菅内閣は韓国に譲歩しない理由⇒苦労してまとめた日韓合意を文政権が反故。【よかったと思った人はシェア】


 

 

好き嫌いの話ではなく、政治的な事実として「菅内閣は、韓国に譲歩しない」と推定される。理由はシンプルで、官房長官時代の経緯があるからだ。
ネット保守においては、”①日韓合意”や”②パククネ政権”を評価する者はいないように思う。私だって嫌だった。これは安倍政権において実施されたものだが、当時の官房長官が菅総理だ。

で、どうなったか。
相当に苦労したと思うのだが、「①苦労して取りまとめた、日韓合意は反故にされた」のだ。面白いはずがない。そして、「②その際に(菅官房長官が)交渉相手としていたパククネ政権の担当者」の、その後も興味深い。韓国側の担当者は李丙ギ(イ・ビョンギ)大統領秘書室長というらしいが、文政権になって逮捕された。韓国の特色として、政権交代があると逮捕されていくのだけれど、担当レベルでもやっぱり逮捕されるらしい。

繰り返すが、私は日韓合意を褒めちぎる立場ではない。また、パククネ政権を最高だと言うつもりもない。ただ、菅官房長官の立場になって見ると、これはかなりムカつく話かと思う。韓国に対してというより、文政権に対してだ。苦労して取りまとめた合意は反故にされ、難しい合意をとりまとめた韓国側の担当者は逮捕され。仲良くする理由がない。

さて、菅内閣と文政権について。
韓国側の「いつもの逮捕」はいいとして、日本側は違う。ここは、いまの総理という立場と、官房長官”個人”の立場は異なるとはするけれども、かと言って「文政権とベタベタ」するわけにもいかない。政治的な事実があり、政治家同士というのはこういう過去の経緯も踏まえて付き合うもの。

私は総理大臣の重責は想像するしかないけれども、政治力学については推定はできる。この情勢下において「さぁ、文政権さん、仲良くしましょうよ」と菅総理がやれば、「いやいや、一緒に合意を取りまとめた向こうの担当者、逮捕されてますやんwww」と菅総理がバカにされてしまうのだ。これは市議会だろうと国会だろうと、そして世界の政治においても同じこと。
だから、できない。

まぁ、政権のスタート時から喧嘩腰に行くとは思わなけいけれど、仲良くなる要素はまったくない。また、韓国が資産の現金化などに踏み切れば、即応で反撃するだろうことは容易に想像できる。

よって、普通に考えて日韓関係が良くなることはないと考えることは自然だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

けれど、一部の対中関係については不明

ここからは懸念。
よくない話になる。

聴く人が聴けば、政権批判ととられる可能性は覚悟のうえで書く。

 

菅総理は、竹中平蔵氏と距離が近いように思う。
総理就任直後にも会っていたという報道が、まとめサイトなどでも散見された。コメント欄は辛辣なものが並んだ。

私は、小泉政権における構造改革を否定する。
それは新自由主義への対抗であり、私の属性が就職氷河期であったことを踏まえれば自然なことだと思っている。
構造改革は失敗だったのだ、その総括を自民党はしていない。

無論、竹中平蔵氏についても否定的な立場をとる。

 

インバウンドを全否定はしない。
これは肯定の意味ではなく「全」否定はしないという書き方で察して欲しい。
地域によっては外国からの観光客も、地域経済にとっては大きなエンジンになってしまっている現状もある。

ただし、その対象がCHINAや韓国など特定アジア圏に限定したかのような、爆買いありきの「インバウンド」については批判したい。例えばそのようなものは【特定アジア圏向けインバウンド】などと称してもいいと思う。

県外・市外からの日本人観光客も、田舎から見ればインバウンドである。また、アメリカや欧州圏、台湾など親日アジア国からのインバウンドについては伸ばして欲しいと願う。

これらも踏まえ、インバウンドそのものを全否定はしない。

 

ただ、菅内閣の方針については、私はこの部分は未知数だ。
かつての政策であったり、人間関係を鑑みれば、私にとっては批判したくなるような”インバウンドが推進”される可能性はある。

安倍内閣では、のんびり見ていられた部分だけれども、今回の内閣は安倍政権とは違うわけで、このあたりは注視が必要だろう。

 

冒頭において、日韓関係については述べた通り。
けれども、対CHINAについては未知数な部分が多い。

理由は竹中平蔵氏らの存在だ。
新自由主義者からすると、CHINAの経済圏は旨味のある存在には違いない。
これは米国が基軸とする対CHINA政策とは真っ向から反するものの、米国には追随しつつ「それでも、ちょっとだけ!」「ちょっとだけ!」と歩を進めようとするように思うのだ、菅内閣というよりは、竹中平蔵氏やその取り巻きらは。

 

よって、対CHINA政策の外交面については大きな変化はなかったとしても、財界要望という形で何がしかの緩和に近いものは実施されてしまうような気もする。

繰り返すが、注視が必要な点だ。
まだ変わったばかりの内閣ゆえ、このあたりの動きは分からない。分からないけれども、何事においても自身の政策と違いがある可能性があるときは警戒しておくに越したことはない。

私は、これらの危機感以外については、菅内閣はとてつもない仕事量を発揮する内閣だと思っている。ただ、不安はある。

 

 

 

国民が変える。

意外に効果があるのは、国民世論だと思う。

ここから先は推定なのだけれども、菅内閣は「国民世論からのフィードバックを強く受ける」内閣だと感じている。

 

理由を述べよと言われたら、理由なんてない。
そう思っているからだ。

私なりの人物像とさせて頂きたい。
私は菅官房長官を直接は知らない。ちょっと会ったことがあるだけ。少しだけ話はしたけれども、性格が分かるようなお付き合いはない。
(沖縄の知事選のとき。)

 

けれど、いわゆる菅グループに属する国会議員の先生は知っている。

当然、菅グループに属する国会議員は菅官房長官とよく話すわけで、人を経由してのエピソードにはなるけれども、なんとなくは。。。

経由しての人物評なので大きく外れていたら申し訳ないけれども、私は国民世論の影響を強く受ける政治家だと思っています、菅官房長官は。

 

菅官房長官は、と書いた理由。
「菅」官房長官が国民世論の影響を強く受けるのか、菅「官房長官」が国民世論の影響を強く受けるのか、そこは分からない。

私の勝手なイメージだけれども、世論の空気が違ったり、何がしかの外部から要望があった場合には「自分の政策を押しとどめても」外部を優先する傾向があるように思う。

これは珍しいことで、例えば私なんかにはできない。
できない政治家のほうが多くて、特異な能力だと思っています。

自身が掲げた政策であっても、他者のためであったり、自らの派閥内の声を優先し、自分の政策を曲げるというのは意外に簡単にはできない。

 

ただ、この傾向が「派閥の領袖」として見られたのか、または官房長官という立場がそうさせたのか、それは分からないのだ。

いざ総理になった場合には、こういう特殊な政治家としての動きを見せるかは分からない。
自身の政策を封じるというのは、かなり珍しい特色であり、美徳だと思う。組織の長としても高く評価されるスキルであり、そして多くの政治家はできない。

なんというか、機関車みたいな先生だったらいっぱいいる。
私なんて自分のことは香車だと称していた。たまにトリッキーな動きを見せるため、君は桂馬だと言われたこともあるし、その後は飛車・角に例えてもらったこともある。(地味に嬉しかった。)

とはいえ、私は自分のことは、と金だと思ってる。
確かにもう、ただの歩ではないとは思うけれど、かと言って金銀にはなれない。無論、玉将にも。

 

私のことはいい。
話題を戻そう。

菅総理は、声に影響される内閣になっている可能性がある。

 

ただし、それは左派のやるようなデモを忖度するという意味ではなくて、あくまで組織トップとしての動きだから「支持母体」であったり、「配下の派閥の議員」に対してであって、自らが信じたレーダーからの声に左右されるという意味だ。

よって、想定通りであるならば、信頼している大臣からの意見などは最大限に尊重するように思うし、自民党支持者が(例えば地方支部経由で)あげた要望などは重要視するように思う。

逆に言えば、それ以外のルートは全滅だと思ってる。ある意味では鉄壁で、自身が指定したレーダーというかアンテナを経由しての情報以外はインプット足りえないと思う。

 

よって、結論的に言わせてもらえば、国民が変えることができる内閣だと思っている。これは左派とかメディアが言っている意味とは違っていて、自民党支持者が特定のルートを経由した場合という限定条件であるけれども。

政治家は、だいたい自分の政策を曲げない。
私だって、ほとんど曲げない。というか曲げるような人は選挙に出ない。それを組織維持のためであったり、他者への配慮という意味から変更できる政治家は、本当に極少数。

この部分は、いまからの内閣の動きを見ていかないと分からないけれども、実際にそのような運用がなされた場合には、私は高く評価されるべき点だと思っている。

 

 

 

直近とは言わないけれど、選挙は近い。

衆院選が近い。

いますぐあるかは分からない。私は、「直近はない」に張り込んで、一応は当てたと思っている。

普通に考えれば、即時解散の道が正解だったと思うのだけれど、当初いわれた「10月25日」という最短日程は崩れた。時間的に無理がある。

 

多くの識者が25日説を唱えたけれども、なんだろう、勘みたいなもの。人事の顔ぶれを見て「何か成果をあげてから打って出る」方針だと感じた。

とは言え選挙自体は近い。
任期満了まで1年を切っており、今年の年末あたり(10月25日より後)か、予算に絡まないタイミングをみての来年春あたり、都議選を回避すると日程は限られてくる。

もう、夏あたりまで引き摺ってしまうと、解散しようとすまいと同じで、どちらにせよ来年の10月には衆議院議員は任期満了で選挙になる。

 

よって、直近ではないにせよ「選挙が近い」のは事実だ。

 

菅内閣としては、初めての衆院選になる。

今回は誰がやっても微減にはなるだろうけれども、やはり多いに越したことはない。

総理大臣である以上、そして自民党のトップである総裁としても。
衆院選の結果は気になるだろう。誰がやっても、ここは気になる。当たり前だ。

 

となると、私たちが先ほどの「新自由主義」とかに警戒をもつのであれば、そういう風に動いていくしかない。

牽制せよとは言わないが、自らの思いは明確に示しておく必要があると思う。

 

口をあけて待っていても何も得られない。

このような部分については、安倍内閣については何らの不安はなかったけれども、菅政権は今から始まるわけだからどういう流れになるか分からない。

だったら、国民として声を挙げていったほうがいいと思う。
先ほどの人物評は、あくまで私の主観であるけれども、「届く」し、「受け入れる」と思っているから。

 

組織論について、深く習熟している人じゃないと派閥の領袖は務まらない。
また官房長官という大役は、様々な大臣や派閥の意向をくみ取りつつ、それぞれにストレスを与えないように気を使わないと務まらない。

官房長官という経験が長かったこと、また派閥を維持してきた経緯を考えれば、私は「届く」と思ってる。

 

選挙が近いのだったら、さらに影響度は倍がけだ。

気になる点があるからこそ、プラスの形で声を挙げていくべきではないか。

 

 

 

 

言葉は選んでいるつもり。

私も少しは年をとったんだろうなって思う。成長という意味なのか、ずるがしこさと言われるものかは知らないけれど。

ちょっとだけストレートに書くと、あの時の三橋貴明は、こんな気持ちだったのかもなって。あのときの三橋さんと、いまの私の年齢って、そんなには変わらないんだよね。

ま、新内閣が発足、いままで超長期政権だったゆえ、「何が変わるんだ?どこが変わるんだ?」という不安が出てくるのは仕方ないわけで、私だって分からないという不安はあるわけで。

そういう意味では、同じ立場です。
持っている情報の量は少し違うのだろうけれど。

あまり書くと長くなるので、今夜はこのあたりで。

 

 

 

 

菅内閣において対CHINA政策については、外交面での大きな変更はないと推定するが

 

財界要望の形で、新自由主義的な動きは出る可能性はある。

 

つまり、対CHINAとの経済交流については、インバウンドも含め

 

融和・緩和される可能性は示唆しておきたい。

 

そのために、国民に広く情報を周知するものであり、

 

竹中平蔵氏についての評価も含め、私たちは考えていきたいと思う。

 

特に就職氷河期世代まっただ中だった私としては、言いたいことはある。

 

とりあえず、日韓関係については譲歩をするような内閣ではないと考えられ

 

まずはその点については安堵している。

 

日韓の距離感は、不思議なことに内政に直結し、

 

地方の行財政にまで謎の影響力を発揮することすらある。

 

対韓国については、毅然と望んで頂きたいと思う。

 

日韓は、いまぐらいの距離感でいいと思っている方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

20 Responses to 菅内閣は韓国に譲歩しない理由⇒苦労してまとめた日韓合意を文政権が反故。【よかったと思った人はシェア】

  1. K_nkgw のコメント:

    小坪先生

    私は竹中平蔵氏と小泉政権が嫌いです。兄の少し上の氷河期世代を相当に苦しめ、その後の就職環境を形作った張本人と考えるからです。

    菅総理はネットの声を聞いて下さるのでしょうか?
    正直のところ、不安です。

    効果的な声の届けかたがあれば、ブログ内で書いていただければ嬉しいです。

  2. 宮崎マンゴー のコメント:

    日本政府は、日本人を護らない。
    …との声が、ネットにて目にします。
    ロスを引きずったままでは、何も終わらないし何も始まらない。ただ、戦後の日本の政治は茶番としか見うけられなくなっている。
    代々保守の家系で育ってきたわたくしも、選挙で日本の立て直しが計れるのか?と、途方に暮れております。
    偽りの歴史の日本を見よ!です。
    日本は、日本人の国ではなかった…という。
    (原口隆志twitter御参考)
    小坪議員様に、ヒーローになって欲しい!とは想いません。
    「私は、嫌だね!」と、長いものに巻かれる様な政治家ではない、不正や腐敗を凛として見逃さない正義ある日本の政治家と存じておりますゆえ、同志の方々と共に御意志を貫いていただきたく願うばかりでございます。
    現状の日本の、いや、これまでの奇妙なる茶番の繰り返しの日常へ何ら疑問も不可思議も感じなかった日本人はいないのでは?
    三國の無礼かつ、蛮行、恩を仇で返すの繰り返しの交わりへには「私は、嫌だね!これ以上、絶対」を告げたいです。亡き先人の方々に対しても申し訳なく存じます。
    日本に蔓延るDS狩りも行われている様です。
    その内、[世界緊急放送]なる実施で、日本に突きつけられる真実に我々は驚愕する時が来るのでしょうか…浦島太郎状態の日本人が、ようやく再生への道を歩んでいけるのでしょうか。真実は小説より奇なり…を思い知らないと、解明されないと、日本という国へ向かいあえないのかもしれません。
    愚民は一掃、悪党はグアンタナモ基地となり
    日本の立て直しが始まる日を願うばかりであります。正しき日本人の政治家が堂々と、国民の為に活躍できる日を待ち望みたく存じます。祈

    • 宮崎マンゴー のコメント:

      *原口隆志様、わたくし独自の判断にて御紹介致し申し訳ございませんでした。
      しかしながら、日本人は歴史の真実を調べない調べて欲しいものです。戦後75年?いいえその以前から…日本を支配しているのは、日本人ではないという。
      ジミー1族とは?日本政府はLi家だったとは
      …浸透した犯罪まみれでも、汚職や腐敗まみれでも、日本人は泣き寝入りなのは、皆様の御発信のアレらのせい。闇の偽りの日本に終止符を討つのは、我々日本人である筈でしょうが、かなしいかな、米国トランプ大統領勢力とQanon+とWhite hat等々の正義勢力しか望めない様です。
      ここに、日本気質の政治家の方々や気骨ある自衛隊の方々や愛国の方々の目があると信じております。日本を覆う75年以上前からの闇の奇妙さ異常さをお察しされておられましょう(余命三年時事日記が発信して来た様に)
      日本の立て直しを図りたいのならば、自ら調べ、急ぎの一掃を行わなければ日本が崩壊して行くと存じます。案じるばかりです。祈

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    我々保守層が望む変革は、保守層では無い人から見れば、ヤリ過ぎに見えるでしょう。
    つまり、繰り出すタイミングを上手に調整しなければ、敵に付け入られる隙きをムザムザと与える事に成り兼ねません。
    特に相手がアノ韓国となれば、尚更でしょう。
    ごく一般的な感覚の人、つまり殆どの人であれば、韓国に対する当たり前の落し前を要求したとしても、それがヤリ過ぎに見えてしまう事でしょう。
    これは、アノ民族は皆がほぼプロ被害者と言っても過言では無く、その演技力は半端無いものであるからです。
    アレらは自らで殆ど記憶の掏り替えをしている様なもので、アレがそう言うものだと知らなければ、そうそう見抜けませんし、傍観者の方が常識的であればある程、アレらの行動が空想に基づくものだとは信じられない為、意図も容易く絆されてしまうのです。
    特に真面目に自虐教育を習得してしまった人にとっては、効果は絶大だったりします。

    安倍政権は我々からすれば、韓国に対してダラダラしている様に見えました。
    ですが、一般的な感覚の人にとっては、丁度良い匙加減であったと言えるでしょう。
    結果的に割と鈍感な人であっても、程良く韓国に対する不快感を募らせる形を敢えて招き入れる事によって、徐々に多くの日本国民の韓国への不信感を定着して行ったのですから。
    良い意味での茹で蛙でした。

    その意味から言えばこの度の菅政権は、嘗てに比べて韓国に対する塩対応が格段にやり易い状況にあると言えるでしょう。
    言ってみれば、韓国をハブるのに極めて敷居が低い訳です。
    ぶっちゃけ、あんなのに構っていては仕事になりませんから、自ずと塩対応になるのは自然な流れでしょう。

    対中に関してですが、米国次第と言う要素も含まれて居ますので、不確定要素が多いとは感じます。

    あとは竹中平蔵氏に限らず、国内に潜む良からぬ者から遠ざける様に世論を高めた方が良いのは事実でしょう。

  4. 波那 のコメント:

    ブログ「中韓を知りすぎた男」でブログ主が明確に述べられていますが、これに尽きるでしょう。

    🔸安倍元首相殿ご苦労さまでした 9月19日(土曜日)
    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1294.html

    「管義偉総裁殿、あなたの掲げた改革の旗は正しいですが、まずそれより日本を悪くする在日集団を追い出す法案を作って下さい。それをやらない限り日本は良くなりません。」

    人権が〜差別が〜!!などと言う話では全くないのです。戦後の占領期間中に朝鮮進駐軍が犯した日本各地での土地占拠、日本人殺戮、手当たり次第の強姦等のあらゆる蛮行から始まり、1965年の日韓基本条約以降に彼らが言い出した強制連行の大嘘が罷り通って脅迫とユスリ、タカリで日本国民にも無い特権を得て来た彼らの要求で在日をあらゆる組織、政界、法曹界、放送局、新聞雑誌メディア、教育界、地方行政にまで潜り込ませてしまった事を言っているのです。他の外国人には一切可能ではなかった事は現状の日本社会を見れば明らかです。

    特に1991年に当時の海部内閣で国民に隠してコソコソっとやった「日韓覚書」で日韓基本条約の在日の地位協定には無い三世以降まで自動的に特別永住許可を与えてしまったことです。これで彼らはパスポートを持たなくても不法滞在者として退去させられずに日本に住み続けられる外国人として、何世代になっても世襲で生活保護を受けて暮らせるようにしてしまいました。ネットには、ファンタジーでしかない嘘歴史と日本が悪い、日本人になら何をしても良いと反日教育で仕上げられた朝鮮学校卒の在日朝鮮人が溢れかえっています。朝鮮学校は一条校ではない為、また日本人なら中学生位までに身につく基礎的な知識もないので、日本では就職先もないのでしょう。自動的に一生、生活保護受給者となり、この状況はこの先も変わりません。寧ろ増えて行きます。

    それに日韓の間には犯罪者引き渡し協定があるのに、韓国側が在日犯罪者を引き取らない為に何の抑止力も無い。再犯の温床となっています。それって何処の国の話?と思いますが、第2次安倍政権の前は日本名(通名)を簡単に変更出来た為に刑務所出てきたら又、別名に変えるという事も出来ていたようです。通名を複数持つ事も可能で、ですから銀行口座も複数持ち生活保護費の重複受給も可能だったとか。前にその手口を、お前ら日本人はホント馬鹿、日本人は在日のATM してたらいいんだよと書いてた在日が居ました。第2次安倍政権になってから通名は一つで変更は出来ない、在留カードに通名併記は出来ないようになったそうで、だからそれまで在日朝鮮人犯罪者が通名で日本人犯罪として報道されていたのに何年か前から突然、本名で韓国籍として報道されるようになりました(朝日は相変わらず。通名が分からない場合は何処そこの何才の男が〜とか書いてるようです)。在日がアベガ〜アベガ〜と憎んでいるのは日本人にさえ持てない優遇特権を剥奪されたからなんでしょ?在日朝鮮人だけが謳歌する優遇なら他にも幾らでも有りますけど。

    何で、こんな連中に人権が〜差別が〜と言われなければならないんです?おかしいでしょ。私は嫌です。断然嫌です。終戦後から日本人が蹂躙され受けて来た屈辱の思いを次の世代には味合わせたくありません。政治家の人達は人権が〜差別が〜と叩かれるだけの問題ですから逃げ回るでしょうけど、押し付けられた自虐史観から解き放たれた日本人はもう黙ってはいません。

  5. BLACK のコメント:

    竹中平蔵
    維新
    アイヌ利権
    IR利権
    経済界
    中共政府
    菅政権に対する不安要素はあると思えます。(どこまで確かなソースがあるかは不明ですが)

    ですが、新内閣の閣僚の顔ぶれを拝見しますと
    特に、武田総務大臣・河野改革大臣・平井デジタル大臣等
    国民の窓口になって、政府と国民の間をとりついで下さる大臣はおられそうな気がします。
    ですから、国民は今まで以上に声をあげることが必要だと思います。

    河野大臣が実行しておられるネットでの110番。
    各種パブコメ
    各種請願
    平井デジタル大臣も、武田総務大臣も国民のネット上での声を目にすることは
    今までの各大臣以上に多くなる気がします。

    各大臣のネットとの距離感が、今までの大臣とは違う気がしています。
    菅総理個人の方針はともかく、各大臣のネットとの距離感
    ここに期待します。

    そして新聞の失墜
    新聞記者への不審
    これは菅総理が官房長官時代に、嫌と言うほど実感しておられることと思われます。

    決して浮かれていられる状態や、手放しで喜べる状態ではないと思いますが
    ですが、ネット保守の声が届く時代、届くチャンスが来たのかも知れません。
    小坪氏や、小坪氏の同志の方々の長年のご活動の目が出る時代が来たのかも知れません。

    そしてそれがは
    おパヨ様や、極左、過激派、テロリスト、外国勢力の理解や共感を得る必要など皆無だと思いますが
    日本を愛する左翼さんたちの理解と共感を得られるものであったら、私は、より嬉しいと思っています。
    ネット保守が、もしもネット保守の主張が通ったり、実現されたりした場合
    「自分達の主張が通ったぜ」「左翼よどうだ!」と、そのような意味の満足感では無く
    保革、左右を問わず、日本国民の多くの人たちが「良かった」と思えるものであって欲しいと
    きれいごとではありましょうけれども、私は願っています。

    また、そのような主張であれば、各大臣に受け入れてもらえる可能性も大きいと思えます。

    以上 文責 BLACK

  6. ミカンの実 のコメント:

    日本政府は、日本人を大事にしなさい。それも帰化日本人よりも区別して大事にしなさい。それが一番の経済回復になります。それが日本人以外の人たちにも大きな恵になります。日本人はよく見極めなさい。本当にあなたを大事にしてくれる人のもとにいるようにしましょう。最初は何回か騙されますけど、すぐに見破れるようになります。その後は冷静に行動しましょう。日本は大災難が来ていて、しかも大災害が多くある国です。まずは自分を守ること。それから自分の周りの日本人を守り、助け合うこと。それから外国人を余力があれば助けましょう。今の日本国には、残念ながら余力はありません。でも大災難もそのうちに去ります。そのあとはとっても良い時代が長く続きますから、今はしっかりとリラックスしながら耐えましょう。日本人なら大丈夫なはずです。

  7. mirage のコメント:

    慰安婦合意はムンムンが反故にしてくれて、本当に良かった。
    私はあれで、安倍政権を最終的に見限りましたから。
    そして反故を口実に韓国と距離を置き、現金化でついに実質的国交断絶を実現、ということでしょう。

    菅総理は竹中平蔵と構造改革が大好きで、インバウンドと移民を推進し、本当はさらなる消費増税をしたい人。
    期待は出来ません、暗い見通しがあるだけ。
    むしろ思いっ切り失敗して、その後に反グローバリズム政権が出来て欲しい。

  8. パコリーヌ(髭) のコメント:

    もっと攻撃すればいいのに

    竹中平蔵 川勝平太など『偽名』を使っている奴らは日本人じゃないって
    働いたら負けの本当の意味は奴隷使いの主人であるこいつらの隠語
    こいつらにとっては日本人だろうが中国人だろうが生きようが死のうが興味無い
    金が全て

  9. パコリーヌ(髭) のコメント:

    センセは何処の盤上で遊んでるか知らないけど
    日本会議にとっては醜悪な敵でしかないでしょ
    ロヒンギャに憐れみを向けるのも同属の縁か
    アメリカにとって日本統治は成功例なんでしょ?

  10. パコリーヌ(髭) のコメント:

    安倍晋三の憐れみで日本人を見る眼が

    心底気持ち悪くてたまらない

  11. 福岡 秀憲 のコメント:

    小坪議員の力、で地方自民党議員から要請を上げるのを頑張ってください。

    韓国は今のところいい意味で、向こうが勝手に合意破棄をするのを見越した安倍政権の「日韓合意」(一部視野狭窄的反対が保守層にあったが)大局的な作戦勝ちなのでいいとして……
    (徴用工問題現金化まで……現金化ワクワクすっぞ!オラ!)

    そんなことより、二階幹事長の「今や誰が考えても春」という中国寄り寄り発言……
    CSIS報告書への反発?アメリカへのどういうメッセージ?
    石破派パーティーでの発言なのでむしろ何か他の意味あり??
    米中の関係からみて政権内からこういう発言に信じられない思いと、「流石、二階さん」という一般人には分らぬほどの高度な技なのか?
    韓国が失敗したような「こうもり外交」??
    謎だらけで、怖すぎます。
    マティスすら切り捨てたトランプさんなら、即座にクビだぞ!!

    「経済問題」がどうなるか不明。
    あえて持ち上げると、「新自由主義」の考え方は「マクロ的」には正解なのだと思います。
    「構造改革」より「行政改革」を先にあげたことも小泉政権の失敗は理解しているのでしょう。

    だがしかし!!「ミクロ的」に見ると痛みがね……
    生産性の低いAという仕事からより生産性の高いBという仕事に人材が移る。いいよ!けど個人で考えて仕事簡単に変えられますか?「職業訓練」とか「手当」で云々とか言いますが。

    自民党から出る案は「正しい」し「有難い」政策。今回のコロナ禍でも「特別定額給付金」「持続化給付金」「持続化補助」「雇用調整助成金」その他本当にいっぱい…よほどちゃんと調べないと何に該当するのかも分かりません。

    わざと申請しにくいようにしていませんか?(不正排除の為というのは理解)
    助かりますよ。でもいつでも「上から目線」これに着きます。

    「新自由主義」経済は、①大きくは「グローバル企業」への課税問題。②小さくは「手当」が自民党的手法のよる不満。

    竹中平蔵氏(元公人)だけでなく「三橋氏」(私人)の名前があがりました。
    (元公人・私人の違いを、ブログコメント欄とは言え、配慮しないといけないと思いますが不足なら先に失礼の程をお詫びします)
    「MMT」理論は大反対です。景気高揚時、状態の長・長期化時に対する考察が不足し、出口戦略には失敗しか見えない(現実、増税必要時に直ちに政府が税制改革できない)からです。
    (麻生大臣にまで「そんな実験」と言われてしまうなんて)

    でも、デフレ再突入ともいえる世界的なインフレ化リスクの低下を考えると、異なる経済政策と少なくとも2年程は結論は変わりません。

    「財政出動!!」

    EU.米.日本とも金融緩和はしていますが、米「財政出動」率に比べ低すぎる日本。
    一番被害が少ないはずのリーマンショック時の日本がリーマンショック後にひどくなったあのときと構造が一緒です。

    経済のこと書きだすと、感想コメントの域超えちゃいますwww
    長くなりすぎますのでヤメマスwww

    小坪先生!庶民の苦しみを菅グループの代議士先生にお伝え下さい。
    でも安倍批判になった「三橋氏」(気持ちはわかる)にならないで下さい。

  12. あき のコメント:

    もう、韓国なんてどうでもいいんだよ!!! 支那への風当たりを逸らす為でしょ!本当に馬鹿らしい!! 怒りしか無いわ!竹中平蔵、安倍、小池百合子!他にも居るが、こいつら今すぐに死刑にしたい!  保守っぽい事言う連中に騙されないでよ! 時間が掛ればかかるだけ日本は本当に亡国だ! 菅はまだ、インバウンド??!!それも支那人だろ!!ふざけんな!! こいつらがどれだけ無駄金食らって、外国人に血税垂れ流してるか?! よく、考えろよ!外国人生活保護、在日朝鮮、アイヌ利権!!部落もまだ有る?本当にいい加減にしろ!!糞野郎、自民創価!こいつら、やる気になれば即時対応できるのに、絶対にやらないだろうが!!
    これだけ、日本国民を疲弊させ!経済力(一般人のね!)を奪い!!武漢ウイルス蔓延させ!罹患してる糞支那人わざわざ連れてきて、日本人の税金で病院に入れて治療してやって?!挙句に!経済で疲労している企業、土地も今どんどん買占めさせている!! これを、率先してやっているのが自民創価!既存政党も同じ! 維新はこの時に潜り込もうとして必死!!

    政治は~~とか?!本当にもう結構!! くっだらない事ず~~~っと言ってこの始末!
    少しは、真剣に日本が本当に危険(一般市民だったらいいんですか??)な状態で、自民創価を廃棄しないと(今、一応、与党だからね!)支那の属国にされる~という事考えてよ!
    自民創価以下、既存政党では、絶対に無理!! 日本第一党しか有りません!!

    次の選挙・また、地方選挙~日本第一党から出馬して下さる方を当選させていくべきです。
    本当は、今すぐ、政権移譲して欲しいですよ!!

    • 黒水仙 のコメント:

      嫌中・嫌韓をわめくだけの日本第一党に日本を任せれば日本は沈没する
      日本第一党は政治のやり方を知らない
      腹芸の出来ない人間には政治はできない

  13. 60代主婦 のコメント:

    菅さんは、もうじき習近平と電話会談をするそうです。

    韓国への態度や、デジタル云々、携帯料金、不妊治療…国民に受けそうな事をちらつかせて、その裏で、本当にやりたい事を押し進めている気がして、本物の悪党って強かよね…等と…どうしても思ってしまいます。

    私の不安が、主婦の見当違いであってくれれば嬉しいです。

    竹中平蔵は大嫌いです!
    お金お金お金…品性下劣とは彼のこと。
    いや、もっと沢山居ますけどね…品性下劣漢…。

  14. 流人 のコメント:

    コメントにもある通り不安要素の一つはやはり二階幹事長でしょうね。二階氏の親中姿勢はもはや説明不要だと思いますが、それが菅総理のインバウンド政策と組み合わされば「中国からの観光客をもっと増やして地方経済活性化!そのためには中国人観光客向けビザをさらに緩和!」となるのは想像に難くないです。
    ただでさえ尖閣・台湾・香港・ウイグルの問題で中国に対する印象は最悪なのに、さらに習近平を国賓で招くようなことがあれば親中政権との批判は免れません。習氏との電話会談に臨むそうなので方向性はすぐ明らかになるのでしょうが。。
     
    もう一つの不安要素は皇位継承の問題。安倍政権は譲位と改元をつつがなく取りしきりましたが、安定的な皇位継承策を検討し国会に報告しなければならないという大問題を手つかずで残してしまいました。当時官房長官であった菅総理がこの問題にどう対処するかは明らかではないですが、女系天皇容認論で物議を醸した河野氏を重用していて今後大丈夫かいなという思いです。仮に現在の男系男子による皇位継承から大きく舵を切るようなことがあれば伝統的価値観を持った保守派からの反発は必至ですが、菅総理に安倍前総理ほどの歴史と伝統に対する思い入れがあるのかどうかはかなり疑問です。

    官房長官時代に評価が高かったのに総理になってから評判を落とした福田康夫元総理の例もありますし、一般人としては支持するかどうか決めかねるといったところでしょうか。

  15. ピンバック: 高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸 | コロナ/2chまとめ

  16. 黒水仙 のコメント:

    安倍政権で安倍前総理の名代として台湾外交を担ってきた岸信夫議員の防衛相就任で日本の立ち位置は決まっていると思います。岸防衛相は言わずと知れた安倍前総理の実弟。無論ブルーチームで。二階にはアメリカが親中派とハッキリ名指しして首輪と監視をつけてるのでそう勝手なことは出来ないと思います。同じくアメリカに親中派とハッキリ名指しされた今井も官邸を追放されたことだし。むしろ二階を対中国の盾として残してあるおかげで中国は日本へ強硬な姿勢で出られずにいる。

    対中融資「卒業」を いまだ4番目の融資対象国 ADB総会で麻生氏

    日本としてはまず中国向け融資を抑え、使途を地球温暖化問題などに制限したい考え。中国との対立が激化する米国は日本と並ぶ最大級の出資国で、日米で歩調を合わせる思惑もある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/98b51009df44abf9c14ed3f91

    まずは財務大臣が直々に警告出す意味考えようか
    経団連のバカ売国経営者ども

    地理的に遠い欧州は中国のルール違反には見て見ぬふりをして市場・工場として活用した方が得だという姿勢をずっと続けてきた。AIIBなんて、あきらかに元によるアジアの経済支配を狙ったシステムだったのに、バ韓国だけじゃなくEUからも次々に参加したしな(嘲笑)チャンコロナの蔓延でようやく欧州が目を覚まして中国を警戒し始めたんで、ADBの姿勢も変更できるようになったって事。

  17. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    中立ぶっている相手の中には嫌韓とは取り合わぬなどと主張する向きもありますがでは
    何故かの国に対して信用できなくなっているのかを理解しているのかと問いたいくらいで
    しかありません。

    あれだけ信用を損なうことをしているようであれば反日だけに限らず手を切りたくなる
    ものしかありませんがそれでも反ヘイトに阿ったかのように仲良くしろだとかいうような
    綺麗事は受け入れられません。

  18. 黒水仙 のコメント:

    安倍前総理は育ちの良さのせいか、政治家にしては優しかったからストレスを溜めてしまったのかもしれない
    が、菅総理は違う。
    一代でここまでのし上がってきた御仁だ。
    本人も仕事をキッチリ成し遂げてから退くつもりだろうから容赦はないだろうと思う
    閣僚、官僚の皆さん、結果を出せなかったら次はないと思った方がいいと思うよ
    パヨクどもは安倍前総理を恋しく思っても後の祭り

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください