【問題だと思ったらシェア】慰安婦像設置決議案を全会一致で採択~サンフランシスコ市議会


 

 

正直、これは痛い。
少し長いかも知れないが、かなり踏み込んだ記事のため、是非読んで頂きたい。

現在の我が国において、ネット世論は相当な位置を占めているが、一つのことに集中しすぎる傾向がある。
つまり、安保法案に特化しすぎた弊害とも言えるだろう。

私自身、「外国人の扶養控除」の問題にかかりっきりで、このニュースは報じられるまで把握していなかった。
自らの反省、自戒を込め、いまの保守活動の問題点を指摘すると共に、本ニュースを読み解いていきたい。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
sanf

 

 

 

 

報道の紹介

以下のように報られている。
これは昨日付けのものだ。

慰安婦像設置決議案を全会一致で採択 サンフランシスコ市議会

 【サンフランシスコ=中村将】米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会で22日、慰安婦碑または像の設置を支持する決議案の採決が行われ、全会一致で採択された。同市では、反日中国系団体などが公共スペースに慰安婦像を設置する計画を進めており、決議案採択でこうした動きが一層加速しそうだ。

 決議案は今年7月、市議11人のうち8人が共同提案。市議会本会議や委員会で公聴会が開かれ、今月17日には、韓国から訪米した元慰安婦(87)がスピーチした。元慰安婦は22日も決議案の代表提案者、エリック・マー市議に紹介され、傍聴席の最前列に座った。マー氏は決議案の提案理由を説明する中で「彼女(元慰安婦)は歴史の証人だ」などと何度も訴えた。

 決議案は慰安婦を「日本軍によって拉致され、性的奴隷の扱いを強要された20万人のアジアの少女や女性」と説明。採決前に、決議案の文章や文言の修正を行うことを市議らが確認した上で、全会一致で採択された。

 修正決議は後日公表するとしているが、市議会関係者によると、当初決議案には、日系人や在米日本人の中から反対意見が出たため、世界で続く人身売買を批判する文言を盛り込み、批判の対象を広げたという。碑または像を「公共スペースに設置」することも盛り込まれる見通し。

 決議案の採択を受けて直ちに像や碑が設置されるわけではないが、設置運動は市議会の支持を得て推進されることになる。中国系団体による米国での像や碑の設置は初となる。

http://www.sankei.com/world/news/150923/wor1509230027-n1.html

 

反日中国系団体
「従軍慰安婦像」と聞くと、どうしても韓国がイメージされる。
中国も韓国も、日本に対して「尊厳を貶める」存在だと認識している方は、なんの違和感も感じないのかも知れない。

しかし、最も注目すべき点はここであり、これが外交というものなのである。
なぜ中国系がこのような動きをしたのか。

 

日本と韓国の離反工作
韓国は、なんだかんだで西側諸国なのだ。
やがて撤退するようだが、米軍基地もある。

朝鮮半島から韓国が消滅した場合、もしくは中国とがっちり握手した場合、
我が国は極めて困ったことになる。

 

中国の目的は何か。
離反工作の結果、中国はどのような利益を生じるのか。
我が国は何を失うのか。
さきの大戦と、地政学上の問題はなんら変わっていない。

船舶の速度の向上、飛行機の発達により世界地図は小さくなった。
海は、かつてほどは国防の役割を果たさなくなりつつある。
むしろ、地政学的には、先の大戦より遥かに面倒なことになっている。

 

 

 

朝鮮半島の立地と、中国の国益
日本の国益を考えるにあたって、中国が何をもって国益となすかを考える必要がある。
この観点、先方の立場にたって考えるということは、極めて重要な思考パターンだ。
なにがしかの目的があり、その結果、何かが起きるからこそ、
それらの「外交上の目的」があるからこその行為だからだ。

 

朝鮮半島の立地
あの半島が北朝鮮主導で統一されたとしよう。
中国の傘下にくだった場合を考えて頂きたい。
もしくは中国と決裂し、ロシアの傘下にくだったとしよう。

朝鮮半島には、不凍港がある。
良港に恵まれているのだ、日本に極めて近い位置において。

これを中国、もしくはロシアが手にした場合、日本海の海運は大打撃だ。
はっきり言えば、日本海の制海権を喪失する。
朝鮮半島は、日本列島の首元につきつけられた、匕首(あいくち)のようなものである。

 

国防上の、重大な問題
日本海の制海権を喪失することの意味。
その意味するところは、日本海側のどのポイントからも、(有事の際には)「敵国が上陸」する可能性があるということだ。

確かに我が国の海軍力は、それなりのものがある。
しかし、船舶の速度が向上した現代において、物量をもって上陸作戦を挑まれた場合、
その全てを撃破することは難しいように思う。

水際作戦まで、想定する必要があるのではないか。

 

 

 

有事における日本海側の想定
あくまで私見である。
ただ、私自身は、本気で以下のように考えている。
ミリタリー方面に詳しい方などは、また別の意見も持っているかも知れないし、
専門家らは、異なる見解も持つのだろう。

私見として、水際作戦までもつれこんで以降を想定したい。

 

水際作戦における苦戦
上陸阻止作戦は各所で失敗、上陸されてしまう。
水際における攻防において、我が国は物量の前に苦戦を強いられるだろう。

陸自は大幅に削減したあとだ。
機動性を向上させ、「上陸拠点に集合」みたいな方式になっている。
結果、人数自体は随分と減少した。
装備品の性能は向上しているため、出力できる戦力は「変わらない」とはされている。

しかし、
それは上陸拠点が一か所であれば、の話だ。
同時多方面、複数個所において上陸された場合、戦力は当然、低下している。
苦戦、するだろう。

 

主都防衛と大都市等、重要拠点とのバランス
上陸拠点次第では、首都東京まで一直線だ。
新潟近郊に戦力を集中させすぎれば、京都・大阪に迂回される可能性だってある。
また、原発が集積した地域もある。

陸自の戦力を、分散させねばならない。
上手に、分散させねばならない。

足りれば良いが、どちらも足りないような状況も想定される。
一つでも抜かれればアウトだ。限られた人的資源・装備品を、どう有効活用するか。
上手に、としか言えない。

などと述べてはみたが、そもそも絶対数が足りないという状況は、
このような「上手に」などでは解説すべきではないのだ、本来は!!!
(安保法制は、予算の増額は一切含まないため、本件への効果はほぼゼロである。私が全力では入らなかった理由でもある。)

 

制空権への打撃
恐らく皆様の脳内では、「自衛隊=強い」であろう。
私も同じ考えではある。
それは「全ての装備・設備」が運用された状態での話である。

高度なレーダーサイト群があり、電子戦を制している条件で、だ。
電子戦で(ハッキングなどで)破れることはないと思うが、本土上陸を果たされた場合、たいした防衛力を有していないレーダーサイト群は、どんどん沈黙していくだろう。

RPGを背負った数名の敵兵が接近を許せば、簡単に無力化されてしまう。
なぜなら精密部品だからだ。一発撃たれれば壊れてしまう。

海自・空自によるミサイル防衛は、レーダーサイトを「物理的に」破壊された場合、
凄まじく低下してしまう。

上記の想定は、かなり端折って書いたものであるが、「上陸されること」の怖さは伝わっただろうか。
また、上陸されてのち「掃討できるだけの陸自を持たないこと」の怖さは伝わっただろうか。
具体的に書けば、まだ色々とあるが、それは後の機会に譲りたい。

 

 

 

半島有事と、統一朝鮮
少し、酷いことを書く。
これは感情によるものではなく、単なる現実を述べていると認識して頂きたい。

 

内戦中の朝鮮半島は、我が国の利益
北朝鮮と韓国は、いまだ戦争中である。
おかげで緊張関係が続き、中国・ロシアの両大国は、安易に手を出すことができない。
韓国の背後に、米国の影が見えるからだ。

この両国が分断され、いまだ戦争が継続中という状況は、我が国にとっては利益であったと考えている。
これは良い悪いではなく、単なる現実の分析である。
(併せて、一つの国家が分断されている状況については、憂う立場だ。韓国・北朝鮮が好き嫌いに関わらず、分断された国家というのは非常に悲しいものである。)

 

半島有事より厳しい状況とは何か。
それは、北朝鮮主導による半島統一である。
統一自体は喜ばしいものであるが、(北主導で統一された)統一朝鮮は、やがて中国、もしくはロシアの庇護下に入るだろう。

我が国にとって、最も避けねばならない事態がこれである。
先の大戦において、あれだけの国費を半島に投じた理由、
税金だけで見れば大赤字にも関わらず、我が国が併合せざるを得なかった理由でもある。

良港を有した朝鮮半島が、赤化勢力の影響下に入ることが
地政学的観点から、我が国の国益上、極めて重大な問題となるためだ。

 

政治の流れ
ゆえに、かつて保守派ほど「韓国をあげ」てきた。
逆に、日本の左翼は「北朝鮮を神の国」と称してきた。
日本共産党などは、韓国を「南朝鮮」と連呼してきたのだ。
政治の歴史を紐解けば、実はつい最近の話である。

なぜならば、朝鮮有事よりも、
北主導の統一朝鮮半島が共産主義勢力に取り込まれることのほうが、
遥かに厳しい事態であったからだ。
我が国にとっても、西側諸国にとってもだ。

 

 

 

冷戦とコミンテルン
西側諸国は、どのような戦法をとったか。
そして西側諸国の一員である我が国は、どう動いてきたか。

 

東側への、ショーウインドー
南北に分かれた朝鮮半島において、西側諸国に所属する「韓国だけ」が経済発展をする。
「どうだ?資本主義とはいいだろう?」と、はっきり言えば見せびらかすのだ。

資本を投じ、外資を入れ、経済成長をさせる。
それは北朝鮮という「眼」を通じて、社会主義国に見せびらかすためであったと認識している。
まるでショーウインドーのように。

 

我慢を強いられる日本
それは、まるで我慢させられる姉のように。
「○○ちゃんは、お姉ちゃんだから」と、謎の呪文の元、
親などの大人は、謎の我慢を姉に強いる場合がある。

日本のポジションは、まさにそれであった。
名誉を汚され、お金をふんだくられ、よくわからん法体系となり。
謎の永住者は闊歩する。

しかし「世界平和」のため、対共産主義勢力の観点から、
西側諸国にとっての「より大きな利益のため」
我が国は一方的に譲歩させられてきたように思うのだ。

 

共産主義勢力のしたこと
思えば韓国も哀れな国だ。
当然ながら、西側が力を注いだ韓国に対し、東側も力を入れる。

考えて欲しい。
日本において「民主党政権が二十年続いた未来」を。
二十歳となり成人した若者は、民主党政権による日教組の教科書しか知らぬという日本だ。
これが韓国である。

韓国においては、北朝鮮系の政治勢力が台頭。
牛耳られて行く結果となった。

韓国は、政治という舞台において、南北の内戦を続けてきた。
そして遥か昔に、敗北している。

 

反日ブーストの持つ意味
政権防衛、支持率アップのためだけの反日ブーストではない。
それは認識が甘い。

西側諸国に所属する韓国を、日本と離反させ、「西側から脱退させること」が一つの目的であったからであろう。
それ自体が政治的な戦略目標であったのだ。

むしろ、「韓国において、なぜ反日で世論があがるのか」であるが
それは教育がそうなっているからだ。

なぜ、そのような状況になっているのか、、、
それを問えば、答えは自然とわかると思う。

 

 

 

西側から捨てられる韓国、我慢をやめた日本
上記の流れはご理解いただけたと思う。
そして、韓国は西側諸国から捨てられつつある。
かつ、我が国は我慢を強いられる状況から、脱しつつある。

 

韓国は終わりだろう。
スワップなどより大きなものとして、米国への訪問をドタキャンした件。
その直前において、安倍首相はスタンディングオベーションである。
ここが一つの転換点であったように思う。

また、AIIBの件などもやばい。
日韓の関係で見るのではなく「西側諸国」という目線で見れば、それがどれほどマズイことであるか、ご理解いただけると思う。

世界は、韓国を中国とのバランサーなどとは思っていない。
ただの「赤化の進む、いらない国」という見方だ。
これは好き嫌いで申し上げているのではない、ただの分析である。

 

覚悟せねばならない。
北主導の統一朝鮮が、中国の勢力下に入ったとき。
我が国は、大きな外交上の苦戦を強いられるだろう。
そして、それは国防の観点からも論じる必要がでてくるだろう。
この点は、強く覚悟せねばならない。

いざ有事となれば、前線がいきなり日本になる。
半島が落ちるか落ちないかは、それこそ明確に、戦死者の数として0の桁が異なるほどの差が出てくる可能性がある。

 

それでも韓国はいらない。
いい加減、我慢の限界である。
私は、上記の理由を述べた上で、理解した上で、
日韓友好はすでに不可能だというスタンスだ。

そもそも世論がついてこない。
日本国内における、嫌韓感情は凄まじい。

保守議員らが韓国を擁護することも、すでに想定しずらい。
かつて自民内において、親韓派がある程度の数で存在していたが、これはこれで国益を考えてのことであったと認識している。
(かつて親韓であったことをもって、隠れ売国奴などというネットは、不勉強も甚だしい。)

 

 

 

中国の国益
さて、冒頭の記事の意味は理解して頂けただろうか。
反日中国系団体が、「従軍慰安婦像」を米国に建てることの意味。

中国も韓国も、日本に対して「尊厳を貶める」存在だと認識している方は、なんの違和感も感じなかったのかも知れない。
しかし韓国が行うのか、中国が行うのかで、その意味は、まったくもって異なる。

最も注目すべき点はここであり、これが外交というものなのである。
なぜ中国系がこのような動きをしたのか。
ご理解いただけたように思う。

ゆえに、中国系のロビイストたちは、動くのだ。
「韓国を擁護」したり「韓国を喜ばせる」ためではない。
自国の国益のためである。

こんな動きをすれば、米国(首脳部)は、当然おもしろくないだろう。
動き方次第によっては、「日本の中枢」「米国の中枢」において、政治的に撤去も可能かもしれない。

そうした場合、「米国と韓国」の距離がさらに広まる。
言い換えよう、韓国と中国がさらに接近する。

撤去がなされない場合、日本と韓国は、
さらに、さらに、さらに、距離が開く。

そして、日本のネット世論は「アメリカの議員はバカ」とは思わず
「アメリカは馬鹿」と思っていくのだろう。
それこそ、中国の思う壺だ。

どちらせによ、どう転ぼうとも中国にとっては「おいしい」のだ。
それが「朝鮮半島」という良い立地を手にするための手段として考えれば、だ。
日米同盟を弱体化させ、東アジアの結束を崩すという意味では、最大級の成果と言えるだろう。

 

 

 

日本ネット世論の問題点
などと偉そうに述べたが、この記事は元々、このような時のために用意されていたものである。
記事を見て、いま思いついたものではない。
にも関わらず「議会を通ってのち」の公開となってしまった。。。

ネットの常識ではないのかも知れないが、80年代、90年代を現役でやってきた先生たちには、ただの常識なのだ。
私はネットで学んだというよりも、少し年配の先輩方から教わることも多い。
新人にしては妙に年より臭い(よく言えば老獪)と言われるのは、学んだ環境によるものだろう。

これらのベースと準備がありつつも。
私は、「決議が通るまで」この情報を知らなかった。

多くのネットユーザーたちが、「建立後」の情報しか知らぬのではないか。
反対活動などはまともにできておらず、そもそも情報の周知すらままならなかった。

ネットには特性があり、誰しもが同じ方向を一気に向く。
一瞬にて強い火力を発揮するが、同じく一瞬にして下火になっていく。
新しい話題が出てくれば、それに飛びつく。
これは弊害でもある。

外国人の扶養控除の件で、意見書が多数採択されたとエントリを上梓させて頂いたが、
これにしても何年がかりでやってきたもので、ネット上で市民権を得てのちも一年近い期間を必要としている。
本気で動かすとなれば、一過性の活動では不可能なのだ。

安保法制に特化しすぎた結果、またオリンピックロゴに特化しすぎた結果、
視野が極めて狭くなっており、このような問題を見落としてしまった。

私も深く反省する。
自戒としてネットの特性と、その弊害を記しておきたい。

今回のサンフランシスコの件、状況は極めてまずい。
それが韓国の手によるものではなく、反日系中国団体という点が問題なのだ。
そして、この問題を日本のネット世論が、いまだよく理解していない点は、今後の課題となっていくように思う。

 

 

 

そして本日のニュース
報道の紹介である。
一夜明けて、状況が明らかになっていく。
恐らく、上記の解説を読んでのち、以下を読む際は受け取り方がやや異なるだろう。

背筋がぞっとしはしまいか。

 

全米屈指の観光都市サンフランシスコに慰安婦像設置へ 中韓共闘を前に反対派日本人に広がる無力感

 今年は「抗日戦争と反ファシズム戦争勝利70年」にあたり、サンフランシスコ中華街では8月、中国国外初の「海外抗日戦争記念館」がオープンしたばかり。「像設置支持」決議案の市議会採択も、反日中国系団体にとっては、日本政府に圧力をかける新たなツール(道具)となる。

 慰安婦像の設置までには、市の委員会の承諾を得るなどいくつかの手続きが必要になるとされるが、1年以上前から浮上している中華街の「ポーツマス広場」に加え、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)記念碑があるリッチモンドの「リンカーン公園」も候補地などと地元紙が報じており、予断を許さない状況が続く。全米屈指の観光都市、サンフランシスコに像が設置されれば、これまでの地方都市の像や碑とは比べものにならない衝撃となる。

 在米日本人らは公聴会などで、「現地で暮らす日本人へのバッシングにつながる」「地域社会に摩擦が生じる」などと不安を訴えた。決議案の提案市議は「日本人を攻撃するのではなく、女性の人権を守るもの」と説明。決議の文章や文言に修正がなされるともいうが、像や碑の設置を市議会として支持することには変わりない。

 「慰安婦=性奴隷」という表現はふさわしくないと訴えたり、日本の戦争犯罪再調査結果をまとめた「米IWG報告書」で慰安婦に関する戦争犯罪を示す文書が見つからなかったことを指摘する在米日本人もいたが、市議らはこれには反応せず、反日中国系団体関係者が「IWGは嘘ばかり」と吐き捨てた。

 中国系団体が主導し、韓国系団体が元慰安婦を招くなど全面的に支援する「中韓共闘」に、反対派日本人らの間には「われわれの力だけでは限界がある」との無力感も広がっている。(サンフランシスコ 中村将)

http://www.sankei.com/world/news/150923/wor1509230031-n1.html

 

これが外交で戦うということ。
単に「在日特権がーーー!」と言っても、何も変わらないということ。
また「○○すべき」と、べきべき言っていても何も変わらないということ。
望むならば、動くべきだ。

情報の周知は重要で、私も拡散依頼を常に出す立場であるが、
私たちは「その先」をも求められているのだということ。

世界とは、単純ではない。
そして世界には、悪意が満ち溢れている。

我が国がどれほど平和なことか、
だからこそ、それを如何に守るべきか。
極めて難しい。

本問題は、在米邦人の問題だけではない。
むしろ関東圏・首都圏に住む方のほうが、長い目で見れば強烈なまでの影響を受けるだろう。
それをネット世論が理解する日はくるのか。

私は、実は難しいのではないか、とも思っている。
(これでもまだ踏み込んでいない。現場の政治家とは、地方議員であれ、この程度は考えて生きている。)
それでも、国民の理解が進み、世論が醸成されねば、政治とは動かぬものなのだ。

ゆえに無理かもしれぬと思いながらも、諦めきれずに今日も書く。
民度の向上を祈って、だ。
我が国の未来に対し、一筋の光となると信じるゆえだ。

相当に長い道のりになろうかと思うが、それでも私は伝え続けたい。
共感してくださった方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

本当に、少しまずい。。。
中国がここまで力を入れてくるとは、ね。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【問題だと思ったらシェア】慰安婦像設置決議案を全会一致で採択~サンフランシスコ市議会 への35件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【問題だと思ったらシェア】慰安婦像設置決議案を全会一致で採択~サンフランシスコ市議会 正直、これは痛い。 少し長いかも知れないが、かなり踏み込んだ記事のため、是非読んで頂きたい。 現在の我が国において、ネ

  2. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     そういった意味でも,今回の安保法案可決は偉大なのです。
     正しいのです。
     きれいごとで仲良くすべく様な国ではありませんから。
     あちらの星人たちは。

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     敢えて悪役染みた言い方をすると,奴らはゴキブリと一緒です。
     正義も悪もなく,ハーグ陸戦協定もなく,見つけ次第,問答無用で殲滅すべく者です。
     降参した(振り)をしても,気絶(の振り)をしても,逃げ(た振りをし)ても,追跡に追跡を重ね,北極まで交通費自己負担で追いかけてでも殺虫剤を絶えずお見舞いすべく輩なのです。

  4. 次の世代に残せる日本を のコメント:

    とんでもないニュースが入ってきた、民主党と喧嘩両成敗で
    お互いに謝罪して終わらせようと言うことのようだが
    これは犯罪ではないのか、これで国民が納得するとは
    思えない、今まで自民党を支持してきたが、このまま
    幕引きをするようでは、もう不信感しかない
    どんなに安倍総理が好きでも、民主党と手を組む
    ような党ではもう次の選挙では自民党以外を考えざるを得ない

    • sinobu hattori のコメント:

      こちらの内容に関して、
      官邸や関係各所には、メールさせて頂きました。

      どの様な対応になるかは解りませんが、
      私は、期待して待つことにします。

    • ふぃくさー のコメント:

      佐藤さんが謝罪して受け入れられ、津田も謝罪予定(昨日の18:00予定だったからもう済んだはずですね)との記事は読みましたが、手打ちは確定情報なのでしょうか?
      双方からの謝罪がある事と手打ちとは別の話だと思います。自民としては自らの傷を消した上で戦闘モードは継続という手も残っていると理解していました。その後の情報を確認できていないので何とも言えませんが、今まとめサイトで見てみたところでは大沼さんは納得していないとの事。私としては続報を待ちたいと考えています。

      もし手打ち確定情報が報道済だったらご容赦ください。

      P.S.
      私の思い : 佐藤さんの謝罪なんか不要。セクハラバリケードやる方が悪い!
      でも・・・・ : 自民として公式に戦うつもりならば自分の傷は少しでも塞いでおいた方が有利。
      です。

      • ふぃくさー のコメント:

        次の世代に残せる日本を 様

        大変失礼しました。産経が報じてましたね。不明をお詫びします。
        しかし、「けがをしたのは遺憾だった」ですか・・・・
        遺憾の使い方が隣国とそっくりなのが気になります・・・・

    • のコメント:

      たとえ、ご本人が示談されたとしても国会において不法な暴力行為が行われ、それが混乱極まる場所での事故とはいえない事件であることには変わりがありません。もし、手打ちなどということになれば国会の安全性、正当性というのはいよいよ担保されないもので、今の世でなされてしまうのであれば帝国陸軍や大政翼賛どころの話ではない封じ込めの始まりになってしまいます。
      大沼議員、自民党、その他政党は断固、津田の問責を続けられるべきです。

    • 桃太郎 のコメント:

      他のサイトでも出てますが、みなさん怒ってますね。
      本当なら自民党に不信感しかわきません。それともマスコミの願望報道なのか?自民党には抗議のメールしました。

      あと北朝鮮主導の半島統一という言葉で思い出したのですが、中丸薫という国際ジャーナリストとかいう人の動画を以前見たのですが北朝鮮主導の半島統一は韓国も了承済みでアメリカ、日本他主要国では決まっている話と言うんです。信じがたいびっくりする話ばかりでしたが、今回の国会の事件や騒動⇒手打ちといい国民の知らない所で政治も国際社会も動いているのかと勘ぐってしまいます。

  5. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     やはり,自民がダメなら,次世代の党でしょう。

  6. のコメント:

    市長は中華系、議員も中華系が多いと聞くので、可決はある程度は決まっていたと言うべきかと。また、韓国系、中華系の住民が多くなっており、これもまた原因かと。
    外交力をもっと付けないと、いけないですね。

  7. たろう のコメント:

    今回は慰安婦問題を複合的な観点から分析しようという試みですね。この問題は大変ややこしくなってしまって面倒な問題です。
    ひとりの歴史の証言者として断言できるのは、この問題は「日本のマスコミ問題である」ということです。これを、ひとりでも多くの国民に理解してほしいと切望しています。若い世代にも知ってほしいと思います。
    日本人が豊かで幸福になり、日本が自立したすぐれた国家になるためには、なんとしても旧来の異様なマスコミ勢力を徹底的に封じ込めることが鍵になると考えています。

    日本のマスコミの手口はほんとうに過去から一貫しています。
    今回の安保法案でも「デモ活動」が大変に脚光を浴びて注目され、ひっきしりなしに報道されていましたが、どうしてだと思われますか?
    理由は単純です。
    本来は海外の声を紹介するのが好きなマスコミですが、海外の声を積極的に紹介したら、多くのまともな先進国が日本の安保法案に賛同していることがばれてしまうからです。つまり海外の声を積極的に紹介できない。(中国の難癖をまじめに聞く日本人など少数になった)
    そのため日本人の反対派の声を、笛を吹いて太鼓をたたいてでも、拡大させて国民に大注目させる必要があったのです。
    「十分に説明がつくされていない」という観点から執拗に非難して、反対派を勢いづかせて世論を批判的にさせて、自民党政権の支持率を下げさせるというのも中曽根内閣の売上税(消費税)の導入のころから徹底的に執念深くマスコミによって実行された方法です。その前の大昔から、こういう手口を常套手段にしていたのでしょう。

    今回のサンフランシスコの決議案は(中国系米国人の主導も大きいのでしょうが)、ひょっとすると先日、米国のマグロウヒルの歴史教科書への日本人の歴史学者の(正当な)抗議に反発した動きかもしれないという推測もあります。米国人に米国籍の学者を守りたいという心理が働くのはもっともなことだと思われるからです。

    韓国が中国にすり寄っているのは、(厳しい意見も多いですが)個人的には、ある意味合理的な行動ではないかと思えるふしもあります。
    北朝鮮の暴走を抑制できるのは現状は米国ではなく、皮肉なことに中国なのです。
    北朝鮮の対中国の貿易額はなんと全体の9割です。
    北朝鮮の「生殺与奪」は完全に中国の手中にあります。
    中国が北朝鮮を同じ共産党のどうしだと考える時代は、もはや過ぎて、中国は北朝鮮を飼い馴らす能力があることを海外にアピールしています。
    そのような中国に韓国がぴったりとくっついて北朝鮮という時代錯誤の国家をどのようにソフトランディングさせるかという道筋をあーでもない、こーでもないと毎日のように考えているのです。
    金大中の太陽政策も無意味でした。残るは北朝鮮への中国の飴とムチを韓国がコントロールできる資格を少しでも得るために韓国は中国のご機嫌をとりつづけるしかありません。

  8. のコメント:

    議決に関しては情報が入っていなかったこともあり、
    日本にいる我々が何ら有効な対抗策を取れたとは思いません
    韓国が赤化することも米軍撤退と併せて既定路線のシナリオですので、
    日韓、米韓の関係に影響を与えることは無いとおもいます

    ただ今回の件が恐ろしいのは
    『中国が日本を倒すため、防衛のアキレス腱である米国に直接手を伸ばした』
    『中国によって米国の政治が動いた』
    ことではないでしょうか
    韓国の赤化で日本が前線になると思っていたら、
    日本をスルーして背後の米国が浸食され始めた
    いずれは『中国系米国大統領の誕生』まで覚悟しなければならないかもしれません

  9. たろう のコメント:

    慰安婦問題に関しては、以前にも少し紹介したことのある、谷山雄二朗氏のSCOTTSBORO GIRLS(スコッツボロガールズ)をDVDで見ました。
    感想をいうと、実によくできたドキュメンタリーであり、ぜひ日本人に見てほしいということです。慰安婦問題に詳しい人も新発見があるでしょう。実際に韓国に行って要所を取材しているのは大変貴重だと思います。

    では米国人に見せればいいかというと、それは実にむずかしいです。問題意識のない米国人に見せると顰蹙を買う恐れもあると思います。
    戦後の連合軍による日本の占領のなかで、米兵用に設置された日本の慰安所の前で若い米兵の大群が軍服を着て「今か今か」と自分の順番がくるのを待ちわびている古びた写真などを見るのは米国人にとって苦痛であり、怒りが湧いてくるものでしょう。

    しかし、谷山雄二朗氏の日本を思う愛国心は疑いもない立派なものです。なにも米国人を侮辱しようというような悪意や底意はないのです。
    みんなそうです。多くの愛国者が日本を憂えて多くの発信をしてきたのです。

    大阪市長の橋下氏もそうです。外国人記者むけの場で、要は「現在の沖縄など米軍基地を見ても自発的にサービスをやってらっしゃる風俗嬢は立派だ、軍人の要求を合法的に満たしているのだから。しかし人身売買でやらされている女性がいたら問題である。今も昔も人権が重要なのは同じである」と発言して、世界的に袋叩きにされてしまいました。

    日本の保守派も橋下氏を攻撃したのことに橋下氏は業を煮やして、「日本の保守派は当時の慰安婦制度を正当化しているが、私は違う」と、世界の国々に対して「日本と同様に軍隊の性に関する過去の過ちを掘り起こして反省すべきは反省しよう」と呼びかけると言い出した。
    しかし世界のどこの国も相手にするわけがない。なぜか?
    まともな国家の国民だったら、「そんな自国の古い恥部を狂ったように漁りまくって世界に公表するなんて頭がおかしいのか!」と99%の国民が確実に考えるからです。
    「なにが人権問題だ!もっとも重要な現代の問題があるだろ」と絶対に総スカンを食うに決まっているからです。

    慰安婦騒動は、日本の衰退する反日左翼が平成3年ころに最後に放った、おそるべき「最後っ屁」でした。その「最後っ屁」に数多くの愛国者や政治家が翻弄されました。
    もっとも悲惨だと痛感したのは、「日本人は北朝鮮の拉致を非難するが、日本は何万人もの慰安婦に”同じようなこと”をしたのだ」と平然と言ってのけるニュースキャスターや記者、評論家などが何人も存在したことです。
    左翼のマインドコントロールというのは本当におそろしいものでした。
    まず多くの日本人が過去の反日左翼の悪質なマインドコントロールを認識して脱すること、それがあってこそ外国の反日勢力のプロパガンダがあちこちに浸出する事態を防ぐことができます。

  10. たろう のコメント:

    サンフランシスコの「中国がらみのデモ」というと、中国オリンピックの前などには俳優のリチャードギアなども参加して、中国のチベット抹殺への抗議が国際ニュースにもなるほど盛大に行われたりしたのを思い出します。チベット問題は現代進行形の中国問題だったのです。人権に敏感であった欧米人も激怒していたのです。

    このころからチャイニーズ系は歯ぎしりをして、中国の人権問題から目をそらすため、あれやこれやと工作活動に知恵を絞っていました。
    それに途方もない悪知恵をさずけたのが、日本の国内に巣食う反日左翼でした。

    これは神様でもない私にでさえ100%断言できますが、韓国人の国連事務総長が先日の中国の抗日戦争70年式典に参加したという、こんな馬鹿馬鹿しい些末な出来事さえも、日本の反日左翼が偏向マスコミと共同で従軍慰安婦騒動を全精力をかたむけて世界に放出した結果です。それほどこの騒動のもたらしたものは途方もない悪夢で醜い憎悪そのものでした。

    この病巣の根源は、日本の反日左翼ですが、その中核は、平気で反日プロパガンダを世界中に垂れ流す日本の学者やマスコミでした。下記のような共産主義に賛同する学者が戦後の歴史学で主流になったことが象徴的です。

    「歴史学研究会」の歴代委員長
    1960年~1962年:江口朴郎 ※マルクス主義歴史学者<歴史学とマルクス主義 (1972年) >
    1963年~1965年:遠山茂樹 ※マルクス主義歴史学者。羽仁五郎の弟子。共産党が評価した。
    1965年~1969年:太田秀通 ※古代ギリシャ専門だが、典型的なマルクス主義歴史学者
    1969年~1970年:藤原彰  ※井上清(マルクス主義者)の弟子。日本軍毒ガス写真報道で捏造
    1970年~1973年:永原慶二 ※典型的なマルクス主義歴史学者
    1976年~1979年:野沢豊  ※(おそらく)典型的なマルクス主義歴史学者
    1986年~1989年:中村平治 ※インド専門だが、左翼シンパ 
    1993年~1996年:中村政則 ※マルクス主義歴史学者。「最後の講座派」と呼ばれた。

    最新の山川出版社の日本史Bの教科書を最近ざっと見ましたが、ひどいものです。
    戦前や戦中の歴史については、やたらと雄弁にまくしたてています。
    ところが戦後についてはなんの脈絡もなく出来事を並べているだけです。よく高校卒業のアルバムで何年に何があったかを羅列したページを見かけますが、ほんとにあの程度で、なんのストーリーもない。
    ところが頭のおかしい日教組が国家による弾圧だと狂ったように抗議した「勤務評定闘争」などはちゃっかり記載されているのですが、竹島問題などは一切記載されていません。
    左翼にとって重要な出来事だけが選別されているようです。どう考えても、勤務評定などより、日韓基本条約締結のときに大問題になり韓国の侵略であり国際法違反であった竹島問題のほうが歴史的に重要ではないですか。

    こんなことに見てとれる通り、共産主義の学者の徒弟制度のような連中が主流となっていたので、朝日新聞が従軍慰安婦騒動で吉田清治をまつりあげたときに、そのデタラメを検証する歴史学者などひとりもおらず、第二の吉田清治はどこかにいないかと探し回っているような有様でした。

    そして本質的問題は、当時の時代に吉田茂のような、そこそこの歴史観をもった政治家がほとんどおらず、朝日新聞や反日左翼の陰謀を見抜けなかったことです。

    中国共産党は鄧小平以降は経済の自由化をとりいれることにより共産主義的な計画経済を見放して本来は中国国内での権威が大幅に低下するところだった。
    また日本の国内の反日左翼は冷戦崩壊で共産主義にすがりついた過去が鋭く批判されて大きく衰退しつつありました。
    この両者が手を組んで、日本を執拗に敵視することで権威回復をはかりました。
    偏向マスコミは重要な事実を知らせないで徹底的に情報操作することで国民を洗脳しました。

    中国は歴史的に金融など国際化進んだ上海でさえ、共産主義賛同に従わない歴史教科書が中国共産党おかかえの歴史学者から総攻撃を受けて窮地におちいったりしています。そういうことも過去にはほとんど報道されてきませんでした。
    ひたすら国民のマインドコントロールのため情報を一方的に選別して偏向マスコミが垂れ流して公共放送も迎合して大部分の国民が信用していました。

    だからといって、これからやることは何も「国家が学問やメディアに干渉せよ」というのではなく、ほんとうに反日左翼の洗脳に脳をおかされてない政治家をひとりでも多く政治の場に送り、悪質な変態マスコミの洗脳にひっかからない政治家をひとりでも増やすとだと思います。

  11. 名ナシ のコメント:

    朴政権下での中韓接近を考えるとさもありなんと言ったところですかね。
    在米中韓人の連携も去年、一昨年ぐらいから動きがありましたし。
    中華コミュニティの動きは侮れません。
    日韓関係の悪化は改善することはないでしょうから、日本海側の自衛隊の
    体制見直しが必要になりますね。
    海自は舞鶴のみ、陸自も本州から戦車部隊を廃止となりますから・・・。
    とりあえず人員と予算の増額は至急やらないといけません。

  12.   のコメント:

    日本人同士で井戸端会議をしていても何も解決しないと感じています。
    奴らは聞こえのいいプロパガンダを掲げている。
    日本にも一致団結して声を揚げられるテーマが欲しい。
    ずっとそう思っているのです。
    そういえば久しぶりに731部隊のWikiを見に行ったら酷いことになっていた。
    まるでマッド・サイエンティスト部隊だ。
    慰安婦像も忘れてはならないが、彼らのプロパガンダを全てチェックし続けなければならない。

  13. のコメント:

    今は何を言っても醜悪な自己弁護にしかなりませんが、それこそネットなんていうのは従前より言われているように現場で利害のある人間には口で言うほどの力がないのです。
    これが平和安全法制やTBSブルーリボン事件のように国内のことであればまだ直接の顧客、法的対象の言として威力を持ちますが、他国であるカリフォルニアの議員に対して日本ネット世論がどうこうしても力がないのは親愛なるネチズンや童子蚕諸君が我が日本国政に影響しないことからも明らかであります。それでも声を挙げていれば時間や資金を対カリフォルニアで振り向けられる議員や団体がおられたか、存在したとして阻止できたかは甚だ心もとないものであります。

    そのうえで考え、行動すべきことは情緒のうえでも能力のうえでも対中対露の防衛者たりえない朝鮮人とその国家を味方につけ続けるなどという徒労の方策ではなく、半島が北だろうが南だろうが中共直轄だろうがロシア直轄だろうが日本海を、日本を守る防衛力をいかに持つかです。自衛隊の隊員数、部隊数の回復、さらなる増強を為さねばなりません。集団的自衛権はむしろ徴兵制や自国のみでの軍備増強を避けるものだという説明との関係上厳しいものはありますが、中共や(場所としての)半島の脅威を説いて実現しなくてはならない。そのためにもマスコミと教育を日本人の手に取り戻すことは最優先の急務であり、何としても実現すべきなのです。

  14. mirage のコメント:

    サンフランシスコの決議を見ると、一度自ら捏造話を広めてしまうと取り返しのつかないことになる、ということを改めて感じます。
    朝日は全世界に赴いて自らの捏造報道による誤解を解いてこい、と言いたい。
    ここまで来たらしょうがない、70年前の敗戦直後のように絶望的状況からどんなに時間が掛かろうが一歩一歩立ち直るしかありません。
    そして、中韓に対しては真実を武器にした反論だけでは駄目で、彼らの残虐行為を糾弾して反撃することが重要です。

  15. ふぃくさー のコメント:

    すみません。苦言になります。

    先生の記事は勉強になることだらけでいつも感謝しているのですが、今回の記事についてのみは、第一感、卑怯と感じました。
    SFの慰安婦決議による危機感を煽るのはよいし、中国の策略を危険視するのも納得できます。ただ、その論理展開過程において、日本の国防を水際作戦以降の危険性でしか語っておらず、実体以上に読者の危機感を煽る手法が採用されています。

    上陸を許してしまう事態はその時点で日本に勝ち目がない事はネットでも常々指摘されており、だからこそ機雷封鎖やケーブルセンサーによる敵艦把握などに力を入れていると認識しています(聞きかじりです。偉そうな言い方はお詫びします)。ところが今回の記事では上陸を許さないための国防手段があまりにも無視されています。この程度の事はきっと先生もご存じのはずなのに、危機感を煽るために敢えて言及していないとしか思えません。「あくまで私見」とか「専門家らは、異なる見解も持つのだろう」と強調されているのも、敢えて言及していない事への自己防御(言葉が悪いですね。すみません)の意図を感じます。

    もちろん、すべて海上・海中で完全阻止するから全く問題ないなどと寝言を言うつもりはありませんし、上陸されてしまう危険も当然あると思っています。特に、全面戦争になった場合は日本はほぼアウトでしょう。ただ、先生の文章にしては珍しく公正さ(?)を欠いていると感じましたので思うままに記してみました。失礼の段、重ねてお詫び申し上げます。

    —————–
    参考までに、以下は主に余命さんからの情報を記憶で記しています。「妄想」ですから話半分で読んでいただければと思います。記憶に誤りがありましたらご容赦のほどを。

    ◇民主党が流した自衛隊機密情報の中国側解析結果より
      ・中国潜水艦と日本潜水艦では喧嘩にならない。日本側から一方的に撃沈される。
       (∵ 潜航深度差、魚雷射程差、魚雷発射深度差、静粛性差、等)
      ・日本の機雷敷設は最短1日もあれば可能
      ・中国側戦艦の大半について音紋等の情報収集済(自動機雷の的になる)
      ・中国側戦艦(潜水艦含む)の動きは湾を出た時からすべて把握可能
      ・これらを受けて、日本領海内の潜水航行禁止・海上でも武器非搭載での活動に変更。主軸を南シナ海に転換。
    ◇空母である遼寧は足が遅く、艦載機の発進に制限有。併せて、艦隊行動が遼寧の船速に合わせる必要があるので絶好の的になる。

    マイケル・ヨン氏の指摘から記憶で記載
    ◇日独の戦争犯罪について世界抗日戦争史実維護連合会の要望で7年間30億円以上をかけて米政府で調査したのがIWG報告。慰安婦強制動員の証拠はみつからなかった。
    ⇒ 自分で調査をさせておいて、「IWGは嘘ばかり」とか、どの口が言ってるんだか・・・・(怒)

  16. 桃太郎 のコメント:

    昨日のDHCシアターで青山繁晴さんの話を聞いていて中国の脅威が身近にあると改めて認識できました。沖縄の翁長が中国から受けている指令
    1.在日米軍を日本から追い出すこと
    2.沖縄独立論を盛り上げること
    まさに翁長は指令通りに動いてます。今回国連で話をできたのは中国が裏で動いた、それで欧米側が基地賛成派の沖縄市民を出すよう勧めたのだとおっしゃってました。
    前の沖縄知事は中国の言うことを聞かないので今回の知事選挙前から翁長に目を付け資金も援助していると。
    最終的な目標は中華系のアメリカ大統領を出すことだそうです。これらの動きは政府も認識しているとの事。米と中共が手を組んで反日攻撃されたら、、、
    これから先は日本もアメリカだけを頼っているのでなく、インド他いろんな国と関係を強化するべきです。
    私たち国民は日本の国益、国民を守ろうという意思を持った議員を見極め、国政、地方選挙で議会に送る事ではと思います。

  17. 生野区民 2 のコメント:

    今回思ったことは、民主主義の弱点を付かれた事だが外国人参政権どころか
    帰化制度を廃止した方がいい、サンフランシスコは乗っ取られたと同じ状態で
    オーストラリアも同じようになるだろう、日本も沖縄に侵食してきている
    選挙がある限り、起こりうることだ容易に想像できる
    20%を選挙民を送り込めれば、政治を左右できるといわれていて沖縄も同じ状態
    ズラ長が勝つのも同じような理由、120万から140万に急に選挙民が増えてる
    あと小坪議員が言うように、半島がシナ、ロシアの勢力下になればという話しは
    いつか来た道であって、間違いのような気がする
    日本はそれを過度におそれ日清、日露に大東亜に巻き込まれていった
    平和主義者ではなく、戦前と兵器自体が大陸弾道弾やシナ、ロシアから直接攻撃できる今現在は、無意味な議論だと思う
    まず9条を破棄して通常兵力ではなく、核武装への道を探るべき
    通常兵器で日米安保無しに日本が自国を守るなら防衛予算が30兆~40兆で当然徴兵再開、戦前のGDPの40%が軍事費にそっくりになってしまう、それは不可能で
    日米安保に頼ってる状態なんだが、トランプのような大衆迎合する基地外が選挙戦を
    リードしてる今、政治家として安保なき日本を想定していくべき
    自衛隊は現状で偏った防衛能力しかない、米軍がいないと何も出来ない
    投影戦力を復活させるのは、相等長い時間がかかるそれまでシナに待ってくれと言っても聞いてもらえないのは、馬鹿でもわかる
    世界中から非難されても核をこっそり持つ方が簡単、初めは嫌がられるがインド、パキスタン
    イスラエル、北朝鮮は別に滅んでいない
    こっそりと言うのが肝心で日本の核武装や再軍備を邪魔したのは、アメリカなんだから、池田内閣、岸内閣で核武装が検討された時にアメリカが守るからと、代案されたのが安保なのだから、岸氏の弟である佐藤内閣で核武装案を完全に潰され、非核3原則
    という、意味不明なことをノーベル賞と一緒に押し付けられ核は議論も出来なくなった今、岸、佐藤氏の子孫である安倍さんに期態したい
    中川さんが亡くなってしまったのは、日本にとってとんでもない災難だった。
    イスラエルを別にしてインドや北朝鮮は、アメリカが制裁をしても何もなかったし
    イラクが攻撃されたのは、核を持っていなかったからだろう
    大領破壊兵器なるものはでてこなくて、単なる弱いもの虐めのリンチだった
    あれをみて、金正日が核に走り現在も体制を維持してアメリカの譲歩を引き出している、核がなければアメリカが本気になれば3日もあれば無くなる国なのに
    政治家であるなら、半島が取られるとどうなると言う100年続いた幻想に近い話しは
    やめて、いかにすれば日本を守っていけるかということを模索して欲しい
    100年前は本当の危機だったが、兵器が格段に進歩した今、寝言のようなもの
    帰化制度を改め、選挙で保守を増やし戦争出来る国に変えなければ日本は100年後
    シナの日本自治区として国民の大半は虐殺される
    防衛とは、口で綺麗ごとを言っても所詮は戦争力なのだから
    現在マスコミが敵側の手にあるのなら、ネットを活用する以外は単なる妄想でネットで少しでも、危機を国民に伝えるしかない
    取り留めのない、長文になってすみません興奮したもので

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    またサンフランシスコですか…ここは過去もこんなんですし

    【画像】「安倍は日本に帰れ!」米サンフランシスコで中韓系団体が反日デモ
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/43826877

    あとこちらは日本内の事です、故意か知りませんが、数年前から問題視されまくってたのが駆除しきれず、九州本土に来たようです、市議もお気をつけ下さい

    【悲報】凶暴スズメバチ、長崎・対馬に定着 生態系に悪影響の恐れ「対馬との間に定期航路がある韓国から、船に乗って侵入した可能性が高い」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/36882900

    過去にもこんなのがありましたね

    【熊本鳥インフル】日本の野鳥からは検出されず「韓国人が故意に持ち込んだ」と地元は確実視。熊本県、ソウル―熊本線を増便」
    ttp://m.moeruasia.net/article/37649909

    戸籍に関しては、スレ内では後は追える方向で落ち着いていますが…

    【驚愕の現実】帰化して転籍すれば、戸籍の「帰化事項」が削除される件(‘A`) 2重線消しじゃなく空白、戸籍から消えればもう追えない‥
    ttp://m.moeruasia.net/article/37291441

    余談で、テロを警戒するなら、地下鉄の警備は新幹線並の警備体制に引き上げた方がいいのかもしれません…と、職場の人が言っていました

    翁長の子供が中国共産党員と結婚してると噂がありますが、オーストラリアの首相かそのあたりの親族??も中国共産党員と結婚した??と言う噂があるので、オーストラリアも注意です、この時も和田議員が行動して下さいました…

    和田政宗氏「オーストラリア戦争記念館の旭日旗投影踏みつけ問題。抗議を受け入れ、撤去したと在日本オーストラリア大使館より連絡がありました」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/33196459

  19. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    こちらもどうぞ、東大阪市にかなり迷惑かけてました(日本人の金で慰安婦像を建てさせようとした??)

    【米国】中国系住民ら、サンフランシスコに慰安婦像設置を推進…中国系市長の支持を得ている
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/43244549

    グレンデール市が東大阪市の名誉を毀損する虚偽記載。長年の恩義を仇で返されたことに市長も怒り
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50422809

  20. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    他の市で行動して下さいましたテキサスダディ

    【動画】テキサス親父、グレンデール市議会に「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。侮辱している」マラーノ氏一流の弁舌や論理展開に議会も沈黙
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/40939459

    【悲報】在米韓国人が安倍総理の顔写真にハーケンクロイツコラ!!米グレンデール市の図書館で慰安婦とホロコーストを同列に扱う資料まで展示
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/30407167

    こちらの記事の方が詳しいかもしれません

    【慰安婦像】『設置に賛同』は虚偽!!東大阪市が米グレンデール市に抗議!!姉妹都市解消も!
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/30242449

    【速報】「慰安婦問題は歴史の捏造だ」「慰安婦は売春婦だった」慰安婦像設置に日系住民が猛反発!!!公聴会大荒れ アメリカ・グレンデール市
    ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/29485541

    ちなみに日系のこの訴えを無視して設置されました、日本政府が積極的に動かないのも関わりあるかもですね、かなり舐められています、現地の方々だけでは正論でも大変だと思います、何せ嫌がらせの天才達ですから

  21. ある愛国者 のコメント:

    中国共産軍の大虐殺から
    命からがら日本に逃れてきた
    チベット人の生き残りでもあるペマギャルポ氏は
    中国共産党の最終目的は
    天皇の処刑だと主張するが、
    私の所見ではまだまだ甘いと考えている。

    天皇皇族の処刑は奴らにとってはただの通過点。

    本当の目的は
    日本人全員の処刑(=ホロコースト)と考えている。

    いや、それすらも奴らにとっては通過点なのかも知れない・・・。

    だとしたら奴らの本当の最終目的は
    中国人以外の全ての人種のホロコーストと
    世界征服なのではなかろうか?
    とも考えられる。

    現在進行形で全世界に対して人口侵略を仕掛け、
    異常なまでに軍拡を進めている様を見るに
    結構本気で考えているのかも知れない・・・・・・。

  22. 生野区民 2 のコメント:

    売春婦像を怒るよりも、この目的は日米離反が目的で有事の際のアメリカの世論が
    日米安保を発動しにくくなるのが、目的だと思う
    先ほど核武装論を書いたが、国内意見を調整して核武装は不可能なので
    志位ルズという基地外反日団体が安保法案破棄と騒いでるのを利用してはどうかな?
    安保法案改正ではなく、テロリスト連中が破棄といってるのは、議会の半分あれば破棄できると、主張してるのだから同調して憲法は破棄できると世論形成して9条を一気に
    破棄をすれば核武装に議論はいらない、軍事機密なんだから今製造してる心神の内容を細かく報告しないのと同じ
    核保有国で、議会で議論した国などないんだからあくまでも軍事秘密
    9条さえなければ、日本の技術力なら核実験などせずに、核保有することは比較的簡単
    核があるかもって、思わせるだけで抑止になるとおもうし
    そうなれば、売春婦像が世界中に1万体できてもだから何って言えると思う
    相手の土俵に乗るのは、馬鹿げてるし労力も意味無い
    相手は日本を辱めるのが第二目的で第一は金と日米離反だろ
    日本は独自に、やっていける道を模索するべき志位ルズが大声で安保法案破棄といえるなら、同じ憲法の9条も破棄でる
    次期国会で9条を破棄しても何も問題ない、それから憲法改正して憲法破棄は以後は
    出来ないと、明記すれば問題ないと思うんだがどうだろう?

  23. 神奈川11区 のコメント:

    この件は韓国主導のものと違い、簡単に『反対!』では片付けられない気がします。
    中国という国家は侵略等に関しては20年・50年と、かなり先を見据えた計画を進めているという話があります。(怖いですね)

    韓国を見ていると分かりますが、韓国の人は頭では日本をまともな先進国・中国は滅茶苦茶な国と思っていても、劣等感や周囲の目を気にして現実世界では口にできない様です。

    全ては韓国の教育・メディアが原因だと思いますが、それを正すには韓国政府(=それを選ぶ国民)が歴史を正視し、目を覚ますという超難関が立ちはだかっています。
    この難関、危機が目前に迫らない限り、やはり越えられないかな……

  24. hina のコメント:

    日米の離間工作は長きに渡りマスコミも使って
    続けられていますね。
    朝鮮・韓国・中共の工作はしつこく周到に
    何十年にも渡り染み渡っており既に危機を
    通り越している気さえします。
    朝鮮半島・北方四島は国防の要衝で本来なら
    何としても守らなければいけない筈ですが、
    難しいと感じます。
    日本国軍の充実を待ち望んでいます。
    米国の乗っ取りも危うい状況ですし、
    有効な手段は取れるのでしょうか。
    不安感は日々増すばかりです。

  25. とっち のコメント:

    ● 韓国は大陸に対する防波堤であるとの考え
    ● 日韓は自由と民主主義・法治主義などの価値観を共有しているとの考え
    ● 韓国は日本企業にとって欠くことのできない市場であるとの考え

    上記は古い考えですね。
    現実には『韓国こそが安全保障上の最大の脅威である』となります。

    他の方も書かれていましたが、日本海・東シナ海・南シナ海・インド洋・
    西太平洋には日本のケーブルセンサーが張り巡らされています。
    ホーミング機能機雷1,000個程度であれば1日で敷設可能です。
    日本は海での戦いでは決して負けない形を作り上げてきました。
    もちろん油断は出来ませんが、簡単には上陸は許さないと思います。

    下記参照ください。

    【NHKサイエンスゼロ津波地震計】
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/21/120%e3%80%80%ef%bd%8e%ef%bd%88%ef%bd%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bc%e3%83%ad%e6%b4%a5%e6%b3%a2%e5%9c%b0%e9%9c%87%e8%a8%88/

  26. こたママ のコメント:

    毎日拝読・応援させていただいています。
    アメリカに住んでいますので、私にとってこの問題は他人事ではありません。
    私の住む町はかなりの田舎だということと、地域で一二を争う大企業が日系であることで、すぐにターゲットになる可能性は高くないと思います。ですが、隣の町には大きな韓国系の教会や、最近進出してきた韓国企業もあり、いつも不安を抱えています。
    小坪さんやこのブログの読者の方々はもうご存知だと思いますが、先日産経新聞で山岡鉄秀氏(AJCN代表)の「豪州発 日本人よ目覚めよ! 慰安婦像計画完全阻止を緊急報告」が月刊正論10月号から転載されました。http://www.sankei.com/politics/news/150923/plt1509230001-n1.html
    「オーストラリア・シドニー近郊のストラスフィールド市で今年8月11日、中国や韓国系の団体が求めていた戦時中の「日本軍慰安婦」像の設置計画案について、市議会が全会一致で否決した」ことについて、現地の皆様がどのように戦ったのか詳しい報告がされていました。
    この報告を読んで気がついたことは、設置反対派は、捏造された言いがかりをいかに論破するか、いかに日本人の名誉を回復するかということだけに集中してしまいがちだということです。つまり、長い時間周到に考え抜かれて繰り広げられる戦略に、単なる応戦だけでは太刀打ちできないということでしょうか。
    なぜ、そのような戦略を持って挑まれているのか、その根本となる狙いを打ち砕くような戦法が反対派には求められているのでしょう。そのためには、現在の世界の安全保障問題や、現在進行形の人権問題に世論の関心を立ち戻らせなければなりません。
    過去の人権問題を現在の問題を覆い隠す道具に使わせてはいけません。
    今回は小坪さんがこの話題を取り上げてくださり、大変ありがたいです。
    ただ、私自身はネットで情報を集める以外に何をすればよいのかわからず、自分がふがいなく、情けなく思っています。
    小坪さんの記事は日本の国防を中心とした内容でしたので、少し的外れのコメントになってしまっていたら申し訳ありません。

  27. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    コピペですが

    心ある日本人が知恵を出しあってます

    米国大使館にメール
    ttp://japan2.usembassy.gov/j/info/tinfoj-email.html

    米国民主党が不当な圧力をかけているならば、
    日本人の抗議先は、米国大使館もいいけど、
    米国民主党本部だろう。コンタクト先は以下。

    my.democrats.org/page/s/contact-the-democrats

  28. とっち のコメント:

    最近、米当局者とお話しした青山繁晴氏によると、
    「米国は完全に韓国を見捨てました。」とのことです。
    韓国は重要軍事・政治情報を暗号化せずにやりとりをし、
    米国は7年間、それを知っていながら黙っていたそうですから、
    切り捨て時期を見計らっていたのでしょう。

    2007年の第一次安倍内閣の時に、日米の超高官レベルで
    以下の提案について話し合われたそうです。

    「我々は日本側が一切の記録を残さないことを前提に提案を行う。
    米国は韓国に対し、過去、現在、将来の各種分析を行った結果、
    同盟国としては不適格との結論に達した。
    よって経済的には,スワップの延長停止をはじめとして積極的に関わる
    援助等は行わないことを決めた。
    軍事に関しては、最先端軍事技術の供与停止をはじめとして、
    軍事訓練等もそれを考慮して対応する。
    来る2012年米韓指揮権委譲後は速やかに在韓米軍の撤退をすすめ、
    統合司令部だけを残す予定である。

    その後の北朝鮮侵攻のような事態については、朝鮮戦争勃発当時とは
    大きく周辺国の状況が変化しているので、韓国の国防力と中国非参戦を
    考慮すれば米国や日本が巻き込まれることはないと判断している。
    原則、米国は介入しない方針だ。

    韓国との原子力協定改定を認めることはない。
    陰で核開発を進める国に核開発のお墨付きを与えるようなもので論外である。
    米中ともに朝鮮半島非核化を望んでいる。
    このままの中途半端な米韓同盟は北朝鮮の核武装を進め、それはIAE脱退による
    韓国の核武装と必然的に日本の核武装につながる。
    米国が半島から手を引いて日本とともに第一列島線防衛に専念することは
    両国にとっても多くのメリットがあると考える。
    半島は中国の影響を受け韓国は半属国となるであろうが、即、侵攻、占領の
    パターンは考えにくい。
    韓国が国として存在するならば中国は北朝鮮と韓国に自国の安全保障上、
    絶対に核を持たせないであろうから半島は非核化されるであろう。

    ついては事実上、敵となる韓国と直接向き合い対峙することとなる日本に対し、
    米国は以下の対応をとる。
    まず日米安保の密接強化。軍事共同訓練の強化。日本の防衛力強化への協力。
    また戦後の軍事産業にかかる制限や規制を原則解除、容認、黙認することとする。
    米国は直接の脅威となりうる原潜と大陸間弾道弾は認めないがそれ以外は
    注文をつけない。
    日本の国内事情が許せば、中国に対する抑止力の範囲で核弾頭を売却してもよい。
    日本が軍備増強し、中国に対する核抑止力を持つことはアジアの平和、
    世界の平和につながると我々は確信している。
    日本はこの提案を踏まえて適切な対応をとられたく思う」

    2012年米韓指揮権委譲と日本の核保有以外は実現しています。

    中国の軍事委員会でも朝鮮半島有事には
    「我々は参戦しない。南北は決着が着くまで放置すべきだ。」
    との結論が出ています。

    朝鮮半島が中国に飲み込まれ、日本・中国・ロシアの三国鼎立状態と
    なっていくと思います。

  29. のコメント:

    親韓派の議員がいたのは そういったいきさつがあったとは知りませんでした 有難うございます このまま韓国が中国の属国となった場合 中国の指導の下 北朝鮮が韓国を直接支配することになるのでしょうか?だとすれば その時点で 韓国の反共産 反北朝鮮の政治家や企業家は殺されるでしょうね また韓国民は窮屈すぎる圧制に納得するのでしょうか?自惚れの強い民族ですから パランサーとしてこの難局を乗り切れると思ってることでしょう 中国に組み込まれることを知った韓国人の絶望は計り知れません 凄まじい混乱が生じると思います もちろん その時は 西側諸国の対応は中国に対して国交断絶と経済封鎖を行うことでしょう 果たして中国にそれに耐えうる力があるのでしょうか? その流れで韓国の土地に海軍基地を造る余力もないと思えます 政治の混乱に乗じて 内陸部の農民が反乱を起こすことも考えられます 覇権願望を強めれば中国もまた絶望の道へ突き進むことになるでしょう
    個人的には 中韓とは国交断絶 そして平和を願っております

  30. ピンバック: 【重要】北朝鮮が、中国に発砲、負傷者あり(解説)ヤンデレ彼女、北朝鮮 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です