行橋市議、逮捕。


 

 

下記の件について、行橋市議会を構成する一人として、非常に恥ずかしく申し訳ない思いでいっぱいです。

かつて、私が犯罪(爆破予告)の被害者になった際には、「警察の発表を待たずに」、
私の名前を入れて決議をしたわけですから、

今回、警察の逮捕事実と報道をもって、「西本市議に対する決議」を議会は可決すべきだと考えております。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

本来は臨時議会を開いて、議会は対応すべきだと考えておりますが、私は議長ではあませんので権限がありません。

そのため、少なくとも「12月定例会」においては、上記の決議(動議によるものかは未定)を出したいと予定しております。
ちなみに、西本市議は爆破予告の決議に立ちました。

ですから私は譲る気も退く気もありません。
どうやら、前回の私の議会便りすらも、議会側で編集したいようで、修正して欲しい旨の調整がかかっています。
それも含めてイライラしておりますので、もう少し議会側の傷口は広がるでしょう。

テロには屈するが、我が身はかわいい(苦笑
人にしたことは忘れ、自分の保身のみ。
議会で「議員名を出して、議会便りに掲載」する前例は、【坪根局長】の時代に当市の前例となり、
無理な調整の結果、私が強いストレスを感じていることが遠因にございます。

テロに屈し、同僚議員を犯罪者に売り払った、
そのような「汚点」が当市議会に残る限り、彼らは永遠に苦労することでしょう。
私の議会便りに手を加えることは一切、許さない。

私には、まだ残弾がある。
何か「調整」をかければ、次の火が立ち上るだろう。

逮捕の件を含め詳細は、明日に書こうと思います。
今日はドタバタしておりましたので、このあたりで。

 

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

14 Responses to 行橋市議、逮捕。

  1. 宮崎マンゴー のコメント:

    この際、膿を徹底的に炙り出し一掃し正さなければ…行橋の市民の皆様へどのような顔が見せられるのでしょうか!政治家として襟を正ししっかり役割を果たしていただきたいと存じます。蔓延していた腐敗の数々は、行橋市議員に限らず、我国の政治家の皆様へもう一度初心へ戻り見つめ直していただきたいものでございます。そもそも政治家とは国の為、国民の為、自らの命を身体を張って護り闘うのではないのでしょうか。
    小坪議員様、今こそ貴方様の貫き通された真実と正義の出番かと存じます!宜しく御願い申し上げます。祈

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    既にgoogleで「行橋」のキーワードで検索すると、検索候補としては本事件に関わるものばかりです。
    行橋市の世間一般での知名度はと言うと、行橋市役所産業振興部農林水産課が2016年に「行橋市地域ブランド推進計画」を打ち出して居る事からも、然程高かったとは言えないでしょう。

    その中で、本事件に関する報道は案外、全国的に報道されて居る様です。
    この事件は事故を共犯者と組んで偽装し、共済組合から共済金を詐取した被疑で逮捕執行されたものです。
    共済と聞けば、それなりに感じる方もいらっしゃるのではないかと推察します。
    今迄、パヨ界隈からは行橋と言えば知る人ぞ知る”厄介な保守議員の居る”地方都市と言う位置付けだったのでしょうが、「行橋」の名を知らない人へは本事件を利用すれば、良からぬレッテルを貼る事も可能な訳です。
    故に、行橋市議会は早めに草毟りを行った方が良い状態と言えるでしょう。

    尤も、レッテル貼りが順調に進んでも、禍転じて福となせば、逆転も可能だとは想定しておりますが。

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      該当議員が「犯罪」ですので、仮に保釈されても「自主的に辞任」させられるのではと思います。
      報道内容から見れば一目瞭然で「悪質」ですからね。

      それでも庇うのなら、色々な負の連鎖を生むでしょうね、注目ですね。

  3. BLACK のコメント:

    今回のことが行橋市にとって有益になることを望みます。
    行橋市市議会の対応を注視します。
    市議会にとっては汚名挽回のチャンスにすることも可能だと思いますが・・・
    続報をお待ちしています。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、おはようございます

    上記の常連の方々(宮崎マンゴー様、櫻森居士様、BLACK様)のコメントにもございますが、
    今回の事件が、行橋市にとって、膿を徹底的にだせれば、禍を転じて福となし、そして、市議会の汚名挽回の絶好のチャンスになるのではと思います。

    続報(吉報になるといいな)をお待ちしております。

  5. ミカンの実 のコメント:

    悪徳で無知な行橋市の議員が犯罪を犯したとの事、悪事が明るみになって警察に捕まって本当に良かったですね。あとは議会がしっかりと頑張って良くなればいいのです。今まで小坪議員を誤解し嫉妬していた同僚は、これで目が覚めたことでしょう。まずは良かったです。行橋市のさらなる幸福と繁栄を祈っております。

  6. 北麓のジジイ のコメント:

    小坪議員お疲れさまです。
    事故を装っての共済金詐欺・・・見事な犯罪ですね。
    詐欺罪の初犯では、どのくらいの量刑になるのでしょうか。
    初犯であれば執行猶予がつくのでしょうか。
    詐欺罪の法定刑は重く、10年以下の懲役ですが、有罪となれば「議員」でいることは不可能と思われます。
    罪を認めた場合は「辞職勧告決議」が相当だろうと思いますが、有罪判決まで居座られたら「除名」が必要ではと。
    まあ、起訴されたら「辞職願」が提出されるでしょうから、その前に決議案が出せればベターかと。

  7. 異国より のコメント:

    こういう小悪党はさっさと逮捕されるのに、某殺人勲章爺さんは血税無料セコム、じゃなかった警察のお守り付きでのうのうと娑婆で暮らしているのって納得がいかないです。

  8. ロスジェネ兵庫県民 のコメント:

    行橋市議会全体の名誉という点では確かに汚点かもしれませんが、市民、国民にとっては吉報といえるのではないでしょうか。
    溜飲が下がるという意味ではありません。「悪いことをしたら罰せられる」というごく当たり前のはずのことが人や立場次第で全く守られていないこと。これが行橋市に限らず現代日本の恥ずべき汚点であり、今後悪事を働いていた者達が公正に裁きを受けるようになるなら、それは社会の健全化、真の法治国家実現への前進を意味するからです。

    異国より様が書いておられるように、罪も無い親子を殺害した男が(確証はありませんが)元高級官僚であるためか逮捕すらされていません。形式的に逮捕されるが不起訴、という展開でもとても納得のいくものではありませんが、同じ高齢ドライバーでも、人に怪我一つさせていない人が逃亡や証拠隠滅の恐れなどないにも関わらず即逮捕されている以上あまりに不自然です。
    また、連日話題になっている教師のいじめですが、行為そのものは子供じみているものの明らかな犯罪行為です。給与が支給されないよう条例で取り決めて、などとやっていますが、普通に考えれば逮捕して実名を報道するのが筋というものでしょう。市教委に至っては、給食にカレーを出さないようにします、いじめの現場になった家庭科室を改修します…人を愚弄するのも大概にしろ。

    そして、数十年に渡りありもしない罪を捏造し、国民を変態だと書き連ね、日本の名誉を貶めた某新聞社どもは、何をしでかそうが野放しでその責任を問われることは一切ありません。
    テロ予告の被害者である小坪先生を助けず亡き者にしようとした行橋市議会だけでなく、私達現代日本の大人達の多くが、こんなにも「自分のしたことに責任を持たない」という無様な姿を子供達に見せているのです。明らかな犯罪を犯した者を守り、被害者を踏みつけるようなことをしている者が、倫理や教育を語り、子供達にいじめはいけないと言う。こんな恥ずかしい話はありません。

    暴力の被害に遭った力無き人々(小坪先生の場合は、ご自身で反撃されているので力無き人とは言えませんが)、自分で自分の身を守れない子供達を、多くの人の知恵と力を結集して守るのが正しい人間の社会のはずです。その社会の秩序を乱し、自分達だけは暴力も言論弾圧も殺人もしていいのだ、などという連中は決して許さない。そういう潮流を皆で作っていかなくてはなりません。
    小坪先生、被害者を叩くなどという反社会主義者にも、その尻馬に乗った者達にも、徹底的にその責任を取らせて下さい。それは、「小坪氏に手を出せばこうなる」と敵対者に分からせる以上に、健全な社会を築く機運を高めることになると思います。

    • BLACK のコメント:

      ロスジェネ兵庫県民様の仰られる通りだと思います。

      悪いことをすれば逮捕される、罰せられる。
      とてもシンプルで、明確で、本来は誰にでも平等のこと。
      それがシンプルではなく、明確ではなく、平等ではないとしたら
      またはそう見えるとしたら、権力や特権や立場を持たない人々はどう思うでしょうか。
      必ずしも現在の社会にそのような不平等が増えたのではなく、わかるようになった、隠せなくなったのだと思いますし
      もしかしたら昔より平等になって来ているのかも知れません。
      その部分は私にはわかりません。
      ですので、不平等が増えた、と言うつもりではありません。
      実際に不平等が増えたかどうかは言えなくても、不平等だと感じる人たちが増えているのは事実ではないかと、私は思います。

      「平等ではない」「差別がある」「庇っている」「御目こぼしがある」と言うような人々の気持ちは暴力革命を呼び込むものだと思います。
      暴力革命を起こしたい人たちが、一般人のそのような気持ちを利用するのだと思いますが
      不平等感と暴力革命はとても相性が良いと、私は思います。

      そして暴力革命は平等や公平を実現させることなく、
      「平等ではない」「差別がある」「庇っている」「御目こぼしがある」それぞれの立場が入れ替わるだけだと、私は思います。

      ひとつひとつ、平等に公平に対処すること。
      それが暴力革命を防ぐことだと、私は思います。

      • ロスジェネ兵庫県民 のコメント:

        BLACK様、ご返信ありがとうございます。私もBLACk様のコメントを拝読致しましたが、おっしゃることに賛同します。

        共産主義、社会主義の掲げる「革命」の方法論は、人々に「今の社会は不平等だ」「あなた達がうまくいかないのは、権力者達が弱者から搾取して美味い汁を吸っているからだ」と不信感、不安感を植え付け、「だからそんな政権は倒して、真の平等な社会を築こう!」と扇動することです。
        しかし実際に築かれるのは、BLACK様のおっしゃるように有利な人と不利な人の立場が入れ替わっただけの社会。いえ、むしろ資本主義社会よりはるかに極端な、極めて少数の権力者層と大多数の「平等に貧しい」人々に変わる分、共産主義は危険だと言えます。

        経済評論家の渡辺哲也氏が、「共産主義のバイブル『資本論』はアルコール依存症で親戚に金を無心しては遊び呆け、家政婦を妊娠させた挙げ句その子供を養子に出してしまったマルクスの『俺がうまくいかないのは社会のせい』という恨み節。共産主義、社会主義は経済の在り方として論じるには違和感があり、私は哲学だと思う」とおっしゃっていました。渡辺氏の語り口は紳士的でしたが、政治思想、経済の一形態として論じるに値しない、ということだと感じました。私も同感です。

        更に、共産主義をありがたがっていた人達の実態は、作家の北方謙三氏が「当時学生運動していた連中は『資本論』を読んだことがあるか、という以前に、マルクス・レーニン主義を二人の人名を並べたものだということさえ知らなくて、『レーニンなんだからロシア人だろう』とか本気で言っていた」と語る通りの無知な人々でした。
        自分の面倒も見られない、子供を作っても親としての責任を果たそうともしなかった落伍者の妄想と、そこに書き連ねられたたわ言を尊い理想と信じた人達が生み出したものは、何千万という人命を犠牲にした殺戮と絶望的な貧困、密告に怯え人々の信頼が死滅した社会です。こんな低俗で邪悪なカルト宗教に、私達の日本を絶対に売り渡してはなりません。

        ですが、日本に暴力革命を起こそうと画策している主犯達は、踊らされている末端の人々と違い極めて狡猾なはずです。社会に蔓延する不公正がただ「炎上」するだけでは、彼らを利するだけでしょう。
        BLACK様のおっしゃる通り一つ一つに平等・公平に対処することで、「不公正はあるけれども、私達の社会はそれを正すことができる」という成功体験として、皆で社会の健全化を目指して共有していきたいものです。

  9. 維新は裸の王様 のコメント:

    行橋市に限らず、全国の地方議員も何処かで悪事をした者が発覚するかも知れない。
    その時に、其処の議会はどう動くのか?
    ある意味、全国が注目しているでしょうね。

    つか、該当議員へ投票した有権者は、とてもやりきれない思いでしょう。
    議員削減案誓願、待ったなしかも?

  10. 試され過ぎな大地の国民 のコメント:

    そっかー残弾あるのかー…
    これと同じかそれ以上の魚雷なんでしょうね…

    水利権とかあったしなー
    次はなにかなー

  11. 工藤会 のコメント:

    市民の会の議員はまず自分の会派の不祥事を見直した方が良いと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください