米中経済戦争とIR利権。事務所にて、27時(深夜3時)


 

 

子供のころの記憶、お皿が一枚、お皿が二枚と数える幽霊が怖かった。
いま私は似たような存在なのだとうと思う。申請書が1枚、申請書が2枚。陳情書が1枚、陳情書が2枚。
「足りない、足りなーーーい涙」「だぁぁぁれぇぇだぁぁぁ」と言いたくなる。恐らく風貌も雰囲気も、大きくは違うまい。

もはや議会の亡霊、もしくは怨霊である。祟り、そのものと言う者もいる。
私自身は「正義の味方」を自称したいところだが、正義を声高に叫ぶやつに碌なやつはいないので止める。

さて、そろそろ深夜3時。
私は宵っ張りなので、よくあることではある。電話が鳴らなくなるのが22時、仕事はそれ以降に処理している。
Blogも政策発表という側面からは、業務の一環であると考えているけれども、地味に市議としての「事務作業」も重たい負荷。

市役所の業務は、できるだけ午前中に集中される。
昼は陳情処理や挨拶、要望などで市民と会う。夕刻より軽く休憩を入れて、22時以降が事務仕事の時間。
で、僅か2時間でその日は終わる。
ここで1時とか2時にしてしまうと、足し算・引き算がやりにくいので、体感で時間を知るために(身内の中では)
24時の次は、25時、26時、27時と足していく。

なので深夜3時は、27時だ。
本当に気休め程度のことなのだけれども、「まだ今日」と思うと気が楽というのもある。
自分で使う予定表も、それなりの頻度で28時ぐらいまで予定を入れている。
(本当に30時間制という時刻表記もある。朝6時までは働きたくない。)

で。
皿幽霊の話に戻ろう。
23時以降の電話は、だいたい緊急電。
昨今、ニュースも慌ただしい。状況の調査、もしくは「分析結果の報告」、つまりレビューなども業務として出てくる。
こういうのは速度優先のため、書きなぐったような草稿を淡々と納めて行く。
多分、ニュースよりも早いし、キャスターよりも正確だ。

Blogにそのまま書ければいいのだけれども、それなりの純度がある情報とは公開ができない。
かなり荒い分析というのもあり、おいそれと公開もできない。
うん、まぁ、IR絡みの逮捕とかの余波と、その背景とか。

ちなみに、私はIRには消極的。
パチンコの禁止などのバーターであれば、「反対はしない」程度の立場であり、そもそも賛成側や推進側ではない。近隣に来るということになれば、市税の増収も含め「その時に考える」程度のポジション。
(地域振興の観点から推進する地方議員もおり、気持ちはわからなくはないので)全否定はしないが、私はもろ手を挙げて賛成ではないというのは言っておきたい。

で、いまの状況だけれども、ストレートに言うと米国だと思っている。
もっと言えば、西側諸国であり、国際諜報機関とか。いきなりぶっ飛びすぎて「は?」となる方もいるかも知れないが、CIAであれFBIであれ、それ以上の存在であれ、またはそれらの連合部隊だとして、まぁ、あり得るだろうと。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

政権与党・自由民主党の現職国会議員に対し、
単に国内の行政判断のみで動けるとは考えられない。
これは「対CHINA」という国際的な枠組みの中で、ちょっと調子に乗っている連中をしばいただけだろう、と。

米中で経済戦争をしている最中に、すっぽんぽんで、お盆だけ持って踊り狂っていたやつが、
流れ弾に撃たれて吹っ飛んだぐらいの認識が正しいと思う。
どちらの陣営も、国益であったり10年または数十年スパンの権益を賭けて殴り合っているわけで、
それを「ちょっと儲けたい」とか「口利きしたろwww」ぐらいの介入をすれば、『うるせぇ、だまれ!』ぐらいは言われても仕方ない。

はっきり言うけれども、主砲弾を放ったようには感じていない。
自衛用の火器、小口径の機関銃の威嚇射撃ぐらいのもんだと思う。

踏んではならない、虎の尾っていうものもある。
IRには、広大な用地が必要なわけで、それを他国に優先的に使わせると考えると見えたかは変わってくるんじゃないか。
重要港湾であったり、または空港に最寄りの場所に作るのだという。そこを「CHINA資本」でやらせてしまって、果たして黙っていると思うのか、と。つまり、エスタブリなんとかが、だ。国外の、オイルも含めたメジャーの連中も含め。
しかも胴元まで渡した場合には、日本人が遊戯(?)した金額の上前までCHINAに流れる。国外の人が使って、それを日本で還流させるとか、おためごかしはいい。私はある程度の内情を知った上で述べている、そのあたりは余計なことは言わないで欲しいな。

例えば、米国の連中からすれば、「日本の港」または「日本の空港」の周辺に、広大な用地がIR施設として、まるで租界のように他国の支配下に入ること。特区を作るわけだから、租界という表現は正しいと思う。
いきなり目の前に、経済戦争の前哨基地ができるようなもので、米中経済戦争を全力でやってる連中からすると「は?」「退場してや」となるのは自明なわけで。

あ、ちなみに私は何の確証もなく、いい加減なことを書いているということを強く申し述べておきます。
ただし、エスタブリッシュメントとの接点は、所有していることも明確にしておきたい。
単に国家という枠組みで動いていない連中というのは存在しており、それは、まるで我が国に主権がないような言い方になってしまうので書きたくないのだけれども、「我が国の国権よりも、激しい存在」というのは実在する。
私は駒でもないし、子分になる気もないのだけれども、それなりに有用なのだろう、金の卵を産む間は重用はしてもらえそうだ、ぐらいの関係。

政権与党よりも、そしてメディアよりも切れ味の凄まじい「もの」は、在る。
で、まぁ、「怒ってるんじゃないかなぁ」って。
確証はないですけれども、そんな気がしたんですよね。

自民党も、政権与党が長くなりすぎて、一気に腐敗が進行した気がする。
野党自民に感じた、キラキラした期待みたいなものが崩壊しつつあることが悲しい。私が追いかけた、あの背中はどこに行ったんだろうって。
ちょっとたるんでたよね、いい加減なこともしていた。

だから、こういうことになる。
本人たちは、火遊びぐらいの思いだったのかもしれないが、許されることと許されないことがある。

そうそう、大阪のIRの件だけれども。
どうしても大阪の府市の頭を抑えておきたのだろう、維新は。IRが大阪に来れば、決定権はそこにいく。
なので、3つ目のIRが欲しい連中は、全力で維新を倒せばいいと思うよ。
逆に、維新と戦っていない連中は、IRの議論にはプレーヤーとして参画することは無理だ。
(※ 私はIRの推進派ではないので、IR狙いで維新と戦う層とは立場を異にするけれど。)

発言力のないプレーヤーが、余計な虚言をして、流れ弾で倒れたという話なのだろう。
大阪だって、どうなるやらわからない。胴元は、ちゃんと我が国の残るのかなぁ。
米中戦争の真っただ中に、維新をぶち込むのも興味深いかも知れない。
つまり、エスタブなんとかと維新に衝突させるべく、そういう報告書を書きまくってもいいかなって。

足立氏は失礼なままだし、松尾しょうた(吹田市議)に対し何がしかの処分を約束した維新の支部長はなしのつぶてだし。
私なりに破壊力がある技は、隕石を召喚してぶつけるみたいなやつがある。維新にはかなり頭に来ているので、そういうことをすることも視野にいれる。国外勢力を使うのは好きではないのだけども、だって誰も「ちゃんと動いてない」ので、もうスイッチを押そうかなって気分にもなる。事務所からも帰れないし、それぐらいは趣味に走ってもいいと思う。

私が政治家かと言えば、まさしく政治家だと断言はする。
けれども、それ以外の属性は持っているわけで、例えば著述業も肩書きなのだけれども。
上場企業の技術者って、情報の整理とか分析とか、その報告とか。二番じゃダメなんですかで有名になったスパコンみたいなもので、「リアルタイムに情報を処理して、殴り書きでもいいから報告」という仕事だってあるんだよ。

生体コンピューターみたいに身体を酷使して、ちょっとだけ先の未来が見えるみたいな、
アニメに出てくる命を削る巫女みたいなさ、そういうやつ。
占いを当て続けているうちは、金の卵を産めている間は、物凄く重用されるよ。
人からもらった情報を売買しているのではなくて、目の前の情報に対し、即応して判断ができたり、レビューできる存在って大きいから。

この際、はっきり言っておく。
私のお付き合いしている連中は、国外にもいる。
そりゃ、元々の就職先が上場企業で、海外現地法人なんていくらでもあったから。

だから、今日のBlogは、単に政治家という属性で書いたものではない。
情報を整理して報告する分析官みたいな。それは恰好よすぎるか、まぁプロ博徒みたいなものだと思う。

うん。
ちょっと胡坐を書きすぎて、調子に乗っていた人は、複数人がやられると思う。
私は別に心も動かない。そりゃそうだろ、と。当然の帰結。
江東区でしたっけ、区議とかにも有形無形の余波はあると思いますよ、支えていたわけですから。

大阪は、どうしましょうね。
私がこだわっているのは、ヘイト条例と足立氏、そして松尾しょうたの一件。
交渉は決裂しているっぽいから、こちらも実力行使に出ようかなって気分。
大阪維新が吹き飛ぶのであれば、持っている情報は「売ってもいい」と思っている。
「撃ってくれる」なら、「こちらも売る」。

あ、今日のBlogは「ほとんどフィクション」ですから気にしないでください。
あぁ、皿幽霊と一緒に仕事してる感じ。私もこのまま怨霊とか亡霊みたいな感じになるんだろう。
どうせなら恰好いい精霊とかがよかったなぁ。

 

何度か書きましたが、武器は、行列とか幾何学とか、そういうやつです。
具体的に何を計算しているというわけではありませんが、卒論が数学でした。すでに、あんまり覚えておりません。けれど、思考のベースにはある。
非可換幾何学という学問で、i×iが-1にならない世界を構築し、つまり虚数空間内で物体を幾何変形させるというもの。物体を行列で表現して、行次元空間内で変形させ(微分や積分で。)るみたいな内容だったと思う。

つまり、ベクトルです。
これを対人関係の相関図に落とし込み、対象をソーシャルハックしていくのですが、「対象が判断する前」に、相手がどのような判断を下すかを時間も含めて読み解く。連続計算して、複数の対象人物を「読む」と、なんとなく未来が読めるみたいなことをやっています。
(私も書いていて、よく分からないので、ここは話半分で結構です。)

誰もその場にいなくても、対象Aと対象Bが、ある時刻にある内容で会ったとした場合、
その会話の内容であったり、決定したであろう内容を、それなりの精度で勝手に読める能力です。
勘なんですけれど、結構、当たるんですよね。そして、これは「売れる」んです。

相手が誰かって?
それは私が決める。

 

 

 

 

私は、自由民主党を応援する立場です。

そして、国外勢力との接点も持っています。
それは私の民間キャリアに拠るものです。
また、分析力と、特に速度に依存する私の防壁の一つです。

併せて、国外勢力の犬になるつもりもございません。

 

もう一度、言います。
私は、自由民主党を応援する立場です。
けれども、現時点では構成する一員ではなく、安易に全てを礼賛するものでもありません。

是は是、非は非。
単に味方というわけではなく、それなりの交渉が可能なとこにはきました。

つまり、何が言いたいかと言えば、常に「単に味方」というわけではないことを申し述べたいわけであります。
私は、我が国の安寧のみを祈る立場であり、それは党益よりも優先するということを、明確に言える政治家でありたいのです。

(政治家としては、上記のままでいいとして。情報分析官としては、さて、どういうポジションで動きましょうかね。)

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

37 Responses to 米中経済戦争とIR利権。事務所にて、27時(深夜3時)

  1. ブレダ のコメント:

    “私は、我が国の安寧のみを祈る立場であり、それは党益よりも優先する
    ということを、明確に言える政治家でありたいのです。”

    素晴らしい言葉をいただきました。

    小坪先生ありがとうございます。

  2. ta のコメント:

    夜中に楽しいブログをありがとうございます。
    具体的な内容はともあれ「数学って何の役に立つの?」という一つの回答ですかね。
    上場企業にはそんな人ゴロゴロいるんですか?こえーなー。
    与党も野党もなく、という有権者としては理想的な政治家の在り方のひとつです。
    行橋市の方々がうらやま(選挙のたびに誰に入れるか迷うので)。

  3. 名もなきせいぎーー のコメント:

    お疲れ様です。

    警告だと思いますよ。お前らちゃんと理解してんの?ってね。

    大前提としての安全保障の枠組みの上で安全に商売ができるだけなので。

    日本の議員、企業にもう一度言いたい。お前らちゃんと理解してんの?

    IRには断固反対です。

    まず、治安面から。

    自分が他国軍、機関なら、ヤクザやら半グレを大量に送り込み、巣くらせ、いつでも治安を悪化させるようにします。
    いやもうすでに歌舞伎町や池袋、北海道etcどれだけ海外の反社、マフィアが浸透してると思ってんの?

    さっさと暴対法を拡張、修正し、海外組織や海外の法に基ずき日本に悪影響を与える個人に対処できるようにすべし。なんとか動員法やらも含む。

    人権ガーって言いそうだね。どっかの先生方が。

    自国に戸籍すら与えてもらえないやつらと共生できるとでも思ってんの?
    海外の犯罪者の犯罪は日本なら犯罪史に残るような残虐なものだよ。

    彼らは自国に存在していない人として扱われていたり、自国すら無い人間もいる。
    全て自分ルール。元々法もへったくれもありゃせんわ。

    それにヘイト条例なんて加えてみろ。金と暴力を持つものに、政治的権利を与えるようなもん。
    なーにが共生だ。海外マフィアと共生すんのか?

    こういったこともパブコメに書いたんですが。

    いやもうホントになんも考えていない連中だから。
    目先の選挙とか身の回りの狭い範囲しか考えていない。
    さっさとバッチを外してもらいたい。

    また、バクチ打ちの観点から。

    洋モノのバクチはハウス側に人工的な技術介入余地がありすぎる。
    確率論や心理面で語れる部分もあるが、それらでは全てを語れない。
    それは人工的な技術介入が無い、または、それが極少で行うことにより不利益になることが大前提である。

    ルーレット一つとっても落としたいところに玉を落とすくらいは簡単。常識。
    札ものも勿論。そんな程度の修練は積んで当たり前。商売なんだからね。

    マネロンもやりたい放題。

    公営ギャンブル、いやヤクザの賭場すらどれだけ客に公正に遊ばせるかに考え、仕組みを作り自らそれを守っているか。
    IRを推している人間は、こんなことを考えているかい。いないだろ。

    トーシロはすっこんでろよ。マジで。

    • たぬきねんね のコメント:

      全く同感。でもイタリアとかもっとひどい状況までおいこまれているとか。まだ間に合ううちに大掃除しないと。

    • 波那 のコメント:

      名もなきせいぎーー様

      同感します。川崎の条令では、あの後から日本人が怒りっぽくなりイラついてるのが、あちこちのコメント欄で見られるようになっています。要するにあと一触有れば即発するからねと感情が抑えきれなくなっているのです。議員の皆さんは、日本国民のそんな状態を察知して、あれら侵入居座り民族を、引き取らないからと押し付けられて置いて来た、日本を乗っ取ってやると敵愾心剥き出しな他国の国民を帰すか、特永を廃止するか何かしなさいよ❗

      最近、彼らが朝鮮進駐軍のことを無かったことにしようと削除に躍起になってるとか書いてる人がいました。どこまでも自分らは可哀想な哀れな被害者なんだから~加害者だったことなんか無いんだから~と同情させて優しく保護され偉そうにして甘い汁を吸い続けていたいのです。

  4. 北九州市民 のコメント:

    まあ、アメリカですよね。普通に考えれば。

  5. 東京15区 のコメント:

    やっと勝たせた候補がパクられて大変です。
    ここで当選するのは、犯罪者ばかりで困ります。
    どなたか良い候補者いませんかね?

    • 東京01 のコメント:

      同感です。対抗馬の柿○さんもアレだし、本当に良い人材がいません。
      また、私が住んでいる地区では、インド人と中国人、韓国人が増えすぎて、日本じゃないみたいです。
      一回トラブルがあり、警察を呼んだのですが、警察の方も手をやいているようでして、全く取りあってもらえませんでした。

  6. ヒカル のコメント:

    安倍さんが中国を訪問したタイミングといい、C国人が死刑になったタイミングといい、IR絡みの逮捕は、調子に乗っている人達をちょっとシバイたろうか。という感じします。
    北海道の広大な土地を買い漁っているという現状やアメリカと中国の激しい経済戦争の中で小坪さんの鋭い分析は読み応えありました。
    小坪さん、占いのような、未来が見えるような力があるんですね?
    私も小坪さんと比べるのもおこがましいですが、人の考えていることがわかるんです。
    あ、理系の人はこういうやり方なんだと思います。
    私の場合は、ニュースとしてAとBが会談しました。
    と聞くと、こういう話の内容で、次はこうなって、最後はこういう展開になるだろう。と私が思考する前に、勝手に入ってくる感じなのです。
    どうして、そう出来るようになったのか、長くなるので機会があれば書こうと思います。

  7. たぬきねんね のコメント:

    米中で経済戦争をしている最中に、すっぽんぽんで、お盆だけ持って踊り狂っていたやつが、
    流れ弾に撃たれて吹っ飛んだぐらいの認識・・・まったく同感で、一桁小さい金額が小物の屑っぷりを顕してますね。あの派閥はあんなのばっかだしなあ。ゴミでも葛でも1議席だからおいてもらっているだけという自覚はしろよと思う。でも外圧でもなんでも、掃除が進むなら歓迎。

  8. ぽのかのぽん のコメント:

    つまり日本ミンジョクはアメリカの植民地。
    どこの国に投資して貰えるのかを選ぶ権利すらない
    奴隷ミンジョクってことだ。
    仮に、中国企業がカジノの運営権利に、一番お金を出して
    いてくれたとしても、アメリカ様が「NO!ジャップの土地は俺様のもの!」
    と言えば、すぐさま検察が動いて駄目になるわけだ。

  9. 琵琶鯉 のコメント:

    おはようございます。
    先生には、究極スキルの「智えの王ラファエロ」さんをあげたいです。そうしたら事務処理が一瞬で終わるのに。と想う今日この頃です。

    さて、IR法案のカジノ利権ですが、やっぱりアメリカさんでしょうね。親中派の二階さんとカジノ利権に絡む菅官房長官?に対する警告?よくわかりませんが。(私のただの妄想ですからお気に召されませんように。)

    以前にも申し上げましたが、「外国人土地法」の政令の法令化を推進して頂きたいですね。あと、日本のメディアはアジアで起こっている重要報道は致しません。中国すら中国政府の公式発表を中国国民は信じていないのが「常識」だそうです。それを信じているのは日本の財界と政界?位のもの。東南アジアや東アジア圏の中華圏の情報は、もうネットや現地報道を視るしかないのでしょう。各地に情報原がある方々が有利でしょうね。
    あと、財界の方々も気を付けた方がいいですよ。
    アメリカがウルグアイやチベット、香港に対する人権法案を通したと言う事は最後まで行くのでは?

    先日の日中韓会議に産経さんは排除されたようですが、逆に信用出来ますね。産経さんには、是非とも中華圏の経済関連を各地のネット情報を分析して報道してくれると嬉しいですね。

  10. IR倒壊 のコメント:

    「自民支持だが、諸手を挙げて賛成ではない」それは、もう、数年前から小坪さんと同じことを考えてきました。長い間には、人間もいろいろありますからね。だからこそ支持者としては、支持する政党をしっかりと真っ当な政党で居させるために、叱咤激励しなければなりません。それが、支持する者たちの務めですから。

  11. 波那 のコメント:

    ▼朝日新聞「秋元議員は潔白を主張しており、慎重な捜査が求められる」「いったん歩みを止め、問題点を洗い出すのが筋ではないか」
    2019-12-26

    (社説)秋元議員逮捕 カジノ推進の裏で何が

     https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14308190.html

    素人目の私には、この朝日の態度が解せません。これこそ本家本元の中枢にいた籠池さんの長男に安倍政権打倒の為に朝日が仕組んだデタラメと言われたモリカケより、審議妨害するのにゴミ野党と結託して利用したモリカケより政権打倒に使える千載一遇のチャンスではないですか。どこかに飛び火して行くと恐れてるからなのかな?朝日は。野党の皆さんは何で及び腰なのかな、何故いつものように毎度の~を追求する会とか作って仕事してますパーフォマンスに勢いづかないのかしら?年明けなのかな。

    確かに、いきなり逮捕は検察の意向だけでは踏み出せなかったかもしれません。生コンで、あんなに大量に逮捕者が出たのに、あんなにベッタリ反社なのに「捜査捜査言うけど 捜査される方が悪いんちゃうの? 」と言ってた例のどこまでも真っ黒に近い黒でしょうのナントカさんには検察は全くノータッチだったのに。

    アメリカがあんなに躍起に中国潰そうとしてるのに、アメリカが中国虐めてるから日本にすり寄りして来ただけなのに友好~とか言って盛り上がっている自民党。なるほど、そんなに嬉しかったのは、そんな繋がりのある議員が居たからなんですね。習近平国賓招待とかで湧いてる日本政府にアメリカが何も言って来ないのは何故だろうと思っていました。

    ▽IR贈収賄事件狙った特捜
    (令和元年)12月26日
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post6780/

     恐らく米国側からの指令があって事件化したのでしょう。何人かの自民党議員にも波及する可能性はありますが、ナントカ民主党をはじめとする野党各党がこの問題には沈黙しているのも、自分たちへの波及を恐れてのことに違いありません。以下略

    • サウ のコメント:

      (心がよごれている人間としてのコメントを書きます)
      根拠薄弱な戯言です。

      検察は、体質としてこのような組織(日本と特亜のみの構図ではノロノロ運転、
      ただしここでアングロサクソンに尻をたたかれたら電光石火。日本の国益について考える脳はあるのか?)なのだと、個人的には理解しています。
      もともと、試験秀才というだけの公務員ですからね。地域と国家の将来のために未来予測をし、自分の生命を賭けている(これは小坪市議のことですが。以前そんな記事がありましたし。)政治家とは嗅覚・神経・思考回路が異なっていて当然ですよ。    
      戦後日本の縮図のひとつだと思います。なにも根拠はありませんが。

      個人的な願望としては
      親CHINA派、IR以外でもウィグル・チベットその他でCHINA共産党とズブズブの面々全員(自民党のみならず、K党および左派野党も当然)がまとめて「塀の向こう側」に
      行ってくだされば胸熱なのですが、、実際には今回の人も含めて数人が
      見せしめの血祭りになるだけではないでしょうか?
      だって戦後日本ですもの。

      根拠薄弱かつ、つまらない戯言で失礼いたしました。

      • サウ のコメント:

        いつもそそっかしくてすみません。

        上記の、個人的願望、親CHINA派には当然、維新の会も含みます。左派野党のなかに維新も入れる、という考えでもいいですが。だってあの方がた、左派の本心を偽装して憲法改正の一点で自民党に協力すると言っている「だけ」じゃありません? ほんとは何がなさりたいんでしょうね。(橋下氏が親切にも、ご著書で日本解体構想を堂々と語ってくださっているといいますが・・?)
         (ちなみにK党も左派でしょう。過去数十年を振り返れば、当然。)(自民党は中道左派ですね。現政権だって、ゆるやかな左派ですよ。現政権を極右とか言っている人は、世界的思想地図がわかっていないと告白しているわけです。)

        追加の戯言でした。

  12. 西郷隆盛 のコメント:

    いや、今度のIRスキャンダルの分析は皆さん大したものです。同感です。

    それと【ヘイト条例、川崎と大阪市】について、知り合いの市会議員に御願いした所、「分かりました。何を根拠にそれをするのか市議会事務局を通じて両市に問い合わせます。」との事でした。
    口頭での口約束にしか過ぎませんが信じてみようと思います。

  13. BLACK のコメント:

    小坪氏、IRに対して私は賛否が判断出来ずにいたのですが(庶民なので判断出来なくて当たり前と言えば当たり前なのですが)
    「それで良いのだな」と、小坪氏の当エントリーを拝読させていただきもやもやがすっきりしました。

    自民党が米国の意向がわかっていなくて国賓招待とは思いたくはありませんが
    そうなのでしようか。
    高度の政治判断で、中共に対するニンジン作戦で国賓招待ならば私は政府を支持しますが
    親中議員氏や経済界、結局は金銭欲に惹かれての国賓招待ならば政府の判断を支持出来ません。
    「結局、日本経済の為だよ」と言われても支持する訳には行きません。

    IR構想がどう実現するにせよこれを好機に
    中共と共に親中議員と維新の野望は頓挫して欲しいと願っています。
    これを好機・警告として自民党と政府にはしっかりしていただきたいと願っています。

    少し前に「小坪氏の呪いと言う訳ではない」と言うような趣旨を私は書かせていただきましたが
    前言撤回、小坪氏の呪いはあるのかも知れません。
    否、絶対にある、私にはそう思えてきました。

    文責 BLACK

  14. 助さん、拡散 のコメント:

    これは、明らかに米国勢からのメッセージですね。安住氏の表情が痛々しいほど、暗かったですね。(追及すると言いながら、まるでこれから追及される側みたいだった。)IR構想とかこんな一見して意味不明な押し売り品はロクなもんじゃありません。民主党もマニフェストなんて言ってた時点で、こりゃダメだろうと思いました。言葉をカジノのチップみたいに軽々しく置き換えるもんじゃない。と自分はいつも思っております。

  15. アンチレッド のコメント:

    >いまの状況だけれども、ストレートに言うと米国だと思っている。
    もっと言えば、西側諸国であり、国際諜報機関とか。いきなりぶっ飛びすぎて「は?」となる方もいるかも知れないが、CIAであれFBIであれ、それ以上の存在であれ、またはそれらの連合部隊だとして、まぁ、あり得るだろうと。

    >はっきり言うけれども、主砲弾を放ったようには感じていない。
     自衛用の火器、小口径の機関銃の威嚇射撃ぐらいのもんだと思う。

    非常に大雑把にまとめると、「結局は軍事力を主とする物理的力」ということでいいでしょうか?w
    すべての敵を倒せる物理的力があれば、金も権力も必要ありませんからね。欲しいものを全て物理的力で「強制連行」すれば言い訳ですから。

    ということで、このIR利権問題で日本が好きなようにやられてしまうのも、詰まる所、憲法九条問題に帰着される、というかそこに帰着させて憲法改正(占領憲法破棄)に結び付ければいいと思います。
    逆に言えば、だから日本破壊勢力が憲法審議を全力で妨害しているのでしょう。

    • アンチレッド のコメント:

      北朝鮮、漁船に「凶器搭載」を義務化…日本海で海保に対抗(高英起)Yahoo!ニュース 12/26(木) 11:03
      https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20191226-00156355/

      >米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、私事旅行で中国にいる元山(ウォンサン)市民が、水産事業所の幹部から聞き、漁師からも確認を取った話として、この件を伝えた。
      >当局は漁船ごとに斧2本、包丁10本、鉄製の銛10個以上、表面に釘がぎっしり打ち込まれた棒10本、卵の中に唐辛子粉を詰めた唐辛子卵を20個などを備えよと指示し、積んでいなければ出港許可が出ないため、漁師たちは凶器作りに追われているという。
      >日本やロシアの海域まで行って操業するしかない北朝鮮の漁船が、日本の海上保安庁やロシアの国境警備隊に摘発されそうになったときに、振り回して抵抗するためのものだと説明した。
      >「このような原始的な道具を使って抵抗するのは本当に危険極まりない」

      これは北朝鮮による「他国海域の水産物の拉致・強制連行」に関する物理的力の問題ですね。

      横田めぐみさんを拉致されてしまったことも、取り戻せないことも、憲法九条問題に帰着される。
      憲法九条は「平和憲法」などではなく、「日本人拉致憲法」である。

  16. cat のコメント:

    リークしたのはアメリカですか

    中国を利するようなことはやめろ、と。

    私はカジノ推進派です。あれが日本に3つもできるころには
    バーターではなくパチンコは潰れるでしょう

    カジノの還元率(使った金と帰ってくる金の比率)は95%以上
    競馬競輪は50%
    宝くじは40%(しかも当たりは操作されているという噂あり)
    パチンコは公称50%だけど、不正が簡単で30%以下だろうと言われている

    カジノがあれば、誰がパチンコなんか行くものですが

    • たぬきねんね のコメント:

      だから、日本人が使いにくいように必死でいろいろやってますね。

  17. ナントン のコメント:

    お疲れ様です。
    私も一日が24時間では足りず、しょっちゅう深夜残業している身です。
    もう倒れると思いながら、意外と人間簡単には倒れないものですが、ご自愛なさいませ。
    さて、隕石を召還するとは。
    自国内の敵を叩く為に外国の力を借りるのは、お互いにそれを繰り返して滅んだ朝鮮王朝等の例もあり、あまり感心したものではありませんが、売国奴相手であれば仕方がないのか?
    しかし、マスコミはもちろん政界、経済界にも売国勢力は入り込んでおり、無自覚にそれらを支持している人も多い。
    簡単な解決策など無いのでしょうね。
    ただし隕石を落としてくれちゃったらどうなるか、見てみたいという期待もある。

  18. あき のコメント:

    自民党じゃ何も変わらないどころか、悪くなるばかりです。  
    もう、金輪際、お断わりだ。
    カジノなんて、要らない、パチンコ廃止または税金を掛けろ、規制しろ!!どれだけ意見を送り続けたか?! 今の屑売国奴拝金主義反社集団の政治家共!全廃棄したいですが、こういう土壌を育んできた・片棒担いで来たのが、自称保守!自民信者共!!ではないでしょうか?!

    本当に、真剣にカジノ反対だの!パチンコが~支那が~朝鮮が~言うなら、日本第一党を与党にするしかない。  今の自分達に流れてる(これから甘い汁が・・)無くなる、或いは配分が変わる事に耐えられない、それが心配なだけでしょう、クソッタレの自称保守共。

    糞安倍が、少子化が~国難が~とか言い出して!!本当に糞腹が立つ!!糞売国奴(習近平!この殺人圧制狂産親玉!国賓とか??!!日本から出て行け!!!!)てめーが国難何だよ!!

  19. JL のコメント:

    小倉駅の北側の日本製鉄あたりの土地がIRとして中国企業から注目されているという記事が出た時、確かにいい土地だなとは思いましたよ。大陸に近い、外国航路は頻繁に寄る、24時間空港はある、新幹線は絶対停まる。しかし市長が「その気はありません」と言ってくれてよかったと思います。
    ただでさえ修羅の国とかイメージが悪いのに、これにチャイナマフィアが絡んだらろくなことない。結局、カジノは「取り立て」が全てだと思っています。そんなこと今の日本人にできるわけないでしょうねからね。

  20. 琵琶鯉 のコメント:

    財界人も政治家もCINAからのお金や贈答品(ハニートラップ)など貰うとほんとに不自由になりますね。必ず見返りを求め、国を売るような行為をさせる。
    中曽根さんの時代、中国の胡錦濤さんと家族的付き合いがあるから、中国内での権力闘争で、その立場を思って靖国神社への参拝を見送った為にそれ以降、靖国神社への参拝を政治カードとされました。
    ここからしても中国の政治家とはこういったモノなのでしょう。Panasonicしかりですよ。中国を信じてはいけない。
    この度のIRの件で中国に弱味を握られている方々は、今の内に懺悔される事をお勧めいたします。
    日本は、自らの行いを悔いて、反省し、謝罪する人間を赦す事の出来る社会であると思っております。

  21. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    まるで現実に諜報合戦が行われて居る様なお話ですが、殆どの場合我が国の一般人はそれらがアクション映画等の派手な一シーンとリンクして、その印象から外れてしまうものを諜報活動から、認識の上で除外しがちです。
    現実の諜報活動は、派手なアクションが伴った時点で、それは作戦の失敗を意味するにも関わらずです。
    所がここに、”アメリカによる陰謀”の要素を加えると、何故か右派も自称左派もそれなりに納得すると言う現象が起きます。

    面白いのは”中国や朝鮮半島による陰謀”は否定したり疑ったりする者も、”アメリカによる陰謀”は不思議と受入れられるのです。

    本日のエントリーでは、丁度タイムリーにIR絡みで”アメリカによる陰謀”要素を含めた話題で、脳の準備体操を進める事が出来ました。
    而も、”中国や朝鮮半島による陰謀”を”利権”と言う包装で飾り、”アメリカによる陰謀”要素を加味する事で、巷にも受入れられ易い話題とする事が出来ました。
    この手法は、他の分野に絡む事でも利用出来る、一種のギミックと言えるでしょう。

    折角ですから、多くの国民にIR利権と言う包装を解いて、その中身も見て頂きたいものです。

    その中身を垣間見ると、大凡他の分野でも同様の事が行われて居るのではないか?と言う、思考回路が形成され易くなる筈です。
    そういう思考回路が形成されない限り、保守派がいくら現実と防衛策を説いても、それは単なる妄想扱いされてしまいます。

    その意味から言えば、この案件は大いに利用出来ると言えるでしょう。

  22. 神無月 のコメント:

    小坪市議のネットワークも底知れず頼もしいようですね。

    政党の支持率が、愛国心を持つ議員数の割合のようにも思えます。

    最新で、自民党23.0%、立憲民主党3.8%、公明党3.5%、日本維新の会と共産党各2.0%、れいわ新選組0.7%、国民民主党0.6%、社民党0.2%

    普段、自民は3割付近ですので、愛国の議員はそのくらいと思われます。
    それでも、他の政党に比べればマシなのでしょう。

    アメリカでは、大戦前後、猛烈な赤狩りを行っていました。共産主義の蔓延を恐れたからです。
    その歴史から、今、アメリカ国内のシナ狩りが始まっているように見えます。
    当然、同盟国の日本にも安全保障上、同様の取り組みへの要求も有り得ます。

    自民党でも、愛国議員3割程度ですからね。
    有権者が議員を育てないと、権力欲者の議席が増えるばかりです。
    .

  23. 北麓のジジイ のコメント:

    小坪議員お疲れさまです。
    北海道の土地の問題、今度のIRといい「チャイナマネー」に無頓着すぎる。
    中国は個人では云々ってあるが、決して個人ではなくバックに「中国共産党」が介在してると見るのが適当だと思う。
    日本人は本当に無防備だ。
    今に周囲が中国人・共産党だらけになるぞ。
    スパイ防止法の成立を望む。

  24. k のコメント:

    微分積分が好きです。

    高校生の時は理系クラスでしたが、落ちこぼれても、退学したりとかせずに、
    ちゃんと卒業して一年休んで商学系の大学に進み卒業しました。

    根性はむちゃむちゃありますよ。

    さて、政治の話をしましょう。日本人として、アメリカが内政干渉することなど
    どうでもいいのです。なぜなら、アメリカの方が中国よりまともだから。

    人生において、注目すべきは、相手の国の国民が喜怒哀楽を交えながら幸せに
    暮らしているかどうかということ。その様子を日本人として眺めて、共感出来るか
    どうかが重要なのです。

    幸せに暮らしていればいいではないですか。自分が日本人として貧乏な暮らしを
    していようがどうだろうが。その基準で考えた場合、アメリカの国民は幸せか?
    中国の国民は幸せか? とAIとして判断した場合、どちらが軍配が上がるか
    知れたものです。

    であるなら、アメリカに協力するのか? 中国に協力するのか? との問いに
    対しても同じことが言えるのです。

    同じことをいいましょうか。大東亜戦争(太平洋戦争)であれば、東アジア、
    東南アジアに協力する、というのは当然なことです。ハルノートで身を脅かされ、
    東アジア、東南アジアが植民地にされているのであれば、逆にアメリカの国民が
    幸せかどうかはどうでもいい話になるのです。

    あなたにとって、守りたい者の価値があるのはどっちですか? その序列をつける
    のが、国際関係だと思うのです。

  25. ダスティー のコメント:

    小坪さんの勘が当っているように思います。

  26. さぬきのゆめ のコメント:

    大阪市がとうとう保守速報の管理人の名前を公表しました。イジメです。

  27. daco のコメント:

    記事文中にある”趣味”のスイッチを押しちゃってもいいんじゃないでしょうか?

     むかし、テレビドラマでのセリフだったか ・・・・
    「遊ぶように仕事をし、仕事のように遊ぶ」のがあって、チョット 気に入ってます。
    一日中仕事も、一日中遊びも同じく疲れるけど、
    仕事のように遊び、遊ぶように仕事ができれば、疲れの深度も違うかもしれない。
     【怨霊ごっこ】でもイイですよ?!!

  28. 元修羅の国の住民 のコメント:

    威嚇ではなく、全弾命中の勢いで
    与野党関係無くチャイナと繋がっている連中を
    一掃していただきたく願っています。

    「汚物は消毒だー!」

  29. ピンバック: SC102高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください