【裁かれるべきと思ったらシェア】検証・津田(民主)参議院議員のセクハラ暴行について


 

 

自民の、若い女性参議院議員(30代)にセクハラ暴行を働いた件について検証する。
私の結論としては、ギルティである。

反証可能性(英: Falsifiability)とは、科学哲学で用いられる用語であるが、本手法を用いて検証していく。
加害者側に有利な状況で推論を行い、その上で「それでもダメでしょ」という流れだ。
私の結論としては「故意ではなかった」と考えているが、その場合でもセクハラ暴行は成立し、裁かれるべきだと考えている。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
sekuhara

 

 

 

反証可能性(英: Falsifiability)とは、科学哲学で用いられる用語であるが、本手法を用いて検証していくことで、私なりの結論を述べさせて頂きたい。

 

報道の紹介
ご覧になった方も多いかと思うが、まずもって報道をご覧頂きたい。
見るに堪えないひどい行為である。

「私を羽交い締めにして引き倒し…」 自民女性議員が民主議員の“セクハラ暴行”を激白!

 17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。

 大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる可能性は少ない。大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。

 大沼氏によると、参院第1委員会室で採決が行われた際、委員席の間の通路に立っていた。すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばしたという。

 大沼氏は右手をついた際、薬指と小指を突き指した。すでに医師の治療を受け、診断書も作成してもらったという。

 自民党執行部は、事態を重く見て、津田氏の告訴を含めて対応を検討している。

 一方、産経新聞社は津田氏に取材を申し込んだが、18日午後4時までに回答しなかった。

http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180076-n1.html

 

 

 

科学哲学的手法による検証
冒頭に述べておくが、検証過程においては、加害者である津田参議院議員(民主)寄りの目線で論理構成を行う。
反証可能性を手法として選択するためだ。

用語:反証可能性
反証可能性(はんしょうかのうせい、英: Falsifiability)とは、科学哲学で使われる用語で、検証されようとしている仮説が実験や観察によって反証される可能性があることを意味する。

(wikipedia:反証可能性)

 

争われそうな点を列挙する。
・過失であるという主張
・セクハラではないという主張

大きく分けて上記が争われるであろう点だ。
これを「相手の立場にたって」論じた上で、その想定問答を論破する形態をとる。
(仮に加害者側に都合のよい状況であっとしても、無駄ですよ、という検証方法をしている。)

 

状況を整理する。
後方に引き倒されており、実際に30代の若い女性議員は怪我をしている。
相当なスピードであった。(この点は後半において重要な意味を持つ。)
よって、怪我をしたか否かが争われることはないだろう。

また「突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばした」とある。

この部分はインタビューによるものであると認識することが妥当であると考えており、被害者の証言と看做すことができるだろう。
以降、被害者側の証言として取り扱う。

 

検証する。
暴行(故意)、過失致傷(過失)なのか。
またセクハラは成立するのか。
この点を、状況を「加害者有利」にシミュレートした上で、検証していく。

実際の状況・動画)

 

 

 

「過失」と仮定して推論する
冒頭で述べておくが、過失であろうと傷害は成立する。
その上で、故意か過失か、加害者側の目線にたてば最大の争点となるのはこの点だろう。
実際、これは過失の可能性は高い。

過失の可能性も、私は排除はしない。
以下において、「過失」である場合の推論を行う。

 

状況1 加害者と被害者の位置関係
①加害者(民主男性議員)は「前に出よう」としており、
②下がろうとした被害者(女性議員)が移動の【邪魔】であったため、力任せに動かそうとした。
(動画からも上記は否定されない。)

 

状況2 勢いがつく。
よって以下の事象が起きた。
下がろうとする被害者を、前に出たい加害者が後方から引っ張ったため、④勢いが着きすぎた。

原理としては合気道のような状態。
「動かない」と思って引っ張ったところ、そのタイミングで後方に下がったため、肩透かしをくらったような状況になる。

 

状況3 支えきれずに加速
結果、それなりの年齢である加害者は、⑤支えきれずに後方に加速してしまう。

加害者が武道の有段者という指摘もネットではされているが、あの年齢では、相手が女性であってもを支えることは難しい。
考えて頂きたい、質量40~50kg程度の物質Aを、双方が後方に下がりつつ支えきるだけの筋肉量は相当なものだ。もうすぐ前期高齢者となる60代男性が有しているとは考えにくい。
しかも足場が不安定な状況である。

実際の状況・動画)
もう一度、ご覧いただきたい。

[/su_box]

移動速度から考えて、こちらのほうが実態であろう。
この流れであれば、過失との主張は成立し、私自身も「過失であった」可能性を排除しない。
結論になるが、刑法で言うところの「過失致傷」だろう。

 

 

 

後方移動中と、もみもみ状態について
前述の流れ、状況1、2、3の続きをシミュレートしてみた。
私の結論になるが、セクハラ暴行も成立すると考えている。
重要なのは、後方移動が高速であった点のみならず、「両脇に腕が通されていた」という被害者証言である。

検証方法としては、一人で枕を抱え、後方に倒れ込んでみた。
不安定な体制で後方に倒れた場合の動きについて、各種の体制をシミュレートした。

 

状況4 加速度的後方移動と転倒
⑥加害者は、引っ張った女性被害者ともども後方に移動を開始。
⑦勢いはさらにつき、徐々に速度が上昇する。
⑦足がもつれ、速度に対応できなくなった際に後方に転倒。

 

状況5 両脇の下に腕を入れたタイミング
この際、被害者の証言には「両脇の下に腕を入れられ、」とあるため
後方移動中において、すでに脇の下に腕が入っていた可能性が高い。
(これは故意ではないとは考えている。)

転倒後に両腕を、脇の下に挿入することは難易度が高い。
加害者自身も転倒中の状況である。

また後方移動の速度が加速度的に上昇したのは、腕を自由に動かすことができずバランスをとることができなかったからではないか。重心を前方に移すこともできず、後方に倒れて行った可能性が高い。

後方移動中に(脇でロックされ)両腕の自由がなく、⑧腕を振り回すことで体制の安定を整えることができなかった可能性がある。よって⑨後方移動中に、両脇の下に腕が挿入されていたと推定する。

 

状況6 反射的にしがみつく
この際、両腕が脇の下にロックされているため、後方移動中においては腕の自由はない。
不安定な体制で、転倒が予期される中、後ろに手を着くこともできない。

⑩転倒が想定された時点で、反射的に何かにしがみつく。
これは条件反射であって、故意によるものではない。

 

状況7 転倒時に腕の自由がない。
ただ、脇の下から手を回せば、そこは胸部なわけで、この流れでは、⑪結果的にもみもみ状態であったことも想定はされるべきだろう。

条件反射とは恐ろしいもので、特に後方に転倒する際、実際にやってみたが、手がつけないのはかなりの恐怖があった。
(これを枕にしがみついて何度も検証した。)

はっきり言えば、「しっかり」「がっしり」である。
クッションを敷いていてもかなり怖い。

 

状況8 もみもみ状態
両脇の下に腕を通している以上、そこには胸部しかないわけで、その状態でしがみついた以上、そうならざるを得ない。
ふざけて書いたわけではないが、状況を伝える最も適切な文言として「もみもみ状態」とした。

まー、わざとではないとは言え、わしわし行ったと思う。
実際、反射的にそうなるだろう。

 

故意でなかったとしても、自らの意思で後方に引っ張り、物理的に女性を引き倒している以上、セクハラについても冤罪とばかりは言えないように思う。

 

 

 

セクハラ暴行は成立するか。
状況4、5、6、7の続きをシミュレートしてみた。
私の結論になるが、セクハラ暴行も成立すると考える立場だ。

嫌な気分である。
故意ではないとは言え、女性としてはわしわしされては良い気分はしない。
しかも衆人環視の中、白昼堂々の出来事である。
相手が恋人であったとしても、嫌なであろう。
さらに年齢が離れすぎている。
ショックを受けるのが当然だ。

被害女性が、⑫性的なハラスメントを受け(成立している)
⑬嫌な思いをしている以上(インタビューの内容より明らか)、ここでアウトである。
故意でなくとも、仮に事故であったとしても厳しいだろう。

 

すぐに必要だったこと
すぐに必要だったことがある。
即座に謝罪すべきであった。

その上で、状況の説明。
前に出ようとした際、足がもつれて引き摺り倒してしまった。
体力的に支えきれず誠に申し訳ない、と述べる。

さらに、しがみついてしまって大変、情けない。
この時点で、婉曲的に、もみもみ状態を詫びる。

当然のこととして、「どこかお怪我はありませんか?」と問い、医務室などに連れていくべきだった。

この過程を踏んでおれば、何の問題にもならぬとは言わないが、
このような「セクハラ暴行」とは言われなかっただろう。

突き指をさせているため、後日、お見舞いとして菓子折りでも持っていく未来もあったはずだ。
また、医療費などがかかった場合、後は保険屋の領域であろう。

では、実際はどうだったか。
これが最低の対応だったのである。
ゆえに「セクハラ暴行」は成立してしまった、と考える。

 

状況9
⑯女性は怒りに震え、その足でその場を後にしている。
突き指だけではなく、転倒により体中が痛いはずだ。
また、もみもみ状態(身体の密着)と(恐らくは)わしわしによりショックを受けていたはずである。

ここで被害女性が現場を去った時点で、この話はフォローが不可能な案件となった。

 

状況8
状況8、9の順序を入れ替えて書いている。
後方に転倒時、両脇に腕を通し、しがみついているため、⑭加害男性は、被害女性を抱え込む形になっているはずだ。

以下の被害者証言をもう一度、お読み頂きたい。
「津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばしたという。」

恐らく、加害者男性は、⑮女性を抱え込んでいることに驚き
「びっくりして投げ飛ばした」のだろう。
まぁ、私でも焦るし、実際、「なんじゃこりゃー」と放り投げる可能性は否定できない。

結果、怒る。
まぁ、私がやられても怒る。

 

記者の配慮と、被害女性の精神的ショック
余談になるが、「膝の上」という言葉を使ったのは、記者側の配慮だと考える。

何十回も倒れ込んだだけであるが、シミュレートの結果、膝の上に落下することは相当に難しいことがわかった。
実際は股関節あたりか、腰の上、または腹部となるはずで、万が一それが膝の上であれば、重量が一点に集中しさらに重たい怪我をした危険性がある。

ではなぜ、「膝の上」という言葉が選択されたのか。
「腰の上」や「腹の上」を用いると、言葉の持つ語感が全く別の意味となるためだ。

このような配慮が見受けられる点から、⑰被害女性は相当な精神的ショックを受けていたことが想像できる。記者が気を付けてインタビューしている状況を読み取ることができるだろう。
記者の技術が光るが、「被害女性の精神的ショック」を示す一文であろう。

 

 

 

セクハラ暴行は成立する。
加害者側にできる限り有利な状況を想定したが、上記が全て成立したとして、結果として「故意ではなかった」とされたとしても、セクハラ暴行は成立するだろう。

相手が嫌であったか否かが重要であって、
故意であるか、過失であるかは余り意味がないからだ。

白昼堂々、衆人環視の中で、もみもみ状態となれば
当然、相手は精神的ショックを受ける。
その後の対応が最悪で、(驚いてのことであろうと)投げ飛ばしてしまう。

即座に女性は去ってしまい、謝罪する機会を喪失した。
報道も出て、谷垣さんまでコメントをした以上、すでに示談も難しい。

それ以前の話として、例えば駅などで同じ状況が創出された場合、逮捕されるのが普通である。
仮に、その場で謝罪し、相手が許してくれたなら別であるが。。。

考えて頂きたい。
駅などの階段において、自身の移動の邪魔であるゆえ、女性に手をかけて後方に引っ張ったとしよう。
行動の起点は加害者にある。

結果、女性ともども体がもつれて転倒。
身体が密着し、もみもみ状態になった。
驚いた加害者は、被害女性を自身の上から投げ飛ばす。

謝罪もせず、女性が去ったとして、警察に通報された・・・。
この場合、過失致傷は確実に成立すると思うが、「セクハラ暴行」と告発されても仕方ないと考える。

痴漢冤罪による人生喪失など、セクハラセクハラと連呼する風潮も如何なものかと思う。
ただし、これがセクハラ暴行でないなら、何がセクハラなのか定義を教えて頂きたい。
フォローは不可能だ。

 

web上では暴行(故意)という流れで炎上中であるが
実は、私は本心から過失であったと考えている。
10分ほど枕にしがみついて倒れ込んでみるとよくわかるだろう。
その上で、セクハラ暴行は成立するというスタンスだ。

 

とは言え、問題はセクハラのみではない。
言論の府で、このような形で怪我人を出したことが、情けなくて仕方ない。
政治家とは理論武装と政策で戦うものだと思っていたが、どうも接近戦の物理攻撃で戦う場合もあるようだ。

共産党と私ですら、こんなことはしない。
武道なども治める必要があり、公認の条件に「身体が頑強で、武道有段者であること」なども加えるべきか。

 

国会は、ほどなく閉会する。
不逮捕特権はなくなるため、普通に警察に行くような話かもしれない。

懲罰委員会が参議院にもあるため、そちらの判断にゆだねるが、無罪放免とはいかないだろう。
また、そうあるべきだと考えている。

 

 

言論の府で、怪我人が出たことが

 

情けなくてたまらない。

 

民主議員の「事後対応」は最悪で

 

被害女性がショックを受けるのは当然である。

 

このような流れで傷害を加えたことに対しては

 

懲罰委員会は、しっかりした対応をとるべきだ。

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【裁かれるべきと思ったらシェア】検証・津田(民主)参議院議員のセクハラ暴行について への39件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【裁かれるべきと思ったらシェア】検証・津田(民主)参議院議員のセクハラ暴行について 自民の、若い女性参議院議員(30代)にセクハラ暴行を働いた件について検証する。 私の結論としては、ギルティである。 反証

  2. ふう のコメント:

    都議会のヤジ程度であれだけ連日連夜、大騒ぎして、
    検証しまくっていたマスコミが、

    国会のセクハラ暴力行為に対してはダンマリ。

    これがもし、自民と民主逆なら、
    映像を何度もスローで再生しながら検証し、
    ギャーギャー騒いでいたことでしょう。

    ここからも、マスコミが野党(中韓)寄りであり、
    日本のための報道機関でないことがよくわかります。

    一局でいいからチャンネル桜のようなテレビ局がほしい。
    犯罪者の本名や国籍・帰化歴もちゃんと報道するような。
    そんなテレビ局ができたら、日本国民はびっくりするでしょうね。

  3. かなこ のコメント:

    小坪しんやさんは相変わらず優しいですね。
    こういう落とし所がありますよっていう提示ですね。

    私は、動画で場面を検証して見ましたが、引きづられる直前、前の椅子に座っている二人(恐らく1人は共産党の池内さおり氏)に大沼氏が掴みかかってます。
    何故、前の二人に掴みかかったかと、その前に誰に引っ張られたように見えます。

    つまり1度、誰かから大沼氏が後ろへ引っ張られ、思わず前の席に座る二人を掴む。
    1回目びっくりして、前の2人は腰を浮かす。
    2回目また引っ張られ、また腰を浮かした池内氏さおり氏らしき人に肩を払われる。
    3回目引かれた時、池内氏らしき人は、佐藤議員のようにグーで押し返している。これに害意はなかったのでしょう。押し返した以上に後ろへ引っ張られていったのをみて驚いている様子です。
    つまり、津田氏の後ろへ行く力と池内氏が押し返した事によって、想像以上に後ろへ引かれたと私には見えるのです。

    そしてこれは、偶然に津田氏が大沼氏をひっぱってしまったのではなく、邪魔だったから押しのけようとしたのでもなく、ターゲットとして彼女をひっぱっていた事がこれでわかると思いますが如何でしょう?

    • 小坪しんや のコメント:

      かなこ様

      コメントありがとうございます。
      優しい、、、そうですね、優しいのかも知れません。
      私は今回に限り、女性に優しいです。
      (通常は、あまり優しくありません。)

      この論法を先に持ち出された場合、また周知されていった場合、
      津田陣営(仮に裁判になった場合は弁護士)は「故意ではなかった」系の手法をとることができません。

      聖闘士星矢ではありませんが、一度、周知されたしまった情報とは、
      つまり驚きと共に出された情報でなければ、かつ誰もが納得できるような情報でなければ、
      「弁護は難しい」からです。

      先回りして述べることで、津田陣営は、ひとつ、手段を失いました。
      優しいのかもしれませんね、女性に。
      津田陣営に対しては、とびきり冷たいと思います。

      繰り返しになりますが、
      「故意ではなかったので」という手法は、公開によりとれなくなりました。
      なぜなら、後は貴方の書かれた通り、その反証は後でいくらでも崩しようがあるからです。
      (他にも色々ありますけれど。)

      外堀を、一個ずつ、埋めて行く。

    • coco のコメント:

      この動画ですね!
      https://www.youtube.com/watch?v=lfhUO0wpKJU

      おっしゃる通り、何度か引っ張られ、抵抗するために池内さおり議員にひっしにすがりつこうとして、池内議員に押し返されています。
      かといって津田議員がその反動を受け止めきれず・・・というようにはみえません。
      完全に大沼議員をそのまま引き倒している(津田某は体制を崩していない)ように見えます。 完全に意図しての行動と思われます。

  4. うえ のコメント:

    小坪先生こんにちは。
    今回の事件、オフィス・マツナガさんの取材によれば、「胸を揉んでいた」そうですよ。
    そういう証言は、近くにいた議員から、これからいくらでも出てくると思います。
    「もしマスコミがまともに取材すれば」の話ですが。

    • 七子 のコメント:

      喧騒と怒号に紛れて若い女性議員を引きずって行ったんですよね。事実だとすれば変態ジジィです。大沼議員がお気の毒です。

  5. Ren のコメント:

    あの映像を女性目線で見たとき、背後から腕を回す津田弥太郎議員のあまりの気持ち悪さに、思わず犯罪者呼ばわりしてしまいました。
    なるほど、こんな見方もできるのですね…反省。

    とっさの行動には、その人の本性が現れると言います。
    自身の行為が招いたとんでもない事態(女性が倒れかかってくる)で頭が真っ白になった結果が、

    「もみもみ?」で

    「女性の投げ飛ばし」で

    「謝らない」

    それって、国会議員以前に人として問題ありすぎ…。
    国会内のセクハラ撲滅に熱心なピンクはちまきの女性国会議員の先生方と民主党からのコメントはまだですかー???

  6. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    この議員も気持ち悪いですが、他の議員によるセクハラ連呼や痴漢でっちあげ??に見えた時なんて、セクハラや痴漢で本当に困ってる人へかなり侮辱(間接的な犯罪幇助??)になる気がしますけど…
    過去に総理の病気をヤジってその病気で苦しんでる人達や常識ある人々に猛反発・非常識とされたでしょうに、似たような事を繰り返すんですね…小坪市議や和田議員のように心ある言動を心がけた方がいいと思いますがね…

    和田政宗「今日の本会議で、安倍総理が水を飲んだところ民主党議員からまた『下痢するぞ』と汚いヤジ。私は『そんなこと言ってはだめでしょう』と民主側に声を上げ注意した」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/36033537

    あとは日教組

    【日教組】新潟市立小教諭(新教組)、児童に『安保法案反対』ビラを配布 ⇒ 指摘され謝罪「間違えて配布。組合員に渡すはずだった」 [産経]
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46324998

    あ、あとこんな記事がありました、今さらこんな事をしてるみたいです

    「嫌韓や嫌中のニュースが増えて問題になっていた」 ―ヤフーが嫌韓・嫌中ニュースを排除した事情
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8340995

  7. 旦ちゃん のコメント:

    取り上げて頂きありがとうございますm(_ _)m
    加害者に優しい検証でしたがw
    何があったとしても女性に…しかも国会内での蛮行です。
    本人の証言に”動画”も残っています。スルーなんかさせてなるものか!
    電車内で被害者の証言のみ、冤罪の可能性があるって案件ではないのですから。
    民主党内での厳重注意程度とかだけでお茶を濁されては
    大沼議員の心情にもそぐわないと思います。

  8. coco のコメント:

    >すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に>腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に>乗せた上で床に投げ飛ばしたという。

    産経の記事(大沼議員の証言)によれば
    引き倒された
    両脇の下に腕を入れられた
    後方の椅子に引きずられた
    膝の上に乗せられた
    投げ飛ばされた

    という時系列なので、邪魔だから引っ張ったら思った以上の勢いがついて、結果二人ともに倒れこみ、自分の上に大沼議員が乗るかたちになり、慌てて投げ飛ばした

    という状況とは異なると思います。
    引っ張ってから投げ飛ばすまでが一連の動作ではないので、故意以外の何物でもないと考えます。 椅子まで引きずられて膝の上に乗せられた、ということは、津田議員が椅子に座り、膝の上に大沼議員を乗せてから後、投げ飛ばした、と言う意味ではないでしょうか?
    小坪さんが、「故意ではなかった」という反論の余地を潰すための先回りであるとおっしゃっていますが、この流れでは「故意ではなかった」は通用しないと思います。

  9. hina のコメント:

    なるほど、そんな反証方法があるのですね。
    普通に考えれば、一度引っ張られて何とか
    踏み止まろうとしている大沼氏を、しつこく
    後ろに引っ張って乱暴に引き倒したとしか
    見えませんでした。
    正常な人であれば邪魔だからといって後ろに
    引っ張ろうとは思いませんし。
    誠意は既にありませんが、今後どのように
    対応しようとするのか注視します。

  10. 熊本県民 のコメント:

    これを報道しないマスコミの存在意義って何かあるのでしょうかね…

    • inaho のコメント:

      この暴行事件を報じない事により、反対派がどの様な犯罪を犯したとしても殆どのメディアで隠蔽されるという実例を再び作り上げた、共産党の生活保護不正受給斡旋事件のように。
      公のしかも、映像証拠もある国会での事件をメディアが取り上げず表沙汰にもならないとくれば、当然彼らの暴虐は今以上にエスカレートしていく事でしょう。
      要は、反対派のテロ行為を推奨する事に一役買っているんでしょう。

  11. ふぃくさー のコメント:

    再生動画は何回か見ましたが、あ、確かに引っ張ってるな、という程度しか正直分かりませんでした。しかしながら、引っ張ったことはともかくとして、記事の内容ではむしろ好意的に捉えていたんですけどねえ・・・・。

    「一度膝の上に乗せて」という部分です。

    これは、勢い余って2人とも倒れこんでしまうので、咄嗟のことながら「一度膝の上に乗せて」女性のクッション役を果たしたのではないかと。そして、その上で自身の肉体的危険回避のために自分の上から体をどかしたと。

    どうも違うようですね・・・・

    P.S.1: 国会の物理的争いは見苦しい限り。全く同感です。恥ずかしいやら情けないやら。
    P.S.2: 今日のフジテレビ新報道2001では本問題に突っ込まれたRen4氏が全く謝罪の意を示しませんでした。民主党どうなってるんでしょう?
    P.S.3: セクハラ防止は必要だと思いますがセクハラ法(?)は大嫌いです。主観により有罪が決まる? 法の公正などあったものじゃない。天下の悪法だと思っています。

  12. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    皆さんは朝鮮人カルタと言う今話題の本を知っているだろうか
    昨日から読み始めているが、一度読み始めると、とまらない
    今の民主党そのもの、やはり日本人とはどこか違う
    小坪先生にも是非とも読んでほしい、色々勉強になると思います

  13. スレチ、失礼致します。m(__)m のコメント:

    拡散希望・日本人の皆様への手紙『どうして日本に借金とりが来ないのかご存知ですか?・拡散希望

    よく、テレビやラジオで
    「日本は国の借金がたくさんある」って言いますよね?

    じゃあ、どうしてギリシャみたいに、
    借金取りが日本政府に押し寄せたりしないのでしょうか?
    不思議に思ったことはありませんか?

    今回は、その答えを示すために
    PDFファイルを作りました。

    PDFがこちら。

    日本人の皆様への手紙
    『どうして日本に借金とりが来ないのかご存知ですか?』
    https://www.dropbox.com/s/2fpob306i7xl07b/dousite_0100.pdf?dl=0

    読むだけで、国の借金の怖さが
    全部消え去る面白い内容ですので
    是非お試しください

    m(__)m

    さらに詳しく知りたいという方は、下記のurl先のブログ記事を、どうぞ、御参照下さい。

    m(__)m

    ↓ ↓ ↓

    MGRブログさんの「経済基礎シリーズ」です。
    http://mgr-blog.jugem.jp/?eid=490

    • ふぃくさー のコメント:

      三橋村、分かりやすいですね。
      いやあ、勉強になりました。
      ありがとうございます。

  14. 生野区民 2 のコメント:

    朝鮮カルタ注文したが、入荷が未だ。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
    楽天仕事しろ、アマゾンならあるのは、知ってるが日本に税金を払わないアマゾンで
    買い物したくない、レビューだけみて楽天で買ってる
    民主党支持者の三木谷は大嫌いだが、税金を日本に払ってるので利用してる
    関係ない話をして、すみません
    今回のレイプ事件に対して、国会内の犯行であるのを考えても、民主党解党議員総辞職
    レイプ実行犯の津田は殺人程度の実刑は当然、行わなければ日本がレイプを推奨する
    国家とまた反日業者が、自分たちの犯行をいかにも日本人の犯行のように広めては困る

  15. 桃太郎 のコメント:

    民主党がやりたい放題、言いたい放題、謝罪はしないとんでも集団でも野党第1党が現実です。議員の前に人としてどうよと普通の人は思うのでしょうが、実際は現状変わらず、山本太郎みたいなイカレタ議員が国会で葬式ショーやらかしてもお咎めなし。
    自民党も大人の対応をと思っているのか及び腰の批判しかできません。
    一つはマスメディアが野党の側についていて大きく取り上げ問題にしないからで野党側もそれを承知してやってるとしか思えません。
    共産党配下のシールズみたいなチンピラ集団の頭を国会に呼び、英雄の如く取り上げ、仲間内ではキング牧師ともてはやされてるようです。政界に出てくる動きもあるようですが、選挙時はまた派手に行動起こすでしょう。
    ネット上や官邸、自民党へいくら意見を送っても辞職にできない現実。もどかしいです。
    秋田で拉致家族会が署名活動していたら安保反対派が近くでビラを配っていて、署名をお願いしたら「拉致より憲法」と言われ断られたそうですが、反対派の人間の素性がよくわかります。
    共産党に至っては演説中、前で倒れた人がいても放置、点字ブロック上で街宣カー止めて演説、注意したら「いつもここでやってるんだ」と言われたとか。
    選挙でこういう議員を落とすしかないのですが、実際はうちの家族も以前より少しだけ理解してきましたが、まだまだ興味ありません。職場(医療関連)でも同じで安保の話はあまり話題にもなりませんでした。

  16. CDr30 のコメント:

    本当に優しいですよ、小坪先生。
    反論の材料を潰すという意味であることを差し引いても優しい。
    ただひとつ、ここには述べられていない事実が。
    それは、津田議員がこの時いた場所は、野党席ではなく与党席であったという事。つまり、本来津田議員がいるべき場所ではありません。ここでの仮説の一つ「津田議員には大沼議員が邪魔者に見えた」は通用しない、ということです。
    三原じゅん子議員も指摘したとおりの恐ろしいことが行われていたんですね...津田弥太郎、まさに鬼畜。

  17. 旧新人類 のコメント:

    普通の生活の中では、意味も無く、しかも暴力的に他人の体に触ったり触られたりしませんが、国会にはそんな常識も通用しない人間がいるということに驚愕しています。細かい状況に関しては、現場の証言等がもっと出てくることを期待しています。三原議員が「怖ろしい場面を目撃し」「恐怖を感じた」と書かれていますが。。。

    ダイブKの所業など、下手すると首が折れたりムチ打ち症の被害者が出かねない危険な行為だと思います。小学生でも、休み時間にふざけて同級生に同じことをしたら担任にこっぴどく怒られるレベルです。上記セクハラオヤジともども、何らかの処分を下す必要ないのでしょうか。あまりにもひどすぎる。確か渡辺委員長も(野党議員のせいで)頚椎ねんざという大怪我をしたのでしたっけ。最近は、本当に国会における暴力が横行してますね。

  18. てるてるお東 のコメント:

    今晩は。
    >私の結論としては「故意ではなかった」と考えているが、その場合でもセクハラ暴行は成立し、裁かれるべきだと考えている。

    これは小坪市議様の本音なのかどうかちょっと分かりませんが・・
    たしかに事件は「故意でなかった」風で始まっていると見えます。
    が、その後の経過は不自然に過ぎると思えます。
    すぐ目の前で目撃してた眼鏡かけた自民党議員も、そのように捉えているようで。

    むしろ・・・最初から「故意でなかった風を演出していたのではなかったか?」とも思えます。思ったよりも抵抗され、強引に執拗に引っ張らざるを得なくなっってしまったのではないか? で、最後に跳ねのけるようにしたのも演出のうちじゃないか?と。 妄想かもしれませんが。
    しかし、動画を観た人たちや現場の証言は「故意ではいとは思えない」といった捉え方だと思われます。

  19. 助さん、拡散 のコメント:

    津田なる男が大沼議員に掴みかかり、引き剥がすように後ろへ引っ張っています。その背後に映る白いジャケット姿の女性(三原じゅん子議員?)が驚いた表情ですぐ後を追っています。膝から放り投げたのは、追ってきた女性の視線にハッとしたからでは、なかったのか?と想像してしまいます。いずれにしても、実におぞましい映像です。関係ないなど、とよくも言えたものです。津田弥太郎とやら、覚悟せよ。

  20. 名ナシ のコメント:

    今回の件を含め、民主党による国会内での暴行・窃盗・虚言の責任は
    きっちり追及するべきだと思いますよ。
    蓮舫代表代行が擁護した小西議員のフライングボディアタックも直前に自民党議員に
    膝蹴りを食らわせてますし、演壇の人垣に行った女性議員もテ-ブルの上に乗る非常識
    な行為をしています。
    これを民主党の代表代行が擁護される発言をしたんですから宣戦布告でしょう。
    そういえば山井グル-プの集団暴行にしても今回の件もフジ産経のスク-プなんですよね。それ以外はNHK以下全マスコミがスル-です。
    総務省に凸ですかね。

  21. とも のコメント:

    民主党の愚行満載の国会でしたが…審議拒否してデモ隊と一緒に大騒ぎ
    とか、日本国民を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいです。情けない。
    この津田氏の行為も、絶対に厳しい処分を望みます。もうすぐ引退なさる
    らしいし、最後と思ってはしゃいで本性丸出しになってしまったのでしょ
    うか?気持ち悪いです。ものすごく気持ち悪いです。

    テレビもピンク鉢巻議員たちの「キャーセクハラー」と叫ぶ醜悪な映像(女
    性が女性を侮辱しているように感じるのは私だけでしょうか…?)や、国籍
    不明の学生団体など映す局ばかりですが、他局との差別化が商売繁盛につ
    ながるとは思わないのでしょうか??

    そうそう、反対派のデモ隊がゲバラ旗を掲げていたのが海外でも話題に(嘲
    笑の的として)なったそうですね。小坪先生と同じゲバラ焼肉のたれTシャ
    ツにすればよかったのにねぇ。

  22. araigumanooyaji のコメント:

    民主党は代表代行が「原稿を読んでる」などとしらばっくれており、誠に不誠実。youtubeで動画が世界に出回っているのに、相変わらず危機管理能力が皆無。しっかり告訴してください。

  23. のコメント:

    百歩譲って津田だけならばやった側もやってしまったことの重大さに動転しているのかと思えなくもないですが、
    レンホー大陸人まで明確に謝らない態度を示しているとこれが民主党の総意かと……
    こうなっては最後の最後まで抵抗し続けて津田だけでなく党もクズであると広く世に知られてほしい。
    女性には年代問わず大きなイメージ悪化でしょう。

  24. 桜子 のコメント:

    ふぃくさーさんのコメント、PS.1 PS2. PS3に同意です。

    国の政を行なう神聖な場において、運動会でもあるまいに、おまけに気持ち悪いピンクの鉢巻まいて「触るな!セクハラ!」だの叫びまくる品の欠片も無い、元お若かった女性人達のバリケードですが、同じ女性としてとても恥ずかしく思いました。

    それに、この人達が「触るな!セクハラ!」と言った瞬間、吹き出し唖然としたのは私だけだったでしょうか?

    ある野党の男性議員は、「自民党の石井浩郎参院議員がセクハラしました」と大声を上げ、押されただけの石井氏が激高するシーンもあったようですが、セクハラだの何だのと言われた石井議員、実にお気の毒だと思いました。
    ふぃくさーさんのPS.3 まさに仰る通りです。

    民主党は過去に日本を崖っぷちに追い込んだ責任を取ってから、ものは言うものです。
    それすら解ってない、この様な党が野党第一党だとは、、、そしてこのような党にに私達の血税がいってるのだと思うと、情けなくて涙も出ません。
    どこまで日本国を貶めれば気が済むのでしょう?

    日本国国会の品位、ひいては日本国民の品位を貶めた民主党の蛮行、許されるべきではありません。

    • ふぃくさー のコメント:

      桜子様

      ご賛同ありがとうございます。
      民主党はまさしく烏合の衆といえるでしょうね。出自関係を除けば、選挙で有利になりそうだからという1点で入党している政治家がほとんどのように思えます。だからベクトルも揃わないし明確な対案も出せない。滅ぶべしでしょう。

  25. 桃太郎 のコメント:

    只今、こんな情報が出てます。

    【超絶朗報】 山本太郎、国会議員除名処分!!
    葬式パフォーマンスにブサヨ議員もブチ切れ!!!! オンライン署名の賛同者が物凄い数に!!!!

    • 桃太郎 のコメント:

      只今、署名受付中のようです。
      Change.org

      https://www.change.org/p/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%B0%91-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%82%92%E9%99%A4%E5%90%8D%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%AB

      現在5800人程です。どんどん増えてます。賛同頂ける方はお願いします。

      • coco のコメント:

        署名URLを教えていただいて有難うございます。

        署名が立ち上がり、即日に1000筆集まったという記事は見たのですが、そのご検索しても署名サイトのURLにたどりつけずにいました。
        さっそく署名してきました。
        今確認したら、6942筆、もうすぐ7000に迫る勢いです。
        かけだし様のブログのコメント欄で拡散しようとしたところ、「制限された内容なので投稿できない」(メッセージの文言は正確ではありませんが)旨のメッセージが・・・・
        コメントを内容別に分けて送信してみたら、制限にひっかかるのは山本議員の除名を求める署名の件でした。
        次に、URLを記載せず、こちらの小坪議員のブログ・コメント欄の桃太郎さんのコメントを紹介しようとしたところ、やはり駄目。

        で、次に山本太郎 除名 署名 などのワードが規制対象化もしれないと考え、やまもとたろう しょめい と 平仮名で記載してみたら送信できました。 何か、ネット上で署名が拡散されないよう、規制されているのでしょうか?
        でも、政治系SNSでも拡散依頼してきましたし、既に他の方もとりあげていらっしゃいました。 今まで署名サイトにたどりつけなかった人達も今後ドンドン署名参加されることと思います。

        web署名がどれだけ有効かはわかりませんが、少なくとも多くの国民が怒っている事実を認識してもらい、政治の力で何とか動いていただく一助になればいいですね。

  26. 後藤 勇 のコメント:

    こんにちは。
    保守系の2ちゃんねるまとめサイト「正義の見方」さんに
    2ちゃんネラーが作成したGif動画がUPされてました。
    津田議員が大沼議員を現場から拉致するはじめの状況を、津田・大沼両氏をハイライト加工して分かりやすくしたものです。
    後半の投げ飛ばされたという場面は入っておらず、「わしわし」したところも確認できませんが、故意に暴行を加えたとしか見えない場面です。
    いきなり引っ張られて反射的に前に座っていた男性議員(眼鏡の男性議員。自民党のの山下雄平議員だそうです。)にしがみ付いて身を守ろうとした大沼議員の手を強引に引き剥がし、拉致する場面が、かなり鮮明に分かります。
    正義の見方さんのエントリーには
    「大沼と津田弥太郎をハイライト加工したgif画像だよ 使っておくれ」
    という画像作成者のコメントらしきものがありますが、私自身が元の投稿場所を突き詰めて確認したわけではありません。
    ご参考に
    ↓そのgif画像の場所
    http://i.imgur.com/G3woGoQ.gif
    ↓紹介されていた「正義の見方」さんのエントリー
    http://www.honmotakeshi.com/archives/46328680.html

  27. てるてるお東 のコメント:

    >>後藤勇さん

    その「正義の見方」さんとこの最新記事には、フジで報道された鮮明画像が紹介されてますが(2chコメントとして)
    一度沈みかけた大沼議員を同僚?議員が助け起こしたあと、さらに津田議員が後ろに強烈に体重掛けて引き倒そうとしている!
     もうどう見ても「故意」! 故意中の故意!
    記事 http://www.honmotakeshi.com/archives/46337228.html

    上記の記事中の・・・730: 名無しさん@1周年 2015/09/21(月) 19:11:45.78 ID:lsY6U95r0.netの投稿欄に鮮明な動画。

  28. taigen のコメント:

    民主党議員に投げ飛ばされた大沼議員をブサヨから守れ!!!!! 大沼議員のFacebookがブサヨに荒らされてとんでもない事になってるぞ!!!!!
    http://asianews2ch.jp/archives/46330039.html

    >裁判になったら、民主党支持者の行為は心証を悪くする要素になりますね。

  29. 中津市出身40代 のコメント:

    小坪さん、
    民主党議員のこの言い訳は酔っ払ったスケベオヤジが酔いがさめてその体たらくに青ざめ
    自分の恥ずかしさにしぼみきって逆ギレしているおっさんの図そのものだとおもいます。

    ただ、我々の時代とは違ってきた昨今、こういったオヤジをみる世間の目は厳しくなっていると
    思います。

    ここは、特定アジア人を陰ながら応援している
    日本人かどうかわからない人間を選別できる好機ではないかと・・・

    今後のためにも、是非、注視を!

  30. ピンバック: 【拡散】セクハラ暴行疑惑、わかりやすいハイライト画像。メディアは公正な報道をせよ!と思ったらシェア! | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  31. 相模原 のコメント:

    乱暴に人を退かす行為は暴力だが、その後のセクハラは過失じゃないのかね?
    彼の暴力と過失には何らかの罰は必要だろうが、青筋たてて許すまじってほどではない気がする
    まぁピンクのはちまきの人も含めて女性議員もなぁ、鉄火場に加わろうとしてはいけないよ
    そうしたら採決は採決、乱闘は乱闘で済んだだろうに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です