【許せないと思った人はシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】


 

 

どう思いますか?
私は、人の心をもたぬ奴だと思いました。

許せないと思った人はシェア。
おかしいと思った人はRTしてください。

 

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 

反論できぬ自衛隊に、左翼がしたこと。

a

 

 

 

g

私は、このような活動に「反論できぬ自衛隊」に、
反論できぬことをわかってこのようなことをすること、許せません。
心を傷つけ、痛めつける以外の目的はあったのでしょうか。
甚だ疑問です。

何が言論の自由か。
ただの人でなしではないか。

日頃、守られる国民として何が恩返しできるだろうか。
許せないと思ったらシェア。
おかしいと思ったらRTしてください。
ひとつひとつの声は小さくとも、積み重ねれば世論を動かす。

物言えぬ自衛官に代わって
物言う政治家として、「おかしい。」と言いたい。

 

 

 

自衛隊への感謝の思い ? 過酷な任務
自衛隊の災害派遣がどれほど過酷な任務がご存じですか?
東日本大震災以降、自衛隊への信頼は日増しに増加しております。
しかしメディアの「報道しない自由」により、その多くの活動はトリミングされているのが実態。

■報道しない自由
事実、御嶽山の災害派遣においても「海外メディア」のほうが写真・質ともに上だと感じた。
スポンサーにパチンコ・スロットをもつメディアは、自衛隊への国民の信頼が邪魔なのだろう。彼らは歪んでいる。
ゆえに報じぬ、伝えぬ、なかったことにしてしまう。

皆様は、以下の写真をご存じだろうか。
陸上自衛隊の公式FBにてアップされている、御嶽山の救助風景である。
見たことがないのであれば、それは我が国の報道が歪んでいる証左に他ならない。
どれほどの感謝をもって、この姿に応えよう。

「報道せぬ自由」を行使してくるならば
このICTの時代、「私たちにはできることがある」し
「なすべきこと」がある。

彼らの姿に応えたいと思い、本エントリーを上梓する。
皆様が応えてくれると信じ、筆をとる。
「拡散」という言葉は似あわないが、FBでもtweetでもいい、
メディアが伝えぬなら、私たちが伝えればいいのだ。

我々にはできることがある。
そして、なすべきことがある。

【最終報】御嶽山における噴火に係る災害派遣について

9月27日(土)から続く御嶽山における噴火に係る災害派遣は、10月16日(木)18時15分長野県知事からの撤収要請により、撤収しました。派遣規模は、人員延べ約7,150名、車両延べ約1,835両、航空機延べ298機でした。
防衛省ホームページ(最終報)→http://www.mod.go.jp/j/press/news/2014/10/16b.html

写真:Facebook 陸上自衛隊 Japan Ground Self-Defense Force

10670179_879266892091299_4353733925035083813_n

10698441_868874823130506_315480884886315835_n

1013607_868306599853995_7887116734687678966_n

1972332_879266872091301_341021459904661640_n

 

 

 

もっとも信頼できないのは、メディア
我が国において、もっとも信頼できぬものは、いわゆる大メディアである。
これはアンケート結果でも如実に表れた。
そして世界広しと言えども、いずれの国でもあっても。
最も信頼を置くのは「軍」である。

なぜならば
国民が本当に危機に瀕した際、自らの命を投げ打ってでも
守ってくれる最後の盾が、軍だからである。
これは世界の一般常識だ。
国際法を紐解くまでもなく、ただの、当然の常識である。

この当たり前のことを政治家が口にできずして、何が政治家だろうか。
政治家よ、恐れるな、前に出よ。
ゆえに私は、これらの事実と、自らの思いをまず口にしたい。

自衛隊にありがとう、と。
常日頃よりの感謝を伝えたい。

左翼、及びそれらの集団、特に日本共産党(実態としては共産党 日本支部)こと、旧称:コミンテルン日本支部などは
「自衛隊は違憲だ」「殺人集団」「暴力装置」などと好き勝手に言っている。
私がこれが許せない。

いわゆる言論の自由というやつだろう。
思想信条の自由というやつもある。
ならば、同じく「言論の自由」を行使させて頂く。

私にも思想信条の自由がございます。
私は、自らの「思想信条の自由」に基づき
自衛隊の行動は正しいと考える。
「言論の自由」に基づき、これを発信する。

「護憲」を掲げる政党こそは、
もっとも憲法を順守すべきだ。
また他者に認められた憲法で保障された権利を尊重すべきだ。

護憲を掲げる日本共産党は、
憲法で保障された私の権利も守るべきだ。
外国人の権利より、日本国民である「小坪しんや」の権利を守ってくださいね?

国民よ。
左翼の横暴が許せないと声を挙げたい。
そして、自衛隊の奮闘。
ここに敬意を表したい。
共に、表したい。

本ブログは多くの自衛官も閲覧している。
地元に基地があるため、私自身も同級生に多くの自衛官を持つ。
同じく基地対策特別委員会にて副委員長を拝命していることもあり、いくばくかの知人がいる。

小さなことかも知れないが、このブログの上部・下部には「イイネ」「ツイート」のボタンが設置されている。
イイネの数は、数字で見ることができる。
私は、この数を彼らに見せたいと思う。
国民の声、支援の声として、見せたいと思う。
ちょっぴり笑ってくれると思うから。

頂いたコメントもそのまま見せようと思う。
だから、応援の声とか書いて欲しいなって思う。

 

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

 

政治家は戦うのが仕事。
物言えぬ自衛官を守るために、戦うことも仕事。
同じように「声を届ける」ことも仕事だと思う。

一つ一つは小さなクリックの数と。
頂いた思い・コメントを届けたい。
そう提案し発信することは、政治家の仕事だと思う。

応援したいと思ったらシェア!御嶽山における自衛隊の活動。
許せないと思ったらツイート!左翼の自衛隊への横暴。

 

 

FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

55 Responses to 【許せないと思った人はシェア】自衛隊に対する左翼のやり方【がんばれ!自衛隊!】

  1. 日の丸弁当 のコメント:

    自衛隊は日本の誇りだと思います。
    左翼は人間の屑だと心底思いますし、屑に相応しい惨めで朝鮮人のような生き様だと思います。

    • マルタ のコメント:

      言いたいことは分かるがこの国は言論の自由が認められてるので屑だとか半島に帰れとかは言っちゃいけません
      自衛隊が現行憲法に合致してないのは間違いではないのだから
      レッテル張るとパヨクと同レベルになっちゃうぜ
      理知的な人間には分かるはずです、災害等の危機的な状況で自らの命を懸けて国民を助けてくれたのが誰だったのかを
      隊員達が反論出来ないのなら見つけたときに代わりに言い返してやりゃ良いんだ
      口だけのお前らなんか一般市民は必要としてないって

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、自衛隊に対する左翼のやりかたをとりあげていただき、ありがとうございます

    こういう大切な情報は、日本国民のDNAに刻み込まれるまでなんどでも、1000回でも、10000回でも、いやいや、、10年でも、反復して発信していただきたい!につきます。

    あらためて、陸自・海自・空自の自衛隊の方々が日々、日本を守ってくださっていることにたいして、心からおつかれさまです!そして、心からありがとうございます!といいたい。

  3. ?特亜・嫌狂左翼 のコメント:

    糞左翼共はこういうのを観ても何も思わないのだろ。
    阪神大震災でも救助活動を妨害したのは今の社民、共産とその支持者共。今後災害が起きても連中を助ける必要は無いし、助けたくもない。

    「たった一つの想い」被災地の最前線 (YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=6lxORPJnRSg

    航空自衛隊 空飛ぶ広報室 Contrail(ニコ動)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm21346467

    自衛隊救助の記録【PV的MAD】take3(ニコ動)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17492969

    本来なら3.11に合わせて紹介しようと思っていたけど、あまりにも腹が立つので紹介。

  4. ?特亜・気狂い左翼 のコメント:

    糞左翼共はこういうのを観ても何も思わないのだろ。
    阪神大震災でも救助活動を妨害したのは今の社民、共産とその支持者共。今後災害が起きても連中を助ける必要は無いし、助けたくもない。

    「たった一つの想い」被災地の最前線 (YouTube)
    youtube.com/watch?v=6lxORPJnRSg

    【MAD】航空自衛隊 空飛ぶ広報室 Contrail(ニコ動)
    nicovideo.jp/watch/sm21346467

    自衛隊救助の記録【PV的MAD】take3(ニコ動)
    nicovideo.jp/watch/sm17492969

    本来なら3.11に合わせて紹介しようと思っていたけど、あまりにも腹が立つので紹介。

  5. NW のコメント:

    自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでくださいー阪神大震災での辻元清美の言動を忘れるな!!  

    阪神大震災時には、自衛隊より先に現地入りした辻元清美は、被災者に下記のようなビラを配りました。

    社会党の村山政権のために、自衛隊の出動が遅れ、犠牲者が増大したのは周知の通りである。

     危機管理意識も能力も無い元赤軍派帰化日本人・辻元清美が災害ボランティア担当の首相補佐官とは、呆れてものが言えない。
    「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料を受け取らないでください。」
    「ひもじくても我慢しましょう!」
    「お腹が空いても我慢しましょう」
    「自衛隊から食べ物をもらってはいけません」
    「ミルクがなくても我慢しましょう」

    と書かれたビラを配っていたことを忘れていません。忘れてはなりません。(南木)

    東北大震災
    何を血迷ったのか。枝野幸男官房長官は13日午後4時50分からの記者会見で、元国土交通副大臣の辻元清美衆院議員を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命したと発表しました。

    それにしても、阪神大震災といい、今回の東北大震災でも、左翼亡国政権下で発生するとは皮肉なことだ。 以上http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-3390.htmlよりコピペ

    村山富市 ?  初動の遅れの言い訳に「TV見て知ったもんで」危機管理ゼロ     
            【払拭不可】被災者を見殺しにした閣僚【社会党=民主党】
             http://ddh1101.blog28.fc2.com/blog-entry-379.htmlよりコピペ

    拉致問題より北朝鮮への支援が先と言った無策の村山元首相の阪神大虐殺の記録、
    安倍晋三首相の戦後70年談話に対して、ケチをつける

    村山元首相の阪神大虐殺の記録です。【拡散希望】
    総理秘書には、共産同戦旗派(荒派)が1名、社青同解放派1名が属していた 。
    救助活動よりも、一般人に道路に優先使用権を与えて、わざと救助活動を出来ないようにしたり
    自分が自衛隊が嫌いだという理由で、故意に自衛隊の災害出動を遅らせました。
    阪神淡路大震災での無策
    韓国より遅れて対策本部作った村山、ダイエーより対処遅れた村山

    人命救助のヘリの着陸は禁止しておいて、自分が視察の時には陸上競技場にヘリで降りた村山
    米軍の援助断って被災者見殺しにした村山
    記者になんども現地入りを促されても突っぱねて逆切れの村山
    被災者を見殺しにした村山元首相の阪神大虐殺の記録Youtube

    村山富市内閣当時の
    総理秘書には、共産同戦旗派(荒派)が1名、社青同解放派1名が属していた

    救助活動よりも、一般人に道路に優先使用権を与えて、わざと救助活動を出来ないようにしたり
    自分が自衛隊が嫌いだという理由で、故意に自衛隊の災害出動を遅らせました。
    阪神淡路大震災での無策で国民からそっぽを向かれたのが原因だとばかり思ってましたが。

    あの時アメリカ軍は空母まで派遣してくれたのに、村山総理はなにもしませんでした。
    自衛隊にも指示が何も来なくて、命令違反ギリギリで出動したのです。
    あの地震以来、国民の自衛隊に対する信頼感が生まれました。
    最後まで国民を守ってくれるのは、やはり自衛隊しかないと。

    国益国防に重要な
    審議拒否、妨害を繰り返す 
    社会共産主義者
    立憲民主党他旧民主党+日本共産党
    この者たちは私たち
    日本人の生命と財産を
    奪い利用し脅かしている。
    次期選挙では絶対に落選させよう、
    国会から追放しなければ、
    救える命も救えない。

    • 西郷 のコメント:

      思い出す度に「吐き気を催します。」 村山富市は【殺人鬼】だ。

    • NoName のコメント:

      立憲民主党、共産党が要らない政党、政治家の寄り合いなのは同意です。他にも要らない政党、政治家は沢山いますよね。
      奴らに税金が無駄に配布されていると思うと腸が煮えくりかえります!

    • やましろや のコメント:

      阪神淡路の時、自衛隊と消防は大活躍でしたね。

      それに引き換え、おまわりは全然見かけませんでした。奴らどこで遊んでいたんだろう、、

      おまわりに比べれば、民間人のバイクの方が縦横無尽の活躍でした。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      六衛府さんのモーメントです。
      皆様、是非とも御覧になって下さい。

      政治から見た阪神淡路大震災の教訓
      https://twitter.com/i/moments/1008868780955480064

  6. 井手崇聖 のコメント:

    右翼とか左翼とかの問題では無いですよ。
    人道、人としてどうなのか?そういう問題だと思う。
    一所懸命に身を粉にして善意を行なってる者に対して、このような振る舞いはとても残念でならない。
    日本人としてとても恥ずかしく思う。

  7. hrmt のコメント:

    日本の自衛隊は優秀です。
    災害が多い我が国のサンダーバードです。
    最近特に目に余る特亜の国々は憲法9条が足枷となっているのをいいことにやりたい放題です。
    優秀な自衛隊が誇りをもって活動出来る様に憲法を改正しなくてはなりません。

  8. 太郎冠者 のコメント:

    そもそも、台湾から送られた200億の義援金って一体、何所にいったんだ?サッパリわからないんだが?

  9. まさ のコメント:

    左翼はカスだ、糞だ、といった発言は、
    自衛隊はカスだ、糞だ、という発言と
    同じ本質だ。

    何も言えない自衛官をカッコいいと思う。

  10. 俵口 環 のコメント:

    自衛隊が存在している今だからこそ、他国に侵略されず、何とか国体を保って要られる。警察と消防だけだったら、とっくに、尖閣や、竹島で治まってはいないはず。昼夜問わず、猛暑酷暑、極寒の中、我が国の財産と生命を守る為に、その命を国に預けている自衛官の皆さん方。頭をいくら下げても足りない位です。そんな、自衛隊を侮辱する行為、人々、日本人として、軽蔑、怒りしか有りません。そんな人々は、我が国から出て行けば良いのではないでしょうか?違憲だとか、何とか言われながら、一生懸命、我が国、国民の為に日々厳しい訓練をし、要請がかかれば、災害派遣に、危険な環境の中、国際貢献にと、御自分の家族を残して出動しなければならない。どうか、怪我等々無いようにと祈るばかりです。自衛官の皆さん方が1番良く理解しておられます!戦争をしてはいけないと!自衛隊反対と言う前に、今一度、我が国を取り巻く世界の情勢を考えてみては如何でしょうか?自衛隊反対などと、言ってる場合では無い事が理解して頂けると思います。

  11. 西郷 のコメント:

    絶対に許せない!
    特に【自衛隊員の子息】を【人殺しの子供達】だと【左翼クソ教師】が扇動して【学校での虐め】を、子供達に使嗾しけしかけた事!鬼畜の所業である。

  12. Kashiwagi.g のコメント:

    自衛隊を英雄だ、日本の誇りだと特別扱いする気持ちの強さを感じるね。自衛隊に行動に自由は無い。国民が勝手は事はさせない。駄目な事は駄目。あなたは腹のどこかではそれを全部ちゃぶ台返しにして構わないと思っている人だからから、ああいう人たちの事もいとも容易く左翼だなんだとレッテルをはれるんだろうね。

    • 西郷 のコメント:

      借問する。【あの人達】とは誰の事かな? 教師と言う地位を利用して今で言う【パワハラ三昧を縦にする糞鬼畜人でなしパヨク日教組教師】の事かな?

