【緊急通達】自民優勢と報じられているが、楽観を許さない厳しいもの。幹事長より全候補者へ【気を引き締めるためにシェア】


 

 

自民優勢の報道が散見される。
これは「自民党にとって大きなダメージ」となっていることを伝えたい。
街頭で訴えても「自民党は大丈夫」「楽勝だろう」というムードが漂い、選挙期間中にも関わらず、得票が伸びていない。

二階幹事長より、全候補者に【緊急通達】が発された。短い文章にも関わらず、要点がまとまっており、「まさにそうだ!」と頷く内容。

実際に現場に在る一人として【優勢という手応え】は一切、感じない。
地方議員は、手となり足となり、集票の最前線にいる。まさに民意と接する立場であるが、「自民党が優勢」などと感じる現場の地方議員は一人としていないと思う。

未だ接戦の選挙区は多数あり、特に中堅層、前回までは若手と呼ばれた「自民党の宝」とも言える選挙区。これから自民党を、そして国家を背負っていく議員たちは、極めて厳しい戦いを強いられている。
地方議員一人一人の力は弱い。果たして私たちに支え切れるのか?
重い空気の中、この通達は大きな勇気となった。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

大タイトル

 

 

 

緊急通達
のち、スマホ用にテキスト版を紹介するが、敢えて紙で伝えたい。
この文章は、本当に美しい。

ネット上では好き好きもあるだろうが、幹事長として極めて有能だと感じさせる判断です。

 

 

 

 

緊急通達(テキスト)
テキスト版になる。

 

緊 急 通 達

 

 選挙は、これからが本当の勝負である。

 本日もマスコミ各社により、あたかもわが党が優勢で
勝利も早や確実であるかのような報道がなされているが、
今回の選挙戦の現状は、一瞬たりとも楽観を許さない極
めて厳しいものであることを、肝に銘じていただきたい。

 これまで何度も、序盤に過大な議席予測を報じられる
が、実際にはこれと大きく異なる議席にとどまり、結果
として多くの同志が涙をのむ結果となったことは、貴殿
もよくご承知の通りである。

 本日の報道を受けて ?貴殿の支持者に緩みが生じる、
相手は必死になって運動する、有権者がバランス感覚を
働かせようとする? わが党が即座に劣勢に陥ることは、
火を見るより明らかである。

 実際に核選挙区を詳細に分析すると、対立構図は様々
異なっており、報道とは逆に情勢の悪化を招いている候
補が各地で見られ、極めて憂慮すべき事態に至っている。

 貴殿におかれては、報道各社の情勢報道に一喜一憂す
ることなく、いま一度これまでの取り組みを総点検し、
期日前投票の徹底活用等、一票すらも取りこぼすことの
ない万全の態勢を組んで運動にあたっていただきたい。

 すべては貴殿の覚悟と取り組み如何に懸っている。
国民の期待に応えて、しっかりとこの国を守り抜くこと
が、わが党と貴殿に課せられた使命である。この重大な
決戦において、我々はなんとしても勝利を摑み取らなけ
ればならない。これから最後の一秒まで、死力の限りを
尽くしてご奮闘いただくようお願いしたい。

平成29年10月12日

        自由民主党
        幹 事 長   二 階 俊 博
        選挙対策委員長 塩 谷   立

 

美しい。

 

 

 

選挙戦術と見る方もいるだろう。
公示を過ぎ、選挙戦の真っ最中。

「危ない」と思うからこそ、【あと一人、もう一人】と声をかける。
後援会も最後の力を振り絞っていく。

 

優勢、と言われれば、どうしても気が緩む。
選挙体制は瓦解していくのだ。

選挙事務所にとって、「最大の打撃」は、【大丈夫】と言われることである。
これは私自身も選挙を経てきたからの経験であり、そして全ての政治家の共通認識である。

 

ゆえに「危ないぞ」と気を引き締めろ!と檄を飛ばすのは、
【いわゆる選挙戦術】と感じる方も多いだろう。

特に、選挙を手伝ったことがある方は、そう感じるのではないか。

 

 

 

地方議員の肌感覚
私たち地方議員には、どんなに偉い政治家にも勝るものが、たった一つだけある。
それは「民意の最前線」であること。

有権者ともっとも身近であり、まさに隣近所を取りまとめていくことが私たちの責務だからだ。
都道府県議には、ちょっと敷居が高くて言えないようなことも、
近所の若いあんちゃんに過ぎない私には、忌憚なく言ってくれる。

 

悪く言えば、私たちは「下っ端」なのである。
良くも悪くも、プラミッドの最下層。
だが、もっとも「声を聴ける」立場にある。

最下層と言うと、「上に行かなきゃ」と思うかも知れないが、
天守閣が輝くためには、丈夫な石垣が必要なんだ。
石垣には石垣の誇りがある。

 

誰よりも、フレンドリーに、時にはフレンドリーすぎて「乱暴な言葉」すら受け止めるのが地方議員だ。
ラフな扱いを受けてなんぼ、無茶も言われてなんぼ。
だけど、屯田兵のように最前線を支えている誇りは忘れない。

市議の職権で対応できぬレベルであれば、
同志の県議に相談したり、それでも足りねば国会議員に頼ることとなる。
地域のアンテナとして、声を受け、それを届けるメッセンジャーも地方議員の責務。

こうしてBlogにて政策課題を提示し続けることも、地方議員の果たすべきタスクだと私は考えている。

 

選挙においても八面六臂の活躍が求められる。

確かに、私たち地方議員の力は、決して強くはない。
だが、無力でもない。

金のエンゼルマークにはなれないが、銀のエンゼルマークだって束になれば玩具の缶詰はもらえるんだ。

大きな国政選挙、自治体をまたぐ都道府県議選。
数万票の大きな選挙であっても、地方議員らが取りまとめた100票単位の票の「集合体」である。

 

意外かも知れないが、どんなに大きな選挙であったとしても、
どんなに偉い先生であろうとも、「集票の最前線、最後の最後は市区町村議議」という実態もある。

地方議員は、最前線だからこそ”見えるもの”がある。
私たちの肌感覚は、どんなに金をかけた予調よりも、
マスコミに出てくる偉い先生の分析よりも、正確だと確信している。

 

 

 

本当に危ない。
報道で”自民優勢”と流れている。
確かに、手堅く戦っている強力な候補もいるのだろう。

だが、私たち地方議員には「どこが優勢なんだ?」という疑問符しかわかない。

 

確かに私は、数字を軸に分析していくことに長けているとは思う。
技術畑出身の、理系であることを売りにもしている。

だが、最後の最後は「体感」を重視する。
肌感覚というのは大切だ。

金属の柔らかさ、鉄のぬくもり、樹脂の硬さ。
木のしなり、風のそよめき、小川のせせらぎ。
分析対象を数値化すれども、身体が感じるものを軽視することはない。

 

何が「優勢」なのか、まったくわからない。
どこまで行っても手応えを感じない。

トドメは「自民優勢」だ。
支援者を回っていても、「はいはーい」という反応が多く、
人を疑うわけではないが「本当に投票に行って頂けるのか」の確信が持てぬ場合もあった。

 

中には、「選挙も政治もしなくても、別に生活していけるんだ!巻き込むな!」という厳しい声もあった。
私の後援会を私が回ったとしても、国政選挙に興味のない方もいるし、
市議選においては私の支持をしてくれても、国政において「私と同じ候補」を支援しているとは限らない。

 

”自民が厳しい”という情勢であれば、
「ご存じかと思いますが、今回も厳しい選挙戦でございます。お時間を頂き恐縮ですが、何卒、ご協力をお願いします。」と言えるのだが、

自民支持層も、どことなく気の緩みを見せている。
また、たまにぶち当たる野党支持者は、目の色を変えて頑張っている。

 

同じく、選挙を戦う地方議員の声。
私もほぼ同じ所感をもっています。

 

 

 
 

「優勢」なんて実態は、どこにもない。

 

調査対象数は少ないかも知れないが、

 

長い付き合いの後援会組織を、

 

一軒一軒、訪問しての体感である。

 

少し心が折れそうになる、厳しい声もある。

 

それは街頭に立っても変わらない。

 

確かに、安倍政権は支持されているとは感じる。

 

だが、得票ベースとして数値化しようと試みると、

 

あまりに不確定要素が多すぎて、

 

「投票まで確定」という反応は極めて少ない。

 

高転びしそうで、怖い。

 

報道情報は、最前線たる私たちからすれば

 

「選挙体制を破壊する攻撃」にも感じた。

 

油断できる要素なんて、本当にどこにもない。

 

ネット上では自民支持は圧倒的だが、

 

影響力は増したと思うが、ネットだけで決まるわけでもない。

 

マスコミの影響を強く受ける層もいるし、

 

ネットをしない層だっている。

 

実際に、危機的状況にあると思う。

 

幹事長の緊急通達は、まさに時勢を踏まえた、素晴らしい判断。

 

「油断大敵!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

21 Responses to 【緊急通達】自民優勢と報じられているが、楽観を許さない厳しいもの。幹事長より全候補者へ【気を引き締めるためにシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【緊急通達】自民優勢と報じられているが、楽観を許さない厳しいもの。幹事長より全候補者へ【気を引き締めるためにシェア】 自民優勢の報道が散見される。 これは「自民党にとって大きなダメージ」となっていること

  2. Y.S のコメント:

     百戦錬磨の幹事長の言葉をきちんと受け止めてもらいたいものです。
    経験の少ない人は気が緩みがちです。相手の狙いはそこです。
    頑張りましょう。

  3. cat のコメント:

    空中戦が得意なはずの小池氏が、このところずっと音沙汰ナシですね

    選挙戦後半に、なにかとてつもない隠し球を持ってきそうで

    って、不安を煽ってる私って(´・ω・`)

  4. のコメント:

    2F爺はあとは親シナでさえなければこんな頼もしい党幹部もおられんのですがねえ。

    マスコミが言う事の逆が正解だ。
    でもそれは大きなミステイク、なんてことはなく。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この様に現役政治家による生の意見を見ると、小生の様な素人でも選挙戦と言うものが良く分かります。

    実を言うと小生は、選挙戦で御願いされたからと言って「良さそうな人だから、投票してあげようかな」なんて事は無いのもで、ついつい選挙戦と言うものに疎くなってしまうのです。

    小生が票を投じる基準は、所属、実績、政策であって、選挙戦で挨拶してもらったとか、握手してくれたとかでは無いのです。

    「御願いします!」っと頭を下げられると、逆に「政治家ともあろう者が、ヘコヘコ頭を下げるんじゃ無い!!」と言いたくなる位です。
    小生にはどんな丁寧な挨拶や愛想よりも、堂々と胸を張ってどう言う政策を推進したいかを語った方が効果的なので、一般的な選挙活動がどうしても無駄に感じるのです。

    選挙戦と言うと候補者も運動員も、非常にマメなのがやはり公明党です。
    小生の所にも幾度と無く運動員が見えられましたし、候補者とも何度も握手しました。
    その全ては骨折り損でしたが。

    共産党は論外中の論外。
    相手にすらしません。
     
     
    っと言った具合ですから、こと選挙戦に関しては感じる肌も持合せて居ない次第です。
    然し乍ら一般的にはそうでは無いので、今の選挙活動が形作られて来たのでしょう。

    とは言え何もしない訳には行かないので、自動化出来る所は自動化して落選運動は積極的に実施しています。

    後は身近な人への口コミですかねぇ・・・。

  6. 高田三吉 のコメント:

    政見放送を見ました。いかに「アベ」が首相にあるまじきけしからん奴かよく分かるものでした。
    政治に関する情報を新聞・テレビに頼ってる人の投票行動がこんなものに影響されると思うとあまりにもやるせない気持ちになります。
    最悪、希望議席がまるっと民進党に逆流すれば与野党逆転まで想定せざるを得ない危機的状況といえます。あの後悔を繰り返さぬよう最後まで頑張るしかありません。

  7. 蝦夷系? のコメント:

    マスコミ得意のフェークニュース? マスコミのニュースを一社が独占で?請け負うような記事を見ましたが、TV 見ても同じニュースで、時間帯も似ている? 自民優勢も眉唾か? 自民党支持者を安心させ、投票させない? 陰謀?

  8. 豆鉄砲 in 駆逐艦【涼月】 のコメント:

    立憲民?党が躍進している報道に目を疑う。

    そんなに左翼は多いのか?

  9. 尾張小牧 のコメント:

    前回の選挙の時もそうですが、
    マスゴミの悪意有る印象操作が目に余りますね。

    何とか、ならないものでしょうか?

  10. テロ指定共産党 のコメント:

    選挙戦序盤から、マスコミが最後の手を使ってきた事に、マスコミの焦りを感じる。

    マスコミは倒閣報道を続けてきたが、野党の稚拙さに安倍政権は揺るがないばかりか、電波オークション、放送法の見直しなどマスコミのお尻に火がつく事態に追い詰められた。

    マスコミは、希望の党を第二民進党と期待して拡散したが、小池代表の思惑に雲行きが怪しくなりトーンダウン。

    残るは、日本が嫌いな立憲民主党を持ち上げ始めたようだ。

    自民の楽勝ムードはとても危険。一度刷り込まれるとイメージから抜け出すことは大変なこと。
    少しでも余裕を見せればアウト! 本当の必死さを訴えるしかない。

    マスコミの選挙結果予測報道も、有権者を誘導し公平性を壊すものだから禁止すべきことだと思っている。

    世界の首脳を味方に出来る総理大臣が誰かを考えれば答えは簡単なこと。

    富士の山に安寧を祈るよ。
    .

  11. ほうじ茶 のコメント:

    「自民党だから大丈夫!」と言われることが、どれだけダメージとなるのか、よくわかります。
    私も以前、県議選でしたがよく選挙事務所のボランティアをやっていました。
    一軒一軒ポスティングやお願いをしてまわり、感触を確かめていたなかで、「あんたのところは自民党やから当選するよ。自分が投票しなくても、まぁ大丈夫やろ」等と言われた時は、清き一票が消えたものだと感じていました。
    今回はマスコミが、メディアスクラムを組んで自民党圧勝ムードを演出し、日本人の判官贔屓を利用して自民党以外の野党に投票させようとする魂胆が見え隠れしています。
    気を緩めずに頑張りましょう!

  12. 読点 のコメント:

    実際、安倍政権の移民政策(経済政策)への反発はすごいですから。

    先日明らかになったように、女子大学生を輪姦殺人してトンズラしたフィリピン人が犯人引き渡し条約を結んでいないがゆえに野放し状態ですし、ナカタ・ルデナさんをはじめ、外国人によるいささか猟奇的かつ命を軽視した殺人が目立ちます。格安高速道路使用料や義務なき福祉など、日本人差別といえる外国人優遇策も多すぎる。

    私自身、「この外国人はどんな理由で入国し、滞在しているのだろう」と疑問に思わざるを得ないような、明らかに観光客ではない、かといって正規の学生や労働者とも思えない外国人とたびたび遭遇します。特に子どもがいれば、外国人に対する体感的な不安感はぬぐえないのではないでしょうか。同級生である外国人の子供の親が、生活保護を受給している不法滞在や不法在留者となったら、収入に余裕のある親御さんは子供を私立に入れるでしょう。「教育の無償化」関係ないですね。アメリカみたいに公教育が美名のツケを引き受ける、ごみの吹き溜まりと化してゆく。

    集団としては自民党しかないだろうと思いつつも、私もこのあたりに危機感を持ちまじめに政策を立て戦う覚悟の個人なら、政党に関わらず投票しようと思います。

    もっとも、日本人の奴隷化を狙う、外国人にやさしいマスメディアの皆さんはこの切り口を報道しないと思いますので、自民党支持者の皆さんはご安心ください(笑)。

  13. あかうお のコメント:

    「自民優勢」「自民党300議席の勢い」
    こんな見出しが踊っているのを見て、反動を狙う策謀だと分かっているのに
    ちょっと気の緩む自分がいます。
    自民党が絶対な正義だとは言わないが、野党に任せた結果を身をもって知っている。
    もう二度と任せてはならないし、任せられない。
    甘言に騙されそうな人がいたら、熱くなりすぎずに説得していきたい。

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    どの党の人でも、反日は当選しないで欲しいです。
    自分の選挙区から出馬する人をチェックしてたら、元民進の希望がいてなんだかなって感じです。
    選挙はほぼ期日前なので、今回も行けたら期日前に行こうと思います。

    【正論】自民・小泉進次郎「連合、本当に労働者の代表ですか?」労組を批判 衆院選
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52251212
    72: 名無しさん@1周年 2017
    要するに今の労組って組合費を徴収して、団体を維持して利益を得ることが目的化してるわけでしょ
    それで労働者の敵は政府を演じている。 政府叩きをすることで、組合費徴収の免罪符にしてるわけだ。
    これは共産党も同じ。 赤旗を売る為に政府叩きを懸命にやっている。
    組合、団体がいないと政府がめちゃくちゃやっちゃうでしょ? 我々必要でしょ?ってことなんだろうな
    この構図は朝日や毎日新聞も同じなんじゃないのかね

    安倍政治を許さないとか意味わかんないもんね。説明がつかない

    安部総理が経団連に賃上げを要請したら
    連合は「自分等の縄張り荒らすな」と
    不快感示しただよな

    民進党・有田芳生「拉致問題を政治利用する安倍首相」…トランプ大統領と横田夫妻が面会の方向で調整
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52250959
    206: (´・ω・`)(`ハ´
    国連で言及してくれたトランプに会って それが国際ニュースになれば
    家族会にも利益だからな
    首相がそれに協力したとして、何が問題なんだか。

    84: (´・ω・`)(`ハ´
    少なくとも国会議員の言葉ではない
    国民軽視、日本人蔑視だ

    【山口4区】「ボランティア急募 安倍あきえを取り囲みましょう!」…無所属新人、加計追求の黒川敦彦氏が公示前にツイッターで呼び掛け
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52249205
    いつになったら出資者に説明するんだ?

    イーハトーブ黒川は投資詐欺で逮捕されても文句が言えない疑惑が山積のパヨクだそうですねぇ。

    また、先ほど他所の纏めサイト様で見かけた話ですが、

    「【ヤバすぎ】衆院選、兵庫の選管スタッフ「投票用紙を二重交付する」「精神疾患だから、有権者に手を出しても俺は罪に問われない」」
    (ttp://www.moeruasia.net/archives/49587296.html)

    と言う感じでパヨクどもは不正選挙工作を行う事を公言してはばからない暴走振りの様子。 選挙結果発表後もしばらく荒れるかと。

    安倍首相の病気を嘲笑った小学館が『無様すぎる自己弁護』を垂れ流した模様。やはり反省する気は皆無
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50504148
    12:あなたの1票は無駄にな
    >「あくまで事実として紹介」

    これからは何を言ってもこれでおkらしい

    143:あなたの1票は無駄にな
    >>12
    実例でさえ無いからな

    56:あなたの1票は無駄にな
    >>18
    潰瘍性大腸炎は紛れもなく難病だろ
    下手したら大腸を失う大病

    57:あなたの1票は無駄にな
    >>42
    この漫画は
    難病である事実をちゃんと書いたのかよ?

    65:あなたの1票は無駄になり
    >>42
    「お腹いたくて」と弱気になったり仕事をサボったり、というのが事実なのかね?
    難病にも関わらず懸命に仕事をこなしてきた、ってのがどちらかというと事実だと思うけど

    132:あなたの1票は無駄にな
    >>80
    この「お腹痛くて」が腸内ポリープの悪性化、癌化(またはそれを誘発する広範囲腸炎)による物の可能性が非常に高いのがこの病気の特徴でもある。

    「お腹痛い程度で」、ではなく、「お腹痛いが命に関わり、治す方法は今のところない」病気があるんだと覚えといてもらいたいところだが。

    「面白おかしく」が信条の方々にゃ、そんな描き方はムリだよねえ。

    137:あなたの1票は無駄にな
    >>80
    潰瘍性大腸炎ってほんとにつらくて苦しいのに。病気の人をギャグにしてほんとに酷い。

    95:あなたの1票は無駄にな
    難病に苦しまれている方を揶揄するような表現だろうが。
    卑劣な印象操作である。最低の出版社だ

    何で、民族や人種等への差別は許されなくて、病人を差別する事は許されると思うんだろうね。
    何れも、本人の意思では免れる事が出来ない事は一緒だよね。
    同列の差別だと思うんだけどね。
    パヨクのこういった二重基準が、支持を得られない理由だろうね。
    パヨクこそレイシストであり差別主義者なんだよな。

    こう言う悪質な出版社ももっと締め上げて欲しいです。

  15. 湖青 のコメント:

    自民圧勝の勢いとのニュースにかえって危機感を感じます。
    おごり・慢心・気のゆるみが大きく情勢を変えることは明白なはず。
    小さな一票を行使する一市民に過ぎない私ですが、安倍政権・自民党を信頼しております。また、各方面で奮闘しておられる方々に敬意を表したいと思います。
    安倍総理のおひざ元、山口4区が荒れているとの新聞報道も大変気になり心配です。
    首相の演説に対するなりふり構わない妨害などのニュースも多いですね。
    選挙戦も中盤から後半。今一度気を引き締めて勝利に向けて頑張っていただきたいと思います。

  16. 月光仮面 のコメント:

    今回も 自民党を推すようになると思います でも 自民党が間違いを
    意外としているという事 それは チャイナに企業を連れて行って
    喜んでいた何とかサン などなど 肥料 や 移民 これはすべて
    間違いだと 思います 比例は推すけど 選挙区は推さない
    そして 政治家の皆様勉強してほしい 保守 って何
    皇室安定ってどうするの この選挙の後に何が起きるの 
    政治家の先生に お伝えします 勉強してね 虎の門ニュースみて
    どんな会合に出るより勉強になると思います よ 
    特に おいらから言われた政治家の先生 見てよ虎の門 おいら
    推すから ね 

  17. 今年は紅葉遅そうですね のコメント:

    居るんですよね。自民が優勢なら自分が態々投票しに行かなくても大丈夫だろと言って投票しに行かない人。
    そう思う人が本当に自分一人ならそうなんでしょうけど、実は周りにもそんな人が大量に居たとかだったら。
    皆が思ってた結果と違う事に・・・。
    マスコミも普通にそれを分かっててやってるんでしょうけど。
    小選挙区制と言うのは一位になりそうな人に投票する以外は死に票になるんですよね
    。(この理解で正しいんでしょうか・・・)
    中選挙区の方が民意を反映し易いんだそうで。
    誰なんですかねこんな制度にしたの(棒)

  18. 加藤 孝明 のコメント:

    ヒラリー勝利と間違えた米国マスコミと同じことを日本マスコミもやっているのだと思います。マスコミの偏向もあると思いますが、三浦瑠麗氏の言う「データサイエンティストの敗北」がより真実なのだと思います。自民党が支持されているのではなく、既存の野党が嫌悪されているだけでしょう。今の自民支持など砂上の楼閣、ちょっとした出来事で簡単にひっくり返ると思います。
    近所のお店は潰れ、新しい店子は100円ショップ。元気が良いのは「地域一番の安値」をスローガンにする安売りスーパー。地方だとお店が潰れて買い物難民となってしまうそうなので少しはましなのでしょうが、アベノミクスが失敗したことは確かです。

  19. 福岡選挙区 のコメント:

    福岡2区のお話し。

    選挙ポスターを見て話しをしている、70代くらいの男性と40代くらいの女性の会話
     70代男性「選挙があるな」
     40代女性「この人よく見かけるけ、この人に入れようかね」
          (「民進党」党籍の「希望の党」の人を指す)
     70代男性「自民党には絶対入れんばい」
     40代女性「なんでね」
     70代男性「TV見とったら分かる!安倍は嘘ばかりついとる!(怒)」
          
    TVが嘘付いとるんじゃ???????!!!
    でも、TV層はやっぱりこうなってるみたいで、本当、この戦いはヤバい気がする!

    https://ameblo.jp/fantastic-future/entry-12319002785.html

  20. ササニシキ のコメント:

    期日前投票で自民党に投票をすませました。
    期日前投票って本当に良い制度ですね。

    小坪さんは一生懸命活動されていると思いますが、やはり自民党に関わる全ての人がそうだと思いません。
    都議選の時、私は自民党の議席を減らしたらいけない!と都内のどこにいても自民党の選挙カーと遭遇したなら「応援してますよ!頑張って!」と手を降ろうと決めていて、ある場所で手を振ったら、ウグイス嬢は答えてくれましたが候補者本人は携帯電話でお話し中。
    選挙カーに乗っている時に携帯電話なんてよっぽどな緊急の用事ならしょうがないけれど、あり得ないと思いました。
    その候補者は当選していました。次点の人と200票差で。
    私の選挙区の地道に活動している方は落選してしまい、凄くやるせなかった。
    また今回の衆議院選挙の初日には、たまたま自民党候補者の街宣に遭遇してお話しを聞きたいと思って近づいたら選挙スタッフが走って飛んできて「そこに自転車を置かないで」と言われ、そうだよねと思いながら道路の端に停め直したら「そこに停めないで。車の出入りする所だから常識を考えて!」と強い口調で言われて、他の人も見てるし恥ずかしくなって、もうその場から離れました。
    この場合は選挙スタッフの方は悪くないとは思いますが、もう少し口のききかたを考えてほしかった。
    1票の取りこぼしが無いようにと必死に活動されてる小坪さんから見てどう思われますか?
    私は安倍総理に頑張って欲しいから、自民党に投票しましたが、なんだか心が折れそうでした。
    ちょっと話しを聞きたかっただけなのになあ。

  21. 川崎哲治 のコメント:

    10/15の16:10から演説会あるというから30分かけて行ってみたら誰もいない・・・
    「小雨が降ったから仕事をサボる」という姿を自分の子供や孫に見せて
    それで恥ずかしくないのなら、当選する当選しないの前に人間としてどこか壊れてるよ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください