【断交のチャンス】MERSと日韓関係の行く末


 

 

端的に言おう。
良い機会だから、(今後を含めた)「中止の判断」を、と言いたいのだ。
MERSに端を発し、相当数のイベントが中止されている。
私たちの陣営から見れば、いまこそ好機だ。

 

いままでの現状
ここで現在の状況を整理したい。

・親韓派の動き
政界のみならずメディア、左派活動家、各所に今もいる。
彼らは、日本国内における嫌韓感情を横目に、しかし恐れつつ。
無理やり強行していた修学旅行。
なんとか体裁を整えてきた友好イベント。
・嫌韓派の動き
これは嫌韓派と言うべきではないかも知れない。
「韓国以外にも目を向けたい層」だ。
具体的には親日国である台湾などに、だ。

韓国に一極集中している資本・予算を
他の国との友好やイベントに割り振りたい。
ゆえに「韓国系のイベント」を中止したい。

 

この親韓派と、嫌韓派の動き。
リアルにおいては、すでに嫌韓派が優勢だ。
しかし、これらの友好系のイベントは、なかなかなくならない。
それはなぜか。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(日韓断交のチャンス)

 

 

見えざる二つの障壁
実は、なかなか難しい。
ネット上の活動を主とする人にはうまく伝える自信がないが
なんとも言えないルールが、リアルにはある。

それをどう認識するかはネットの自由だけれども、リアルはリアルのルールで回っている以上、この部分に関してはネットのルールは影響を及ぼすことはできない。
その「障壁」について、難しさを知識として有して頂くことで、今後に良い影響を与えることができると信じる。

難しさ? 韓国批判のタブー
これは確かに「あった」のだ。
例えば「従軍慰安婦の虚構」であったり、「差別」であったり、
結果的に上手に「批判してはならぬ空気」を作ってきていた。

しかし、現在はほぼ崩壊しており
特に朝日新聞の謝罪と撤回以降、このような空気は僅かに残るのみだ。
サヨクは稀に、「批判してはダメでしたよね!」という謎のルールを、さも常識のように繰り出すこともあるが
それは虚勢に過ぎず、淡々と切換えしていくのみで黙る。
主たる手段としては、二言目に「右翼、右翼と連呼するのみ」しかし大勢に影響を与えることはできなくなった。

 

難しさ? 物事の継続性、そこに人がいるということ
「韓国批判がタブー」という空気は、かつてはあった。
しかし今はそうでもないということを述べた。

では、最も大きな障壁は何か。
それは「継続している」ということだ。

昨年において、「その催事を行った者がいる。」ということ。
大切なのは、そこに主催側として頑張った「人」がいることなのだ。

それが「最大の難しさ」となっている。
ここだけ聞くと、恐らくはピンと来ないのではないだろうか。

 

 

 

イベントの廃止の意味
イベントを行うのは大変。
ネットと最も異なる点だが、イベントひとつでも凄まじい負荷がかかるという点。
それが従軍慰安婦の虚構を暴くパネル展であろうと、「慰安婦はいた!」という催事であろうと、だ。

大きな負荷がかかるため、例えば行政であれ民間であれ
終わったら終わったらで、成功を喜びあうし、「お疲れ様、ありがとう」という流れになる。
これは日韓友好系のイベントでも同様だ。(どんなイベントであってもだ。)

 

▼中止・廃止すること。

その意味を考えて頂きたい。
昨年がんばってくれた人の努力を全否定することになる。
2年前がんばってくれた人の努力を全否定することになる。
3年前がんばってくれた人の努力を全否定することになる。

誰かの功績を全否定してしまうことが、難しい点なのだ。
次も別の催事で共に歩むことが容易に想定され、「継続しているものを廃止」にするには
相当の勇気を必要とする。

 

「ネットでのみ言える意見」

こう書けば、むしろ理解しやすいのではないだろうか。
目の前に「すっごい頑張って(昨年の)イベントを成功させた人」がいたとして
面の向かって「廃止にしましょう」とは言いにくいでしょう?

証拠がある。
ネット上では言えるが、リアルで面と向かっては言いにくい。
皆様の多くがそうではないか?

その大きな理由は、「そこに在る人」(リアルの人間関係)とは
相当に長いこと一緒にやっていくわけで、webと違って便利なブロック機能などないからでしょう?

別に意地悪を言っているわけではないが
こう書くと「継続中のイベントが廃止しにくい」ことがよくわかると思う。

これをダメだと言う方は、リアルの人間関係をズタズタにしてでも
ネット上で述べている内容と同じ言葉を、リアルでも同じように言うべきだ。

 

何らかの理由が必要
ゆえに「タイミングが重要」だ。
何かの理由があれば、廃止にすることは容易である。

例えば「MERSが流行しているから」であるとか。
「いまの状況で強行し、万が一があったら」とか。

いまは私たちのポジションから言えば、チャンスなのだ。

 

 

 

10年の努力が1か月で・・MERSで韓流が急失速、韓国経済に大打撃か・・韓国ネット「どんどん燃え広がっていく」「国家的な損失が大きい」

 

韓国メディア・ソウル経済は18日、中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大によって海外の韓流イベントの中止が相次いでおり「10年間の努力の結果が、1か月で危うくなっている」と報じた。

記事によると、18日には27?28日に東京で開催される予定だった「日韓フレンドシップ・フェスティバル2015」の延期が決定した。このイベントは、日韓国交正常化50周年を記念して韓国文化体育観光部が主催、韓流スターのほか、両国の伝統芸能の公演が予定されていた。また、医療観光や韓国料理、ファッションなど、韓国観光のPRも行われる計画で、約5万人の来場を見込んでいた。

また、今月13日から中国で開催されている「第18回上海国際映画祭」では、韓国映画の関連イベントがすべてキャンセルされた。20?22日に成都で開催される予定だった「韓流愛文化祭」も延期されている。

また、韓流を目当てに訪韓する外国人観光客も大幅に減少している。観光公社によると、先月MERSの感染が確認されてから17日までに計12万人の外国人が予約をキャンセルしたほか、夏季の新たな予約も急減している。特に打撃が大きいのは医療観光で、MERSへの韓国医療機関の対応が批判されたことから、外国人の予約が激減しているという。

2014年の韓流による経済波及効果は4兆6900億ウォン(約5200億円)にのぼるとされ、MERSによる韓流の失速は韓国経済全体へのダメージになるとの懸念が強まっている。

このため、韓国政府は19日に官民一体で韓流を推進する「韓流企画団」を設置すると発表した。MERSが沈静化するのを待って、海外プロモーションを強化する計画だという。

文化体育観光部関係者は「官民が持つ韓流関連情報や経験、資源を結集するきっかけになる」と、企画団の効果に期待している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「無能な政府、愚かな国民、欲深い国会議員。MERSはまだまだ続きそうだ」

「無能な大統領のせいで、国家的な損失が大きい」

「どんどん燃え広がっていく」

「永遠に続くことはない。MERSも近いうちに終わる。それまでの我慢だ」

「SARSが流行ったら、中国行きを拒否せよ」

「行くな!」

「恥ずかしい。他の国の立場も理解できる」

「本当に被害が大きいのは、零細な自営業者。芸能人も大変だが、食堂やカフェなどの打撃も大きい」

「芸術公演や韓流といえば、人気俳優やK?POP歌手を思い浮かべるが、私のようにバッグミュージシャンやダンサーもいる。MERSのせいで一か月間練習したことがパーに。お金ももらっていない」

「MERSで自宅隔離者が大勢いるのに、韓流が問題か」

「国民全員がMERSの恐怖を感じている。韓流のことは後でいい。記者は何を考えてるんだ?」

「MERSのせいで芸能人は中国や日本に断られ、大統領は米国から拒否され・・・」

(編集 MJ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000006-xinhua-cn [魚拓]

 

 

 

いかがだろうか。
言いたいことが伝わっただろうか。

完全に廃止すれば、再起は難しい。
「今年は中止」にできたとしよう、
特に頑張りたいのは「来年」だ。
来年もやらないとなると、事実上、イベントはなくなる。

思い出して欲しい。
朝鮮通信使にせよ、修学旅行にせよ、「できるだけ速やかに」復旧しようとしたではないか。

あの理由を考えたい。
それは、数年に渡って「廃止」となれば、再度起こすことが大変だからだ。

もっとはっきり言おう。
今年と来年を中止に追い込めれば、再来年以降は「半分以下」にできる。

 

 

・小坪しんやは嫌韓なのか。
実は、そうでもない。
佳子内親王殿下に対しての件、震災時にどのような意見があったか。
対馬の仏像の件、一事が万事、カンに触る。
とは言え、実はそうでもない。

(Blogはこのような形だが)「特段、韓国がどうこう」というよりは、
もっと他のアジア圏に目を向けて行きたいというスタンスだ。
限られた資本、予算が韓国に一極集中している。
問題視しているのは、この点だ。

 

・目的は何か。
ゆえに「改善のため」引き剥がしにかかっていると思って頂きたい。
結果として韓国に冷酷な意見は増えるが、
韓国が憎いどうこうは実はどうでもよくて(思うところは相当にあるが)
最も重視しているのは「他の国に目をむけたい」というだけなのだ。

船の舵が、とてつもなく左に切られていたとしよう。
これを中立に戻したいと考えた際、私の舵は中立ではダメなのだ。
思い切り右にきって、「足してちょうど中立」あたりを目指す。
ようはさじ加減に過ぎない。

 

・いまこそ好機
人の不幸を喜ぶことは浅ましいことである。
その上で、私はドライな人間ゆえ、「いま場に風が吹いていること」を述べたい。

日韓友好系のイベントを、できる限り中止に追い込み、
次年度以降も中止させて廃止させて行きたい。

そして、もっと視野を広げたアジア圏との友好を構築していきたいと思う。
賛同して頂ける方は、FBでのシェア・tweetでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

※業務連絡
?コメント欄を旧バージョンに戻しました。
?様々な機能をOFFにしています。(ちょっとすっきりしたと思います。)
?SSL対応のチェックのためで、ブラウザがクロームの方はアドレスがみどり色になったと思います。
?Firefoxとアンドロイドでは、オレンジ色(一部が未対応)となっています。
?たまに(PC・携帯とわず)画面が横広くなってしまう症状については、現在調査中です。
?Twitterの定期つぶやきもURLをhttpsに編集しました。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

12 Responses to 【断交のチャンス】MERSと日韓関係の行く末

  1. medakanoon のコメント:

    【断交のチャンス】MERSと日韓関係の行く末 端的に言おう。 良い機会だから、(今後を含めた)「中止の判断」を、と言いたいのだ。 MERSに端を発し、相当数のイベントが中止されている。 私たちの陣営から見れば、いまこ

  2. 生野区民 2 のコメント:

    クネクネがアメリカに行かないのは、自粛かと思ってたら断わられたのか
    地上波をもう5年以上みてないので、その辺のことは少し疎い
    岡山の高校が修学旅行を延期しましたね
    学校名がわかるので、中止に追い込むように現在拡散しています
    本当に国交断絶を心から、願う

  3. 福岡2区 のコメント:

    久留米市高牟礼中学校が、本当にしつこく修学旅行は韓国でしたが、ここに来てMERSの件があり「これを理由に今年の修学旅行を韓国から変える」ことは可能だと思っておりました。
    最終的にMERS様のお蔭で今年は阻止できた模様です。
    「来年は絶対!」と校長は意気込んでいるみたいですが…来年も注目して行きたいと思います。
    http://amba.to/1JCfjpM

    • のコメント:

      来年は食品に寄生虫が多い事、不衛生さ、犯罪の多さを理由にするといいと思います。
      学校のトップが聞く耳持たないなら、保護者会、地区子供会、来年行く後輩達に広めていき知ってもらうのもありだと思います。
      ウチの子は韓国旅行行かせまいかな… という家庭が多く出れば流れも変わるでしょうしその弁護をする校長の不審さもアップしていく事でしょう。

  4. たろう のコメント:

    日本人はさんざんと「平和、平和。平和が大事」と吹き込まれてきたので、戦争は見るのも聞くのもイヤというのが大多数派になったと思いますが、最近の日本と韓国は一種の「戦争状態」です。軍事力で物理的に攻撃するだけが戦争ではなく、猛烈なプロパガンダで他国を心理的に総攻撃するのも戦争の特殊な形態といえると思います。
    日本が仕掛けているのではなく、韓国のほうが日本に仕掛けています。歴史認識を利用したプロパガンダ戦争です。それを容赦なく徹底的にそそのかしてきたのが日本の反日左翼でした。

    民主党の鳩山内閣のとき、和田春樹という東大学者が「日韓併合は無効だ」という談話を発表せよと鳩山首相に迫りましたが、鳩山氏は拒否しました。
    実は「日韓併合無効宣言」というのがあり、署名者が韓国はもちろん日本でも大勢の学者が署名しました。従軍慰安婦騒動で日本人を洗脳した高橋哲哉、荒井信一など主な左翼学者はのきなみ顔をつらね、さらに大江健三郎なども左翼文化人も署名しています。(ちなみにごく少数の政治家のなかで署名した清水澄子・元社会党などは「日本人拉致は後回しにして北朝鮮と国交樹立して賠償しろ」と断言した 政治家です)

    韓国側は「これだけ著名な日本の知識人が署名に参加してくれているのだから、いずれ日本の政治も動いて、日韓併合無効条約の宣言の日がくる」と確信して、以前にも増して、(あれほど北朝鮮を美化してきた)日本の左翼だけと手を組んで、左翼の言いなり通りに国策を進めるようになりました。(過去の慰安婦の救済のときも「被害者救済は基金であってはだめだ。国家補償であるべき」と主張した高橋哲哉などの通りに韓国は動き、いずれ日本政府も左翼に突き上げられて国家補償をしぶしぶ認めるであろうとにらんだ)。

    韓国の策略は、日韓基本条約まで結んで国交回復した二国間では通常の国際常識で考えたら有り得ないような、「日韓併合を無効化して竹島の不法占拠もいっきに国際的に正当化させて、なにもかも韓国の歴史観を日本に飲ませて思い通りにあやつろう」という戦略でしたが、さすがに日本の政治家も官僚もそこまでは馬鹿でなかったのか、反日学者の扇動に乗らなかったのは良かったですが、従軍慰安婦騒動などは韓国や朝日新聞の言いなりになって後の祭りでした。(慰安婦騒動以前は「朝日新聞の主張と逆の政策をやればうまくいく」という不文律が知られてましたが、このときは金融政策などで政府や役人も国民も忙殺されていたのか、ものの見事に朝日新聞の策略にひっかかってしまったのです。せっかく当事の盧泰愚大統領も最初は朝日新聞が主犯だと見抜いていたのですが・・)

    共産主義に熱狂した反日左翼が日本社会でオピニオンリーダーとして生き残るために、おぞましい反日ビジネスに手を染めて、狂ったように日本たたきを世界中で繰り広げて、「慰安婦問題を糾弾するのは将来における世界中の戦場の戦争犯罪を食い止めるため」などと豪語して、ひたすら日本をスケープゴートにして韓国や中国はもちろん世界中に執念深く情報発信しつづけて、ここまで事態は深刻化していきました。

    そのなかで大宣伝塔となった報道機関の数と異常性はすさまじく、なかでも朝日新聞は鬼畜のなかの鬼畜です。ネットが普及して、同一報道の新聞紙どうしの比較によって、その過去のおぞましさはますます衆目にさらされることになりました。
    たとえば大久保駅で線路に落ちた男性を助けようとして亡くなってしまった2001年・平成13年の事件。
    (韓国人留学生のイ・スヒョンとカメラマンの関根史郎が死亡。イ・スヒョンは「あなたをわすれない」、 関根氏は「横道世之介」などに映画化されて有名)

    そのときのイ・スヒョンの父親の謝辞
    「本日は至らぬ息子のために金大中大統領はじめ森首相、各大臣、国会議員の方々、学校の関係者、見ず知らずのみなさん、本当にありがとうございます。息子の死が無駄にならないように韓日の友好関係がますます深まってほしいと思います」

    そのときの告別式に関する報道。
    毎日新聞
    「死んでみんなに感動を与えたのだから、死は決して無駄ではなかったと思い、それが唯一の救いです」
    産経新聞
    「戦争のとき、父は日本に行った。父を頼って祖父も渡日して、日本で病死した。私自身もその関係で六歳まで大阪にいた。息子は自分の意思で日本に留学した。私には息子は一人しかいないので、四代にわたる日本とのかかわりがなくなってしまうのは残念だ」

    対して朝日新聞の報道。
    朝日新聞
    「私の父は強制労働で日本の炭鉱で働いて、日本で死んだ。そして息子は日本に留学し、命を落としてしまった」

    いかに朝日新聞はなにを聞いても強制労働に聞こえるということがよくわかる比較になっています。
    日本の頭のおかしい反日左翼が、かつては北朝鮮に膨大な資金と援助をこっそり与えて強大な軍事独裁国家に仕上げるのは陰ながら援助しながら、北朝鮮の化けの皮がはがれてからは、(平然と開き直って)執念深く韓国の反日勢力と結託して、対日憎悪を煽り、全土に推定で1000箇所は労働改造所という名の強制収容所があるといわれた中国の暗部には目をつぶってまで中国の肩をもって、さらにソ連による日本人のシベリア抑留では100万人以上の日本人が不法に強制労働させられ30万人が過酷な環境で死亡したにもかかわらず、それは日本人の自業自得だとソ連の犯罪を正当化し、そして日本の過去の強制徴用を蒸し返して、ひたすら自民党や日本政府に罵詈雑言をあびせてきた反日左翼が、猛烈な栄養分を与えて、韓国は最強の反日国家になりました。
    日本人は戦争史などよりも、むしろ現代史をしっかり調査して、おぞましい反日左翼と韓国の策略にひっかからないように自己教育したほうが良いと思います。

  5. 七子 のコメント:

    ▼安倍総理、日韓国交正常化に突然出席
    パク・クネを置いてけぼりにする無慈悲な外交
    http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4894098.html

    総理が日韓国交正常化公式式典に一転して出席と聞いてガッカリしてしまいましたが総理には戦略があったようで、楽韓web に書かれていました。そうなんでしょうか…。
    ( ゚ロ゚)ポカ~ン!!

    • たろう のコメント:

      安倍総理は韓国に対してはもう徹底的に「マゾをつらぬく」という意向のようです。最初から一貫して韓国への批判発言というのは抑制してますね。私はパククネと安部さんを見ていると「女王様と奴隷」プレーの関係にさえ見えますよ。ただし、それを日本人に押し付けようとしない点は良いと思います。「自分はどんなに打たれてもよい。ただし日本をけがすことはさせない」という愛国心から出た強い決意のようなものを感じますが、まあ韓国が相手では危うい綱渡りでしょう。

  6. たろう のコメント:

    日韓外相が「世界遺産で相互協力する」ことを会談で一致したとニュースが流れていますが、岸田文雄外相は笑っている場合ではないと思いますがね。
    韓国と中国は「従軍慰安婦」と「南京大虐殺」を世界遺産に登録することを一致団結して目指しているので、日韓協力なんて言っている場合ではないです。
    「従軍慰安婦」が世界遺産に登録されたら、旧日本軍の慰安所は20世紀最大の性奴隷制度であったとさらに世界中にプロパガンダが流布され周知され、そのおぞましさは産業遺産の登録などには到底つりあわないほど、ずっと後世まで日本人を道徳的に虐待させることになります。
    韓国が日本を油断させようとしているのは、その魂胆があるからかもしれません。
    岸田文雄外相は文化遺産に関して本来であれば「日本の文化遺産の仏像を返してください」と毅然と言わなければならないところを、韓国に何を媚びてリップサービスしたのか。とんでもない譲歩をしていたならがっかりしますね。

  7. ふう のコメント:

    たしかにチャンスではありますが、
    廃止の理由をMERSにしてしまっては、
    来年以降も廃止を継続するのが難しくなってしまいますよね。

    やはり臭いものに蓋をするだけではなく、
    匂いは根本から絶たないといけないと思います。

    イベントを成功させてきた日本人の周りには、
    必ず韓国人の影があるはずです。
    日本人のみの活動で、韓国だけにここまで傾倒するわけがありません。

    よって、匂いの元である在日韓国人を絶つ必要があると思います。
    今年の夏からの大掃除で、来年以降の流れも変わるかもしれません。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    南朝鮮に対しては、事務的に切り捨てて行くのが良いかと考えております。
    MERSは本当に関わりを絶つ良い機会だとしか表現出来ません。

    関係を絶つべきだとする理由は以下の通りです。

     ?反共の防波堤としての役目を、南鮮自ら放棄した。
     ?我が国の領土を不法占拠している時点で敵国である。

    ?の状態にも関わらず、敵国としての対応を保留して来たのは、国連秩序と南鮮が自ら反共の防波堤としての役目を志願してきたからによる所が大きいと言えるのではないでしょうか。

    しかしながら、現在では?の状況になりました。
    後は、国連軍(米軍)が駐留している事と国連秩序だけが、我が国が南鮮を敵国として大っぴらに認定出来ない理由でしょうが、MERS感染がこれ以上拡大すれば米国も駐韓米軍の扱いを考えなおさなければ、近年内向き志向にある米国国内の世論がどう傾くかも予想が出来ません。

    そこで、英語が堪能な方がいらっしゃいましたら、積極的に南鮮のMERS関連ニュースを、米国向けに英訳して発信するのも一つの手かと考えております。
    つまり、米国人的に「我が国の若者を、MERSの危険に曝すのか?」と言う世論を起おせればベストです。

    慰安婦にせよ南京大虐殺にせよ、米国人的には所詮他人事で、ストーリーが現実離れしていればそれだけ興味を掻き立て、楽して正義漢面が出来自尊心も満たせる一面があり、特亜はコレを最大限利用して来ました。

    我が国がこの一連の捏造歴史物語の誤解を解こうとしても、常識的な話しか出来ませんし、その様な常識的な話に興味は掻き立てられません。
    更に一度正義と信じた事が実は悪の片棒を担ぐ行為だったとなれば、尚更誤解を解く事が難しい状況です。
    そこも特亜は最大限利用し、米国につきまとっている訳です。

    しかし、MERSは駐韓米軍と絡めれば、米国人にとって決して他人事では無くなります。

    米国を南鮮から切り離す事は中共の希望を叶える形にはなりますが、それが叶ったら中共は更に天狗になって、新たな米中対立の火種を作ってくれる可能性があります。

    戦後、国連常任理事国同士の代理戦争はありましたが、どこで線引するかは微妙ですがガチの直接対決と言えるものは無かったと言えるのではないでしょうか。
    それが国連常任理事国同士の米中対立となれば、もう従来の国連秩序は崩壊します。
    まんまと中華民国の後釜に据わって、国連秩序を背景にデカい面してきた中共は後ろ盾を失います。

    戦後70年続いた国際秩序を更改する機会としても、利用できるかも知れないのです。

    その意味から言えば、日韓の関わりを絶つだけでは無く、世界から南鮮を孤立させる事も視野に入れ動くのが良いかと考えております。

  9. ぺろぺろ のコメント:

    安倍が韓国と断交する、というのはアンタ達の単なる願望ではないのか

  10. 木村圭吾 のコメント:

    中韓とは何事も関わるべきではない!
    国交断絶を熱烈に願うもので有ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください