【要望書、提出】沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望【大阪府知事・府議会、大阪市長・市議会】


 

 

「沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望」を、大阪府知事、大阪府議会議長、大阪市長、大阪市議会議長に提出した。

明日がデモである。
前入りしたわけだが、デモをするからと言って「ロビー活動をしない」とは言っていない。

 

関連

 

プレスリリース

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
14956440_1215176218553260_1344976618682087819_n

 

 

 

 

沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望

 沖縄に派遣された機動隊員に対し公然と行われている人権侵害は極めて深刻である。沖縄県議会で公開された、「市民」を称する基地反対派の暴言はかつての左派活動家のようで聴くに堪えない。さらには殴打まで明らかとなった。

 東大の安冨歩(研究所教授)氏は「非暴力の闘争で最も大事なのは(中略)相手を挑発して暴力を使わせるか」という、とんでもない意見を報道で発表した。無抵抗の警察官を挑発し、暴言を引き出した証拠である。「さらに挑発的なアクションをどう起こすか」と続き、なんと「大成功」とまで述べている。

 警察官は公費で賄われる行政職であり、沖縄への派遣は本人の意思ではない。故郷と離れた地で激務にあたる中、「心が歪んでいるから顔も歪んでいる」「人殺しの子どもは人殺し」など凄まじい暴言で人権が侵害されていることは、沖縄県議会でも明らかとなっている。挑発に屈し失点があったことは事実であり、この点は追及されるべきである。そして実際に処分も下された。しかしながら、基地反対派による警察官への人格・尊厳を傷つける発言、つまり「警察官への人権侵害」は報じられておらず、両論併記とは言い難い。

 歪んだ報道は職務に励む機動隊員を社会的に抹殺しようとする個人攻撃・イジメと化しており、個人では抗いきれぬ偏向報道は行政対象暴力とすら言える。機動隊員であることが理由ならば、職業差別という明確なヘイトスピーチに他ならない。偏向報道による警察官へのヘイトスピーチに反対する。

 民主主義は監視されぬ権力の存在を許さず、立法・行政・司法の三権は相互監視の構図にある。メディアは三権の何れにも属さない。違法性の印象操作は、司法への越権である。処分という行政の判断に踏み込み、かつその軽重を論ずる議会の行政監視権を踏み荒らし、世論の煽動をもって自律権を侵害している。よって、当会は以下を要望する。

1 歪んだ報道から沖縄に派遣された機動隊員の人権と名誉を護ること。
2 行政監視権は議会にあることを明確に意識すること。
3 行政・議会の自律権の侵害に対し毅然とした態度をとること。
4 遠隔地で激務にあたる機動隊員に対し、格段の処置を講ずること。

平成28年11月2日
警察官の人権を護る市民の会
呼びかけ人:行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

 

資料1

機動隊員の受けている人権侵害の実態について

平成28年第5回沖縄県議会(臨時会)
議員提出議案第3号 高江現場における不穏当発言に抗議し警備体制の改善を求める意見書(案)より抜粋

①「お前は心が歪んでいるから顔も歪んでいる。」、②「米軍の犬、政府の犬、安倍の犬、人殺し、デブ、豚、熊」、③「お前ら、顔覚えているから、街で会ったら覚えておけ。死んでいるから」、④「次会ったときは殺し合いのケンカだ」「お前の顔と家族の顔をネットで世界にアップしてやる。」「孫の代まで呪ってやるからな」、⑤「お前八つ裂きにしてやる」「お前の家は判っているぞ、横断幕を設置してやる」「お前らは犬だから言葉は判らないだろう」「大阪の人間は金に汚いよね」、⑥「子供はいるか? 人殺しの親め」「お前が戦争に行って死ね」、⑦「火炎瓶や鉄パイプで闘う方法もある」、⑧「お前ら、人殺しの子どもは人殺しだ」「お前らを殺し、俺も死ぬ」「俺は死ぬときはひとりでは死なないからな」「街を歩くときには後ろに気をつけろ。」などの発言がある。

上記は、実際に提出された意見書(案)の原文ママであり、実際に機動隊員らが市民を称する基地反対派から投げかけられた言葉の暴力である。賛成少数で否決されたが、警察から県議がヒアリングした内容である。
本会議にかかっているが、これらの人権侵害の具体的な内容について、メディアは報道していない。

 

 

 

資料2
機動隊員の受けている人権侵害の実態について

意見書(案)の文中においても触れられている「横断幕」の実物が以下である。下記の例は、名護署の職員がターゲットとなっている。

14192521_1137100113036723_8614754541539436965_n

 

※ 画像加工について
警察官の実名と顔写真を加工した。実際の横断幕では公開されている。

 

 

 

 

 

提出時の一コマ
大阪府庁舎
47都道府県の庁舎で最古とのこと。
「古い」ではなく、神々しさを感じる。
国会に通じる、凄みがあります。
驚きの大正の建築。

 

大阪市役所
議会事務局って名称ではなく、市会事務局と言う模様。
この名称は初めて聞きました。

 

 

各議会ごとに行政書式には違いがあり、正式な書面として受理されるかは不明です。
しかしながら、一般的な書式に基づいて記述しており、恐らく手に渡ることと信じる。

陳情や請願という、行政書式に則った手法もとれたし、
準備すれば、紹介議員をたてることも不可能ではなかったかもしれない。
だけれども、委員会に付託して審査対象とすべき内容かは疑問だ。
行政書式として必須項目を満たしたかったのは、私なりの議員としてのプライドゆえ、である。

いわゆる公式の手続きで処理して欲しいというよりも
「公式の私信(お手紙)」として、このような意見もあると届けたかったのだ。
ゆえに、陳情でも請願でもなく、要望とした。

大阪府知事、大阪府議会議長、大阪市長、大阪市議会議長におかれましては、本要望を適切に処理して頂けますようお願い申し上げます。

 

実は。
「デモの前」に、実際に要望を出しておくことには意味がある。
プレスリリースを送付したにも関わらず、報道しない自由は行使されるのだろう。
それなら、それで良い。むしろ、想定の範囲内である。

次の一手は、「報じなかった」事実を、議員として公式にレポート化し、送付するのみ。
「報道しなかった事実」は、公式に報告させて頂く。
政治関係者からの不信を招いて行くのだろう、ここで(デモ前の)要望書が生きてくる。

報道関係者に述べたいのは、
事実に基づいた言論に勝るものはない、ということである。

 

本趣旨に賛同して頂ける方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

関連

 

プレスリリース

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【要望書、提出】沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望【大阪府知事・府議会、大阪市長・市議会】 への11件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【要望書、提出】沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望【大阪府知事・府議会議長、大阪市長・議長】 「沖縄に派遣された機動隊の人権を偏向報道から護る要望」を、大阪府知事、大阪府議会議長、大阪

  2. 月光仮面 のコメント:

    素晴らしいです これこそ 攻めですね
    本当に頑張ってください 保守は攻める事を
    忘れてはいけないと思います
    そして 警察官など関係者も落ち着くことが
    出来ると思います 友というか見方が増えた
    と思うと思います。

    • 月光仮面 のコメント:

      おはよう御座います
      デモ 日本中の国民が正しいと思うデモをしてください
      応援しています 天知る 地知る 人が知る 
      きっと日本中の国民が目覚めると思います
      そして 政治に耳を傾けるようになります

      静かに 力図よく 正論をお願いします。

  3. 佐藤 広子 のコメント:

    私も参加したいくらい。
    反対派の暴力・暴言を絶対許してはいけません!

  4. コメコパン のコメント:

    遠方ではブログやSNSで拡散する位しかできませんが、
    反対派をケガさせないように体を張っていらっしゃる機動隊や警察の方々のご苦労はいかばかりかと思います。
    いかに報道しない自由を行使したとしても、真実より強いものはない。
    デモの成功をお祈り申し上げます。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    明日のデモは保守層の戦略を転換するにも、良い機会になるかと考えております。

    これまでの保守系デモの多くは敵の本性を炙り出し、市井に潜む敵の姿を明確にマーキングする為の行動でした。
    これは、言い換えれば敵を増やす一面がありました。
    故に平穏を望む層からは煙たがられて来ましたし、今も誤解を引きずったままです。

    対し明日のデモは、確実に味方を増やす事の比重が重いと考えております。
    ここで大阪府警の規模を見てみますと、警察官約2万1千人、職員1千7百人ですから、かなりの規模です。
    警察官約2万1千人だけを見ても、その一人一人には家族があり親戚がありで、ネズミ算式に敵では無い勢力を増やす可能性がある訳です。

    更に、このデモは他の都道府県警にも影響を及ぼすでしょうから、大阪府警の警察関係者だけで見積もるのも過小評価と言うものでしょう。
    因みに、日本の警察官定員は約25万人ですね。
    やはり、その約25万人の一人一人に家族や親戚が居ますから、結構な人数が敵では無い勢力として転じる可能性があります。

    日本は民主主義国家ですから、政治的なパワーバランスは人数に依存する訳で、敵では無い勢力を増やす事は、大変な意味がありますね。
    更に敵では無い勢力から味方を増やせば、それが戦力に変わります。

    今までのパヨクは、人権や平和と言った包み紙で自らを装飾し、国家や政治家、企業経営者に至るまで、国家の基幹部をヴァーチャルな敵に錯覚させる事で味方を増やして来ました。
    戦前から戦後高度成長期までの日本の苦難を身に沁みている人間が多く居た時代には、それなりの説得力を感じた事でしょうし、またその時代の左翼は匙加減も上手でした。
    ところが共産・社会主義の欠陥が明らかになった現在に於いて、匙加減を知らぬパヨクの登場により、人権や平和と言った包み紙が破れて来ました。
    そして、敗れた包み紙の隙間からは、血生臭ささと腐った肉片が見えて来ました。
    こうなると、もうパヨクは敵を増やす事しか存在をアピールする事は出来無いでしょう。

    折角、パヨクが敵を増やしてくれる訳ですから、保守層は味方を増やして行けば良い訳です。

    これは戦争も同じで、日清、日露、第一次世界大戦と日本が戦勝国で居られたのは、武力だけでは無く、敵では無い勢力を確保し味方を増やす努力を怠らなかったからです。
    残念な事に先の大東亜戦争では、共産・社会主義者の妨害が大きく作用した事もありこの努力は実りませんでした。
    追い討ちをかける様に、対峙する勢力から防衛する為に円ブロック経済を確立しようとした為に、結果的に敵を増やしてしまい、日本は敗戦に至りました。

    ・・・っと言う事はです。
    パヨクを大東亜戦争時代の日本の様に追込み、そのまんまなぞらせれば良いのです。

    これからの我々保守層は、敵の本性を炙り出す行動から、味方を増やす行動に転換する事に注力した方が効果的でしょう。
    但し「敵の敵は味方」方式では、味方を増やす事が困難な時期でもある事を認識する必要がありそうです。

  6. 鹿嶌裕之 のコメント:

    日本国民は、民主主義を理解し此れを公平と感じてますが、在日は理解しようとせず自分たちの理論倫理でしか行動しないし日本人を敵視してるのでその行動は過激を増し、此処最近特に在日支那人の反日行動は激化してますね。これらの勢力を抑え込むのは中々大変ですが、どこかの時点で日本人を中心とした、反在日支那人朝鮮人対抗組織が出来ることを願ってます。

  7. ピンバック: 「報道しない自由」の実在証明【やっぱりねと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  8. ピンバック: 【地上波に登場】機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護るデモ【賛同したらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  9. ピンバック: 【偏向報道?】大阪毎日放送MBSのドキュメンタリー番組について【政治家の覚悟】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です