日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】


 

 

【今日は何の日】というタグは、敢えてつけない。これは日本として重要だと思った日のエントリにつけてきたタグだからだ。キリスト教徒を揶揄する目的はないが、私はクリスマスイブに対しこのタグをつける気になれないのだ。

クリスマスツリーの数を見るに、
その日の丸の数の少なさを憂う。

クリマスソングばかりは街にあふれ、天長節の歌など街では聴かなかった。
お正月の、古来からの音楽(雅楽などのアレンジ)に期待するばかり。
そのような日だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12433068_960313584039526_2110226100_o

 

 

 

 

日の丸の数
圧倒的に少ない。
事実であり、現実を直視する。

目の前の現実を正しく受け入れた上で、
すべての議論はそこから始めるべきだろう。

受け入れるというのは、「そのままでいい」というわけではない。
変えるため、是正するため、取り戻すために「現状を正しく把握する」と言った方が適切だ。

また、「クリスマスが悪い」というつもりもないし、
昨日も書かせて頂いたが、「GHQが」とか「日教組が」と言っても始まらないのだ。
それをしたり顔で連呼するのは、やめて頂きたい。

事実、遠因としてあるのは否定しない。
私もそう思う、その側面は確かに在る。
・・・だから、どうしたというのだ?

「GHQ!」「日教組!」と叫んだとして、国旗の数は増えるのか。
あいつが悪い、こいつが悪いと指をさしたところで、貴方だけに免罪符が与えられるわけではない。
まずは、国旗を立てよう。

お正月から、でどうだろうか。
いまの異常性については、昨日同様であるが、ある例え話を再掲したい。

 

 

 

置き換えて考える。
先ほどは、日本人がクリスマスで大騒ぎする構図を論じたが、もしこれが逆であったらどうか。
異常性がよくわかると思う。

クリスチャンが天長節を祝った場合、キリスト教徒が、天長節を祝った場合、それは何か不思議な気がする。
悪いことではないしありがたい話なのだが、置き換えてみると大層ヘンテコなことになっている。

イメージして欲しい。
お洒落なニューヨーカーたちが、デパートで【奉祝】と書いた板を買い漁る。
CNNにて「とぅでぃ、TENCHOUSETU!!!OH!」とか言っている感じである。

白人カップルを想定してみよう。
恋人たちが、天長節デートを行い、ディナーの予約をする。
菊の花と菊花紋章を前に、「KI-MI-GA-YAHHHH!」とか歌って愛を語らうのだ。

海外のおまいらの場合、ネットユーザーたちの動向を考えてみる。
素晴らしいデザインスキルを無駄に投下し「天長節、中止のお知らせ」が毎年作成される。
そしてリア充、爆発しろ!と叫ぶのだ。

家族の場合を考えてみたい。
良い子にしてたら、陛下が玩具を持ってきてくれるのよ?と。
親が子供に諭すのである。
陛下に行ってもらうと、ちょっと構図が崩れるか。。。

じゃ、こうだ。
「いい子にしてたら、ヤタガラスが玩具を持ってきてくれるのよ。」

子供は不安そうな顔で言うのだ。
「ちゃんとヤタガラス、迷子にならずに来てくれるかなぁ」と。

もうちょっと年をとって生意気盛りになった頃。
「本当は八咫烏って、親が買ってきてるんだよ!」と叫ぶ、空気を読めない子が出てくるのだ。

そして
「いるもん!八咫烏はいるもん!」
「私、見たもん!ちゃんと足が三本あったもん!」
って泣き出す子が出てくるのだ。

不毛なる、八咫烏、実在論争を繰り返す子供を横目に。
オモチャメーカーは・・・。
「ここで一年の売上を絶対に立てるのだ!!」
「我が社の荒廃、この一戦にあり!!!」である。

スポンサーについているアニメにおいては、
ここぞとばかりに新キャラ、新メカが登場。
工場も生産拡大で、掻き入れ時である。
経済波及効果もバカにならない。

九州ウォーカー(本州の方はわかるのかな)などの場合。
いわゆる外戸本みたいな、地域版の雑誌である。
「天長節にお勧めの夜景デート特集」とか組むのである。

デパートでは、
「今年の天長節は、肉じゃがでお祝い!」
「日本本国、直輸入!高野豆腐!」とかポップが躍る。

コンビニでバイトしている人なんかは
「あー、今年の天長節、ケーキのノルマがきっついわー」とか言ってるのである。

疲れたサラリーマンたちは
「あぁ、今年の天長節も仕事だったな」とか、
駅のホームで舞う雪を見て「ホワイト天長節か」などと、しみじみとつぶやくのだ。
そしてそれが、なんとも言えぬ風情をもって、しみじみと疲れた大人の共感を呼ぶ。

これが外国人が、天長節を(日本のクリスマスと同様の)祝った場合のイメージ図である。
クリスマスを祝う日本人を、(敬虔なるクリスチャンをはじめ)海外はこのように見ているのではないだろうか。

 

関連

同じ路線から書いた記事です。

 

 

 

それでもクリスマスも楽しむ。
冒頭に述べたように「クリスマスを否定」しても何も生まれない。
大切なのは、自らがどうあるべきか、である。

「GHQが!」とか「日教組が!」と、悪玉論争のみに終始することは
自らには責任がないと、はっきり言えば【なすべきことなどない】と宣言しているかのようにすら見える。

私のエントリを読んで、クリスマスを中止して欲しくなどないし
それはそれで楽しんで頂きたい。

私はそもそも甘党であるし、ケーキが食べれる日と楽しみにもしてきた。
うちは漁村で、普段は魚ばかり。子供の頃は、肉が食べたくて仕方なかった。
最近は、魚の美味しさにも気づけるようになったが。

プレゼントを楽しみにする子供がいても、いいではないか。
恋人たちが楽しくデートすることも否定したくない。
勇気を出して、今夜告白する者もいるのだろう。
ほんのり甘く、素晴らしいことだと思う。
(私は最近は告発ばかりしている気がするが、それに比べればどれほど素晴らしいか。)

日本人の寛容性は、素晴らしいと思う。
ただし、それが良い方向ばかりに向いてきたわけでもない。
それも事実だ。

だけれども、「楽しんでいる人」に向かって、
「楽しむんじゃない!」と言ったところで、何が生まれるだろうか。

私たちがなすべきは、クリスマスの批判でも否定でもない。
GHQや日教組の責任論のみに終始することでもない。

お正月に、国旗を掲げることだ。
他になすべきことはない。

さて、今夜はクリスマスチキンを食べて
(実際は近所の唐揚げ屋さんの唐揚げ)
ケーキでも食べて
(付き合いで回ってきたものだが。)

「そういや、この日って何なんだろ。」
「俺がキリストだったら、多分、怒ってるわ・・・。」
などと漠然と考え、

「告ったり、告られたり」
「ふったり、ふられたり」
「まぁ、みんな忙しいことですなぁ。」
「少子高齢化の話もありますし、ほどほどに頑張って頂きたい。」などと。

また、
「たぶん、あいつは今年も一人やろうな」と男の後輩のことを思いだし
「どうせ夜に『なんしよっすか?』って電話してくるんだろう。」などと考え
例年、果たしてそのようになり。
そんなこんなでクリスマスの夜はふけていくのでありましょう。

そして。
「さて、正月には日の丸をあげにゃね。」と小さな勇気を確認する日でありたい。

 

一回でも笑った人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

7 Responses to 日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】

  1. ヒカル のコメント:

    面白い!
    クリスマスに笑えるプレゼントを有難うございます。
    たまには、こういうブログもいいですね?
    一つ提案があります。最近はバラエティ番組や漫才でもネタにされる事ありますが、K人の得意な会話の切り貼り…。
    日本人にもやっと理解されるようになりましたが、以前は本当に、どうしてそうなるのか訳がわからずに、混乱、言った言わないの仲間割れ、多くの時間をとられ神経をすり減らし、疲弊していったのです。
    時間も場所も内容も違う会話の一部を切り取って、繋ぎ合わせる会話の切り貼り。
    悪意のある人の使う手口として、広めましょう。

  2. k のコメント:

    うぇーい。(うめき声!)天誅ちょーっぷ。(うめき声!)
    変な声出して走り出しそうです。(^^;

  3. BLACK のコメント:

    小坪氏、「くすっ」と笑える、そしてシニカルでもあるお話をありがとうございます。

    少々前までの私は、このような日本人を恥ずかしいと思っていた部分があります。(もちろん自分を含めて、です)
    「宗教性も何もあったものじゃない」
    「節操がない」
    「なんでもごじゃまぜ」
    「単なるイベント」
    等々

    自分が歳とってきた部分もあるのかも知れませんが
    「日本人のこの感性、すごいな」と感じて来ました。
    何でもごじゃまぜで受け入れる
    何でもイベントにして楽しんじゃう
    何でも商売にしちゃう

    今年はクリスマス直前の土日が21日・22日だったので
    金曜日の新聞折り込み広告は「クリスマス大特売」一色でした。
    それを見た母は「クリスマスって22日なの」と言う始末。
    最終的には、クリスマスやイブの日にちも関係ない。
    大爆笑です。

    それを嘲笑するか、恐ろしいと考えるか、考え方は様々だと思いますが。
    最近の私は「良いんじゃないの」「日本はそれで良い」と感じるようになりました。
    クリスマスには街がクリスマス一色になり、妙にウキウキしてみんなが楽しむ。
    注・それが21日でも22日でも気にしない・問題ない。
    26日からは街はお正月を迎える様子に一変・激変
    注・これを一晩で変えるお仕事をしている方々はとても大変だと思います。
    商店街や商業施設内を流れる音楽もクリスマス用からお正月用へ。
    私はこの一連の変化の時期が好きです。

    小坪氏が書いておられるように
    外国で、外国の方々が天長節を祝ったとしたら
    私は爆笑するでしょうか、それとも嘲笑するでしょうか、それても怖いと思うでしょうか。
    まだ私には未経験なので予測出来ません。

    それにしても小坪氏の例えは奇想天外のようでいてクリスマスの裏返しで愉快です。
    このようなこと、私は考えたこともありませんでした。

    文責 BLACK

  4. coco のコメント:

    我が家は祝日には必ず、80を過ぎた父が国旗を掲揚しています。
    30年くらい前はご近所でも掲揚していたお宅もありましたが今はうちだけです。
    国旗掲揚は今後も続けてゆくつもりです。

  5. yn のコメント:

    我が社の荒廃って、廃れる一択じゃないですか。www

  6. 日和見菌族 のコメント:

    日本国旗を掲げる日の1年のスケジュールを教えてほしい。
    はずかしいことですが、祭日が振り替え休日などで入れ替わるので、初めての者にはわかりにくいので。
    通勤途中で見える東京の交番は祭日に日本国旗を掲げています。

  7. 為世貢献 のコメント:

    小坪氏の仰るとおり。
    戸建ての家は元旦、そして祭日には是非日章旗を揚げていただきたいものです。

    私事ですが、近所に古くからの銭湯があります。そこの主人は欠かさず正月、祭日には
    銭湯に日章旗を掲げています。地域活動にも熱心でお祭り、子供会、ラジオ体操、
    朝の小学生の通学路の交通整理などその熱心さに本当に頭が下がる思いです。

    本来日本人とはそういうもので愛国心の強い人ほど優しいように思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください