更新しないお知らせ(移動日程)


 

 

日付を回ってしまいましたが、本日の更新はありません。
Facebookをご覧の方はご存じかと思いますが、4泊5日で上京しておりました。
かなりタイトなスケジュールを組んでおり、本日、東京より戻ったのですが、流石に体力(あと作業時間)がありませんでした。

成果もあがったと思いますので、それはやがて報告したいと思います。

私の準備不足もあり、前日はほぼ徹夜。
そのまま(いつも苦手な)飛行機にのり、実はこの時点でちょっとグロッキー。

到着後、某副大臣と昼食。
有名経済評論家と夕食、ここは伏せなくてもいいか、戸締まりさんです。テーマは赤旗。
たまたま上京してきた湖南市の谷畑市長と合流し、二次会。
・・・というのが、上京初日の日程です。

他、党本部にも行きましたし、総裁室の見学もしました。
観光とか物見遊山的なものではなく、やや実務的な側面もある上京でした。

いつもの陳情攻勢は、ほとんどできておりません。
今回の訪問先は議員会館は少数であり、ほとんど会館外であったためです。
憧れの阿比留るい記者とも記念撮影ができ、のみならず少しだけお話もできました。
(赤旗の件で、私のことも存じてくださっていて感激。)

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

主たる案件は、「赤旗」とさせて頂きますが、別件も多々進めることができたと思います。
労組・ユニオン問題のヒア、及びフィードバック、協議、さらに提案。
押し紙関係の情報共有、今後の動き。

あと、、、
邦人保護関係で、気になる点を様々な人に教えて頂きました。

今回の上京は、メディア関係者が主。
各社の政治部の記者とご飯を食べに行きました。
blog上では伏せてる話も結構あり、私も質問を受けましたが、こちらからも質問もしてきました。

何が正解というのは「ない」性格のものですが、
私なりに、いま考えていることの整合性は担保されたと考えますし、
逆に新たに得た気づきもあります。

また、地方議員として有事と地方行政の観点から、
言いたいことははっきり言わせて頂きましたし、
(それがどの場であったか、相手は誰かは公開することはありませんが)
現実の動きとして、反映されつつあるものも、ございます。
(ここ数週間のBlogをお読みの方は、おわかりかと思います。)

無論、「市議」でございますから、当市に絡む具体的な要望活動も展開させて頂きました。
この部分は、市当局とのみ共有させて頂きます。どうせblogでは興味を引く話題ではございませんし、伏せておきたい背景もございますから。

最後に。
私事とも言えますが、サイバー攻撃についても要望を出させて頂きました。
いくつかステップは踏む必要はございますが、一歩ずつ進めることができれば嬉しく思います。

詳細レポートは、また書かせて頂きますが、
本日は午前中から尊敬する国会議員と数時間近くお話しさせて頂く機会を賜り、
そのまま地元に戻って国政報告会に。のち、お会いしたかった政治関係者の先輩が福岡入りするということで(以前からスケジュールを組んでいた)ご飯に。

本当は、いまから報告書を書いたり、ためているメールの処理とかもあるのですが、
明日も朝から出るので、今日はこのあたりで失礼させて頂きます。

追伸)
コメント欄で論争がございました。
良い感じで解決できたようで、嬉しく思います。
保守同志であっても意見が対立する場合はございますし、たまには言い争いしても問題ないと思います。
罵倒罵声はよくありませんが、それがロジックに基づく高度な議論であれば、むしろ素晴らしい。
コメント欄が盛り上がることも好ましく思っておりました。

微笑ましく見ていた私もいるのですが、ただ、それはやがては治まるだろうという自信もあったからです。
自浄作用と言いますか、納得も行ってない部分はあるかとも思いますが、退くべき点は退き、妥結点を見出す。

特定の誰かが偉いとか、逆に議論そのものを批判するつもりはありません。
むしろ、全員が偉い。
私個人としては、この流れ自体が美しいと思いました。

では、おやすみなさい。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

更新しないお知らせ(移動日程) への15件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    更新しないお知らせ(移動日程) 日付を回ってしまいましたが、本日の更新はありません。 Facebookをご覧の方はご存じかと思いますが、4泊5日で上京しておりました。 かなりタイトなスケジュールを組んでおり、本日、

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    たった4泊5日の上京過程で、これだけの面会ですか・・・?
    東京近郊は鉄道網が発達しているので、鉄道乗車時間だけで換算した場合は時間的距離は比較的に短いのですが、意外と実距離は広範囲に及びますので徒歩過程を入れると、結構時間を消費してしまいます。
    従ってデフォルトの事務等所用を入れると、ほぼ休息無しの強行軍であったであろうと推察せざるを得ません。

    まぁ、たかだか数十分の名刺交換程度の挨拶なら、こなせない事もないでしょうが、会談となると・・・。
    かなり無理のある行程かと。
    相手あっての会談ですから当然バッファ込みになる訳で、かなり凝縮した行程であったであろう事は予測に容易いと思います。

    これは本気で「小坪慎也・東京事務所」の開設も視野に入れる必要があるかも知れませんね・・・。
    資金等の経済的問題を度外視した意見ですが・・・。

    我々も少々、嬉しい頭痛を共有せねばなりませんかね・・・。

  3. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、お疲れのなかでの新規投稿ありがとうございます

    かなりの強行日程とおみうけしました。
    まずは、ゆっくりとお休みくださいませ。おつかれさまでした。

  4. 月光仮面 のコメント:

    お疲れ様です。
    一歩一歩 日本を良くするための努力 本当にありがとうございます
    帰られたからの お話が楽しみです。

    さて こちらで警報音など聞かせて頂きましたが それで 政府を動かした
    と私は評価しています それで 言わせて下さい 政府の皆様 国民は
    地下街に逃げられる者だけが生き延びて それで 国を守ったと言えるのでしょうか
    そして 地下街には 当然外国人も含まれます その中で どのような事態が
    おきるか想定されていますか そしてですね 行橋市には地下街はありませんし
    地下の部屋をもった建物も知りません はい 当然全滅します 想定内ですね
    いくつの町や市が玉砕するか 想定内ですね そして 今回フランスで
    テロが起きたのに警察を5万6千人だったと思いますが 動員したそうです
    さて 日本にそれだけの警察官を動かせるのでしょうか もし テロが起きれば
    東京に10万人 大阪に10万人 福岡に5万人 などなど考えたら
    地方都市は無法地帯になりかねません テロのやり放題 と 神社やお寺は
    僧兵を雇い入れなければ 守れません 想定内ですか 

    最後に 自衛隊は同時に何か所の紛争に対応する規模でしょうか
    その紛争は 何日間 何週間 何か月 続くか想定されているでしょうか
    一日に 何人が戦線から離脱するとお考えでしょうか ミサイル防衛の
    穴は無いとお考えでしょうか どうか これは日本国民も考えないと
    いけない事だと思います 今までのような 左翼の言葉に迷わされなく
    日本を見つめる時が来たと思います 今からは 間違いなく日本は
    防衛力ではなく 軍事力を目指すべきです そして その上に侵略無き
    軍隊という旗印は掲げるべきです ここで 当然先制攻撃もあるという
    前提は当然です そうでなければ その組織は日本を守れません。

    • 月光仮面 のコメント:

      すみません 小坪先生がご不在中に 好き勝手書き込みすみません
      さて トランプ大統領は 北朝鮮を攻撃するつもりは 有る と
      思います でも 今はチャイナに説得など裏工作をさせていると
      思います それが 失敗すると攻撃する可能性は有ります ただし
      その際 チャイナは尖閣 沖縄 南シナ海 に 大規模に進行する
      可能性が 大きいと思います もし 政府関係者の方で ありえないと
      思われる方は 日本を守れないと思って 私は軽蔑します さて
      この時 国内にミサイルが落ちた いいえ 必ず落ちます そうすると
      そちらの救護や援助に勢力を割かれます アメリカ軍は空母打撃群が
      二つあるとして 二つとも北朝鮮に行かず 南シナ海と分断して
      日本には自衛隊のみとなり 尖閣を奪い返すために 自衛隊が出動します
      この時 奪い返した後や 戦闘中に 援軍や補給物資が無ければ
      その 部隊は全滅します 何が言いたいかと言えば アメリカ軍抜き
      紛争を維持する勢力が必要だと言っています そして 陸上型の
      イージスシステムを配備するのが一番だと聞きましたが 時間がかかるので
      有れば アメリカにサードミサイルを借りるなどの処置が必要だと
      思います そして チャイナに日本は近いという弊害があり
      ミサイル攻撃に対応しに不利だと思います 固定された飛行場など
      攻撃されやすい そのため 空母や潜水艦 など海上自衛隊の
      役割は大きいと思います 出雲型空母に垂直離着陸する戦闘機を
      載せて ミサイル攻撃を阻止して敵基地攻撃などの抑止力を
      持つことは重要だと思います 尖閣に 陸上型のイージスシステムか
      サードミサイルシステムの配備は 大変な抑止力になると
      思います 長々と すみません 憲法9条など今では何も意味は有りません
      いいですか チャイナは日本を侵略すると言っているのです
      その時点で9条は無効です みなさん なぜならチャイナはアメリカで
      朝鮮半島は昔はチャイナの領土だと言っているのです もはや
      侵略国家が隣にいて 9条を守るとか守らないとか 議論する必要は
      有りません そもそも 無効です 日本を滅ぼしたい人の言い分を
      聞いて何になりますか 時間の無駄です 日本の国民の皆様
      今 軍事力を持たなくてどうしますか 改憲など後で良いのです
      今 侵略無き軍隊を持つべきです これこそ9条と日本を守る姿だと
      思います。 無くなりますよ 日本が

      • 月光仮面 のコメント:

        もう一つ言わせて下さい すみません
        何でも言って委員会 私 最近テレビの番組に成り下がったなと
        見ていましたが 今回 言っていたことで 北方4島を
        チャイナ人が支配していると言うような 会話がありました
        これは 注目するべきだと思います そして 元官僚の方が
        トランプ役のケントギルバート氏に トランプは世界から
        信用を無くすと お利口な言葉が出ていましたが その
        回答が 外交だと 言ったと思います これ 大変重要だと
        思います 日本の政府や官僚に本当にトランプが必要だと
        思います これからの日本はいかにチャイナと接するか
        必要か そこまで日本が育てたのです 親中派の議員は
        責任を取るべきです 対チャイナの政策を前面に押し出すべき
        ではないでしょうか。

  5. doraken のコメント:

    東京の強行日程お疲れさまです。
    自分は先週末は福岡に出張しておりました。福岡で有事の際は・・・と考えると何とも言えないプレッシャーを感じました。この感覚は九州や中国地方に住んでらっしゃる方々に共通するものだと思います。1票の格差問題で地方の意見が通りにくくなっている(首都圏の議席が多い)ので、市議としての陳情活動頑張ってください。

    自分的には有事対応のみならずサイバー攻撃の陳情がうれしいです。DDoSアタックだけでなくSPAM対策、ネットを通じた不正送金やランサムウェアなど、総合的なサイバー攻撃サイバーテロ攻撃に対応できるように、最終的には国の法案整備や技術支援政策などにつながれば良いですね。

    お疲れさまでした。

  6. まりちゃん のコメント:

    小坪先生を読まなければ一日中 拍子抜けの感ですが、生存証明さえあれば
    頑張って応援できます。 どうぞご自愛下さい。

  7. 鳥海山たろう のコメント:

    「やがては治まるだろうという自信もあった」と記載されておられるので、何事だろうかと昨日分のコメント欄を確認しましたが、櫻盛居士さま、誠に申し訳ございません。(いつも有難うございます)

    読点さまの昨日分への指摘は、論文の査読みたいで面白い指摘だと思います。私にとっては些末な部分ですが、些末な部分でも、見る人によっては重要になるというのは面白いし、本格的議論に発展するのは楽しめます。

    しかし、こちらは議論用スレッド欄ではないので、特定の個人どうしが延々と議論を続けるのは、場がしらけてしまうし、他のコメント者にも不快感を与えるということですね。

  8. 鳥海山たろう のコメント:

    以下は直接関係のない話題で恐縮ですが、「なぜ対立が生じるか」という本質的な問題に関しての私の(ここ10年くらいの)経験というか感想です。

    不快感を持つ方もおられるかもしれませんが、今回だけ書かせてください。
    私の批判したいのは、いわゆるカルトまたはカルト的思考です。

    カルトというのはイデオロギーからくるカルトや宗教的カルトというものがあります。

    朝日新聞社なども極左のカルトと認識していますし(言葉たくみに日本人をだまくらかすカルトで、ある意味で共産党以上のカルトです)、日本史上で最悪のカルトはオウム真理教でした。(これも日本の極左が生み出したと考えています)

    これ以外で、やっかいなのが「民族的カルト」だと思っています。

    「民族的アイデンティティ」は重要であると認識してますので、「民族」という言葉に悪いニュアンスは本来持たせたくないですが(私は「大和民族」を愛しています)、民族的アイデンティティが屈折して過激化したのが民族的カルトです。

    たとえば、どういうのが民族的カルトの思考かというと、「朝鮮人がすべての原因。朝鮮人の悪の根源だ」と決めつけて、なにもかも悪いことを朝鮮人になすりつける思考(要するに、現代の韓国人の逆バージョン)、あるいは「グローバル化が諸悪の根源」「なにもかも悪いのは日本国憲法だ。これを直せばすべて解決」などという思考。

    前者については、愛国心がある日本人なら誰でも、「日本に住み着いて日本社会の恩恵を受けながら、日本に怨念をもつような朝鮮人は日本から出ていけ」と何度か思ったことがあるだろうし、後者も、保守的傾向の書籍の読者などなら、「安直なグローバル化は罠がある」とか「憲法改正しなければ日本の戦後は終わらない」と考えてきたことでしょう。

    もともとは日本を守ろうとする意志から発展したものでしょう。でもカルト思考化すると、だんだんと毛色が変わってきます。

    ひとつの思考に収れんすることによって思考が単純化し、単純化することで容易に同調者が増えるのですが、その分、麻薬のようにワンパターンの政治的思考の中毒になります。

    冷静な議論ではなく、徒党化することを好み、なにかを拍子にして、すぐ誰彼かまわず攻撃してきます。デマが流れても訂正しません。平然としています。
    そして欲求不満となり、憎悪や怒りがマグマのように蓄積します。

    こういう輪に組み入れられた人間は、自発的に努力して汗を流したり、刻苦精励して勉強しようとしたりしません。いつも、恨みつらみをこぼしていれば、そのうち好ましい結果が手にはいるくらいしか考えてないのでしょう。

    「愛国心」を標榜していても自己中心的です。そのため、すぐに仲間割れが発生します。
    こういう風潮は、まだそれほど深刻ではないかもしれませんが、エスカレートしていけば日本人の健全な政治の発展を阻害するような気がします。

    でも大局的には日本人を信頼しています。

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    いつもお忙しいのに、ありがとうございます。
    そしてマスゴミの横暴、何とかならないでしょうか

    TBS報道局部長が『警察の極秘資料を自社サイトで公開する』異常事態が発生。個人情報の漏洩に批判の声が殺到
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50497814

    【フジテレビ炎上】女性問題で離党した中川議員の妻(ガン闘病中)に突撃取材、土下座で謝罪する様子を放送
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52174167

    一番責められるべきは、頭はエリートでも下半身が緩くハニトラで日本を売りそうな色情魔の中川議員と、同じく奥さんいると知っててるけど理性がきかなかった色狂いの愛人だと思います。
    なんかテレビ見てて中川議員も愛人も、ナルシストっぽいと感じました。
    渡辺と言い、芸能人に興味が無いので遠慮なく言いますが、家族で病人放って異性遊びする奴らも、男女問わずろくでなしの人でなしだと思います。

    そう言えば知人が、中部大学だったか中京大学だったかの、タケダと言う教授が、ラジオで南京や大東亜戦争に関してとてもまともな事を言ってくれていると言ってました。
    しかしまともな人の例に漏れず反日カスゴミに叩かれているとか…早く日本人が反日に弾圧されない世の中になって欲しいです。

  10. 旧新人類 のコメント:

    リアルタイムで日本の未来を見据えたご活動にいつも感謝しています。開示できる範囲のお話を楽しみにしています。さて、ロナルド・レーガン艦上のペンス米副大統領のスピーチを聞きましたところ、ペンス氏のお父さんは朝鮮戦争に参戦し勲章ももらったそうです。またこの地域にさらなる最先端の軍備を継続配備する等、やる気満々なことをいろいろ言ってます。こちらの米大使館のサイトに掲載されています(仮訳)。
    https://jp.usembassy.gov/ja/remarks-by-the-vice-president-aboard-uss-ronald-reagan-ja/
    日本との友好関係に大きな重点を置いたスピーチであり、韓国をfree Koreaと呼ぶなどしてほぼ冷戦の再来という感じ。となるとベトナム戦争で負けた分を取り返すため、案外free Koreaを温存しようとねばる気もしてきました。(小坪先生の仰るように、何が日本にとっていいのか難しいところですね。どっちにころんでもうざいですが。)現状、日本にとって有利な展開は、なんでもいいからとにかくブタ排除してもらって、その後しばらく大国間のにらみ合いが続く間に日本が全力で国防体制を強化し当然ながら並行して売国勢力とスパイを排除することです。勇み足で中共が仕掛けてきたら嫌ですが、そうしたらSecurity through strength を選択したことを言明しているトランプ政権および米軍にこれ幸いとコテンパンにやられると思います。日本は国内対策・法整備・国民の意識変革が急務なのだと思います。そうでないと、双方向の「共同防衛」は組めません。ペンス氏のスピーチを聞く限り米国は本気だと思われます。トランプの人格が不安定だという噂が流布しているようですが、ペンス、マティス、ティラーソン、および賢そうな娘と婿という安定感がある人々が支えているので、トランプが暴走する(選択を間違う)可能性は低い気がする。安倍総理とトランプが仲良しで本当によかった!

    あと、日本の国立大学から北朝鮮に核開発技術が流出しているそうですが、何が「軍事研究に反対する」だ、北朝鮮のための軍事研究ならOKなのか、日本の大学に巣くう穀潰しのパヨクじじいどもはバカ揃いじゃないか(自分らの孫の頭上に核ミサイルが飛んできても笑っていられるんですかね、このじじいどもは)と腹が立ってます。証拠として西岡力氏の記事を貼っておきます。https://jinf.jp/weekly/archives/18303 ぜひしつこく拡散お願いいたします。これら外国籍技術者どもは「日本の国立大学などから北朝鮮の軍事に貢献する先端技術を大量に持ち出している」そうで、国基研の「モノ、カネ、ヒトすべてを止める全面制裁を発動すべきである。特に、すべての在日朝鮮人の北朝鮮渡航を原則禁止として技術流出を止めなければならない」という主張に強く賛同します。乱文失礼いたしました。

  11. 櫻盛居士 のコメント:

    内閣官房国民保護ポータルサイトにて、弾道ミサイル落下時の行動に関しての情報が、昨日(平成29年4月21日)付で掲載されました。

    皆様に於かれましても、是非御確認下さい。

    ●内閣官房国民保護ポータルサイト
    http://www.kokuminhogo.go.jp/

    ・弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
    http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou3.pdf

    ・弾道ミサイル落下時の行動について(その1)
    http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou1.pdf

    ・弾道ミサイル落下時の行動について(その2)
    http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf

  12. 波那 のコメント:

    坂東忠信さんに偶然に出会われたんですってね。先程、ブログを読みに行ったら書かれていました。坂東さんは今、韓国に居る邦人救出だけでなく他の在韓外国人も一時的に日本に救出を求めるだろうと書かれています。他の外国人は一時的避難で帰るだろうが、後は「民団」「朝鮮総連」という定着の為の基盤組織を持ってる上下半島難民のこと。今日本に居る在日は殆どが前の朝鮮戦争の時に逃げ出して来た不法入国難民で帰国せずに何世代も居座っている人達です。在日の生活保護受給率の割合の高さは良く知られていることです。日本に敵愾心を持つ民族がまた居座るのかと思うとゾッとします。あとはブログ、お読みください。

    http://ameblo.jp/japangard/entry-12267357053.html

  13. ネット保守 のコメント:

    議論は良いですね

    私は今の日本国で、ネットで発言している全ての大衆(保守、右派、左派)が
    「日本人(日本国籍)である」とは思って無いです。
    このグルローバルな時代ですから当たり前ですよね。
    「保守だから日本人」と思い込んで議論をするのは
    「左派だから朝鮮人」と思い込んで議論する事と同じ危険がある。
    と再び書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です