朝日の記者で、コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美【知らなかったらシェア】


 

 

昭和期の日本を震撼させた『ゾルゲ事件』は、リヒャルト・ゾルゲをリーダーとするソ連軍のスパイ組織「ゾルゲ諜報団」に、日本国内での諜報および謀略活動を許してしまった日本国家の一大事件だったが、この組織の中には、近衛内閣のブレーンとして日中戦争を推進した朝日新聞記者【尾崎秀実】もいた。

他国の諜報機関に協力し、
共産主義者で朝日の記者。

果たしてコミンテルン、東欧のスパイ組織は活動を停止しているのか。
コミンテルンの過去の行いと、現在の「反日メディア」との相関についても事例を挙げて検証していく。

*************************************

日本人でありながら(?)共産主義に加担し、コミンテルン活動家に身を落とした新聞記者はその立場を政治利用し、取材と称した諜報活動と、記事の配信と称した煽動や教唆で日本国民を煽りちぎっている。
(※特記 日本人であったか、確証がもてぬため(?)をつけさせて頂いた。)

*************************************

左巻きの方が好きなものに模擬裁判がある。
たまには真似させて頂こう。

(判決を読むには、以下をクリックしてください。)

模擬裁判の判決
被告:反日マスコミ
首魁:朝日新聞社、及び記者
罪状:取材に名を借りた諜報活動と、記事の配信と称する煽動および教唆
判決:世界中を引き回し謝罪の上、倒産および廃刊。

いま日本の反日マスコミが盛大に行っている偏向報道は、国家を貶めるべく、国民を煽動し教唆するアジテーションそのものではないのか!

本ブログにおいては「赤旗」という、世界同時革命を目指した共産主義者の日本における正統なる申し子、旧称:コミンテルン日本支部こと、日本共産党の資金源について触れてきた。

その理由はなぜか。
本稿においては共産主義者の思考パターンと歴史、過去に犯した罪、いまの日本に「現在に」どう影響しているか振り返りたいと思う。
恐らくその理由を把握して頂けると思う。
(と同時に危険性もわかって頂けるのではないか。)

 

重要
【保守の知らない沖縄】左派に総攻撃される現職市長が窮地に【援軍を!と思ったらシェア】

南城市長選挙
平成30年1月14日 告示
平成30年1月21日 投開票

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

冷戦の集結と現代日本
コミンテルンは滅びた、影響はない、と考えることは「壮大な錯覚」ではないのか。
ソヴィエト崩壊は、1991年の年の瀬であった。
世界史ゆえ便宜上、西暦表記となることをご容赦頂きたい。
(通常、本ブログは元号表記)
冷戦に終止符がうたれ、世界は拡大と混乱の世に突入していく。

この時点まで「西側諸国」と「東側諸国」は、事実上の戦争状態にあった。
初戦からそうであったが、後半戦においても「共産主義による諜報活動」「コミンテルンのスパイ」の暗躍は凄まじいものがあった。

初戦においては、世界同時革命をなすため「資本主義国同士を共倒れさせる」ことを目的に、日米開戦を画策した。
ハルノートはハル氏の名で出されているが、日本が許容できないレベルにまで内容を悪辣に編纂したのは、ハリー・ホワイトという共産主義者のスパイである。これは歴史事実だ。

敵ながら天晴と言いたいところだが
世界が流した血の代償はあまりに大きい。

重視したいのは、「西暦1991年」が、果たして過去なのか、ということだ。
干支にして二回り、滅びた、影響は喪失したというのは容易い。
本国・本部部隊が壊滅し、独自に戦い続けるはずはない。
それは日本の常識であったり、西側諸国の常識に過ぎないのではないか。

旧東欧国におけるスパイとは、そのように甘い訓練であったのか。
給与を対価とした、「職業」としてのスパイと考えてしまったのではないか。
資本主義における職業という常識に囚われすぎてはいなかったか。
そこに甘さはなかったか?

西側諸国に誤解があったのではないか、と考える論拠を下記に記述しました。
少し長いので折りたたんでおります。
本編には大きく関係はしないのですが、読んでもいいよという方は以下をクリック願います。

西側諸国の盲点 「労働」(ろうどう)と「働く」(はたらく)
「労働」と「働く」の意味は実は大きく異なる。
むしろ正反対と言ってもいい。言葉とは「音(おん)」に意味があり、変遷を辿ることができる。

労働の「ろう」という響きは、遡れば法を指す「Low」であったり、slaveであったりする。縛るもの、嫌なもの、である。
響きに意味を求めれば「嫌だけど、仕方なくせねばならないもの」である。
ソルト(塩)という「必須のもの」を語源とした、サラリーを語源とする。
サラリーマンのサラリーである。

対して、「働く」とは、「はた」+「らく」であり
「傍(はた)」のため、周囲の者のため、自ら行う自発的行為である。
それを「楽(らく)」とし、喜んで行う行為なのだ。
「労働」と「働く」は、明確に意味が異なる。

大東亜戦争を振り返るに、米国は我が国の「働くの概念」を理解できていなかったように感じる。
我が国は「働く」の国であった、米国の常識とは異なったのだ。
そして資本主義の概念は、これを理解しえないように思えてならない。
問題はここだ。

果たして今の我が国の国民に、どれほどの「働く気概」が残っているか。
「労働」が浸食した範囲はどの程度か。
一人の政治家としていま一度、皆に問いたい。

<資本主義における常識の限界とは何か。>
労働という概念による盲点である。
「職業とは対価を軸としたものである。」、この常識は資本主義に蔓延しているだけの常識であり、世界の全てがそうではない。
資本主義陣営は、自らの常識に縛られているがゆえに、共産主義のスパイに言い様にされてきた経緯があるのではないか。

 

 

 

ゾルゲ事件と尾崎秀実
本日は、実例としてゾルゲ事件と尾崎秀実について触れてみたい。

昭和期の日本を震撼させたゾルゲ事件』は、リヒャルト・ゾルゲをリーダーとするソ連軍のスパイ組織「ゾルゲ諜報団」に、日本国内での諜報および謀略活動を許してしまった日本国家の一大事件だったが、この組織の中には、近衛内閣のブレーンとして日中戦争を推進した朝日新聞記者【尾崎秀実】もいた。

(資料1:以下をクリック)

尾崎 秀実(おざき ほつみ)wikipedia抜粋
尾崎 秀実(おざき ほつみ、1901年(明治34年)4月29日1944年(昭和19年)11月7日)は日本評論家ジャーナリスト共産主義者朝日新聞社記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。

近衛文麿政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、日中戦争支那事変)から太平洋戦争大東亜戦争)開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた。

共産主義者[1]革命家としてリヒャルト・ゾルゲが主導するソビエト連邦の諜報組織「ゾルゲ諜報団」に参加し、スパイとして活動し、最終的にゾルゲ事件として1941年発覚し、首謀者の1人として裁判を経て死刑に処された。
(引用元:wikipedia 尾崎秀美

 

330px-Hotsumi_Ozaki
元朝日新聞記者 尾崎秀実

尾崎ほつみは、朝日新聞記者という立場を政治利用し、共産主義のシンパとしてコミンテルン活動家に身を落とし、当時の日本国民に対して日中戦争推進を煽動する記事を書き続けた、その罪はあまりにも重い。 今の反日マスコミのアジテーション行為も、尾崎の姿となんら変わらないではないか。

尾崎やゾルゲらは1942年に国防保安法、軍機保護法、軍用資源秘密保護法、当時の治安維持法違反などにより起訴され死刑が確定した。
戦後
GHQによりこのような法律が全て廃止とさせられた現在の日本では、特定機密を漏えいさせた側(公務員や自衛官等)には多少の懲役刑が処されるが、スパイ活動をした当の犯人側には一切のお咎めがなかったのだ。

 

 

 

治安維持法をどう認識するか。
「治安維持法」が出てきたが、私は時代背景を鑑みるに以下のように認識している。

コミンテルンテーゼには、「天皇を殺せ!」と書いてあり。。。
戦前日本において、国体の否定は、それがどれほどの衝撃と恐怖を与えたかは想像しえない。
当然、治安が悪化してしまう。
共産党がいることによって、治安が悪化するのだ。

そのため、治安を維持するために法律が制定される。
その名も治安維持法である。
もうなんとも安直な、そのものズバリの名前である。
この法律にどのようなイメージを持っていたか?
貴方の反応が「戦後教育がどれほど汚されたか」のひとつの答えだ。

取り締まられたことを弾圧と言っているが、果たしてそうか?
確かに後半は捜査もおかしかったようだが、なぜ立法されたかは仕方ない気がする。

いまの時代に置き換えると、「時の総理を暗殺したい!」と本気で思っているような連中だったり、アメリカにおいて「大統領を殺そう」とスローガンに掲げているようなものである。
もっと言えば、「ローマ法王を殺す会」をバチカンで立ち上げるようなものである。
当然、「どうにかしないと」と法律を作る。
それだけのことだと思うが。。。

無論、後記においては「恣意的な運用」がなされたことは忌むべき歴史である。
それは疑いないが、成立した背景については理解も示したい。

現代日本において、「共謀罪」と左派が攻撃する「テロを抑止するための法案」は、国民からの理解を得られている。
背景としては似たようなものではないだろうか。

 

 

 

現代と比較してみる。
特定秘密保護法案こそがこれと対になったのだが、「なぜ反対があったのか。」及び「どこが反対したか。」はしっかりと考えて頂きたい。
その意味を考えるに、背筋がぞっとするはずだ。
単にネット上で「左翼がー」と言っている場合ではない。
現場方は、常に強い危機意識をもち、各種作戦の遂行に身を投じた「と思う。」
(「思う。」は一応つけておく。)

「反原発デモは煽動にあたり逮捕される」だとか「オスプレイ飛行経路を皆で話し合っただけで教唆となり逮捕される」等という反日マスコミ(特に朝日・毎日)のアジにはいい加減ウンザリさせられた。どこからそういう発想が湧いてくるのかわからないが、我が国の安全保障やインフラを議論の対象としていたことは事実である。
この点も強く覚えておいて頂きたい。

「自分たちの活動をテロ行為と自覚した上で」同法律に強烈な危機感を感じているのか。それならばすべての説明が付く。

同法律の成立により、その存在意義において非常に都合悪くなる反日マスコミは、特定秘密を悪い方へと恣意的に拡大解釈し、「煽動」と「教唆」により国民を陽動する目的で、異常なまでもの偏向報道を垂れ流したことは、事実である。

なぜ「都合が悪くなる。」のか。
どの行為に都合が悪くなるのか。
答えは書かないが、今日のテーマは「ゾルゲ事件と、コミンテルンのスパイ尾崎ほつみ(朝日新聞記者)」である、とだけ書いておく。

今でも大マスコミの一部にすでに崩壊したとはいえコミンテルンの色を強く残した共産主義の息がかかっていると考えた方が自然だ。

 

Richard_Sorgeソ連軍のスパイ リヒャルト・ゾルゲ

画像引用:wikipediaライセンスについて
(画像引用:wikipedia ライセンス

Description
English: Richard Sorge
日本語: リヒャルト・ゾルゲ
Date
English: Pre-war Showa era(1926-1945)
日本語: 昭和戦前期
Source
English: Japanese book “Pictorial History of Modern Japan Vol.12” published by Sanseido.
日本語: 三省堂「画報日本近代の歴史12」より。
Author Unknown

 

写真画像はwikipediaより 著作権の保護期間は満了しています。

 

 

 

スパイゾルゲへの敬意
スパイゾルゲには皮肉をこめて、あえて敬意を表する。
ゾルゲは、祖国ソ連軍の工作員としてお国の為にそこまでやり遂げたのだ。

しかし、日本人でありながら(?)共産主義に加担し、コミンテルン活動家に身を落とした新聞記者はその立場を政治利用し、取材と称した諜報活動と、記事の配信と称した煽動や教唆で日本国民を煽りちぎっている。
現在の反日マスコミの行動も、当時の尾崎がした行為と全く変わらない。
恐ろしいまでの相関関係にあるではないか。

果たして、コミンテルンは、本当に影響力を失ったのか。
ソヴィエト崩壊は、西暦1991年。
干支で二回り。
この期間が長いか短いか、ということだ。

資本主義の常識では、計り知れない「忠実性」をゾルゲは持っていた。
この概念は、真の日本人であればこそ、むしろ理解できるのではないか。

共産主義者は決して平和主義者ではない。
「彼らの目的」のため、自国の軍備を増強させることと同じ意味「他国において軍備に反対」するだけだ。

「平和」を冠しているからと言って、その国の平和のためではなかろうし(そりゃスパイですから。)実際、世界を見るに平和どころか戦火を巻き起こしているではないか。
文革はどうなのだ、ポルポトはどうなのだ。

共産主義者であり、コミンテルンの手先であった尾崎ほつみ(朝日新聞記者)こそが、
当時の日本国民に対して日中戦争推進を煽動する記事を書き続けた。
これは事実である。

コミンテルンのスパイとは、他国に潜入したのち。
その国において、「軍備を減少」させる世論喚起・政治活動を行った。
また、潜入した国家において「国力を減少」させるため、戦争を煽る。
実際、中国は疲弊し、国民党は崩壊、共産主義国家となった。
これも事実である。

以下は、少し書きにくいのだが、、、
彼らは、非常に愛国者である。
もとい、愛国者を装うことに長けている。

尾崎が、政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、支那事変から大東亜戦争開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えることができたのはなぜか。
愛国者として、国益を語ったからに他ならない。

そして各個の能力はずば抜けており、常人ならざる実力をもち、
中には非常に社交的な事例も散見され、
例えば私がそうであったとしても、
むしろ私みたいなタイプこそを疑うべきだ、と
そのように、私は解説せねばならない。
(当然そのようなことはないが、状況をしっかり恐れて欲しいためだ。)

陰謀論は慎むべきだし、ペティシズムに彩られては晴れた空まで曇ってしまう。
ただ、「正しく恐れる」ことは重要なことだとも考える。
私たちは、コミンテルンを舐めすぎてはいまいか。

 

これが、私が赤旗問題を取り上げる大きな理由の一つである。
日本共産党の資金源であるからだ。
彼らこそは、世界同時革命を目指した共産主義者の日本における正統なる申し子だからだ。
旧称:コミンテルン日本支部こと、日本共産党の資金源、「政党機関紙:しんぶん赤旗」を取り上げる理由である。

本稿においては共産主義者の思考パターンと歴史、過去に犯した罪、いまの日本に「現在に」どう影響しているか振り返った。
恐らくその理由を把握して頂けたのではないかと思う。
同時に危険性もわかって頂けるのではないか。

 

 

 

 

ご存じですか?ゾルゲ事件。

 

朝日の記者が、他国の諜報機関に協力した事例。

 

共産主義者の尾崎秀美という存在。

 

時代は巡り、繰り返す。

 

彼らは危険だと思った方は、

 

この歴史事実を伝えるべきだと思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

朝日の記者で、コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美【知らなかったらシェア】 への19件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    朝日の記者で、コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美【知らなかったらシェア】 昭和期の日本を震撼させた『ゾルゲ事件』は、リヒャルト・ゾルゲをリーダーとするソ連軍のスパイ組織「ゾルゲ諜報団」

  2. k のコメント:

    繰り返し学習が必要です。乱数選択で記事を読み返す仕組みが必要です。

  3. Tanaka のコメント:

    国名や個人名を固有名詞ままで考えるとダメ。
    一度○でも✖でも、ABCでもαβでも甲乙丙丁でも、なんでもいい。
    固有名詞を、そういったモノに置き換えてから記事を読んだ方がいい。
    もちろん、書き手の名も置き換えて仮想化する。

    これだけでも自身の視点が変わると考えている。
    主観が入り込みすぎるなら、仮想化して出来るだけ排除。
    そして自身が理解・判断にしたがって○が悪いのか✖が悪いのか
    或いは全然関係なかったと思っていた△が悪いのか判明する。

    そして、出てきた結果を、固有名詞に置き換えて読んでみるといい。
    自身にとって以外な結果になってるかもしれませんが。

    あとは自身の常識を疑ってかかる事でしょうか。
    自分が教えられてきた事は、果たして事実なのか?
    何度でも学びなおす必要があります。

    知らなかった事が出て来る都度、仮想化からやり直す事も必要。
    自分自身が○/✖/△の、各立場になった場合をシミュレートして。

    私は、ゾルゲが愛国者or国家に対し忠実に働いたのは事実で
    そういう点は(嫌々ながら)尊敬すべき点だと考えます。

    尾崎?自国のモノでないなら使い捨てても痛くないでしょうね。
    ゾルゲを失った事は痛みますが、尾崎なら比較的痛みは軽い。
    国家にとっては、ですが。

    以上、個人的な感想です。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    折角共産主義者絡みのエントリーですから、ちょっとした「そう言えば・・・」を記したいと思います。

    ソビエト社会主義共和国連邦は、ソビエト連邦共産党。
    中華人民共和国は、中国共産党。
    なのに朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、朝鮮共産党では無く朝鮮労働党が統治しています。
    朝鮮労働党の衛星政党は、朝鮮社会民主党と天道教青友党です。

    北朝鮮に共産党は無いの?

    昔は、朝鮮の共産党を標榜するテロ組織が存在していました。

    ・京城(現ソウル)で結成された朝鮮共産党
    ・上海で組織された大韓共産党
    ・朝鮮内で組織されそうになって当局に検挙され結党未遂に終った咸鏡北道共産党
    ・高麗共産党
    ・全露韓族共産党
    ・全露高麗共産党
    などなど。

    当時、日本の統治下にあった朝鮮内に於いては、当然取締られ解体された事も理由の一つですが、それにしてもバラバラと共産党を作り過ぎですね。
    朝鮮民族は朝鮮人が3人居れば20を越える派閥が出来ると、ネット上でバカにされておりますが、朝鮮人共産主義者は共産党を作っては仲違いして分裂し、内ケバで共通の敵が出来れば、またくっつきっと訳の分からん事を繰返していました。
    この辺りは、日本の中核派とか革マル派等も似ていますね。

    ここで、予備知識が必要です。
    共産党の党是は「一国一党制」です。

    にも関わらず、朝鮮人は共産党を作りまくってました。
    共産主義者にとって中央であるコミンテルンは「?」状態でした。
    次第にコミンテルンは「朝鮮人は共産主義を理解出来無い事」に気付き始めます。
    更に朝鮮人が共産党を乱発する理由が、コミンテルンから対日工作資金や朝鮮での宣伝工作費をもらって私腹を肥やす為である事や、権力を手に入れて自分に箔を付けたいという極めて私的な欲望にある事に、コミンテルンは気付いてしまいます。
    実際、朝鮮人共産主義者の行って来た事は、朝鮮人の利益や権利の主張、日本人虐殺とテロばかりで、肝心要の共産主義布教は二の次でした。

    結局、コミンテルンは激怒して「満州の朝鮮系共産党は中国共産党に編入じゃ!」と言う、嘗ての宗主支那と属国朝鮮の関係に戻したのです。
    その後も何だかんだあり、朝鮮人共産主義者組織は共産党を名乗る事が憚られる様になり、現在の朝鮮労働党に至ってる訳です。

    一応日本共産党は、共産主義者の序列から言えば、朝鮮よりは格上の様ですね。
    良かったですね日本共産党の皆さん、コミンテルンから「日本労働党」に改名させられなくて。
     
     
     
    実は共産党はボロ儲け出来る事を記した、2017年2月24日掲載・朝日の記者で、コミンテルンのスパイであった、共産主義者:尾崎秀美【知らなかったらシェア】・櫻盛居士 のコメントも御座いますので、興味のある方は御参考にどうぞ。

  5. -EST のコメント:

    おはようございます。未だに第二次世界大戦(本来なら大東亜戦争)に対する正確かつ冷徹な検証は日本だけでなく戦勝国のアメリカでも行われておりません。近衛文麿に対してもまだ検証が足りてないし、今回のテーマである尾崎秀美も何故に共産主義に感化されゾルゲの手足となり活動したのかも霧の中です。文献はあくまでも参考にするに過ぎませんので他人の心中を把握するのは無理でも行動原理を推測して相手の手の内を見抜いて学ぶくらいはしないと日本はこの乱世を乗り切れない。インテリジェンスが不在な日本は危ないと最近感じてなりません。マスコミはやりたい放題で実質おとがめなしって本来なら糾弾され解体されても文句でないけど平和ボケし過ぎの大多数の日本人は興味がないのか声を上げない。小坪議員が常に言う「正しく恐れる」は必須の見識です。

  6. 名もなきせいぎー のコメント:

    尾崎の写真見るたびに違和感を感じる。まあ単なるカンなんですけどね、

  7. 月光仮面 のコメント:

    日本は一日も早く改憲するべき 今度 ロシアが日本を漁船を
    だ捕しました これは 明らかに 嫌がらせですね
    陸上型イージス
    改憲は 日本を救うのです どこだったか 北欧の国が 国民に
    戦争の準備を叫んでいますね ほら どこも助けようとしませんね
    そうそう チャイナが日本に植民地主義で侵略されたと言っていますが
    あの当時 日本だけですか 違うでしょ これも 今の憲法の
    ため 言いがかりをつけて 金をせびるためだったと思いますよ
    世界の三悪党が日本の周りにいるという事 その事 今度の
    漁船の拿捕 許される訳がない そうそう 二階さん
    貴方は なぜ 総理を韓国に行かせたいのか 良い顔したいのだろうけど
    それは 無理 鏡

    • 月光仮面 のコメント:

      スパイ防止法も必要だと思います そして この隣国は国民を
      拉致します だ捕も拉致だと言いたい
      そして この三国いいえこの四国に配慮する政治家は 日本を
      潰します ここは 国民の声が上がる必要があるのではないだろうか

  8. ひろちゃん のコメント:

    10年以上前に「スパイ・ゾルゲ」という映画が日本で作られているのを見たことがあります。当時の状況とか、時代の空気感とかがよく描写されていて、今でも鮮明に覚えているシーンがあります。当時は尾崎役の「もっくん、かっこいい」という、(汗)のりでみていたのですが、彼らのなしていたことは、映画のシーンをふりかえってみても背筋が凍るような思いです。「ま、これだけのことをしたのだから、最後は処刑はあたりまえだよね」と当時は思っていたのですが、それを今の世相におきかえてみると、、、、何ともいえない気持ちになりました。コミンテルンの研究は、「コミンテルンハンター」の福岡出身の江崎先生が、詳しいですね。さらに学びたい方は、本を読まれると良いと思います。

  9. ダステン のコメント:

    いつも的確な解説ありがとうございます。
    未だに(何故,日本は勝ち目のない対米戦争を始めたのか)などと言っている人達がいますが、もう明らかですよね、共産主義者の工作によって対米戦争を始めさせられたのです。工作を見抜けなかった日本人も愚かだったとは思います。今現在の日本人の大多数も同じく愚かです。
    小坪さんのような政治家を増やすことが必要です。

  10. りんどう のコメント:

    私は以前、朝日新聞の購読者でした。
    ゾルゲ事件を取り上げた記事を読んだことがあります。
    そこで初めて、ゾルゲと尾崎秀実を知ったのではないかと
    思います。(教科書に載っていたかもしれませんが、
    授業で習った記憶はありません。)
    記事から受けた印象は情緒的なもので、彼らなりに祖国の平和を願っての
    行為なのだという、彼らの立場を弁護する感じでした。
    この事件が日本にとってどういう意味を持つのかについては、
    無知な私にははっきりわからず、記事に少し違和感を抱いたものです。

    その後近現代史を知るにつれ、ことの重大さを認識しました。
    近衛文麿が尾崎を信じなければ、
    近衛は石原莞爾の提案による蒋介石との会談を中止にせず、
    中華民国との和平が成立したかもしれません。
    そうすればその後の日米戦争も回避できたかもしれず、
    人類は原爆という体験をせずに済み、
    共産主義体制による、何千万人という粛清に見舞われなくて
    済んだでしょう。

    共産主義スパイたちによって日本が戦争に追い込まれ、
    各国の人々もどんなに不幸に陥れられたか。
    朝日新聞はゾルゲ事件を通じて、読者に訴えなければならなかったと思います。
    なぜなら小坪さんの仰るように、今も共産主義の脅威は
    無くなっていないからです。
    自社の記者だった尾崎をなんとか擁護し、
    朝日新聞が戦争を煽った事実を隠したかったのだろうなと、
    今では思っています。

  11. お焼き県民 のコメント:

    歴史は繰り返しているのですね。

    尾崎となんら変わりない現代日本のマスゴミは、正しく処分される時期に来ていますね。外患誘致罪で死刑でもこちらは全然構いませんよ。

    今朝は犬HKのラジオで(テレビ持ってないものでw)、トランプ大統領がフェイクニュース10選のようなものをツイッターで発表して、アメリカのゴミ共が反発している。と、犬HKはアメゴミの肩を持つ感じで放送していました。

     でもよくよく聞いていると、10件中8件は確かに誤報であったがその後訂正しているじゃないか。とか主張していて、お茶を吹きそうになりました。

     「情報」を扱う商売で、8割も間違えているニュースを流しておいて、俺ら誤報じゃない。って文句垂れるのって、相当頭おかしいと思います。

    トランプさん、安倍さん。 馬鹿の相手は大変でしょうが、頑張れ〜。

  12. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    尾崎って知らなかったので勉強になりました。共産主義って益々嫌なイメージです…。
    余談で長官が、日々の疲れが取れてますように。

    【動画】産経記者「トランプ大統領がフェイクニュース大賞を発表。日本の大賞は?」⇒ 菅官房長官「色々思い当たる節はありますけどコメントは控えます(笑)」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52812874

    【これは酷い】ICAN事務局長「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」日本政府を批判
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52805665
    317: 名無しさん@涙目です。(
    >>1
    日本が一番核の恐ろしさ知ってるから
    もう二度と落とされたくないので署名しないんだよ!

    暴言じゃなくて暴力だよね?
    自分の思い通りにならないと相手を侮辱するのは暴力

    よりによって広島で、堂々とヘイトスピーチw
    国外退去でいいだろ

    ICANが発足したオーストラリア
    本部のあるスイス
    事務局長の祖国であるスウェーデン
    全部条約に加盟してないんだそうなwww

    これはノルウェー大使館に抗議するのか?

    平和愛するも 「独裁者に武器販売」、スウェーデンの矛盾afp
    2014年5月26日 17:11 発信地:リンシェーピング/スウェーデン
     ttp://www.afpbb.com/articles/-/3015652
    紛争調停や寛大な対外援助で世界的に評価されるスウェーデンは、一方で世界の主要な武器輸出国であり、人権侵害で非難されている複数の国家を顧客にしている。

    スウェーデン政府、国民に「戦争に備えよ」と呼びかけを開始
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52206400
    スウェーデン、徴兵制復活へ ロシアに対抗、女性も対象
    1999年以降に生まれた18歳の男女の国民約10万人からまず1万3千人を選び、適性検査を経て当面は年4千人に9〜11カ月間の兵役を課す。
    志願制度時代と異なり、徴兵を拒むと罰則がある。
    朝日新聞デジタル

    あれ?スウェーデン出身のICAN事務局長がついこの間日本に来て偉そうなこと言ってたけど自国のことまったく見えてないアホだったんだな

    徴兵って当たり前やんけ中立国の意味をわかってないだろ中立って誰とも戦わないって意味だけでなく誰とも組まないだぞ一国で戦うなら徴兵しないと数が足りんだろ

    「韓国で窃盗をしすぎてできなくなったので日本に来た」自称韓国人の40歳無職逮捕 民泊拠点に空き巣繰り返したか
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52806859
    たまたま捕まった氷山の一角だろうな
    韓国人に限らずこういうのはまだまだいるはず
    民泊はやっぱり犯罪者の隠れ蓑に好都合なんだわ
    ビザなし渡航もさっさとやめるべき
    この犯罪者が母国で前歴ついてる人間なら日本の入管やばすぎる

    日本人でもやっぱりこう言う下劣な少年少女がいますね(呆)

    女子中学生らが女子高生に売春をさせ5人が逮捕! 修羅の国やべぇええええええ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52206440
    「福岡」じゃねえよ「北九州」、な。

    逮捕か、補導じゃないだけよかったのか

    【神奈川県】朝鮮学校が県弁護士会に人権救済申し立て 補助金不支給
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52808449
    61: (´・ω・`)(`ハ´
    >弁護士会の判断に法的拘束力はないが

    当然だ。行政訴訟やれや

    67: 車窓から ◆jpesEqjmaZ
    >>県は、高校生向けの教科書「現代朝鮮歴史」に、北朝鮮による日本人拉致問題を記載することを支給の前提としているが、学校側が改訂に応じなかったため

    やる事やってないからだろ
    自分に都合の悪い歴史は教えませんってか?

    「ドイツでは動物の殺処分はしない!」 というツイートが話題に! → そんなことはない!と反論が殺到するが・・・
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52206322
    死刑はないけど犯罪者は現場で射殺するが死刑じゃないから犯罪者を逮捕して裁判に掛けて処刑する日本に対して「おまえらは未開人だと」マウンティングするのと同じ手口で草はえる

    自国サゲに嘘や誇張を使い、結果として「今年は去年より殺処分を少なくする」という本当の改善の努力や施策をムダにしてしまう。多くの里親や獣医達、シェルター運営などしてる人達の知恵と努力を成果を破壊する。

    >日本がアニマルライツ後進国なのも確かだからそこんとこよろしくな。日本版ティアハイムとアニマルポリス整備はよ

    アニマルポリスのインスペクター(警官に相当)になるためには自分自身の手で実際に安楽死処分を行う講習や射撃訓練を受ける必要があるんだけどな。
    RSPCAは銃による脳破壊を安楽死と規定していて、インスペクターは興奮などの理由で凶暴化して手がつけられない犬などを射殺することもあるからな。

    ドイツはペットとして殺処分はしてないけど
    害獣として普通に殺してんだよなぁ・・・・
    ツイカスってほんと無知でアホだよな

    【韓国】 クラウン製菓、「紅参ようかん」発売、 〜新概念「絞って食べるようかん」の第2弾
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/9017601
    8: 2018/01/18(木) 15:32:
    クラウン製菓、スポーツようかん
    井村屋、スポーツようかん

    もちろん業務提携関係結んでるよね?

    19: 2018/01/18(木) 15:36:
    パッケージ
    斜めの明暗ラインも、シャドウがランナーかトレッキングで分かれるけど
    意匠までやらかしてる
    だが、みんな気付いてほしい
    ハイチュウのぱくりマイチュウ裁判で、森永はクラウン製菓に負けてるw

    27: 61式戦車 2018/01/18
    井村屋のスポーツ羊羮以前にかし原の塩羊羮のパクりなのに新概念とはこれ如何に。

    90: 2018/01/18(木) 21:39
    羊羹
    羊羹(ようかん)は、一般には小豆を主体とした餡を型(羊羹舟)に流し込み寒天で固めた和菓子である。
    もともとは中国の料理で、読んで字のごとく羊の羹(あつもの)、つまりは羊の肉を煮たスープの類であった。
    南北朝時代に北魏の捕虜になった毛脩之が「羊羹」を作ったところ太武帝が喜んだという記事が宋書に見えるが、
    これは本来の意味の羊のスープであったと思われる。冷めることで肉のゼラチンによって固まり、自然に煮凝りの状態となる。
    「羹」の通常の音(漢音)は「こう(かう)」で、「かん」は唐音。
    鎌倉時代から室町時代に、禅僧によって日本に伝えられたが、禅宗では肉食が戒律(五戒)により禁じられているため、
    精進料理として羊肉の代わりに小豆を用いたものが、日本における羊羹の原型になったとされる。

    電車内で泣いた赤ちゃんの首絞める 22歳男逮捕「苦しくなくなると思って…」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1954334
    58: 名無しさん@涙目です。(d
    どうやってここまで生きてこられたんだろう・・・

    子持ちは電車乗るなって輩は、世の中には健診も含めた通院とか、子育てのためにどうしても公共の移動手段を使わざるを得ない地域のお母さんがいることも知らないのか?
    こんなんだから少子化が進むんじゃボケ。

    うるさくなくなるまで自分の首しめてりゃ問題はなかった

    誤解してる人もいるけどサイコパスとアスペルガーは全然違うぞ
    サイコはアスペと違って倫理観が欠如していて良心の呵責が全くない

    このクソ男を殺処分に出来ないなら、顔と名前を大体的に報じろ。赤ちゃん連れの人が避けられないだろ。

    ロシアの女性スナイパーの記事です

    容姿とは裏腹の冷酷なまでの狙撃手
    ttp://syouji.m.blog.jp/article/1068363092

    女性兵士で有能な人は沢山いるんでしょうね。ただ、敵国の少年が殺された場面を見て動揺するなど、感情捨てきれてないのが人間らしいです。

  13. 北山 のコメント:

    >彼らは危険
    司法とマスコミが完全に陥落してますからね。(長くなってすみません。)
     
    (wikiより)
    土屋 公献(つちや こうけん、1923年4月3日 – 2009年9月25日)は、日本の弁護士。元日弁連会長。
    旧日本軍による731部隊や重慶爆撃などの国家賠償事件で弁護団長を務めた。また、在日コリアンの人権問題にも深く関わり、朝鮮総連の代理人を務め、朝鮮高級学校生徒の高校体育連盟加盟問題では日弁連に人権救済を申し立て、高校総体参加への道を開く一方、北朝鮮による日本人拉致事件では日本人拉致被害者の家族を非難したり、朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件への関与などの問題も起こした。また慰安婦問題では国連において慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償を行うように工作した。
     
    『2235余命三年時事日記』青年法律家協会(青法協)
    >1954(昭和29)年に憲法を擁護し平和と民主主義及び基本的人権を守ることを目的に設立された。当初は、弁護士、学者のほか裁判官も加入していた。
    >「青年法律家協会」も公安調査庁の調査対象団体(監視団体)となっている。
     
    『2170余命三年時事日記』弁護士任官の推進(弁護士任官等推進センター)
    >弁護士経験を積んだ人が裁判官又は検察官になることを「弁護士任官」と呼んでいます。
    >幅広い社会経験を持つ弁護士が裁判官になることによって、司法がより身近で頼りがいのあるものとなっていくことを期待しています。
     
    産経もどちらかと言えば中立って感じですし、国会答弁にある様に韓国が竹島を占領し軍事演習を行ってる現状ではマスコミの責務を果たしてるとは言えないと思います。在日コリアン弁護士協会なんてのも周知するべきですし。(中国国防動員法を大々的に報じてくれれば多少信じても良いのですが。)
     
    第183回国会 衆議院 法務委員会 第15号 平成25年5月29日 稲田政府参考人(法務省刑事局長)
    今御指摘のありました外患誘致罪における「日本国に対し武力を行使させた」ということの意義そのものにつきましては、これも一般に言われているところでございますが、我が国に対して壊滅的打撃を与えた場合に限らず、例えば我が国の領土の一部に外国の軍隊を不法に侵入させたときもこれに当たるというふうに解されているところでございます。その上で、今御指摘のような話につきましても、外国との通謀があって、しかし武力行使に至らなかった場合でありますとか、さらには、外国との通謀を開始いたしましたが合意に達せず、通謀自体が未完成な場合であっても、それは外患誘致罪の未遂犯として処罰の対象となると解されているところでございます。先ほど委員御指摘もございましたように、この罪につきましては、予備罪、陰謀罪もございますので、ただいま申しました未遂に至らないような予備、陰謀の段階でも処罰の対象となっているというところでございまして、重大な打撃を我が国に与えた後でなければ罪を問うことができないというものではないというものであるというふうに考えております。
     
    (代表の挨拶はttp://archive.is/TOe1nにあります。今見たら新しいのに代わってましたが。)
    「在日コリアン弁護士協会」代表の挨拶、設立趣意書
    >阪神教育闘争、日立就職差別裁判、指紋押捺拒否運動、東京都管理職裁判、無年金訴訟、司法修習生採用拒否、調停委員・司法委員就任拒否問題、民族学校無償化除外、戦後補償、ヘイトスピーチとの闘い…
    >在日コリアンは、戦後、厳しい生活状況のなかにありながらも、一世の想像を絶する努力と多くの日本人による支援を受けて、今日までその民族性を死守せんと闘ってきた。

  14. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    嘘、捏造の教唆を見抜く知恵を身に付けないといけないわね。
    分かりやすく解説してくれて、アタシのようなパンピーでも良く理解出来たわ。
    重要なトコはカラフルな太字やアンダーラインになっていてカワイイわ。

    まぁ、赤の奴隷になるか資本主義の豚になるかなら後者を選ぶわね。

  15. ひろちゃん のコメント:

    嘘、ねつぞうを見抜く知恵を本当に身に付けないといけません。今日も福岡市内で大勢の観光客がいる中で「戦争法廃止」「共謀罪廃案」と、デモしている人たちがいました。演説の言葉だけきいていると、歴史も世界の現実も知らない人は「そうなんだあ」と思ってしまうのでしょう。戦後の「自虐史観」で、ほとんどの人は「戦争」という言葉をきいただけで、思考停止してしまうのです。(このブログもそうですが、WILLの最新号での百田さんと沖縄の新聞のバトルなど読まれると、嘘、ねつ造がどのように行われているのか、分かりやすいと思います。真実を一人でも多くの方に知って欲しいです!)

  16. 琵琶鯉 のコメント:

    昨日、『余命三年時事2308』に朝日新聞の戦後における反日、捏造記事の一覧が掲載されました。まさに日本神界の神様方が、今回の小坪市議のblogに対して「それじゃ、ちょっと朝日の捏造と特ア国、民主党の工作機関誌の証拠を上げてみるね。」というおしゃっているようで、
    凄いタイミングですね。

    朝日新聞は日本人に非ず。歴史の教科書に載せてもいいぐらいに日本破壊に勤しむ機関ですね。逆にそれを調べる事で、敵(コミンテル)の意図を読み取る事が出来ますね。

  17. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、そして、ブログに投稿の皆様、情報ありがとうございます

    正直、尾崎秀実のことも、ソ連のスパイ:ゾルゲのことも、近衛秀麿のことも、よく、わかっていません。ですので、まずは、栞をおかせていただきます。

    閑話休題・・・・・

    70歳を目前にしてやっとしったことは、フランクリン・ルーズベルト、その取り巻き連中のコミンテルン(共産主義者たちが正確なのか・・)たちが米国と日本を戦争するように仕向けた!、決定的なのが、あのいまいましいハルノートだってことをようやく学習できたくらいです。近現代史のことを、私たち団塊の世代は授業でまったくといっていいほど習っていません、ま、WGIPの時代の子供たちだったわけです。

    でも、この際、言い訳はいたしません。

    小坪先生のブログを拝読し、その他の文献を探し学習するということを地道にやっていきたいとおもっております。

  18. 社会福祉士50歳 のコメント:

    とうとう朝日新聞が出会い系サイトをはじめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です