テロ等準備罪、可決。野党起立で驚きの”全会一致”とメディアの断末魔


 

 

採決時に起立しておれば、賛成と看做すべきだろう。
またしても民進党ら野党は離席しており、”全会一致”と批判させて頂く。
メディアの断末魔も荒唐無稽で、「採決強行」と大見出し、笑わせてくれる。
民意により選ばれた議員、その多数派が採決に臨むことは”強行でもなんでもない”

対案を出し議論を深めることが、在るべき議会制民主主義だと考える。
これを放棄し民主主義をないがしろにしたのは、民進党をはじめとする野党である。
パレルモ条約の件も踏まえ「立法すべき」という立場であるが、(特に運用面を含めた)法案すべてに賛成する立場ではない。
ゆえに議論を深め、より適切な形、在るべき姿を論じるべきではなかったのか。

・・・というのは、例文だが。(左派メディアなら、どう書くかという。)
メディアら、反対する識者らは、このような論調すら張れぬ。

かなり強い法律ゆえ深い議論が必要だった。
議論の機会を、議員自らが放棄している点が許せない。
審議の妨害などしかできぬなら、活動家として「外で」やるべきだ。

政治活動を批判しているのではなく、むしろ応援する。
だが、議会人として公式の場でやることと、議場の外でやることは違う。
審議せぬ議員は不要だ。

この野党の暴挙をメディアが持ち上げる姿も理解できない。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

数の暴力?いいえ、民主主義です。
市民らが声をあげているという。
政治活動を規制することは許されず、私はむしろ賛成する立場だ。

どんどんやるといい。
私にも一部、解説できそうな点があるゆえ、説明させて頂く。

 

「共謀罪」採決強行に座り込み 国会周辺、市民数百人抗議

 

 「まるで独裁国家だ」。衆院法務委員会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が採決強行された。国会周辺には市民数百人が詰めかけ、気勢を上げたり「共謀罪NO」のプラカードを掲げ座り込みをしたりして抗議を続けた。

 市民らは議員会館前で、演説や歌で採決強行を批判。横浜市の無職男性(64)は「政府は疑問に答えていない。やり方が独裁国家そのもの」。東京都武蔵野市の女性団体職員(40)も「数で押しきる安倍政権は許せない。グレーゾーンが多い法案で、捜査機関に都合よく判断されかねない」と訴えた。

 

 

「まるで独裁国家だ」
いいえ、違います。
これは民主主義です。

採決したのは、議員たちです。
そして議員のそれぞれは、選挙をもって民意により選ばれております。

これは、誰がどう見ても民主主義です。

 

「政府は疑問に答えていない。」
私もそう思います、この点には深く同意。
本法案は、深く審議されたとは言い難い。
私自身もよくわからないのです。

報道という”フィルター”を介した情報ばかりで、実際の状況がいまいち見えない。
私は議員ですから、論じるにあたり論拠とすべきは、議事録の残る公開の場でございます。

ただし、怒りの方向が違います。
政府とは、つまり行政でありますが、行政とは「答えるもの」でありますけれど、
それは立法側から「問われて」答えるのでああります。

まともな質問がされねば、議論は深掘りされません。
これは市議会でも同じです。

 

「グレーゾーンが多い法案で、捜査機関に都合よく判断されかねない」
この危惧は私も持っています。
なぜならば、まともに審議されていないからです。

様々な角度から、多くの事例を想定し、運用面まで含めた想定をするべきでした。
これが足りているとは思えません。
しかし、その責任は、政府(行政)にあるのではなく、野党にあります。

野党「こう思うけど、どう?この場合は?」
政府「それも想定しないとね、じゃ、こうしようか」

この繰り返しが、私の言っている議論なのですよ。
議論をせず、空転ばかりを試み、深掘りさせることができなかった責任を、野党は問われるべきです。
私は一人の議会人としてこれを批判します。

 

 

議論をせず、審議妨害ばかりに終始し、あたかも活動家のよう。

これは、正当な議会人の在り方ではありません。

 

私は、活動家を否定するつもりもありません。

冒頭で述べたように、どんどんやればいい。

しかし、合法の範囲内で。

 

何を批判しているかといえば、「議論すべき場」で、【活動家の真似事】をした点です。

議会人としての責務を放棄し、国民からの信託に応えていない。

 

議員が政治活動に身を投じることも否定しません。

共産党の地方議員だって、原発反対デモなどに参加し、主張を行っている。

これも問題ない。

 

だが、議会人として、議論すべき場において、
「同じこと」をするのは罪深い。

 

 

強く述べておきますが

 

強行採決などない。

 

民意の多数をもって議員となり

 

選出された議員の多数をもって

 

ものごとを決するという手法は、

 

まさに民主主義である。

 

 

 

”強行採決”と”採決強行”
新しい言葉が誕生している。
いままでは【強行採決】と論じていたはずだが、新しいフレーズが誕生した。

それは”採決強行”というもので、前と後ろをひっくり返したものだ。

 

当初、意味がわからなかったのだが、なんとなく意味がわかってきた。
強行採決は、実は民主党時代に横行しており、メディアはこれを批判してこなかった。

この点は、ネットでも再三指摘されており、このフレーズを使うことが怖かったのだろう。
それで新語を誕生させた、と。

 

私は、”強行採決”と批判する場合だってある。
それは採決が行われたことに対して用いるのではなく、
【まともに審議時間】を与えず、与党案のみを強行した場合である。

民主党がやったのは、まさにこういう手法であり、
ゆえに批判的に論じるべきと考える。

 

だが、今回の場合は「充分な審議時間はあった」のだ。
私が求めているのは「ちゃんとした議論」であり、採決の可否よりも大きなウェイトを占める。
批判するか否かの軸は、審議がなされたか否かであり、批判対象は「審議を妨害したもの」である。

テロ等準備罪の法案において、私が重視した「審議時間」を浪費し、
大切な国会を愚弄したのは誰か。

明らかに民進党ら、野党である。

 

ゆえに【強行採決】と責めることができなかったのだろう。
審議時間は潤沢に用意されており、それを放棄したのは民進党らであるためだ。
自民党・政権は、しっかりした時間をとっている、この事実の前に【強行採決】は適さない。

 

よって「採決が強行された」という意味で、審議時間があったか否かを抜きにして、
採決そのものを批判対象とすべく新語が誕生したのだろう。

しばらく考えて、やっとわかった。
考えた人は、それなりに知恵のある方だと思う。

 

 

 

民進党らの機関紙
多くの解説は不要であろう。

 

 

朝日、毎日、東京新聞。
日本国民の知るところの、「特に左がかった新聞」である。

この場合は、新聞と呼ぶことは、他メディアに失礼であろう。
民進党らの”機関紙”とでも揶揄すべきか。

 

この写真で特筆すべきは「みんな、同じ見出し」という点。
なんでこうなったのだろう。

どこか一か所から、つまり「同じ組織」から、
【指示】でも降りたのだろうかと疑念をもつ。

忖度は違法性はなく、相手を慮るという意味だが、
メディアに「指示」を出し、みな同じことを書いているのであれば、
それは何がしかの法が必要であると考える。

 

なにがしかの政治勢力が「メディアに号令」をかけ、
国民を煽動し、世論の”捏造”を試みることで、
民主主義の根幹を破壊しようとしている【疑惑】があるからだ。

 

 

 

みんな「採決強行」と書いているが

 

たまたまにしては偶然が重なり過ぎている。

 

『誰かの指示じゃないの?』って疑問をもたれても

 

仕方のない構図だね、と指摘しているわけですよ、

 

ねぇ、メディアの皆さん。

 

 

 

存在しない法案が採決された。
メディアを「嗤う」スタンスで論陣を張らせて頂くが、なんとも情けない。

先ほどの三紙ともに、「共謀罪」と書かれている。
報じるならば【テロ等準備罪】であり、正式名称は「組織犯罪処罰法改正案」である。

 

彼らは”こう報じたい”のだろう、
だが、今国会では「共謀罪は審議されていない」という点は強く指摘したい。

「」をつけることで、言葉の置き換えをしたり、
つまり”正式ではないよ?”とアナウンスしつつ書く手法はある。

 

だが、共謀罪はかつて国会で審議された過去があり、
三度にわたって廃案になっている。

これは混同を招く危険性が高く、報道として如何なものかと感じる。
やりたい放題、と感じた。なんと横暴なのだろう。

 

彼らが「共謀罪」という言葉にこだわった理由もここにあるように思う。
だが、それは作戦ミスだ。

繰り返しておくが、本国会において「共謀罪は審議されていない。」
当然のこととして「採決などされていない」のである。

 

ここは保守にも強く言っておくが、詭弁やジョークの類ではない。
この事実は譲ってはならぬ点で、左派にもしっかりと言い含めたい。

言葉遊びと感じる方もいるだろうし、事実、左派はそう述べてきたわけだが、
公開の場で、しかも議事録が永久に残る場で戦う私たちは、
政治事実については、正確に述べることが求められる。

 

証明できぬことや、公式でないもの、
これらを議員として取り上げることはできない。

ゆえに、本国会で審議されていない法案が採決されたと報じるメディアを
『「」をつけてるからいいじゃん』という内部ルールを押し通すメディアを
強く批判する。

 

保守にも強く言いたいと述べたのは、これが理由。
この主張は、皆さんが想像する以上に打撃を与える。

 

 

 

反対派の失敗
さて、彼らが「共謀罪」にこだわった理由もここにあるように思う。
共謀罪は3度に渡り廃案となっている。

 

誰しも成功体験に依存するもの。
かつて上手く行ったから、今回も、となったのだろう。

実は、この点に失敗がある。
分析が足りていない。

 

かつて廃案になった理由は、を列挙しよう。
「自民党への不信」もあったし、
「行き届いた日教組教育」などもある。

民主党の政権交代をメディアが煽った際なども考えれば、「世論の煽動されやすさ」もあった。
また、メディアは当時は大きな力があった。

 

失われたのは、このあたり、だ。
まず、メディアは当時ほどの力をもたない。世論は、メディアの吹く笛の音に警戒。
ネットに食われ、中堅層から若い世代への影響力を喪失している。

民主党政権の酷さが記憶に刻まれており、民進党自体が疑われている。
当時は自民党と言えば「何か悪いことしてる」というイメージであったのだが、いまは逆だ。

また、半島有事のリスクを含め、慌ただしい外交関係、
それぞれが自らのこととして危機感をもっている。

 

 

はっきり言わせて頂くが、「共謀罪」だから廃案になったわけではない。
当時の世情というか、パワーバランスによるものである。
仮に廃案になった当時、テロ等準備罪という名であっても、同じく廃案になっていただろう。

 

逆に今回、「共謀罪」という名前の法案で出していたとしても
私は可決したと思いますよ。

民主党政権の悪夢、自衛隊の活躍、
何より共産党などが擁護した「過激な活動」の実態が周知されていること。

かつて廃案になったこと、そして今回、採択されたこと。
その理由が「共謀罪」という名であると考えているならば、
大きな失敗である。

分析の時点で大きなミスがあり、これが野党の失敗だろう。
貴方たちはかつての力をすでに持っていないという現実を、まず受け止めて頂きたい。

まず現実を受け止めよ、
話はそれからだ。

 

 

 

反対派は、可決した理由を分析した方がいい。

 

かつて廃案になった理由は「共謀罪」だからではない。

 

まず、メディアの影響力の低下。

 

特に中堅層から若い世代からは、不信感すらもたれている。

 

世論を煽動することは難しくなったという現実だ。

 

民進党への強い疑念、拒否反応。

 

民主党政権時代の悪夢。

 

共産党やメディアが擁護してきた「左派活動家」の

 

激しすぎる実態が周知されてきたこと

 

法案の名前が変わったのではなく

 

変わったのは時代だ。

 

社会が変わったという現実を受け止めよ。

 

そもそも本国会では、

 

「共謀罪」は審議されていない。

 

審議されたのは、テロ等準備罪であり、委員会で可決した。

 

「メディアは現実を受け止めよ!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

29 Responses to テロ等準備罪、可決。野党起立で驚きの”全会一致”とメディアの断末魔

  1. medakanoon のコメント:

    テロ等準備罪、可決。野党起立で驚きの”全会一致”とメディアの断末魔【よっしゃ!と思ったらシェア】 採決時に起立しておれば、賛成と看做すべきだろう。 またしても民進党ら野党は離席しており、”全会一致”と批

  2. のコメント:

    涙が出ました
    ここまでこれたのは皆さんのお陰です。真面目で清い小坪先生を皆さんで支えましょう。

  3. 一郎 のコメント:

    オリンピックの時期に、海外からのテロが想定される。
    憲法改正の時期に、国内の反政府団体からのテロが想定される。

    テロ等準備罪は、なんとしても必要だ。

  4. ななし のコメント:

    先生 是非 国会議員を目指して下さい! 所属は?ですが、日本のために尽力してほしい! 日本国民も先生の主義を応援する人が多いと存じます。最近は若者の保守系支持が多いらしいが、日本は世界中から鴨葱状態と思います。残念です!

  5. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、共謀罪の成立を先生、ブログ購読の皆様とともに喜びたいとおもいます

    >採決したのは、議員たちです。
    >そして議員のそれぞれは、選挙をもって民意により選ばれております。
    >これは、誰がどう見ても民主主義です。
    1000%同意でございます。

    閑話休題・・・・

    もうすぐ、在日あがりの某議員が亡命(たぶん、半島方面!)されるとおもうと、心から笑いがこみあげてまいります。

  6. -EST のコメント:

    お疲れ様です。今回の全員起立ですが、最初は笑ってましたけど野党がギャーギャー言いながら起立していたのは子供だましのめくらましに思えてなりません。明確に反対するなら着席で十分なはず。それを文句言いながら起立しているのは不可解な行動に見えます。
    野党はテロ等準備罪が参議院で可決そして施行となった時の保身に走ったのかも知れません。テレビの絵的に着席してたらそりゃ危ない連中と世間から完全に認識されます。野党は大手マスコミから守られている事を過信してる。反対はしたい、けど法の網にかかるのは避けたい。だからあんな滑稽に見える事をしたんではないか?腐っても野党、油断大敵です。

  7. 読点 のコメント:

    だいたい、日本の安全保障に関する法案についての略称が「戦争法案」でしたから。

    いまさらジロー。

  8. 鳥海山たろう のコメント:

    安倍自民党の大きな成果ですね。
    大部分の方はご存知と思いますが、要点は下記です。

    ・世界的な名称でいえば「スパイ防止法」や「共謀罪」にあたるものはほとんどの先進国にあります。

    ・日本でも制定は急務でした。国際社会と協調して(←ここ重要)、テロなど悪質な組織犯罪から国民を守るためです。

    ・日本で制定できなかったのは、朝日新聞などを中心とする極左メディアが、特に昭和60年代以降に、すさまじい反対を繰り広げたからです。

    ・極左メディアは巧妙で、たとえば「日本における女性の議員比率は先進国にくらべて低い」などと、年から年中、「国際比較」を持ち出しますが、他国にくらべて日本だけ上記の法律が存在しないに等しいことを意図的に報道しませんでした。

    ・その代わりに、「日本で戦前と同じような治安維持法が制定されようとしている」などと、悪質なデマを(共産主義者とグルになって)国際社会に流しました。
    (安保法案を徴兵制と錯覚させるようなデマを流していましたが、あれと同様です)

    ・北朝鮮の日本人拉致犯罪なども、ずっと昔にこういった法律が日本で制定されていたら、防ぐことができたのではないかと言われています。

    ・朝日新聞を筆頭とする極左メディアは、ほかにも、福祉社会の基礎となる国民番号なども「国家による国民のプライバシーの監視」などと狂ったようなデマ報道を流して妨害してきました。

    ・ちなみに朝日新聞などの極左メディアの捏造報道は、こういった法律で取り締まることが出来ないので、あくまでも国民ひとり、ひとりが、捏造メディアを監視し、さらにメディアによる過去の犯罪を告発しつづけることが重要です。

    ・もっとも効果的なのは捏造新聞などの不買運動です。そして、当選したいがために、捏造マスコミの洗脳報道に便乗して、政治活動をやろうとするような候補者を選挙で落選させることが大切です。

  9. 北九州市民 のコメント:

    小坪先生、更新ありがとうございます。

    違う角度からの考察、勉強になります。
    いずれにせよ、ホッとしました。

    が、敵を殲滅するまでは全く油断できませんね。彼らの言葉を借りれば、『無慈悲に』粛々と、ですね。

  10. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    共謀罪反対はテロ支援になるんじゃないですかね

    【まーた始まった】国連報告者、共謀罪に「懸念」日本政府に書簡 ⇒ ヒューマンライツナウが“介入要請”を出していたことが判明
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51321969
    65: 名無しさん@涙目です。
    また「国連の方から来ました」詐欺なのか

    ※8
    申惠・(シン・ヘボン)という韓国人が理事長を務める反日団体だよ。
    名もなき正義

    ほとんどの国に共謀罪があるんだから何も問題ないだろ。
    名もなき正義

    【衝撃事実】愛媛県に面会拒否されたアホの民進党「加計学園調査団」、ガチで “アポなし” だったことが判明!…拒否された後の無能っぷりも併せてご覧下さい(動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51319764
    946: 名無しさん@涙目です。
    国会議員ならアポ無しで工事現場に入れると思ってるのか?
    馬鹿なのか? 安倍事を権力 権力 って言っておいて
    1番権力を行使しようとしてるのは民進党じゃないか

    メディアには予定伝えてあるのに
    名もなき正義

    アポ無しで訪ねて行って相手が留守だったのに
    それを面会拒否だと報道するのは捏造報道では?
    名もなき正義

    韓国版『ペルソナ5』のOPに旭日旗らしきものが登場し韓国人ゲーマー激おこ!「ウヨソナだ」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52177569

    またいちゃもん…

  11. キョン のコメント:

    私は基本的に安倍政権支持、自民支持ですが、かといってそれをチェックする組織が皆無な状況が望ましいとは思えません。

    自民の法案をしっかり吟味し、是々非々で議論をすることこそが、まっとうな野党の役割であり、それこそが国民のためになる行為です。

    それらを怠る反日野党連合(民進(偽)、社民、自由、共産)。
    やつらは自民支持者だけでなく、自民懐疑派をも害する行為を行っているわけです。

    上にあげた事例に最も近いのは維新のスタンスでしょうか。
    ほんとに一刻も早く「まともな」野党に現れていただきたいものです。

  12. べこたろう のコメント:

    自分は試される赤い大地の出身なもので、民主党が政権を取った時点では左よりだったんだが、東日本震災時の自衛隊の懸命さを目の当たりにしたり、その後、九州に異動になって由緒ある神社を訪ねたりするうちに日本とは何かを考える機会に恵まれて保守的、というか今の日本の状況に目を向けた考え方が少し出来るようになったんだと思います。
    そんな私が野党に対して言いたいのは、アベが憎くて日本の事なんかどうでも良いんだろ?って事であり、レベルが低すぎる。
    保守であろうと革新であろうと、日本の現在と未来を考えて、より良い提言を出来る議員なり政党は支持に値します。
    そんな支持に値する野党が見当たらないし、安倍政権はよくやっていると思いつつも選挙では自民党しか選択肢がないってのが現状ではないでしょうか。

  13. たわし のコメント:

    小坪議員、
    いつも情報発信ありがとうございます。
    現在我が家で定期購読している日経新聞も、「共謀罪」の見出しを付け続けています。
    採決強行と大騒ぎのマスゴミですが、維新の丸山議員が登場し採決した例の法務委員会の全容は、今や一次ソースをネットで全て見れますので、民進党の委員会場での振る舞いの酷さは、全てお見通しです。そんな事はマスゴミは一切報道しませんが。
    かつて民主党政権誕生に手を貸してしまった愚かな私も、小坪議員はじめネットのお陰でメディアリテラシーがこの数年で随分鍛えらえた事に感謝しつつ、今は身内のメディアリテラシーを鍛えている毎日です。
    それにしても民進党はもう次の選挙で壊滅して欲しいと、心からそう思います。

  14. 八王子市民 のコメント:

    自分には強行審議拒否する民主党しか見えませんでしたけどw

  15. araigumanooyaji のコメント:

    “なにがしかの政治勢力が「メディアに号令」をかけ、 国民を煽動し、世論の”捏造”を試みることで、 民主主義の根幹を破壊しようとしている【疑惑】があるからだ。”

  16. 東京都56歳 のコメント:

    そうですか、
    「サヨク新聞」の三紙が、
    いずれも批判的報道ですか。

    でしたら、安心です。
    心より、ウエルカムです。

    この法案成立は、
    間違いなく、
    日本のためになる。

    国益を守る法案でしょう。

    いやあ、
    「サヨク新聞」って、
    本当に便利ですねえ。

    だって、
    実に精度の高い。
    ネガティブ羅針盤ですから。

    でも・・・
    三紙も要らないかなあ・・・

    とりあえず、
    禊として、
    朝日新聞とかいうのは、
    無くなってもいいかなあ・・・

  17. 通行中失礼しますた のコメント:

    「サヨク新聞」三紙の見出しが揃いも揃って「共謀罪採決強行」って・・・笑っちゃいますね。
    これって何らかの「共謀」があったのですかね?
    おや、誰か来たようだ( ´∀` )

  18. むさた のコメント:

    特定秘密保護法で言論の自由が剥奪される・・・って「設定」だったのに、彼らはもうそのことを忘れてしまってるみたいですねw

  19. 石川県の中学生 のコメント:

    SNSをやっていないのでこちらで支持コメントとさせて下さい。
    左派新聞と正反対のことが日本にとって良いことである。この認識は学生たちにもかなり浸透しています。

  20. 冷やし民主始めました のコメント:

    最近(でもないような気もしますが)テレビも元民主党の皆さんも言ってる事とやってる事が違うと言う結構高度な技を使うようになったなと言う感想です(笑)
    日本テレビで二度程この採決についてのニュースを見掛けたんですが、画面には「 共
    暴罪」なんですがアナウンサーが読み上げたのは「テロ等組織犯罪処罰法(防止法?)」
    でした。

    元民主さん達は安保法案の時も全員起立されてましたしね。
    本当はきっと賛成したくてしょうがないんだけど大人の事情があるのでしょう。

    そういう目で見ると森友も加計も安倍政権潰しに見せた、よくパヨク組織である単なる内ゲバのような気がして来ました(笑)
    加計の方は玉木の競合する同業者潰しみたいですし。
    辻元は嵌められたんじゃないかな(笑)とか。
    こう考えると更に面白くなるんじゃないかと。

  21. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    やっと、組織犯罪処罰法改正案成立ですね。
    反日政党やおパヨクの皆様方は「恣意的に運用されるおそれがある」だの「弾圧される」だのホザイておりますが、その心配は実際に払拭されていません。

    どの様な場合に恣意的に運用され、亦た弾圧される可能性があるかと言うと、反日政党が政権を盗った場合です。

    日本の為に必要な罰則を伴う法律は、運用する側が正常な場合に於いてのみ効力があるのであって、反日政党が政権を担えば日本人を苦しめる法律に早変わりします。

    民進党はガタガタですので何れ崩壊する可能性がありますが、その際には民進落武者共は自らの系譜を偽り、国政にしがみ付く事でしょう。

    まさか共産党が政権を盗る事は無いとは思いますが、それでも議席を増やす可能性は否定しきれません。

    信じられない事ですが、特亜や民進党に対しては非常に厳しい批評を行っているにも関わらず、「まともな事言ってるのは、共産党だけの様な気がする」なんてお花畑も世の中には実在するのです。

    そう言ったお花畑が日本の足枷にならないようにする為にも、何らかの安全弁が必要です。
    なぜアレほど迄に嫌われた民進党が、いまも140以上の議席を保持しているのかを考える必要があります。
    昔の中選挙区制なら、こんな事はあり得なかったでしょう。
    比例代表制によるゾンビ当選によって、140以上の議席を確保した民進党が何ヶ月にも亘る無駄な時間と、何億円と言った経費を浪費し、意味の無い森友国会を続けたのです。

    そろそろ選挙制度の見直しも、必要なのではないでしょうか。

    一応、比例代表制の建前は「少数派の優れた政策を採り入れ易くする」ですが、そんな「少数派の優れた意見」はありましたか?
    箸にも棒にも掛からない政策しか持合せて居ないから、少数派だったと言う事を忘れてはなりません。

    そもそも、優れた政策ならば一定のプレゼン能力は必要ですが、少数派に属するか否かは関係無く、採り上げられるものです。
    事実として国会議員でも無い小坪先生の影響が、国政に於いて出てきているではありませんか。

    組織犯罪処罰法が恣意的に運用されたり、国民弾圧に利用されない様にする為には、反日政党が国政に携われない様な安全弁が設けられた選挙制度に改善する必要があると考えます。

  22. ともこ のコメント:

    涙が自然と出ました。
    もう少し早く成立してほしかった。
    どうやら私には間に合わなかったようです。
    私はどうやら今日が山場のようです。
    ずーっと応援してました。ありがとうございました。

  23. masa8aurum のコメント:

    “何を批判しているかといえば、「議論すべき場」で、【活動家の真似事】をした点です。 議会人としての責務を放棄し、国民からの信託に応えていない。”

  24. のコメント:

    日、今、夕方5時に北朝鮮ミサイル発射した
    なぜマスコミは
    北朝鮮飛翔体
    と言うのだ?ミサイルですが?
    はやくテロ等準備法案可決施行を望みます。

  25. bou のコメント:

    モンサントが攻めてきます
    スレ違い失礼します。
    規制改革推進会議が日本の農業を解体させて
    外資をいれようとしています。

    皆様に緊急拡散、および、地方議員への抗議の声をお願いします。

    【討論】種子法廃止は日本農業を滅ぼすのか?[桜H29/5/20]
    http://www.nicovideo.jp/watch/1495156936

  26. トランプもかなりの戦略家(マーケティングな意味で) のコメント:

    確かに喜ばしいが
    そんなことより種子法廃止がきになる

  27. トランプもかなりの戦略家(マーケティングな意味で) のコメント:

    連投すみません
    対特亜対策は良いが
    F-35の価格低下に一国の総理が一喜一憂するのもどうかと、韓国と違い日本には我が国負担でTHAAD配備を求めてくるだろう。
    今回の北朝鮮問題で実利を得るのはTHAADまで行けば実利を取るのは米メーカーだ。
    まあ、これは軍事的な安全保障が我が国単体でできないからやむを得ないかもしれないが。しかし食糧の安全保障まで損なう恐れのある法案は、まだ議事録は詳しく読んでいないので何とも言えないが上の方が書いているようにあのモンサント(もうバイエルなのかな)に胃袋を握られる政策を平気で提出する一部自民はどうかしている。

  28. ピンバック: SC76高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その7|ガタ速別館|2ちゃんねるまとめブログ

北九州市民 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください