対CHINA戦略のこれからと、少数民族への弾圧についての抗議活動。


 

 

端的に思うことを述べる。
基礎となる部分は、残念ながら大統領選だ。トランプ大統領が続投できる可能性も充分にある。しかし、対CHINA戦略においては大統領選は敗北であったと言わざるを得ない。

高笑い、だろう。
民主主義のリーダーとして一翼を担ってきた米国が、民主主義の対極の方法で振り回されているのだ。民主主義の基本には選挙制度があるわけだが、その根幹を揺さぶった。それがCHINAの手によるものかは分からないが、どちらにせよ”何かあった”ことは事実だ。

例えば、速報とされた選挙結果は変更され、獲得した選挙人の数は変更につぐ変更だ。過半数を得たはずの候補が、のち選挙人の数を減らし、現時点では過半数以下の状態に陥っている。事後において選挙結果が変わっていってしまう状況は、これはもはや民主主義の根幹をなしていないと言わざるを得ない。

もう一つ、CHINAが喜びそうな話がある。
アメリカは、あくまで合衆国であり、州ごとに独立しているようなもので(というか独立しているとも言え、)それらの連合国家という説明も可能だ。はっきり言えば、「アメリカという、単独の国家」は存在しておらず、足並みを崩すということも世界各国の目に示されてしまった。

欧米各国を含め、(酷い言い方をすれば)「米国をナメていく」ように思う。例えば、我が国の国民も同様であり、「え?アメリカでこんなことがあるわけ?」という思いは、正直、誰しもあると思う。私だってそうだ。

確かにここはブラックジョークだ。
民主主義の盟主が、民主主義の根幹の部分でぽっきり折れたようなものであるから。

私は、郵便投票には批判的であり、これは日本のメディアがどのように言いつくろっても、聞いてみれば無理のある話だ。郵便でやることが無理なのではなくて、ろくすっぽ本人確認がとれない状況で、かつアメリカの郵便事情で選挙をやることが無理があると言っている。

民主主義の根幹として選挙制度があるにも関わらず、本人確認がとれなければ重複投票なども否定できない。やったかやってないかではなくて、「なかった」という確認がとれない。そんな選挙制度で選出された者に対し、果たして絶大な公権力を与えて良いものだろうか。それが許されるなら、金で独裁が買える仕組みとなってしまう。

このあたりは、長引けば長引くほどに、バイデン候補の失態ではなく、やがては米国の面子を潰していくことになるように思う。
CHINAにとって、これがどれほど喜ばしいことか。よって、相当に調子に乗ってくると思う。調子によるというか、もはや天敵のいない暴君だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 
さらに苦しい解説もせねばなるまい。
先ほどトランプ大統領が再任される可能性について触れた。それは議会で選出されるというもの。
これでは、いわゆる大統領とは言えない。肩書きは大統領であったとしても、絶対の権限を行使しえないのだ。日本の総理は「国会議員の投票によって決まる」のだ。ゆえに、国会議員に対して配慮せざるを得ない構造になっており、首相制度は大統領制に比較して権限が弱い。

市長は、直接的に市民から選ばれる。
市議が選んでいるわけではない。市議の過半数を得ることで、行政長になるわけではないのだ。市民が直接選ぶため、少々は議会を敵に回しても貫く市長はきっちり政治信条を貫く。大統領には、こういう力強さがあった。

けれども、肩書きが大統領であったとしても、「議会により選出された大統領となれば」、やはり議会からの影響力は排除しきれまい。よって、仮にトランプ大統領が再任されたとしても、ワイルドさについては減退せざるを得ないと思う。無論、二期目となって、力を増す部分もあるかとは思うが、大統領選の混乱は、影を落としすことになるだろう。

では、どうするか、だ。
我が国の政治家として、対CHINA戦略をどう見るか。
尖閣はどうなるのか、台湾はどうなのか、恐らくバイデンとなればどちらも守るまい。シーレーン抜きで我が国が成り立つかと言えば答えはNOであり、となれば我が国単独でも守っていくのか、という話になる。併せて、「ならば、本当に台湾を守り切れるのか」という、その実力を有しているのか?という話になってくる。

きつい言い方になるが、尖閣でも台湾でもなく、いきなり沖縄本島を狙う可能性だってあると思っている。軍事的なものではなく、例えば選挙介入で会ったり土地取得であったり、もはや”どこが前線”とは言い難いぐらいの状況なのではないか。

私の結論は、一つだ。
戦うより、道はない。
退けば、もはや我が国の独立は維持できないだろう。
それが10年後なのか20年後なのかは断言しえないが、ここでの後退は非常にきついものとなる。
いま戦うことも厳しいのは事実なのだが、かと言って退くという選択肢はとれない。

外交的な理由、そして自国の主権を維持するための選択として、という部分が多分に含まれることを示したうえで、
私は、チベットやウイグルなどの少数民族への弾圧について、地方議員として取り上げたいと考えている。Blogだけではなく、リアル側において、かつ相当に大掛かりな構成をもって。

どちらにせよ、やるしかないと考える人はFBでのイイネ・シェア、TwitterでのRTをお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

33 Responses to 対CHINA戦略のこれからと、少数民族への弾圧についての抗議活動。

  1. ミカンの実 のコメント:

    小坪議員、やっとここまできましたか。日本🇯🇵の周りは敵だらけですね。確かに中国は強いです。アメリカも強いです。ロシアも強いです。私はギリギリで間に合うと思っていましたが、甘かったか。日本国もチベットのようになって行くのかも知れませんね。若い人たちや子供たちを守りたいけど、このような状態では難しい。法改正も無理。アメリカのことをとやかく云うよりも、日本こそ分断されているように私は感じます。アメリカと中国とどちらが強いのか、日本は強い方につかないといけません。単独では無理。また世界中を敵にして戦わなければならないのか?それはしてはいけません。ただ必ず勝つのならしてもいいとは思いますが、その場合はこちらも無傷というわけにはいきません。大勢の人が亡くなるでしょう。ドンパチがなかったとしても飢餓で苦しめられます。その前に経済・金融も混乱するでしょう。日本国のマスコミはN●Kは中国に支配され、民間は朝●に支配されていますから、日本人はネットでないと真実が判りません。そのネットの情報さえもデマが蔓延っています。まぁ今回の選挙でアメリカの覇権がそろそろなくなりそうだというのはわかりました。中国も共産党政権から徐々に民主的な状態に行くのかも知れませんが、難しいでしょう。このことからも選挙はとても大事なものでお金で買えるような安っぽいものではないということが分かりますね。本当に大事な大事なものです。
    とにかく、まだ出来ることはあるのですから、淡々とやっていくことです。事実を知ること、防災を兼ねて有事に対する準備をすること。もしも出来るのなら、今のうちに離れている親しい人に会っておくことも大事かもしれません。混乱は大きなチャンスでもあります。うまく捉えれば日本国をより良い方へ舵取りをすることができます。私は日本が覚悟を決めるのなら、大変だけども大丈夫と信じています。

  2. 波那 のコメント:

    トランプ大統領は日本に来られた時に拉致被害者家族との面談も快く受けて下さって、国連でのスピーチの中でも話して頂いたり、また金正恩との会談でも直接話して下さった大統領です。アメリカは北朝鮮近海に空母打撃軍を展開する事で威嚇して拉致被害者を全員取り返しました。オバマは何にもしなかったです。日本国はもういい加減に目を開きませんか。憲法改正して自衛隊を国軍にしなければ自国民を取り返す事も出来ないのだと言う事を。それにイザ有事となれば最前線で体を張って我々の国を守ってくれるのは自衛隊なのに、その自衛隊の命を守る為に自衛隊の安全を思うのが我々国民が出来る事です。

    大統領選での次々と投票に関する不正疑惑は、ネットのあちこちで取り上げられ情報が錯綜していますが、それはそれとして一番怖いのはバイデンが大統領になると中共がどこまで侵入して関与していたかは絶対に表に引きずり出されずに闇の中へと仕舞われて葬られ、中共がアメリカ社会に及ぼす危険がそのまま残ってしまう事ですね。まだ喧騒と混乱の中ですから暗躍する中共についてはアメリカでも日本でも言及している記事はネットにもまだ無いようですが、東アジア默示録さんが書かれました。先日、コメントをした櫻井よしこさんが紹介されていたオーストラリアが中国に乗っ取られる寸前まで来ていた事を書いたクライブ・ハミルトン著『目に見えぬ侵略』の事も書かれていました。

    日本のメディアはアメリカのメディアそのまんまに同調する報道しかしていません。要は国民に知られたくない事は徹底して知らせない報道です。

    「40年ほどマスコミの仕事をやってきた経験からもっと具体的なお話をしますと、マスコミ内部では中国人エージェントなどによる現場指導が行われているんです。外部からも中国人関係者のチェックが入って、例えばテレビ番組で中国に対するコメントや言葉遣いが気に食わなかったりしたら、すぐに抗議を入れる体制が確立されています。メディアの現場に身を置いている人間は大体この経験をしているんです」黄文雄/(歴史探訪「マスコミが絶対教えてくれない 中国・韓国・北朝鮮」)
     

    🔻トランプ大統領の“対中内戦”…不正選挙を隠す不正報道: 東アジア黙示録
    https://dogma.at.webry.info/202011/article_2.html
     
    トランプ政権は中共の浸透工作を深刻な内政問題と捉え、摘発を急ぎ、捜査網を広げていた。射程圏内に入ったのは、各州・中央の政界だけではない。ヴェノナ文書が暴いた過去の時代と構図は同じだ。

    一方で、北米最凶のパンダ・ハガーは、民主党の指名争いを軽々と勝ち抜き、大統領選への挑戦権を得た。どの時点でも旧3大ネットを軸にした老舗メディアは、バイデンの旗を振った。
    ▽演説に臨むハリスとハンター父11月7日(時事)

    静かなる侵略に関する捜査は、新旧メディアに向かう。2期目の4年間で、報道大手の中枢に到達することは確実だ。異様なトランプ叩きにも、無様なハンター隠しにもハッキリとした動機がある。

    トランプ大統領と新旧メディアの最終決戦は終わらない。熱を帯び、加速して年明けも続く。

  3. BLACK のコメント:

    私は新選組が大好きです。
    最後まで立場を変えること無く、ひよること無く、最後まで戦い抜いた彼等が大好きです。
    土方さんは京都から函館まで転戦し戦死しました。
    土方さんの戦死には味方による背後からの射撃説もあります。
    土方さんが生きていたのでは降伏・停戦が出来ないからと言うのが理由と思われます。

    土方さんを敬愛する小坪氏を土方さんにしてしまう可能性は無いのか
    日本が幕軍・函館政府になってしまう可能性は無いのか
    これはあくまでも例え話としてであって、歴史と現在は違うのだけれど。

    「いずれにしても日本は今後人権問題に触れない方が良い」(BLACK意訳)と言うような論調も目にしました。
    欧米の姿勢はそうなるかも知れないとも思います。(逆に欧米は人権問題に厳しくなると言う見方もあるようですが)

    そして日本国内、保守陣営ですが
    「騒ぐな」「米国選挙に立ち入るな」と言う方々の深いご心情、愛国は理解出来ます。
    トランプ大統領VSバイデン氏として見ているのでは無く
    日米VS中露
    議会制民主主義国VS独裁国家
    として見ておられ、その見方では、トランプだろうがバイデンだろうが、そのことに構っていられる状況では無い(それ程の危機である)
    と言うことだと思われます。
    その危機感から、「ネトウヨ」「ゴミ」と激しく熱く説かれます。
    それは重々理解できますので私はありがたいと感謝しかありません。
    ですが、周囲の者が一緒になって同じ言葉で、自分たちと考えの違う保守を攻撃するのは
    米国の民主党の高学歴左派が共和党支持者の低学歴保守を見下したのと同じになってしまうのではないかと
    私は危惧します。
    米国の分断・混乱には様々な要因があると思いますが
    高学歴左派が低学歴保守を見下し嫌ったのも一因だと私は思っています。
    トランプ応援で発言する一部保守が感情的で無知であるならば
    どうか根気よく説明していただきたいとお願い申し上げます。
    また、評論家様、インフルエンサー様におかれましては
    たとえ愛読者から「そんなの読みたくない」と言われても
    言うべきことは言っていただきたいと心からお願い申し上げます。

    そうでなければ
    日本は日本でいられない
    少数民族を助けることもできない
    台湾・沖縄を守ることもできない
    小坪氏たちを単独で前線に行かせてしまう
    小坪氏たちの足手まといになってしまうかも知れない

    日本は今後衆議院選挙を控えています。
    短期的には目先、その選挙を無事に完了させることが課題だと思われますが

    保守内での見下し罵詈雑言は出来れば控えていただきたい
    根気よく言葉で説明・説得・教えていただきたい
    評論家様、インフルエンサー様の方々には嫌なこと、厳しいことも言っていただきたい。

    ひどく生意気な言い方になってしまい恐縮ですが
    どうかお願い申し上げます。

    以上 文責 BLACK

    • 手袋 のコメント:

      米国の民主党の高学歴左派が共和党支持者の低学歴保守を見下したのと同じになってしまうのではないかと
      とありますが、どこの情報ですか?

      共和党の支持者は中小企業経営者や個人事業主や農家が多く、民主党の支持者は有色人種や労働者からが多いと思っていましたが違ってました?
      分断の構図をリベラルお得意のラべリングで誤魔化されてませんか?
      様々な情報を取捨選択するのも、何を信じるのも個人の自由ですが、自分に合わないのものは切り捨てるのも手だと思いますよ。
      それにデマ情報を拡散する行為は利敵行為ですので責められるのは仕方ないかと。

      • BLACK のコメント:

        手袋様
        「米国の民主党の高学歴左派が共和党支持者の低学歴保守を見下したのと同じになってしまうのではないかと」
        これは私個人の感じ方です。

        従来は確かに手袋さまが仰られますように
        共和党支持者は中小企業経営者や個人事業主や農家が多く
        民主党支持者は有色人種や労働者が多い
        ですが、最近の日本にも感じるのですが

        左派=労働者 保守=経営者 
        と言う図式は必ずしも従来通りではないのではないかと私は感じています。
        ラベリングする意図はありませんが、結果的にそう受け取られたのではあれば
        それは私の不徳でありますし、私の感じ方に私に明確なソースはありません。

        「責められるのは仕方ないかと」と手袋様のこ意見ですが
        私もその必要があるなら責めていただきたいと思っています。
        厳しい言葉も、厳しい内容も言っていただきたいと思っています。

        元発言者様に対しましては感謝しかありません。
        言葉遣いも熱さ故、深い洞察とご心情故、見えているが故、と感謝しかありません。
        ただ、賛同なさる方々の中に元発言者と同じ目線で、同じ言葉を投げる方もおられるようで
        私はそれが逆にトランプ氏応援熱血保守を頑なにさせ
        保守全体、極端に言えば日本の利益にならないのではないかと感じました。
        周囲の者が言葉で煽る必要と得は無い、と感じています。
        賛同者の方々の言葉遣いや姿勢で、元発言者の真摯なお言葉が
        どう伝わるか、どう受け取られるか、どう反発されるか
        変化してしまうのではないかと、私は危惧しましたし
        また、それを踏まえて、トランプ氏応援熱血保守の方々には
        厳しい言葉を不快に思わず受け止めていただけたらと思いました。

        「切り捨てる」「仲間ではない」と言う考え方やお気持ちは尊重しますし
        意義を言うつもりはありません。
        上記の私の様々な言葉は、私が他所へ出張って行って書けることではありません。
        この場に訪れて下さる方々
        この場に投稿して下さる方々に
        この場のみなさまに
        お伝えしたく思いました。
        ですのでこの場に書かせていただきました。

        上手く伝わらなかったのでしたら、私の不徳です。
        お詫びいたします。

        以上 
        小坪氏の政治信条・お気持ち等とは全く無関係です。
        小坪氏を代弁するつもりも、この場の方々を代弁いる意図も皆無です。
        むしろ、小坪氏や当ブログ参加者諸氏の多くのご心情とは反している可能性も大です。
        文責 BLACK

  4. 波那 のコメント:

    RCEPの事を取り上げて頂けませんか。日本の国益より中共様に御奉仕したいらしいパンダハガーの二階さんが進めているようですが、軍事的には日米豪印のクアッド、経済的にはTPP での中国包囲網をRCEPは全く台無しにしてしまいますよね。中国を利するだけとインドは抜けてしまったようです。TPPの時には、「安い農産物がアメリカから入ってきて日本の農家には打撃」と騒いでいたマスゴミがRCEPについてはピタッと何も言わないそうで、ここでもマスゴミが中国の意向の方を重視している売国奴なのが明らか。

    中国からの安い農産物には残留農薬の問題もあり、冷凍食品の製造過程についても前に騒がれた事がありました。安い農産物や工業製品等が押し寄せるようになったら農家も品質の高い工業製品を製造する製造業にも打撃は大きいと思われませんか。それに連れてまた!!中国人がドッサリ日本に入って来るんですよ。

    前にも議員の先生方に日本を乗っ取りたいと言う思いで日本に来る、居座っている中国人と在日朝鮮人を簡単に帰化させないでとお願いしましたけど、どうしても日本国民の安全よりも中国人、在日朝鮮人の優遇が優先なのでしたら少なくとも自衛隊を治安維持出動出来るようにして下さい。トランプ大統領はエスパー長官を辞めさせました。民主党知事の州で暴動が起きた時に州兵に直ぐに対応させず、警察だけでは暴動を治めきれないので軍隊を出動させて混乱を抑えようとしたらエスパー長官が軍隊出動に反対したからだそうです。臨時任命ですが、今度の方は元グリーンベレーだった人だそうです。トランプ大統領は暴徒から国民の命を守ろうとしています。トランプ大統領が再選される結果になれば全国各地での暴動は必至だからです。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      波那様へ
      ホントにこのRCEPは、信じられませんよね。何故、今の時期?来年の春まで先のばしすべきだと思います。茂木大臣は、親中派、梶山大臣もそうですよね。これ、11月15日に締結されます。取り敢えずは、反対の意思を官邸メールで送りました。
      真に国益の事を思っての条約ならバッジを賭けてでもやりとうせばよろしいかと思います。

  5. araigumanooyaji のコメント:

    “民主主義のリーダーとして一翼を担ってきた米国が、民主主義の対極の方法で振り回されているのだ。民主主義の基本には選挙制度があるわけだが、その根幹を揺さぶった。それがCHINAの手によるものかは分からないが、

  6. 波那 のコメント:

    🔻バイデンは中共をコントロールできない ~ 米国の混迷を突く中共の粗暴 – 私的憂国の書
    http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-4009.html

    バイデン大統領誕生を読んで出されたのが、中共の警察組織である海警局に軍事行動を許可した「海警法案」だ。トランプの退場を見据え、中共は次々と手を打ってきている。そんな時に、日本の国会では学術会議問題が花盛りというお花畑ぶり。日本の野党は、そこまで中共に協力したいのか。

  7. yn のコメント:

    こんな事を野郎としていますよ。

    https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000307670.pdf

    RCEPには“人の移動の自由化”も含まれる。

    つまり条約が締結されると、参加国の中国から無制限に流入することを意味する。

    これを阻止しなければ日本国民はウイグル・チベットと同じ状況に追い込まれます。
    外務省のRCEP資料でも、条約の内容として“人の移動”の記載があった。

    RCEPは知っての通り、TPPと同じ“経済の自由化”。
    すなわち“人の移動の自由化”。

    一人っ子政策やめて人口増加が著しい中国から無制限に日本へ流入すれば、どういう結果になると思う?

  8. Sinobu Hattori のコメント:

    自分達の身は自分らで守る
    大いに大事。

    …でもね、今さ、

    ある所の、ある住民達が、
    自分達の地と未来、変えようと、してんだね。

    日ノ本も、
    似たよーに苦労してるンだけどさ…

    「時世と流れを見て、寄れよう、合わせよう…」

    …これじゃあね(笑
    自分らに有る「何か」を変えよう、何ざ、難しいね。

    まぁ、何だね、

    アレは、ドでかいナリはしてても、
    所詮は、数百年程度のお子ちゃまなんだね。

    日ノ本は?この地は?何歳だと思ってるンだね?

    千代に八千代にのココが、
    あの程度のお子ちゃま達を「如何にか」出来なくて、
    どーすんのさ?

    永きで、自分らが心に染み付けたモノが
    有るンじゃないのかね?

    玉虫の政治屋さんは、
    色々と立場も有るから辛くても、

    そーじゃない皆ンな、出来る事、有るンじゃねーの?

    デカいとは、
    地、でも、財、でも無いよ、
    永きに身に据えた、心、と、志。

    すめらぐ、臣、民、の志とは、

    しらす、な、知らす、で、和を紡ぐ、の志。

    まだ少し時は有るよ。
    志を心に据えてるのなれば、
    お米を美味しく炊き上げてあげようね。

    …以上です。

  9. ぽのかのぽん のコメント:

    ネトウヨどもの断末魔が心地いい~。
    かつてあれ程「伊藤貫氏の言う通り、
    分裂するのは中国ではなくアメリカであり、
    日本は米軍を追い出して核武装しないと
    悲惨なことになる」と警告してたろうが。
    これから日本は中国様の属国となっていく
    わけだが、その前段階として大量の移民
    が必要になる。これからもっともっと日本に
    中国人様が来てくれるように頑張ろう!

  10. 栃の実 のコメント:

    大東亜戦争参戦前と似通った状況と感じます。
    参戦決定前の御前会議において永野修身元帥が仰った言葉を「ねずさんの学ぼう日本」のブログより抜粋します。
    「アメリカの主張に屈服するというのは、日本が亡国の憂き目に遭うということです。
     しかし戦うのもまた、亡国であるかもしれません。
     戦わないなら国が滅び、戦ったとしても国は滅びる。
     けれど戦わずに国が滅びるというのは、日本民族が、身も心も永遠に国を失うことになります。
     もし戦い、護国の精神に徹するなら、たとえ戦いに勝てなかったとしても、
     祖国を護るという日本精神が残ります。
     そうすれば、私たちの子孫は、必ず再起し、あるいは三起する。
     統帥部としては、もとよりあくまでも外交交渉によって平和的解決を望んでいます。
     けれどもし、不幸にして開戦と決し、陛下の大命が発せられるようなことになるなら、
     勇躍戦いに赴最後の一兵まで戦う覚悟でございます」
    当時とは相手が異なりますが、今日本人が持つべき覚悟は当時と同じでありましょう。

    詳しくは以下のねずブロをお読み下さい。
    ttps://nezu3344.com/blog-entry-2929.html

  11. 旧新人類 のコメント:

    「私の結論は、一つだ。
    戦うより、道はない。
    退けば、もはや我が国の独立は維持できないだろう。。。」

    その通り!さすが我らの小坪先生!これまで、拉致被害者、神社仏閣・靖国神社テロ、領海・領空侵犯、ニセ慰安婦問題、その他もろもろ、解決できましたか?何もしないともっとひどくなります。お花畑もいい加減目を覚ましてよ。犬HKに洗脳されてトランプの悪口言っている暇などないです。香港の若者がどれだけ無残に殺されたか。。関心ないんですか?台湾は8割もの国民が戦うと言っています。それしか選択肢がないからですよ。

    画像診断医k
    diagnostic radiologist K
    @AdultSpotDiffer
    11時間
    最近、3MのN95の偽物が混在していることで問題になってるよね。

    気のせいだよね。
    私は何も言ってないからね。
    「>RT」もつけてないからね。
    沖縄とも言ってないからね。
    闇深そうだから。

    #誰かへのエアリプ

    関係者各位。

    1)日本政府はこのようなバイオテロに備えて、安全性の担保された確実な供給ラインを構築すること。

    2)医療現場は、横入りする業者の甘い言葉に惑わされないで。水際対策だいじ。3Mブランドを騙る偽物N95に注意!

    N95の偽物を流すって、海外からやると、一粒で二度美味しいよね。
    だって、粗悪品でお金が儲かる上に、仮想敵国の医療従事者の感染を増やせて、医療崩壊を起こせるんですよ
    目が笑っている笑顔

    あ、ちょっと思いついただけです。
    kの妄想SFですから。
    *******************

    日経クロステック 自動車・電機
    @techon
    3億人利用のアプリで薬を販売 塩野義製薬が中国企業とタッグ

    うさぎますく
    Fake media sucks!
    @UsagiMaskchan
    3時間
    平安は中国のオンライン診療大手でユーザ情報も大量

    ソフトバンクが合弁会社作ってまして、2000円 PCR検査に申し込むと、中国平安+ソフトバンク合弁会社の有料サービスに誘導されます。

    2000円PCRは宣伝打ち上げ花火で、目的は中国系有料サービスへの誘導とユーザ情報の収集
    *******************

    みちのりHDがEVバスの運行効率向上目指す実証実験、データ基にコスト削減へ
    清嶋 直樹
    日経クロステック/日経コンピュータ

    うさぎますく
    Fake media sucks!
    @UsagiMaskchan
    23時間
    これは中国BYD製のEVバス!

    ・EVバスの車両費用は一般的なディーゼルエンジンバスの数倍と高く、本格的な導入は進んでいない
    ・ただし電気代は軽油代の半分程度

    ※EVバス導入には国の補助金が出ている事もお忘れなく

    EVバスだけでなく、コロナ対策検温カメラも国の補助金で中国製を買ってるんだよな〜

    (誰かキックバックもらっているのか知りませんが、ウイグルやチベットでえぐい人権弾圧している国のカメラなんかよく買うね!税金返せ!)

  12. 琵琶鯉 のコメント:

    大阪都構想が、否決されたら市長を辞める。と言った松井市長。それが、今度の改選で政界引退に変わった理由がわかりました。
    維新は、まだ、大阪を中国に売り渡す事を諦めていません。条例で、大阪市を残して総合区なるモノを作り都構想に代わるモノを出してきました。
    詳しくは、Freemanさんの動画から。
    https://youtu.be/tET47uOiOhg

  13. 琵琶鯉 のコメント:

    トランプはやっぱり天才❗️
    アメリカ史上最大の囮捜査。もう、逮捕者が出ている模様。
    https://youtu.be/C7PgeqIzqzE

  14. パコリーヌ(髭) のコメント:

    ホント、チャイナ凄いわね。一体何時から仕込んでいたのかしら、奴らの使う分断と言う工作を
    山賊であるチャイナ共産党がやったの?信じられない。文革で知恵者は全て始末してしまったから不可能
    アメリカ西海岸をシャブとホモと密入国者を使い国民同士の対立を煽りあわよくば独立させる
    この手法を模倣しているのが維新とゴ・ミンスの連中よね

  15. 波那 のコメント:

    Real Clear Politicsが、AZ、GA、PAをBidenの当確を外した
    http://totalnewsjp.com/2020/11/10/trump-78/
    (州ごとの赤トランプと紺バイデンのグラフはこちら)

    RealClearPoliticsは、ペンシルベニア州のバイデンの「勝利」を撤回し、バイデン-ハリスが選挙人票259票まで下がったことで、争われていることを示しています

    いよいよ反撃態勢に入ってまいりました。以下に今の実際の状況を整理します。

    実際の現在の状況

    ウィスコンシン(10)とジョージア(16)は再集計が正式に認められた。

    ペンシルバニア(20)は、トランプ陣営の提訴に基づき最高裁判事のアリート判事が、投票日の午後8時以降に到着した票を別に集計しておくようにと指示し、実質的に最高裁が介入

    ネバダ(6)は、共和党が最低でも3,062件の不正について、個人を特定したとして、バー司法長官が捜査を指示(←NEW)記事はこちら↓

    【速報・超ド級の朗報!」バー司法長官は、連邦検察官に投票の不正の「実質的な申し立て」を許可した!(ジュリアーニ氏)〜キターーーーッ!!

    トランプ大統領の顧問弁護士、ジュリアーニ元NY市長がツイート ジュリアーニ氏は日本時間AM10時01分、自身のTwitterにこうツイートした。 ウィリアム・バー司法長官は、2020年の大統領選挙が承認される前に、連邦検察官に投票の…続きを読む

    ミシガン(16)は、トランプ陣営が票の集計を止めるように提訴したが、ミシガン州裁判所が却下→最高裁へ提訴予定

    トランプ:232(ノースカロライナ15+アラスカ3)  バイデン:226

    /pol/ News Network on Gab: ‘Despite what the corporate mainstream media will …’

    /pol/ News Network on Gab: ‘Despite what the corporate mainstream media will tell you, here’s where the election actually stands as of tonight.’

    ウィスコンシン10、ジョージア16で+26。これにミシガン16が加われば+42

    合計本数は274。これだけでトランプ大統領は勝利。

    さらに、ネバダ6、ペンシルバニア20が加われば、合計本数は、300。トランプ大統領の言うように合法票を数えれば圧勝。

    トランプ大統領が演説「合法的な票を数えれば、私は楽勝だ」投票の不正を主張

    (FNN)

    バイデンの票がどんどん減って行きそうですけどね。さてさてどうなるのか…。まあ最終結果の発表を待ちましょう。

    宣誓供述書の公開は明日(11/12)。君らショックを受けるでとジュリアーニ氏のtwitter

    Rudy W. Giuliani@RudyGiuliani
    Today the @realDonaldTrump campaign sued to invalidate hundreds of thousands of fraudulent ballots in the Western District of Michigan. First PA, then Michigan will go to Trump. Affidavits will be published tomorrow. You will be shocked.
    午後2:05 · 2020年11月11日 Washington, DCから

  16. 福岡 秀憲 のコメント:

    香港で民主派議員、資格剥奪⇒辞職 にまで成っちゃいましたね。
    流石「中共」!

    「香港陥落」は「オフショア機能まではまさかに切れないだろう」と、西側諸国が高を括っていたからだと思います。
    「金融機関・人材」は逃げ出すでしょうから、「香港」の持つ力は低下してしまい、奪還する力は「香港」に残らないです。
    その先「台湾」すら…米国が戦闘機輸出したとしてもそれで大丈夫ではないわけで…

    超長期で戦略を立て着実に実行する「中共」は、米大統領選の混乱の隙を突いたのでは無く、予定通りに進めているのでしょう。
    (米大統領選の混乱の隙と片付けようとするマスゴミが目に浮かぶ)

    分断工作の一環として、当分「日本」には甘い顔してくるでしょう。
    「尖閣」への「挑発」は彼らからすると当然の権利で、「常態化」で敵の疲弊を待つのも当然の事と考えるでしょうから、「甘い顔」とは別腹です。
    「甘い顔」で「2F」が転ぶのは防げるのか???

    で、まだ西側に情報の流れる「香港」より!
    情報の流れない「東トルキスタン」で「中共」による「統制強化」の横暴が同時になされていない訳が無いです。
    「チベット」はまさに「憲法9条」の理想(チベット仏教の諦観)、「戦わない!」を国民の多くが選択し(僧侶・国民への虐殺などは耐えられないものなのに)「亡国」の憂き目にあいました。
    (チベットへの表現は気分を害される方多いと思いますが、私個人の考えを批判恐れず端的に言えばこうなります。ゴメンナサイ)

    トランプの下院投票のワンチャンを願いつつも、バイデン民主党大統領であるなら、自由を求める真の「リベラル」を「中共」にぶつけてもらいたいものです。

    「東トルキスタン」「チベット」地域に平和と安寧のあらんことを祈ります。

  17. 匿名希望 のコメント:

    スレチすみません

    RCEP阻止行動、メールだけやるのは考え物だと思います。
    なんか、政府が、あてにならない気が。こんな事言わせない政府与党でいてくれたら良かったのに

    誰に強制するわけでもないけど 国益最前線のジャーナリスト氏の言う事に沿って、
    オーストラリア
    ニュージーランド
    インドネシア等の駐日大使館に、電話で判断保留を訴えます、私は。英語得意じゃないけど、機械翻訳したのを手元に置いて話すしかないか。トルキスタン( ウィグル )強制収容所での労働など人権問題をポイントにすれば良いとジャーナリスト氏、その通りだと思います。

    周知のように、インドは入らないそうですね。

    15日・ 日曜日に閣議決定だというので、今日明日しか
    無い!!
    忙しいしいつ体調崩すかわからないこんな時期に、国民をきりきり舞いさせてくれる政府ですよ、まったく。

  18. 応援団 のコメント:

    今だから、小坪議員と支持者の皆さんにも読んでいただきたい!

    「邦人奪還-自衛隊特殊部隊が動くとき」伊藤祐靖
    https://1book.biz/2020/11/12/ito-sukeyasu.html

     自衛隊は現場において敵国に対して
     絶対に最初に手を出せませんが、 一線を超えたら怖いかもしれません。
     なぜなら本気になれば技術・装備は一流だし、
     統率され士気が高い。日本人の歴史が その強さを証明しているのです。

    ※撃ち返しては来ない。現場が撃とうとしても、日本のトップが絶対に許可しない・・・しかも、日本政府は決断を嫌い、どこまでも譲歩してくる・・・ところが、ところがだ。ある一線を超えると大変なことになる・・・お前の一発で日本人が死んだ時は、どうなるかわからない。
    国民の性格が180度変わって、手がつけられなくなる

    • ぽのかのぽん のコメント:

      なんか20年引き篭もったニートが
      「俺だって本気出したら今月中にも
      就職できるんだ」と言ってるような感じ
      の記事だな。もはや自衛隊はオワコン
      ですよ。もう少し客観的な分析を
      してみましょう。

  19. 日本を応援します のコメント:

    ウイグルへの弾圧への声を上げていただきありがとうございます。
    中国の弾圧と虐殺、強制収容、民族浄化はあまりにひどいです。

    日本ですが、力が弱れば同じ道を辿るのではないかと
    漠然と感じます。
    今からでも、着々と単独で自主防衛ができる国を目指すべきだと思います。
    力のない正義は無力ですから。

  20. やましろや のコメント:

    RCEPの「ヒト移動の自由」で外国人が大挙して来ますかね?

    来ても今だけでしょう。

    あと10年もすれば、日本は更に衰退しているでしょうし、日本人が労働者として大挙して出て行くような気がしますね。

  21. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    米国大統領選挙に関連し、この手の事案で最も重要に成るのが、敵性分子の摘出でしょう。
    実はこの手の敵性分子摘出は非常に大きな労力が必要で、且つ困難なミッションと言えます。
    敵性分子摘出ミッションで最も重要度が高いのは、国籍やコミュニティー等の属性が同じでありながら、所属コミュニティーを害する事に注力し、他のコミュニティーへ利益を誘導する類の行動を展開する分子を摘出する事です。
    日本で分かりやすい例えを挙げるならば、おパヨク様等がそれに該当するでしょう。
    然し乍ら、属性が同じである以上は同時に保護下にもある事を意味し、この矛盾をどう埋めるかが要になります。

    同属性の敵性分子摘出の例で言えば、屡々保守層が批評の的とする大東亜戦争時に於ける日系アメリカ人への迫害が挙げられます。
    この日系アメリカ人に関して言えば、後に損耗率300%以上を記録し、米軍の中でも驚異的な功績を上げ最多の勲章を授与した第442連隊戦闘団の存在などがあり、やはり「疑わしきは罰せず」が如何に重要であるかを世に知らしめる役割を果たしました。

    一方で現在の中国系アメリカ人や韓国系アメリカ人の場合、当時の日系アメリカ人と同じ尺度で計って良いかと言われれば、やはりどうしても疑問を感じせざるを得ないでしょう。

    更に言えば、大東亜戦争時の日系アメリカ人迫害を許容する様な認識に遡行してしまうと、中共のチベット・ウイグル迫害や民主派弾圧にも正当性を与える事に成り兼ねない為、ここでも内部敵性分子摘出には慎重を期する必要が出て来るのです。
    亦た誤認処罰などが発生しようなら、それを盛りに盛って敵方のプロパガンダに利用され兼ねないのも、拙速な対応が出来無い要因となって居ます。

    その様な状況下に於いては、セオリー通り外部、つまり属性外の敵性分子排除に注力する必要があり、多くの場合はそれらの属性外敵性分子は極端に数が多い上に、端である事が殆どである為、その対応には多大な労力を必要とします。

    つまり、属性外敵性分子をどれだけ最初から排除出来て居るかが、何か起こった際に物を言う訳です。
    一方で排他性が過ぎると、技術向上や経済発展の足枷と成ってしまう為、ここもバランスが難しい所です。
    特に武漢コロナ禍の真っ只中にある現在、ここの匙加減は非常に難しい制御を必要とするでしょう。

    その意味でも、中国の経済圏に依存する体制は非常に危険を伴う事が分かる筈です。
    従って、今後は中国の経済圏以外を新規に開拓する必要があるのですが、これには多大な投資が必要である上に、その地点の治安の安定化を図る必要がある為、これらの課題を如何にクリアして行くかが肝と言えるでしょう。

  22. ヘロヘロ のコメント:

    アメリカだけでなく日本でも不正選挙が大々的に行われてます。船瀬俊介氏が朝堂院大角氏の動画チャンネルに出演した動画でそのことをとても詳しく解説してましたが、今はなぜかその動画が削除されていて見れません。
    移民を推進するのは保守ではない証拠ですが、リベラル自民党が大勝できている理由はこの不正選挙にあります。日本でもまともな民主主義などありません。

  23. あき のコメント:

    RCEP,ついでに日中韓FTAも、反対☎とか、地元議員さんなどへ反対働きかけて下さい。
    ドサクサに紛れ(今迄からですが!)本当に、碌な事をやりませんし、きちんとした、報道等が全く有りません。  済んでしまってから、地上波メディアなどが、取り上げる事にも怒りを感じています。

    他の方も、沢山の方が書かれていますから、余計かもしれませんが、外務省03-3580-3311・経済産業省03-3501-1511 各経済連携課15日迄です(時間が有りません)。  腹が立って仕方ありませんが(こんな時期に!)、普通に反対の意思、簡単に理由(しかも内容自体が隠蔽されていますし)とかお願いします。 兎に角、せめて意思を示す事、行動する事とても大切だと思います。
    本当に危険です、絶対に止めたいです。 この売国奴国賊ぶり・・情けなくなります。
    少しでも、日本の事、考えている人、お願いします。

  24. 匿名希望 のコメント:

    連投すみません

    RCEP阻止の件です

    ニュージーランド大使館では、電話を受付けておらず、メールか葉書と、教えてくださってる人がいました  なお、ここではオペレーターさんが疲労してしまわれてるそうです  

    昨日の拙文、ミスがありました  「 東トルキスタン 」が正しいです、すみません( 国名として東トルキスタン、民族名としてウィグル )

    失礼いたしました

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください