【急報】沖縄県知事選に暗雲、自民敗北の危険性。翁長知事の容体【危機啓発のためにシェア】


 

 

翁長知事が検査入院との報道。
政治やイデオロギーは抜きにして、ただ単に身を案じる。
ただし政治家として述べておくべきは、「状況次第によっては、自民は県知事選に勝てない」という事実である。

自民党の政治家の一部、のみならず保守支持者にも楽観ムードが漂う。
無理だと言われた名護市長選を勝利し、保守分裂の石垣市長選も勝利した。
ただし油断できる理由はどこにもない。
実は、いま危機的状況にある、その危険性を提示したい。

自民党は、知事選の候補が決定していない。
ここが最大のウィークポイントである。

以降は、病気のことなので言い方には細心の注意を払わねばならないが、
政治家として、選挙のことも論じる必要がある。
知事の身に万が一のことがあれば、選挙が早まる。

容体が厳しく、そのまま途中辞任となれば、総裁選に被る日程も範囲となる。
また、その時期とは、「沖縄の地方選挙」とも重複し、多くの地方議員が(自らの選挙があるため)身動きがとれなくなるのだ。

知事選とは、非常に選挙区が広い。
全県下で動くもので、候補を確定し、各地に支援組織を構築する必要がある。
準備期間には相当な時間が必要であり、いま突然選挙と言われれば「まず勝てない」のだ。

タイミングも最悪で、自民党は総裁選挙を控えている。
外部から有力な看板議員を大規模投入することは、不可能だ。
メディアや左翼は「国策選挙」と批判しているが、
実際、国会議員を多数動員しており、外部の力もあって納めた勝利とも感じている。

現場に何度も足を運んだ一人として、
沖縄の保守のみで、「与党である左翼」を打破するには、
はっきり言って火力不足だと思う。

翁長知事の病状は、わからない。
だが、噂によると膵臓ガンという説も、実しやかに囁かれる。
真偽は不明だが、いよいよ病状が悪い場合、追い詰められているのは保守だ。

そもそも4月22日には、沖縄市長選を控えている。
ここを勝利してのち、初めて「知事選への挑戦権」を得られるような状況だ。
だがしかし、沖縄市長選への警戒心は弱く、地元県議らは呼びかけに余念はないが
「どうにかなるんでしょ」という慢心が、保守系をはじめ支持者に蔓延している状況に警鐘を鳴らす。

ミッドウェーでは、四隻の正規空母が撃沈された。
油断大敵である。

 

4月22日 投開票
沖縄市長選挙
桑江朝千夫(くわえさちお)

4月22日 投開票
与那原町長選挙
仲里司(なかざとつかさ)

 

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

知事選の選挙区は、広大
沖縄は、「県」である。

足を運んだことがある方も、多くは那覇近郊でとどまっている。
那覇だけが沖縄県ではない。

 

例えば、先日、市長選があった名護市は、那覇空港から二時間ほどの時間を要する。
さらに北部となれば、まだまだ時間がかかる。

実は、JRがない。
正式には鉄軌道というが、ここは地域柄として抑えておいて欲しいポイント。
那覇市内のみ、ゆいレール(モノレール)があるが、那覇の一部のみである。
大規模な輸送機関がなく、那覇市内の渋滞解消が難しい理由の一つだと認識している。

結果としてだが、県内の各所で、「横連携が弱い」と感じている。
何度も選挙で入るたびに感じるが、「街と街」「市と市」が離れているのだ、実際の距離以上に。

 

車で移動するよりなく、例えば運転免許を取得するまでは、県内の各自治体と人的関係を築くことが難しい。
電車がないことは、地域としての特性として挙げるべきだろう。

沖縄には一区から四区までの小選挙区があるが、那覇を含む一区以外は、想像以上の面積がある。
そもそも島ゆえ、離島だって相当な数だ。
それぞれに人が住んでおり、選挙の得票数で見れば軽視しえぬボリュームがある。

 

この全てに対し、選挙組織を構築し、支援体制を作らねばならない。
決起集会だって凄まじい個所で行うこととなり、
特に「野党が、知事を取りに行く」選挙である以上、

かつての「政権奪還選挙」並みの負荷が、これから必要なのだ。

 

 

 

時間がない。
選挙体制の構築には、想像以上の時間を要する。
知事も市長も与党であれば、「県議が抑えにまわり」「手足として市議が動き」で済む。
保守の前知事から、新しい自民の知事へのバトンタッチであり、通常の戦い方で済む。

だが、いま沖縄は野党にトップをとられている。
自民の県議も数は少なく、現場指揮官の数は揃わない。

 

また、人口がもっとも集中している、県庁所在地 那覇市。
自民党市議の数は僅かであり、自民党那覇市議団は、一度崩壊している。

翁長知事が「”自民党の”那覇市長」であったため、自民党那覇市議団は、翁長知事について行ってしまった。
のち除名されており、手で数えるほども残っていない。

私が全力で支援した大山たかお市議にしても、まだ議員歴は一年未満。
市議会の構成は、多期生のベテランは一人。
残りは二期生と一期生のみだ。

 

人口密集地である、那覇市。
市長も、オール沖縄であり、市議会でも自民は劣勢。
選挙の主力になるほどの頭数はおらず、元から状況は逼迫していた。

私の想像では、那覇市へのテコ入れが主たる戦場になろうかと思っていた。
他の自治体では、市長が自民系の場合がほとんどで、「なんとかなる」と賭けるしかない。

それぞれの自治体で「僅差でもいいから勝利」し、
その上で「那覇市で負けない」ことが必勝法となるからだ。
他で勝っても、(人口が爆発的に多い)那覇市で大敗すれば、知事選としては敗北する。

 

これらの体制構築には、想像以上の時間が必要だ。

 

にも関わらず、知事選の候補者が決まっていない。

候補すら決まっておらず、私の知る限りでは「体制の構築」までは手が回っていない。
私が知らないということは、そんなものは始まってないのだ。

 

本来であれば、決起集会をすでに何度も行ってなければならない。
候補者の顔見世を、有権者に最初のご挨拶程度は済ませておくべき時期だ。

何も、進んでいない。

 

このまま、突然、知事選となれば、
もう勝てる見込みはない。

 

 

 

最悪のタイミング
冒頭でミッドウェー海戦になぞらえたが、本当に最悪のタイミングになる危険性がある。

 

自民党の総裁選に被れば、外部からの応援は期待できない。
自民党の国会議員らは、「自民党のトップ」を決める選挙を行うわけで、
無論、沖縄の支援も行うとは思うが、火力が低下することは否めない。

 

また、このタイミングは、沖縄の統一地方選でもある。
多くの自治体で、市議らは自らの選挙を戦っているため、
知事選を艦隊決戦に例えれば、「駆逐艦がいない」状況となる。

 

自民党は、まだ候補者すら決まっておらず、
ここで知事選が前倒しとなれば、もう勝ち方がわからない。
勝利の方程式が見えない。

 

 

さらに、です。

4月22日の沖縄市長選で勝利できなければ、県知事選にも暗雲がたちこめる。
絶望的と言われた名護市長選、保守分裂の石垣市長選の勝利も無意味となってしまい、
「知事選への挑戦権」は、失われてしまう。

 

悪いことばかり考えても仕方ないですが、最悪状況を想定し、備えることを呼びかけねばなりません。

途中辞任となり「志、なかば」と勇退した場合。
「意思を継ぐ!」と、あたかも弔い合戦のような選挙となるでしょう。

私が向こうの選対ならば、そのように段取りを組む。

 

弔い合戦系の選挙は、問答無用で極めて強力です。
直近ですと、鳩山邦夫氏が急逝した後の選挙。

実態としては自民・自民の分裂選挙となったのですけど、
凄まじいまでの大差がついています。

 

ここは、極めて強く言っておきますが、一部の保守の言い方には苦言を述べる。

翁長知事の病気を喜ぶような、そのようなニュアンスの投稿もあった。
誰しも病気とは苦しいものであり、イデオロギーが違えども、決して喜ぶようなものではない。

また、根本的に誤まっているのは、知事が病に伏したとして、不利になるのは私たち保守です。
県政奪還という勝利からは遠のくばかりで、喜べるような内容はどこにもありません。
(そもそも病気を喜ぶことは、私は絶対にできません。それが政敵であったとしても!)

 

 

 

早期の知事候補の擁立を
まずもって、知事候補の早期選定を行う必要があると思う。
メディア露出も多かった、名護市長選の前に決めておくべきだったと、個人的には思う。

 

各選挙で顔を売り、少しずつ「広大な県内」に名前を覚えてもらうよりないからだ。

私は地元ではないため、県外の政治情勢に首を突っ込み過ぎるべきではないと思うが、
どちらにせよ知事選にも支援に入る予定であり、「一支持者」としては言わせて頂きたい。

・・・早く、決めて欲しい。

 

確かに、早くに名乗りを挙げすぎれば、後ろから撃たれたりするのも政治の世界だ。
だが、何より時間がない。

私には、上のほうの難しい話はわかりませんが、
しかし、現場を切り盛りする苦しさ、現実はわかるつもりです。

あれだけ広い選挙区となれば、現場を仕切る選対幹部も相当数が必要で、
選対経験もある私から言わせてもらえれば「現実的に、物理的に、もう時間がない」ことは強く訴えたい。

 

本人から、出馬の意欲が強く感じられる中で、安里繁信氏は集会を多数開催している。

気が速すぎるという声もあったし、対立する陣営もあるかとは思う。

だが、「すでに動いている人」しか、もう戦うことはできないような状況ではなかろうか。

 

安里氏は、私が個人的に知っているというのもあり、応援したいと思っている。
もちろん、皆で推すという候補が出てくれば、そちらの支援を行う。
無理に、党を割ろう等という思いはない。

決まればいいな、ぐらいには思っていたが、
そして、動きが早いな、とも思っていたが、
この状況では、戦えるのは安里氏ぐらいだろう。

 

ただし。
ここまで準備時間が少ないとなれば、誰が出ても、厳しい。

安里氏が、いくらか準備が出来ているとは言え、臨戦態勢には程遠い。

 

私の体感で申し訳ないが、知事選に出たい方が増えたように思う。
かつては「負け戦」になるならばと、出たくない方が多かったように思うのだ。

名護、石垣と勝利を納め「勝てるなら、出たい」という者が増加したのだろう。
それはそれで良いことだと思うが、決して楽観できるような状況にはない。

私が安里氏が好きなのは、「絶対に無理だろう」という状況の頃から、
「いつかチャレンジしたいな」と真剣に考えていたからだ。
私は正直「この人、大丈夫か?これだけ大きな会社を経営しているのに、人生を棒に振るぞ」と、むしろ不安に思ってしまったぐらい。

 

 

 

それらの一切合切を抜きにして、ただ言いたいことはひとつ。

結論から言えば、「誰でもいいから、勝たねばならない」である。

そして、いまの状況は極めてヤバイ。

保守の慢心が恐ろしくてならない。

選挙は、油断したほうが負ける。

 

4月22日 投開票
沖縄市長選挙
桑江朝千夫(くわえさちお)

4月22日 投開票
与那原町長選挙
仲里司(なかざとつかさ)

 

 

 

 

選挙は、油断したほうが負ける。

 

他者の病気を喜ぶことはあってはならない。

 

その上で、選挙を含む政局を見据えるに、

 

私たちは楽観できるような状況にはない。

 

実は、不利になり、追い詰められているような状況だ。

 

共に県政奪還を果たそう。

 

「油断大敵!」と思った方は、危機啓発のためFBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【急報】沖縄県知事選に暗雲、自民敗北の危険性。翁長知事の容体【危機啓発のためにシェア】 への12件のフィードバック

  1. WAO のコメント:

    >翁長知事の病気を喜ぶような、そのようなニュアンスの投稿もあった

    ここに因んだ事として、現知事のカツラが云々…だけ書き込む輩が、
    SNSとか動画コメント欄でよく見かけますね。
    翁長行政の本質とは関係ない話なのに、書いてて楽しいとか、
    有意義なコメントだと思ってるのでしょうかね。

    今回の記事主題の本当に枝葉の話でしょうが、日ごろから気になっていた
    事でございます。

    • 異議あり のコメント:

      誰かを揶揄したら、その発言が即、発言者のイメージダウンにつながることは
      あまり意識されてないような気がします。
      どんなに揶揄された側が悪くても、何も知らない人にとっては、された側ではなく、した側が悪く見えてしまうんですよね……
      そして、個人ではなく、その個人が属するであろう集団(本当は属していなくても、見た側が連想する)への反感になるんです。

      選挙期間だったか、「どんなに業腹な相手でも敬称をつけないといけない」という知恵を見た時は、なるほどと頭でわかってもなかなか抵抗が強くてやりづらいものでした。その態度はこちらに利があるのに感情では嫌で仕方ない。
      もっと言うと、パヨク的なワードも本当はあまりよくないかなと思います。
      ネトウヨという言葉を使う人間の発言なんて、ネトウヨって視界に入った瞬間聞く気にならないのと多分同じぐらい、パヨクを使う人の発言もそう思われてるんじゃないかなあと。
      (パヨクっていうのはネトウヨと違って、元々あっちがぱよぱよちーんって言っていたのが語源でね……なんて「解説」や「こっちがやるのはセーフな理由」は意味がない。「その言葉でレッテルを貼り特定集団を下に見てる態度」が外野から見てイメージ悪いってことなので)

      まあたった今、モリカケのニュースに大真面目な人と大喧嘩したので私も全然できていないんですけどね……

  2. ひろちゃん のコメント:

    安里さんが知事選に「出たい」とご準備されていることを、今日はじめて知りました。
    素晴しいですね。自民党のみなさん、早く候補者を決めて、体制をととのえて走り出さないと、もう間に合わないと思います。

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    二階幹事長ですよね。選挙権関連は?

    政争なんかしてないで、さっさと決める事を決めないと親中派だからなんて、変な噂がたつこも。

  4. あかうお のコメント:

    翁長知事が検査入院した事は聞いていますが、
    そうか!知事選が前倒しになる可能性があるんですね!?
    県知事選を最終決戦として、前哨戦となる選挙を勝っていく必要があるのは
    前々から触れられていますが、まだ知事候補も決まっていないとは…。
    それが県議のせいなのか、自民党本体の怠慢なのか分かりませんが
    前哨戦で勝ってるからって、油断しすぎじゃないですか?
    自民党は野党でマスコミは全国的に敵だらけ。
    安倍政権は支持率4割を回復したみたいですが、次々と攻撃(嫌がらせ)が
    仕掛けられている状態で、地方まで手が回らないのだろうか?
    沖縄は地方選挙だから~と割り切れない、最前線なんだけど…。

  5. 琵琶鯉 のコメント:

    色々とシナの工作が、各方面で炸裂してますから目を光らせないと危険かと思います。

    特に親中と呼ばれる方々の動きは注目してないと。安倍政権の支持率(精々2000人未満、ネットでは、万単位の調査では、もっとありますが)が下がっている事をいいことに、何かと蠢いていますね。

  6. 元新聞奨学生 のコメント:

    小坪先生、なくそう残紙の写真を替えて下さい。あれは読まれた新聞です。この写真では資源リサイクルの良いイメージです。実際の押し紙は配送センターから各新聞販売店に運ばれたものの梱包未開封のままの状態です。まっさらのまま読まれる事なく古紙回収業者に渡されます。資源の、労力の、コストの無駄です。新聞販売店側は困っているので梱包でどの新聞かわからないか誰から提供されたかわからない写真なら使わせてくれると思います。

    沖縄知事選、対馬、北海道と並んで郷土防衛の要所ですね。選挙で共産党と公明党のどちらがマシか?という究極の選択になればそりゃ選挙に行く人は限られるでしょう。日本人が日本をより良くするために選挙に行かなければと思えるようなしっかりした候補を早めに立てて住民の認知を充分にして頂きたい。

  7. そうか!安心してられへんのですね、さすが小坪しんやさん!
    最近、何となく流れが来てるんかなあ、と安易な気持ちになってました。
    私に何ができるというわけでもないんですけど、気を引き締めます。
    それにしても、自民党、はよ擁立せんかいな、と思いますね。

  8. ピンバック: 【沖縄県知事選、自民敗退の危険性】翁長知事、すい臓に腫瘍、手術へ【危機啓発のためにシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    そんな事になってたんですか、確かに静かでしたね。
    そうそう、今度はゆずにも…

    「ゆずはネトウヨ」 ゆずの新曲の歌詞に困惑の声が相次ぐ
    ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1963573.html
    101: 名無しさん@
    アジカンが発狂してそうw

    >「美しい日本」「靖国の桜」――。このように、「政治的」とも捉えられるフレーズが頻出する歌詞に

    政治的に聞こえる時点で頭の病気だろw

    自国が嫌いって何なんだよ
    ああ自国じゃないのが混ざってるのか

    パワハラ問題の取材で『フジテレビが犯罪行為を告発される』斜め上の展開に。学長が県警に被害を届けを出す
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50509733.html
    84:名無しさん
    仮に学長の虚言だったら
    刑法にひっかかるんじゃないの?

    でも沖縄の違法検問やってたヤツが、運転してた人と押し問答になった後に同じ手口で告訴して、運転してた人に罰金刑の判決を沖縄地裁が出してる。つい昨日のこと。
    権力者や経済的強者が起こす物に限定して定義されてるけど、違法な事も厭わない、例え罪に問われても気にしない、前科がつけば英雄扱いされるコミュニティに属する連中がやるのもスラップ訴訟だよなぁ。

    財務局の自殺騒動で『文藝春秋が遺族と正面から激突する』訳のわからない展開に。どちらかが嘘を吐いた模様
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50509730.html
    8:あなたの1票は無駄
    >  文芸春秋編集部は「適切な取材をして掲載した。原稿を本人に確認いただいている」とのコメントを出した。

    イタコかな?

    愛媛県知事の緊急会見で『朝日報道が事実無根のデマ』だと確定した模様。あからさまなフェイクニュースだ
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50509720.html
    450:名無しさん@1
    会見見てるけど
    大学は法律に則って適正に審査され設置された
    単なる備忘録(メモ)
    忘備録なので公文書ではないから、保管義務は無い
    職員も愛媛県としても「首相案件」という言葉に
    特段違和感は感じない
    なぜなら国全体で国家戦略特区として取り組んでいるという意味でしかない
    朝日これどーすんの?

    参考
    「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録
    ttps://www.asahi.com/articles/ASL497F9QL49UCLV00S.html

    訴訟とかできんの?
    なんかもう腹立ってきた 学生とか愛媛とか可哀想すぎる

    ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/170120goudoukuikikaigi/shiryou2.pdf
    これ見ると学校招致の公募が始まったのは2017年の1月なんだよな。
    2015年4月の段階じゃ特区になるかどうかすら決まってすらいない。

    なんか時系列がこんがらがってくるんですが?
    首相が加計学園に忖度するとして、今治市にわざわざ学校招致を強要したって事になるのか??
    今治市にいったいナンの得があるの???

    ゲルを証人喚問しろ
    なぜ4条件なるものを作ったのか
    それがなぜ強制力があるかのように使われているのか
    はっきり答えてもらおう
    それでカケの方は一発で終わる

  10. ピンバック: SC93高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸

  11. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    ヲナガ御知事様、御病気であらせられるのね〜
    御ヅラが云々と言われて御座いますけれども
    所詮はつまらない事を気にして違和感しかない御ヅラをお付けになられる程度の御人ですわね
    大事より小事に拘る、周囲の人に余計な気を使わせる
    ヲナガ御知事様に毛があろうが無かろうが他人にはどうでもいい事、御仕事さえして下されば問題なくて?
    まぁ、支那のトラップガールに色気づいて若づくりした訳じゃあるまいし

    いざとなれば沖縄をアメリカに再返還して、アメリカの法律でスリーパーセルを駆逐すれば良いと思っていましたが、良く考えたらアメリカが支那に妥協する可能性もなきにしもあらずね

    沖縄も失ってから気づけばいいんじゃない
    小笠原のようにサンゴを根こそぎ持っていかれ
    魚を乱獲され生態系が破壊、綺麗な海は死の海に
    何もかも失って気づいた時には全てが手遅れ
    でもいいのよ、それで気付ければね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です