【女性宮家反対】市議が教える、効果的な意見発信【反対する人はシェア】


 

 

「女性宮家の創設に反対」ネット保守論壇からは多々、意見が出されており、私のその一人だ。
私がレクチャーできるのは「効果のある反対方法」だと思う。
反対する人数は、かなりの数にのぼり、また反対派の保守論客のレベルも高い。私なんかよりよっぽど高い。

だが、その”声”が効果的に届かねば、期待する結果は得られないだろう。
実践的な手法を公開すれば、悪用される可能性もある。またソフトウェア的な、自動化がなされた場合、その手段は潰える。公開には迷いもあったのだが、いま私が書かないわけにはいかない。

 

電話やメールを送る相手は、「自民党の国会議員」だ。
これを最優先として欲しい。

二番手として党本部などがあるが、何より優先するのは国会議員である。
その理由と、なすべきことを具体的に記す。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

有権者として
合言葉は「有権者として」である。
これぞ正しい民主主義であり、対・政治家の場合、これがもっとも効く。

 

大事なのは住所
当該選挙区に住民票を置き、投票権を有することを示唆して頂きたい。

酷い言い方にはなるが、自らの投票に影響を及ぼさないのであれば
比較すれば、軽い扱いを受けるだろう。
(webの声も拾いに行く、私の方が特殊)

どんなに理路整然とした意見より、
「地元の声」ほど効果のあるものはない。

文頭に「●●市の○○に住む、▲▲と申します。」から始めれば、
【絶対に読む】と断言する。

 

名前もあったほうがいい。
なんなら電話番号やメールアドレスも、である。
ただし、先ほどの住所以上の効果はない。

書いても書かなくてもいい。
できたら書いたほうが、いい。

効果としては、「より意見として重く扱われる」というもの。

 

連絡先を書いた場合(クリックして下さい!)
選挙の際に「○○候補の応援、よろしくお願いします。」という連絡が来る「かも」知れないだけだ。
それ以上のことはないだろう、ほぼ断言できる。

名簿管理が徹底している事務所では、そのような集計作業もしているかもしれないが、ここまで手が回っていない事務所が大半だろう。
なので、(選挙になっても)連絡は来ない可能性も高い。

 

個人情報については、余り深く考える必要はない。
相手は国会議員だ、しかも自民党の。
(変なものに再使用された場合、何かの事件・スキャンダルに発展する上、「自分の選挙に響く」からです。)

 

HN(ハンドルネーム)は書かない。(クリックして下さい!)
住所こそが最重要、氏名・連絡先は「あったほうがいい」程度と述べた。

だが、アウトなのは「HNを記載」すること。

 

相手は「リアル」の存在であり、【ただ怪しくなるだけ】である。
本名は必須ではないが、怪文書みたいになるだけなので、HNは記載しないように。

 

例外は、Twitterのフォロワーが1万を越えているとか、
blogを開設している場合など、です。
その際は、注釈を加えて伝えるのは”加点”対象です。

 

 

事務所の処理業務
メールでもFAXでも構わない、「声」を届けた際、【ある処理】がされる。
これが政治家の事務所の”通常業務”であり、私がネットで手法を伏せてきた理由でもある。

「地元(選挙区)であることが明確な、要望・陳情」については、確実に秘書会にかけられる。
場合によっては、国会議員「本人」に、秘書が届けるのだ。

必要なのは住所、である。

 

凄まじい文書量
営業に近いものや忖度(?)を求めてのバラ撒き、反対派・賛成派の、「ほぼポスティング」に近い文書が飛び交い、中には怪文書みたいなものもある。

本を何冊分という量になっている事務所もあり、マンパワー的にさばききれないのだ。
かつては官邸へのメールも手動で読んでいたはずだが、自動化したソフトの採用により読めなくなったと伺った。
同タイトルのメールが何万と届き、物理的に読めなくなったと聴いている。

同じことは、紙ベースでも起きており、各事務所においても「文書スパム」状態となっている場合もある。

 

そこで何をやっているかと言うと、
「住所」でアラートをかけている事務所がある。
(これを書いたら、私はちょっと怒られるかも知れない。)

 

地元要望や(場合によっては地元市議の業務メールすらも)埋もれてしまって、読めないから、である。

TPPの反対活動の際など、メールリストが作成されてきたが、
そこに記載されるたび、業者の名簿などにも記載されており、
異常な量のスパムが横行、アドレスが死ぬ。

 

結果として「地元のある、自治体の名前」でアラートをかけた事務所があり、
それを抽出することも事務所作業の一つとなっているからである。

なので、とりあえず住所を書いてください。
番地までは不要、その選挙区の自治体名を記載して欲しい。

 

このような自動化がなされておらずとも、受け取った秘書の立場になれば上京はわかると思う。

「もしかしたら」代議士の個人的な知り合いかも知れない、
「もしかしたら」地元の有力者かも知れない。

報告の義務が生じるのである。

 

 

 

対象は、議員
官邸とは、市に置き換えれば「市役所」に相当する。
市長が首相ということだ。

ここに声を届けることは、極めて効果がある。
読んでもらえるならば、ですが。

 

今回の審議は、「官邸は関係ない」のです。
やっているのは国会で、官邸ではない。

三権分立には、行政・立法・司法がありますが、「官邸は行政」です。
舞台は「立法」です。

ゆえに、対象は「自民党の党本部」となりますが、本部から議員に確固連絡が行くとは考えにくい。
また、今回はそもそも時間がない。

ゆえに【国会議員に直接】です。
対象は議員です。

他のものに効果がないとは言いませんが、より効果を発揮するのは「議員」です。

 

末端オブ末端の市議ではありますが、私も政治家です。
制度・構成を考えても、ここが最も効果が高い。

 

 

 

例文
簡単な例文を書きますが、敢えて「完成版」とはしません。
短文でいい、難しい言葉は不要、なにより大事なのは「地元の人」がメールを打つことだからです。

そもそも同様の文章が大量に出回った場合は、逆効果になります。

 

○○先生へ

私は行橋市に住む小坪と申します。
先般、報道で接したのですが、女性宮家の創設に反対して頂きたいと思い、不躾にもメールを送らせて頂きました。

女性宮家は、皇室の公務の軽減とはならず、さらには女系天皇の出現となる危険性しかありません。皇統断絶と同義で、新王朝の誕生と同じ意味です。
2600年にわたる我が国の歴史を根幹から覆す、極めて重大な内容です。

保守政党として、自由民主党を応援してきました。
○○先生にもずっと投票を続けてきました。

一人の日本人として、皇室が、野党との取引材料に使われることが我慢なりません。また、圧倒的な与党である自民党が、野党におもねる姿も情けないと感じております。

仮に、これが自民政権で創設された場合、私を含め家族・周囲の友人らは、自民党に対し極めて深い失望を覚えることでしょう。

まだ参議院の動きもございますし、本会議もございます。
何卒、「女性宮家の創設」に反対して頂けますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

福岡県行橋市
○○ ▲▲番地ー■■
小坪しんや
090?XXXX-XXXX

追伸)
選挙の際は、是非ともお声がけください。
微力ではございますが、○○先生のお力になりたく思います。

 

大切なのは、冒頭で「自治体名」を書くこと。
そして末尾に書いた「追伸」の部分です。

ここはコピペでも大丈夫です。
他の部分は、思うがままに書いてください。

※ただし丁寧に。
私が書いた文章が、嫌味としては最大限のものかと思います。
せめてこれぐらいまでにしておいてください。
(逆効果なので。)

あと、余り長文になると読むほうも大変ですから。
ほどほどの長さでお願いします。
(向こうは何人分も読むわけですから。あと、基礎的な情報はだいだい理解してますよ、国会議員ですから。)

 

 

 

送る先生の、連絡先の調べ方
貴方の住む町の自民党議員がさぼっていなければ、近所にポスターがあると思います。
正式には、政党広報版と言います。

そこに、選挙区の先生の名前があります。
ググってください。

例えば、私の名前で検索するならば
「小坪しんや 事務所」とか「小坪しんや 番号」で検索すれば一発です。

 

電話でも構いません。
まず住所から名乗ってください。
「○○市(町・村)に住む、▲▲と言います」から始めれば、極めて丁寧に聴いてくれるでしょう。

 

メールもお勧めです。
プリントアウトして、先生に見せやすいですし、事務所内で転送する方法もあります。

 

気を付けないといけないのが、HPに埋め込まれるタイプの問い合せBOX。
私はPCに転送かけていますが、量が量ゆえ読み切れない。
なんとか後追いで読んでいっていますが、スパムとかもあり、裁けないのです。
(なんとか全文読んでおりますが、返信は基本的にしていません。)

事務所によっては、手が回っていない可能性もあります。

 

逆に、地味に効果があるのが、手紙とFAX。
これは「強制的に読む」からです。
PC?FAX化されている事務所もありますが、基本的には「送ったら、紙で出力」されるためです。

特に手書きの手紙は、「基本的に、代議士の机に直行」です。
印刷の葉書は、少し効果がさがります。

Wordで書く場合は、封書にしたほうが「届く可能性が高い」です。

 

 

 

衆議院議員、参議院議員に送ってください。
舞台は参議院に移りつつあります。

基本的に、勝負は衆議院なのですが、ここは事実上、突破されています。
通常時は、「せめて衆議院に!」と呼びかけるのですが、今回は「参議院議員も必須」と強く主張したい。

※ ただし衆議院議員も送ってください。
参院選を、衆議院議員が手伝っている場合も多く、密接な関係があります。
衆議院議員が動いた場合、当該選挙区の参議院議員が同じ行動をとる可能性も期待できます。
(仲が悪い場合もありますが。)

 

衆参両院の「地元の議員」に送ってのち、それでも余力のある方は、
自民党党本部や官邸にもメールを。

優先すべきは「地元の衆参両院の議員」です。
次になすべきは、議院運営委員会の委員に声を届けることです。

 

 

衆議院議員の鬼木誠議員の投稿。
かなり難しい議論があったことが伺えます。

 

 

 

議院運営委員会
ここからは、余力があれば「本当にやって欲しいこと」です。

審議は「議院運営委員会」でなされるのですが、衆院は突破されています。
ゆえに、参院の議院運営委員会が「声を届けるべき先生」になります。

ここについては、住所は関係ありません。
とりあえず送って頂きたい。

 

実際に審議し、その場に立つ先生方です。
余裕のある方は、民進党や共産党に「おいおい!」という声を届けるのもありでしょう。
(合法的な文章にしてください。)

 

参議院議院運営委員会

平成29年5月31日現在

役職 氏名 会派名(略称)
委員長 山本  順三 (自民)
理事 石田  昌宏 (自民)
理事 塚田  一郎 (自民)
理事 牧野 たかお (自民)
理事 浜野  喜史 (民進)
理事 吉川  沙織 (民進)
理事 石川  博崇 (公明)
理事 仁比  聡平 (共産)
理事 東    徹 (維新)
足立  敏之 (自民)
今井 絵理子 (自民)
小川  克巳 (自民)
小野田 紀美 (自民)
佐藤   啓 (自民)
佐藤  正久 (自民)
自見 はなこ (自民)
中西   哲 (自民)
藤木  眞也 (自民)
宮島  喜文 (自民)
伊藤  孝恵 (民進)
田名部 匡代 (民進)
真山  勇一 (民進) <正字>
熊野  正士 (公明)
三浦  信祐 (公明)
山添   拓 (共産)

 

 

 

 

正直、厳しい。
色々と書きましたが、衆院は可決、であります。

附帯決議自体は、「残る危険性」が高い。

 

諦めているわけではなく「附帯決議」が残ったとしても、それはあくまで附帯決議なのです。
「今度、女性宮家についても話しましょうね」であり、【いつかある審議】をターゲットにした動きです。

 

附帯決議が残った際、このままいけば「さくっと、やられる」可能性もある。
ただし、附帯決議の際に「反対の声」が強ければ、【実際の審議に影響を与える】可能性が期待できる。

ゆえに、地元の先生にメールして欲しいと述べました。
来たるべき審議の際は、(舞台は)議院運営委員会ではないからです。

審議した上で「否決」してもらわねば、ならぬ。

 

まぁ、参議院の議院運営委員会で「附帯をとる」という判断となれば最高だが、権限的にできただろうか。
制度的にどうなのかも、実はわからない。市議会は二院制をとっていないため、実際の現場を知らないからです。

ただ、「いま反対の声」を挙げておかねば、本格的にヤバイと言うのは本当です。

 

 

最後になりますが、この手法を公開しなかったのは、「声を届ける窓口」を護るためです。
非公開としてきたのは、特定の活動を悪く言う目的ではなく、単に業者のメールから「友人たちの職場を護るため」です。

各選挙区の、実在の自治体名を自動で挿入する、そのようなメールツールを開発されたら、事務所負荷は跳ね上がるだけですから。そして、実際の業務にも支障をきたすようになってしまう。保守にとってもプラスではなく、窓口の消滅は「ネットとリアルの架け橋」が崩れることを意味しますから。

(ただし、先生によってはTwitterのDMを本人がさくさく返信している人もおりますし、あくまで人次第とさせてください。)

 

 

 

 

期待する結果が得られるかは、わからない。

 

衆院を通ってのち、参院で巻き返すことは難しい。

 

だが、まだ舞台があるのは事実だ。

 

ここで諦めるのか?

 

私はそれを恥ずべきことだと思う。

 

いまを生きる日本人は、私たちしかいないのだ。

 

これから産まれ来る日本人たちは、

 

声を挙げることもできはせぬ。

 

我が国を、私たちにバトンタッチするため、

 

命を賭した英霊たちは、

 

靖国で静かに眠るのみであり、

 

物を言うことはできぬのだ、

 

私たち以外に、おらぬのだ。

 

誰も代わってはくれない。

 

電話一本、FAX一枚、手紙を一通。

 

効果のある手法は示した。

 

やらずに後悔、動かずに文句。

 

それは最高にダサいじゃないか。

 

いま苦しい状況にあるのは事実だが、

 

諦めるにはまだ早い。

 

幸い、数は勝っている。

 

やれることがあるうちに、

 

諦めてるんじゃないよ!

 

「なすべきことをなす!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

30 Responses to 【女性宮家反対】市議が教える、効果的な意見発信【反対する人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【女性宮家反対】市議が教える、効果的な意見発信【反対する人はシェア】 「女性宮家の創設に反対」ネット保守論壇からは多々、意見が出されており、私のその一人だ。 私がレクチャーできるのは「効果のある反対方法

  2. こうま のコメント:

    こんばんは、お忙しい中のUPどうもありがとうございます!

    女性宮家というより皇室の問題は今に始まった事ではなく、戦後昭和帝が国民と一体になっておられるお姿に驚異を感じたGH○が皇室弱体ひいては日本弱体化を図り、内部に工作員として入内という形で潜り込ませた事から始まっているようです。

    前に書かれた方もおられますが、これは皇室の有名ブロガーさんのサイトで知りました。
    もう現皇室は2代に渡りそれを許しており、現在は立后されておられない方が第一に権力を振るっているという事です。

    初代のM子様は未だにクリスチャン、(N子様、貴女も見られていますよ、教会に足を運ばれるのはお控えなされては?)二代目の方は三色旗(この方は此方のご落胤と言われています。ハワイにはI子様がお生れになった時にコリアンプリンセスという銅像が堂々とあったそうですよ。 もちろんお写真もあります)

    初代のM子様もご実家の正田家が佐賀でしたか?副島家の戸籍を買いにこられたそうです。つまり、M子様も出自がはっきりしておられません。(笑)

    それに近年、M子様(初代)にN人さま、I子様と似たお顔立ちの方が幾人も見られます。特にI子様は皇室とは関係ないブロガーさんが目歯比率という独自?の検証で違う事を暴かれました。(偽ヒラリーもこれで暴かれました)

    これには専門の方からの補足的なメッセージもあり、間違いありません。
    それに様々な「眼」が見ているのです。
    女性は特に鋭いのです。
    目歯比率とかではなく、二人並べて顔を消すと髪質が全く違うのは簡単に見てとれます。

    それとは逆に今回の眞子様の事で眞子様、佳子様にもすり替え予定の女優がいたとされてどんどん検証されています。

    そうでした、現皇位継承権第1位の方と2位の方のお母上は違うと言われています。
    昔から何だか似ていらっしゃらないなぁと思っていましたが、昨年亡くなられた某ポッポ家のご兄弟も上の方は韓国人の母上でした。(官報にしっかりと載っています)

    I子様は試験管で男児が生まれてくる予定だったそうですが、何故か女児でO家のご両親は驚愕していましたね。

    しかし、秋篠宮家には男児がお生れになりました。
    天の配剤はあると思います。

    M子様、代々の皇后が身に付けられるティアラはどうされましたか?
    3連のネックレスも1連にしか見えません。

    皇族ゆかりのお品がヤフオクに流されたというのはやはり本当ですか?
    近頃もクリスティーズで出品されたのでしょうか?
    プーチン大統領?から安倍総理に送られた剣はあれは立太子の時に必要なお品なのに、秋篠宮様にはもう必要ないとか?それとも、もう永遠に必要ないのよ?!でしょうか?(怒)

    今回の真子様の事は非常にまずかったですね。
    BB様、でれでれ草様、共にランキングUPしていますよ!
    本来の日本人は単純に「これはおかしい!」という感性なのですが、貴方方が成功しているからという奢りが出ましたか?

    日本人は覚醒していますよ。(怒)

    • sirou のコメント:

      目歯比率は、写真で判定するのは不可です。顔の仰角、カメラ位置、写角によって大きく変動します。概ね貴殿のご危惧されていることに同意します。

  3. こうま のコメント:

    すみません、もうひとつ

    この問題になっている「女性宮家」ですが、一昨年降家された典子女王以外の女王方の為でもあるようです。(プラス男系宮家の阻止)

    海外でビッチな行動に走られた方もおられますし、降家先が無いのでしょうか?
    日本の為にお働きにならず、最近では昨年スイスより帰って来られないM子様のお父様???の保釈人として行かれたのではないかとか言われておられる方もいらっしゃいますね。

    皇室の8兆円と言われるお金を拝借しようとしていたようですが、それはどうしようと思っておられるのですか?

    それは日本の財産です!(怒)
    貴方方はどこまで日本を食いつぶそうとしているのですか!

    そんな方々を私たちの必死に働いたお金(税金)で賄いたくなぞありません!!!

    • 波那 のコメント:

      皇室有名ブロガー?と自負してる方々が御自身で調査されて突き止めたかのような、もし実際に調査されたのならどのような手段で、どのような人脈で突き止められたのか?またはどのようなインテリジェンスを使って?としか思えない内容を書かれているサイトがあるのは存じていますが、あの方々がお書きになっていることを好きな方はサイトで読まれるといいと思います。皇室のことを思い、お支えするというのは、どこでどうやったら、そのような情報を入手することができるのかという不確かな情報を真実として流布することではないと思うのです。皇室の方々は一切全く何も反論も出来ない、お立場でいらっしゃいます。

      お気に障ったと思いますが、こうま様のことを批判しているのではありません。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    当面の対応策としては、エントリー本文にある通りでしょう。
    然し乍ら、今回は女性宮家創設附帯決議を潰す事に成功したとしても、今後何度も手変え品変えで同様の日本壊滅を目論む案を、反日勢力は俎上に載せて来るでしょう。
    その度にこの様な事を繰り返していると、保守派議員の負荷も半端無く高い状態を継続させられ続ける訳です。

    そろそろ、「反日勢力が国政に携わる事の出来無い」選挙制度改定への布石を打ち始めても良い頃合いではないかと考えております。

    反日勢力が国政に携わっている限り、国費も時間も浪費する事が国民の間でも認識されて来ましたし、反日勢力が何かする度に無駄な労力を強いられる訳です。

    得票数と言う民意も得られ無いのに、比例代表でゾンビ当選して来る反日議員によって、いったいどれだけ我々の血税が浪費されているかだけでも周知して行く必要があります。

    皇室を反日勢力に利用させない為には反日勢力の国政からの駆逐、つまり反日勢力を当選させない仕組み作りに着手しなければ、何時まで経っても堂々巡りを繰り返してしまいます。

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    >電話やメールを送る相手は、「自民党の国会議員」だ。
    >これを最優先として欲しい。

    女性宮家創設に反対の声を届ける先としては、地元の自民党の国会議員の先生!をターゲットにせよ!ということですね。了解いたしました。

    閑話休題・・・・・

    すでに、首相官邸、全官庁、自民党本部、宮内庁には、女性宮家創設反対のメールは送ってあります。

  6. 憂いの日本人 のコメント:

    小坪先生へ。
    日々のご活動お疲れ様です。
    微力ではありますが、これからの子供達の為にも諦めずに出来る限りの行動をしていきます!いつも有難う御座います!

    こうま様へ。
    コメントに賛同致します!
    スイスにお発ちになられた出っ歯様は彼氏がいらっしゃるようですよ。(笑)

    波那様へ。
    某皇室有名ブロガー様がどのように情報を入手していらっしゃるかは分かりかねますが、今上ご夫妻や皇太子ご夫妻の行動を見すれば、必要のないお詫び行脚とお遊びばかりが目につき、疑問に思いませんか?
    『皇室の方々は一切全く何も反論も出来ない、お立場でいらっしゃいます。』との事ですが、今上陛下は民放を利用してお言葉を述べられましたよね?
    一切全く何も反論出来ないお立場でいらっしゃるのは秋篠宮様ご一家ではないですかね?
    実は『お花畑』『情弱』『バカはくるな』には血圧が上がりましたが、7年の歳月の中でいろいろな事があったのでしょうと思い直しました。
    一般の国民には中々知り得ない情報を、小坪先生や皇室ブロガーの方々が提供して下さっているので、自分なりに咀嚼して受け入れれば良いのではないですか?
    お気に障ったと思いますが、波那様のことを批判しているのではありません。

    ※HN変えました

  7. いち主婦 のコメント:

    お疲れ様です。
    今日、女性宮家創設反対デモを行うそうです。

    【東京都千代田区】 6.2(金) 皇統の歴史に無い女性宮家創設反対! 宮内庁の情報漏洩を許すな! マスメディアの不敬・無責任報道を許すな! 緊急国民行動
    日時
    平成29年6月2日(金) 16時30分?19時00分
    場所
    衆議院第二議員会館前
    ※プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止) 
    ※国旗以外の旗類・拡声器の持込はご遠慮下さい。
    主催・連絡先
    頑張れ日本!全国行動委員会
    TEL 03-5468-9222  MAIL info@ganbare-nippon.net

  8. キョン のコメント:

    女系天皇につながりかねない女性宮家には反対ですが、では、今後人数が少なくなっていく皇室において、ご公務のご負担をどのように軽減するかという課題があります。

    私には良いアイデアがないのですが、そこは議論を尽くすべきかと思います。

    南朝の人たちなどは、どうされてるのでしょうか?
    いや、全然勉強してなくて何も知らないので、頓珍漢なこと言ってたら申し訳ないですが…

    • 東北の日本人 のコメント:

      キョン様へ

      小坪先生の前回のブログの中でも私も触れましたが、皆さん宮家の継承問題について、何故に女性宮家はならないのかということを理解して、書いて下さっていますよ。旧宮家の復活や、養子という選択があるので、人手不足の問題は議論があっても女性宮家創設は本来なら持ち上げなくてもよいはずなんですが、何故か天皇制廃止を求めている反日野党が押してますよね…。その意図することは…。

      • 月光仮面 のコメント:

        私からも 一言 人で不足 という 事を よく聞きますが
        移民もそうですね 人手不足 これは まったく 意味のない
        理由なんですね 日本人が減ってしまえば そのまま
        滅亡すれば済むことなんです 良いですか 人で不足だから
        よそから入れれば良い こんな 人権をそれこそ無視した
        政策なんです 失礼なんですね 日本人が滅亡すれば良い
        だけなんです そして 今の天皇家は存続して頂くと
        言う大前提で 話しますが もし 今の天皇家が跡継ぎが
        途絶えたとします 天皇家としての血筋は残っているのです
        旧宮家に 脈々と 続いているのです そのお家から
        天皇陛下としてお迎えすれば良いだけのことです
        それなのに この問題が解決しないのは 政治利用されて
        いるのです ただ それだけのことなんです その
        族から 御守りしないといけないのだと思います
        日本人として 日本民族として この国を守らないと
        いけないのです 最後には選挙制度まで改革する
        必要があります ここまで 外敵に好き勝手されては
        日本民族として 許すわけにはいけません
        その手段として 皆様 防衛力の強化は絶対に必要です
        日本民族の力のために

        • 月光仮面 のコメント:

          今 気付きました 




          皇族を安定的に存続していただくには
          旧宮家の復活が 絶対に必要です



          宮家の血筋だと自他ともに認める事が
          できる 今が 最後の




          では無いでしょうか 皆様 そう思いませんか
          今が チャンス

          • さくらさく のコメント:

            おっしゃるとおり。
            日本を乗っ取りたいやつらの思い通りにはしない。
            宮家のお血筋は、残っているのになにが女性宮家だ。

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    皇族の本当のお気持ちはわからないですが、一日本人として、出来る事はしてあげたいです。
    なのでメール頑張ります。

    日本人の象徴としてずっと生きてこられて、でも当の日本人は反日自虐捏造歴史に毒され自国をけなす事ばかり。
    議員すら反日売国奴が目立ち、他国に媚を売り、更に自ら自由に国民に干渉できない立場の、皇族のありかたにさえいちゃもんつけてくる。

    きっと不安でしょうね…。

    そう言えばサイコパスの反対がエンパスと言うらしいのですが

    共感力が人並み外れ、常に他人の感情が流れ込んでくる。「エンパス」が負の感情にはまり込んでしまった時のサバイバルガイド

    日本人は結構エンパス多いような気がしますが、自己中が多い中だと、こう言う方は生きづらいでしょうね。
    天皇陛下とかその他皇族のコメントを見ていると、慈悲深い方はエンパスのマイナス面に気をつけて欲しいなと思います。
    あとマスゴミは相変わらず最低です。まさにサイコパス。

    加計問題の取材で『朝日記者が”関係者を騙して”情報を奪う』異常事態が発生。朝日側は開き直っている模様
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50499674
    4: 名無しさん 2017/06/02
    記者としてどうなのかと…。

    19: 名無しさん 2017/06/02
    >>7
    >  朝日新聞社広報部は、産経新聞の取材に「5月18日に記者2人が対面でメモを取りながら取材し、
    > 25日に再度、電話で取材した。木曽氏の名前や発言を報じないことを条件に取材した事実はない」と回答した。

    反省どころか・・・

    36: 名無しさん 2017/06/02
    >>7
    シラ切っとるがな

    大阪市が初めてニコニコの動画を在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチと認定!投稿者名を公表!するも・・・
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52179101

    今治市長の反論で『民進党の攻撃が木っ端微塵に粉砕される』凄絶な展開に。民進党の指摘を全否定した模様
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50499669
    52: 名無しさん 2017/06/01
    ニュースで答えてた自称今治市民も最近東京から越してきた活動家だってバレたし
    パヨクの嘘がどんどん暴かれていくな

    63: 名無しさん 2017/06/01
    >>59
    ニュースに出てくる自称今治市民の正体

    黒川敦彦というのはFB憲法九条の会の主催者
    https://www.facebook.com/groups/kenpo9/permalink/930883473720380/

    今治加計獣医学部問題を考える会を発足させたのはFacebookから2017年5月18日

    共同代表 黒川 敦彦
         村上 治
         山本 征洋
         武田 宙大
    賛同者 福田剛(愛媛県議会議員 民進党) ←←←

    101: 名無しさん 2017/06/01
    加計学園は民進党に損害賠償訴訟を起こしてもいいと思う。
    明らかな営業妨害だろコレ

    金塊を服の下などに隠し韓国から密輸、主婦5人(内4人が韓国人)を逮捕 愛知
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51403997

    これ読んで知人のデザイナーから聞いた話しを思い出したのですが、ジュエリーデザイナーとかで、外国店に出張に行った際に、店も公認で??商品を申告せず??、空港で税関を誤魔化す??ような事をしてる場合あるみたいみたいです。(日本に持ち込んだり持ち出したり…)
    知人の話では韓国に出張先がある関西のある店にそんな噂があるとか。
    本当かは分かりませんが、貴金属密輸で捜査される方は、余力あるようならそのあたりを調べて貰えるといいかな、と思います。

  10. kusuko のコメント:

    小坪様、【女性宮家反対】の効果的な方法をシェアいただき、ありがとうございました。
    微力ながら参考にさせていただきます。

    なお、皇室の方に対して一部ブロガーからバッシングがありますが、それに対してこういう反論があるのでご覧ください。

    【皇室】ようやく皇室を貶め続けた連中が暴かれ出したか… | テレビじゃ流さないニュース
    http://brief-comment.com/blog/koushitu/53885/

    上記はリンク切れが多いので他に

    本当に怖い「皇統保守を装った皇室批判ブログ」の実体!!?まとめ? | ひだまり 今は古事記に夢中!
    http://20120901.blog.fc2.com/blog-entry-2771.html

    皇室叩きのいかがわしさ | キッサンケッロ 猫の鐘
    http://taitoluistelufani.blog.fc2.com/blog-category-64.html

    【皇室 site:ameblo.jp/hosyuyamato/】で検索

    • 波那 のコメント:

      ざっと見て参りました。なるほど?ですね。ランキング上位のお三方が入っていますね。界隈では有名な方達だったんですね。何にも知らなかったです。また、後でゆっくり拝見させて頂きますね。

      私見ですが、もう無理なんではないでしょうか。私は、一旦見て文面から立ち上る邪気のようなもの感じると、もう近寄らないので語る資格はないと思っています。ですがブルドーザーの勢いで、決してストップすることはないと思われます。だけど、何なんでしょうね。使命感でしょうか。

    • マリ のコメント:

      そこ 見てきました。何故か違和感ありました。
      一見、保守を語っていながら、ヤリ玉にあがるのは
      アンチ東宮ブログばかりです。これは おかしいですよ。
      あまりにも片方ばかり一方的に責めてる時点で変!
      危なくそれらに騙されるところでした。
      皆さんも気をつけてください。罠ですよ。
      むしろ、それらこそ分断目的にすら思えて来ました。

      ちなみに東宮擁護の方のはこちら。

      【閲覧注意】ブログ主の秋篠宮様家に対する異常な口汚い罵り方が酷い!
      http://retsugaiha.blog.fc2.com/
      このブログが、どこにも話題に上がってない時点で臭いのです。

      ちなみに私は皇室系のブログをネットで知る以前から
      現在の東宮の異常なおかしさ、平成に替わってからの
      異常な天変地異、災害の多さ、犯罪の増加に
      疑問を持ってました。

      そして、昭和帝に比べ今上のあまりにも威厳のない姿に
      ため息が出てました。

  11. のコメント:

    マイナンバーカードと韓国ラインが提携します
    次から次へと難題が、

  12. スカイツリー のコメント:

    いつも具体的な行動を示していただきありがとうございます。
    早速、地元の先生方にfax入れました。
    効果があることを祈ります。

  13. ちっかちか のコメント:

    kusukoさま、波那さま

    私は、現在の皇室ブロガーの方たちの
    意見を是としているものです。

    立ち上る邪気ってなんでしょうか?
    私は感じた事はありません。

    ランキング上位に現在来ている
    各皇室ブロガーの方たちは、
    「皇室が、本来在るべき姿になってほしい」と議論されてる方たちです。

    現在の皇室でおかしいと思う事を批判、議論するのに目を瞑るという事自体が、皇室を貶め、より民意を削ぐことになるのではと思い、日々文章を書いてらっしゃる方たちです。

    一度しっかりブログに目を通してみてから、批判されてはいかがでしょう?

    レッテル貼りになってしまっておられて、それこそパヨクのようですよ。

    • 波那 のコメント:

      皆さん、それぞれに、お気に入りのブログがありますよね。毎日、ランキングの頁はチェックしますが、毎日欠かさず見るのは小坪先生のと遠藤さんの二つだけで、他はタイトル見て関心事であれば開けて読んでいます。週に1度位しか更新されないので待ち遠しいブログもあります。今日はもう遅いのでKusuko 様にご紹介頂いた記事を明日読ませて頂こうと思っています。

  14. のコメント:

    余命三年時事日記blogは、デマゴーグの伏見blogにいろいろ捏造されこまっています
    余命三年時事日記blogで経緯を読んでみてください
    スパイ防止法も「不敬罪」も日本にありません。出来ていません

  15. 梅一枝 のコメント:

    https://m.youtube.com/watch?v=zwgYz-Coy1k
    水間氏、男系天皇に日本男児四名血の濃い方あり。女性天皇談義不要。

    http://yamatonococoro.seesaa.net/article/450470085.html
    天皇継承、大和こころへの回帰氏の正論。

    http://yamatonococoro.seesaa.net/article/450470085.html
    物理学者井口和基氏の天皇継承は、霊的継承であるが故、生前退位はあり得ない。

  16. キョン のコメント:

    東北の日本人様、月光仮面様、コメントありがとうございました。
    このブログ等で、これからも引き続き勉強していきたいと考えます。
    今後ともよろしくお願い致します。

    さて、選挙区の先生にメールをお送りいたしました。
    多分、ここご覧になられてると思うので、まる写しではあんまりですから、かなり文面には手を加えましたw

    女性宮家創設阻止に向けて、これからも微力を尽くしたいと思います。

  17. 一郎 のコメント:

    手書き封書を送らせていただきました。

    代議士の机に直行し、読んでいただけることを期待します。

  18. 旧新人類 のコメント:

    生活に追われる庶民にかわり、有効な意見発信手段のご指南、感謝いたします。私も遅ればせながら、地元選出国会議員の方々にメール・FAXしました。他にも、いつも頼りになる佐藤先生や誠実な小野田先生に送ろうと思います。前に書き込ませていただいたご皇室に対する噂ですが、それを聞いたという本人(近所に住む御用医師から親が聞いてきた内容だそうで)から私が直接聞いたもので、とてもここで書けるような内容のものではありません。当事は私もまだ若かったので反日勢力に関する知識もなく、ただ悪意を感じて非常に気分がわるかったのを記憶しています。こういう下劣な噂とやらを口にする人間の品性が疑われます。(あと、百田尚樹氏に対する言論弾圧をしている外国人とやらについても、官邸メールしました。なぜ外国人が日本人に対して【日本国内で】言論弾圧をするのか。許せませんね。)

  19. としし のコメント:

    ご報告です。

    とにかく、リアルの行動が肝要とメッセージと取りました。
    早速、地元の参議院の先生に土曜日にメールを送りました。

    すると、、、、

    昨日、地元の事務所の秘書の方から、お電話がありました。
    驚きのあまり、ひっくりかえりそうになりました。
    たかだか、メールを書いただけでここまでの手間をかけていただけるのかと。

    議員も女系天皇の危うさは十分に理解している、同様の意見は多数いただいている、
    地域の意見としてしっかり受け取める、とのこと。
    こういう反応をいただけると、とても嬉しいものです。

    で、今回の行動を取ってみて、の感想です。

    ブログを書くのもいいでしょうし、身近な方に話をするのもいいでしょう。でも国会で付帯条件を外すように主張ができるのは議員さん(今回の場合は委員会の委員さんだけですが)だけです。
    議員の先生からすると、地元の意見はいくらでも聞きたいはずです。
    主張をする人が多ければ多いほど、先生の優先順位、力の入れ方も変わることでしょう。
    やはり地元民として地元の先生に主張を伝えるのは意味のあることだというアタリマエのことに初めて気付きました。
    (今までは正直に言って、雲の上の話でした)

    こういう機会を与えてくださった、小坪議員に改めて感謝です。
    ありがとうございました。

  20. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市議会議員 小坪しんや様

    ありがとうございます。参議院議院運営委員会の一覧、活用させていただきました。
    (「例文」まであるとは・・・素晴らしいです。)

    されど、我々は敗れました・・・。自民党は、過半数を占めているのに極左と妥協を繰り返し、「日本のこころ」まで賛成するとは。当方は西村慎吾氏のブログも拝見しておりますが、今回の特例法に関しては全く記述がなかったのも、そういった事情からでしょうか?

  21. ウミウシ のコメント:

    小坪先生

    いつも、お疲れさまです。
    報告です。

    先生のエントリーで思いを強く持ち、体調が優れなかったので本文はワープロ打ちでしたが、封筒は手書きで、地元の衆議院の自民党議員の先生に、テンプレートを参考にしながら、送付させて頂いていました。
    かなり強い言葉も書いてしまい、どうかとも思いながらの郵送だったのですが、先日、議員の方あるいは代筆の方かは存じませんが、手書きでハガキが届きました。
    地域の声として届けさせていただきますとのことで、今後の動きを見守りたいところです。

    日韓スワップ関連の、2、3年ほど前の再締結の危機の際は特に返答はなかった先生だったので、とてもびっくりしました。
    国会運営に関するお詫びの文言も添えてありましたので、そちらの対策も兼ねてのお手紙かもしれませんが、あの時以上に私の思いも強いものだったので、とても嬉しかったです。

    このエントリーに関することだったのでこちらに書かせていただきました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください