【沖縄県知事選、自民敗退の危険性】翁長知事が早期辞任した場合、保守が不利【危機啓発のためにシェア】


 

 

翁長氏は精密検査を受けた結果、膵臓に腫瘍が見つかり、手術を受けている。以前より指摘してきた”噂”が的中したわけだが、【沖縄県知事選で、自民が敗れる】危険性はさらに高まった。なぜ県知事選に黄色信号が灯っているかを保守に訴えたい。

任期をまっとうできず、途中辞任となることを視野に入れるべきだ。
その場合、九月前後が予想され「自民党の総裁選」に直撃する。

名護・石垣と勝利を納めた保守派だが、(現場の体感としては)外部からの応援も、相当な力となったように思う。左翼が「国策選挙」と批判しているが、確かに外部の力(県外の有力議員)を多数動員しての結果でもある。
「自民党の総裁選」に直撃した場合、外部からの支援は「かなり手薄になる」のだ。
また、沖縄の統一地方選とも重複し、手足となるべき地方議員が身動きがとれない。

 

 

実際に膵臓の腫瘍癌であった。
膵臓は沈黙の臓器と言われ、自覚症状が出たときには手遅れという場合も多い。病期別5年相対生存率(対象:2006~2008年に診断)だが、ステージIだと41.2%。ステージIIで18.3%、ステージIIIでは6.1%であり、ステージIVに至っては1.4%である。
極めて進行も早く、早期の手術が必要だ。

病気は誰しもなるもので、イデオロギーに拠らず、いまは身を案じたい。
だが、「知事選が早まる」可能性については、保守系に対して強く警鐘を鳴らす。

自民党は、まだ県知事候補を擁立しておらず、
知事選が前倒しになった場合、「間に合わない」のだ。
ドタバタと知事選がスタートした場合、「まったく勝負にならず」自民が敗退する危険性は高い。

一応、最悪の事態を書いておく。
少し厳しい未来を、想定する。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

最悪の事態の、想定
以下は、あくまで「想定」である。
また、病気について論じるものではない。
一人の保守系政治家として、未来を読み解いておく必要に感じ、ドライに分析するものである。

 

翁長知事に万が一があり、途中辞任。
オール沖縄からは、「糸数慶子」(現職参議院議員)が「意志を継ぐ!弔い合戦だ!」とやったとしよう。
または、稲嶺(前)市長の可能性もある。

自民が誰を擁立しても無理ゲーに近い状況となろう。

 

稲嶺氏は、左派には名前が浸透しており、また名護市長選で「相当に名前が売れた」ため、
すでに沖縄県民に強く浸透している。
糸数議員も同じく、現職の参議院議員ゆえ、県内に名前が浸透している。

自民は、名前の浸透以前に、候補が決定していない。
話にならない。

 

 

 

反基地活動の封印
さらに最悪の、相手の戦術を述べておく。

「敢えて、普天間・辺野古を争点にしない」方法。
基地問題全般については論じるが、生活に根差した政策をメインに据える。

実際、名護市長選では「度重なる反基地活動」に対し、
名護市民が嫌気がさしたという部分は、私自身も体感した。

「異常なレベルに到達している反基地」を封印し、色を落とされると厳しい。

 

ネット上では、沖縄県民を悪く言う者もいる。
気持ちは、わからんでもない。

だが、沖縄二紙が台頭する中、言いたくとも口にできぬ空気は確かにある。
そして、沖縄にも実際に保守はいるし、だからこそ名護・石垣と勝利を納めているのだ。

私の体感で申し訳ないが、「沖縄の普通の市民」も、【行き過ぎた反基地活動】には嫌気がさしている。
”声なき声”があることは事実だ。

それが選挙結果にも反映されているし、現場に行き、声を聴いてまわった実体験に基づく。

 

しかしながら、そこに基地があることへのアレルギーは、
沖縄二紙の”活躍”もあり、また事実として被害があったこともあり、
同じようにアレルギーがあることも、やはり事実なのだ。

「異常な反基地活動」を封印し、「普通の基地反対」をやられると、
今までのような勝利は難しい。

 

 

 

基地アレルギーと、反米の本質
ここで言うアレルギーとは、成田闘争以降の本土左翼の浸食ではない。
いまネット保守が知るような状況ではなく、もっと深刻な問題があった。

実際に米軍占領下で何があったか、本土復帰の前後でどのような状況であったか、
コザ暴動がなぜ起きたのかなどを紐解けば、「難しい」ことがわかると思う。

当時は、米兵が起こした交通事故は「現行犯逮捕の対象」ではなかった。
レイプ事件は多発し、植民地以下というべき人権侵害が横行。
(結果として、コザ暴動(現:沖縄市)につながっていく。)

ベトナム戦争時には、戦地で疲弊したアメリカ兵は基地外で酒、薬物、女に溺れた。
それが合意のもとの売春であれ、夫を(米軍との)戦争で失い、自らの配偶者の命を奪った相手に、憎しみを感じつつ身体を売るのは、ちょっと想像に絶する感情のねじれがある。

これはお土産屋さんなどにも言えることで、「家族を奪った軍隊」を対象に商売することは、相当な苦悩があった。
「あった」と断言するのは、私なりの多くの場所を周り、実際に聞いた話でもあるため。

 

沖縄、本土復帰より40年強。
まだ、現役バリバリの世代が「復帰っこ」であり、そこには「二つの板挟み」がある。

いまネット保守が見ている「異常なレベルの反基地活動」は、成田闘争以降に「本土左翼」が浸食した結果である。
根底には、どうにもならぬ「反米感情」は残っており、それでも「米具相手に商売」をしている、
または、せざるを得なかった状況というものがある。

ここを、本土左翼に狙われた結果が、いまの状況。

 

余談になるが、コザ暴動などを熱く戦った「沖縄の本来の左翼」は、
【日本軍の進駐】を熱烈に希望していたり、日本国旗の掲揚を推奨していたりした。

意外に思うかも知れないが、「保守とは体制派」という側面もあり、
当時の沖縄の「体制」とは、米軍の統治下であり、保守が掲げたのは星条旗であった。
ゆえに、日章旗の掲揚活動は左翼となるし、当時「軍」として認識されたのは米軍であるため、「日本軍の進駐」は、左翼活動だったのだ。
(いまの日本において、極左の一部が五星紅旗を掲げるようなイメージか。)

わけがわからないと思うが、ここと「本土左翼」が結合し、化学反応して今に至っていると理解している。

 

世代交代が進み、いまや、上記の前提は崩れつつある。

そもそも政治に興味を失っている者も多い、これは本土も同じである。
だが、「そこにある空気」は、沖縄に行った者でないとわからないと思うし、
そこで育って者にしか共有できない思いは、確かにある。

 

薄れたとは言え、基地アレルギー、米軍アレルギーは、やはりある。
「異常な反基地活動」を抑え、「普通に反基地活動」を展開されると、自民は苦しくなるだろう。

 

 

 

景気対策は、必殺の論法ではない。

名護市長選の場合は、景気対策が「必殺の武器」ともなった。
だが、それは県知事選では通用しない。

 

これは名護市の特殊事例に過ぎない。

名護は、「基地反対」ゆえに防衛予算を受け取っておらず、
実際に(名護の)市民生活には、かなりの経済的な打撃もあったのだ。
だが、これはあくまで名護の場合である。

そもそも「防衛予算として、予算がつく」前提で、市の計画を立てており、
これが消失したため、傾いていたというのが私の感覚である。

 

だが、これは名護という一部に限ったこと。

県庁所在地である那覇からは、車で二時間ほども離れており、
那覇市などの大都市や、その他の沖縄県内については「景気は悪くない」のだ。
というか、本土よりも遥かに良さそうに感じた。

繰り返すが【景気は悪くない】のだ。
景気が悪いからこそ、経済政策を訴えることは武器になりえたが、
県知事選となれば、効果は薄い。

名護市と同じ戦法は、恐らく通用しない。

 

 

 

候補の早期擁立を
沖縄でもっとも人口が多いのが那覇市である。

翁長知事が那覇市長であったことから、那覇市長選と沖縄県知事選は「同日」と思われていた。
沖縄県知事選のみ前倒しになる可能性はあるが、「知事候補」「市長候補」はセットで決めるべきだろう。

那覇市の有権者が多いのは事実であるため、那覇市長選の選対にも「知事選の票」を集めてもらわねばならない。
相乗効果を発揮せねば、勝てない。
(ちなみに、どちらも決まっていない。)

 

先日の記事でも書いたが、広大な選挙区である「知事選」は、体制の構築だけでも凄まじい時間を要する。
すでにデッドラインを越えているような状況で、早期の擁立は必須だと強く進言する。

知事選が、さらに早まるようなことがあれば、取り返しがつかない。

 

公認権は幹事長が有しているが、「基本的には、地元の県連」が決め、それを追認する恰好をとる。

トップ(党本部)から、無理やり候補をねじ込むことは稀。
というよりも、「押し付け候補」は、地元の反発を招き、組織が崩壊する一因ともある。

沖縄県にて、選考委員会をひらき、ここで決する。

 

私は、昨年末には候補が決まるフローだという「噂」を耳にしていたが、
名護市がもつれたり、石垣で微妙な構造になったり、あれやこれやをするうちに、
延び延びになってしまったのが実態だろう。

だが、知事選が早まる可能性を視野に入れると、
もう間に合わない。

 

 

 

偉い人たちが、たくさんいる。

東京にもいるし、沖縄にもいる。
私はあまり詳しくないけれど、やっぱり「凄いな!」とか、「まさに実力者」という方々も知っている。

誰しもが納得し、全員野球でないと、大きな選挙は勝てない。
一人が、独善的に進めても「戦えない」のだ。
候補者の調整には慎重を期すべきだし、難しい議論が山積していることとは思う。

 

私は、あんまり偉くない。
現場を駆け巡るばかりで、偉い人の常識はわからないけれど、
「末端の感覚」は、わかる。

現場指揮官として進言させてもられば、これ以上の遅延は「現場が無理」と言いたい。
偉い人たちが納得し、調整を終えて候補を決したとしても、
「現場で選挙をする手足」は、地方議員であったり、保守活動家たちだ。

末端の感覚として、もう、これ以上、遅れてしまえば、
選挙にならない。

 

 

 

 

調整が難しいのはわかります。

 

ですが、残された時間は少ない。

 

さらに時計の針が進むことも視野に入れるべきだ。

 

いま動いているのが、安里繁信氏だけならば、

 

もう早く決めてしまったほうがいいと思う。

 

私には難しいことはわからないけれど、

 

もう時間がない。

 

現場の悲鳴、伝わって欲しい。

 

「県政奪還」を目指す方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【沖縄県知事選、自民敗退の危険性】翁長知事が早期辞任した場合、保守が不利【危機啓発のためにシェア】 への11件のフィードバック

  1. 波那 のコメント:

    本当ですよね。都知事選が急だったから分かります。自民党の選んだ候補は有権者にしたら、そんな馴染みのない人を突然連れて来られてもでした。結局、鳥越氏に勝てるのはどちらか?で選ぶしかなかったでしょう?猪瀬さんが何期も務められると思っていたのに、あんなことになってしまって。

    候補選びは大事ですよ。マレーシアではマハティールさんが、もう見てられないと戻って来られました。92才だそうです。仲井真さんは駄目なのですか?マハティールさんに比べたら、まだずっとお若いでしょう?

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、沖縄県知事選情報ありがとうございます

    まだ、自民党は知事候補選びに逡巡しているのですね、ま、北朝鮮有事とか、米朝会談とか、その前後のトランプ大統領閣下の訪日とかで、対応がとれないのかもしれませんが・・・なんだかなぁ・・という感じです。

    扨て、ググってみました!安里繁信さん・・・

    >安里繁信 あさと しげのぶ 実業家
    >安里 繁信は日本の実業家、研究者。沖縄県那覇市出身。 シンバホールディングス
    >株式会社代表取締役会長、早稲田大学総合研究機構公共政策研究所招聘研究員、
    >一般財団法人沖縄公共政策研究所理事長。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。
    >学位は公共経営修士。 ウィキペディア
    >生年月日: 1969年10月7日 (年齢 48歳)
    >生まれ: 沖縄県 那覇市

    沖縄県那覇市ご出身、実業家でかつ、48歳とお若い!うん!
    難しいことはわかりませんが、この時点で声をあげていらっしゃるのなら、心のなかに決意を秘めていらっしゃるのでしょう。自民党、公明党、維新(あるのかな・沖縄で)の皆さんの支援をお願いしたいですね。

    閑話休題・・・・

    ヅラ翁長知事ですが、さすがに、すこしやつれた感じのお写真がでていましたね。
    左翼であれ、反日日本人であれ、ご病気ということならば、お体のご快復をお祈りしたいとおもいます。

  3. 田中一郎 のコメント:

    翁長知事が、イデオロギーに生きるのか、私利私欲に生きるのか、どちらかで情勢は別れるかと思います。某県知事が癌治療を受けながら、未だに知事の地位にとどまっているのを見ると、以外と翁長知事もしぶといかもしれません。

  4. スカイツリー のコメント:

    あちらは、選挙運動しなくても相当数の同情票が集まるでしょう。
    あちらは、仰る通り基地反対の主張をアッサリした形にするだけで充分だろうと思います。
    保守陣営は、大変なハンデ戦です。

  5. 月光仮面 のコメント:

    自民党が紳士であり そして 武士である 必要があると思います
    そして 日本のためが国民が信じれることを第一に考えてほしい
    それが 政党として伸びてゆく道だと思います もはや野党は
    総入れ替えの時代が来ると思います そうなれば 日本は益々平和になると
    思います 日本人による日本人のための日本の政治を取り戻すべきです

    さて 日本人に理解できないことが起きているようです「人気ブランドショップ
    で暴行、中国籍の男ら6人逮捕 相次ぐ買い物トラブル」
    これ 正義なき暴力を常とした国民でしょうか この対応今まででは
    自民党も弱腰で対応すると思います これを監視するくらいの野党が
    今後待たれるのではないでしょうか、このような日本の政党が現れたら
    おいら一票いれますよ 

  6. 琵琶鯉 のコメント:

    今の政治家に求められるかは、戦うことが出来るか?
    沖縄はまさに、中国共産党、南北朝鮮、反日パヨクが侵略せんとする最前線です。県益と国益のバランスを取りながら県民を護る。
    まさに、最前線❗攻撃力と防衛力を必要とされる政治家が県知事にならなければなりません。
    その覚悟があるかです。

    • 月光仮面 のコメント:

      まったく同感です その通りだと思います
      買い物で奪い取る 順番をいいえルールさえ無視してほしいものを
      奪い取ることが出来る国民性なんです このニュース笑って見過ごすと
      日本人は痛い目に合うと思います 沖縄の知事は日本の生命線だと
      思います。

  7. あかうお のコメント:

    翁長知事の膵臓がんは予想通り。
    ここから後継者指名されてお涙頂戴選挙をやられると相当厳しい。
    首長選挙で連敗といっても、権限は知事が一番強いのだから
    それを抑えられたら意味がない。
    沖縄の現役世代にも反米感情があるのは理解できるけれど
    あんなに酷い沖縄マスコミに反感が沸かないのが不思議。
    それが支援してる連中も信用に値しないのだが。

  8. <「異常な反基地活動」を抑え、「普通に反基地活動」を展開されると、自民は苦しくなる>
    えー、そうなんですね。
    そのうちこうなることはわかってたのに、自民党県連。あかんやんか、と言いたいですけど、記事にありましたけど、沖縄って、これまでにも、ものごっついねじれて来てたんですね。大阪にずっとおったんで知りませんでした。
    そんな思いもちゃんとわかって、広範な支持を集められる人、はよ決めてほしいですね。
    全くの個人的な思いつきなんですが、我那覇真子さんはどうなんでしょうか。
    日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター、若くてかわいいし、演説もうまいですよ。
    政治はぜんぜん違うのかも知れませんし、そもそも本人が望むかどうかもありますけどね、、、。
    出てきはったらすごい話題にはなると思うんやけどなあ。

  9. DEEPBLUE のコメント:

    二階さんって党内の根回しはともかく、選挙での対外戦術だと普通に微妙ですよねえ…

  10. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    沖縄が早く落ち着くといいですね、日本全体ももちろんですが…

    【移民】牛久入管収容所でインド人男性自殺、長期収容など懸念再燃 「悪いことをしていないのに1年も牢屋に入れられるのはおかしい」
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48816751.html
    : 名無しさん@
    そうだ直ちに強制送還すべき!

    14: 名無しさん@
    不法滞在は犯罪ですよ?

    34: 名無しさん@1
    こんくらい慎重にやってくれてんなら助かるわ牛久入管GJ

    115: 名無しさん@
    >>38
    難民認定申請したのは本人
    日本は申請の審査が厳しいからな
    強制退去になっても
    本国へ退去させるための旅券発行を拒否される
    ことも最近は多い

    難民支援協会のやるべきことは、日本を批判することじゃなく
    現地で「移民するなら日本はやめとけ」と周知することなんじゃないの?
    他に難民受け入れてる国はあるじゃん
    なんでわざわざ厳しい日本に来るのを止めないんだ?

    関連情報として貼っときます。
    怪しい外人がいたら、ネットで入管に通報できるよ
    http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/

    強制送還は当然として
    このNPOの背後を洗えと言いたい
    間違いなく左と言うより反日勢力が居るから

    JAR
    .
    代表理事石川 えり(難民支援協会事務局員)
    副代表理事中村 義幸(大学教員)
    同 藤本 俊明(大学教員)
    常任理事 石井 宏明(難民支援協会事務局員)
    理事 大江 修子(弁護士)
    同 佐々木 英昭(団体役員)
    同 柴崎 敏男(会社顧問)
    同 関 聡介(弁護士)
    同 滝本 哲也(団体職員)
    同 筒井 志保(難民支援協会事務局員)
    同 永峰 好美(会社役員)
    同 新島 彩子(難民支援協会事務局員)
    同 畠 健太郎(団体職員)
    同 吉山 昌(難民支援協会事務局員)
    監事 小田 博志(大学教員)
    同 難波 満(弁護士)
    .
    顧問 新垣 修(大学教員)
    同 市川 正司(弁護士)
    同 鈴木 雅子(弁護士)
    同 森 恭子(大学教員・社会福祉士)
    同 森谷 康文(大学教員・精神保健福祉士)

    政治難民は受け入れない。
    日本国内で他国の政治的対立による犯罪、暴動、武力行使、テロ等を避けるためだ。
    日本国民の安全、ニュートラルな立場を保つ為に絶対必要な政策。

    JAR
    .
    関係団体
    パートナー
    国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)
    .
    参加しているネットワーク
    1325NAP市民連絡会
    Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN)
    Asian Refugee Legal Aid Network (ARLAN)
    International Detention Coalition (IDC)
    Core Humanitarian Standard Alliance
    NGO安全管理イニシアティブ (JaNISS)
    NPO法人国際協力 NGO センター (JANIC)
    NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
    支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク (J-QAN)
    Japan Forum for UNHCR and NGOs(J-FUN)
    NPO法人ジャパン・プラットフォーム (JPF)
    新宿区 NPO ネットワーク協議会
    新宿区多文化共生連絡会
    防災・減災日本CSOネットワーク (JCC-DRR)

    ※4
    多分だが
    送還申請が間に合わないんじゃ無いか?
    最近増える難民申請者故に
    年間数十万の難民申請を日本人数十名で申請書を観るわけで
    5人強制送還中→50人が難民申請→精査中→50人難民申請→5人強制送還みたいに

    >「彼は何も悪いことをしていない。喧嘩もしていないし泥棒もしていない。それなのに1年も牢屋に入れられていたのはおかしい」

    何が悪いのかさえ理解できず遵法精神も希薄な↑の友人もいつ犯罪に手を染めてもおかしくない

    受け取りを拒否する国家には、何らかの実効的な制裁を科すべき。
    自国民の受け取りを拒否するなんて許せない。
    偽装難民の入国を手引きする活動家も国外退去させるべき。

    費用払えず入院拒否で死亡(32人め)「無料低額診療」の制度を知っていれば助かったのに←「初めて聞いたわ」の声多数
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49604569.html
    40: 名無しさん@
    >>22
    ξ´・ω・`ξ 
    「無料低額診療というものがある」と告知する義務を
    課されているのは基本的に医師(事務方でもOK)で、
    決定権も病状を公文書に記載する医師だわ。
    「知らないでは済まない」だけど、
    その辺の町医師と事務方は怠惰な猿レベルだから
    マジで知らないんよねぇ…(軽い頭痛

    61: 名無しさん@
    >無料低額診療

    マイナンバーで自動的にできるようにしないと難しいな。
    困窮している時は考える余裕がない。

    病院の会計にケースワーカーなり専用の職員置いて
    保険の窓口の如く全ての希望者に最安のプランになるように
    説明させるよう義務付ければいい
    雇用促進にもなっていいだろ。市役所からの出向でもいい

    十数年前の知識しかないせいかこの制度は知らなかったわ。
    ここから長くなるけどごめんなさい。
    きちんと色んなお得になる制度をいくら丁寧に説明しても、「よく分からないからもういい」と言われるんですよ。
    特に老人はほとんどがそんな返答。
    代理で誰かに手続きして貰っても大丈夫と言っても「いらない」の一点張り。
    そんな奴いないと言われても、このパターンが本当に多いのは事実だし、そう言われたら強制的にどうこうする権利は病院側にはないので拒否されたらどうしようもない。
    あと、こういう制度で診療報酬そのものが下がる事はまずないのでもうちょっと調べてからドヤ顔した方がいい。
    窓口負担を減らす場合は基本的に国が減らした分を負担する。
    蛇足だけど入院に関する事は厚労省の医療費削減のためです。
    病状に関わらず「入院期間が短ければ医療費は削減できる」という安直な役人思考です。
    「退院できる状態じゃなくても早く退院させろ」というお上の意向ですよ。
    病院経営にも金がいるんでね、赤字にしかならないような点数設定をされれば対策を取らざるを得ない。
    なんにしても、手続きの煩雑さも制度のややこしさも病院側の努力だけでは如何ともし難いね。
    個人情報云々も厳しいから尚更ね。

    これ外国人も支給対象なんだな。
    最初から病気の状態で入国して、
    この制度使われたら日本国民の税金で無料治療できるってことか。

    今日医者行ったけど、この制度60歳以上の独り暮らしと70歳以上の二人暮らしが対象の制度なのね。
    自分はまだ相当縁遠い制度だわ。
    今は医療機関でもジェネリック処方が一般的なのね、国が医療費下げる政策してるからって。
    先発品に変えてもらったけど。
    以前はジェネリック薬品に外国の製薬会社の物も多かったけど、今は競合相手も増えてるから国内の製薬会社も参入が増えて企業努力してるので、昔よりもジェネリック凄い増えてるんだって。

    解雇されたエリート官僚が『難病患者への差別発言』を連呼して批判殺到。本性がむき出しになった模様
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510799.html
    インターネット政党「新党憲法9条」代表の天木直人氏の投稿が炎上している。
    天木氏は15日、自身のツイッターに安倍首相の難病を揶揄して「一日もはやく腹痛でも起こして辞めるべき」と投稿。第一次安倍政権が退陣する原因となった難病「潰瘍性大腸炎」を指しての投稿ではないかと批判が殺到している。

    2:あなたの1票
    世界中の罹患した人に謝罪しろ。

    むしろ安倍首相や河野外相の中東訪問の会談で、エルサレム問題やイラン核合意の瓦解の歯止めをして繋ぎ止めをしてるのが安倍政権らしいのだが?

    …やめろと?

    この時の映像見たら、質問してたのが玉木さん。「え?トイレ?」で、ソッコー「ええーっ!!」のヤジが数人分。ひどいもんだった。

    >質問中の野党議員は時計を止めたうえで快く応じている

    野党は大ブーイングして叩かれたじゃねえか、もう忘れたのか。勝手に記憶を改竄すんなよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です