【劇的に変わる沖縄情勢】辺野古警備に警視庁機動隊派遣へ


 

 

派遣社員ならぬ、『派遣市民』が跋扈する沖縄。
全国各地より、労組を主軸とした左翼活動家らが「市民」として声を挙げる。
平和を掲げつつも、時には暴力的に。

名護市辺野古の警備に警視庁機動隊が派遣されるという。
そもそも地元対応では無理があったのだ、遅すぎたぐらいである。
その理由を何点か記したいと思う。

私は、劇的に状況は変わると考えている。
それはネットの言う「劇的」とは異なるとは思うが、今まで潜在的にあった問題は多くが解決すると信じたい。

関連
【ネットの知らない歴史①】沖縄問題を論じる際に、保守が覚えておくべきこと。小渕内閣の功績

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
okinawa

 

 

 

 

報道の紹介
以下、ソースはNHK。
「異例」という言葉が繰り返されている点に、着眼した。

 

名護市辺野古の警備に警視庁機動隊派遣へ

国がアメリカ軍普天間基地の移設先としている名護市辺野古の沿岸部に警視庁の機動隊員百数十人が派遣され、沖縄県警の指揮の下、警備に当たることが警察関係者への取材で分かりました。現場で続く住民などの抗議行動に県外の警察が直接対応するのは異例のことです。

国が普天間基地の移転先としている名護市辺野古の沿岸部では、埋め立て工事を巡って、国と沖縄県の主張が対立するなか、29日工事が開始され、住民などによる抗議行動が行われています。

周辺の警備には、これまで、地元の沖縄県警があたってきましたが、長期化する可能性もあるとして、要請を受けた警視庁が警察官を派遣することになりました。警察関係者によりますと、派遣されるのは警視庁の機動隊員百数十人で、沖縄県警の指揮の下、来月上旬から現場に配置される予定だということです。警視庁の機動隊が沖縄に派遣されたことはこれまでにもありましたが、主な役割は那覇市内などの重要施設の警備で、今回のように、現場で続く住民などの抗議行動に直接対応するのは異例のことです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151031/k10010289361000.html

 

繰り返される「異例」
二度、使われている。
同じ単語、特に重たい言葉は重ねて使うことを避ける。
ブロガーに過ぎぬ私でさえ、それなりに気を付ける点だ。

NHKの全てを悪しざまに言うつもりはないが、
そういうポジショントークとして見れば、面白くないのだろう。
メディアを読み解くに、「異例だ」は面白くないと不服な感情の発露に思える。

これが繰り返されている点には注目しておいて損はないと思う。
むしろ「効果が高い」と私が確信したポイントでもある。

 

警視庁は、「東京」
「東京だから偉い」等という触れ方ではない。
単純に、沖縄ではないのだ。

警視庁から派遣される機動隊員にも、沖縄出身の方もいるかも知れない。
だが、ほとんどの隊員は「沖縄県外」だろう。
47都道府県あるため、人口のバラつきを無視しても「47分の1以下」と考える。

実は、この点はかなり大きい。

 

警視庁は、首都の警察。
今度は「沖縄県外」という意味以外の側面を触れてみたい。
警視庁とは、東京都の(他道府県で言う)いわゆる県警である。

しかし、異なる点もある。
例えば警視庁は本部名として他の道府県警察とは異なる名称を法的に認められている。
「東京都警察」ではなく警視庁と称しているのは、首都を警備する警察機関・首都警察の側面があるためだ。

警視庁は、警察庁の直接の監督下にある。
他は、面積が広大という事情がある北海道警のみではなかったか。

言い換えれば、「警視庁は、国直轄」とも言える。

 

警視庁は、国直轄
警視庁は、警察庁の直接の監督下にある。
他は、面積が広大という事情がある北海道警のみではなかったか。

警察庁の直轄。
言い換えれば、「警視庁は、国直轄」と看做すことができるだろう。

 

 

 

地元対応の限界
では、辺野古の状況、その実態はどうであったか。
すでに地元対応は不可能なレベルにあった。
以下と「対になる」ものを、地元に任せることにそもそもの問題があったと私は考えている。

 

外交上の情報戦
以下は、CHINAの国旗と共に掲げられたスローガンである。
漢字ゆえ、書かれている意味はわかると思う。

11

 

CHINAの「外交上の、情報戦」の一環であることは明らかであり、
「対国」という状況において、地元対応にはそもそも無理があった。

 

地元警察の限界
沖縄県警に問題あり、という論調の方もいる。
なるほど、気持ちはわかる。

だが、県警とは「県外に異動」はないため、ずっと沖縄にいる。
また沖縄出身の警察官も多い。
その上で、以下の画像を見て頂きたい。

12

13

 

実際の現場
以下は、彼ら自身、左派が公開している「活動報告」である。
文字・キャプションもつけられている。
先ほど紹介した画像は、下記動画の一コマである。
冒頭の2~3分(全編では7分)だけでも見て頂きたい。

彼らが何を言ったか、一部を抜粋しよう。

「機動隊、恥はないか!恥は!!」

「お前たちの家もわかるんだぞ!妻子だってわかってんだ!馬鹿者」

「ここの息子は機動隊で年寄りに手をかけたと街宣カーで自宅前でやるぞ」

繰り返しになる。
県警とは「県外に異動」はないため、沖縄県警はずっと沖縄にいる。
当然、沖縄出身の警察官も多い。

沖縄県の警察官は、家族が沖縄にいる。
父母も、おじいもおばあも、沖縄にいる。
兄弟も、従兄弟も、沖縄にいる。

ここで声を荒げている「山城」なる指揮官であるが、
ロバート博士が退職に追い込まれた際の人物である。

ロバートを知らぬ方は、まず以下をお読み頂きたい。
沖縄メディアの大罪、日本の恩人ロバートの件。

山城なる者は、逮捕されている。
その際には、例の二誌から徹底的な擁護を受けた。
結果、何が起きたのか、その真相は以下にまとめた。
沖縄メディア発狂!指揮官級逮捕の真相

山城なる指揮官が、どういう指揮をとるのか。
どういう人間であるか、しっかり見て頂きたい。

【許せないと思ったらシェア】沖縄サヨクは、子供を「人間の盾」にしてきたことが明らかに。

 

 

 

できますか?
沖縄県警を「弱腰」と揶揄する声があることは、わかっている。
私も思うところはある。

だが、現実と実態を直視せずに、自らには背負うものがない方が
居丈高に上から目線で語ることには、違和感がある。

それが「仕事」と冷たく突き放すものは、
申し訳ないが、政治を語らないで頂きたい。
好きに語る自由はあるので、好きにして頂いて結構でございますが、
少なくとも私は、そんな方と議論を交わしたいとは思わない。

もしも、貴方が同じ立場だったとしよう。
自分の地元で、中学の同級生がいて、親がいて、
妹の結婚式があって等々。

その状態で、貴方は「沖縄県警」というバッチと顔を動画に納められ、
家族への危害、風評被害などが想定される中、
例えば「強制排除」が、【貴方は】できるのか。

近所を見渡せば、実際は反対派が多数というわけではないが、
メディアは確実に「あちら側」で、基地容認を口にすることは難しい状況。

国民が知らない、沖縄メディアの実態。知らなかったらRT

貴方が沖縄の警察官であったとして、
いま貴方が(沖縄県警に)「求めること」を、貴方は果たせるのか?

 

もしくは、指揮を執る立場にあったとして、
部下たちがそのような状況にある中、
リスクを背負わせて、排除の命令を下せるのか。
私には、できれば、やりたくない。

やるべき必要があれば、それが公の利益であれば
私は心を鬼にして、やる。
やるだろう、しかし、できればその命令は下したくない。

 

 

 

劇的に変わる状況
名護市辺野古の警備に警視庁機動隊が派遣される。
そもそも地元対応では無理があったのだ、遅すぎたぐらいだ。

私は、劇的に状況は変わると考えている。
それはネットの言う「劇的」とは異なるとは思うが、今まで潜在的にあった問題は多くが解決すると信じたい。

警視庁は、国直轄である。
これで「外交上の情報戦」の側面を持ち、対国家(日本ではなくCHINA)という構図と対になることができる。

警視庁の機動隊の隊員たちは、沖縄出身の警察官ではない。
ゼロではないが、限られた数であろう。

機動隊が「強制排除」に動いたとしても、左派の恨み等の矛先は、
家族を沖縄に持つ、沖縄の警察官には向くことはない。

もし、私が指揮を執る立場であるならば、
これで憂いなく指示を下すことができる。

 

これから、動きは、出てくる。
確実に、出てくる。

それは、ネットの求める「急進的な」「一回で結果のでるような」ものではないと思う。
しかし、私の感覚では、劇的な変化と言わせて頂く。

 

 

 

沖縄、保守派に感謝を。
対CHINAの情報戦の側面をもったアクションに
今まで地元は、よく耐え続けてきた。
よく戦ってきたと思う。

 

全国の労組から送り込まれる、
まだ来るのか?という圧倒的なまでの敵増援の前に、
孤軍奮闘、守り続けてきた。

左翼の資金源はアレだった!? 官公労に巣食う「専従活動家」の真実(ironna)

 

私の知る範囲では、かなり苦しい資金難もある。
人だって、左派に比較すれば潤沢とは言えない。
持ち出しに近いことを繰り返し、ない金、ない物をやり繰りし
沖縄保守は、戦い続けてきた。

下記の件は、手登根氏が実務を。
そしては指揮は、私がとった。ごちゃごちゃ五月蠅ければ、当時の資料をばら撒く。
まだ、出してないものが、私にはある。
【日教組問題③】沖縄の怪~公務員の給与二重取り(違法)の証明、PTAからの搾取

こうやって、戦ってきた。
沖縄保守は、戦ってきた。
ずっと、ずっとだ。

 

やっと、「対になるべきもの」が動いた。
これで構図としては、天秤が釣り合ったと言える。

劇的な変化、それは何か。
それは、支え続けてきた、沖縄保守派の士気向上に他ならない。

 

やり続けた者がいる。
その地を守るため、戦い続けた者がいる。

貴方は、同じことができるか?
貴方は、彼らと同じく、それでも前に進むことができるか?

彼らは、逃げず、その場にとどまり、
対に増援が来るまで、戦い抜いた。

 

沖縄の保守に感謝を。
彼らの庇護者である、ロバートエルドリッチ博士に感謝を。
この思いを全ての沖縄保守に、
そして古くからの友人、手登根氏に捧げる。

沖縄県民、斯く戦えり。
この言葉を捧げたい。
明日も、明後日も、共に支えていくために。

私たちも、一歩を踏み出すために。

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【劇的に変わる沖縄情勢】辺野古警備に警視庁機動隊派遣へ への23件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    辺野古警備に警視庁機動隊派遣へ。沖縄保守派に感謝を。 沖縄県民、斯く戦えり。 派遣社員ならぬ、『派遣市民』が跋扈する沖縄。 全国各地より、労組を主軸とした左翼活動家らが「市民」として声を挙げる。 平和を掲

  2. 豆柴五郎 のコメント:

    小坪さん、お疲れ様です。
    私も沖縄県警の対応については不満を持っていました。
    しかし、地元の一県警では限界があったのですね。
    警視庁機動隊の投入によって、少しずつでも状況が好転する事を期待します。
    私は沖縄県民を信じています。頑張れ沖縄!
    小坪さん、体調はいかがでしょうか?くれぐれもご自愛くださいませ。

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     警察庁警察官の出向先も,警視庁偏重ではなく,沖縄県警察及び北海道警察などの赤に染まった大地へ積極的に行うべきです。
     赤の大地へ外部からの風を吹き込ませ,除染せねば。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    >沖縄の保守に感謝を。
    >彼らの庇護者である、ロバートエルドリッチ博士に感謝を。
    >この思いを全ての沖縄保守に、そして古くからの友人、手登根氏に捧げる。
    >沖縄県民、斯く戦えり。
    >この言葉を捧げたい。明日も、明後日も、共に支えていくために。

    まずは、ブログポチッ!そして、拡散!拡散!拡散!します。
    それが、いま、私のできることなので!

    閑話休題・・・
    小坪先生、くれぐれも、いま、ご自愛くださいませね。

  5. 110 23110 のコメント:

    初めて投稿させていただきます。
    私はKSMさんという方のリンクから小坪先生のサイトを見させていだだきました。

    沖縄県警ができない理由は記載いただいたとおりでしょう。
    沖縄に住む警察の方々も「おかしい」ということはわかっているはずです。
    だが、彼らは組織の人間であり、その組織の上層部の命令には逆らえない。
    県警のトップは県知事である。そして、彼らの給料は県から支給される。
    だから、逆らえないし、そのジレンマ:沖縄の危機に何もできない悔しさはある。

    今回の件で、沖縄の県民の皆さまの不安が解消できる始まりになれば、
    私はそう思っています。

    ここからは、別の観点でのご質問です。

    産経新聞の記事ですが、宮崎県宮崎市に中国の市民団体がやってきて、
    宮崎県宮崎市にある平和台公園にある八紘一宇の塔に対してクレームをつけてきた件はご存知だとは思います。

    私は九州圏外の人間です。

    こういった事態が九州圏内で起きたことは衝撃だったのですが、今現在の九州における経済動向なども地域の住民向けの出店というよりも、中韓の観光客目当ての免税対象店舗が増えているかと思います。

    企業の出店なので、行政がどうこう言える立場ではないとは思いますが、明らかに地域住民の為でない動きが出始めています。

    そして、前述の事件がありました。明らかに九州に中国からの民間団体(を装った連中)がやってくることなど、過去にありえなかったでしょう。

    忙しい中、真に申し訳ございませんが、福岡県や九州が十年前、五年前とどう変わっていったか、圏外の私たちに教えていただきたいと思います。

    沖縄だけでなく、九州まであやつらが侵食してくる可能性もあります。

    そこに住民の方々が不安になっているのか、どういった問題が出ているのか。

    最後に、日々の業務の合間に、こういったご意見をまとめていただいて大変かとは思いますが、お体に無理のないよう、これからもご活動を続けていただければと思います。

    稚拙な文章で、申し訳ございませんでした。

    • ふぃくさー のコメント:

      呼ばれもしないのにお邪魔します(汗)

      >福岡県や九州が十年前、五年前とどう変わっていったか、圏外の私たちに教えていただきたいと思います。

      熊本県在住です。地元では住民の不安は全く感じられません。というよりは特亜の件もほとんど興味がない人たちばかりでノホホンと暮らしているのが現状で、とりわけ大きな社会問題としては顕在化していないようです。ただ、最近はパトカーの巡回が少し多くなっていますので、そういう点ではなんとなく不安に感じている人もいるような感じです。

      さて、では嫌韓に目覚めた私の視点ではどうかといえば、少なからず蝕まれていますねー。市民だよりで韓国語講座の紹介があったりもしますし、10/29のブログ「共産党より怖いもの、私の弱点」いおいて次の市議会報告をしました。
        ■ヘイトスピーチ対策について法整備を含む強化策を求める意見書の提出について全会一致で可決
        ■市有地を怪しい太陽光発電会社に賃貸していた件が一般質問で判明
        ■特別顧問制度について市長がお詫び発言

      その他、市のHPで人口推移が公表されているのでちょっと調べてみました。7月9日問題で無国籍になったヤツラが国内逃亡先として我が市にも流入している形跡が・・・・(;゚Д゚)

      人口が7万程度の小さな田舎町なので高齢化が進んでいる上に、若者は就職で都会へという傾向で、マンネリの人口減が本来の傾向になります。実際、ここ4年間で1800名程減っています。にも拘わらず、今年度に入ってからの増減は次のようになっています。

      月 4月末 5月末 6月末 7月末 8月末 9月末
      計 30 0 -16 -58 29 -33
      男 29 17 -5 -41 35 -21
      女 1 -17 -11 -17 -6 -12
      世帯 78 27 13 -5 55 8

      もしtableタグが使えたら次の方が見やすいですね(使えなかったら見づらいだけです。すみません)。

      月4月末5月末6月末
      7月末8月末9月末
      計300-16
      -5829-33
      男2917-5
      -4135-21
      女1-17-11
      -17-6-12
      世帯782713
      -5558

      4月末もちょっと異常ですが、4月の場合は過去に例があります。しかし、8月末は明らかに異常に見えます。こんな中途半端な時期に男だけが35人も増えて、しかも世帯数も55増。いかにも無国籍不法滞在者の流入に思えて・・・・

      一応、7月9日からは以前の居住地からの転出届が必要なはずですけど、在留カード切り替えの締切を結果的に3か月ほど伸ばしましたよね。もしこの期間中に転出届の件も猶予されていたとすれば以前と同じように通名で自由に転入できるだろうし、そこで無国籍者不法滞在の継続も可能なように思えます(当然、マイナンバーでも引っかかるはずだし思いっきり通報対象ですが)。この件って、これまで誰も触れてなかったような気がして・・・・ どうなんでしょうね?

  6. ふう のコメント:

    私も、沖縄の警察にイライラしていた一人でした。

    なぜ不法占拠のテントを排除しないのか、
    なぜ駐車違反を取り締まらないのか、
    なぜ道路での座り込み抗議者を逮捕しないのか。

    沖縄県警がしないのなら、県外から応援を頼むしかないと
    ずっと思っていました。
    それが実現したので本当に良かったです。

    私は今後も自分にできること
    (沖縄の現状と反対派の正体を周囲の人に拡散する)を
    やっていきたいと思います。
    沖縄を守るために!

  7. 助さん、拡散 のコメント:

    小坪議員、ありがとうございました。沖縄の現状がよく解りました。今後も異例な事態の続報が続きますように。派遣プロ市民たちは、ヘナヘナと座り込め。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    これとよく似た事例を、田舎にお住まいの方は良く御存知ではないでしょうか?
    田舎道での交通取締は、馴染みの駐在さんや交番のお巡りさんじゃ無い事が大半ではないでしょうか。
    実は意図的に近隣の街から、取締の為に派遣する事が多いのです。(警察OBからの情報)

    地元の駐在所は派出所に勤務する警察官は、地元に馴染んで信用される事が職務上必須と言えます。
    これは都会の警察と異なり事件や事故の後処理よりも、防犯業務が主務である為に地元との信頼関係が不可欠なのです。
     
     
    扨て、この度の派遣市民が繰り広げる不法行為対策ですが、本記事ではストレートに書かれている様に見えますが、それでも意図的にオブラートに包んでいるのではないでしょうか。

    先ずは、以下の警察庁のホームページの『都道府県の警察機構図』を御覧下さい。

     警察のしくみ
     http://www.npa.go.jp/koho1/sikumi.htm

    県知事が組織としてはTOPなのです。
    現沖縄県知事は写真で御覧になった方も多く、”頭がおかしい”とまで酷評されている翁長知事です。
    組織的に知事がTOPと言えども、警察としては警察庁の管理下にあり治安維持などの本来の警察業務は中央の意向、県警としては特に予算の絡みで県の意向と、非常に板挟みで苦しい状況にあったのではないかと推測出来ます。

    ここに警視庁から応援が入る訳です。
    指揮権は沖縄県警と言う形式を採る様ですが、警視庁所属の警察官の給与を沖縄県警が支払う事は無いでしょう。
    言い換えれば「沖縄県が、沖縄県警に予算で圧力掛けても無駄だよ」って言ってる様にも思えますね。
    オマケに、いきなり管区またぎです。
    本文にも「警視庁は警察庁直参」と指摘されてますが、コレかなりのポイントです。
    沖縄県警は、警察庁の下部組織である九州管区警察局の配下です。
    本筋から言えば、九州管区警察局内の各県警から応援を派遣すべき所を、いきなり直参旗本が乗り込んで来た様なものです。

    しかも、こう言った体制は今回が初めてではありません。
    成田紛争の時も同様な体制で臨んだ経験があるので、警察側にはノウハウが既に蓄積されています。(千葉県警OBからの情報)

    更に福岡県北九州市に本部を置く、特定危険指定暴力団工藤會の事例も絡んで来ます。
    福岡県警の暴力団捜査担当官の個人情報、戸籍情報が、暴力団と結託した元弁護士や司法書士を通じて暴力団側に流出していた事実も考慮されているのだと推察致します。

    弁護士や司法書士と言えば、生活保護など社会保障を受ける際にお世話になる人達で、アカが潜入に力を入れているポジションでもありますね。

    今回警察は、サラッと見てもこれらの事柄を踏まえて、懸念事項は予め潰した上で事に臨んでいる事が伺えます。

    派遣市民の皆さんからこんなツイートが漏れるとは思いませんが、『#警視庁が怖くて震える』ってのが本音じゃないでしょうか。

  9. 沖縄の新聞社二紙は赤い のコメント:

    沖縄では米軍基地は悪とカルトされている
    沖縄では共産党や北朝鮮はそんなに悪くないとカルトされている
    沖縄ではテレビ局新聞社共産党そうかはスターである
    そういうカルトを産み出しているのは沖縄のテレビ報道新聞記事日刊ゲンダイである

  10. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    「やっとか」

    …と言うのが、私の感想です。

    状況的に、県外、国で動いて頂かないと、
    どうにも出来ない…と、思っておりました。

    小坪先生の仰る様に、
    良き方向へ
    劇的に変わって行く様に、期待したいです。

  11. ふぃくさー のコメント:

    すばらしい! 偶然の一致ではありましょうが、タイミング的に小坪ブログと余命ブログのコンボの形ができあがりました!

    > この異例の理由は簡単だ。要するに、法整備も整い、抗議行動のメンバーの情報収集が完了したということで、本格的に排除の決断をしたということだ。

    > とにかく警察の内部情報が漏れる。そればかりか警察官の個人情報まで筒抜けで自宅まで狙われるという事態となって福岡県警全体が身動きできなくなってしまった。何をするにも他府県の応援が必要という事態に国が動いた。徹底した内部調査の結果2011年11月とんでもない事実が発覚する。山口組弘道会の地盤、名古屋で愛知県警幹部の戸籍謄本を含む個人情報がそっくり暴力団に流れていたこと、またそれが全国規模で行われていたことが発覚したのである

    国内サヨク共々、無国籍状態になった半島人系列が多く参加しているそうですね。しがらみのない警視庁機動隊だったらこれまでとは状況が大きく変わりそうです。また、沖縄保守の頑張りには頭が下がります。一連のくだりには文章力もあるのでしょうが、読んでいて涙が出てきました。

    ロバート博士は昨日のそこまで言って委員会に出演されてましたね。救援署名には参加させていただきました。あの時は残念でしたがとりあえず元気なお姿を拝見してちょっとだけほっとしました。

  12. コメコパン のコメント:

    小坪市議、お体の調子はいかがでしょうか?
    治りかけが油断大敵です。くれぐれもご自愛くださいませ。

    今日のエントリー、見れば見るほど納得です。
    確かに地元出身者は、親兄弟、親族一円ばれてしまいますものね。
    TVの刑事もので、自分が逮捕した犯罪者に家族に復讐された・・・という話がありますが、やはり実際にも起こりうる案件です(警察関係にいる身内から聞いています)。
    特に犯罪者は、道理が通らない人だからこそ犯罪を起こしているのだから注意ですよね。そういう意味では「自分たちこそ正義。それ以外はすべて悪」と考える人が多いリベラル団体も注意でしょう。
    なおかつ、中国が沖縄に干渉してきていますから、こと沖縄一県の話ではありません。
    他の地方でも、中国人のツアー向けに中国語のアナウンスだったり免税店をPRする店ができていますが、中国人の団体ツアーでは入国者数と出国者数があわない(出国者数が少ない)ことが多々あるようですね。
    大阪などの民間のマンションの空き部屋を使った宿泊施設なども怪しいようです。

    私たちも、そろそろ平和ボケから目を覚まさなければなりません。
    特ア3国人こそ気をつけなければならないのですが、パッと見、外見が似ているというのは本当に困ります。
    早急に通名制度を廃止し、TV局の外国人就業者数をあぶり出して解雇し、
    国として「国益追求、国民の幸福追求」の一枚岩のもと、それに準じた外交、内政をしてもらいたいものです。

    地道に確実な手段で、国民のための政治、国民のための放送をできるよう、拡散にて応援致します。

    沖縄の皆様、遠方より応援しております。

  13. 生野民 2 のコメント:

    警視庁と公安も出て行って欲しい、外国人を逮捕強制送還できるように
    一番して欲しいのは、翁長の外患誘致での逮捕なんだが、この動きもスラが邪魔すると
    思う

  14. 生野民 2 のコメント:

    辺野古に移動はやめて、普天間永久固定で何も問題ないしシナ、朝鮮人を逮捕すれば
    運動などすぐになくなると思うんだが
    アカに関しては、ネットで拡散してアカが主導してるのを国民に知らせることが出来れば、十分な気がする

    • 櫻盛居士 のコメント:

      警察が防犯活動を効率的に行うには、民意が必要です。
      刑法に於ける未遂の前段階で予防処置を講じる必要があるのですから、根拠法令が存在しないのです。

      戦前の警察は国体維持を求められており、突き詰めれば天皇陛下の権威の下での活動でしたので防犯に力を注ぐ事が可能で、事件として立件し検挙された数は少な目でした。

      所が現在の警察には、この民意が足りないのです。

      戦前戦中に特高に検挙され刑務所や拘置所に収監されていたアカを主とする政治犯は、終戦後その多くはお肌ツヤツヤで健康状態も良好なまま釈放されました。
      多くの国民が食うにも困り、ガリガリに痩せ風呂もままならない生活を余儀無くされていた時代に、犯罪者がお肌ツヤツヤで健康状態も良好でシャバに出てきたのです。
      お勤め中は食事にも困らなかったし、体調を崩せは医者にかかる事も出来、風呂も入れた訳ですから、当然市井の国民より健康状態が良いのは当然です。

      これではアカ共の立場が無いので、自分達の保身の為に「警察に酷いことをされた」だの「国家の横暴」などあらゆる嘘を喧伝したのです。
      その甲斐あって、今では警察は国家の犬の様に扱われ、そのくせ助けだけを求められ、市民の監視対象の立場に追いやられました。

      つまり、明らかに重犯罪と国民に説得出来る根拠が無いと動けない状況になってしまったのです。

      故に、「朝鮮人を逮捕すれば運動などすぐになくなると思うんだが」が非常に困難なのです。
      国民の多くが「外国人の政治活動」を重犯罪として認識しない限り、警察は動けぬのです。
       
       
      扨て、国民の多くが外国人の政治活動を重犯罪として認識するのに障害となっているのが、ネットに触れ合う事の少ない年代です。
      オマケに、人口比率が高いと来てます。

      こう言う状況ですと、ネットだけでは片手落ちです。

      特に高齢者を触れ合う機会の多いボランティアの連中は、アカの息の掛かった組織に所属している事が多く資金力も豊富で、これまた保守層は劣勢と言えるでしょう。

      先般の鬼怒川越水の復興ボランティアも、ピースボートなどアカの手先組織が喰らい込んでいます。
      復興に注力を注ぐべき行政は、何かと手続きに時間を要する為、後手に回りがちで、結果としてアカが食い込んでくる隙を作っている状況です。
      実際に作業員として参加する方には保守層も大勢いるのですが、ミカジメてる組織がアカなので頭打ちなのです。

      従って「ネットで拡散してアカが主導してるのを国民に知らせることが出来れば、十分な気がする」と言う意見は厳しいかと・・・。

      保守層はリアルでの繋がりをもっと大切にし、保守層の中で金が回る「保守経済」を構築する事で資金力を高め、行政への影響力を得る必要があります。

      その為には、先日小坪先生が触れたハロウィンに思う。国旗の数より、クリスマスツリーの数が確実に多い謎の国。に出てきた「楽しそう」と言うキーワードがポイントでしょう。

      最後に、ネットでも出来る事を少し・・・。
      警察に激励や感謝のメールを届ける事です。

  15. ピンバック: 沖縄メディアの断末魔、派遣(覇権)市民の天敵とは何か。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  16. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    体調はいかがですか??
    反日じゃない沖縄県民が安心して暮らせてるといいなと思います

    【サヨク速報】「沖縄を返せ」300人が車道に座り込み 座っていた椅子ごと排除される 神奈川県からの派遣市民も(画像)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/45860626

    新潟県がなんか…

    【サヨク速報】全国大学高専教職員組合(全大教)「新潟大学は軍事研究を禁止することを研究委員会で決議しました」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46787282

    東大が防衛省の協力要請を拒否
    ttp://m.moeruasia.net/article/39001204

    結構前ですが、関連ありますかねぇ…

  17. 名ナシ のコメント:

    沖縄県警の対応に不満があるネット住人は見ましたね。
    沖縄県民の主張を見ると動かないのではなく動けないのだと理解しました。
    例えば辺野古の道路での長い違法駐車の列に駐車違反の切符を切ろうとすると
    周りを囲まれて脅されたようですね。
    今回の機動隊派遣で状況が改善されていく事を願うばかりです。

  18. 成田市民は千葉動労の怖さを覚えていると思いますが・・・ のコメント:

    プロ市民多すぎで、地元民負け気味というのは、成田紛争と同じですねえ。
    機動隊に加えて公安も動員しましょうwww
    V字型滑走路建設反対の旨、より過激な行動に出ると思われます。
    ※パイプ爆弾に注。

    沖縄市民の皆様は、これから左翼過激派の本当の怖さ(正体)を知ることになるでしょう。

  19. toki のコメント:

    警視庁から200名というと少ない気もするが、デモは爺と婆が主体なので、これで十分でしょうね。

  20. のコメント:

    警察より知事が上ですか…
    都民の税金を大量に韓国に流しているハゲに何もできないのもそういう事ですかね…

  21. あいろ のコメント:

    ありがとう。沖縄保守が戦ってきたの部分で
    涙出ました。
    私も、戦ってますぜ、真っただ中の中で
    叩きつけられながら。
    沖縄もそう、組合もそう、、

    沖縄の保守もつらかったと思う
    何やってるんだと批判されて苦しかったと思う
    左派の中で戦うのは、勇気がいるんだよ
    めちゃめちゃわかる。

    とりあえば、よかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です