【反撃、開始】政党機関紙「しんぶん赤旗」の公共施設内での 勧誘・配布・集金について


 

 

庁舎内の「赤旗」勧誘・配布・集金について、一般事務に関する質問を行う。
長年取り組んできたテーマであるが、今回も踏み込んでいきたい。

色々なことがあった。
反撃、開始。

私の前に立ったこと、後悔させてやる。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

決議(案)
以下、温めていた「新型の決議(案)」だ。
今回の一般質問は、下記をベースに行う。

私はロビイストあがりである。
ゆえに、まずはペーパーワークから進めた。

 

政党機関紙「しんぶん赤旗」の公共施設内での
勧誘・配布・集金について禁止する決議(案)

 政党機関紙は、通常の雑誌や飲料など職員の福利厚生の一環として認められているものとは扱いが異なる。すべての政党機関紙が対象であるが、他自治体の事例が報じられているように日本共産党の機関紙が群を抜いている。
問題の本質は勧誘の状況にある。共産党に所属する議員・元議員という立場の強い者が職務時間中の市職員に対し「しんぶん赤旗」の勧誘を行っており、部課長級・幹部職員の多くが購読している実態であったが、議員による職員への心理的強制を疑われかねない。公共施設内での政党機関紙の勧誘は適切ではない。
 政治的中立性が担保されるべき公共施設において、特定の政党の機関紙のみが群を抜いて大量に存在している実態は問題がある。政党機関紙には候補者の写真・名前が掲載されているため、公職選挙法の文書図画を設置している状況に類似しており、公共施設が特定政党を支援しているとの疑念を市民に与えかねず、法の理念からも問題がある。公共施設内での政党機関紙の配布は適切ではない。
 さらに、政党機関紙の集金に応じることは特定政党に対して献金を行っている構図とも言え、公共施設内にて政党機関紙の集金に応じることは適切ではない。
 職員の思想信条の自由は尊重されるため、公共施設内および職務中についてのみを対象とする。購読を希望する職員が、自宅で配布を受け集金に応じることを禁じるものではない。よって当議会では、公共施設内での政党機関紙の勧誘・配布・集金について禁止する。
 以上、決議する。

 

 

 

文書作成能力
これは保守陣営への警鐘でもあるが、自覚せねばならぬ問題もある。
実は、文書作成能力において左派に劣る。
総合力で見た場合、雲泥の差があるのは事実だ。

自民系・保守系は、議会で多数派を占める例が多い。
ゆえに、行政書式にのっとらずとも「言えば、(市が)対応してくれる」場合もある。
結果として「紙を使う機会」がそもそも少ない。
文書作成能力自体をもたずとも、業務に支障がないためだ。

また、与党、多数派を構成している場合も多く、事務局と密接に協力関係にある場面も多い。
はっきり言うと、事務局に「書いてもらう」場面も横行している。
アドバイスと言えば聞こえはいいが、実質、作ってもらっているに等しい場面もあると聞く。
「こんな感じで」とオファーのみ飛ばし、あとは公務員が作るということだ。

 

これでは議員として戦闘スキルは向上しない。
私が文書能力の向上に血道をあげた理由は、保守の弱点であると感じてきたためだ。

特に、イデオロギー色があるものなどは、職員では対応できない。
また、議員間において「撃ちあい」になった場合、保守のみが丸腰という状況も想定される。

 

A4一枚に、まとめる。
筋肉質に、無駄なものを削ぎ落す作業。

できるだけ平易な言葉で、
かつ法論拠も示した上で、
(これは相反する要素だ。)

賛成が得られやすいよう、
譲るべき点は譲り、
かつ主張すべき点は主張する。

強い制限下の、さじ加減の連続。
私自身も、まだまだ、である。
上には上がいる。
特に、左派陣営の作成能力は、私を遥かにしのいでいる。

 

 

 

オープンカード
行橋市議会では一問一答制をとっている。
質問事項を「事前に公開」することは、相手に準備をさせることとなり、議員(私)側には不利だ。
その上で、手札を公開して正面から切り結ぶ。

この決議(案)が、一回目の質問となる。

 

質問事項を公開する議員は少ない。
答弁が成り立たないため、「最初の一つ」は慣例というか礼儀だが、それ以降の質問は伏せている。
今回、公開したのは、質問の骨子そのものだ。

自信の表れでもあるし、楽しみという部分もある。

 

練り上げてきた言葉、調べ上げた法論拠。
さてはて、どこまで通用するものだろう。
手札は明かした、準備期間は充分にある。

執行部の答弁に期待したい。

 

無論、「答弁が得られない」場合には、私も考えがある。
議員ゆえ、議場において、自らの職権の範囲内で撃ちあう。
正面から、堂々と。

ここが私たちの戦場だ。

 

 

過去の質問
【赤旗問題】一般質問「政党機関紙しんぶん赤旗の庁舎内での勧誘・配布・集金について」

 

この時から、随分と成長できたと思う。

今だったら、逃がさない。

 

 

 

一般質問のお知らせ
質問の順番はくじ引きで決まります。
今回の質問順は、7日(火)の4番手。

議会は10時開始のため、午後の二番手のスタートを予定しています。
(1番、2番の議員が持ち時間を残して終了した場合は早まる可能性もあります。)

一般質問日程
日付 3月7日
時間 14:00頃開始(予定)
場所 行橋市役所6F(本会議場)
(傍聴席は7Fより入室可能)

一般質問は動画配信されるようになったため、数日内にyoutubeの行橋市議会公式アカウントにて配信されます。

 

以下の4項目を予定しています。

・政党機関紙「しんぶん赤旗」の庁舎内での勧誘・配布・集金について

・行政の誇りと威厳について
(太陽光発電を含む。)

・自治体の新聞などの広報費について
(押し紙・残紙問題を含む。)

・周辺国との関係悪化が市に与える影響について
(CHINA・北朝鮮・韓国を含む。)

 

※特記
3月議会に突入しているため、議会が荒れた際にはブログの更新がストップする可能性がございます。もしくは過去記事の再アップで対応させて頂く場合があることをご了承ください。

 

 

反省もある。
一期生の後半から、私は手加減していた。
少し意地悪な形にはなるが(質問項目を1回目しか教えない)
本気で撃ちあえば、やれると思っていた。
それが逆に怖かった。

「まだ新人だから」と遠慮し、執行部が答弁不能になることを恐れ、
私は随分と手加減してきた。
地元でも、「本当のこと」とか「実際にやっていること」は言わなかった。
守秘義務があって言えないというのもある。

本当は二期目となり、落ち着いた議員活動に転換しようと思っていた。
だが、そうさせなかったのは「あの人たち」だ。

逃げ腰の答弁であった場合、今後は厳しく追撃していく。
うちの議会には法制局がないため、(市に関連する話でも)国の法律については最小限としてきたし、判例もひくのは苦手なようだから、使わなかった。

これからは法律も判例も使う。
手加減は失礼だもの。

 

 

 

 

二期目に入って、考える場面もあった。

 

少し落ち着こう、腰を据えた構えをとることも考えた。

 

ヘイトとレッテル貼り、西日本の非礼、爆破予告、

 

地元議会で「考えるべき」事態。

 

もともと「一期目の際」も、新人だからと抑えてやってきた。

 

二期目となり、どうするか迷う日もあったのだが、

 

やはり刀は抜くタイプのようだ、私は。

 

こうなったのは、私が悪いわけではない。

 

そもそも手加減していたのは、市民にも議会にも失礼だ。

 

ならば、全力で。

 

赤旗撲滅作戦、序章。

 

反撃、開始。

 

「居合いの速さで振り抜け!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

応援候補

下関市議選(補選)3月12日 投開票
秋山 賢治候補を応援しています。

安倍首相の秘書を十年以上に渡り(確か14年)勤めたのち、西川京子先生を始め保守の国会議員秘書を歴任。
私との出会いは、私がまだ市議になる以前ののと、請願書の書式で迷っていた時でした。当時は西川事務所の秘書さんで、内容は国籍法の件。行政書式にいまほど明るくなかった、駆け出しロビイスト時代に、私を鍛えた一人です。

即戦力。

 

入間市市議選(補選)3月12日 投開票

山本 秀和 (Hidekazu Yamamoto) 候補を応援しています。

もともと財政問題に取り組んできた議員さんで、私の知る限り、もっとも財政に強い議員。経済評論家の友人も多数いるが、比較してもまったく遜色はなく、地方議員としてはトップクラス。
四期目の挑戦で、実は元民主。しかし入党時の民主(現・民進)は今とはまったく異なる状況で、余りのことに何度も離党を試みる。(しかし処理されず。)
やっとの思いで抜けたものの、抜け忍は許さぬとばかりに追っ手がかかったような状況。さらに赤旗問題などにも取り組み、敵が多方面にいる。

自民党は、これを推薦。
今後、立上げ予定の保守系議連にスカウトしている一人です。
これ以上の人材はいない。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【反撃、開始】政党機関紙「しんぶん赤旗」の公共施設内での 勧誘・配布・集金について への9件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【反撃、開始】政党機関紙「しんぶん赤旗」の公共施設内での 勧誘・配布・集金について 庁舎内の「赤旗」勧誘・配布・集金について、一般事務に関する質問を行う。 長年取り組んできたテーマであるが、今回も踏み込ん

  2. 一郎 のコメント:

    共産党の志位委員長が、沖縄県の翁長知事と会談した際に、「しんぶん赤旗」の勧誘・配布・集金をしたかどうかは不明ですが、政党機関紙を公共施設内で勧誘・配布・集金するなんて、もってのほかです。

    公共施設内にちらばっている「しんぶん赤旗」を見つけたり、職務内に勧誘・配布・集金の現場を見つけらた、通報したいものです。

    ところで、「SAMURAI」が所有する刀は、抜くために、鞘の中に納まっているものと考えます。

    そして、小坪先生が応援する地方議員選挙に立候補する「秋山賢治さん(下関市)」と「山本ひでかずさん(入間市)」を応援いたします。

    北海道がCHINA人に乗っ取られそうです。乗っ取ったら、いずれ、参政権も得ることでしょう。その流れが、日本全国に広がることを懸念します。

    地方の議員の皆様には、地元のことと同様に、日本の事も考えていただきたいものと考えます。

  3. ハリマオ のコメント:

    皆さん マスコミも共産党も日本を壊したいと思っている人たちなんです
    そうでなくても 共産主義国で まともな 国があるでしょうか チャイナ
    は たぶんですが まだ 飢えている人々も居ると思います そして 
    領土としているところの 半分は侵略地だそうです そんなことを知っていて
    日本共産党は チャイナに何一つ言いません そして ひとたび 政権をとれば
    選挙も無くします 財産も没収です 日本がすべて日本共産党の物なんです
    そして 日本人のどれくらいか判りませんが殺されます 皇室も自民党も
    この国に居られないでしょうね これが本心なんですから そして 庶民の
    事など考えていません 日本を支配したいだけです これが 本心です
    そんな 人たちの読み物を読むことが日本のためにならないと思います よ

    日本人はいかなる改憲をするかが 今 問われ始めると思います。

    • 月光仮面 のコメント:

      私も そう思います 賛成です 早く 防衛費を上げる必要が
      出てきたと思います。

  4. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議が脅迫された(テロだと思います)時に、被害者に対して保護するどころか、屈した(テロを推奨したと受け取られても仕方ない)側の連中に手加減する必要なんてないです。
    市議みたいにちゃんと仕事してらっしゃる以下のような議員もいれば

    【国会動画】自民・青山繁晴議員、予算委員会で初質問「拉致被害者救出部隊の編成」麻生副総理「朝鮮半島有事の際、武装難民含む数百万人の難民を想定せねば」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50775488

    以下のような意味不明な事を口走る議員がいます

    【国会動画】民進・柚木「保育園を落ちたお母さん方は、安倍晋三記念小学校よりも保育園を増やしてほしいと思っていますよ!」←?
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50775490
    こいつほんまウザい。
    倉敷人は阿呆か。子供と写った選挙ポスターに騙されやがって。
    「26年11月から12月末まで1日1万6200円で40日間」
    『毎日タクシーに乗った料金』合計94万円。
    保育園がどうのこうの言うなら、その金もっと違うことに使えや。
    子供とお母さんの味方はこんなことしねぇよ。
    名もなき正義

    落とされた子供にしてみれば、
    「寝坊した親のせいで幼稚園遠くなった。末代まで呪う!」と言っているようなもの。

    完全に「とばっちり」じゃないですか。
    名もなき正義

    こういう役立たずもいますし

    フジテレビの森友報道が『パヨク演出家の仕込み』だと暴露された模様。退出した保護者は実在しなかった
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50495619
    81:Fin funnnel!!
    内容も鴻池理事長がおかしいという話に終始していて、
    安倍総理は何の関係もないのに叩き続けるマスコミの方が今信頼をなくしてるんじゃないの?て報道姿勢。

    あきえ夫人がー
    って公人か私人かどっちであても結局、倫理道徳の問題でしかないのに国会で一か月も議論するような問題なのかねぇ?
    ただのマスコミの個人攻撃、苛めだろ。
    みっともない

    111:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)
    これ、立派な建造物侵入罪だぜ。
    被害届出せば逮捕。

    158:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)
    >>111
    教育理念に賛同とテキトーに答えた。
    入学の意思がない。業務妨害も付く。
    母親でもない女を同行させた。
    女優を同行ってのは未必の故意で虚偽になりそうだな。
    ICレコーダーも相手の同意を得ない録音、公開は盗聴に当たる。

    テレ朝・フジテレビが『違法取材で警察に告発される』壮絶な事態に。身分を騙って無断盗聴をやらかす
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50495626

    249:名無しさん@1周年:
    >>106
    ちゃんと申込みしてない。
    入学する気ないんだから、申込み自体が虚偽。

    19:名無しさん@1周年:
    これさTV局も黒だけど、演劇見に来てくれる人は野党議員と朝日新聞
    と書いてるんだが、これ民進、共産、朝日も首謀者仲間なのか?

    【これは酷い】神社放火「生活に困り、逮捕されたかった」住所不定で無職の男(63)を逮捕
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50790843
    155: 名無しさん@1周年
    同一人物?
    http://news16.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1091843557/
    「むしゃくしゃしていた」同居人が就寝中の自宅に放火した男逮捕
     大阪府警四条畷署は6日、同居人が寝ている部屋に火をつけたとして、放火の疑いで
    大阪府大東市北条、露天商手伝い大野正勝容疑者(51)を逮捕した。
    (略)

    再犯の犯罪者に人権必要無いわ
    名もなき正義

    火盗改めの復活を希望。放火犯は貼り付け火焙り。が妥当。
    名もなき正義

    生ゴミ

  5. 旧新人類 のコメント:

    北朝鮮を甘やかしたため、現状の通りとなっております。中共も狂っているが、北朝鮮はそのうえを行きますね。それをほったらかして、幼稚園児いじめに奔走する左翼はサイテーですね。

  6. 月光仮面 のコメント:

    「中国国防費は17兆円 日本の3倍、初の1兆元超」
    日本共産党は これを 説明すべきです
    これを 知っていた でも 自民党を新聞や街頭でたたきに叩き
    そして これを ベールをかぶせた でも もはや
    チャイナは隠さないだろう 近いうちに 今年いっぱいで
    紛争が起きるから 私は そう思っています
    日本共産党は 日本を貶める政党です。

  7. 川端 徹 のコメント:

    毎日の貴殿のご活躍感服いたします。
    明日の一戦敵を粉砕してください。
    皇国復興の為益の奮闘努力ご祈念いたします。

  8. 非行橋市民 のコメント:

    小坪議員様

     「周辺国との関係悪化が市に与える影響について」に、ロシアも入れてください。
       
     ロシアは、北朝鮮を先兵として使っています。     
     北朝鮮がミサイルを撃ったり核開発したりする事で日本人からロシアの核から目をそらせる役目も担っていると思われます。
     ブログでも特亜については、山ほどありますが、ロシアについて言及しているものは不自然なほど少ない・・・。
     北朝鮮の背後にロシアあり・・・北朝鮮はロシアの舎弟ですから、親分のロシアが北朝鮮のやっている事を知らないはずがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です