  13. はーばー のコメント:

    自衛隊の方々には言い表せない程感謝しています。特に去年は災害が多く、それだけ自衛隊の活躍も多かったですよね。仕事といえども自らのことは二の次三の次で、国民のピンチには身を挺して我々を救ってくださる。自衛隊を叩くパヨ連中にはそんなことできないでしょう。平和主義を謳いながら好戦的に自衛隊バッシングをするなんてダブスタ甚だしくて腹立たしいことこの上ない!

  14. ケイン濃すぎ のコメント:

    声の大きい方達がどうしても目立ってしまいますが、
    大丈夫。
    日本國に普通に暮らす一般庶民の私たちは、声は小さいですが、
    ちゃんと見ております。
    本当に感謝しております。

    私たちが日々仕事をし、
    親に感謝し、子供を育てられるのは
    皆さんのお陰であると思っております。

    今後とも、世界一誇れる集団であり続けてください。

  15. あかうお のコメント:

    昨年の夏、西日本豪雨災害の復興ボランティアに参加しました。
    自衛隊が派遣され、我々では難しい過酷な部分を担当してくれました。
    気温40度を超える灼熱の炎天下の作業。
    水を飲んでもらおうと渡しても、やんわりと辞退する若い隊員たち。
    規律正しく、傍目に見ても惚れ惚れとする方々でした。
    そんな中、自衛隊と住民のトラブルも見ました。
    それは、今回の記事の様な反自衛対活動ではないのですが、
    『なんでウチの作業は手伝ってくれないの!?』という御婦人の罵声。
    隊長らしき方が、私有地は作業できないんです、と謝罪されており
    自治会長が仲裁に入って、我々一般ボランティアが代わりに入りました。
    被災者である御婦人の言い分は分からないでもないのだが、
    自衛隊は無料の便利屋じゃないんだよ、と思った出来事でした。

  16. ミカンの実 のコメント:

    阪神・淡路大震災では本当にお世話になりました。
    マスコミのみを信じることはとても危険だと、その時にしっかりと感じましたよ。
    消費税を上げるのなら、自衛隊員の給料を大幅にあげてください。
    せめて二倍は出してあげてください。
    そして、きちんと表彰の制度をお願いいたします。
    名誉もしっかりと回復させてください。
    日本国のすべての議員さんにお願いいたします。
    自衛隊に対するヘイトとヘイトスピーチを禁止する法律もお願いいたします。
    自衛艦の士気を貶めることを災害などの有事ですることは、
    日本国民を傷つけることになり、同じ災害に遭ったマジョリティーの方々をも危険に晒す行為です。また敵側をも利することになります。
    法律は大事です。
    言葉や文章には言霊が宿ります。
    どうか日本国の議員の皆様、お願いいたします。

    • ミカンの実 のコメント:

      訂正 自衛艦→自衛官

      • ミカンの実 のコメント:

        訂正
        自衛艦→自衛官
        マジョリティー→マイノリティー

        何度も間違えて?ごめんなさい。
        (泣きながら書くと字が読めなくなって大変です。)

    • ミカンの実 のコメント:

      訂正 マジョリティー→マイノリティー

  17. 日本大好きっ子 のコメント:

    実際、この場に遭遇してしまったら余りの異様さに立ちすくんでしまうかもしれません。
    彼らに何か言って自分の身に何かあったらどうしよう、つけられて家族に何かされたらどうしようと心配になって何も批判できないと思います。
    だからせめて、自衛隊の方々には「ありがとう!」と大きな声で感謝を述べたい。
    その一言でもしかしたら居合わせた誰かも有難うって言ってくれるかもしれない。
    何もできないかもしれませんが、そんな小さな声でも支えになりますよう力を尽くしたいと思います。罵倒よりも感謝、その声がいつかもっと大きくなるといいですね

  18. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、いつもお疲れ様でございます。
    ありがとうございます。

    自衛隊の皆様のこれ迄の数々の御活躍に触れない我が国のマスコミ等…虚しすぎます。

    泥だらけ、汗まみれ、傷だらけ、不眠の中、
    寡黙に任務遂行される自衛隊の皆様の御姿は、我が国の宝で在ります。

    日本の平和を命がけで護られる御姿、お一人お一人に「感謝」「誇り」のバッジ、メダルが在りましたなら、差し上げたく存じます。

    自衛隊任務を三世代に見守り、留守を預かる
    御婦人を存じております…

    たまにしか帰省出来ない我が家に於いても、
    良き父、良き夫、良き息子でいらっしゃり
    滞在中は、家族を大切に過ごされ、次の任務へ向かわれるそうです…見送られる御家族の
    想いは、心配で胸がいっぱいになられるそうです。それでも、日本の防衛と平和の為出向かれる背中へ、家を後にされる御姿へ、任務のご無事を願われるそうです。
    我々が伺い知る事の出来ない、自衛隊の皆様の御家庭の静かなる心ある御支えがあるという真実が、自衛隊の皆様の力の源になっておられるのかもしれません。

    民は、正しい見極めをしておりますよ。
    自衛隊の皆様の尊き存在、命がけの御活躍があってこそ、今が在るのだということ。
    感謝しかございません。

    その自衛隊の長が、内閣総理大臣安倍晋三氏です。自衛隊の皆様のこれ迄の軌跡、現状の過酷さ、苦しみの声を誰よりも分かち合って下さり、立ち上がって下さっていらっしゃると存じます。

    現実、現場の苦労!日本の厳しき状況を知らない外野に、負けないで下さい。

    世界で何位?かということより、日本を日本の民を御守り下さいます様、又、日本の力を
    必要とされている弱き国に手を差しのべて下さる武士道日本の正義の皆様で、任務へ向かわれて下さいませ。

    救われる命、貴方がたの救出を待ち望む民を
    決して見過ごさないで下さい。ここに弱者の声をお伝え申し上げます。

    いつもありがとうございます。 祈り

  19. 花札大統領 のコメント:

    これは僕の個人的な考えですが、政治や経済について正しく考えるには、それに必要な思想の総量というものがあると思います。
    その総量とは、自由主義(資本主義・人権など)・友愛主義(愛国心・博愛精神・公共心・民主主義・法治主義など)・平等主義(社民主義・徴兵制・共産主義など)(ここまでが左翼思想)・保守主義(伝統・道徳・民族主義・宗教など)の四つを踏まえるということです。
    この四つの思想を「同時に踏まえる」形でものを考えると、人は正しく政治や経済について考えられる。逆に言えば、この四つの思想を同時に踏まえない人は、政治や経済について正しく考えられない。

    いわゆる保守主義者はこの四つの思想をバランス良く踏まえて思考するから正しく政治や経済について考えられるし、
    左翼主義者は保守主義の意義を否定し、また自由主義や友愛主義や平等主義についても極めて不完全な踏まえ方しかしていないが故に、政治や経済について正しくものを考えられないのだと思います。つまり左翼主義者はバランスの悪い思想を信じる人々であるが故に、問題を起こすのだと思います。
    自衛隊の存在意義を否定する共産主義者や左翼主義者や反戦平和主義者は、頭の中の思想のバランスが悪いから間違った行動を起こすのでしょう。

  20. 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

    昨年の大阪北部地震では自衛隊の皆様による災害支援、誠にありがとうございました。

    私の自宅も断水とガスが止まる被害がありましたが、震災用に飲料水やカセットコンロ用のガスを大量に備蓄していた関係で、給水を受けに行かなかったのですが、行っていたら自衛隊の皆様に直接お礼が伝えられたんですよね。。。行っておけば良かった orz

    そして、上でNWさんが書かれている阪神・淡路大震災での辻元議員の反自衛隊活動の件、知りませんでした。

    昨年の大阪北部地震の時、辻元議員の姿は全く見ることがありませんでした。

    『モリカケの時は、国会を無断欠席してまで大阪に帰省し、テレビカメラの前でドヤ顔でアベガー活動をしていた辻元議員は、自分の選挙区が被災しても駅前で演説することもなく、慰問することも無いんだなぁ』と思っていたんですが、そうですか。

    自分の選挙区でも無いのに、阪神・淡路大震災の当時、道路すら寸断されている未曾有の災害の中、わざわざ兵庫県の被災地に飛んで反日活動していたんですね。人として有り得ませんね。

    大阪10区に前科者 ? 辻元清美の支持者が、有権者の三分の一もいるという事実が、本当に腹立たしいです。

    • 西郷 のコメント:

      それは大変でしたね。少しは落ち着かれましたか? 貴方様と御家族の心身の御健康を祈ります。

      • 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

        西郷さん
        お気遣い頂きまして、ありがとうございます。

        当時、水道やガスが止まりましたが、水道局の皆さんや道路工事業者の皆さん、大阪ガスの皆さん(& 他県のガス会社の皆さん)のご尽力のお陰で、インフラは僅か数日で復旧しました。

        災害時に不眠不休で仕事をされる官公庁、自衛隊、消防、警察、医療関係の皆さんには足を向けて眠れませんが、
        電気、水道、ガス、通信、道路、鉄道などの運輸、運送、小売業など、自分達も被災者となる中、社会インフラを支える企業の皆さんにも、感謝の気持ちで一杯です。

        阪神・淡路大震災の時は大阪市内に住んでいたんですが、その時はマンションの12階だったせいか、箪笥、冷蔵庫、食器棚と殆どの家具が倒れまして。
        僅か震度4でここまで倒れるのかと。

        その時の教訓を元に【家具は、マンションの揺れやすい方向に対して垂直に設置する】【転倒防止の器具を必ずつける】【ガラス飛散防止フィルムを貼る】を徹底していたお陰で、今回は悲惨な結果にはなりませんでした。

        大阪北部地震のあと、【自衛隊防災BOOK】が書店に平積みされていたので、即買いしました(笑)
        家族で定期的に読みかえしています。

        災害対策本は幾つか持っていますが、内容の充実さでは、断トツで【自衛隊防災BOOK】がお勧めです。

  21. 一国民 のコメント:

    先日、官邸や自民党へ出したメールの要旨を書いて、自衛隊の皆さまに感謝の意を表します。
    「今回の韓国艦船の動画公開本当にありがとうございました。
    やはり日本は自衛隊に守られて存在できていることを改めて実感しました。
    報道によれば最近は年間1000回を超えるスクランブルがあること、スクランブル自体が非常に危険な行為であること等もやっと知ることができるようになりました。ロックオンされた時のパイロットの恐怖を考えれば胸が痛みます。中国、ロシアのパイロットは、その心労や緊張はありません。自衛隊が攻撃してこないことがわかっているから。特に最近の日本を取り巻く緊迫した状況の中で、今のままの憲法では自衛隊員の精神も誇りも命ももちません。一日もはやくNHKを先頭とした反日メディアの影響を削いで憲法改正の実現を望みます。今はその時だと思います。」
    私たちが何気ない日常を送れているのも自衛隊の皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。すべての隊員の皆さまのご健康とご好運をお祈りいたしております。

  22. 日出処の天子  のコメント:

    自衛隊を貶める類の連中は、間違いなく日本国にとって外からの侵略行為
    に手を貸す、加担している行為と同等であるという事。
    そして、日本国民の財産と安全を身を挺して守りぬこうとする行為への
    妨害以外の何物でもない。彼らは意図的に恣意的にそのような行為を
    とっているのですから、日本国、日本国民全体の敵以外の何物でもない。
    外国籍ならまだしも日本国籍保持者であれば尚の事、万死に値する。
    事到れば、無事では済まぬことを覚悟すべきでしょう。

  23. 東北仁 のコメント:

    小坪市議殿、お疲れ様です。

    国民を身を挺して1年365日24時間体制で護って下さっている自衛隊さんに、感謝・尊敬の念を抱けない方々には、憤怒の思いがこみ上げて参ります。

    私達日本人が、平和に夜も枕を高くして眠る事が出来るのも、自衛隊さんをはじめとする国を護って下さる皆様のお蔭です。

    国民運動草の根神奈川の会という団体が御座います。
    代表の山本さんを中心に「自衛隊さんありがとう」の思いを伝えるべく、1年を通じて地道に活動されております。
    私も二度だけですが参加させて頂きました。

    皆様の地元でもイベント等を通じて、機会はあるのではないでしょうか。
    様々な活動を通じて、自衛隊さんに感謝の思いが届くような日本国であって欲しいと、切に願っております。

  24. 黄昏のじじ のコメント:

    リベラルを僭称する主義者や過激集団の支援を受ける自称市民の代表こそ然るべき場所に帰るべし。

  25. 日本を愛する日本人から一言・・・ のコメント:

    日本人ではない人でしょう。困ったことですね。今年の一連の選挙で野党を壊滅させましょう。あのような人達に限ってイザと困ったときには「タスケテ?」を一番にいう人です。辻元清美はソマリア沖で海上自衛隊に助けを求めましたよね。(アホか!)

  26. Tanaka のコメント:

    村山元首相の、総理時代の対応は下手を撃ちまくっていたが
    それでも最終的には『任せた』点はプラス評価したい、総合評価で
    マイナスであっても。

    東日本大震災における地震&津波までは天災で、どう仕様もないが
    以降に起きた原発関連etc.の事故・災害は全て人災。
    当時の政権は何をしただろうか?

    自衛隊の方々は本当に我慢されていると思う、ご苦労なことだと思う。
    正直、あの政権の時に自衛隊によるクーデターが発生しなかった事が
    日本は本当に特殊な国であると感じた。

    他国ならとっくにクーデターが起きて政権交代が行われている。
    もちろん多くの血を流して、だ。
    この点について、元民主党関連や共産党関連は
    意識と想像が足りてないのではないか、とも思う。

    御嶽山噴火の際は、海外のメディアでは詳しく報道され
    かつ自衛隊員の技量に感嘆しっぱなしであった事を覚えている。

    山岳地帯の気流の乱れの激しく、かつヘリの行動が厳しくなる
    高高度の中での作業は、私のような一般市民からすれば
    文字通り『神業』だと感じられたが
    自衛隊の方々は、日頃の訓練の結果としか言わない。

    事実、そうなのだろう。

    辛い、役に立たないに越したことはない訓練を繰り返し
    不測の事態に備える。
    本当にありがたい事だと思う。

    一国民としては、正面装備以外に十分な予算を割けない現状を
    大変申し訳なく、かつ情けなく感じる。

    なんで装備品を調達するのに、自衛隊員の自腹を切らせねばならないのか?

    はっきり言って、日本国の恥であると思う。

    同時に、自衛隊を否定される方々の大多数は
    日本に恥をかいて欲しい、日本を踏みつけたい方々の集まりであるのだろう。
    そのうち、因果応報な結果となり日本を逆恨みするのだろう。
    この手の方々の策動に対する法の整備が不十分だと思う。

    本当に申し訳ない。

  27. miku のコメント:

    私は徴兵制に賛成です。理由は2つ。1つは、例え現代のハイテク兵器に対応できず、兵力としては足手まといだとしても、国防の意識を国民全員が持つ国家は強いと思うからです。女性男性問わず、若い時期に軍事訓練を受ければ、否が応でも戦争というものを「自分のこととして」意識せざるを得ない。これは重要なことだと思う。2つ目は、徴兵制こそが、戦争の抑止力になるからです。安易な派兵をして兵を死なせれば、政権は吹っ飛ぶ。これが抑止力になる。スイスのように各家庭に銃を備えるのも必要。残念ですが、平和な日本はとうに終わった。最も可能性のある状況は、国防動員法を持つシナ人に日本人が殺されること。
    国民全員が国防意識を持つこと。自衛隊の皆さんだけに背負わせるわけにはいきません。

  28. 岩館幸一 のコメント:

    クソみたいな横断幕並べようが罵声を浴びせようが大多数の国民が自衛隊に寄せる信頼は万全のものだ。

  29. サービサーの中の人 のコメント:

    世界から見て【軍】
    日本国民向け【自衛隊】

    こう言った二重基準が歪み過ぎて支えきれなくなりました。
    護憲派は何としてでも阻止したいでしょうが、当の自衛官の方々の事を考えたら、名称は自衛隊のままでもちゃんと憲法に明記され、2項削除をせねばならない。
    私は、災害時に即応体制で出動される自衛官には大変感謝しております。

    色々な事が始まりそうな年ですね。

    • 西郷 のコメント:

      上の様な【変化】が始まって欲しいと切に願います。と共に、各市議会議員、県会議員、国会議員の尻を蹴り飛ばす事も、やり続ける必要があるでしょうね。

  30. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    憲法でがんじがらめでも自衛隊の評判はネットに溢れてますよね。
    イラクの帰るなデモとか全く知らずもうビックリですよ。
    本当に誇り高き人達なんだろうと思います。
    けど隊員足りてないそうです。給料上げてやって下さい。
    予算足りなさ過ぎです。
    そして私が学生の頃は印象悪かったのが現実でした。
    国、国民を守っている軍隊というものに対する認識が全くありませんでした。
    学校も行けず就職も出来ないやつが行く所。(すいません)
    日本は悪いことをした、と教える教師が自衛隊、日本軍を賛美するわけが無い。
    いまだに抜け出せていませんよね。
    子供にちゃんと教えなきゃダメだと思います。
    軍国主義とか抜かす輩の頭、おもいっきり引っぱたきたいですわ。

    • 西郷 のコメント:

      そうなんですけどね…肝腎の【自国マスゴミ】がね〜…【報道しない自由】を縦にして、我々国民に知らせないのですよ…

  31. サンダーボルト のコメント:

    自衛隊の活動を非難するような共産党連中を左翼と呼ぶのには抵抗がありますね。

    自国の軍隊をここまで罵る左翼は、世界中探しても殆どないのでは?

    したがって、自衛隊を罵っているのは、単なる反日連中だと思います。

  32. ta のコメント:

    できれば、自衛隊には国防に専念して欲しい。
    災害がこれだけ多いのなら、災害専門部署を設けて災害に要となって動くとか。
    もちろん足りないことが起きたら相互連携して、防衛・厚労・警察なんかの縦割りをつなぐようなやつ。
    自治体との連携もとり易くなるんじゃないかな、専門にしてれば。自治体も要望を挙げやすそう。
    上記コメントのおばちゃんとのもめごととか切ないよ。

  33. 左巻きは愚か者の集まり のコメント:

    遠隔操作や無人兵器が、戦争の主流になります。時代の変化として受け入れるべきことなのです。しかし人を殺すために特化した無人兵器は、人間を助けることができません。災害救助に出動する自衛隊の本当の価値というのは、人を助けることができる集団であるという所に着きます。口汚く罵る者もいますが、そういうヤツに限って、危機に陥ると大声で助けを求め助けてもらって当然と感謝すらしないものです。こんなのが、国の根幹にコミットできないように今後も十分ブロックする体制が重要になります。

  34. 西郷 のコメント:

    今、主要な都道府県に有る【ハイパーレスキュー】の全国横断組織を創るだけでも少しはマシになりませんかね?
    東京都の【ハイパーレスキュー】が有名ですよね。度重なる【臺灣大地震】にも派遣されていたと思うのですが。

  35. 西郷 のコメント:

    今、主要な都道府県に有る【ハイパーレスキュー】の全国横断組織を創るだけでも少しはマシになりませんかね?
    東京都の【ハイパーレスキュー】が有名ですよね。度重なる【臺灣大地震】にも派遣されていたと思うのですが。

  36. 少尉 のコメント:

    左翼側の人間は自分達が守られている国民だと自覚していないだから違憲だとか殺人集団だとか言ってられる…知能の低い猿みたいな奴らだもし左翼側の意見が認められ自衛隊が無くなったら日本国民は誰に守ってもらうんだ?
    軍はいらないとか喚いても自分たちを守ってくれる存在が無くなったら終わりだ
    沖縄の人達もそうだ 、日本が正規の軍を持たないからアメリカに軍を派遣してもらってるのに「危険たから」とか「騒音でうるさいから」とか言ってる。だから辺野古に移設するのに 今度は「サンゴが壊れるから駄目だと」か結局目先の事しか考えてない奴じゃないか

  37. Y Matsu のコメント:

    左翼思想家たちの活動の最終目的は何?
    自衛隊をなくし、米軍が撤退、安保破棄の後に何が起こるか?
    中国が尖閣、沖縄に侵攻して日本を植民地にしないと誰が保証できますか?
    それとも本気で中国に占領されたいと思ってる?

    私は自分を右翼とは思いませんが、およそ主権国家であれば、普通に外敵と戦える武力を持ち、自国の領土を守り、国民の安全を保証することが当たり前に出来るようになることを切に願います。

    自衛隊の皆さんは日本の誇りです。
    左翼連中が彼らを誹謗中傷するならすればいい。
    私はその何倍も自衛隊に対して称賛と感謝の言葉を送ることにする。
    本当に、自衛隊のみなさん。ありがとう!

  38. 和歌山在住主婦 のコメント:

    うまく書けませんけれども、いつも自衛隊の皆さんには尊敬と感謝の気持ちを持っております。
    普段生きていて、自分を強く日本人だと意識することはありませんが、李明博大統領に天皇陛下を侮辱された時、日本の国旗を貶められた時、自衛隊員の皆さんを貶める発言を見聞きした時には激しく怒りを感じました。左翼思想の教師たちや母親に教育されてきた私でも、です。これはDNAに刻みこまれているのでないかと思うくらいの衝撃でした。
    私はなんの力もない一主婦ではありますが、せめて子どもには日本という国、国を守る自衛隊に対してきちんと敬意を払える人間に育てたいと思っています。私たちの世代はそういうことを教えてもらえずに、国内の反日分子、反日特亜の存在が気づかせてくれるまで随分時間がかかりましたから。

  39. みー のコメント:

    個人体験と、身近な末端左翼について。

    10年は昔だと思いますが、新潟で中越地震があり、私も被災しました。
    とはいえ、私は街中に近く、インフラは多少打撃を受けてましたが、数日ほど避難所生活をする程度で自宅も壁にヒビ程度。
    孤立してしまった地域のため、自衛隊の方が活動していたのを覚えてます。
    横断幕を持った左翼もいたんですが、当時時事に全く興味が無かった学生の視点で見て、
    物凄くみっともない、邪魔、イジメに見えて、今でも印象に残ってます。
    彼らは、地元の食料や配給を平気で横取り(勝手に列に並んでタダ飯食べたり)しますし、ボランティアや被災者を手伝わずに、被災者を威嚇しながら、カメラを引き連れて自衛隊イジメだけしていました。
    とても印象的だったのは、若い自衛官に殊更居丈高な事。執拗に近づこう訴えようとする事。
    たぶん、ベテランの方は慣れて無視できるのでしょうが、若いと表情が変わったり反応しているのが、私にすら分かりました。
    で、そうやって反応する若い自衛官を選別して、集中的にぐいぐい行く。
    やんちゃな感じで怒りが全面に出るタイプには煽り、気弱そうなタイプには精神的な打撃を与えようとするというか、うまく言えませんが、対応が違います。
    今なら、意図的にシャッターチャンスを誘発しようとしてたと分かります。
    前に騒ぎになった「土人」発言の自衛官は、たぶん狙われたんだと思います。

    自分の子供より幼い自衛官に群がる姿は、本当に醜かったです。
    友人とうわぁって思いながら、ヒソヒソやってしまい、すごい形相で睨まれたので、間違ったことをしている自覚はあるんだなと、今考えると思います。

    左翼な親を持つ友人曰く、宗教、同好会、老後コミュニティ、ストレス発散、クレーマーやネットでの憂さ晴らし感覚だとか。
    地元の左翼は、被災時は何食わぬ顔で避難所で大人しくしていて、活動には参加していなかったようです。誘いはあっても断るらしいです。
    生活圏や地元では、活動したくないらしく、わざわざ移動に1時間弱の長岡→新潟へ遠征するなど、世間体を気にする人も多く、信念がある人の方が少ないとの事。
    県外遠征等はイベントツアー感覚みたいです。仲間と参加して、温泉や観光して入って帰ってくるとか。
    クレーマー心理の、ある種の快感を感じているので、やめれないそうです。

    この友人のお陰で、二人で虎ノ門ニュースとかを見て情報交換をするようになりましたが、
    知れば知るほど、自分の生活土台を壊しておいて文句を言う姿は、意味不明です。
    子供に恥ずかしい、情けない、醜いと思われながら、やめられない親を見ていると、
    末端の泡沫層は、案外、他のモノを与えて、心の闇
    を緩和すれば、減るのかも?と思ったりもします。

  40. N様(管理権にて編集) のコメント:

    日本に、生まれて良かった、海外で生活して日本の、本当の良さがわかります。自衛隊の災害時の派遣活動には、大変感謝しています。反対する人たちは、自衛隊の救助活動を代わりに担ってくれるのだろうか?昔は野党を支持した時期もありましたが、最近は失望しています。

  41. arlu のコメント:

    “反論できぬ自衛隊に、左翼がしたこと。 ”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください