【許せないと思った人はシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】


 

 

どう思いますか?
私は、人の心をもたぬ奴だと思いました。

許せないと思った人はシェア。
おかしいと思った人はRTしてください。

 

 

昨日のアップはかなり遅い時間でしたので、ご覧になってない方は下記もお読みください。

【メディア連動の保守潰し?】保守系の女性地方議員(猟友会ポスターガール)児玉千明議員に、動物愛護団体(芸能人)が議員辞職を求める謎の事態【害獣駆除とペットは違うと理解できる人はシェア】

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 

反論できぬ自衛隊に、左翼がしたこと。

a

 

 

 

g

私は、このような活動に「反論できぬ自衛隊」に、
反論できぬことをわかってこのようなことをすること、許せません。
心を傷つけ、痛めつける以外の目的はあったのでしょうか。
甚だ疑問です。

何が言論の自由か。
ただの人でなしではないか。

日頃、守られる国民として何が恩返しできるだろうか。
許せないと思ったらシェア。
おかしいと思ったらRTしてください。
ひとつひとつの声は小さくとも、積み重ねれば世論を動かす。

物言えぬ自衛官に代わって
物言う政治家として、「おかしい。」と言いたい。

 

 

 

(ご報告と御礼)
F2の墜落事故を含め、議場で一般質問を行いました。
実際の、議会での質問原稿を投稿させて頂いたのですが、FBのイイネを6000も頂きました。
この数字は、確かな勇気につながると感じており、本件についてもプラスの効果を発揮するものと想定しております。

 

命懸けの訓練で、日本国民を守ってくれている自衛官たちに感謝する人はシェア

 

 

 

 

自衛隊への感謝の思い ? 過酷な任務
自衛隊の災害派遣がどれほど過酷な任務がご存じですか?
東日本大震災以降、自衛隊への信頼は日増しに増加しております。
しかしメディアの「報道しない自由」により、その多くの活動はトリミングされているのが実態。

■報道しない自由
事実、御嶽山の災害派遣においても「海外メディア」のほうが写真・質ともに上だと感じた。
スポンサーにパチンコ・スロットをもつメディアは、自衛隊への国民の信頼が邪魔なのだろう。彼らは歪んでいる。
ゆえに報じぬ、伝えぬ、なかったことにしてしまう。

皆様は、以下の写真をご存じだろうか。
陸上自衛隊の公式FBにてアップされている、御嶽山の救助風景である。
見たことがないのであれば、それは我が国の報道が歪んでいる証左に他ならない。
どれほどの感謝をもって、この姿に応えよう。

「報道せぬ自由」を行使してくるならば
このICTの時代、「私たちにはできることがある」し
「なすべきこと」がある。

彼らの姿に応えたいと思い、本エントリーを上梓する。
皆様が応えてくれると信じ、筆をとる。
「拡散」という言葉は似あわないが、FBでもtweetでもいい、
メディアが伝えぬなら、私たちが伝えればいいのだ。

我々にはできることがある。
そして、なすべきことがある。

【最終報】御嶽山における噴火に係る災害派遣について

9月27日(土)から続く御嶽山における噴火に係る災害派遣は、10月16日(木)18時15分長野県知事からの撤収要請により、撤収しました。派遣規模は、人員延べ約7,150名、車両延べ約1,835両、航空機延べ298機でした。
防衛省ホームページ(最終報)→http://www.mod.go.jp/j/press/news/2014/10/16b.html

写真:Facebook 陸上自衛隊 Japan Ground Self-Defense Force

10670179_879266892091299_4353733925035083813_n

10698441_868874823130506_315480884886315835_n

1013607_868306599853995_7887116734687678966_n

1972332_879266872091301_341021459904661640_n

 

 

 

もっとも信頼できないのは、メディア
我が国において、もっとも信頼できぬものは、いわゆる大メディアである。
これはアンケート結果でも如実に表れた。
そして世界広しと言えども、いずれの国でもあっても。
最も信頼を置くのは「軍」である。

なぜならば
国民が本当に危機に瀕した際、自らの命を投げ打ってでも
守ってくれる最後の盾が、軍だからである。
これは世界の一般常識だ。
国際法を紐解くまでもなく、ただの、当然の常識である。

この当たり前のことを政治家が口にできずして、何が政治家だろうか。
政治家よ、恐れるな、前に出よ。
ゆえに私は、これらの事実と、自らの思いをまず口にしたい。

自衛隊にありがとう、と。
常日頃よりの感謝を伝えたい。

左翼、及びそれらの集団、特に日本共産党(実態としては共産党 日本支部)こと、旧称:コミンテルン日本支部などは
「自衛隊は違憲だ」「殺人集団」「暴力装置」などと好き勝手に言っている。
私がこれが許せない。

いわゆる言論の自由というやつだろう。
思想信条の自由というやつもある。
ならば、同じく「言論の自由」を行使させて頂く。

私にも思想信条の自由がございます。
私は、自らの「思想信条の自由」に基づき
自衛隊の行動は正しいと考える。
「言論の自由」に基づき、これを発信する。

「護憲」を掲げる政党こそは、
もっとも憲法を順守すべきだ。
また他者に認められた憲法で保障された権利を尊重すべきだ。

護憲を掲げる日本共産党は、
憲法で保障された私の権利も守るべきだ。
外国人の権利より、日本国民である「小坪しんや」の権利を守ってくださいね?

国民よ。
左翼の横暴が許せないと声を挙げたい。
そして、自衛隊の奮闘。
ここに敬意を表したい。
共に、表したい。

本ブログは多くの自衛官も閲覧している。
地元に基地があるため、私自身も同級生に多くの自衛官を持つ。
同じく基地対策特別委員会にて副委員長を拝命していることもあり、いくばくかの知人がいる。

小さなことかも知れないが、このブログの上部・下部には「イイネ」「ツイート」のボタンが設置されている。
イイネの数は、数字で見ることができる。
私は、この数を彼らに見せたいと思う。
国民の声、支援の声として、見せたいと思う。
ちょっぴり笑ってくれると思うから。

頂いたコメントもそのまま見せようと思う。
だから、応援の声とか書いて欲しいなって思う。

 

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

 

政治家は戦うのが仕事。
物言えぬ自衛官を守るために、戦うことも仕事。
同じように「声を届ける」ことも仕事だと思う。

一つ一つは小さなクリックの数と。
頂いた思い・コメントを届けたい。
そう提案し発信することは、政治家の仕事だと思う。

応援したいと思ったらシェア!御嶽山における自衛隊の活動。
許せないと思ったらツイート!左翼の自衛隊への横暴。

 

 

FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

47 Responses to 【許せないと思った人はシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】

  1. 加藤 義浩 のコメント:

    我が精鋭たちに,深謝します.
    本当に,ありがとうございます.

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    日々、日本を守ってくださっている、陸自、海自、空自の皆様に、心からお疲れ様といいたい!そして、心からありがとうございますといいたいです。

    頑張れ!自衛隊!

    こういう情報は、日本国民全体に周知されるまで、1000回でも、10000回でも、いやいや、100万回でも、拡散されねばなりません!

    ですので、拡散!拡散!拡散!します!

  3. 波那 のコメント:

    日本国内で災害が起きると、いつもあらゆる装備を持って駆けつけて下さる、頼もしくて優しい隊員の皆様に感謝を申し上げます。心ない恥知らずの輩から、皆様の名誉は私達日本国民が守ります。

    自衛隊とは?自衛隊の活動内容は?

    自衛隊とは、1950年に誕生した警察予備隊に端を発する組織です。3つの自衛隊があり、様々な活動を行っています。給料は年功序列制で、官位によっても変わります。ただ自衛隊は憲法に抵触してるのではないか、という論争があります。自衛隊は今までに私たちに様々な貢献をしてくれています。しかし、自衛隊の実情を知っている人は意外と多くないのではないでしょうか?この記事では自衛隊の活動内容、階級や給料の関係、自衛隊を取り巻く論争についてまとめました。(一部省略 詳細は https://brave-answer.jp/16924/ )

    ブリタニカ国際大百科事典によると、自衛隊とは「日本の平和と独立を守り、安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対して防衛することを主な任務とする部隊及び機関」と定義されています。

    自衛隊は防衛省の管轄下に置かれ、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3種類に分けられています。

    自衛隊の始まりは、1950年の朝鮮戦争が勃発した時代まで遡ります。

    朝鮮戦争が勃発し、日本国内への波及や治安悪化への不安によって1950年に警察予備隊が組織されました。これが一般的に自衛隊の起源であるとされています。

    その後、サンフランシスコ平和条約や日米安全保障条約締結後の翌年に保安庁を設置しました。

    しかし、自国の防衛はアメリカの駐屯軍に任せるという規定で、保安庁はあくまで国内の治安維持が目的であり、日本国自体の防衛組織を確立するまではいきませんでした。

    それから日本政府は何回もの折衝の末、1954年に防衛庁設置法案と自衛隊法案を閣議決定しました。これが現在ある自衛隊です。

    自衛隊の活動内容は?

    自衛隊は、自衛隊法第3条第1項により「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる」と規定されています。

    自衛隊の活動は多種多様で多岐にわたり、陸上自衛隊や海上自衛隊でも活動内容は異なります。ここでは主に3つの活動について触れたいと思います。

    自衛隊の主な3つの活動

    災害派遣
    国際貢献
    国民生活との関わり

    1.災害派遣

    自衛隊の災害派遣は自衛隊法にしたがって行われます。

    例えば大地震による天災や大規模な事故等が発生した場合、各地の都道府県知事が判断して自衛隊の派遣を要請することができます。

    しかし、緊急の場合においては知事からの要請がない場合も出動できます。

    最近の災害では東日本大震災や熊本地震などが挙げれます。災害を受けた人々の救助た行方不明者の捜索、必要な人員や物資の輸送がニュースなどでも多く取り上げられました。

    2.国際貢献

    冷戦終結後、国際社会では国家同士による領土問題を始め、国家間同士でなく国内での民族や宗教等の対立よる武力紛争が後を絶ちません。

    1992年に国際連合平和維持活動に対する協力に関する法律、いわゆるPKO法が定められ、それ以後国連の規定に基づいて国際的な支援活動を行っています。

    ハイチ国連安定化ミッションを始めとして、イラク被災民救援空輸隊による人道的な国際救援活動や南スーダン国際平和協力業務などをに携わってきました。

    この中でも南スーダンの活動は現在も継続して行われています。

    3.国民生活との関わり

    国土防衛の名のもと様々な活動をしています。防衛省が出している防衛白書によると、自衛隊は地方公共団体や関係機関などかの依頼に基づき、様々な分野で民生支援活動を行っています。

    例えば不発弾の処理が該当します。

    また、地方との協力関係の構築を目的として、地域住民を対象とした防衛問題セミナーの開催や、在日米軍施設・区域周辺の住民と米軍関係者やその家族がスポーツや音楽を通して交流するなどの取り組みも行っています。

    自衛隊関係者の方から地域の方々へ寄り添って理解していただこうとしているのが分かると思います。

    自衛隊論争とは?

    日本では自衛隊の存在や運用に関して多くの議論を催しています。警察予備隊が設定された時代から現在も議論されている問題です。

    憲法9条第2項の「戦力の不保持」を警察予備隊や自衛隊は侵すのではないかという意見や、あくまで国際紛争を解決する手段としての戦争放棄であり、自衛のための戦力は放棄されていないとする立場など様々あります。

    したがって、憲法の解釈の仕方で意見が別れるため、自衛隊の存在自体の保証が曖昧なのです。

    自衛隊の存在

    憲法解釈で自衛隊の存在は問題になっていますが、私たちが生活の一部で自衛隊に支えられているのは事実です。

    自衛隊の様々な活動は自衛隊のみで行えるものではありません。国民一人ひとりの理解があってこそ可能となります。

    厳しい募集環境や雇用状態にある中で、より一層地域公共団体や関係機関の協力が不可欠になっていくでしょう。

  4. 匿名希望 のコメント:

    自衛隊のみなさんは災害時のみならず毎日のように急患輸送で出動しておられます。

    平成27年度
    4月 43件
    5月 15件
    6月 26件
    7月 50件
    8月 34件
    9月 36件
    10月 35件
    11月 30件
    12月 33件
    1月 51件
    2月 27件
    3月 39件
    合計 419件

    平成28年度
    4月 29件
    5月 34件
    6月 44件
    7月 44件
    8月 34件
    9月 39件
    10月 30件
    11月 31件
    12月 47件
    1月 32件
    2月 18件
    3月 27件
    合計 409件

    平成29年度
    4月 25件
    5月 32件
    6月 27件
    7月 25件
    8月 26件
    9月 35件
    10月 33件
    11月 38件
    12月 41件
    1月 46件
    2月 35件
    3月 38件
    合計 401件

    平成30年度
    4月 25件
    5月 30件
    6月 22件
    7月 29件
    8月 24件
    9月 26件
    10月 29件
    11月 30件
    12月 36件
    1月 25件
    2月 29件
    3月 –件
    合計 305件

  5. 匿名希望 のコメント:

    昨秋26年ぶりに発生した豚コレラは封じ込めに失敗しつつあるようですが、自衛隊のみなさんはこれらの災害派遣でも夜を徹して活動されておられます。
    http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/photo/disaster/tonkore/index.htm

  6. NW のコメント:

    災害派遣で人命救助を昼夜問わず行う自衛隊員たち。

    かたや、国会議場で居眠りをコク国会議員。国会で爆睡する国民民主党の後藤祐一と小熊慎司…

    世間一般の給与額を大きく上回る高給を得ておきながら、ゴールデンウィーク18連休を満喫していたのが野党。国会議員としての職務を放棄し、サボり続けた 。

    平成30年4月20日の衆議院 厚生労働委員会で自民党の国光あやの氏が質疑。通告してるのに法案提出者の日本共産党および野党が国会をサボるという前代未聞の事態に議会が混乱!公明党も怒る!

    こんな馬鹿どもに年収2200万+非課税で1200万、世界有数の厚遇。
    自衛隊員の給与をあげろ!

    【北の暴発あれば】渡邉哲也「液体燃料を注入始めたら2?3日以内に発射。既に嘉手納基地にはドラゴン・レディを4機配備。もし北がこれ以上、軍事挑発をすれば米国が軍事作戦を行う可能性も高い。現在、海と空だけで良ければ米国は十分に行動できる。夜間の暗い時間に安全に攻撃」

    対岸の火事ではない 2019/3/15

    ▼記事によると…

    ・北朝鮮の崔善姫外務次官は非核化をめぐる米国との交渉について、北朝鮮指導部が中断を検討していると明らかにした。

    ・平壌で外交団や外国メディアに対し語った。

    ・崔次官は「われわれは米国の要求に対していかなる形でも譲歩をするつもりはないし、そのような形の交渉は望んでいない」と語った。

    2019年03月15日16時17分
    ttps://www.jiji.com/jc/article?

    こんな危機迫る状況で革命老害の残骸と エセ日本人 を自衛隊は守らなくてはならないのか?
    こんな輩ははやく収監し島流しでよかろう。望む楽園へ送り届けてあげましょ。

    北朝鮮軍の南進か韓国軍の北進か、米軍の空爆か? 半島が日本国土へミサイル撃ち込むのか?
    きな臭くなってきた。
    こんな時は自衛隊に守ってもらう以外私達の生き伸びる術はないのだから、自衛隊に対して不敬を働くものはどんどん連行して教育すべし。

  7. スパーク のコメント:

    久々に5chをみましたが左翼のヘイトは放置で右翼保守はヘイトだと排除されていった結果
    完全に左翼にのっとられてますね。
    これも自民党の計算通りなんじゃないの?
    左翼を応援してきたのは他でもない自民党なのです。
    法律的に右翼、保守は排除して左翼を徹底的に守ってきたのが自民党ですよ。。

  8. LLLLL のコメント:

    彼等は暴力集団などの表現を使うが、実際その破壊的暴力を行った事がどれ程有るだろうか?
    かく言う彼等はどうか?
    災害派遣活動時でも文句を言い、冷たい飯を食わせ硬い地面で休ませる。自衛隊員だって人の子!温かい飯に柔らかい寝床の方が疲れは取れるだろう!
    疲れが取れればより捗ってより多くの人を助けられたかも知れない!?
    どちらが暴力集団と言えるのだろうか?
    (´・ω・`)

  9. k のコメント:

    自衛隊は他の行政機関と同様に、政府の一組織にすぎません。他の公務員と同じように、政治的な中立性が保たれねばなりません。なぜなら、国政の権威と権力は国民に由来するためです。そこには主義主張も権威もそれを煽る報道もない。これは自然なことです。

    国民や為政者が真に考えるべきことは、国民共同体の統一と発展です。有形の威力だけでは国防は成り立ちません。

    国家がもっとも信頼を置くべきは軍か?あるいはメディアか?それくらいしか浮かばないのなら大変残念です。あなたは、なぜ自分が議員の椅子に座れるのか、考えたことがありますか?貴方や他の議員の背後にある人々の良心を、もう少し重く考えた方がより多元的で建設的な思考になれると思います。

  10. 東北の日本人 のコメント:

    東日本大震災から8年が過ぎました。自衛隊の皆様、米軍の皆様に対し、被災地の人間として感謝しかありません。仙台は市長にとんでもない人を選んでしまうような目眩を起こし、愕然とするような所で仙台市民は正気か??と私もですが、実体を知る方々は皆様思ったことでしょうが、それは、○氏の実体を知らない人も実際に多いことも一因になっています。(前市長もかなり○○○○の方でしたが…。)なので、一般の殆どの人は自衛隊の方々に対して感謝と敬意を持っています。自衛隊の基地も多くありますし、普通に車で走っていれば、自衛隊の方々をお見かけすることも多々あります。その度に有り難さを感じます。恩を感じます。そんな自衛隊の方々に対して、暴言を吐く等あり得ないことなのですが、やはり、朝鮮人や中共、共産党の日本人ではない人が声が大きく、派手に活動する為に自衛隊の方々にはご無礼を働いているのですね…。
    しかし、東北に限らず、自衛隊の方々に助けて頂いた人達は皆、感謝し、尊敬の念を抱いていると思います。
    ですから、自衛隊の方々には堂々と胸を張っていて欲しいです。
    日本国民にとって、自衛隊の方々の存在は大きく、有り難く、尊敬する方々だと知っています。
    自衛隊の方々を批判する人は、大嫌いな日本に居座らず早く祖国に帰ってから反日に勤しんでもらいたいと常々思います。日本に居座り、日本の大切な自衛隊の方々を批判し、罵る等許せません!いえ、許されません??

  11. コン のコメント:

    右翼、左翼関係なくこのような運動は良いとは思えないと思います。人それぞれ思う事、考え方、思想はあるともいますがこれは日本人として、人としてやってはならないと思います。

    他のコメントにもある通り災害などでの救助活動や日本を守る為、日々頑張っている人をここまで言うのは良くない。

    自衛隊を批判してる人たちが代わりに被災地で救助活動や復興活動してくれますか?
    他国や武装勢力が国を攻撃してきた時、代わりに日本を守ってくれますか?

    しないし出来ないと思います。
    もし我々日本国民がこれらを全て出来るのであれば私は自衛隊は要らないと思います。
    けど出来ないから自衛隊の人達がいるのであって我々はその存在を否定する権利は無い。

    今後このような活動が活発になるならその活動をしてる人達は災害などで被災しても救助は自衛隊に頼らないでくださいね?
    他国や武装勢力が国を攻撃してきても自衛隊に頼らないで自分達で守って下さいね?
    自分達で武器を手にとって戦う事が出来るならいくらでも批判すればいい。
    出来ないなら出来ない立場なりの態度を取るべきである。

    自衛隊に対して様々な感情や考え方を持つ事は悪くはありません。憲法でも内心の領域に関しては自由ですがそれを外に表現した時は公共の福祉によって制限さ
    れる事を考えて行動、発言した方がいいと思う。

  12. No KOREA のコメント:

    自衛隊の方々には、感謝敬服します。しかし色々な考え方があります。自由です。真の政治家は多種多彩な意見を聞き取り纏めより良い方向へ導くのが仕事です。一方的に批判攻撃するのは如何なものか?資質にもんだいありかな。

    • ライカー提督 のコメント:

      しかし、むこうさんは、一方的に批判攻撃してきていますからね?反撃は必用ですよ。

  13. 名無し のコメント:

    あの非国民は、災害が起こったら自衛隊の支援を受けるな!どんだけ自衛隊員が頼もしいか!あいつらの行為は、優しさに唾をはく行為だ!同じ日本人として恥ずかしい!

  14. こう のコメント:

    左翼が色々騒いでいるのは日本が安全だから騒げるのだと思う。
    その安全を担っているのは自衛隊や警察官ではないでしょうか?
    国の安全を守りつつ泥臭い仕事もやっていただいている。

    道徳で国が守れる訳ではない。
    守る方々がいなければ資源を奪われたり侵略されたりするのだが左翼はそれを防いでくれるの?
    そうなった場合間接的ではあるが大きな被害があることを考えた事があるのだろうか?
    人殺しと言った奴もいるが武器の論点なら警察官も同じになる。
    この方々がいなければ無法地帯となり国として成り立たなくなるだろう。
    無法地帯となれば私も殺されるかもしれないが左翼も殺されてしまうかもしれない。
    それだけ安全を担っているということ。
    自衛隊も警察官もこの国の人々が当たり前に安全に生活できる環境を作っていただいていることを忘れてはいけない。

  15. 名無しの案山子 のコメント:

    自衛隊だけで無く、海上保安庁や警察(検察は?)や消防などの方々も日本を守る為に頑張っています。その他にも多くの日本人が日本の真実を知り、日本の為に立ち上がり戦う様になって来ています。

    この場をお借りして、日本の為に戦う人々に敬意を表し、感謝の言葉を述べたいと思います。

    日本の為に戦う皆さん、ありがとうございます。

  16. 小野塚 伊利 のコメント:

    私が一番許せない事、それは
    [反論出来ない相手]に対してまるで
    鬼の首を取った様な物言いをする事です
    それと同時にそう言う事を平気で出来る方々も
    同じです

  17. Kazuo Ishiduka のコメント:

    水と空気、安全はタダで手に入ると思う人が多い様で残念です。

  18. 愛国心を持つ者 のコメント:

    私の父は元海自出身、弟は現役海上自衛隊員。そして息子は空自パイロットを目指して学校で頑張っています。皆愛国心が強いです。彼らが尊敬をしてるのは母方の祖父で、祖父は大日本帝国海軍で軍艦乗りでした。祖父は寡黙な人で、戦争の事は何も語ることはしませんでしたが、亡くなる前に言った事は「国や家族を守る為に戦った事は後悔していない。日本は恥じるような事は何もしていない。日本は誇れる国だという事を忘れるな。」
    と言ってました。私は自衛隊を侮辱する人はゆるせないです。国を愛し国民を守り助ける事が罪と言う人達は人の心を持っていないと思います。

    • 波那 のコメント:

      >>「国や家族を守る為に戦った事は後悔していない。日本は恥じるような事は何もしていない。日本は誇れる国だという事を忘れるな。」

      涙が溢れました。ご立派なお祖父様だったのですね。だから、御家族の方達が尊敬されていて自衛隊に入隊されたのですね。国を守る自衛隊員になって頂いて感謝致します。

  19. ミカンの実 のコメント:

    予算的には難しくないと思うので、自衛隊員の方々全員の給料を2倍にして、特別の手当てを5倍くらいにして欲しいです。それから、こういうことはとても書くのは嫌なのですが、万が一勤務中に死亡した場合は、きちんと戦死者として、名誉を守ってしかるべきです。
    我が祖父は超傭兵として沖縄戦で戦死しております。決して人殺しをしたくて行ったのではありません。それはアメリカ兵も同じでしょう。自衛隊員が敵地にて亡くなった場合は、どういう扱いになるのかはっきりとしておかないと、いけないのではないのですか?
    信教の自由がありますから、靖国にきちんと祀られることを希望する自衛隊員に対しては、それを許すべきではないのでしょうか?
    また妨害行為をする方々に対しては、きちんと逮捕して刑務所へ入れてください。一般国民が迷惑です。

  20. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    現代では、自衛権は国連憲章に明文化されています。
    おパヨク様が愛して止まない、国連の憲章に明文化されて居る訳です。
    ですから、おパヨク様が自衛隊を批評するなら、同じく国連にも噛みつかないとならないのです。

    この事実を見て見ぬ振りして、都合良く国連を利用するおパヨク様は嘲笑に値します。

    もう少し詳しく説明しますと、国連では原則的に武力行使は禁止されています。
    それだけでは、ならず者国家のやりたい放題になってしまいますので、自衛権行使の範疇に於いて戦争が許されているのです。
    こう考えれば分かりやすいのですが、何があっても警察は発砲出来無いとなれば、暴力団は何も怖くないのでやりたい放題する様になるのと同じで、反撃される事を前提としておけば、それが抑止力になるのです。

    第一次世界大戦以前、開戦は国家の権利で戦争や武力の行使を禁止する国際規範はありませんでした。
    その代わりに存在した規範は、国境の不可侵性でした。
    一方で国境外から砲撃を加えられる様な場合に、何も出来なければ一方的にやられ損です。
    ですので、第一次世界大戦以前から自衛権行使による国境越えは容認されていました。
    考えて見れば、至極当然の話です。
    これは現在にも通用する事で(寧ろ、最近になるほど緩くなって来ている)、自衛権を行使して他国内の反自国武力グループを掃討するのは、当然の権利であり国家の責務なのです。

    一方で世界には軍を保持しない国があります。
    何故、軍を保持しなくても侵略され無いかと言えば、国際社会で侵略者のレッテルを貼られるリスクを背負って迄、侵略しても得るものが無いからです。
    国土は狭く、資源も無ければ、技術も無い国では、得るものが無いと言う訳です。
    差詰め、ホームレスのダンボール小屋に泥棒が入らないのと同じです。

    その他の例としては、イタリア国内の辺鄙な山にポツンと飛地で存在する小国サンマリノなどです。
    イタリア的にそんな所を侵略しても旨味は皆無で、サンマリノからすれば立地的にイタリアに守られている上、人口が非常に少ないので軍を保持する意味自体が無いのです。

    面白い例としては米国にとって要所中の要所である、パナマ運河を擁するパナマです。
    米国に謀反の疑いを掛けられると、米国に瞬殺されるので軍を保持する事が出来無い反面、米国によって手厚く保護されていると言う訳です。

    我が国は上記の何れの条件にも当て嵌らない為、必然的に軍の保持が必要と言う訳です。

    では、おパヨク様がこよなく愛して止まない、非武装中立国を見て見ましょう。

    ■アイスランド
    第二次世界大戦時、中立国として宣言し「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。
    しかし、戦争当事国であるイギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。
    1941年からは、イギリス軍に代わりアメリカ軍が駐留。
    戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として2000年までアメリカ軍が駐留。
    現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

    ■ハイチ
    非武装国家だったが故に、僅か一個大隊にも満たないゲリラに首都『ポルト・フランス』が制圧され、大統領は逃亡。
    “国家ごと制圧”されてしまった上に、現在は米仏軍の管理下にある。

    ■モルディブ
    1965年の独立以来、軍隊を保有してない国であったが、1998年にモルディブ国内の実業家の要請を受けた、スリランカの過激派組織『タミル・イーラム人民解放機構』によって侵攻を受けた。
    この事件は、インド軍の速やかな介入によって解決された。
    2006年に、国家保安隊を改組して『モルディブ国防軍』を創設している。

    ■ルクセンブルク
    建国時より非武装中立を揚げていたが、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻され蹂躙される。
    その後も継続して非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると再びドイツに侵攻され、蹂躙される。
    その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われた為、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が非戦闘地域への避難を余儀なくされた。
    その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し軍隊を所持。
    現在はNATOに加盟し活動している。

    ■ベルギー
    ベルギー王国は、第一次大戦開戦当時は永世中立国であったが、第一次大戦中フランスへの通り道という理由で中立国でありながら、ドイツ軍に蹂躙される。
    その経験から、一次大戦後に永世中立を廃止する事になったのだが、その後第二次大戦で何故か中立策をとることにした。
    今度は中立である事のみを盾にするのではなく、要塞を築いて軍事的にも他国の侵攻に備えたにも関わらず、またもドイツ軍に蹂躙されてしまう。
    そして、第二次大戦後はNATOに加盟し、中立を完全に廃止、軍事同盟を結んだ。
    嘗て永世独立を宣言し、しかも『他国の承認』を受けたにも関わらず、ベルギーは戦争に巻き込まれた。

    如何でしょうか?
    結果的に身の振り方を他国に委ねたか、非武装中立など捨て去ったかの二択です。
    要は非武装中立などと言う絵空事は、全く非現実的であったと言う事が実証されてしまって居るのです。

    そして、上記は子供でも理解する範囲の理屈でしかありません。
    つまりは、自国を守る軍人には敬意を表して当たり前と言う事です。

    この当たり前の理屈が理解出来無いのであれば、病院に行くなり裁判所から後見人を指定して貰った方が良いのではないでしょうか。

    • ライカー提督 のコメント:

      共産党は、公安監視団体です。アレフや○団や○連や暴力団と同じく。日本には不要且つ危険な団体です。

  21. 藤村 和寿 のコメント:

    自衛隊を国防軍として扱うべし
    併せて日本国の崩壊を狙う左翼どもは徹底的に取り締まるべし

  22. 那由多 (@4Nt9gXLnvnfJNJa) のコメント:

    何も言わずに傍観している者は賛成しているのと同じです。

  23. ソバ のコメント:

    自衛隊の皆様、いつもありがとうございます。今日も安心して暮らせるのも自衛隊や米軍の皆様
    のおかげです。日本の一番の問題点は大メディアです。彼らが共産党の自衛隊への仕打ちを報道
    しないので自衛隊が嫌いな日本共産党に投票する奴がいるのです。

    ただ大多数の日本人は自衛隊に感謝し本当に必要だと思っています。自衛隊が嫌いな日本共産党
    のジジババは日本のごく一部です。私の近所の駅でも憲法改正反対だとかなんかやっていますが
    全く相手にされていません。ほとんどの日本人は自衛隊の味方です。

    • ライカー提督 のコメント:

      共産党などの左翼は、特定アジアの手先です。だから、自衛隊が嫌いなんです。

  24. ソバ のコメント:

    自衛隊の皆様いつもありがとうございます。今日も安心して暮らせるのは自衛隊や米軍の皆様の
    おかげです。大メディアが共産党の自衛隊への仕打ちを報道しないので共産党に投票する奴が
    少なからずいて日本にとって大変迷惑な状況が続いています。

    ただ大多数の日本人は自衛隊に感謝して必要としています。自衛隊嫌いの共産党のジジババは
    日本の極一部です。私の近所の駅でも何か活動していますが全く相手にされていませんし
    私も無視しています。日本に必要ないのは日本共産党に間違いありません。

    最後にまともな日本人は自衛隊の味方です。
                                       

  25. 仁義礼智信 のコメント:

    自分の考え方に合わない人は皆左翼でひとくくりですか。価値観の多様性を平和と言うんじゃないですか。貴方の偏狭な物言いといかがわしい情報に吐き気がします。誰から金がもらえるのか知りませんが、市民の代表はお止めになった方が良いのではないですか。

    • 現実主義 のコメント:

      釣りかな?子供かな?価値観多様性w貴方ような人のせいで人が死にます。立派な人殺しですよ貴方

  26. 神無月 のコメント:

    反対を叫ぶ方々は、自身が被災した時に自衛隊の救助を断るのでしょうか?
    案外、早く助けろ!と声を荒げ、遅ければ罵るのでしょうね。

    私は、救助や復興でお世話になったことはありませんが、いつ東南海地震や関東地震が起きてもおかしくない状況ですから、お世話になることは確実です。

    その時は、心から感謝の言葉を伝えたいと思います。

    いい年をした3歳児(自己中心)が多くて困ります。
    .

  27. ソバ のコメント:

    すみません。同じような内容を2回送ってしまいました。

  28. krakow27 のコメント:

    たしかに、記事中の写真(イメージと言うべきか?)の通り、自衛隊員や基地の前で自衛隊の存在に対して抗議しているなら、日々過酷な訓練に励んでくれている自衛隊員に失礼だし、お門違いだと思う。もし自衛隊を無くしたいと考えているなら自衛隊基地の前じゃなくて国会前でデモをするべきだ。当たり前だけど、隊員の前でデモをしたところで、そこにいる自衛隊員たちの一存で自衛隊が解散するなんてことはありえないから。

  29. 山本勤 のコメント:

    自衛隊なくしてみれば?
    それでみんな文句言わねーで死ねるっつんだからさ。
    自衛隊の連中はざまぁみろって鼻で笑ってやればいいんだ。
    命かけて守ろうとしてるのが馬鹿らしいし、助けてやるだけの価値もない。
    正直俺ももと自衛隊いたけど面接のときほとんどの連中が家族や友人、知らない人でも守りたい、助けたいって必ず口にしてるし、テレビつければニュース見てるのがふつーだったし。
    一分一秒その一瞬を守り助けるために全力出してるのにその力ももってない連中が自衛隊の必要性語るならいっそお前らが国を守って見ろ。
    戦争になれば人殺しになるかもしれないし殺されるかもしれない。それすら覚悟して、それでも守りたいし助けたいって自衛隊してるんだ。その気のない左翼のくせに黙って守られてりゃいいきになりやがって

    • じた のコメント:

      うん、そういう風に真面目に頑張ってる人の心を潰してやる気をなくさせるのが、重要な目的の一つなんだ。
      こういうノイジーマイノリティの戦略は。
      当人にも応援しようと思う人にも、無力感を植え付ける。

      これは想像じゃない。
      某巨大掲示板で、日本を好きな人達がスレで情報交換をし対策を立てていると、いわゆる荒らしがやって来る。
      「荒らしが湧くのは良スレの証」なんて格言もあった。
      そういうのは、個人の暇人か、おかしな奴がやってるのだと思っていたら、実は業者だったのが発覚した当時、かなり昔だ。

      業者の広告には、仕事の紹介として、具体的な方法別のコースと値段が書いてあったりした。

      一番安いコースが、単純な嫌がらせ。
      暴言や無関係な長文を貼り付けて、情報を集めに来る人の労力を増やし、心身を疲労させる。
      スレが荒れていれば、新しい人も入りづらい。
      それは、簡単なのに非常に効果的だった。
      (そういう、見て気持ちの良くないコメントを排除して情報を読みやすくしたまとめサイトを彼らが目の敵にする理由はここにある。高い金を出して、あるいは自分の時間を使って荒らしてるのに、読みやすくされてしまうから)

      タフになろう。
      気持ち悪い奴らの事を考えてやる時間も勿体無い。
      彼らに囚われるのではなく、大事なモノの方だけを見て戦おう。

  30. 自衛隊頑張って?? のコメント:

    自衛隊隊員が、高度な訓練をして居ているから、安心して生活できているのが、分からないのかな?
    反対運動している人は、世界が、安全と思っているのでは?
    ロシアは、北海道を狙っているし!中国は、尖閣諸島から沖縄を狙っている。韓国は、日本を攻め込もうとした経緯がある。それを知っているのか?
    例えば、近所に、武装した強盗が居るのに、金持ち喧嘩せずで、無事に居れるのかな?是非やってみて欲しい、後悔したときは、既に遅いけど。

  31. 保安関係者 のコメント:

    有事の際に真っ先に助けを求めてきて、自分が一番早く助かりたいがために、「なんで優先して助けないんだ!税金払ってるだろ!」と顔を真っ赤にして言うまでが定例です。
    戦争や災害は遠い国のことだとたかをくくってる平和ボケを代表する者達です。

  32. じた のコメント:

    投稿したらエラーが出たし、あまりに長すぎたので書き直してたら、時間をおいて反映されてた。
    なんか恥ずかしい。

    まあ、コチラがニコニコできるだけで、奴らは悔しくて悔しくて憤怒の炎に焼かれる程なのだから、タフにクールに、かつユーモアを持って、大事なモノの方だけを見て戦おう。

  33. 自衛隊ありがとう のコメント:

    左翼のネズミたちよ!お前らは人間のクズだ!自衛隊が気に入らないなら、無人島でも暮らして一人で生活してみろ!共産党のゴミ集団にはどんな災害があろうとも誰も相手にしないから。思い知れ!いっそ中国か北朝鮮にでも亡命したら????????

  34. 佐々木茂樹 のコメント:

    私の息子も今年の春から自衛隊員になります。もうすぐ二等陸士として着隊します。どうか皆さん国防の任務を職業に選んだ彼らを温かい目で見てあげてはいただけませんか?

  35. 市村克行 のコメント:

    反対する方々の中には、主婦・高齢者がいますが、意味がわかって反対運動に参加しているのか甚だ疑問を感じます。こういう事をテレビやマスコミで報道しないから、彼らは付け上がるのではないでしょうか。はっきり言って日本人の恥さらしのなにものでもないのでは?

  36. りちゃ のコメント:

    誤:左翼の妨害
    正:敵国中国の工作員による戦闘行為(内政攪乱)

  37. 宮崎マンゴー のコメント:

    自衛隊の皆様、いつもお疲れ様でございます
    。皆様の御活躍に感謝申し上げます。

    以前、知覧の平和記念会館にて特攻隊の方々の御写真と直筆のお手紙を拝見させていただきました。若き隊員の方々の出撃前の食事される御姿、出撃前の別れの盃の御姿は寡黙で在られ、その眼差しの向こうには、残され来られた御家族や大切な人への想い、日本やアジアの平和を背負われる任務の重さを感じ、その深き心臓の鼓動が伝わり来るかの様でございました。国旗への寄せ書きの御言葉は、力強く、日本男児の気迫冴え感じられました
    。お一人お一人の凛々しい御顔、したためられた直筆の御家族へのお手紙には、その場にいらした皆様は涙と我慢出来ない嗚咽をハンカチをあてられておられました。会館を出られる頃には、誰もが泣き腫らされておられました。

    片道だけの戦闘機は、想像以上に軽い金属素材で…この戦闘機に乗られた隊員の御姿を想いを馳せ、涙がこぼれてしかたありませんでした。尊い崇高なる我が日本の先人の皆様へご冥福をお祈り申し上げました。

    帰り、我市の陸上自衛隊駐屯地の近くを通りました時…何故か再び胸が熱くなりました。

    日々、厳しい訓練のもと様々な任務を遂行される自衛隊の皆様は、日本と民の守り人!
    で在られましょう。
    そして、我々国民の多くは、自衛隊の皆様のご無事を案ずる祈り人!となりましょう。

    自衛隊の皆様の御活躍の報道は目立たず、一部の不祥事を起こす、任務を忘れ外れた自衛隊の愚か者へはここぞとばかりに批判批評の報道、挙句は学歴等をもあげ…哀しき我が国のマスコミのやり方でございます。

    けれども、国民の多くはそんなマスコミ報道をよそに自衛隊の皆様をしっかりと見守り存じ上げております。どんな苦境に立たれ様とも、あの日あの時のお一人お一人の初心を忘れないでください。皆様が自衛隊へと旅立たれた時に見送られた御家族の温情を背中に踏み出された一歩を糧に、これからも正々堂々と任務へ邁進されてくださいませ。

    日本人としての執念を見せて下さい。
    皆様は、日本の宝です!日本の誇りです!

    くれぐれもお身体お大切にされてくださいませ。ありがとうございます。祈

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください