような状態です。
それどころか、一部団体が占拠している場所をコーンバーで囲い多数の市職員が取り囲んでいます。
市の担当者の説明では、他団体との衝突を避けるため、また通路を確保するためにコーンバーを設置しているとのことですが、傍目に見るとあたかも彼らのために場所取りをし、警護をしているかのようです。

 

祈りの最中にも響き渡るシュプレヒコール

例年、8・6ヒロシマ大行動のデモ行進は、全国から集まった全学連や労働組合のメンバーが加わり数百人規模で実施されます。
原爆ドーム前での集会ののち、平和記念式典に合わせて行進を開始。幟や横断幕を掲げながら、元安川東岸を南下、式典会場周辺を通り平和大通りへ。さらには本通や鯉城通りなどまちなかを終日練り歩きます。太鼓やホイッスルなどを騒々しく鳴らしながら、拡声器を使ってシュプレヒコールを上げます。
表向きは「反戦・反核」を謳いながら、それに乗じて政権批判、首相批判、改憲反対、原発反対、辺野古移設反対、天皇制粉砕などなど、原爆死没者の慰霊や核兵器廃絶、世界恒久平和とは無関係なことまで主張しています。一昨年は韓国人活動家も参加し、韓国をホワイト国から除外したことに抗議して「韓国への輸出規制反対」を叫んでいました。
わが国ではいかなる思想、信条、主義、主張を持とうが個人の自由です。しかしながら、せめて原爆死没者の慰霊ならびに核兵器廃絶、世界恒久平和を祈る場においては控えていただきたいです。広島市としても式典の静謐を保つべく、式典中のデモについては控えるよう団体に要請していますが、現憲法下における言論の自由、表現の自由を盾にとって、拡声器や鳴り物を使ったデモを一向にやめようとはしておりません。

(後略)

 

 

静かな8月6日を願う広島市民の会

 

 

 

広島市議会、「厳粛」と定めた条例を可決
実は、市議会の条例制定があったのです。

広島市議会は意地を示した。
修正などもあったようで、覚悟を持って臨んだものでしょう。

 

下記は産経より。
採択直前の記事です。

「厳粛」と定めた条例で変わるか 喧噪の「広島原爆忌」デモ

 

例年「原爆の日」の8月6日に広島市の平和記念公園で営まれる平和記念式典をめぐり、市議会が式典を「厳粛の中で行う」と定義する条例の制定を目指している。式典時に拡声器を使った式典とは無関係の内容での大音量のアジ演説やデモ行進が常態化していることが背景にある。表現の自由の観点から批判の声も上がったが、多くの市民は賛意を示し、25日にも賛成多数で可決される見通しだ。

市議会全会派の代表で構成する会議で令和元年7月から議論されてきたのが、「平和推進基本条例」だ。前文と全10条からなり、6条2項で式典を「市民等の理解と協力の下に、厳粛の中で行う」と規定。昨年12月に素案をまとめ、市民によるパブリックコメントやいくつかの修正を経て、今月21日、各会派に修正案が示された。

(後略)

 

採択までは、紆余曲折もあったのでしょう。

 

平和推進条例、市民の勉強会広がる 広島市議会の案に疑問の声も

 

広島市議会が議員提案を目指している平和推進条例(仮称)の素案について、平和活動に関わる市民たちの間に勉強会などの動きが広がっている。素案に記された「市民の役割」や「平和」の捉え方などを疑問視する声が上がっている。

 8日、素案に関する市民の「検討会」がビデオ会議で開かれた。広島自治体問題研究所(中区)が主催。平和・反核団体の市民たち約20人が参加した。

(中略)

平和推進条例の制定についての議論は2017年6月、市議会の平和推進・安心社会づくり対策特別委員会で始まった。その後、各会派代表でつくる政策立案検討会議が引き継ぎ、約4年間かけて素案を作った。

(後略)

 

 

そして弁護士会。

平和推進条例の素案「表現の自由制約の恐れ」と懸念 広島弁護士会が声明

 

 広島市議会が議員提案を目指す平和推進条例(仮称)の素案について、広島弁護士会は12日、条文を改めるよう求める会長声明を市議会と市に提出した。市民の役割を「本市の平和の推進に関する施策に協力する」と定め、平和記念式典を「市民の理解と協力の下に、厳粛の中で」行うとした2箇所について、「市民の表現の自由が制約される恐れがある」と懸念を表明している。

 声明では、市民の役割を定めた5条と、平和記念式典のあり方を定めた6条2項について「賛同できない」と強調。市民が自分の意見にかかわらず市の施策に応じなければならない根拠となりかねず、式典中に会場周辺で拡声器を使って意見表明する市民に対し市が事実上、禁止を迫る恐れがあると危惧している。

 素案に罰則はないが、憲法が保障する表現の自由を踏まえ「市民の表現行為に与える萎縮効果は大きい」としている。

(後略)

 

 

広島市民は、意地を見せた。議決を要望。

被団協「慎重審議を」 平和推進条例、別団体は議決要望

 

広島県被団協(坪井直理事長)と県原水禁は14日、平和推進基本条例の制定を目指している広島市議会に対し、15日開会の定例会での制定を見送り、あらためて慎重に審議するよう求める要望書を山田春男議長に提出した。公募で寄せられた市民意見が反映されていないなどと訴えている。

 県被団協は要望書で、平和記念式典を「厳粛の中で行う」と定める第6条2項などが「市民の行動を制約すると受け止められる」と懸念。条例案をまとめた市議会の政策立案検討会議で「市民意見が一顧だにされなかった」とし、「多様な意見を切り捨てず、ともに歩むことが平和の根本ではないか」と訴えている。

(中略)

一方、市民団体「静かな8月6日を願う広島市民の会」(東区)などは現在の条例案に賛成の立場で、山田議長に要望書を渡した。検討会議について「意見に真摯(しんし)に向き合って条項を丁寧に検討した」と評価。15日開会の定例会で議決するよう求めた。

(後略)

 

 

こちらは、可決を伝える記事。
中国新聞です。

広島市議会が平和条例可決 「記念式典を厳粛の中で」条項残す

 

広島市議会(定数54)は25日、本会議を開き、議員提案した平和推進基本条例案を賛成多数で可決した。前文と全10条からなり、平和の推進に関する市の責務や市議会と市民の役割などを定めている。言論規制につながる恐れがあるなどとして市民団体や被爆者団体が懸念を示していた、平和記念式典を「厳粛の中で行う」との表現は残した。近く施行される。

(中略)

第6条2項は「市は、平和記念式典を、市民等の理解と協力の下に、厳粛の中で行うものとする」と記した。二つの広島県被団協や広島弁護士会などが「十分議論されていない」「市民の行動を制約すると受け止められる」などとして、提案の見送りや修正を要望したが、実現しなかった。

(中略)

採決では、山田議長と欠席1人を除く52人のうち8割の42人が賛成した。反対は9人で、共産党5人、市民連合2人、自民党保守クラブ1人、市政改革ネットワーク1人。市政改革ネットの1人は退席していた。

 

議長は採決に加わらないのは全議案で共通の、通常のことです。賛否が同数になった場合に、最後の一票を投じる場合はあります。よって、議長が反対したという意味ではありません。

ほぼ共産党と「市民」連合だそうで、議会の構造が手に取るように分かります。

市議とは、市民それぞれから選ばれており、広島市議会の議会構成としては「”いわゆる市民”の代表者は、少数」であることも示された次第です。これが民主主義です。

 

広島市議会は、意地を見せた。
広島市民は、意地を見せた。

 

 

 

看板設置

「たったこれだけ」と言うかもしれない。
しかし、この看板があることの意味、その重みは前述の報道を見て頂くと分かると思います。

 

その上で、この写真です。

 

 

 

静かな、意思表示だったのだろう。

 

けれども、力強い意思表示だったのだろう。

 

揉めに揉めた条例制定だったのだろう、

 

議員提出条例にこめた、広島市議会の意思表示。

 

議会を動かした広島市民の思い。

 

そこに示された、たった一枚の看板、

 

集った広島市民の思い、願い。

 

喧噪ではなく、ただ静かな祈りを。

 

これほど日本人の魂を奮い立たせるものはあるだろうか。

 

原爆で犠牲となった全ての方に、静謐な祈りを捧げる方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

12 Responses to 厳粛かつ静謐な平和式典を。有志市民が立ち上がる。【勇気を伝えるためにシェア】

  1. ta のコメント:

    本当に弁護士って奴らは・・・
    「市民が自分の意見にかかわらず市の施策に応じなければならない根拠となりかねず」
    何が悪いんでしょうね?独裁者でもいるんですかね?個人の我儘は押し通せる世の中が欲しいってことですか?
    コロナで問題になった公による私権の制限(でしたっけ?)に立ちふさがる考え方がこれですよね。
    やっぱりこういう人達が、ねー。

  2. ミカンの実 のコメント:

    酷い‼️この一言です。静かに慰霊もまともに出来ないなんて、遺族の心と人権を無視している行為。コロナ禍の中、集まって許可も得ずにうるさいデモをやって一体何事? 病気にかかって死にたいの?

    こういうデモをするのか資金源はどこから出ているのですかね?

    • 常磐本線 のコメント:

      ミカンの実さま

      おそらく、支那でしょうね。
      (自然災害・チャイナボカン頻発してるのに、工作員扇動させる余裕あるのか疑問ですが)
      沖縄のように茶封筒に入った支給明細書落ちてたりするのでは。

  3. ミカンの実 のコメント:

    広島市民の皆様、条例の制定素晴らしい。でも本当は、こういう事をいちいち条例で制定しなければならない状況には腹が立ちます。静かに慰霊して祈りを捧げたいです。

  4. 元修羅の国の住民 のコメント:

    青い幟とプラカードの人達は
    どういった団体のひとたちなのだろうか?と疑問に思ってました。
    そういった事だったのですね。

  5. BLACK のコメント:

    広島市民の皆様と広島市議会の皆様に心からの敬意をお伝え申し上げます。
    それにしても、今まで、ここまで、どれだけの不快な騒音に耐えてこられたのかと思うと
    強い憤りを感じます。
    特に被爆者と遺族の方々のご心情を思います。

    市民団体・反核団体・反戦団体・活動家の方々は
    広島や長崎に限らず、どんなことでも、どんな時でも、つくづく人の命を軽く扱う方々だと感じます。
    「人権」「平和」「反戦」「反核」と叫んでおられる方々が
    実際には、人の命、人権、亡くなった方々の命も人権も、非常に軽く扱っておられるのです。
    戦争や核被害や自然災害やスキャンダルに関連して
    被害者や遺族を自分たちの主張の為に利用し、こじつけ、時には騙し
    そのクセ、被害者や遺族のことを考えません。
    ましてや、慰霊や鎮魂などの気持ちも無く、考慮もしません。
    被害者や遺族はただの利用出来るツールでしかないように感じます。
    利用出来るものはとことん利用する。
    それの何が悪いのか、と思っておられるのかも知れません。
    そう、合理的と言えば合理的なのです。
    慰霊や鎮魂など考えないのでしょうし、非科学的で、非合理で、迷信扱いなのかも知れません。
    そのような意味では彼の国と非常に考え方や価値観が似ています。

    慰霊や鎮魂の心も無く
    被害者や遺族の人権も軽んじるならば
    その方々が主張なさる
    「人権」「平和」「反戦」「反核」の正体は知れています。

    私はそう思っています。

    以上 文責 BLACK

  6. 福岡 秀憲 のコメント:

    腹が立つのですが、このことを逆に騒ぐのも「慰霊」に反するし、素直に考えて、

    「平和推進基本条例」では無く、「迷惑条例」の制定が望まれますよね。

    そういう働きかけが必要と思いました。

    広島や長崎では難しいのかな、やはり……

    「中核派」近頃、表面化していますね。「中共」の工作浸透が段階変わってきたということですよね。今のままでは……という危機感を感じずにはおられない。

  7. 神無月 のコメント:

    常識的な事を成す為にも条例が必要となり、その条例を成立させるだけでも多大な苦労が伴う世の中で、民主主義の基本である過半数多数で成立されたことを嬉しく思います。

    民主主義の基本は、自由(権利)と平等(義務)=平和でしょうか。
    今回の成立には、自由よりも平等を優先されたわけです。

    されど、平等を優先すれば自由は失い、自由を優先すれば平等を失います。

    この矛盾が平和の基本なのですから、バランスがとれない民族の世の中では、争いが絶えないわけです。

    ましてや、式典で主張する方々は、妨害?が主目的なのですからね。

    さて、TOKYOオリンピックもテロ無く無事に終わり良かったです。
    選手、スタッフ、警備の皆様には感謝しか有りません。

    開会閉会式は利権が見え隠れして、個人的には評価が厳しいですが、見える様になった事は時代の変化を感じさせます。

    様々な特権が隠せない時代に移ったのでしょうか。
    .

  8. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    広島市側の条例制定は英断だと云えるものの彼奴等がマイノリティだったと
    しても結局報道機関まで味方につけて世論を扇動している時点で云えばそこ
    には疑念すらありますしweb上における言論弾圧に加え社会科学を標榜した
    上級国民のような教授風情に実権を掴まれているも同然の世間も含めて
    云えばこっちが劣勢かというものもあります。

    そういったところでどう対峙するかというものはあるとして上品ぶって
    綺麗事じみた物言いをしても無駄な相手もいるところもありますので
    目には目を、やられたらやり返せ、でなければ相手も増長するものしか
    ない場合もあるので手を焼く話でもありますよね…

  9. 広島のお好み焼き のコメント:

    広島市にも、行橋市の小坪先生と同じような志と、信頼関係のある先生がいらっしゃることを大変嬉しく、心強く思いました。

    広島市の山路英男先生、ありがとうございます。
    応援します。

  10. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    小生にも広島在住の人脈はありますので、アノ連中の馬鹿騒ぎの事に関して聞いた事がありますが、率直に言って「喧しくて、邪魔な存在」である事には違いが無い様です。
    何も保守層ばかりがそう思って居るのでは無く、ノンポリの一般人がそう感じて居るのですから、相当長年に亘り、アノ連中は広島市民に迷惑を掛け続けて来たのでしょう。

    広島市と言えば”広島市の休日を定める条例”が制定されて居りまして、市の職員は8月6日を休日として居ます。
    広島市内の一般企業は殆ど関係は無い様です。
    とは言え、アノ連中の所為で動員されて居る市職員からすれば、折角の休日を潰されて、いい迷惑なのは事実でしょう。

    学校関連では嘗ては市立小中学校の約半数が夏休み中にも関わらず8月6日を登校日とし、同日を平和学習に当てて居ました。
    それ程迄に広島市は平和学習に熱心な都市で、事ある度に被爆者の体験を聞かされて来たり、怪しげな戦争体験を聞かされて来たり、長崎の被爆者と交流してお決まりの慰安じみた催しを行って来た都市なのです。

    広島市は中四国一の都市で、地場のテレビ局も中国放送、広島ホームテレビ、広島テレビ放送、テレビ新広島と民放だけでも4局あり、それに付け加えてNHK広島放送局があります。
    ですのでこの時期に広島に訪れると、テレビ番組も原爆関連ばかりになり、他の地域から比べると、平和絡みに関しては徹底した状況です。

    小生は東京に住んで居りますが、東京大空襲のあった3月から夏に掛けての時期に空襲絡みの番組になるかと言えば、その様な事はありません。
    兎に角、広島は徹底して(おパヨク様的)平和を刷り込まれる都市と言えるでしょう。

    にも関わらず、そう言った広島で生まれ育った方々が「喧しくて、邪魔な存在」と感じる位ですから、今迄全くアノ連中は広島市民に寄り添った活動をして来なかったのは明白です。

    アノ連中が8月6日にやって来た事は、汚い自慰行為であって、その自慰行為で悦に浸る気持ちの悪い連中の姿を、広島市民は見たくもないのに長年見せ付けられて来た訳です。
    まぁ、当然キレるでしょう。

    以前はアノ連中ももう少し賢かった様ですが、近年は反日活動があからさまに目立つ様になり、原爆で親類縁者を亡くした遺族も、堪忍袋の緒が切れ出したと言うのが実情でしょう。
    特に、これが平和を訴える活動などでは無く、単なる反日活動であると認識するキッカケと成ったのは、半島勢力の活動です。
    その意味から言えば、ある意味で御手柄、逆から見ればまた半島勢力が下手打ったと言う所でしょうか。

    広島で8月6日と言えば晴天の確立が高く、ジリジリと夏の日差しが市内を熱し、瀬戸内特有の多湿な気候と合さる中、原爆で親戚縁者を亡くした遺族は頑張って慰霊する日なのです。

    それを何処から来たのかも怪しい連中が大挙して、通行の邪魔するし、只でさえ暑苦しい所に、気持ちの悪い連中がドンチャン騒ぎするのですから、そりゃ一般人からすればウザい連中としか目に映らない訳です。

    更に言えば、広島市は中四国一の都市だけあって、山口県や島根県など近隣出身の方が多く就職などで流入して居る訳で、原爆とは何の関わりの無い方も多くいらっしゃる実情があり、既に世代も入れ替わって居るのですから、尚更アノ連中の行動はウザく感じる訳です。

    「いい加減、察しろよ」と言う期間が長く続いたにも関わらず、一向にアノ連中は何も察する事が出来ず、近年遂に普通の人がブチギレたのが実態だと推察します。
    つまり、広島市議会が可決した平和条例は、広島市民が表現の自由を行使した結果に定めた、紛れもなく民意だと判断します。

    変な弁護士会とかが何かゴチャゴチャホザイていやがりますが、変な連中が目に余る行為を続けた結果、その被害者である広島市民が望んで制定した条例なのですから、ちゃんと被害者に寄り添って発言した方が良いと断言します。

  11. 維新は裸の王様 のコメント:

    >静かな慰霊
    本来、被爆者団体こそがそうせねばいけないし、実際に被爆者の方を持上げてるのに。
    毎年アレじゃ 共 産 党 の別動隊として、認識されて結局広島県民は損しかしないんじゃ?

    語り継ぐ事は大切だし、反戦反核だって皆判ってるからこそ、式典の間だけは黙っとれやと思います。
    アジる行進するなら、式典終了後で充分でしょうに、広島県知事市長もそれぐらい言えばいいのに。
    やりたいなら式典終了後、猛暑の中でやって熱中症で倒れろ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください