【拡散】セクハラ暴行疑惑、わかりやすいハイライト画像。メディアは公正な報道をせよ!と思ったらシェア!


 

 

例のセクハラ暴行疑惑であるが、被害者・加害者をハイライト加工し、極めて状況がわかりやすい動画(gif画像)が作成されている。
併せて、本件への政治側の動きを列挙したい。
「報道しない自由」を行使しているメディアには、大きな問題があるように思う。
今回は、国民からの信頼をさらに喪失するのみならず、「国政vsメディア」の構図を、さらに進める影響も視野に入れるべきだ。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12050981_913517108719174_1720775694_o

 

 

 

 

ハイライト加工したgif画像
女性被害者(大沼みずほ参議院議員)と、男性加害者(津田弥太郎)が引き倒している映像を、両名のみをハイライト加工し見やすくしたもの。
某大型掲示板の有志が作成、現在、配布されている。
(注:津田某については、議員としてこの場にいるようには見えないため、意図的に敬称は廃した。)

View post on imgur.com

http://i.imgur.com/G3woGoQ.gif

 

 

 

次世代・幹事長 vs 辻元きよみ
次世代・幹事長 和田政宗
民主・政調会長代理 辻元きよみ
双方ともに公党の役職者であり、舞台はNHKである。

まず口火を切ったのは、次世代だった。
和田議員は、即応でTwitterで状況を発信、これはいかなる報道より速かったように思う。

現場にある当事者、目撃者がそのまま「報道を経由せず」即応で発信できること。
ネットツールの発達を象徴する出来事であった。
以降、ネットでの検証が開始され、産経の報道もあり現在に至る。

さて、その和田議員と、「女性の人権」について強く主張される辻元きよみ議員(民主)がNHKを舞台に激論。
以下は、産経の報道。

次世代幹事長 和田議員 vs 辻元きよみ

 

辻元氏「しっかり調査して対応したい」 次世代・和田氏、民主議員の“セクハラ暴行”糾弾

 「混乱と関係ない場所で無抵抗の女性議員を背後からいきなり引き倒してけがをさせる。人として議会人として女性の人権を守るためにも満身の怒りを持って抗議をしたい」

 次世代の党の和田政宗幹事長は20日のNHK番組で、安全保障関連法案の参院平和安全法制特別委員会採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員が民主党の津田弥太郎参院議員から暴行を受けたとされる問題について、民主党を強く非難した。

 和田氏は同じ番組に出演した民主党の辻元清美政調会長代理に対し「映像が残っており、民主党の議員も近くで見ている。民主党としてどう対処するのか」と追及した。これに対し、辻元氏は「しっかりと調査して対応していきたい」と述べるにとどめた一方、「民主党の議員も足を引っ張られた」と指摘。和田氏は「それは混乱の場所だった」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/150920/plt1509200010-n1.html

 

舞台がNHKである点
NHKは国営報道ではなく公営放送という謎の位置づけであるが、税金が投じられ法論拠を別個にもつ放送媒体だ。
好き嫌いはあるかと思うが、公金が投じられているNHKの電波で、となると重みが異なる。

 

非常に大きな言質
その中で、以下の言質は大きい。
>辻元氏は「しっかりと調査して対応していきたい」と述べるにとどめた
記事においては【とどめた】とあるが、「政調会長代理」という党の役職にある辻元議員が、NHKの電波で【調査して対応】を明言している。
これは大きい。

 

比較できぬ問題
以下は、ひどい言い訳に感じた。
比較できぬ問題であるためだ。

>「民主党の議員も足を引っ張られた」と指摘。
>和田氏は「それは混乱の場所だった」

この点は、和田議員の仰る通りで、委員長席から全く離れた場所である。
今回、紹介したgif画像が全景から入っているのは、この点を主張する意図もあるように思う。
混乱の委員長席周辺であれば、ある程度の混乱(及び怪我)は、あってはならぬことだが想定はできる。

 

問題は場所。
問題は、場所である。混乱の、委員長席周辺ではない。
集団的自衛権の議論において「後方も危険」ということを実証でもしたかったのか。

そして、動画より明らかな悪質性、なにより怪我をさせてしまっている点である。

 

 

 

稲田政調会長(自民) vs 蓮舫(民主代表代行)
つづいて、稲田政調会長と、民主党においては「大臣としても様々なエピソード」を残した蓮舫氏。いまは民主党において「代表代行」を務めている。

後述するが、稲田先生自身が自覚していないようにも感じているのですが、
「政調会長」とはめちゃんこ偉い。
ネットの保守層が想像する以上の破壊力が、実はある。

自民・稲田氏「犯罪行為だ」 民主・蓮舫氏「その話は泥沼になる」

 自民党の稲田朋美政調会長は20日のフジテレビ番組「新報道2001」で、安全保障関連法案の参院平和安全法制特別委員会採決の際、同党の大沼瑞穂参院議員が民主党の津田弥太郎参院議員から暴行を受けたとされる問題について「犯罪行為だ」と民主党の蓮舫代表代行を追及した。対する蓮舫氏は「泥沼になる」などと述べ、話のすり替えに終始した。主なやり取りは次の通り。

 稲田氏「委員長席の混乱だけではなくて、委員の最後列のわが党の大沼瑞穂議員が民主党議員に引き倒されてけがをした。これはまさしく犯罪行為だ。動画で世界中に配信されている。民主主義国家として、法の支配の日本として大変恥ずかしい」

 蓮舫氏「その話は泥沼になる」

 稲田氏「泥沼じゃない。事実だ」

 蓮舫氏「わが党の議員も殴られたり、あるいは私たちの仲間が大きな自民党議員によって、押し倒されてあざができている」

 稲田氏「まったく泥沼じゃない」

 蓮舫氏「参院の現場にいなかったあなたは、女性議員が暴力をふるわれたというのは、どこかで用意した原稿かもしれないが」

 稲田氏「違う。動画で世界に発信されている」

 蓮舫氏「この部分は公党同士で委員の中で検証すべきだと思う」

 稲田氏「しかし世界に発信されている。ユーチューブで。大沼瑞穂さんが民主党議員によって、しかも委員長席とは別の、委員会室の後部で引きずられて、なぎ倒される。これが第1委員会室というまさしく言論の府の象徴ですよね」

 蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引きずり落とされた。それはご存じですか」

 稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱とは違う後部でやられたということを指摘している」

http://www.sankei.com/politics/news/150920/plt1509200026-n1.html

 

蓮舫氏からのメッセージ
どうも拡散が足りず、情報の周知が足りていないため「存在しないことと同義」ゆえ、、、
そういう話をするなら「もうちょっと拡散してからにしませんか?(ふふん)」と言っているように感じました。

ブライトさんになぞらえれば「右舷、弾幕(拡散)うすいよ!何やってんの!」かと。
「もっとやれ!」と言っているのではないか。

 

政調会長の重み
これは一期も務め上げぬ新人市議が言うことではないのでしょうが、稲田先生は「政権与党・自由民主党の政調会長」という役職の重みを(良い意味で)理解されていないように(以前より)感じておりました。

実は、政調会長とは凄まじい権力であり、それは予算への凄まじいまでの影響力であったり、首相へのステップを踏む者という看做され方であったり、ようは「この肩書き」での発言の打撃力を、本人自身が理解されていないように思うのです。

※特記
言い方が難しい。極めてクリーンで好感のもてる、今までにないタイプの政調会長だと感じておりましたが、破壊力を本人自身が理解していないようにも思うのです。

 

業界への影響
どこがどうとは申しませんが、政調会長がここまでの言及をしていること。
蓮舫氏が何を言ったかは「そもそも関係ない」わけで、政調会長がどう思っているかを重視する層は出てくるように思います。
この発言自体の重みは相当なもので、メディアの大事なスポンサーさんをはじめ、「こっちについたほうが得」と動く可能性は否定できません。

メディアにとってのスポンサーとは、企業であります。
そして企業とは、組織全体を群れとみた場合、利益を求め動く、そのような動物に例えることもできます。
そこにトップがいようとも、実は意思決定においては条件反射のように動く場合もある。
あたかも、餌を前にした動物のように。

 

 

 

自民・幹事長の動き
谷垣幹事長も言及しております。
懲罰動議にも言及しており、これは相当に踏み込んだ発言です。
政調会長については前述しましたが、「与党の幹事長」の重みについては説明の必要はないでしょう。
重たい発言です。

 

自民・谷垣氏が民主のセクハラ暴行に激怒、懲罰動議に言及 「節度を欠いている」

 

 自民党の谷垣禎一幹事長は18日夜、大沼瑞穂参院議員(36)が民主党の津田弥太郎参院議員(63)に暴行され指を負傷した問題について「暴力は院内の懲罰権の問題。まずは参院でどう扱われるか議論されるべきだ」と述べ、懲罰動議の提出を視野に対応を検討するべきだとの認識を示した。

 また、「ゲバルト(実力闘争)、物理的な力を行使すれば、言論の府は言論の府ではありえなくなってしまう」とも指摘。「節度を欠いていることの一端が現れているのではないかと、極めて憂慮している」と懸念を示した。国会内で記者団に答えた。

 大沼氏は17日の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案が採決された際、背後にいた津田氏に羽交い締めにされた上、床に投げ飛ばされるなどの暴行を受け、右手の薬指と小指を突き指した。

http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180097-n1.html

 

 

 

男性加害者の声
当事者の言葉を報じることは、「天秤のバランス」をとるためにも必要なことでありましょう。
最後に「津田弥太郎」なる者の声を紹介します。
(注:津田某については、議員としてこの場にいるようには見えないため、意図的に敬称は廃した。)

 

民主・津田氏、「関係ない」と状況説明なし

 

 参院平和安全法制特別委員会で17日行われた安全保障関連法案の採決で、自民党の大沼瑞穂参院議員が後ろから羽交い締めされ、引き倒されるなどの暴行を受けた問題で、暴行したとされる民主党の津田弥太郎参院議員は19日未明、産経新聞の取材に対して「関係ない」と述べ、状況の説明はなかった。

 津田議員とのやりとりは次の通り

 --津田先生、産経新聞ですが、大沼さんの件で…

 「関係ない」

 --関係ない?

 「関係ない」

 --あの…

 「関係ない」

 --大沼さんの言っていることは…

 「関係ない。(記者のICレコーダーを見て)余計なもの出すな」

http://www.sankei.com/politics/news/150919/plt1509190049-n1.html

 

 

 

罪深きは、メディア
委員会室前で繰り広げられた水際阻止作戦、対人地雷のように並び立つ「性差を攻撃手段」に用いる反対派。
連日報道したではないか。

武藤議員は離党し、いまだメディアの玩具である。
太陽光の買い取り価格に対し言及、決断を下そうとした報道が流れてのち、「大臣としての発言前」に小渕優子大臣はどう報じられたのか。

麻生内閣は、カップラーメンでどれほど叩かれたのか。
中山成彬大臣は、日教組に言及しただけで、どんな報道をしたか。

忘れられないのは、中川昭一先生を取り上げた報道だ。
奥様の中川侑子先生は、どう報道で扱われた?

 

赤池まさあき先生応援演説@小坪慎也(行橋市議)
(5分ほどの動画です。)

 

物事には、「良い・悪い」はある。
責められるべきことは、責められるべきだ。
ゆえに上記で挙げた先生方だって、批判の俎上にあがったこと自体を、それ自体を問題にする意図で述べているわけではない。

だが、「良い・悪い」の基準があるのであれば、
その基準は、どちらに対しても公平に適用されるべきだろう。
違うのか?

都議会での発言、塩村都議への野次に対して、メディアはどう報じたか?
今回の、津田某の行動に対し、次世代からは幹事長の発言があり、民主党側からも党の役職者が応じている。
自民の政調会長が動き、幹事長までもが言及している。

「報道する・しない」の動き方が、
「行動による是非の基準」ではなく
「イデオロギー的な部分の好み」
恣意的に運用されているのであれば、
それは極めて問題だ。

 

罪深きはメディアだ。
ある程度の覚悟は、したほうが良いと思う。

谷垣幹事長、稲田政調会長が、動いている。
その意味するところは、誰しもに周知されているということ。
ネットの保守層にではない、自民・公明・次世代、ここに所属する国会議員の多くが、本問題と上記の動画を把握しているということだ。

ここでメディアが動かぬ場合、
国民からの不信はさらに高まるとは思うが、
のみならず、国政vsメディアの構図が創出されることを
メディア側はしっかりと考えたほうがいいように思う。

本件ひとつのみではないが、メディアの異常性を多くの国会議員が疑問に思い始めているように思う。
放送法の改正や、押し紙に斬り込む日も近づくだろう。

そのためには「国民の声」は重要だ。
私たちは、何をなすべきか。
難しいことではない、素直に思いを述べ、声を挙げること。
専門知識を必要とした凄いことが求められるのではなく、「国民として普通の疑問」を、声として挙げるのみだ。

 

 

有権者に歪めて情報を出すことは、民主主義の根幹を覆す。

 

イデオロギーに拠る選択は、政治介入だ!

 

メディアは、公正な報道をせよ!

 

津田某に関する動画を、茶の間に流せ!

 

しっかり報じよ!

 

賛同者は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

関連
【裁かれるべきと思ったらシェア】検証・津田(民主)参議院議員のセクハラ暴行について

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】セクハラ暴行疑惑、わかりやすいハイライト画像。メディアは公正な報道をせよ!と思ったらシェア! への31件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】セクハラ暴行疑惑、わかりやすいハイライト画像。メディアは公正な報道をせよ!と思ったらシェア! 例のセクハラ暴行疑惑であるが、被害者・加害者をハイライト加工し、極めて状況がわかりやすい動画(gif画

  2. 放浪者 のコメント:

    津田はjamの組織内候補。選挙らしい選挙活動もせず労組の組織票だけで参議院の比例当選をし参議院議員になった。議員に特に執着もしないだろうし、議員を辞めてもまた議員より高給な労組の幹部に収まるだけだからなあ。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E5%BC%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E

  3. 生野区民 2 のコメント:

    日本にある自称マスコミって何だろう?
    産経新聞以外は全然マスコミの価値がない
    産経でも海外報道は、極左共同通信が元になってるから信用できないし
    ネットだけで十分、マスゴミの腐り具合には呆れるばかりだ

  4. 生野民 2 のコメント:

    民主党相関図
    >http://qq1q.biz/o4C7

  5. 生野民 2 のコメント:

    民主党枝野の寝言
    >http://qq1q.biz/o4CH
    それとユーチューブの動画が民主党の圧力で、削除されてますね
    ニコ動では良くあるんだが、必死の隠蔽工作を行ってる模様

  6. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    国会が掻き乱されている内に、子供への悪影響が…

    小学校での洗脳教育が恐すぎる(‘A`)「集団的自衛権で兵隊として戦争に行かなければならないかも」
    ttp://m.moeruasia.net/article/45471050

    あと、九州で何かが進行しているかもしれません、何の法か知りませんが、コメント欄にある「法の抜け穴の利用で入国」が本当に行われてるなら、市議も気をつけて下さい

    『中国人だけど中国に馴染めない』と”日本に逃げ込む中国人”が急増。のんびりとした日本で生活を送る
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50468255
    (コメント抜粋)
    九州に中国人自治区が成立させると中国人が法律の抜け穴を悪用して大勢の中国人が続々と日本に入国している事からして、これもその一環と考えられる。
    (略)
    全ての中国人民は動員令が出れば、現地で暴れる戦闘員となる。
    ある程度の数がまとまった頃には、日本人にはどうにも出来ない状況になっているだろう。
    名無しさん
    15.09.20 18:32

    • スレチキジコピ@失礼します のコメント:

      難民に関して

      ヨーロッパ最大の危機。日本ではあまり報道されないヨーロッパの難民問題に関する10の事実
      ttp://karapaia.m.livedoor.biz/article/52201104

      昔、実際に行われた人体実験(注※このサイトは捏造検証などはしない為、今では捏造確定の731が入っており、また、これ系の記事や日本メイン記事のコメント欄には、日本下げ&反日が多いです)

      歴史上残忍な10の人体実験
      ttp://karapaia.m.livedoor.biz/article/52154124

  7. 左のち右 のコメント:

    いつも拝見しております。

    とても素晴らしい内容なのですが、「辻元」が「辻本」になっております。
    せっかくの内容が信用おけないものになってしまいますので修正された方が宜しいかと思います。

    これからも必要な情報をたくさん発信してください。
    期待しております。

    • 小坪しんや のコメント:

      左のち右様

      コメントありがとうございます。
      修正させて頂きました。

  8. 山形賢一 のコメント:

    報道しない自由。

    山形県民ですが、事件発生から地元テレビでは報道されて無いように思います。ただ、週末から連休に入り通常の地元テレビのニュース番組が無く、全国放送が流れているからかもしれません。

    我が家は読売新聞を購読しておりますが、県内ページは2ページにすぎません。再度確認しましたが、この事件の記事は載っていませんでした。
    地元の山形新聞なら詳しく!掲載されているのかもしれませんが・・・

    地元選出の議員に対する暴行事件ながら、県内メディアが報道しないとなるとメディアは必要有りませんね!

  9. 桃太郎 のコメント:

    大沼議員のFacebookが左翼どもでひどいことになっているようですね。
    本当に狂ってるとしか言いようがありません。
    大沼議員は皇后様の遠戚でお父様は弁護士さんという情報もありますが、間違っていたらすみません。
    お父様が弁護士さんでしたら法的にも詳しいでしょうから議員自身が行動を起こされてもいいのでは?あまりにお気の毒です。
    今は自民党幹部に委ねていらっしゃるのかもしれませんが、、、

  10. 一郎鈴木 のコメント:

    心は中国・韓国・北朝鮮に在り、日本人の仮面を被った帰化人や反日議員が国政で反日活動を行う。
    反日的な在日の職員が多いマスコミは、特定政党に肩入れして反日活動を煽る(報道しない自由も行使する)。
    反日マスコミは、反日的な芸能人を巻き込む。

    支那の言葉に「超限戦」というのがあるようですが、朝日・毎日等のマスコミにより日本は蝕まれているように見えます。

    どうしたら、ドカンと一泡ふかせられるのだろうか・・・

  11. june のコメント:

    前日の暴行動画の検証についてですが
    新しく出てきた動画をみると吉川議員が手を引き、大沼議員が立ち上がって
    逃げようとしているのを津田議員がさらに引き返して、それから投げ飛ばして
    いるように見えます。

    もう一度、新しい証拠材料も含めて検証してもらえないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    吉川議員が引っ張って助けようとしているGIF (約4MB)
    http://i.imgur.com/srS8yiO.gif

    • sinobu hattori のコメント:

      こちらのgif動画、拡散したいので、
      ―――――――――――――――――――――――――――
      吉川議員が手を引き、大沼議員が立ち上がって
      逃げようとしているのを津田議員がさらに引き返して、
      それから投げ飛ばしているように見えます。
      ―――――――――――――――――――――――――――
      こちらの検証の文と共に、
      FBにてシェアさせて頂きます。

      よろしくお願い致します。

      因みに、官邸HP、各所には、
      検証の材料として、ご連絡致しました。

  12. たろう のコメント:

    動画を見ると女性議員のヒールの踵がテコの支点となって 一気に倒れこんだ感じですね その前に民主は女性議員を使って盾をつくって妨害してたわけで 民主のやることは矛盾だらけです

  13. june のコメント:

    続けて申し訳ありません
    分かりやすい画像があったので貼らせてください。

    http://i.imgur.com/muELzqk.jpg

    http://i.imgur.com/MqI6xnK.jpg

  14. 名ナシ のコメント:

    静岡新聞は一切ありません。
    県外の記事は時事と共同の記事ですから当然のことですね。
    今もって安保法制批判の記事やら国会前のデモが国民の意思だ
    とか左方向にぶっ飛んだ記事ばかりです。
    一番はNHKにメスを入れる事なんでしょうが国民の機運なんですね。
    民主党の暴力行為は断じて許せません。

  15. 七子 のコメント:

    あまりに鮮明な画像で本当にビックリしました。で、あの男はあんなことしながら「関係ない、関係ない」と言ったわけですね。なるほど。

    カップ麺のこと書かれていましたが、麻生さんにカップ麺の値段を質問したのは、あのテーブルに上り鴻池委員長めがけて突進を試みていた牧山ですってね。引き止められて当たり前ではないですか?ひっくり返るパフォマンスをやって見せた三宅雪子というのもいましたね。

    吉本のずっこけ新喜劇の方が議員なさるより向いている先生方なんですね。

  16. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    七子さまが既におっしゃられているように、私もあまりにも鮮明な画像なのであらためておどろきました。そして、ハイライト処理されているので、非常に状況の把握もわかりやすいです。本当にネットのおかげですね、もし、少し前なら、日本国民のほとんどがこのような映像に触れることはできなかったでしょうから・・・

    津田某は、朝鮮系の帰化人という情報もあります。是非、ご本名で堂々と今回の件についてご発言をお願いしたい!とおもいます。

    ですので、粛々と拡散!拡散!拡散!をいたします。

  17. araigumanooyaji のコメント:

    “有権者に歪めて情報を出すことは、民主主義の根幹を覆す。 イデオロギーに拠る選択は、政治介入だ! メディアは、公正な報道をせよ! 津田某に関する動画を、茶の間に流せ! しっかり報じよ!”

  18. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     ところで,所謂スレチかもしれませんが,小坪議員をはじめ保守系議員の多くは,仮令遠隔地であっても関東地方の茨城県常総市をはじめとする下総国北西部乃至常陸国南西部の鬼怒川越水等による氾濫災害についてお見舞い等について,連日に亘り触れられました。
     しかし,ひと・いのち・くらし又は弱者救済若しくは人権啓発を謳う左翼系議員,特に共産党・世界暴力革命派及び社会民主党・社青同解放派の議員は,栃木県又は茨城県近隣であっても,そして現在防災キャンペーンのシーズン真只中であってもなお,例えば救急車妨害事件で有名な足立区議会議員連中も,誰一人として被災者へのお見舞いには触れず,挙句,地元の安全のためと称して第二坂東太郎の河川敷での消防訓練に参加し,これを大々的に自身のウェブサイトで取り上げ,あとは例の如く,安保反対安保反対安保反対安保反対の連呼であります。
     そして,社会民主党・社青同解放派の某八王子市議会議員も,関東地方在住にして,常総市で多くの人様がお亡くなりになっているその時に,その方々への追悼等の言葉には一切触れず,なななななんと,自身の飼い犬一頭の昏睡状態について度々長々と述べるに留まっていたのです。
     なんて奴だ!!!!ひとさま=「人様」大勢であっても,その方々が見ず知らずのひとさま=「他人様」であれば自身にとってはどうでもよく,仮令動物一頭でも,自身のことの方が遥かに大事なのが反日左翼議員,と言うことが証明されたのです。
     いのちいのちだの連呼しようとも,結局は,単なる自己中心的人物なのであって,公共の福祉への寄与など,甚だどうでもよい連中なのです。
     だから,他人様から嫌われまくっても職を失うことのない一般行政職とは対極に位置し,投票で身分を得る議員職で,本当に自己犠牲(生活費の正義の活動費への捻出及び次期選挙落選へのリスクの甘受)の下,公共の福祉への寄与を貫徹なさっているのは,わたくしが知る限り,小坪議員しかいらっしゃらない,と何度も繰り返しているのです。
     結局,半島星人の人たちは,むしろ日本人の不幸が楽しくて楽しくて堪らんのでしょうが,安保法案可決を受け,彼らの悔しがる様態もまた,我々にとっては甚だメシウマ状態であり,至高のひと時であり,珠玉の生甲斐を感ずるものでございます。
     可決,おめでとうございます。
     そして,被災地におかれましても,一日も早い復旧を祈念いたします。

  19. 助さん、拡散 のコメント:

    凄い時代になったものです。津田某の犯罪行為がより鮮明になって浮上しましたね。それと、国民の側がメデイアを検証する流れになってきました。報道しない自由などと嘯いていた、どこかの新聞屋諸君、潮目が変わったとはこういう状態、変化を指すのではないかい?ここは日本だ、そして小坪議員や大沼議員の後ろには日本国民がついているのだ。
    今回の事件は決して頬かむりしては通さんぞ。国民のみなさん、津田弥太郎、津田弥太郎の蛮行、狼藉をお見逃し無く!

  20. ふぃくさー のコメント:

    拉致そのものですね。許せん! 政調会長・幹事長が動いたとあっては裏取引で穏便に済ますこともできないでしょうし、安倍さんも怒り心頭でしょう。
    加えて共産党の国民連合政府発言。内乱罪にまでつながる可能性がありそうです。いよいよハードランディングが現実味を帯びてきた気がします。

    • ふぃくさー のコメント:

      自己レスです。
      改めてハイライトgifを見てみました。
      明らかに故意に執拗に引っ張っていますが、1点だけ腑に落ちない点が・・・・

      記事でも各サイトのコメントでも、みんなが「投げ倒した」って書いてますけど、私にはどうもそうは見えないんですよね。
      猛烈な勢いで後方へ引っ張っているのは確かなんですが、

      津田に引っ張られている途中で大沼議員がそのスピードについていけずにモーメントが働いて倒れた(=足元はそのままの位置にあるのに上体だけ引っ張られて倒れた)。そしてそれに引きずられて津田も倒れた。

      どうもこういう感じに見えるんですが私だけでしょうか?
      津田を擁護するつもりは全くありませんが、責める側でも正確でありたいと感じたままを記しました。

      —–
      ※スピードについていけずに倒れた
       この点は、拉致に抵抗するために敢えて足を出さなかったとも考えられますが可能性は低いと思います。足を止めてその場に留まろうとしたとしても腕力の差には抗えず物理的に引っ張られてしまうのは当然です。この場合、留まろうとする意志よりも倒れてしまう恐怖の方が大きく咄嗟に足が出てしまうことでしょう。そしてその足の出し方は小股の小走り状態だと推察され、猛烈な勢いで引っ張られた場合のスピードについていけなかったと考えます。結果、上半身と下半身のバランスが崩れて倒れてしまったのではないかと。
      —–

  21. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     動物同士にしても,茨城県猿島郡境町の牛舎におかれましては,自身の命よりも大切にし,実の息子の如く相当程度溺愛して育てに育て切った,人様以上に可愛い牛が,それも一頭ではなく,二百頭も溺死されてしまいました。
     まして,老衰の如く眠るように亡くなるのではなく,意識清明の状態で散々もがき苦しみ抜いた末での死なので,大きく口を開き,白目をむいていて,直視困難な程に,甚だグロテスクな様態であったそうです。
     そもそも,これをご覧になる行政職の方がいらっしゃればお分かりでしょうが,東日本大震災の際に有名なお話がございます。
     これは,関東地方も含む相当程度広範囲の地域で,多くの地方公共団体の常勤職員=一般行政職に共通して散見されていた様態でございます。
     当該行政職さんは,皆,要介護の高齢たる母堂と同居なさっていて,震災時,当然に,民間企業社員であれば即帰宅命令なのに対し,逆に役所勤務の行政職は超過勤務命令が下され帰宅は絶対に許されず,親族との安否の連絡すら認められませんでした。
     暫く携帯電話等の通信機器は麻痺していたものの,夜には漸く若干回復し,当該行政職さんの携帯電話に日中のタイムスタンプから幾度にもわたる当該母堂からの着信履歴が遅延して怒涛の如く殺到。
     それでも,心を鬼にして断腸の思いで当該着信を無視貫徹してでも,安否の連絡すら入れぬまま,職務専念義務を貫徹。
     市役所庁舎(即座に避難所としての機能に転嫁)付近における住民の方々の誘導等に時間を費やす。
     わたくしが今までくどくど繰り返してきた通り,真の意味で自己犠牲たる公共の福祉への寄与を貫徹できるのは,むしろ人気投票の議員職ではなく,圧倒的な身分保障をされ,もともと自己犠牲を好む人種が採用される一般行政職なのです。
     実のところ,行政職採用試験において,合否には関係ないと言われる心理学適性検査も当該合否に諸影響し,先述のような自己犠牲を好む度合いを測定しているのです。
     また,能力(IQ)検査と名目上称されているクレペリン併用適性検査又はNCR試験(事務処理能力適性検査)も,自己中心的人物を排除するためのカラクリであります。
     だから,他人様から嫌われまくっても職を失うことのない一般行政職とは対極に位置し,投票で身分を得る議員職で,本当に自己犠牲(生活費の正義の活動費への捻出及び次期選挙落選へのリスクの甘受)の下,公共の福祉への寄与を貫徹なさっているのは,わたくしが知る限り,小坪議員しかいらっしゃらない,と何度も繰り返しているのです。

  22. 関西太郎 のコメント:

    今回の「羽交い絞めして投げ倒した事件」の取り扱いの小ささに、日本人として危機感
    を覚えます。
    もし羽交い絞めにした人間が自民党議員だったら、ここまでメディアは沈黙を保っては
    いなかったでしょうし。

    更にTBSが中国の抗日活動を松嶋菜々子主演でドラマ化するなどして、昨今のメディアの在り方
    には疑問を感じます。
    表現や思想信条の自由は絶対に認められなければいけない物ですが、公共の電波を使って
    偽りの歴史やら、国益を損なう様な宣伝するのは許されていいのでしょうか。
    同時に、国民が知るべき情報を意図的に流さない「報道しない自由」を許しておくことは、
    国民の知る権利を阻害してる事にも繋がりかねません。
    インターネットをされない世代の方々には、あらゆる真実を知る術がありません。

    先日、安保法案について国民にアンケートしてる番組がありました。
    その中でお婆さんが「法案の内容がよく分からないから、テレビや新聞を何度も何度も
    見返して理解しようとした」と語った後、「やっぱり戦争はいけませんよ」と安倍政権を
    批判していた。
    いまだにテレビや新聞が嘘を言わないと思い込んでる方が居られるのが事実です。

    テレビで最も厄介なのが捏造・偏向報道よりも、伝えるべき情報を伝えない事だと
    おもいます。
    例えば、安倍総理がゴルフに行ってる事を何度も放送する局がありますが、
    安倍総理が被災地を何度も訪問してる事は一切報じません。
    先日、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長が来日しましたが、
    それを大々的に報じてる局は見受けられませんでした。
    外国のお客様の事を報じるより、シールズの若者を報じるのを優先したのです。
    更には洪水で被害にあった地域に在日米軍が救援活動をしてる事も、1ミリとして
    テレビで報じられてはいないでしょう。
    沖縄の基地問題でも、基地容認派の声は殆ど報じられず、反対派の中に非日本人が
    多数紛れ込んでる事実も伝えない。
    9条があるから平和だと言う幻想を打ち砕く数々の真実もテレビで流れる事はない
    のでしょう。
    この様な状況では、安保法案に理解を示す土壌が形成される訳がない。
    そしてこの期に及んで、いまだに在日朝鮮人の犯罪において、通名報道してる
    局があります。
    NHKやTBSです。
    TBSはともかく、NHKは異常です。
    こんな腐った局に税金を使わないでほしいです。

    テレビにおいては完全に中立公正の立場を貫かねばならないと思っております。
    最近の報道ステーションを見ると、安保法案に賛成の声も流すようになりました。
    しかしよく見ると、賛成派の声はごく少数で、反対派の声の数が凄まじいほどに多い。
    ついでに番組コメンテーターは反対派でガッチリ固めている(ショーン氏のスタンスは
    ちょっとよくわかりませんけど)。
    これが中立で公平公正かと言われると、疑問符が付きます。
    単に「当番組は両者の意見を取り扱ってる」という既成事実を作り、保険をしてる様に
    しか見えない。
    この様な偏った流れを変えるにはどうしたらいいのでしょう。
    政治にも法律にも無知な僕には、放送法の改正を望むしかないのではと感じます。

    歴史系のドラマを放送する際、定まった定説がないシーンを描くには、例えば
    「このシーンには他にもこういう説があり、今回放送した内容が絶対的な真実とは
    限りません」という注釈を入れる事を完全義務化するなどしてほしい物です。
    報道に関しては、賛否の分かれる事象を報じる際は、必ず両者の意見を、
    質・量ともに完全に平等に報じなければならないという事は現行でも書かれてると
    思いますが、これらを完全義務化して、違反した場合は第三者委員会を組織した上で
    厳罰に及ぶ可能性を付け加えてほしい物です。

    また、根拠もない情報を報道し、後で誤りが発覚した際、一言謝罪すれば済んでしまう
    と言う今のメディアの危機管理の無さも追求すべきです。
    謝りさえすればどんな誤報(又は悪意を持った捏造)も許されるのなら、
    朝日の慰安婦捏造記事の様に、ローリスクハイリターンの「言ったもの勝ち」状態が
    メディアにはある事になります。
    誤った情報を伝えた場合は、その局が持つ報道番組の全てにおいて(5分程度の 物も含め)、
    その訂正と謝罪を最低1週間は放送する義務を負わせるべきだろう。
    きちんと確認して真実を報道する姿勢があるのなら、間違える事なんてないはずですから、
    問題ないはずです。

    「表現の自由を犯すのか!?」という決まり文句を言われないよう、単純に「報じるべき
    情報の多角化」を義務付けるべきだという事。
    政権与党側がこの様な事をすると、安倍政権は独裁だ!等と言われるのは間違いないため、
    志ある野党(次世代など)が、この問題を大きくしていってほしい物です。

  23. 湖青 のコメント:

    小坪先生

    ブログのアップ有り難うございます。
    もし仮にこれが逆の場合(自民党議員が民主党の女性議員を倒してしまった)であったなら、枝野幹事長をはじめとする面々はどのような激しくきつい言葉で厳しい非難をしたことでしょう。民主党幹部・議員を見ていると、言葉遣いなどもそうなのですが、いかなるときにも「闘争的な姿勢」に見えてしまします。労組などなど・・が支援母体であることも理由の一つなのでしょうが、「敵を作りそれを倒す・味方はとことん庇う」といったやり方には国民も飽き飽きしているのではないかと思います。ネット時代の現代、この事件を知る人は多いでしょうし、日曜のNHKなどの番組で触れられたこともあり、流石にだんまりを決め込むことは民主党にも不可能ではないかと思います。連休明けの自民党の対応も注目ですし、重ねてこの件が何故もっとメディアで放送されないのかとそのあり方に憤りを感じます。

  24. 関西太郎 のコメント:

    大塚耕平参議院議員の恫喝シーンがツイッターで流れてました。
    民主党というか、サヨクって理想論と感情論だけでなく、暴力や威圧的行動も基本原理なんですよね。
    https://twitter.com/bloodymoon88/status/645907209134673920

    帰化した国家議員も民主党には沢山います。
    帰化して僅か2か月で 新宿区議に立候補した中国人も居ましたっけ。
    中国が号令を出したら、日本中でパニックが起きそう。
    https://twitter.com/kunisuzu3n1970/status/645231018304139265

    TBS NEWS23・岸井氏「メディアとして安保法案廃案を訴え続けるべき」。
    もはや彼らに倫理などない。
    https://twitter.com/mFOLFOX6/status/645027293623005185

  25. tugetoshi のコメント:

    えー。今上天皇陛下も憲法を守っての平和をいつも祈念しております。

    島国根性を捨て、きちんとした他民族共生国家に生まれ変わりませんか?

    別にマスコミが云々より、自分の目線が狂ってるんだなあと皆さんも気づくべきです。

    • coco のコメント:

      >きちんとした他民族国家に生まれ変わりませんか?
      お断りします!

      他(多?)民族国家で暮らしたければ、どうぞ、そういう国に移住されては如何ですか?

      日本のような自然災害の多発する国で、道徳観を共有できない民族が多数混入すると秩序が保てず危険です。
      東日本大震災の時、秩序正しく行動する被災者の方々を見た外国人が絶賛されていました。 このような状況下で暴動が起きないなんて信じられない!むしろ、被災者通しで譲り合い、助け合う姿に「日本以外ではあり得ないことだ!」と。
      外国人らしき窃盗団が暗躍しているのも鬼怒川被災地にはじまったことではありません。
      言語・生活習慣・宗教・価値観も、欧米や他の国々とは全く異なる日本で、外国人が暮らしていけるほど日本の自然環境は優しくありません。

      移民を受け入れた国々の治安が悪化し、移民によって自国の文化が崩壊の危機に瀕している現状からも安易な移民受け入れには絶対に反対です。

      思想信条の自由が認められた国ですので、移民に反対すれば島国根性などという、人を見下すような発暴言は慎まれたほうがよろしいのではありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です