本日、議運。30日より本会議


 

 

ちょっと案件が多かった。少し議案の上げ方としてどうなのか?という意見も。
私も「あれ?これってどうやって審査するの?」と軽く混乱。

一般質問の通告を済ませており、議会配布資料を提出。
コロナ関係もあり、それなりに議運のボリュームがあった。

明日もバタバタするため、今日はこのあたりで。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

7 Responses to 本日、議運。30日より本会議

  1. ブレダ のコメント:

    小坪先生いつもありがとうございます。

    政党政治が地方議会まで浸透してきた結果、必要になったと
    聞いたことがあります──議運

    ご武運を祈ります。

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    スクープです。先日の王毅さんの訪日の目的がわかりました。来年のオリンピック開催を中国と一緒にする。といった。内容でした。
    https://youtu.be/Fbgl8EIMhao
    この中でもおっしゃてますが、こんなことをすれば、一時は良いかもしれませんが、その後、日本は中国と共に滅びる事になると思います。先生や皆様のご意見をお聞かせください。

  3. ひかりちょういち のコメント:

    明日、大野城まどかぴあですね。出席させて頂きます。

  4. 琵琶鯉 のコメント:

    王毅さんの訪日の目的がわかりました。
    https://youtu.be/Fbgl8EIMhao
    皆様の見解をお聞かせください。
    中国と一緒にオリンピック開催の件です。
    https://youtu.be/Fbgl8EIMhao

    • ミカンの実 のコメント:

      なんともいえませんね。私個人は、心情的には嫌です。長野オリンピックのようなことにならなければいいのですが。テロとか起きそうな気もします。電波オークションをするのならまだしも、これでは中国の宣伝活動だらけになって文化的にも駄目になりそうです。色々と世の中の動きが早くて同時に大きなことが起こっていて、判断が一主婦には難しいです。まぁSNSがありますから情報が独り占めされてどうこうというのは心配していませんが。5Gとかファーウェイとか三峡ダムとか色々とありますからね。政治家の方々はどうか日本人と日本国最優先の法整備をどんどん整えていってくださいませ。油断なさらないように。税金を外国人及び外国に決して垂れ流しにしないように、よろしくお願いいたします。(私どもは観ていますからね。)まぁ、違う意味でドキドキするオリンピックになりそうです。

  5. 旧新人類 のコメント:

    目下、茂木外相のニヤニヤ顔(あるいは苦笑い)が人々の怒りを買っていますが、このような意見もあります:

    「今回の王毅訪問中の面会相手の中で、いわゆる売国奴は二階と福田康夫元首相(一帯一路日本研究センター最高顧問)ですよ

    仮に抗議活動するなら茂木大臣ではなく、抗議先は日本を中国に売り渡しているこの老害2人ではないの? 

    いずれにせよ労力を割く方向間違ってませんか

    普段CNNに極左だフェイクだー!とツッコミ入れてる人が茂木大臣を感情的に批判する姿に驚きました。CNNの報道を見て「トランプは極悪人だ」と言うのと変わらないよ?

    冷静になったら、結局メディアの反権力運動に踊らされてません?菅内閣解体を叫ぶ人たちが出てきました

    戦う相手は中国じゃないの?」
    (以上、うさぎマスク氏)

    MO
    @moviefan_i
    13時間
    返信先: @RibbonChiekoさん, @Tomo20309138さん
    福田元総理といえば、中国大使館の指令で長野にチャイニーズ留学生が4000人以上集結。
    チベット人弾圧に抗議の日本人と乱闘に福田康夫総理はチャイニーズを逮捕するなと指示。その場に居合わせた知り合いもとにかくチャイニーズたちにぼこぼこにされたといってました。

    (保守速報が「国内の感染の拡大は国内由来で、中韓など11の国・地域からの入国者については空港でのウイルス検査が不要」という日刊ゲンダイの記事を引用してますが(ヤフー掲載)、そこにさらに引用されているのが、検査利権どっぷりの上とかいう人であり、ソースや内容がすべてアレで煽りに利用されている感がします。

    情報戦に負けないためにも冷静になることも必要だなと思った次第です。デカップリングに必要な範囲のみで出入国も仕方ないかと思いますが、要警戒なことには変わりありません。とにかく今後も不買を徹底します!)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください