今後についての考え方。38歳になりました。爆破予告のことも少し書きました。


 

 

今日が誕生日です。
38歳になるみたい。
もう、オッサンだ。
若いと思っていたのに、どうしよう。

どうしよう、というのは生きる上での「大きな方針」のようなものが見えてないため。
実は、この年まで生き残れるとは、実は計画していなかった。
生き方的に、もっと早く散ると思っていた。物理的であれ、政治生命という意味であれ。

ここ一年を振り返り、これからのこととかをぼんやり考えてみる。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
15055614_1233552593382289_3578524298984828754_n

 

 

 

 

短命の予定だった
物理的な意味も含み、である。
少なくとも政治生命的には、かなり早期に叩き潰されると想定して生きてきた。

38歳、もうアラフォーである。
ここまで私が存在していることは、実は最大の想定外だった。

生き急ぐように見えた方もいると思う。
実際、生き急いでいた。
「いつまでもは、もたない。」
「ならば!」という覚悟で生きている。

そもそも、5つやりたいことがあって、
最初から「5」と言っていたら、5はできない。

「10だ!10の出力が必要だ!」と叫んで、
それで5つが進むかどうか。

求めるものが大きければ、それだけ負担もかかる。
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の言葉の通り、
最前線で大暴れせねば、何一つ、為すことはできない。

時間が膨大にあれば別であるが、そのような環境にはなかった。
ゲームを始めたときから、ラストステージ。

ゆっくり力をつけて「やがて」は許されない。
そちらの生き方も否定はしないが、私は選択しなかった。

全力で駆け抜け、居合いの速さで、スパッと行く。
返り血を浴びるのは覚悟の上で。
だが、誤算は「ここまで私がもった」ことである。

 

 

 

皆様へのお礼
嬉しい誤算ではあるが、計画とズレた場合には「分析を行う」ことが私の習性である。
今後を考えるに、振り返りたい。

一つには、ネット保守論壇が力をつけたこと、
何より皆様からご愛顧いただき、守ってもらったこと。
その力がここ数年、非常に大きな力となりつつある。
ネット保守の台頭と言ってもいい。

二つ目には、アクセスという武器を皆様におねだりしたのだが
地方議員の中では最強の刃を頂いたと認識している。
武器が、よかった。
そしてこれは鎧にもなった。
なければアウトだったと思う・。

三つ目は、手前みそではあるが、まぁ上手にやった、という点。
「アクセスという武器を政治家が振るう」形態は、初めてのモデルケースであった。
発信という言葉は能動的な意味合いをもつが、発信は発信でも「政治ツール」として能動的に用いた例は少ない。

 

迷いつつ、熟慮しつつの動きであった。
結果的には成功であったと思う。
全国の議員から【ネットを武器とする際の】「参考になるケース」と言われていることは、非常に嬉しい。

 

それは、私への評価だけではない。
読者を含め、皆様への評価だ。
「ネット保守が、成果として姿を目の前に表した」という表現を、多くの議員がしている。

議席ひとつを幹として、ネット上のサイレントマジョリティが体現した例という触れ方だ。
その栄光の多くは、ここを訪れる皆にある。

この場で述べることは照れくささもあるのだが、はっきりお礼も述べたい。
実は、特に驚かれているのが、交通費や活動費である。一地方都市の地方議員でこれだけの活動費は「通常は賄えない」のが実情で、各議員ともに同じ認識であった。他の議員のネックもここにある。

それをクラウドファンディング的に、個人献金のお願いweb上で行っていること、それがシステムとして運用できていること(これはネットのシステムという意味ではなく、実際に活動ができていること)が驚かれている。

初めての事例であろう、と。

 

 

 

初期目標の達成
これとこれは絶対に政治問題の俎上にあげたい!というテーマは、初期目標については達成できた。
実は計画立てて動いている。

 

また市議として、行橋市政を鑑みるに、こちらも初期目標については達成の目途がついている。
国・県予算が7割を占める中、行橋の予算は3割に過ぎない。
その3割もほとんどが固定費(人件費や市独自の福祉予算)に食われており、自由に動かせる金額はたかが知れている。

政策的な予算運用は、地方自治体には無理だ。
もとい、自治体独自の、単独予算では不可能である。

国・県との連携が必要であるし、新規の予算というよりは
「出た瞬間にゲット」するぐらいの高いアンテナが必要なのだが、
これは保守活動でつちかった国会議員・(全国の)県議会議員とのパイプが活きている。

予算獲得能力、情報収集能力という意味では、すでに市を飛び越えて動いている部分もあり、
さらに市側と調整して擦り合わせる程度のレベルまで持ち込めた。

単に保守活動のみを行っていたわけではなく
地元を守る「外交官的な市議会議員」を目指してきた私にとって、目指す場にはたてたと思う。

それなりの事業予算、他議員が驚くレベルで動いている。

 

 

読者がどこまで意識しているかは不明だが、保守政策テーマであっても「地方議員」であることを常に主語にしている。
国会議員や県議会議員の職権や領分では「やってない」点は、強いこだわりをもっている。
言えばいいではなく、地方議員として言えることを意識してきた。

 

保守活動については、はじめての議会で取り上げた国保。
外国人に無尽蔵に垂れ流されているもので、額も大きい。
かつ自治体側が条例をもっているし、「もっとも対応が容易」であると感じたためだ。

何より、脆弱な地方財政が「敷居が緩い」と詐欺の温床になっていることが許せなかった。
地方議員の監査能力が低いとナメられているようなものではないか。

 

 

これは、実は「完全な対応」が完了している。
そのうち発表したい。桜で話させてもらってもいいかもしれない。
(お願いしてみよう。来ていいよ、とは言っていた。)

 

次に、赤旗の問題。
地方自治体の慣例が、政党の資金となっていることは問題だ。

村文化は村文化で、それはそれでいい。
だが、越えてはならぬレベルはあると思うし、そこは白黒はっきりつけたい。

国政の混乱、この根底に「地方議会」があるならば、しっかりと律する覚悟は持ちたいものだ。

 

 

全国の自治体に陳情書を発送【産経新聞に掲載】

自治体職員への「赤旗」勧誘 自民党が実態把握の通達

 

本件は、最終的には自民党党本部まで動き、47都道府県連が動いた。
今後も継続していくが、「民共の統一候補」が意外に強かったこともあり、大きな注目を再度集めている。

私が狙われるとすれば、特にここだろう。
「ならば、ここを退かない」のが生き残る秘訣だ。

 

 

さらに、外国人の「扶養控除」の問題を取り上げた。
国の制度の瑕疵(かし)により、地方財政が打撃を受けているというテーマ。

 

敷居が高かったのは、国の制度の問題であるため、(被害を受けているという呼びかけはできても)直接の職権を有していない。

これは税制改正大綱(国の税金の在り方の方針)に掲載され、かつ財務省からの通達まででている。
さらなる対応は必要だが、ある程度の目途はたった。

「私がいなくても」これは進む。
また地方議会レベルで、左派が何かを述べようとも、すでに対応は無理だ。私のほうが速かった。

 

これが推し進めることができたのは、特に「ネットを武器とする」こと、
この一点に尽きる。

 

他にも様々な政策テーマを扱った。
海兵隊のように、初期対応の抜刀隊、橋頭保を築くまでがタスクであり、目途が立てば転戦。

苦しい分野にのみ入り続けた。
初期の目標は、実は達成しつつある。
成果もやがて出てくるだろう、現実は動いている。

 

これだけやれば、全国の人脈も増える。
市の予算折衝に寄与できる程度の、力だってついてくる。
流れ星のように生きた。

 

逆に、ここまでやれば、途中で撃墜される「はず」と考えていたわけである。
刀を振るえば、返り血も浴びる。

 

私の最大の目的。
ネット保守論壇には、それなりの数が存在していることは、わかっていた。
私がわかっているではなく、現実の政治家たちもわかっていたのだ。

ネットの皆様に「政治を身近に感じてもらうこと」がひとつ。
そして、現実の政治家に「これだけの勢力に育っている」と理解してもらうことがひとつ。

それが達成できたのであれば、思い残すことはない。

 

・・・と思ったが、生きてる。
それで「さて困った」と思ったのだ。

 

 

 

今年のトピック
市議選があった。
皆様のご支援により、無事に再選することができた。
一年を振り返れば、4月の選挙が大きな話になる。

「お礼」を述べると、怒られてしまうので(法的にできない)
行間を読んで頂けると嬉しい。

 
その最中、初めての出版。
嬉しかった。

 
頂いた為書きも凄まじいレベルであった。
本当にありがとうございます。(このありがとうの主語は、為書きを頂いた先生に、です。一応。)

【凄いと思ったらシェア】必勝を祈る為書き

 

保守だからという支援者ばかりではないが、確実に「保守だから」という層も増加している。
この流れは、行橋においても「止めようがない」レベルであり、同僚議員たちも覚悟すべきタイミングになってきただろう。

毎日、書いているBlog。
かなりの行橋市民も閲覧しており、だいたい500人ぐらいが閲覧している。

単にネットで動いているというより、後援会の会報の側面もある。

 

特に、行橋市議が体感したのは、例の「爆破予告」以降である。

多くの市民がこの状況を「正確に知っており」
議会の面子は丸つぶれだ。

特に【(市民の)私まで、脅迫犯の要求を飲み、テロに屈したのか!】という怒りは凄まじいものがあり、

私が実名でやったものだから(あれは公式資料だからそうするよりない)静かに広がる野火のように【徹底的にバカ扱い】されている。

私も腹はくくっているし、そもそも市外ではこれだけ揉めてきたわけだから、何も怖いことはない。

 

↓行橋市民が、議会にキレているのはこれです。↓
市役所爆破予告、言論弾圧の前例となった行橋市議会に対しての各会からのコメント【もはや議会の名に値しない】

 

ブチ切れている国会議員も多数おり、はっきり言っておくが
「前に立った者は、凄まじい数の議員を敵にまわす」と述べて置く。
市の財政、市の事業で「ちょっと(市民感覚で言えば)悪いこと」をしている方は、すべてを失う覚悟ももって頂きたい。

市の財政において、国・県の予算は絶大な効果をもつ。
私は刀をもつ。
今までは行橋市議であればと見て見ぬふりも「少しは」してきたが、もう何も躊躇うことはない。

私のルール、つまり日本全国の「一般的なルール」でやる。
勝負するならば、そのレートは「私のレート」でやらせてもらう。
まずは一枚しかない「命というコイン」を賭けるとこからスタートだ。

 

デマの容認など行っていない。爆破予告の脅迫は言論弾圧で、市民や市、議会に多大な影響を与え許せない。

 

徹底的に「巻き込む」方針をとる。
関係ないは許さない。

触られて痛いものがある方は、別件でもきつい思いもすると思う。
それも加味して「巻き込む」のだ。

私は、銃弾飛び交う戦場の中を生きてきた。
そこに闖入したようなものなのだから、それは戦場のルールでやってもらうしかない。

行橋のルールは、すでに関係ない。
じわじわ行くぞ、私は「長期の戦闘」が得意だ。

このあたりは、12月議会も踏まえ、いろいろと暴露していこう。
「情報公開」の時代だ。
市民は知りたがっている。
だったら伝えることも議員の仕事だ、私の給与は市民から出ている。

 

とりあえず、「行橋市議会の中だけは」凄まじく猫をかぶってきたのですが、それはやめた。
逆に他の議員に誤解を与えただけだったんだろう。

一番、堪えたのは「行橋なんて町は知らないが!」「市長がどうなろうと、議長がどうなろうと」「もっと言えば町全体の面子よりも、保守の旗印のおまえ(小坪)のほうが、遥かに重要なんだ」「議会運営なんて知るか!」「町ごと攻撃するぞ!」とまで怒鳴られたことかなぁ。
(必死に議会を擁護し、煮え切らない態度をとった結果であった。)

市民の予算に影響を与えるぐらいならば、私も「仕方ないので抜刀」みたいな感じです。
議会の失点を擁護して、予算がとれなくなったら「そっちのほうが、市民の損」ですから。
理系は、数字にドライ。

 

びっくりしたこと。
FBで、お誕生日おめでとうのコメントが投稿され始めた。
12時を回って、二人目かな?即応でコメントをくださったのは、この方です。

 

 

市民に不安を与えたこと、脅迫犯は許せない。
市職員など、行政マンには多大な負荷を強いた。

捜査にあたってくれた警察官、本当に感謝しています。

 

私なりの、お礼です。

【KSM】機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護るデモ 2016年11月3日大阪 ダイジェスト

 

関連)

 

 

 

 

 

これからどうやって生きて行くか。

死ぬかもしれないレベルで、突っ込む。
代わりの対価として「ここまではやりたい」と思っていた。

まだ、生きてる。
これからも「何かができる」位置にいる。

そう思ったとき、アラフォーになった自分を見ると、
「あれ??」と思ってしまった。

 

ここまで生きることができた。
行き残させて、頂いた。

さて、これからどうしようか。

 

あー、あっさりと数行で終わらせようと思ったのだけど、
なんだかんだで長文になってしまった。

一年間、ありがとうございました。
とりとめもないエントリになりましたが、立ち位置は見えてきたので、全力で頑張ります。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

今後についての考え方。38歳になりました。爆破予告のことも少し書きました。 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    今後についての考え方。38歳になりました。爆破予告のことも少し書きました。 今日が誕生日です。 38歳になるみたい。 もう、オッサンだ。 若いと思っていたのに、どうしよう。 どうしよう、というのは生きる上で

  2. 波那 のコメント:

    時代が先生みたいな方を必要としているからですよ。ご活躍下さい。御本も読み進めています。

    ♪( ^-^)ノ∠お誕生日、おめでとうございます。

  3. 五十鈴 飛鳥 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます🎂

    これからも、お身体に気をつけてください。

    応援しています。

  4. こたママ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    私のとても大事な人の誕生日と同じです。
    (しっかり覚えました。)
    38歳をオッサンと言ってしまうと、
    立つ瀬のない読者もたくさんいるんですよ。
    まだまだこれからです!

  5. 一郎 のコメント:

    誕生日、おめでとう ございます!
    そして、ありがとう ございます!

    小坪先生のブログを拝見し、日の丸を大事にされる国民を発見できてうれしく思います。

    反日分子達の大きな声やそれを取り上げるマスコミに騙されて、私が日本の将来に悲観的になっていたところに、先生の存在を知り勇気付けられてきました。

    イギリスのブレグジットやアメリカ大統領選挙で、マスコミの意思や世論調査の予想とは裏腹な結果となった理由は、保守的な思想を口には出さずに腹の中に溜め込んでいた方々が賢明な選択をしたからだと考えます。

    日本にも多くの眠れる保守派がいるはずです。

    今後のご活躍を、お祈りいたします。

  6. ココ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます(*゜▽゜)_□←プレゼントのつもりです♪

    これからの毎日が今まで以上にワクワクドキドキするものでありますように♪

    あの時はソッコーで官邸メールをし、いかに共産党が日本の国益毀損の党であるか、日本には不用と怒りの送信をしました。なにも出来ないのでせめてもの応援を…

    どうぞ体調にはくれぐれも気をつけて、ますますのご活躍を期待しているので頑張ってくださいね♪ヽ(´▽`)/

  7. まりちゃん のコメント:

    お誕生日 おめでとございます゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

    • 大海の一粟 のコメント:

      議員になる事が目的の人達と違い
      議員になっても最前線で行動し続け
      私達と同じ価値観でいてくれる
      そんな小坪議員を応援したい

      誕生日おめでとうございます

      一緒に頑張りましょう( 〃▽〃)

  8. のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    いつもありがとうございます。

  9. 日本米 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    日本の為に全力で活動する小坪さんには感謝しかありません。本当にいつもありがとうございます!
    応援し続けます!

  10. 鎌田 郁夫(hayabu) のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    がむしゃらに、走って、登って気がつけば・・・・。 たぶんそれまでは見えていなかった次なる頂が見えてきたことでしょう。 慣性力が大きくなるので敏捷性は多少削がれるでしょうが、破壊力は半端ないので、今度はじっくりパワーを感じながら踏んでいかないと、スピンします(;^_^A  。じっくりトラクションをかけて走ってください。日本も、対アメリカ、対ロシア、大きな鎖ごと動き出すのでそれにも合わせてね。
    ますますのご健勝ご発展を祈念いたしております。

  11. hayabu3300 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    がむしゃらに、走って、登って気がつけば・・・・。 たぶんそれまでは見えていなかった次なる頂が見えてきたことでしょう。 慣性力が大きくなるので敏捷性は多少削がれるでしょうが、破壊力は半端ないので、今度はじっくりパワーを感じながら踏んでいかないと、スピンします(;^_^A  。じっくりトラクションをかけて走ってください。日本も、対アメリカ、対ロシア、大きな鎖ごと動き出すのでそれにも合わせてね。
    ますますのご健勝ご発展を祈念いたしております。

  12. 通りすがりさん のコメント:

    38歳のお誕生日おめでとうございます。

    いつもブログを拝見させていただいてます。

  13. 月光仮面 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます
    38歳はおっさんではありません まだまだこれからです
    突っ走ってください これからも宜しくお願いします

    • 月光仮面 のコメント:

      小坪先生 これから日本は日本を取り戻さなければいけないと
      思います 保守連合と言いますか 保守が手を取り合い
      がんばる時だと思います 特に改憲では 保守が手を取り合い
      立派な憲法にする時だと思います 今この時日本人として
      生きて 子供や孫に 次なる日本を手渡す時だと思います
      小坪先生のこれからのご活躍をお祈りしますと同時に期待して
      居ます 日本は多くの勢力に侵略されています マスコミ
      政治家 経済界 日本を取り戻すときだと思います
      このまま行けば 日本ではなくなるのではと 不安を感じています
      拉致被害者を取り戻せない日本では悲しすぎます 日本人
      皆の気持ちを向けさせてほしいと思います。

  14. 陽だまり のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    38歳ならまだまだこれからです。

  15. 助さん、拡散 のコメント:

    お誕生日、おめでとうございます。上記を読んで、やはり、命がけで活動されてこられたのだなと、実感できました。今後とも、益々お元気で猛進されますよう、ご武運をお祈り申し上げます。

  16. Sinobu Hattori のコメント:

    こちらにも、
    記載させて頂きますね。
    ———————————————

    お誕生日

    おめでとう御座います!!

    ———————————————

    まだまだ、これからですよ。

    大きく良き事へと
    変わる一年と成りますよ。

    更なる御活躍を期待し、
    大きく培われる一年と成ります様、
    願っております。

  17. コメコパン のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    38歳、まだまだこれからです。
    亡くなった義父が(本当に尊敬できる方でした)、
    「30代、40代の生き方が50代・60代に関わってくる。だから30~40代は多忙で当たり前。大変で当たり前。むしろ暇な方が異常。」と言っていました。
    私のような、ベビーブーム前後の競争に明け暮れた世代は結構保守がたくさんいますよ。皆さん勉強熱心ですしね。
    これからも共に戦います。
    但し、体力は落ちてくるので、これからは不摂生を避け、体の声を聞いて休むときは休んでください。
    くれぐれもご自愛くださいね。

    • 深澤文子 のコメント:

      コメコパン様
      同じ世代だからでしょうか?
      いいコメントだなぁ〜と
      私、69才、若い頃色々苦労して、それが今生きているなぁ〜と。義父様の仰る通りですよね〜
      「若い時の苦労は買ってでもしろ」と
      苦労が足りなかった分、知性不足な私
      小坪様、来年古稀になりますが、保守で生きてきて良かった、としみじみ思っています。

      38才、長男の同級生ですね。これからですよ〜
      お誕生日おめでとうございます

  18. 駒上 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    1年が良いものになりますように。

    以前より、先生が生き急いでらっしゃるような気はしておりました。
    先陣切って突っ込み、斃れることで反撃の狼煙となるおつもりではと
    懸念しておりましたが……。
    これより先どうなろうとも見ております。

    また、様々なトピックについてのご報告ありがとうございます。
    僭越ながら献金をいたしておりますが、小額ではないか、
    お役に立てているのか少なからず不安ではありましたが
    ほっとしました。
    こちらこそありがとうございます。
    駒上

  19. ふぃくさー のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    ギリチョン間に合ったかな?

  20. 鳥海山たろう のコメント:

    御誕生日、おめでとうございます。

    「死ぬかもしれないレベルで、突っ込む」
    たとえれば、断崖絶壁のヘアピンカーブを猛スピードで突っ走る「走り屋」というところでしょうか。
    ですが、くれぐれも左カーブのヘアピンカーブではスピードを落としていただきたいところです。
    カーブを突き抜けてドブにはまった小坪先生が左巻きのヒルやミミズに血を吸われ放題で、のたうち回っている姿を見たくはないですからね。
    そんなものは誰の得にもならないし、悲しいだけです。

    トランプやクリントにあまり興味はなかったけれど、米国メディアの徹底的なトランプ叩きに対抗して、SNS等を駆使して勝利したトランプ支持者には一定の敬意を持ちます。

    英国のEU離脱もそうですが、メディアが敗北して、対抗世論が勝ちました。
    いずれにも、(他人ごとながら)そこそこうまくいって良い結果を出して欲しいと願っています。
    そうすれば、そのときこそメディアは用済みの烙印を押されるでしょう。

    解説委員や編集委員とかの惰性的思考しかない間抜けが、ろくに反論も受け付けず、上意下達で書きおろしたようなメディアの解説記事に一銭の金を払う値打ちもない。

    逆にSNS等には、本当の集合知の萌芽が見られます。

    しかし、トランプの扇動には危うい部分も見られました。トランプは偽善を攻撃したかもしれませんが、正義そのものを攻撃したり捨てたわけではないと思います。
    そこが微妙なところです。
    大きな影響力のある人間は、基本的には理性的でなければならないです。

  21. 櫻盛居士 のコメント:

    御誕生日、おめでとう御座います。

    小生もオッサンですから、自分の誕生日など当日でもあまり意識しませんが、フッと誕生日を意識した時は、嬉しいよりシミジミ感じます。
    まぁ、運転免許証の更新の年は意識しますかねぇ・・・。

    とは言え政治の世界では、まだ若手に分類される歳なのでは?

    これから政治家としてオッサンに成る為には、若手の育成も手掛ける必要にも迫られるんでしょうね。
    その意味では、突っ走る方法と方向の転換期も近いのかも知れませんね。

    軍艦に例えるならば、今までは各術科長的だったのではないかと思います。
    これからは、艦長、参謀本部と言った現場では無く指示専任系の司令官をきっと求められて行く事でしょう。

    斃れても、きっと周囲が勝手に復活の呪文を唱えるでしょうから、当分休ませては貰え無いかもです。

    討死も武士の本懐ならば生き延びて若手衆の笑顔を増やすのも、また武士の本懐でありましょう。
    我々は皆、天皇陛下の民ですよ。
    皆で手分けして、後世に誇れる日本を継承する為に、迷惑な復活の呪文も受け入れて行きましょう。

  22. 野良犬 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    もし又爆破脅迫があり、共産党市議が受け入れを強要することがあれば、
    同党市議団に次の質問メールでしようと思っています。
    「ある共産党市議に対して同様の脅迫があれば、共産党市議団はその市議に対して辞職勧告をされますか」

  23. yuki のコメント:

    しんや様を、誕生させてくださいました、貴殿の母上に、感謝致します。
    また、小坪しんや様、日頃のご活躍、より一層感謝致します。
    今後更に、思いっきり暴れて頂くことを期待しております。
    有難う御座います。

  24. 名ナシ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    38歳、まだまだこれからです。
    今後の更なるご活躍を期待しております。

  25. ぴょん吉 のコメント:

    おめでとうございます。

    リアルで動いていると、一般人レベルでも嫌がらせは受けるものです。
    逆に一般人レベルだとダイレクトにやり返す事も可能ですが(合法的な手段で)
    ま、先生の立場だと中々ダイレクトには難しいとは思います。

    が、その分大きな動きで反撃も可能となりますので、引き続き期待しております。

    やや東北地方の保守系市民より

  26. 前田君子 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    我が息子より、二つ御若いのに、ずーとしっかりしていらっしゃる。
    羨ましい。(^^♪

    これからも、日本を取り戻すために頑張って下さい。

  27. 元修羅の国の住民 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます🎊
    生き方は人それぞれですが、死にざまだけは人間自由に選ぶことできず
    天にすべて任せる以外ないと思います。
    ただ死に際は、わが生涯に一片の悔いなし とやり残したことを後悔すること無く
    人生の最後を迎えたいものですね。

  28. TRIM MARK のコメント:

    昨日はお誕生日おめでとうございました。
    まだまだ! あと2年はけっこう無理が利きます。
    40歳を越えると、自分の身体に「あれ?」という事がどんどん起こりますよ(笑)
    検診の結果も変わってきます…
    とは言っても、普段から無理し過ぎているようにお見受けしますので、ほどほどに。

    これまでの活動に心から感謝し、これからも益々のご活躍をお祈りします。

  29. 北九州市民 のコメント:

    誕生日おめでとうございます。

    私の妻も38歳です。
    引き続き、微力ながら毎月の寄付をさせていただきます。まだ命までは預けられず、申し訳ないと思っています。

    小生、恥ずかしながら、継続は力なりを痛感したのはアラフォーになってからでした。気付くのがひどく遅かったため後悔もありますが、自分なりにがんばっていこうと思います。

    先生もお身体とご家族を大事にされてください。

  30. 巻線 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます(*´∀`*)
    小坪市議は私達に希望を持たせてくれた政治家です。
    こちらこそ、ありがとうございます。

    これからもお身体に気をつけて頑張って下さい。応援してます。
    私も少しでも力になれるように頑張ります。

  31. enoyan のコメント:

    大変遅ればせで恐縮ではございますが、お誕生日おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。
    先生におかれましては常々の活動を全力でこなす姿を拝見するに、我ながらとても頼もしく感じられたものです。
    デモ参加に伴いまみえる機会も得ましたが、予想に違わず熱くて身を焦がすような情熱を纏った快男児ぶり、更に心酔する事となりました。我が身の弱さ故物心伴う支援がなかなか出来ていないので大変心苦しいものがありますが、壮年期に入りますます意気軒昂、その身体を更に滾らせつつ邁進されることを期待しております。

    さて、遮二無二行き急いできたが、自身でも驚くほどに長続きしてしまったとのお言葉。
    なるほど、常に全力で飛ばしてきたのですね。
    バルブタイミングもブースト圧も限界まで搾り上げ、ボディ剛性を配慮せず足まわりを組み上げ、サーキットで数回レースをやったら使い物にならなくなると覚悟の上でカリカリにチューニングしてたのにどう言うわけかエンジンを開けることなくボディも軋むことなく走れてしまった、そんな状態なのでしょうかね?

    さて、ここまで政治活動を精力的にこなされ、他の議員先生からもその手腕を高く評価されている先生のことです、もう何かあれば二言目には「いつ国政に打って出るのだ?」と訊かれて困っておいでなのでしょう。特に地元の後援会の皆さんは本人の意思とは関係なくあちこち奔走し始める気の早い方すらいらっしゃりそうです。
    今回のエントリには、そういう申し出に苦慮されている先生の心情も少々混じっているように感じられました。

    地方議会を大事にする。地方自治体の組織をもっと活性化させ住民サービスを拡充させる。国政に対して地方発の論客として発言力を発揮し、地方から日本を変えていく。
    俺も、小坪先生のこのようなスタンスに大変共感を得ています。周囲がなんと言おうと代議士ではなく地方の代弁者として地域住民の力になる。これは大変素晴らしく大事な仕事です。……任官拒否して最前線に拘る古参兵にも似た状況ですね。

    おこがましいのは承知の上で。
    今までの活動で一定の成果を上げつつあるというなら。誰も挑戦していない分野へ先鞭を付けてトップランナーとして自負もお持ちであるならば。
    次はそれをレシピとして、メソッドとして、チューニングノートとして、ノウハウを周囲にフィードバックしていく仕事が待っているのではありませんか?
    書籍にまとめるのもよし、講演会を行うのもよし、何だったらノウハウを小出しにしてセミナーを開いて会員を集めることも(自主規制)
    国会議員が目標でないなら、全国の地方議員に力を分け与えて地方自治の底上げに寄与していく、そう言うお仕事に携わるのも良いと愚考します。

    最後に島本和彦の熱い名言を。
    「できる男は後ろを振り向かない!なぜならゴールに着いたと思ったらすぐ次のゴールが見えてしまうからだ!」

    • 月光仮面 のコメント:

      読ませていただき共感をえました
      私 地方に政治家はいないと思っています いいえ 思っていました
      市議会などとさえ思っていました 市会議員の選挙の時 小坪先生の
      ポスターのみ拉致被害者の取り返すバッチですか そのバッチを胸に
      写真を取られていました おっ と思い話してみたい人と思い
      駅の前で声をおかけしました 熱い方でした 政治家が居たと
      思いました そこで 行橋市議会に政治家が何人いるのかなと
      思う時があり 次の選挙で政治家と認める方は 2名だと思います
      全員が政治家である日が来るべきですね 来なければ日本は
      良くならないと思います。

  32. 北九州在住の主婦 のコメント:

    遅れましたが、お誕生おめでとうございます。
    小坪さんがオッサンなら、一つ年下の私もオバサンですね(笑)
    全く自覚はないのに、年だけどんどん重ねていくんですよね~。
    たまに、「ウェークション!」とくしゃみする時に、あ、私もオバサンになってしまった、、、と思います。
    子供を何人も育ててたら、本当に自分のケアは後回しで、自分だけは綺麗なまま年を重ねようと思ってた若い頃の自分に苦笑いです。
    そんなこと出来るわけあるか~!
    と、二の腕バシっと叩いてやりたいです。
    小坪さん、体に気を付けてこれからも頑張って下さい。

  33. cat のコメント:

    私たちが、小坪さんのおかげでどれだけ勇気をもらったか
    それだけでも感謝の念に堪えません。

    ただ、できることなら(何度も書いてるんですが)
    横のつながりを持って欲しいなと思ってます。
    ただ応援してる、ではなく、もっと組織的に。勉強会って名前でもいいし
    1坪会なんてのでもいいですが、思いを同じくする人たちと、そういうものを
    作ってもらいたいなと思ってます。

    韓国政府はもう日本の手中にあると思います。ただ、そのおかげで
    それを快く思わない連中(中国でしょうね)がクネ卸しにやっきに
    なって見つけたのが、あの騒ぎでしょう。そんなたいした問題じゃないのに
    (実害が証明されていない)大げさに騒ぎ立てることで、反日するトップに
    すげ替えたいのでしょう。そして近いうちにまた、反日大統領が誕生する
    のでしょう。今度の相手は中国です。在コへの資金援助も中国から出ている
    はずです。相手はますます強大になりました。ラスボスの登場です。
    ここでふんばらないと負けるかもしれませんよ、日本は。阿部さんは。自民党も。

  34. 生野区民 2 のコメント:

    おめでとうございます
    爆破事件の犯人は、何時ものように逮捕されないのでしょうね
    奥田の襲撃を予告した人間、一躍テョンと言う単語を広めた落書き犯、韓国領事館への
    脅迫犯、全て自演だから捕まるわけはないんのだが
    捕まると徳永(帰化人)一派が一番困るのだろうが
    本当に犯人を捕まえたければ、徳永を逮捕拷問したらすぐにでも犯人は解るのだろうが
    これからも、同じような姑息な手法で馬鹿どもが攻撃してくると思うので
    気を付けて下さい。

  35. naga のコメント:

    遅ればせながら。お誕生日おめでとうございます!
    いつもいろいろおつかれさまです。

    10月初めに上京されることを知った時は現地にお訪ねしたかったのですが、
    足を運ぶことができず、残念な思いをしていました。
    さしつかえがない範囲でまた告知していただけるとうれしいです。

    ところで、生き急ぐとか想定外というのはわかる気もしますが、まだまだこれからですよ。
    数年とはいえ小坪さんよりも長く生きているせいか、そう思います。
    くれぐれも健康第一で。おたがいがんばりましょうね。

  36. 漫画喫茶店長 のコメント:

    大変遅くなってしまいましたが、「ハッピーバースデイ」でございます
    生まれてきてくれてありがとうございます
    これまで生きていてくれてありがとうございます

    レイ「あなたは死なないわ。私が守るもの」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です