【政治のリアル】参院選、3日戦争に突入【我が国の未来を考える人はシェア】


 

 

選挙は、最後の3日で決まる。
それは当落が見えぬ候補らが、互いに仕掛け合う瞬間。

もしくは、きっちりと勝利の方程式を組み立てた陣営が、
最後のピースをはめるべく、後援会組織に最後の檄を飛ばす瞬間。

この3日間は、もっとも選挙区が動くタイミング。
そういう目で見ていると、様々なものが興味深く見えてくる。

特に地方選挙だと、最後の3日で当落がひっくり返ることも多々あり、
政治用語としては「3日戦争」と呼ばれる。

ここまで来ると、今まで決めていた方針を強く堅持し、
最後のアクセルを踏む感じ。
いずれの陣営を激しさを増し、ゴールに倒れ込むマラソンランナーのように
部隊は先鋭化していく。

無論、衝突も増える。
対峙する陣営だけではなく、味方の陣営同士でも喧噪が起きる。
Aさんは「あ」という案を提案、Bさんは「い」という案を提案、時間的にはどちからしか選択できない。もしくは「あ」「い」が反駁する案であることもある。
(例えば、落ち着いたトーンで少し穏便な演説にして欲しいという案と、どうせならガツンと激しく言って欲しいという案。)

ともに「勝ちたい」という強い意思をもつがゆえ、
ガツンと真っ向からぶつかったり、結果として後援会や支持母体が真っ二つに割れたり。
(対立陣営でそれが起きて、地滑り的にかつこともある。)

だから、終盤戦は面白い。
番狂わせが起きるから、ではない。
それを把握しているがゆえに、各選対が必死に動くのだ。

皆、目の色が変わる。
まさにナのつく、ジブリアニメの蟲の群れが一気に動くように。

 

 

私は、明日より上京する。

地元では、市政報告会を済ませた。
議会においても、かなり難易度の高い質問を無事に終えた。最終日は、動議を撃ち合ったうえで、しっかりと締めていった。
地元でなすべきことは、おえた。

3日戦争に身を投じるため。
ここからは、やりきるだけ。

和田先生の陣営に合流する。
その他、多くの同志らが集合する。

和田政宗、まだ当落ライン上とのこと。
本人がFB、Twitterで公開。
そんな感じかな、って気は私もする。

今回、自民の比例票は相当に割れる。
特に個別票は取り合いになっていて、ネット発の新党であったり、なんだかんだでイニシャルYの支持も強い。
いまやネットから影響を受ける層は相当に多く、今までは消極的に自民という人も多かったし、個別票(名前を書いてくれる人)は政治が好きな人が多いわけだけど、ここがごっそりやられてると思う。

若い議員や新人、期数の浅い候補にとっては、今回の参院選は大きな関門になるだろう。
着実に勝利をおさめ、我が国の未来に寄与する結果が出ることを強く希望する。

さて、荷物のパッキングを済ませてこよう。

 

 

 

【重点支援候補】

和田政宗(全国比例区)

安里繁信(沖縄選挙区)

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

12 Responses to 【政治のリアル】参院選、3日戦争に突入【我が国の未来を考える人はシェア】

  1. 東京都56歳 のコメント:

    >和田政宗、まだ当落ライン上とのこと。
    >本人がFB、Twitterで公開。
    >そんな感じかな、って気は私もする。

    そうなんですか。
    そうなんですね。

    比例区で
    自民党と記入投票することと、
    和田まさむねと記入すること、
    この違いが、
    この思いが届くように、
    ただただ祈るのみです。

    この期に及んで、
    まだ豹変を祈って、
    いや、夢見ていますが・・・

    最後は、
    安倍総理を信じるしか、
    それ以外の選択肢は無い、
    という結論に、
    限りなく近づいています。

    最後の三日間に
    なにが起こるか。

    今日明日に盛り上がるであろう、
    迷惑な隣国関係の報道は、
    ポジティブに作用するのか。

    ダメ押しのなにかが、
    安倍総理から発信されるのか。

    背中を押してくれる、
    なにかに期待しながら、
    注目しております。

    小坪さんも、
    和田さんも、
    応援しています。

    最後は、
    好きか嫌いか、
    あらためて、
    それが決定打になる、
    そんな予感がしてますので。

    小坪さんと百田さんが支持するなら。

    これ、重要ですよね。

  2. BLACK のコメント:

    消費増税実行の是非、または実行タイミングの是非はあるかと思いますが

    対韓国政策への支援、国防政策への支援
    安倍総理への支援、各大臣への支援と言う意味でも
    自民には良い結果を出していただきたいです。

    自民が、安倍政権が弱くなれば
    対韓国政策、国防政策も弱くなると言うことです。

    ここが正念場、と思っております。
    韓国に、結局弱腰に戻るのか、今までの対韓国政策にきっぱり決別出来るのか
    ここが分かれ道、と思っております。

    沖縄も、この選挙が正念場、と思っております。
    沖縄を、沖縄の県民を守れるのか否か
    (「日本国民として守れるのか否か」と言う意味ではありません。言葉のまま、そのままの意味です)
    ここが分かれ道、と思っております。

    和田候補、安里候補はじめ各候補と、小坪氏の一層のご活躍とその成果を祈念しております。

  3. 助さん、拡散 のコメント:

    小坪先生、”3日戦争”突入、ご健闘を祈念しています。当方、持てる”弾”は全て撃ち尽くしました。知り合いは皆、快諾してくれました。あとは、”和田まさむね”候補の当選をひたすらお祈りいたしております。

  4. 安倍応援団 のコメント:

    小坪先生 お疲れ様でございます。
    期日前投票で自民党の松山さんと比例で和田さんに投票してきました。
    自民党が大勝することを心から願っております。

    昨日17日に北九州市の選挙公報がポストインされていましたが、中を開封してびっくりしました。
    一瞬赤旗新聞かと見まがうほどで、一体どこから投函されたのか改めて見ましたが、やはり
    北九州市の選挙管理委員会からでした。因みに私は八幡西区在住でございます。

    一面にデカデカと比例代表は日本共産党と書かれていて、中面を見ると各政党も載っていますが、これは北九州市が共産党に一票をという思惑が見て取れます。
    多分そういう意図は全く無かったなどという逃げは用意しているでしょうが。

    普通一面には選挙へ行きましょうとか大事な一票ですとかならわかりますが、主人も帰って来て驚きと怒りで市役所にメールで抗議していました。それほどインパクトのあるものです。

    小坪先生も役所が共産党に汚染されていて、随分と頑張って戦っていらっしゃったのも知っていますので、北九州市の議員さんの横の繋がりがあればと思いコメントさせて頂きました。

    素人なのでわかりませんが、これは便宜供与とか公職選挙法違反にはならないのでしょうか。
    丸ごと選挙管理委員会などへ送りたいと思っても、たまたま共産党が一面になっただけと
    誤魔化されるのがオチな気がします。

  5. 学のない保守 のコメント:

    期日前投票行ってきました。
    投票先は言わずもかな。
    日本の日本人のためには
    最善であると判断したまでです。

    10%問題は闇の時代に造られた
    規定路線だと思っているので、
    財政面でも、来年以降に
    期待したいと思っております。

    先生はここから膨大なエネルギーを
    使われることでしょうね。
    少しでもプラスになるような
    幸運をお祈りいたします。

  6. 村木徹 のコメント:

    16日期日前投票に行きました。祈る気持ちで比例代表に和田政宗さんをフルネームで記入投票しました。今よりもよりよい未来を具体的に実現させるため、目を開き耳を澄ませ行動します。小坪先生に置かれましては何よりご自愛のことお願い申し上げます。

  7. ねこ のコメント:

    新潟が選挙区の自民党石崎議員が秘書に暴言吐いた記事影響出ないと良いけど

    不公平なのは、維新足立やすしも女性秘書に暴言吐いたり椅子を蹴るペットボトル投げつけ

    影響あるマスコミは足立の後ろ楯創価に配慮なのか取り上げない

    タックルでも維新には丸山ばかり取り上げられ足立は一切出てこないです。

    足立がNHK立花さんを目の敵にしてたのは足立こそ森友学園弁護士とズブズブだったからでしょう

    森友学園=維新が正しい

  8. ミカンの実 のコメント:

    最近なにかをしっかりと信じきるという事が難しくて、色々と心の揺れることが多いです。心が折れるほどではありませんが、なかなか苦しいものです。でも赤ちゃんの一歩一歩のように、確実に進んでいると思います。和田政宗氏ぜひ参院選当選してほしいです。家族で選挙権のあるものは和田政宗を書きます。8月に誕生日の高校生が、「選挙できなくて悔しい!」と言っておりました。まだ17歳だからかな?悔しさをずっと覚えていてもらいたいです。選挙権がどんなに大事なものなのか、いい加減に扱ってはいけないです。皆さん、特に若い方々、選挙に行きましょうね。選挙に書いた候補者が落選したとしても、それは決して無駄にはなりません。投票率の高さが、政治家を良い意味で縛りますから。

  9. 詠み人知らず のコメント:

    3日連続で、献金申し込みのメールがはじかれました。故障でしょうか?

  10. ちびにゃん のコメント:

    台風が心配という母と、7月18日期日前投票に行って参りました。「和田まさむね」先生に2票です。当選を祈念して、初コメント。

  11. 琵琶鯉 のコメント:

    16日に主人と期日前投票に行きました。当然、和田まさむね と書きました。

    本日、京都府でアニメ制作会社を狙ったテロがあり25人もの死者が出ました。犯人は何の縁もない人間で只、「パクりやがって!」と叫んでガソリンを巻き火を着けたそうです。
    第一報を知ったのが、ネットニュースの毎日新聞ネット版でした。名前は公表されておりませんが、毎日新聞が名前を伏せると言う事は、ひょっとしたら・・・・と思ってしまいます。ほかのソースでの報道を待ちたいです。

    京都アニメーションは良い作品を作る良質な制作会社だったのにとても残念です。

  12. いち助 のコメント:

    期日前投票に行ってきた。
    N国党に投票するつもりだったが、和田まさむねと書いていた。
    洗脳されてしまった。

ちびにゃん にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください