【維新の罪】コロナの第三波についての大阪の責任。全国に支援を求める前にすべきこと【謝罪が先だと思う人はシェア】


 

 

コロナの第三波について、”都構想”の住民投票について批判しておきたい。私は明確に大阪の責任があると考えているし、維新はこのことに対してまず謝罪すべきだ。
全国が協力し抑え込んでいっていたタイミングで、どさくさに紛れて住民投票を実施したのだが、感染者の数が2~3週間後に伸びるとするなら、大阪が伸びたのはまさにそのタイミングだ。

府が切り札としているのが”大阪コロナ重症センター”だそうだ。全60床を計画しており、第一期分の30床が11月30日に完成。しかし、人がいない。重症者への対応は専門知識や経験が求められ、全国的に人材の取り合いになっている。大阪には、そのような人材は不足している。はっきり言って、まったく足りない。施設だけできて運営できる状況にないそうだ。

全国知事会などに40名の看護師の支援要請を出したそうだが、果たして受け入れられるのだろうか。そもそも大阪の場合は保険所などを「民営化」して【身を切る改革】をしてきた結果がいまである。どの都道府県も人材確保に死力を尽くす中、自ら人を切っていって施設を閉鎖していっていた大阪に、派遣する理由はあるのか。

優秀な看護師を出向させ、結果として自分が知事を務める自治体において重症者が大量発生した際、政治責任が問われることにもなる。持ちつ持たれつという言葉もあるが、大阪には他県を支えるだけの人的余裕などない。
これは医療のみの話ではなく、なんでもかんでも府市統合、施設は閉鎖で人もカット。様々な分野で人材は不足しており、「もらうばっか」で通用するとは思わないほうがいい。

そもそも論になるが、コロナの感染拡大は大阪が原因だ。東京都よりも遥かに人口は少ないが、にも関わらず感染者の数はどうなのだ。コロナ対策に失敗した、または「何かがあった」としか思えない。どちらにしても維新の責任ではないか。何かがあった、というのは住民投票のこと。

大阪は日本第二の都市であり、ビジネスや流通なども国内のハブであることは疑いようがない。その大阪で爆発すれば、全国に飛び火するのは自明の理であり、誰も止めようがない。
大阪が全国に迷惑をかけているというのが他県から持つイメージで、詫びの一つも入れずに「人を出せ」は虫が良すぎる。

GoToトラベルが批判されるが、私は違うと思う。まったくもって安全とは言わないが、GoTo利用者で感染した方の数は極少数にとどまる。考えてみれば当たり前な話で、ウィルスは人から人に感染する。観光は、人と人は会わない。確かにモノヒト感染もあるが、それは消毒などで対応できるわけで、観光そのものが感染源になる可能性は低い。事実として数字も出ている。
帰省であれば、友人・知人、家族らと会いまくる。むしろ会うことが目的なのだから当たり前だ。よって、帰省のほうはリスクがあるが、GoToトラベルは功罪で言えばメリットのほうが大きかったように思う。

特に「大きな声」で話した際と言われるが、ようはウィルスを「肺の力で、噴出」しているわけだけど、小声で話したところで射程距離はしれている。よって、酒を提供するような飲食店が責められている状況だと理解するが、これは「大きな声」で話さないと聴こえないためで、小声で話す少数の会食であればそこまでのクラスターにはならないのだろう。

さて、GoToトラベルもイートも縮小する方針のようだ。このことについては「立派な決断だ」とか「やりすぎだ」という声、賛否両論ある。私は経済も回して欲しいと言う立場だが、さじ加減を見つつというスタンスである。

ただ、【GoToで、なんとか回っていた】地方経済からは、怨嗟の声もあがっているだろう。皆、どこかで思っているのだ、「大阪のせいだろ」と。そして「住民投票なんじゃないか?原因は。」という声は実際にある。

ここで吉村知事が”病院とか潰しまくって、看護師もクビ切ってたし”、おかげで”慌ててコロナの重症者の施設を作ったけど、人がいないんだよね!”と述べ、だから”ちょっと、おまえのとこの看護師を送ってチョンマゲ!”と言われても、地方都市としては「はい?」となるわけだ。

まずは、「大阪が感染拡大の起点となっている可能性について、全国の都道府県に対してお詫び」を述べ、かつ「住民投票を強行したことにより、広がった可能性」についても謝罪してからじゃないのか?それができないなら、府知事はイソジンでも飲んでればいい。維新は、府民にイソジンでも配ろうというのか。でなければ、まずなすべきことがあるだろう?という話だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下の報道もご覧ください。

 

吉村知事、大阪の感染者急増は高齢者で重症化が多い

 

大阪府の吉村洋文知事(45)が2日、府庁で取材に応じた。

新型コロナウイルスの感染者急増で、府内の医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している1つの要因として「大阪では比較的、元気な高齢者の方が感染し、重症化しているケースが多い」との分析結果を明かした。

府内では1日、重症者が新たに12人増え、計125人となった。府が確保した重症用206床の使用率は60・7%で、独自の状況判断基準「大阪モデル」で赤信号が点灯する70%に迫っている。

これまでの分析結果では、府内の重症者の80%以上が60歳以上の高齢者が占める。高齢者の重症者の約10%が高齢者施設で感染し、重症化した。一方で高齢者の重症者の約75%が感染経路が不明だった。

また吉村知事は1日夜、新たに設置した重症者用の臨時施設を稼働させるため、全国知事会と関西広域連合に看護師計40人の派遣を要請した。全国知事会などからは「できるだけ協力して対応したい」との返答があったという。

 

 

私は、これを見て「極めて自己中心的で、傲慢」と感じた。

>全国知事会と関西広域連合に看護師計40人の派遣を要請した。全国知事会などからは「できるだけ協力して対応したい」との返答

 

40人の派遣とは、少し消極的だなぁと感じる。
本当はもっと必要なはずだが、内訳はどうなっているのだろう。

関西圏で20名、全国から20名とかかな?
各都道府県から1名ずつの応援要請でも46名になるはずだけど。

 

また、「要請」しただけであり、回答は「できるだけ協力して対応したい」との報道。

これ、実際には断られてるんじゃないの?
意味としてはさ。

 

だって、誰も行きたくないよ、吉村知事が治める大阪府には。
各地の知事たちは、自分の大切な県民で、有資格者の看護師を吉村知事が治める大阪には送りたくないだろうよ、と。

住民投票してたじゃないか、自分の意思で。

 

 

 

報道の紹介
 

吉村府知事「桜よりコロナ」と批判も都構想選挙で“ブーメラン”

 

11月30日、囲み会見を開いた吉村府知事。感染者の増加が止まらぬ新型コロナウイルス対策中心に会見が進むなか、大阪府で27日から始まった飲食店やカラオケ店への時短要請の話題に。

時短要請について「苦渋の判断としてやっている。できればやりたくない」と答え、「協力金50万円も十分ではないというのも思うが、ここは感染拡大を抑えるためにご協力をお願いしたい」と理解を求めた。

記者から大阪府独自の協力金制度設立について質問されると「休業要請は任意のお願い。特措法上の規定がポンコツな法律になってしまっている。コロナにあってない。本質的に国会で議論して、法律を定めてほしい」と国に喫緊の対応を求めた。

(中略)

11月1日に行われた大阪市を廃止して4つの地区に再編する「大阪都構想」の住民投票。都構想実現を目指す吉村府知事も所属する「日本維新の会」主導で進められた住民投票だが、選挙前には《コロナ禍なのに、今わざわざ3密を生み出す選挙を行う必要がない》《今、優先すべきことではない》といったコロナ禍で投票を行うことへの批判の声が少なからずあった。

(中略)

《「桜よりコロナ」と言いながら、コロナ禍で大阪都構想住民投票を強行して税金100億円も無駄使いしたことについて、吉村府知事はどう思っているんだろうか?それがなければもう少し感染防止できて、飲食店に対する補償も十分できただろうに》

 

 

ゲンダイを紹介するのは気がひけるが、お読み頂きたい。

ステージ4突入間近 感染爆発を招いた大阪維新「3つの大罪」

 

 1日の府内の新規感染者は318人。200人以上の感染確認は15日連続で、国が掲げる6つの指標のうち5つが「ステージ4」超え。急ごしらえした「コロナ重症センター」もコロナ専用病棟も、看護師不足が深刻だ。そのあおりを受け、大阪市内の若年層向けがん病棟が一時閉鎖。コロナ病床に看護師を充てるという。

 一般患者に犠牲を強いる状況にもかかわらず、大阪維新前代表の松井市長は29日の万博フォーラムで大暴言。万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を引き合いに出し、「コロナがこういうことになりまして、ピッタリのテーマ設定になった」と言い放った。

 吉村知事も松井市長も維新コンビは、感染防止の失敗を棚に上げて言いたい放題。振り返れば、府内の新規感染者が増加傾向に転じ始めた10月12日に「大阪市廃止」の賛否を巡る住民投票を告示。コロナ対策そっちのけでのめりこんでいたのが、この2人だ。その結果、告示日からほぼ2週間後の10月23日には感染者数が約50日ぶりに100人に到達。今に至るまで右肩上がりである。

(中略)

維新コンビの失態の根源は本をただせば、橋下府政から続く医療軽視に行き着く。公立病院の統廃合を進め、住吉市民病院を閉鎖。関西で学生数トップを誇っていた大阪府医師会看護専門学校を府市からの補助金削減によって閉鎖に追い込み、感染症病床数の削減、保健所の職員リストラを断行してきた。

 大罪のツケを払わされている府民や医療従事者に、維新コンビは本来なら顔向けできないはずだ。

 

 

 

 

医療崩壊の瀬戸際
私の考えに一番近いのがこれ。

 

「医療崩壊の瀬戸際」大阪で何が 吉村知事に高まる批判

 

 大阪府で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。人口当たりの新規感染者数や療養者数などの指標は東京を上回り、「医療崩壊」の懸念が高まる。

(中略)

▽「至る所でクラスター」

 「病床はほぼ埋まり、重症用は一杯の状況が続く。医療崩壊の一歩手前だ」。大阪市立総合医療センター(同市都島区)の白野倫徳医長は危機感をあらわにする。大阪府の感染症指定医療機関である同センターは、府内で感染が広がり始めた春先から感染者対応の中核を担ってきた。

 7~8月の「第2波」では、あらかじめ病床を多めに確保していたが、秋からの「第3波」は「準備をする間もなく、急激に患者が増えた」と語る。今後は一部の病棟を閉鎖してマンパワーを新型コロナ対応に集中させる方針で、綱渡りの運営が続いている状況だ。

 命に関わる重篤な疾患や外傷の患者を受け入れる3次救急医療機関でもあるが、白野医長は「新型コロナ以外の救急患者の受け入れや、急ぎでない手術は制限せざるを得ない」と苦しい内情を明かす。

大阪府病院協会の佐々木洋会長は「介護施設など重症化リスクが高い場所だけでなく、至る所でクラスター(感染者集団)が発生している。ウイルスが持ち込まれた経路も特定できていない」と現状の危うさを指摘する。

 ▽後手に回った行政

 府内の新規感染者数は10月下旬から増加傾向に転じたが、府の対策には遅れが目立つ。吉村知事は11月中旬まで「一人一人が感染対策の意識を高めることが最も有効な手段」と強調し、特別な対策を取ってこなかった。

(中略)

 事態が急変したのは11月21日からの3連休だ。同日の新規感染者は415人、翌22日は490人と、ハイペースで過去最多の更新が続いた。吉村氏が時短営業要請の目安とした重症病床使用率は23日時点で47・6%まで上昇。府は急きょ連休明けの24日にも対策本部会議を開き、大阪市北区と中央区の飲食店などを対象に午後9時までの時短営業を要請する方針を決めた。

 記者団の取材に「病床の積み上げより重症者が増えるペースが速かった」と焦りの色を見せた吉村氏。もっと早い段階で対策を打てなかったのかと問われると「感染がどれくらい増えるかは誰にも予測できない。(判断は)難しかった」と釈明した。医療関係者からは「対応が遅すぎる」と強い批判が上がった。

 ▽病床使用率86・7%

 大阪府が新型コロナの重症者向けに確保している病床は最大206床。毎日公表する使用率はこれを分母にして算出している。ただ、206床の中には現在、別の傷病の患者が使っている病床も含まれており、これらを除き実際に使える病床に限定すると、11月末時点の使用率は86・7%に跳ね上がる。

 とりわけ心筋梗塞や脳卒中の患者が増える冬場は、感染者向けの病床を確保するのが難しくなる。府の担当者は「重症者は新規感染者のピークより遅れて増えてくる」と語り、年末年始にかけて予断を許さない状況が続く。

 医療提供体制の逼迫を受け、府は11月下旬に吉村知事名で医療機関向けの緊急要請を出した。①新型コロナの受け入れ病院で入院・治療後、他人にうつす心配がなくなれば、最初にかかった病院に戻す②回復傾向にある高齢者には積極的に療養病院に移ってもらう―ことなどを呼び掛ける内容だ。それでも重症病床が足りなくなった場合は、緊急避難的に中等症の受け入れ病院で重症者を診てもらうことを検討している。

 ▽看護師が足りない

 府が「最後の切り札」とするのが「大阪コロナ重症センター」だ。府立病院機構が運営する「大阪急性期・総合医療センター」の敷地内にプレハブ施設を建て、新型コロナの重症者だけを受け入れる。計画している全60床のうち、第1期分の30床が11月30日に完成した。

 ただ、設備は整ったものの、患者の受け入れに必要な医療従事者は確保のめどが立っていない。重症者への対応は専門知識や経験が求められるが、全国的な感染拡大で「人材の取り合いになっている」(松井一郎大阪市長)ためだ。

 人手不足が特に深刻なのが看護師だ。大阪府看護協会の高橋弘枝会長は「元々、慢性的に不足していたところへコロナ対応が重なった。業務の激増で休職者や退職者が相次ぎ、現場の負担がさらに増す悪循環に陥っている」と説明する。

 何としてでも看護師をかき集めたい大阪府は、他府県への協力要請や、自衛隊への災害派遣要請も検討しているが、大阪府医師会の茂松茂人会長は「以前から、病床は余っていても運営するスタッフが足りていないと言ってきた。ずっと議論してきたのに、慌てて対策を講じても遅い」と府の対応を批判する。

▽13%が「うつ症状」 

 現場の負担は限界を迎えている。府が5~7月、新型コロナ対応に当たる医療従事者約1200人を対象に実施した調査では、13%が「中等度以上のうつ症状」とされた。担当者は「第2波、第3波の対応を経て、もっと増えている可能性もある」と推察する。感染者対応の最前線では、多忙な業務に加え自身の感染リスクもつきまとう。府内の医療機関に勤めるある女性看護師は「一度でも院内感染が起きれば大問題になる。緊張感がずっと続いている」とため息をつく。

 看護協会の高橋会長は「防護具を着用しての活動は過酷。今なお、子どもが保育園で別室にされるといった差別に遭う人もいる」と話す。医師会の茂松会長も現場の窮状をこう訴えた。「人手がぎりぎりで夜間や休日もない。長期の対応で疲れ切っていて限界だ。このままでは救える命も救えなくなる」

 

 

身を切る改革って、実際に自分の身を切ってますやん。

 

 

 

自己責任

公立病院は赤字続きであり、この建て直しは急務だった。
理解はできる。

けれども、医療にビジネスを持ちこみ過ぎたらどうなるか、皆様はわかっているのだろうか。
高額な設備が必要な場合もあるし、それを切れば治療できないものもでてくる。

なにより採算を重視すれば人を切るよりない。

 

正社員を非正規に。
人材を削りまくる。

施設は閉鎖、保険所も民営化。
どんどんどんどん削っていく。

 

過大な予算は確かに問題だが、メスをいれる場所を間違えればこうなる。

人もいない、機材もない。
なーんにもない。

 

いま大阪がコロナの対応ができていないのは、10年かけて「身を切りまくった結果」である。
大阪市民も大阪府民も、それを応援し続けて推進し続けた。自己責任だ。

切るべき贅肉もあったのだろう、その通りだと思う。特に大阪はひどかったそうだ。

だから気持ちは理解できる。

 

その上で言わせてもらいたいが、切っていいか悪いかは結構シビアな判断が求められる。
申し訳ないが、経験者じゃないとできない。ノリで進めるようなことを、政治をナメきって、例えば横山ノックを当選させてみたりだとか、そういうことを気分でやってきた風土に全ての原因がある。

 

コロナを感染爆発させた責任は、維新の政治判断にあると思う。
悪魔の証明をするつもりはないが、だったらクラスタの感染経路が住民投票とは無関係であったことを証明しないといけない。

すでに経路の調査すらできない状況なのだが、大阪は語るに落ちたという状況。

 

私が自己責任と述べているのは、感染拡大した責任だけではない。

重症者が増えてすでに面倒が見切れなくなっている現状について、だ。

 

感染拡大はどこで起きるかは分からない。

責任は問われるものだが、自己責任と述べた主たる部分ではない。

重症者のフォローができていないではないか、という点だ。

人も施設も、機材もないからだ。

 

一人の医者で何人の患者を見れるというのか。

事態が急変するかもしれない重症者をリアルタイムで見続けるのだ、風邪で内科をかかるのとはわけが違う。つきっきりだ。

そういう想像すら、大阪はできていなかったから、こうなった。
それは自己責任だ。

 

 

 

福岡市長の投稿
下記は、福岡市の高島宗一郎市長の投稿。

私は高島市長の全てを礼賛する立場ではないが、この投稿は恰好いいと思った。
大阪の方は、これを見てどう感じるのか?

 

福岡は現時点では陽性者数や病床には余裕がありますが、今後、医療提供体制に大きく影響が出る状況になれば、市民生活や経済活動にブレーキを掛けざるを得ないタイミングはあり得ると思います。ただ、まだその段階ではありません。

そうなる前に、今のうちから予防的措置として市民活動や経済活動を止めるべきだというご意見の方もいらっしゃると思います。
コロナの感染拡大を防止することは絶対に大事と思います。医療従事者の負担を下げることも極めて重要です。

同時に、行政の財源も、民間の蓄えも限られている中、何を守るために、何をどこまで犠牲にするのか、という冷静な議論が抜け落ちることも良くないと思うのです。

GoToを使っても使わなくても、政府や行政から言われなくても、そして近所の飲食店に行っても遠くに旅行に行っても、まずは私たち各自が自覚を持って感染防止を意識した行動をすることが最も大切だと思います。


 

イソジンだとか、ワクチンを府でどうとか言うだけの、

その場その場で恰好いいことを過激に言うだけの、それが政治家の仕事とは思わないほうがいい。

 

大阪では、コロナの重症者が死ぬだろう、
それは確率論から言えば仕方のないことだ。

ただ、亡くなってしまう方やその親族からは「人災」と言われても仕方がない状況にある。

クラスターの追跡すらできていない。
重症者は年末に向けて増加していくだろう。
施設のキャパも不足する、そもそも人がいない。

はっきり言うが、府知事が明確に謝罪しなければ「人は来ない」と思ったほうがいい。
私の県から送るとなれば、私は強く抗議するし反対する。

恐らくそうなるのだろう、
その中で大阪府民の命が失われた場合、それは人災と言っていいのではないか。
心情的にはそうなるだろう。

 

私は、高島市長の投稿が、物凄く素晴らしいとは言わない。

これが大都市における行政長の、普通の責務だ。

維新だけがおかしいんじゃないのか?

 

大阪府民は、なんであんな政治を容認しているのか不思議でならない。

もはや、あんなものは政治ではない。

この際、はっきり言わせてもらいますが、こちらが普通で、大阪だけが変。

維新のノリがおかしいし、有権者受けだけのポピュリズムに染まった手法に問題がある。

それをノリで容認してきた大阪の有権者にも問題がある。

 

 

 

大阪自民に求められること

これは、きちんと責めて頂きたい。

 

住民投票がなければ起きなかったとは言わない。

けれども、感染源になっていることは事実であり、感染経路の特定ができない以上は「否定する方法もない」のだ。

 

まずもって感染爆発を起こしつつあることに対し、全国にきちんと謝罪し、
その中で(住民投票が関係ないというエビデンスを示せないのであれば)、住民投票の決断を下したことについても、しっかりと謝罪を求めて頂きたい。

 

でなければ、大阪には看護師は来ないだろう。

はっきり言うが、「誰が送るか!」と言われても仕方ない。

ここは内々の話とさせて頂くが、吉村知事は「都道府県知事会で人気がない」んじゃないですか?疑問形で文末はにごしますけど。

コロナ対策のときとか、知事みんなで決めたことを会見のときには足並みを崩して好き放題に話したり。

「自分が大阪でええ恰好する」ために、他の知事たちをないがしろにしてきませんでしたか?

 

「自分だけ」が、報道映えすることや有権者受けすることを狙い、知事会を混乱させていた張本人ですよね?って私は言っています。

ここは私も伝聞ですから、空気感みたいのはそれぞれ確認して頂いたほうがいいですけど、少なくとも「吉村のために助けてやろう」とか「一肌脱ごう」っていう空気ではない。

また、他の知事たちは基本的には自民党と関係が深い人が多いわけですが、維新支持者は「自民のことをボロカスに言いまくってきた」んですよね。

 

きちんと詫びをいれないと、下手すりゃ本当に死人が出る。

それでも彼は謝らんだろう、維新という存在が謝らせないのだろう。

だって、いまでも都構想の真似事、やりたいんだよね。住民投票でコロナばら撒いて負けたのに、今でも諦めてない。

 

大阪市と堺市の権限を、府に移管すれば売却できますもんね。
事例としては水道とかですが、民営化!って形で売れる。

つまり、政令市のもっている行政財産(これは市民が納めた税金で買ったもの)を、例えばCHINAとかにも売れるようになる。

狙いはそこなんじゃないか?って指摘は何度かしてきました。

 

だから、そういう背景も踏まえ、自民党は「住民投票とコロナの蔓延」について、きちんと維新を問い質して頂きたい。

そして、一言、その件については詫びを入れさせたほうがいい。
じゃないと、他の都道府県は大阪を支えようという空気にはならないから。

 

 

 

大阪の失態に、全国が巻き込まれる

本稿は、かなり怒って書いているのです。

行間からも伝わるでしょうけれど。

 

大阪の感染爆発の予兆は、これは人災の側面が本当に否定できないのです。
すでに感染経路の追跡ができない以上、証明も否定もできない。

第二の都市なんです。
大阪でここまでいけば、他県に飛び火していくのは当然のこと。

 

GoToに、か細い活路を見出していた者もいよう。
迷いつつも、自らの雇用のために戦っていた現場の者もいよう。

動かさねば、明日明後日だけではなく、来年再来年の収入の手段がなくなる。
宿泊業で、飲食業で、必死に消毒をしていた者だっていよう。

そういう者たちから見て、維新が住民投票に踏み切り、
その因果関係は証明できなかったとしても、
「非常に不愉快」な思いをしていることは、分かって頂きたい。

 

維新が「無駄」と言ったものは、確かに一見、無駄なのだ。

医療費もかかる、人件費だってかかる。
長期間にわたって維持していけば、負担だって永続的にかかる。

けれども、こういう時に「人材不足」には悩まない。
他府県において、仮に応援に回せる部隊がいたとして、それはその都道府県が長年にわたって維持してきた人件費に支えられているのだ。

維新が「無駄」と言ったのはそれであり、身を切る改革の中身がこれである。

 

他府県の余剰人員とは、無料なのではない。
余剰=無駄という概念では、このロジックは理解できまい。
これは「余裕」なのだ、ストックなのだ、困った時のための貯金みたいなものなのだ。

それが理解できない維新に、一言の詫びすらなく「人を出す」ことには反対だ。

 

 

GoToトラベルは、維新が住民投票に踏み切ったことで潰された可能性が高い。

また、第三波が大阪で蔓延しているのは「身を切り続けた改革の10年」の結果であり、府の予算執行をそのようにしてきた以上、他の都道府県まで巻き添えになっている現状に怒りを覚える。

 

 

 

 

GoToトラベルに対し、賛否両論があるのは分かっている。

 

ただ、あの政策は裾野の広さも鑑み、非常によくできた政策だったと考える。

 

実際に助かっていた者もおり、結果として地域の産業基盤を守っていた。

 

冬になれば、コロナが増えるのは当たり前のことだけれど

 

一気に加速したこと、起点の一つが大阪であることを考えると

 

非常に複雑な思いがする。

 

維新に対し、本当に迷惑だと思っている者は、全国では多数にのぼる。

 

これで廃業を考える者も出てくるのだろう、いたたまれない。

 

維新はまず通すべき筋を通せ!と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

16 Responses to 【維新の罪】コロナの第三波についての大阪の責任。全国に支援を求める前にすべきこと【謝罪が先だと思う人はシェア】

  1. あき のコメント:

    GoToトラベルもですが、まず、支那人の無検査入国(韓国人も)を、止めさせるべきでしょうが!
    感染者、保菌者が入国して、武漢肺炎ばら撒いて、症状が出ればこの支那人共を、日本人の税金で!治療してやるんですよ!!ふざけんなだよ!
    維新・橋下の頃から、解ってただろうが、こいつらは必要な所も何もお構いなしに削ってっただけ。  財政再建だのなんだのなんて殆どやって無い。 解ってる人は解ってる。
    維新キチ擁護者が居ますが、どういう顔ぶれなのか?
    私、大阪民では無いが、都構想持ち上がった時・今この時期に(つい前回否決されてるだろうが!)、武漢肺炎対策もせず、すべきでないと抗議電話もしましたよ。 聞くわけ無いけど。

    大阪市長は辞めると言って辞職もしない!こいつ医療従事者に雨がっぱ着せてたでしょ!忘れた?
    都構想否決されたら、今度は中央区?構想?でしたっけ?、心底糞野郎集団。

    水道の件もだが、各地で支那人が土地建物買っている(特に、新宿何て安く買いたたかれてんじゃないの、支那人に)けど、政府が手引きしている様なもんでしょ・ガス抜きで一寸重要地の買い占めは考えようかな~って言ってみただけで!どうせ何にもしないと思ってたけど・茂木のあヘラ面本当呆れてるが、此処まで腐りきって、外国人最優遇政策に、アトキン何とかのインバウンド策に固執・・・自民創価売国国賊共のせいで日本はガタガタ、武漢肺炎リスクに、経済危機に加えて増税!  一般国民でまだピンと来てない人も居てもそれらまで波及したら本当に建て直せないでしょうが! 日本第一党で、100兆規模の国債で、超積極財政をやるべきと、何カ月も前から提案されています。  山本れいわに、竹中国賊も最近言い出したらしいけど??馬鹿と拝金野郎は信用出来ない・他の人達、きちんと考えて日本の為に行動して欲しいわ。

  2. MT のコメント:

    想像を遥かに越えて酷い状況ですね。
    どれだけ技術が発達しようが、最終的には人がいないと話にならないのに
    何もかも削っておいて『足りないから来てくれ』だと?
    億単位の金出されても行きたくないです。
    あと水道とかは、絶対に民営化しちゃいけないと思います。
    損得抜きで再整備とか、国でしかやれない事なので。
    赤字の削減は重要ですけど、国民の生命を担保する重要な仕事・施設なので。

    現福岡市長がマトモだとは思ってませんし
    売国の気配があるっぽいと思ってますが
    『大阪よりは遥かにマトモ』だというのを理解できました。

    LINEなんぞ導入する奴・強制する奴は大嫌いですし
    博多駅前の陥没事故では、褒められるべきは現場の作業員さんの判断や
    埋め立て用の特殊な土砂を用意する会社の先見の明であって
    福岡市長ではないですし。
    大体、事故発生の一報を知ってから
    急いで登庁したなんで話は聞いてないですし。
    3時間もあれば、事故の内容によっては何人亡くなる事になるか。
    たまたま、ガス漏れや火災に発展しなかっただけ。

    とは言え、『大阪よりは遥かにマトモ』ですね。
    今回の発言に関しては、ですが。

    『大阪』と米大統領選挙のバイデン陣営、どっちがマシなんだろ?
    どっちも真っ昼間に起きたまま夢と現実を履き違えてる気がする点で
    似たりよったり、でしょうか。

    個人的には、国内よりも米大統領選挙でのトラブルが
    第三次世界大戦の引き金にならないか心配です。
    ん?、内憂外患なのか。

  3. 井上 洋 のコメント:

    小坪さん、ご無沙汰してます。
    私は、何とか、生きてます。
    昨夕とある図書館に行ったら「めぐみ」のアニメーションが流れてました。
    玄関の入口です。
    来館者は全員が凶悪な犯罪「拉致」を意識する事が出来ます。
    本来ならば即時即刻日本(にっぽん)全体で解決に体当たりしなければならん大問題。
    自分の家族が他国に拉致されたら、絶対に赦せません。
    私の生活圏でも、やっとこさ公的機関で問題提起しても潰されないところまで漕ぎ着けた段階。
    まだまだ先は長いけれども、諦めないように自分に出来る事からしはじめます。

  4. BLACK のコメント:

    今年の冬をどう超すのか、どう無事に乗り越えるのか
    秋の次には冬、当たり前過ぎることです。
    住民投票は10月。10月の次は11月。その次は12月。
    「何を当たり前なことを言っているんだ」「何をわかりきったことを書いているんだ」
    と言われそうですが、そう、誰でも知っているわかりきったことです。
    それが、大阪の知事はわからなかったのか、それを無視したのか、と言うことだと思います。

    各知事は、自分の県と県の住民を保護する責任者です。
    どこの県もマンパワーは確保したいのは当たり前ではないでしょうか。
    それをくれ、と。

    地方の田舎の自治体が、地域の医療体制・医療の質(都会と同等とは言えないまでも)を維持する為に
    医療機関への直接の予算投入だけでは無く様々などれだけの予算を投入しているか。
    また、医療機関への交通確保の為のインフラにも、どれだけの予算を投入しているか。
    採算・効率で言ったら、とても説明出来ない金額だと予想します。
    ですが、それが行政の仕事・予算の使い方ではないでしょうか。
    それが住民を守る、と言うことではないでしょうか。
    会社運営も同じかも知れませんが
    目先の採算・効率だけで運営している組織は、将来にツケが回ってきます。
    医療体制を含めたインフラは、目先の採算・効率だけで考えることをしてはならない地域・自治体の財産だと思います。

    大阪の知事の仰ることは
    「その財産を私に分けて下さい」と言うことだと、私BLACKは思います。

    以上 文責 BLACK

  5. kidokazu2 のコメント:

    #行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也市議#拡散希望#憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!#六四天安門#武漢肺炎#拉致被害者全員竹島北方領土奪還#関西生コン#政治家#コロナ咼過禍渦鍋堝蝸萵

  6. ピンバック: コロナ禍 – 憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

  7. パラダイムシフト のコメント:

    いつも貴重は視点、情報をありがとうございます。
    確かに維新の罪はその通りだと思います。
    無駄というのは非常時の備えです。
    それを自ら削る行為は、非常時には自己責任でよろしくという、行政や立法という立場に身を置くものとしてはあってはならない態度です。

    そのことを徹底的に批判していくことが日本全体のために大事なことだと感じています。
    同様のことは大阪だけではなく、国政レベルでも発生しています。

    水道を民間に売れるようにしたこともありました。
    電力だって外資を含めた民間に売り払いました。
    無駄な公共事業と言って、予算を削りました。
    公務員を削ってきました。

    維新は悪い。
    だけど、維新を潰したからといって、今の流れが変わるわけではありません。
    自民党だって、国政レベルで同じようなことをやってきた。
    そのことは正しく評価する必要があります。

  8. 波那 のコメント:

    それなのに、自分らが、そんなふうなのは置いといて、他県の住人までヘイト法を適用させ告発までしたりはするってことですよね。一体あの人達のどこかどう被害者なのかヘイト法などと言う物を拵えた人達は説明して欲しいですね。大阪は済州〜尼崎航路の「君が代丸」が戦前から航行していたせいで、半島からの出稼ぎ者が利用していたから戦後のドサクサ紛れに帰らずに、そのまま違法に居座らせてしまい全国でも在日朝鮮人の数が一番多い。戦時中には既に食糧難が始まっていたから半島からの渡航者の入国制限していたのに、それでも怒涛のように雪崩れ込んで来て日本政府を困らしていたのに、朝鮮戦争中に逃げ出して来た者でまた増えて帰国させられたくないと怖れて「強制連行されたから日本に居るのだ」と言い始めたのです。

    終戦後、占領期間中に全国各地駅前の一等地にあるパチンコ屋の土地だけではないですね、奪われ不法に登記された土地は。GHQ が把握している数字だけでも4000人以上の日本人が、まだ内地に復員してない男性の居ない女子供、老人しか居なかった日本各地でなぶり物にされ命を奪われ、女性達は蹂躙された。さてさて、どちらが加害者なのでしょうか?答えて欲しいです。多分、このように事実を明らかにし始めた日本人は危険だと口を閉じさせよう、言論を封殺しようと可哀想な哀れなマイノリティ被害者ポジションを必死に守ろうとしてるのがヘイト法なんですよね。

    私は維新の政策に関心を持った事が無いのでよく知りません。しかし、橋下徹が在日にも参政権を与えるべきと言っていました。日本の第二の大都市で、そんな事をされたら目も当てられない、非常に危険だと思いました。皆さんも帰化した議員が居る野党が国会で何をしているか御存知の筈です。してる事と言えば、ひたすらに憲法改正審議を妨害しようと明け暮れるだけの日々です。支持率を上げられないから野党は在日朝鮮人の票が欲しいが為に参政権を与えようとしているのです。

    それともう一つは、丸山穂高君を排除したいが為だったのでしょうが、わざわざロシア大使館にまで出向いてロシア人に謝りに行った事です。ソ連兵は日ソ不可侵条約を破って終戦のつい一週間前に北方領土に侵攻しました。シベリアに抑留され強制労働に駆り出された日本兵は数知れず、寒さと飢えで故郷の土を踏めずに果てた日本兵とソ連兵の餌食とされ蹂躙され辱められた女性達の事を思えば、日本人ならロシア人に頭を下げたり出来ない。悔しくて怒りに震えて泣きました。

  9. 琵琶鯉 のコメント:

    大阪維新を作ったのは、グリコ森永事件を起こした怪人21面相です。
    ttps://youtu.be/oyrnGfVVeXY
    長い話しですので結論だけの回を貼り付けてました。怖いですね。
    RCEPの内容が明確になりました。この条約の肝は、食品に産地が記載されない事、中国人には北海道の美味しい農産物。日本人には、中国の汚染された食品を食べさせる。と言う事です。そして、11/30に中国からの入国は、ノー検査。日本からの中国入国にはRPC検査の徹底と14日間の待機を決めています。流石は、謝謝茂木さん。見事な売国奴っぷりですね。栃木3区の有権者さん、何とかして下さい❗️この証拠は、外務のホームページでしっかりと解説してます。興味ある方は、ご覧下さい。

  10. daco のコメント:

    大阪の府知事・市長は、全国知事会に支援要請するのではなく、
    真っ先に日本医師会に要請をすべきだ、および他の民間医療団体等に。
    公から民営化へと、どこよりも積極的にすすめてきたのだから。

    • daco のコメント:

      追記
       維新の会は、「維新の徒党」ぐらいの感覚・認識で対処、対抗されること
       をお奨めします。

  11. ミカンの実 のコメント:

    本当にもうだめなのでしょうかね、日本は。私はまだ間に合うと信じて頑張っております。大阪はとても素晴らしい都市でした。文化もとても高い都市でした。良い政治家がたくさんいた都市でした。経済も工夫がたくさんある素晴らしい都市でした。比較的差別が少なくて、みんなで仲良く暮らしている都市でした。嫌なことや悲しいことがあったら笑い飛ばしながら、ユーモアで人々を慰め勇気を与える都市でした。今の大阪は、下品で差別が横行し、経済は疲弊し、風俗は乱れ、若い人達の将来が壊され、女性が差別され、貧乏な都市になりました。日本人であることを差別する条例もできました。あと一息で悪魔の都市となります。おめでとう。犯罪者がたくさん集結し、宴会も大流行り。教育もまともにできない都市となりました。外国人にはとても住みやすく天国のようです。この大坂をあっというまに素晴らしく変える方法は、簡単です。たった一人で良いのです。良い政治家を送り込む事。簡単ですね。できますよ。できると思えばね。大阪の方々は洗脳はすぐに解けます。大丈夫。難しくないです。面倒だけど、簡単なのですよ。

  12. ぎん のコメント:

    また謝罪もしないで迷惑を撒き散らして、小坪氏、私達が言いたいことをよく言って下さいました。あの方たちは誰の話も聞くことをしませんが、天敵と思っているかもしれない小坪氏の話なら届くと思います。

    お若い時には誰でも夢が膨らみ、弾けたい衝動に駆られる時があると思いますが、美味しそうな話、ウケそうな話にすぐに飛び付くのは、イソジン一人の個人の人生を決める時だけにお願いしますね。そこに自治体の長が府民を巻き込んで、やりたい放題の政策を次々と実行に移して、どこかの国みたいではないですか?失敗だったと気付いても、ヘイト条例も保健所の民営化も元に戻すことは容易ではありません。

    維新の次の代表は、イソジンに代わるのですかね?
    善人面で近付いてくるゾンビには気をつけて下さいね。私は個人的に大阪弁も大阪の文化も好きなのです。在日外国人より日本人ファーストでお願いします‼︎

  13. 嘘はやめなさい のコメント:

    保健所を民営化しただなんて嘘よくも吐けますね。

  14. ピンバック: これだけ廃止、削減、縮小して来たら、そら医療崩壊するで、大阪の維新の10年。エゲつないな。 | ナニワの激オコおばちゃん【ミラー】

  15. 旧新人類 のコメント:

    井上太郎
    @kaminoishi
    4時間
    検察庁のリークがちょっと度を越していると思います。東京地検特捜部は調べの本山でありリークはしません。しかし元総理に事情聴取を要請とかは前例すらありません。自分たちは仕事している感のアピールなのか、黒川前検事総長に関しての怨念なのか、調べられる方は捜査中につき、と沈黙なのに。

    検察庁が総理もしくは元総理に事情聴取をするのは今までに今回を含めて2回だけです。しかも任意というのに事前にリークしておいてNOと言われても仕方なく、極めて不自然なリークです。さらに公設第一秘書の略式で50万円の罰金とまでリークされています。検察不信はさらに続くことになります。

    (大阪地検って、国有地払い下げ問題で肝心のセメントBABAじゃなくてアベに執着していたんじゃなかったっけ?そして今度は東京地検なんですかね。検察は外国人がブタ泥棒しようと立件しないし、被害者は泣き寝入りです。こういう役立たずの税金泥棒の反日組織にはいい加減うんざりします。)
    *****************

    Blah大統領選HQ
    @yousayblah
    大統領選の解釈を巡って日本の保守派が分断しているのって、米国で起きている二極化と全く変わらないんだよね。

    誰よりも分断を煽っているのはマスメディア。客観的に事象を捉えて様々な意見を紹介することをやめ、イデオロギーを垂れ流すマシンと化した彼らこそ我々が直面する集団ヒステリアの原因。
    午前10:51 · 2020年12月4日

    Blah大統領選HQ
    @yousayblah
    9時間
    ジョン・ラトクリフ国家情報長官、WSJへの寄稿と併せCBSキャサリン・へリッジと中国の脅威について対談。

    米国の議員達が中国による収賄や脅迫に晒されており実害はロシアの6倍、イランの12倍にも及ぶこと、また目的は彼らに中国に有利な法案を通させることなどと語った。(動画あり)

    米国議会は絶え間ない中国からの賄賂、恫喝、脅迫行為による内政干渉の危機に晒されている。

    (なんで日本でトランプvs.バイデンの代理戦争やっているのか、理解できません。米国がBlahさんの言うような状況になっているのに、能天気ですね。米国は内戦の瀬戸際にあります。日本だってうかうかしていると、くだらない内輪もめどころじゃなくなりますね。大体、米国の法律や歴史や憲法や政治に精通している人がどれだけいるというのだろうか。当のアメリカ人じゃあるまいし、いろいろ調べながら黙って見守るしかないじゃないの。しょせん、日本人相手に日本語でもめているだけです。大人げない人ばかりで嫌になります。)

    (グチばかりになりましたが、小坪先生が若手を率いての活躍に希望を持っています。でも、身辺にはくれぐれもお気を付けください。周囲に変なのが入り込まないよう、細心の注意をお願いします。上記の通り、「実害はロシアの6倍、イランの12倍」だそうですからね。)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください