蓮舫は、公式書類(特にパスポート)を公開せよ【賛同したらシェア】


 

 

自民党でも同種の状況が発覚した。
私は党に拠らず、「日本国の国会議員が」という点で双方ともに問題だというスタンスだ。
その上で、小野田きみ参議院議員(自民党)と蓮舫は、月とスッポンほどの差があることも指摘したい。

まず第一に情報公開をはじめとした事後対応。
小野田議員は、戸籍謄本という公式な書類を自ら公開した。

併せて経緯についても説明を果たしている。
ここには国籍法の運用面において、当方からも「問題がある」と指摘していた手続き上の問題がある。法の不備、行政対応の怠慢も視野にいれるべきで、この部分は【全体的に】改善が必要だと考えている。

第二に、悪質性。
指摘されてのち、蓮舫は嘘をつきまくった。説明のつかぬ状況が山積しており、「悪質」と言わざるを得ません。

第三に、立場。
小野田議員は、新人議員である。対して蓮舫は、野党第一党の党首である。
同じく我が国の国会議員であるが、私も当選初期においては議会のルールを度々逸脱してしまったし、反省点は多々ある。
かと言って、国籍問題が許されるものではない。地方議員であっても生活実態の有無で当選取消という事例がある。市区町村議はその町に所在せねば出馬できないというもので、これは「当選後」に取り消された。地方議員から見れば、出馬要件の適正化という観点から言えば、何が違うのか?という思いはある。

ただし、新人議員と野党第一党の党首を同列に語るものではない。
なぜならば、野党第一党とは、政権交代の可能性の高さについては別にして、我が国の政権を担う可能性がある政党だからだ。
その党首とは、自民党を除けばもっとも首相に近い立場である。
小野田参議院以上の「情報公開」および「説明」が必要である。

とは言え、蓮舫は「出せない」だろう。
蓮舫が小野田議員と同じものを用意した場合、恐らく大変なことになるのではないか?
以下、小野田議員がFBにて投稿した実物を紹介するが、蓮舫代表が出せそうにない理由も付す。
また海外渡航時において、ある書類があるのだが「小野田議員は許される」もので、蓮舫が許されないものがある。

そして、そのキーワードとなるものは、パスポートになるだろう。
蓮舫が所持していた台湾のパスポート、この「中身」が鍵となる。
どのタイミングで更新したのか、つまり「その時点では自らの国籍を意識」していた証拠となるわけだから。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
14502921_1183706955033520_3019645493437795656_n

 

 

 

 

小野田参議院議員の対応
以下、まずもって小野田議員の公開した資料を紹介する。
FBの公開投稿をAPIでひっぱっているため、以下については実物の投稿である。
(画像やスクショではない。)

 

 

以下、転載。

小野田紀美です。

国籍について、一部マスコミから取材がありましたので、経緯をご説明させて頂きます。

私は出生がアメリカ合衆国ですので、生まれた時から米国籍を有しておりました。成人した後に、どちらかの国籍を選ぶための通知書が送られてくると親に聞いておりましたが、結局その通知はこず、25歳前後の頃不安に思い外務省に確認したところ、日本のパスポートを使い日本の戸籍謄本があるならば日本国籍を失っていないから大丈夫だという回答を頂き、私は日本人になれたのだと解釈しておりました。
しかし、昨年(平成27年)、参議院議員に立候補を決意するにあたり万が一があってはならないと再度確認したところ、やはり自分で手続きをしなくては選択したことにならないと判明したため、立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております(画像参照 )。
それで手続きは無事終了したと思っておりましたが、今回の蓮舫議員の二重国籍問題報道を受け、今一度詳細を調査したところ、米国の法においての放棄ができていなかったという経緯でございます。現在は、米国においての国籍放棄の手続きを進めております。私の知識不足でアメリカ国内での手続きという努力義務が完了できていなかったことにつきまして、皆様をご不安にさせてしまい大変申し訳ございませんでした。今後はこのようなご心配をおかけすることがないように、さらに慎重に手続きを行ってまいります。

 

・国籍離脱の宣言日
これが明確に記されている。
書類で出すことの意義がここにある。

・公印がつかれている。
東京都北区長の名で発行されており、一般的なものではあるが「公式文書」というものである。
蓮舫はこれを出していない。

 

言い訳という方もいるのだろう。
私も、重国籍状態の国会議員がいたことについては、小野田議員に限らず批判する立場ゆえ、言い訳という方の心境もわからなくはない。

ただ、これは「制度の不備」であることも指摘したい。
擁護する意味ではなく、実際に制度面で不備があるのだ。
私の立場は「その制度をどうにか改善したいですね」というもの。

次の項で詳述する。

 

 

 

重国籍を生じる、運用面の不備
「日本国籍を選びます」と宣言するだけで、我が国は「おっけー」としているわけです。
相手国の国籍を抜いてくる作業は、国が管理していない。
プロに頼めば、ちゃんと抜けたか等のチェック(つまり国外の対応)もしてくれるとは思うが、一般人には難しいと思う。

相手国とは、全世界すべて、である。
それぞれに仕組みが異なり、言語も異なる。
個人での対応は無理だ(私にはできない。)、また地方行政にそんなものを確認(その書類が偽物か本物かの判断)させるのは、事実上、不可能である。

ここは国家としてやらねばならんだろう。

 

そもそも国籍法という法律が存在するわけで、その運用がザルであったという問題だ。
今回の発行も「東京都北区長」であり、発行は流石に自治体でできないと市民生活に影響が出ると思うが、責任元としての「発行」は地方自治体にやらせるべきではない。

そのような調査権を地方行政が有しているとは言えないし、チリであったり、スペインであったり、CHINA・韓国さまざまだ。
中には「少々のことでは国籍を抜かせてくれない」国もある。

また、「そこで出産した時点」でその国の国籍が自動的に付与される国もある。
抜くのが大変な国もあるため「日本をえらぶっ!」と言った時点で、(こういう場合を考えて)【選択の宣言】という手法をとっていると理解しているが、それでもあまりにお粗末ではないか。

蓮舫、小野田議員は、国会議員だから発覚しただけである。
出馬要件を満たしていたのか、そして「国会の議場に入ってよかったのか」という問題が浮上するためだ。
何が言いたいかわかるだろうか、潜在的に同様の状況の「重国籍の日本人」は、数十万人単位で存在する、専門家が名を明かして指摘しているのはご存じの通り。

 

実態にあわせて法を変えるという手段もある。
左派はこれを推進してくるのだろうが、私は「ちゃんと制度を守らせる」道を選びたい。

実は現行法すらも、運用面ではまったく守れていない現実がある。

※ 特記
過去エントリにおいて「ある一点」だけ蓮舫を擁護しているが、それは当時の台湾国籍は、離脱する手続きが実際に煩雑であったため。
10代であったか、20代でやったのかは知らないが、国会議員になる前の「普通の女の子」にできる処理ではなく、そこにミスがあったとしても「当時の普通の人」は責めることはできないと述べた。
同じエントリにおいて、「とは言え国会議員になっているんだから、なんでチェックしてなかったの?」という批判も行っている。

 

 

 

蓮舫のパスポート
ここがキーワードである。

何度かエントリでも「小出し」に書いてきた。
パスポート、パスポート。
どこにポイントがあるか、おわかりだろうか。

 

パスポートには「公式の日付」があるのだ。
ご自身が処理しないと駄目なわけで、
つまり、その日付において「自らに台湾国籍が在る」ことを自覚していたと、
それを証明する資料となるのだ。

 

小野田議員が、米国のパスポートを有していたかは不明だ。
恐らく持っていないだろう。

パスポートを持っていたか否かで、話はまったく変わってくるのだ。
有していないならば、制度への習熟不足、行政の責任という話もでてくる。
「相手国」のリストに掲載されてしまっていただけであり、比較すれば悪質性は低い。
事務的なミスという言い方もできる。

だが、パスポートを有していた場合は、そうはいかない。
国籍を有していることを自覚しつつ、虚偽の発言を繰り返していたことになる。

交通事故だと「過失致傷」という言葉があるが、
これはわざとじゃないけど、怪我をさせてしまった、という意味。

意図的に人をぶん殴って怪我をさせた場合とは、
罪も重さもまったく違う。

 

蓮舫は、パスポートの公開によって
「意図的な」「悪質性のある」国籍に対しての虚偽答弁をしていた可能性がある。

 

 

 

海外渡航
もう一つ、国内でとれる書類がある。
海外に渡航する際、「貴方は重国籍者ですか?」という内容の、チェックボックスがあるのだ。

忘れがちであるが、実はそんな紙がある。

 

報道媒体で政治家が述べているわけだから、本当は蓮舫の発言は、それだけでアウトだ。
だが、私たち政治家は、「紙」で仕事をしているわけで、本当に追及する際にはドキュメントの有無は必須だ。
それは世論の、いわゆる民間人の認識とは随分と異なる。

 

何か書類がないかな?と思っていた際に、思い出したのが例の書類。
これは我が国の書類であり、「貴方は重国籍者ですか?」という、小さなチェックボックスは、使用に耐えうる書類だと認識している。

のち管理されているのか破棄されているのかは知らないが、あるにはあるのだ。

 

パスポートの更新日が「○年○月○日」だとしよう。
その日付以降において「私は重国籍ではありません」と紙にしたためていた場合、
それは法的な問題が生じる。

テレビなどで、ペラペラしゃべっていた内容とは、重みが異なる。

 

小野田議員の場合、この問題は生じない。
自覚しておらず、誤って記入してしまった問題と、
自覚した上で、虚偽の記載をした場合は「分けて考える」べきだろう。

運用的にもそうせざるを得ない。
行政のミスを指摘される可能性(選択後の、他国の国籍を抜いていたかのチェック)がある内容で、大量の同じ状況の日本人が出てくる可能性がある状況において、小野田議員を捌くわけにはいかない。
その場合は、他の方にも同様の裁きを(恐らく数十万人規模で)やらねばならないし、我が国は遡及法を採用していないためだ。
(この場合は遡及法とは異なるが。)

 

 

 

パスポート
蓮舫は、パスポートを公開するべきだ。
台湾に返却した、あのパスポートだ。
その中のページには何と書いていたのか。

更新した日付けがいつであるか、この一点の指摘で、蓮舫は終わると思う。

 

先ほどは「重国籍ですか?」のチェックボックスの話を触れたが、同様の問題は多方面で起きるように思う。
更新日さえ明らかになれば、本当に様々な角度から「矛盾」が生じてくる。

 

蓮舫は、野党第一党の党首の責任として
説明責任の一環として、
公式書類を開示せよ!
特に「①国籍離脱の宣言日」がわかる資料と、「②台湾のパスポート」を開示せよ。

賛同して頂ける方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

蓮舫は、公式書類(特にパスポート)を公開せよ【賛同したらシェア】 への17件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    蓮舫は、公式書類(特にパスポート)を公開せよ【賛同したらシェア】 自民党でも同種の状況が発覚した。 私は党に拠らず、「日本国の国会議員が」という点で双方ともに問題だというスタンスだ。 その上で、小野田きみ

  2. 波那 のコメント:

    【神質疑/国会動画】自民・有村治子議員「外交官は二重国籍が禁止される一方、外務大臣、自衛官・防衛大臣、警察・SP、総理補佐官などは規定がない」 : 正義の見方
    http://www.honmotakeshi.com/archives/49709213.html

    蓮舫の二重国籍を念頭に置いた有村治子議員の神質疑と見ていた視聴者のtwitter の内容を、お読み下さい。

    民進党の大好きな「説明責任!!」は他党に言う為だけの、お気に入り四文字熟語なんでしょうか。

    • 一郎 のコメント:

      videoのご紹介、ありがとうございます。

      有村治子議員の耳当たりの良い神質疑に惚れました。

  3. ひかりちょういち のコメント:

    日本国籍を持っていれば、他国の国籍が有っても立候補出来ます。現に二重国籍のペルーのフジモリ元大統領がかつて参議院議員選挙に出馬しました。彼はペルー国籍を持っていた事を知られていた事も有って落選しました。
    今回の村田蓮舫氏の場合は、日本に帰化した(つまり台湾国籍では無い)と主張していたわけですから、問題は「二重国籍」では無くて、「虚偽の履歴」だと思います。

  4. 匿名希望 のコメント:

    確かに悪質性において
    小野田紀美氏と蓮舫氏には雲泥の差があります
    しかし
    小野田氏を下手に擁護するのは悪手と考えます
    制度の不備は確かにあれど
    同じ法律違反に対し、イデオロギーで扱いに差があってはならない
    これではパヨクと同じレベルに堕します
    どうしても蓮舫氏を叩きたいのなら
    国籍法のほうではなく公職選挙法や旅券法のほうが良いと思う

    小野田氏
    早々にFBで戸籍の写真をアップし経緯説明したのは
    初動として最善手
    嘘をついていない
    国籍選択手続等それなりの対応は行っている
    そういう意味で蓮舫氏よりも8600億倍くらいマシである

    しかし
    「それなりの対応」が不十分だった
    世間は彼女が一般人ではなく政治家なので
    注意義務は重くなると看做すでしょう

    それから、支持者は二重国籍の情報を知らずに
    先の参院選で投票している
    これが大きい

    故に道義的責任は問われるでしょう
    国籍を解決後一旦議員辞職して出直し、禊の過程を経れば
    対応としては完璧になると思います

  5. あき のコメント:

    小野田さんが、議員辞職する必要なんか無いです。 それなら蓮舫は刑務所行きだ。取り調べしたいくらいだけど? 悪手だとか?何か変。庇うつもりは無いけど、国民からの批判が強いんで重箱の隅を~で出してきたネタですよ。問題のすり替えなんだよな。本当に、私達馬鹿にされてるんだな・と思う。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    蓮舫氏の事を最近は「脱法ハーフ」と言うんだそうで・・・。
    しかしまぁ、次から次へと疑惑が浮上し、もう何がなにやら分からない状態です。

    【日刊蓮舫】 蓮舫議員ご先祖様のお墓計算が・・・
    http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3616.html

    蓮舫氏の場合は、暴力団員との交友関係等々、余りにも疑惑が多過ぎるんです。
    これが自民党議員なら、自殺までマスコミと共に追込むんでしょうね。

    先日も稲田朋美防衛相に噛み付いてましたが、そんな蓮舫氏の姿が小生には狂犬に映りました。
    身の程を知れと。

    しかし、昨今のマスコミはガス抜き手法が向上してる様に感じます。
    保守層は情報精査能力を高めないと、とんだ罠に嵌まるかも知れません。

  7. 名ナシ のコメント:

    >「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしよう
     とは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。
    あくまでも証拠を公開するつもりは無いようです。
    つまり隠さなければならない疚しい事があるということなんでしょうね。
    謝蓮舫の「手続きが完了した」という発言の前後を台湾の官報で調べれば
    嘘をついてもバレるのですが、またバレてもしらを切るんでしょう。
    衆院解散の場合は衆院に鞍替え出馬をするとのことですが、与党は全力で
    落選させる努力をしてほしいと思います。
    こんな議員が当選したら恥ですから。

  8. KSM WORLD のコメント:

    署名&シェアお願いします。人に頼むの面倒だから俺が始めましたわwww民進党蓮舫代表は直ちに日本国籍取得日と台湾の「喪失国籍許可証書」(国籍離脱証明)を国民に提示しなさい。https://goo.gl/VrJpc0

  9. 月光仮面 のコメント:

    国籍の管理を厳格にする必要がありますね
    とうの本人は 個人の問題だと言っているのですね
    びっくりです

    それと 国会質問自体がミンシン党はくだらない
    時間とカネがもったいない そうそう あの中に
    日本をまともに考えている人居るのかなと思います
    着目が全く今必要なものを見ていない 
    心配しているのは 国会議員でまともな政治家が
    居るのか 次の時代を担えるのか 心配しています
    最後に すべての議員は戸籍の名前を 本名ですね
    を使う事は制度化するべきだと思います そして
    名称を忘れたのですが 自分の戸籍の移り変わり
    だったか証明するものがありましたよね 議員に
    立候補する時公開するべきでは無いでしょうか
    本名を使わないのは おかしいですよね
    青山さんは 漢字の名前で立候補したと聞きました
    虎の門ニュースで言っていました

    • 月光仮面 のコメント:

      ここで一言言わせてください 東京の新市場は金のため
      だと思います 犯人扱いは 犠牲者が出ます 誰が
      悪いのか それは当時の都知事です 部下が悪いなど
      言ってはだめです あの方よく敬礼の真似をされていました
      と 記憶しているのですが 軍人だとしたら 貴方が
      責任者なんです そして 次を進むべきだと思います
      小池都知事は自民党から出てはいけません 自民党として
      都政を行ってください 腐れを取り除くべきです

  10. 生野区民 2 のコメント:

    国民党総統の謝蓮舫が、問題になってるのは単に国籍の問題ではなくスパイの疑いが
    大きいと思から、謝蓮舫は身の潔白を明らかにすることと尖閣と南シナ海について
    党がどういう方針を取るのかはっきりしてほしい
    予算員会で、北京の指令とは思うが稲田大臣攻撃に必死になるのではなく
    国会議員であるなら、自らの未をはっきりするべき

  11. sss のコメント:

    返納したパスポートを提示することは そもそも出来るのですか?

    蓮舫は逃げまくるでしょうが 証人喚問でもすれば可能でしょうかね?

    私としては 小野田議員は辞職して 蓮舫を追い詰めたいですね

  12. ピンバック: 【web署名】蓮舫代表は日本国籍取得日と台湾の「喪失国籍許可証書」(国籍離脱証明)、台湾のパスポートを日本国民に提示せよ【賛同したらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  13. piyorin のコメント:

    台湾は国籍に関する官報はネットで公開している筈です。
    蓮舫がいつ台湾籍を抜いたか、あるいは抜いたのが嘘かどうかは、
    その官報がネットに出たら解る事。
    いつ出るのかまでは知りませんが、その時蓮舫がどんなに後悔しても遅いのです。
    また、おおさか維新の足立議員が戸籍謄本を出すべきと言ったら
    蓮舫は「個人的な戸籍の件」なので出さないと言ったと
    産経新聞ネットニュースにもありました。
    そんなに見られたらマズい戸籍なのかと思うのが普通でしょう。
    それと蓮舫は今回の事で「一つの中国論」で「台湾は国ではない」と言った事から
    台湾の方々も非常に怒っています。
    彼女一人のために日台関係に傷が付きました。
    どれほど国益を損ねているかという責任を蓮舫は全く解ってない。
    これだけ発言が二転三転し、怪しい返答をする中で、
    なんの証拠書類も出さず国籍離脱した、日本人だと言って誰が信じますか。
    ちゃんと説明責任を果たすまで私は彼女に日本の国会に立って欲しくないです。

  14. ピンバック: 【民進党は説明責任を果たせ】日本政府「台湾当局の外国国籍喪失届は受理しておらず、『国籍選択宣言』の提出が必須。日付が戸籍に明記」【蓮舫代表は戸籍謄本の公表を!】 | 小坪しん

  15. ピンバック: 蓮舫は、ウソつき!日本国籍は適法に取得されたのか?【ひどいと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です