【急報】沖縄県知事選に暗雲、自民敗北の危険性。候補の早期選出を【危機啓発のためにシェア】


 

 

翁長知事の容体、政治やイデオロギーは抜きにして、ただ単に身を案じる。
しかし政治家として述べておくべきは、「状況次第によっては、自民は県知事選に勝てない」という事実である。
最大の問題は、候補者が選定されていないことだ。この状態で県知事選に突入すれば、極めて厳しい。選挙区が広大であり、離島も多々ある。
準備期間がただでさえ必要なのが県知事選だ。

自民党の政治家の一部、のみならず保守支持者にも楽観ムードが漂う。
無理だと言われた名護市長選を勝利し、保守分裂の石垣市長選も勝利した。
ただし油断できる理由はどこにもない。
実は、いま危機的状況にある、その危険性を提示したい。

自民党は、知事選の候補が決定していない。
ここが最大のウィークポイントである。

以降は、病気のことなので言い方には細心の注意を払わねばならないが、
政治家として、選挙のことも論じる必要がある。
知事の身に万が一のことがあれば、選挙が早まる。

容体が厳しく、そのまま途中辞任となれば、総裁選に被る日程も範囲となる。
また、その時期とは、「沖縄の地方選挙」とも重複し、多くの地方議員が(自らの選挙があるため)身動きがとれなくなるのだ。

知事選とは、非常に選挙区が広い。
全県下で動くもので、候補を確定し、各地に支援組織を構築する必要がある。
準備期間には相当な時間が必要であり、いま突然選挙と言われれば「まず勝てない」のだ。

タイミングも最悪で、自民党は9月に総裁選挙を控えている。
時期が重なると、外部から有力な看板議員を大規模投入することは不可能だ。
メディアや左翼は名護市長選を「国策選挙」と批判していたが、
実際、国会議員を多数動員しており、外部の力もあって納めた勝利とも感じている。

現場に何度も足を運んだ一人として、
沖縄の保守のみで、「与党である左翼」を打破するには、
はっきり言って火力不足だと思う。

翁長知事が早期に辞任した場合、追い詰められてしまうのは保守だ。
ミッドウェーでは、四隻の正規空母が撃沈された。
油断大敵である。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

知事選の選挙区は、広大
沖縄は、「県」である。

足を運んだことがある方も、多くは那覇近郊でとどまっている。
那覇だけが沖縄県ではない。

 

例えば、先日、市長選があった名護市は、那覇空港から二時間ほどの時間を要する。
さらに北部となれば、まだまだ時間がかかる。

実は、JRがない。
正式には鉄軌道というが、ここは地域柄として抑えておいて欲しいポイント。
那覇市内のみ、ゆいレール(モノレール)があるが、那覇の一部のみである。
大規模な輸送機関がなく、那覇市内の渋滞解消が難しい理由の一つだと認識している。

結果としてだが、県内の各所で、「横連携が弱い」と感じている。
何度も選挙で入るたびに感じるが、「街と街」「市と市」が離れているのだ、実際の距離以上に。

 

車で移動するよりなく、例えば運転免許を取得するまでは、県内の各自治体と人的関係を築くことが難しい。
電車がないことは、地域としての特性として挙げるべきだろう。

沖縄には一区から四区までの小選挙区があるが、那覇を含む一区以外は、想像以上の面積がある。
そもそも島ゆえ、離島だって相当な数だ。
それぞれに人が住んでおり、選挙の得票数で見れば軽視しえぬボリュームがある。

 

この全てに対し、選挙組織を構築し、支援体制を作らねばならない。
決起集会だって凄まじい個所で行うこととなり、
特に「野党が、知事を取りに行く」選挙である以上、

かつての「政権奪還選挙」並みの負荷が、これから必要なのだ。

 

 

 

時間がない。
選挙体制の構築には、想像以上の時間を要する。
知事も市長も与党であるならば、「県議が抑えにまわり」「手足として市議が動き」で済む。
保守の前知事から、新しい自民の知事へのバトンタッチであり、通常の戦い方で済むのだ。
県知事・県議会が与党であれば、である。

だが、いま沖縄はオール沖縄にトップをとられている。
自民の県議も数は少なく、現場指揮官の数は揃わない。

 

また、人口がもっとも集中している、県庁所在地 那覇市。
自民党市議の数は僅かであり、自民党那覇市議団は、一度崩壊している。

翁長知事が「”自民党の”那覇市長」であったため、自民党那覇市議団は、翁長知事について行ってしまった。
のち除名されており、手で数えるほども残っていない。

私が全力で支援した大山たかお市議にしても、まだ議員歴は一年未満。
市議会の構成は、多期生のベテランは一人。
残りは二期生と一期生のみだ。

 

人口密集地である、那覇市。
市長も、オール沖縄であり、市議会でも自民は劣勢。
選挙の主力になるほどの頭数はおらず、元から状況は逼迫していた。

私の想像では、那覇市へのテコ入れが主たる戦場のひとつになろうかと思っていた。
他の自治体では、市長が自民系の場合がほとんどで、「なんとかなる」と賭けるしかない。

それぞれの自治体で「僅差でもいいから勝利」し、
その上で「那覇市で負けない」ことが必勝法となるからだ。
他で勝っても、(人口が爆発的に多い)那覇市で大敗すれば、知事選としては敗北する。

 

これらの体制構築には、想像以上の時間が必要だ。

 

にも関わらず、知事選の候補者が決まっていない。

候補すら決まっておらず、私の知る限りでは「体制の構築」までは手が回っていない。
私が知らないということは、そんなものは始まってないのだ。

 

本来であれば、決起集会をすでに何度も行ってなければならない。
候補者の顔見世を、有権者に最初のご挨拶程度は済ませておくべき時期だ。

何も、進んでいない。

 

このまま、突然、知事選となれば、
もう勝てる見込みはない。

 

 

 

最悪のタイミング
冒頭でミッドウェー海戦になぞらえたが、本当に最悪のタイミングになる危険性がある。

 

自民党の総裁選に被れば、外部からの応援は期待できない。
自民党の国会議員らは、「自民党のトップ」を決める選挙を行うわけで、
無論、沖縄の支援も行うとは思うが、火力が低下することは否めない。

 

また、このタイミングは、沖縄の統一地方選でもある。
多くの自治体で、市議らは自らの選挙を戦っているため、
知事選を艦隊決戦に例えれば、「駆逐艦がいない」状況となる。

 

自民党は、まだ候補者すら決まっておらず、
ここで知事選が前倒しとなれば、もう勝ち方がわからない。
勝利の方程式が見えない。

 

 

悪いことばかり考えても仕方ないですが、最悪状況を想定し、備えることを呼びかけねばなりません。

途中辞任となり「志、なかば」と勇退した場合。
「意思を継ぐ!」と、あたかも弔い合戦のような選挙となるでしょう。

私が向こうの選対ならば、そのように段取りを組む。

 

弔い合戦系の選挙は、問答無用で極めて強力です。
直近ですと、鳩山邦夫氏が急逝した後の選挙。

実態としては自民・自民の分裂選挙となったのですけど、
凄まじいまでの大差がついています。

 

ここは、極めて強く言っておきますが、一部の保守の言い方には苦言を述べる。

翁長知事の病気を喜ぶような、そのようなニュアンスの投稿もあった。
誰しも病気とは苦しいものであり、イデオロギーが違えども、決して喜ぶようなものではない。

また、根本的に誤まっているのは、知事が病に伏したとして、不利になるのは私たち保守です。
県政奪還という勝利からは遠のくばかりで、喜べるような内容はどこにもありません。
(そもそも病気を喜ぶことは、私は絶対にできません。それが政敵であったとしても!)

 

 

 

早期の知事候補の擁立を
まずもって、知事候補の早期選定を行う必要があると思う。
メディア露出も多かった、名護市長選の前に決めておくべきだったと、個人的には思う。

 

各選挙で顔を売り、少しずつ「広大な県内」に名前を覚えてもらうよりないからだ。

私は地元ではないため、県外の政治情勢に首を突っ込み過ぎるべきではないと思うが、
どちらにせよ知事選にも支援に入る予定であり、「一支持者」としては言わせて頂きたい。

・・・早く、決めて欲しい。

 

確かに、早くに名乗りを挙げすぎれば、後ろから撃たれたりするのも政治の世界だ。
だが、何より時間がない。

私には、上のほうの難しい話はわかりませんが、
しかし、現場を切り盛りする苦しさ、現実はわかるつもりです。

あれだけ広い選挙区となれば、現場を仕切る選対幹部も相当数が必要で、
選対経験もある私から言わせてもらえれば「現実的に、物理的に、もう時間がない」ことは強く訴えたい。

 

本人から、出馬の意欲が強く感じられる中で、安里繁信氏は集会を多数開催している。

気が速すぎるという声もあったし、対立する陣営もあるかとは思う。

だが、「すでに動いている人」しか、もう戦うことはできないような状況ではなかろうか。

 

安里氏は、私が個人的に知っているというのもあり、応援したいと思っている。
もちろん、皆で推すという候補が出てくれば、そちらの支援を行う。
無理に、党を割ろう等という思いはない。

決まればいいな、ぐらいには思っていたが、
そして、動きが早いな、とも思っていたが、
この状況では、戦えるのは安里氏ぐらいだろう。

 

ただし。
ここまで準備時間が少ないとなれば、誰が出ても、厳しい。

安里氏が、いくらか準備が出来ているとは言え、臨戦態勢には程遠い。

 

私の体感で申し訳ないが、知事選に出たい方が増えたように思う。
かつては「負け戦」になるならばと、出たくない方が多かったように思うのだ。

名護、石垣と勝利を納め「勝てるなら、出たい」という者が増加したのだろう。
それはそれで良いことだと思うが、決して楽観できるような状況にはない。

私が安里氏が好きなのは、「絶対に無理だろう」という状況の頃から、
「いつかチャレンジしたいな」と真剣に考えていたからだ。
私は正直「この人、大丈夫か?これだけ大きな会社を経営しているのに、人生を棒に振るぞ」と、むしろ不安に思ってしまったぐらい。

 

 

 

それらの一切合切を抜きにして、ただ言いたいことはひとつ。

結論から言えば、「誰でもいいから、勝たねばならない」である。

そして、いまの状況は極めてヤバイ。

保守の慢心が恐ろしくてならない。

 

 

 

 

選挙は、油断したほうが負ける。

 

他者の病気を喜ぶことはあってはならない。

 

その上で、選挙を含む政局を見据えるに、

 

私たちは楽観できるような状況にはない。

 

実は、不利になり、追い詰められているような状況だ。

 

共に県政奪還を果たそう。

 

「油断大敵!」と思った方は、危機啓発のためFBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【急報】沖縄県知事選に暗雲、自民敗北の危険性。候補の早期選出を【危機啓発のためにシェア】 への15件のフィードバック

  1. id のコメント:

    我那覇真子さんが良いのではないか。

    • 日本女性 のコメント:

      私はずっと前から我那覇さんは政治家になるべきだと思っていたし、本人にもそう言いました。

      県知事の被選挙権は満30歳以上です。彼女は確か28歳。残念ながら、ちと若すぎます。

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    安倍総裁宛てに官邸メールをしました。

  3. うーむ、那覇市だけが沖縄県ではないんやね。たしかに。
    昨日もコメントさせていただきましたが、ネットでは我那覇真子さんの知名度は抜群やけど、偏向2紙が圧倒的な沖縄ではまだまだなんかな?
    自民党、しっかりしいや!

  4. 東郷平八 のコメント:

    小坪先生、いつも国益のために活動していただき
    感謝の気持ちでいっぱいです。

    沖縄県知事は地元出身であり、
    国家観もしっかりしてる我那覇さんが相応しいでしょうね。

    ところで、余命ブログ騒動で
    在日が調子に乗ってます。

    余命ブログよりも在日の方が問題が多いのは明らかです↓↓↓
     
     
     
    ■在日のブログ

    余命ブログ騒動で立ち上がった弁護士に
    カンパしました! これは正義の戦いです!

    http://kankoku-suki.sblo.jp/article/183243558.html
     
     
     
    ↑↑↑この在日は日本の国家主権を何だと思ってるのでしょうか…
     

  5. やましろや のコメント:

    沖縄本島中南部の人口は100万ですから、福岡と余り変わりませんもんね。

    そりゃ渋滞も慢性化しますね。

  6. 一郎 のコメント:

    安里氏が自民党公認を得られることを祈ります。

  7. breda のコメント:

    小坪先生の危惧はもっともだと思います。本当に厳しい選挙戦になりそうですね。
    ここにきて自民県連、本部の無策とも思える沈黙ぶり…。

    しかし、裏を返せば、保守の敵は沖縄県民ではなく、沖縄二紙ですから、彼らに早い段階で
    手の内を明かすわけにもゆかないのでしょう。

    でも、まあ、水面下でいろいろ進んでいるのではないかと期待しつつ…秋まで辛抱ですね。

  8. あき のコメント:

    我那覇さんがいいなんて、言う時点で、もう、駄目だと思う。
    自民党は、やる気が有るのかどうかも判らない。 売国、経団連の走狗にしか興味ないのでは。
    尖閣、沖縄他も支那人此処まで引き入れて、どういうつもりなのか?全く、信用出来ない。

  9. 月光仮面 のコメント:

    新しい政治家が出てくるのを願います
    今日の虎の門ニュースみて ますます それを感じました
    今の自民党だけでは 日本のための政治は無理ではないだろうか
    自民党が一強ならそれでもいいと思うのです 自民党な中に
    もっと強い政治家がそだってほしいです そうそう 石破さんが
    イージスカン6隻分だとか言って強いイメージを出していますが
    まったく逆の思想から言っていますね 今増税は日本を壊す
    この考えが正しい考えだと思います この方決して日本の事を
    思っていると思えません 自民党の中にもっと 日本を思う政治家が
    出て来るべきです それには 一番にマスコミ改革ではないでしょうか
    最後に我那覇さんは これから 皆で支持して育っていくのを
    皆さんで支援するべきだと思います

  10. あかうお のコメント:

    戦いは勝てる時期を見計らう事が重要。
    言われる通り総裁選にぶつけてくる事は十分に考えられます。
    それに関しては知事の病気云々以前に想定しておくべき事。
    スケジュールの決まっている総裁選があるのに、何故放っていたのか。
    こうなったら、嫌だけど知名度優先のお飾り候補で票稼ぎするか…。
    失言で足を掬われない程度の人物で、腹心で固めて何とか…。
    タレント候補でも、当選後の成長を見込んで…。
    と賭けに出るのもアリ!?と考えてしまうのは焦っている証拠だわ。

  11. 旧新人類 のコメント:

    沖縄県は、台湾や小笠原諸島などの太平洋に浮かぶ日本の島々との交流など、さらにはフィリピンも視野に入れた海洋文化交流圏構想とか、いろいろポテンシャルがありそうで楽しいです(具体的なロードマップがあれば、なおよい)。もちろん、日本が自由諸国と連携してその安全を守ります!我那覇さんは未来の沖縄県知事として応援いたします。現時点の状況は、何分他県のことですしよくわかりませんが、命をかけて沖縄を守る覚悟のある候補がいいなと思います。沖縄の人々の気持ちは尊重いたします。だけど、外国人を含むよそ者が押しかけて、住民票を移したりして暴れ回っている現状は許しがたいです。こういうのは地元の民意とは言えないでしょう。沖縄は明るい未来に向けて踏み出してほしい。「沖縄ノート」の駄文作家や岩波などの善人面してその実沖縄の戦中戦後史をひっかき回して足を引っ張った罪は大きいと思います。これからまともな日本史をみんなで立て直すべく反撃するから、思い知れ。犬HKの卑怯な反日工作も今ネットで炎上中なんで、南京虐殺大好きな犬HKの闇もこれからますます炙り出されて拡散されていくことでしょう。(安里氏が出馬表明されたそうで、小坪先生押しの安里氏なら大丈夫なのでは。安里氏と吉田先生(場所は離れていますが)、頑張れー!!)

  12. JL のコメント:

    沖縄は本部とかが好き。
    でも、レンタカー借りないとなかなか行けない。運転できない人はツアーとかじゃないとなかなかね。
    普天間を早く返還してもらって北部までだーっと鉄路を引いてほしい。
    マレーシアとかインドネシアとか、高速鉄道引こうとしてるのになんで沖縄だけ引けないんだ?
    高低差?
    高架にしてレベル合わせやればいいぢゃん!
    沖縄振興費をそんな風にダイナミックに使って、ほしい。

  13. ZEN のコメント:

    あーあ、藤木氏、対共産党人型決戦兵器に喧嘩売っちゃった。

    http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    今までの沖縄での自民党劣勢もあって、中々踏み切れないのでしょうかね。
    いい変化が起きるとよいのですけど…変な記事は結構あります

    【マスゴミ】中日新聞記者、元暴力団組員に警察発表文を漏洩 LINEで複数回送信 元組員は中日Dの私設応援団長への強要容疑で逮捕
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53503575.html
    37: 名無しさん@
    中日新聞が倫理って言葉を知ってた事に驚いてる。
    まあそれはそれとして普通の会社なら社長はクビなんですよね?中日新聞さん。

    99: 名無しさん@
    これ、トップが辞任するような重大不祥事と思うが。
    しかも記者は懲戒解雇にならない?
    今の企業のコンプライアンスの普通の考えからすれば、それはあり得ない。
    一記者個人の暴走なら解雇できるだろうから、会社も知ってて止めてなかったと疑われるぞ。

    旧民主党の岡田の弟が中日新聞政治部長。
    独占企業に洗脳された愛知県が山尾しおりを当選させた。

    漏洩だけでも免職ものだろうに、よりによって相手が暴力団て…
    反社会的勢力に忖度してると言われても仕方ないな厨日新聞は

    警察のまだ世間に発表されていない資料をヤクザにlineで送っちゃうって……もう倫理の問題じゃないでしょ。
    自分たちが犯した犯罪について警察がどのように考えているか、ヤクザが教えろよって言ってきたらこの記者は教えてしまう、もしくは既に教えていた可能性があるってことでしょう?なんで注意で終わりにしてるんだろうね。これまでも犯罪の片棒みたいなの担いでたみたいだし。怖。組織でやってるからこんな甘い処分なのかなあ。

    【ハニトラ高度化】動画「北朝鮮には北の女性が生んだ 日本人の政治家・記者の子供達が住む 日本人村がある」
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49604492.html
    ※関連記事
    【こえぇw】「美女妊娠部隊」排卵日などを合わせた美女が、平壌を訪れた政府やマスコミ関係者の宿泊先を訪問し・・

    146: 日出づる処の
    >>139
    西岡力さんが言っていたんですが・・・・
    ハニートラップも高度化して、
    未確認情報だそうですが
    ひっかけた記者や政治家の子供を育てているという
    日本人村ってのがあるらしい・・
    これが事実だったらさぞかし面白いことになりそうですねー

    日本の政治家やマスメディア見てるとあながち嘘と言い切れないところが、、、

    よど号ハイジャック事件の犯人の息子ですら
    20歳まで北朝鮮で暮らして北の教育を受けて
    母親の姓を名乗って三鷹の市議選に立候補(菅直人らや民主から数千万の支援を受けて)
    それに比べたらデマどころか普通にありえる

    日本人政治家と半島人の子供と言っても、日本人政治家も朝鮮系ではないだろうか。
    島(日本)に住んでるか半島(朝鮮)に住んでるかくらいの違いで似たようなものなんじゃないかな。
    アメリカの北朝鮮政策変更に伴い、日本では在日や元在日の帰化人排除の流れだけど、日本国籍朝鮮人の内輪揉め、親米の日本国籍朝鮮人と親中または親韓または親北の日本国籍朝鮮人がごった煮になり先に進めなくなってるだけに見える。
    だいたい与党に創価公明がいるし、自民党は相変わらず特ア移民を入れ続けている。その上部組織もコリアンのように思う。
    「日本人」と言っても今吊るし上げられてる北朝鮮人と変わらずだいぶすり替わってる。明治以降の日本もイスラエルや韓国と同じ人工国家のようなものだ。
    マイナンバーにDNA登録義務化してデータを日本とアメリカ(了承されればだが)複数箇所で保存するとか出来ないかな。アメリカ政府に拒否されれば、アメリカの日系人団体に保管をお願いするとか、経済には結びつかないが、

    (途中送信してしまった、66の続きです)遺伝学や民族研究とか(>_>71
    会社だと部下を呼ぶとき男女問わずで君づけで
    よぶお偉方結構いるよね

    無責任な人間がペット飼うのもいい加減にして欲しい

    女性が放置された犬を保護して飼育 → 3ヵ月後、元飼い主「大切な家族なの!返して!」 → 裁判に発展した結果…
    ttp://jin115.com/archives/52218460.html
    元の飼い主は非良識過ぎますね。

    これ一番の問題はこの糞上司やんけ
    他人の犬を窃盗し、放置遺棄で尚且つ失職の可能性もあり脅迫パワハラの役満すぎませんかね?

    >東京地裁は「女性が所有権を確定的に放棄したとまでは認められない」と判断し、主婦は敗訴。

    所有権を放棄していなくても、犬を最後まで世話する能力には欠けているのでは?
    動物は法律上ではモノ扱いだけど、動物愛護法?みたいな他の法律駆使すれば勝てたのではないか・・・
    負けた方の弁護士無能なの?

    >しかしもとの飼い主が、交際男性との生活を優先してその男性が飼い犬を遺棄することを2度も容認した行動は、動愛法が定める所有者の責務に照らして問題がないとは考えにくく、一般論としては飼い主の資格があるのかどうか疑問に思う。
    >犬はかなりの高齢で、環境の変化が健康に悪影響を及ぼす可能性もある。
    >飼い犬を遺棄することを2度も容認した

    一度じゃなかったんかい・・・

    返還はともかく慰謝料の請求って何だよ

    返還お願いするのはわかるが慰謝料請求するのがおかしい 完全に金を巻き上げる為の道具としか思ってないだろこれ 元飼い主身勝手すぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です