参院選、最終日。全ての同志に、お疲れさまでした。


 

 

令和元年7月20日、参院選の選挙期間を終えました。
各員それぞれの思いがあり、願いを込めて選挙を戦ったことと存じます。
候補・ご家族のみならず、支えた陣営の全ての皆様にお疲れ様でしたと言いたい。全国の同志に、深く御礼申し上げる次第であります。

どういう意図とでも御礼かと言えば、それは選挙を戦ったことへの御礼です。中には私とは違う形で、異なる党や場合によっては対峙する陣営を支えた方もいることでしょう。
そこに流された汗と涙に、その全てに御礼を申し上げるものです。

我が国の未来を決するのは選挙であります。
一つ一つの選挙結果は、時には大きな影響を国家方針そのもに与えますが、小さな積み重ねに過ぎないことがほとんどでありましょう。その「小さな積み重ね」の連続が我が国の”今まで”を作ってきたわけであり、そして”これから”を形作るのです。

我が国の将来を考え、考えたからこそ流された汗、
そこに対して、私は一人の政治家として、それ以上に一国民として
敬意を払うとともに深く感謝申し上げる次第です。

明日の21日は、新たに候補を支援するような投稿はできません。
投票日において方針に悩むことがあれば、(もしくは私が支援していた候補の情報が欲しいという方は)、過去記事をご覧ください。

本当に、皆様、お疲れ様でした。
選挙戦のダイジェストについて、さらっと報告させて頂きます。

 

 

 

【重点支援候補】

和田政宗(全国比例区)

安里繁信(沖縄選挙区)

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

暑かった。

東京でマイクを握った際のこと。
短い時間に上手く編集されておりますが、この時は本当にたまらなかったなぁ。
できるだけ上着を脱がなかったことは、私なりのプライドです。

(※ 下記の、過去のtweetについても、投票日はRTしないでください。選挙期間は終了しております。)

 

これって、見るだけなら簡単ですが、実際には相当に大変ですよ。
機材を抱えた広報さんが、かなりの時間を撮影しており、それを「物凄く考えて」編集しているのです。

長い長いデータを淡々と見て、様々な文言が重複しないように、少しでも見ている人に伝わるようにと思って作られたものです。

そもそも機材を抱え、誰かがついていないとこれは作成できないのです。

 

 

 

標旗や腕章の手配、こういうのも含めて相当に大変。

二つある標旗の一つを東京に配置していたと理解しておりますが、途中で別の県で使用することとなり、予定が大幅に変更されたり。
(そのため、篠原常一郎先生や、駈けつけてくれた笠間昇・綾瀬市議は街宣活動に参加できず、別の支援を担当して頂きました。)

現場は常にバタバタしており、様々な判断が各所であり、
悩むことや苦しむこと、目まぐるしく変わる情勢の下、
時に怒り時に悲しみ、時に笑顔、
そういうのも含め、選挙の良い思い出です。

 

この投稿は、ちょっと面白かった笑

 

 

まぁ、結論からいうと面白かった。

 

トラメガが手配できず(これの数も決まっている)
そのため、地声でやったわけですけれど、
人力選挙カーみたいな手法で、物凄く体力を使う。

あんまり見ないやり方だと思います。
(※ その分、めちゃくちゃ目立ったとは思う。)

 

最終的な結論から言うと、暑かった。
ぶっちゃけ、軽く熱中症になりました。

スーツの袖口から、湯気が出てるのを見たとき、ちょっとビビった。
体そのものがオーバーヒートしてるなぁ、みたいな。

(脱げよ!というツッコミはなしで。後で私もそう思ったのですけれど。)

 

 

 

雑感

特定候補の名前を出すことは避けますが、揉めそうだなって思う注目選挙区。

東京、自民現職(男性のほう)がピンチかな、という情報に触れたとき驚いた。
その場合は東京選挙区(6人区)だが、「①新党から維新に合流した候補」および「②深夜帯に放送されていた某番組のアイドル」の両名ともに当選することになる。

かなりの大物、自民現職(男性)には是非頑張って欲しい!と思いました。
逆に、ここが当選すると、①もしくは②の何れかは落選する結果になります。

 

あと、広島選挙区、兵庫選挙区は、禍根を残すのだろうなという戦況。

広島は、2人区に対して自民は2人目の候補を擁立したのだが、どちらかは厳しい結果になると言われており、公認選定については地元県連とねじれを生じるのではないかと指摘されている。

 

兵庫選挙区は、自民が厳しいという前評判。

選挙区で、自民議席が消滅する危険性があり、私の同志市議も複数いる選挙区ゆえ「マジか???」と驚いた。背景には、自民票を友党が食い過ぎたという指摘もあり、こちらも結果によっては禍根を残すと思う。

 

他の選挙区もざざっと見ているが、流石に全ては追いきれない。

明日は投票日ゆえ、特定候補の名前は出さないけれども、
「開票の際」には、上記の選挙区の結果は注目しておくと良いと思います。

 

末尾においても繰り返しておきますが、選挙期間は終了しました。
21日の投票依頼などは、公選法違反になります。

過去に投稿したSNSの投稿やBlog記事についても、新たに拡散したりすることはお控えください。

 

 

 

 

 

選挙を戦った全ての同志に

 

敬意を表するとともに、深く感謝いたします。

 

候補・ご家族、支持者の皆様、すべてに対し

 

心からお疲れ様でしたと伝えたく思います。

 

健闘を讃えあう人は、FBのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

10 Responses to 参院選、最終日。全ての同志に、お疲れさまでした。

  1. 匿名希望 のコメント:

    前回は日本のこころの中山候補、西村候補、自民の青山候補と迷いましたが、今回はすんなりと決まりました。

  2. 助さん、拡散 のコメント:

    小坪先生、お疲れ様でした。汗がスーツの下で水蒸気化して袖口から漏れ出るとは壮絶ですね。このお話は覚えておきたいと思います。再度、本当にお疲れ様でした。

  3. 星海入道 のコメント:

    お疲れ様でした。
    こちらもすんなりとどなたにするか決めました。

  4. NW のコメント:

    先ほど投票を済ませてきました。
    果報は寝て待て。
    寝てないで床屋にいく。

  5. 青空 のコメント:

    自民一択だと思いますが、何故支持率数パーセントあの野党が当選してしまうのか?
    選挙公約などで選んではダメだということが民主党を選んだ時にわかった。
    ですので、しっかりとした保守思想を持った行動力のある候補者を選びたい。今まで何をしてきたかが重要だと思う。ということで私はありむら治子議員を応援したい。

  6. azumaebisu のコメント:

    投票完了。たった今帰宅しました。

    今回は、

    ・全国比例区=衛藤晟一候補

    ・千葉選挙区=豊田俊郎候補

    に投票しました。

  7. 中道右 のコメント:

    選挙行ってきました選挙区はO氏比例区はW氏さてどこの選挙区でしょう??当方は自民以外の選択はありえません。w氏はかねがね思っていましたので共感しました。

  8. サウ のコメント:

    小坪市議、こんばんは。
    >スーツの袖口から、湯気が出てるのを見たとき、ちょっとビビった。
    読んだ私もビビりました(汗)。

    ともあれ、皆様、参院選お疲れ様でした!!

  9. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    前トピ続きにはなりますが比例区に関しては髭の隊長こと佐藤氏に
    投じる向きもありましたが政策上のこともあり和田氏に投じました。

    ただ選挙区に関しては諸事情によりN国に投じることとなりましたが…

  10. 広角打法 のコメント:

    そんな貴方に空調服

広角打法 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください