【朝日が雪印食品にしたこと】報道に携わる重さを知れ。朝日新聞賃金大幅カット「もっとやるべきことある」と社員


 

 

かつて執拗にメディアにバッシングされた会社があります。
そのうちの一社、雪印食品は、倒産しました。
(雪印乳業は存続、またバター等はシェア一位を堅持!すごいっ!負けるな雪印!)

アイスクリーム事業はロッテスノーに分社されます。
ロッテによる支援でした。

 

機材、ノウハウは、韓国企業のロッテへ行ったのでしょう。
技術者たちの願いの結晶、
長年、温め続けてきた技術。

当時、ロッテが最も欲していたものに、日本のアイスクリーム技術があったと言われています。
確かに不祥事はありました。責められてしかるべきかと思います。
北海道工場において停電、その間に生産された脱脂粉乳に毒素発生。
事故、というべき事例だと思います。
個人としての私見でありますが、どう見ても事故でした。

 

被害者が出ていることから責められることは当然のことですが、過失によるものであったと考えています。
過失だから許されていいとは思いませんが、物事には程度があります。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12661824_991420644262153_2063982415199215371_n

 

 

 

 

メディアの企業バッシング、その後に着眼せよ!
問題はそこからです。
想像以上の、なぜか凄まじい大バッシングにあい、上記の流れへ。
雪印食品は倒れ、アイスクリーム事業はロッテスノーへ。

日本人へ。
知っていますか?

ブランドのみ、雪印を残し、
製造はロッテになっていることを。
ロッテは韓国企業です。

私たちが愛した「雪の結晶のマーク」は、(アイスにおいては)もう日本のものではありません。
日本人に長年親しまれたその意匠。
食品技術者たちが思いと願いをこめ「雪の結晶に、北海道を象徴した北極星」をあしらったあのマークは、もう日本のものではありません。

わかりますか?
技術も何もかにも、一切合切を抜き取られてしまい
それのみならず、愛した意匠は「抜け殻だけ」使われる苦痛を。

私にはこれが作為的にすら見えておりました。
ロッテが欲しかった技術が、「格安」で転がり込んできたのです。
しかも「日本人に売りやすい」ブランドと共に。
ただの偶然でしょうか。

 

 

 

朝日新聞の記事を読む。
はっきり言いましょう。
韓国の回し者として、日本企業を叩きのめし
社会の公器としての、木鐸としての責務を放棄し
意図的に雪印を廃業に追い込んだのではありませんか?
・・・韓国「様」に献上するために!!!!

さて、2000年のことです。
朝日新聞の記事をご覧ください。

 

朝日新聞社説 雪印事件 食品を扱う重さを知れ

 

過去最大級の食中毒事件を起こした雪印乳業の首脳陣の対応ぶりからは、消費者の健康や
安全に直結する食品を扱っているという責任感や危機意識が全くと言っていいほど伝わってこない。
情報を隠し、虚偽報告、はては証拠隠滅とも取られかねない行為まで、次から次へと明らかになってきた。

こんな調子では、消費者の間に「まだなにか隠しているのではないか」という疑念が膨らむのも当然だ。
これは一企業の問題にとどまらない。
それにしても同社の対応はひどかった。
日本の会社が抱える問題の一面を図らずも炙りだしたのではないか。

一線からトップまで生え抜きで固め、世間の常識より社内の慣習が優先する。
一つ間違えば「雪印」になる危険性を多くの企業が抱えている。

判断をチェックするとともに、不都合な情報でもトップまで届く仕組みを経営に組み込んでおくこと
が欠かせない。

 

asahi1

asahi2

asahi3

 

 

 

朝日に贈り返した言葉
政治においては、「ブーメラン」という言葉が流行った時代がありましたね。
ネットで興味深いコメントを発見したため紹介します。
以下は、朝日が2000年に「雪印に贈った記事」を
2014年、つまり今、再度「朝日に贈り返した言葉」になります。

 

31: 32文ロケット砲(長野県)@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 01:41:58.70 ID:Q5G7174U0.net
ちょっと直したら朝日新聞の事になったよ~

 

朝日新聞2つの「吉田」事件 報道に携わる重さを知れ

 

過去最大級の捏造報道事件を起こした朝日新聞の首脳陣の対応ぶりからは、国の外交や
安全安全保障に直結する問題を扱っているという責任感や危機意識が全くと言っていいほど伝わってこない。
情報を隠し、虚偽報告、はては証拠隠滅とも取られかねない行為まで、次から次へと明らかになってきた。

こんな調子では、国民の間に「まだなにか隠しているのではないか」という疑念が膨らむのも当然だ。
これは一企業の問題にとどまらない。
それにしても同社の対応はひどかった。
日本の会社が抱える問題の一面を図らずも炙りだしたのではないか。

一線からトップまで生え抜きで固め、世間の常識より社内の慣習が優先する。
一つ間違えば「朝日新聞」になる危険性を多くの報道機関が抱えている。

不都合な情報でも読者で届けることが出来ないのなら、新聞社という看板を下ろした方がいいのではないだろうか。

 

 

ここである記事を紹介したい。
2月20日付けの記事で、朝日新聞 前年同月比40万部減少というもの。賃金大幅カット、40歳は1245万円から1053万円(192万円カット)というものです。

朝日新聞賃金大幅カット「もっとやるべきことある」と社員

 

東京本社で行なわれた新年の挨拶において、渡辺雅隆社長による「中期経営計画」の説明の中で提示された。経営基盤の強化をうたい、総額にして100億円規模の人件費を削減する、というものだ。

賃下げが実行された場合、最も引き下げられるのが55歳社員で、平均年収1529万円から
1290万円(239万円カット)。続いて40歳は1245万円から1053万円(192万円カット)となる。

これを受けて組合側は1月19日に社長と面談したが、渡辺社長は「やっていけないなら“退場門”も用意している」と早期退職制度の存在を示唆。賃下げ中止に応じる気配はなかったという。
朝日新聞労働組合は、「現在、組合としての対応を協議中です」と回答した。

2011年上半期(1月~6月)には約780万部だった朝日新聞の部数は2015年11月には663万部(日本ABC協会調べ)まで落ち込んだ。これは前年同月比で約40万部減少となる。社員の給与カットは避けられないようにも思えるが、社内からは「給料に手をつける前にもっとやるべきことがあるはずだ」(前出の社員)と憤りの声が聞こえてくる。

http://www.news-postseven.com/archives/20160210_383597.html

 

 

 

把握するということ
他にも例をあげましょう、おかしな企業バッシングは多々ありました。
「三種の神器」のフレーズで叩かれたダイエー。
球団・ホテル・ドームを手放しています。

ダイエーは黒字倒産であり、地価が下がったのみ。
経営としては健全であったと思います。
それを格安でゲットしたのは誰か。
孫正義です。

日本最大の物流網でもあったダイエーは、ずいぶん力を落としました。
九州の私からすれば、地場企業が総攻撃にあっている気分でした。
メディアに踊らされたとは言え、日本中から、日本人から総攻撃にあっている気分でした。
あれから、「ソフトバンク・ホークス」と呼びたくないがため、
野球はできるだけ見ません。

ベスト電器だってそうです。
三種郵便を悪用した手口で、格安でDMを送ったという報道です。
九州の、地場企業でした。
責められるべきことであり擁護することはできません。しかし、業界の慣習となっており、それらを仲介する業者もおりました。
そちらは攻撃対象とはなりませんでした。

もっと言いましょう、発覚したのは「九州のベスト電器」が最初ではありません。
関東圏の、ベストよりもっと大きな企業、より売上が大きく、もっと規模の大きい送付が行われていた企業から発覚していたかと思います。

「そちらの企業(関東圏の大手)」は、キー局に広告を出していました。
(つまり関東圏のメディアに、お金を出していたわけです。)
九州の企業は出していませんでした。
メディアって、いったい何なんですかね?
「暴力団が悪い!」という記事を見るたび、「新聞には言う資格があるのか?」と吹き出しそうになります。

大人たちだって問題です。
制度も、政治も、そういうものを一切理解しようとせず。
ハーメルンの笛吹に誘導されるように、朝日新聞等を頭から信じた大人たちは
「日本の大事なもの」を、私たち若者に引き継がず、自らの手で打ち壊していきました。
もしくは他国に献上していきました。

私は、あれからロッテのアイスは、できるだけ食べておりません。
韓国企業だからではありません。
雪印の商標・マーク「だけ」あしらわれた、そのアイスをかつて作った技術者が不憫でならないからです。

「日本が奪われた」ものであり、日本人として食べるべきではないと思ったからです。
当時の大人たちが、朝日新聞の報道に躍り「雪印が悪い!!」と嬉しそうに言っていた姿が、あまりにも情けなく無学で浅はかな人間に見えたからです。

技術をかじる端くれとして言わせて頂きます、報道のほうがおかしかった。
少しでも疑問を口にすれば、大人たちは「勉強のしすぎ」と変な子を見るような扱いでしたね。
違います、バカは貴方たちです。
おかげで私は、アイスとか甘い物全般が好きなのですが、一部のアイスが食べれなくなってしまいました。

「テレビを見ていたらバカになるよ」って大人たちは教えてくれました。
「新聞も読んでいたらバカになるよ」って教えてあげたいです。
そう言っていた大人たちは、テレビと新聞ばかり読んで、本当にバカになってしまいました。
あれは本当のことだったのですね。

しかしご安心ください。
「あちゃー、やらかしたな」って思ったそこの貴方!
挽回のチャンスはございます。

日本企業は強いです。
バブル期にも驕り高ぶった経営はせず、堅実に経営されてきた雪印。
本業のバター等ではシェア一位を堅持。
今度、スーパーに行った時には、雪印のバターを一個買って帰ってください。
・・・できれば一番、高いやつね?

こうやって若い子たちは、デモに参加したり不買運動に参加したりしてきたのです。
いわゆる大人たち、あなた方のほうがお金も権限も発言力もある。
俺たち若い者と、そろそろ一緒に戦ってもらえませんか?
貴方にとっての孫の未来を守るため、私らは子供の未来を守るため。
ゆっくりでいい、立ち上がろう

先陣は、俺が切る。
リスクも私が背負うことになるのでしょう。
それでいい。

さぁ行きましょう、
私には譲れぬものがあります。
若者たちの未来、これからの未来であります。

大事な故郷、行橋が行橋であるために。
日本が、日本であるために。

 

(このエントリは、2014年9月15日の記事を再構成したものになります。)
【朝日が雪印食品にしたこと。】朝日新聞2つの「吉田」事件 報道に携わる重さを知れ

 

 

 

 

 

【業務連絡】年明けからは、2日に1回の更新になります。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【朝日が雪印食品にしたこと】報道に携わる重さを知れ。朝日新聞賃金大幅カット「もっとやるべきことある」と社員 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【朝日が雪印食品にしたこと】報道に携わる重さを知れ。朝日新聞賃金大幅カット「もっとやるべきことある」と社員 かつて執拗にメディアにバッシングされた会社があります。 そのうちの一社、雪印食品は、倒産しまし

  2. 名ナシ のコメント:

    まだ朝日新聞はダイハツ工業の車を欠陥車だと叩きまくった余罪もありますよ。
    一連の三菱自動車叩きも(経営側に問題はありますが)酷いものでした。
    「25年前に製造の車が燃えた、リコ-ル対象か調査中」他紙ですが、この記事を見て新聞を信用しなくなりました。
    その後、批判された闇改修が発覚したりリコ-ルを多発させた同業他社が出ても批判記事は出ていません。
    広告に支払う費用の多い会社は不思議と叩かれませんね(棒)。
    今、東芝が批判の対象になっていますが、東芝は子会社にウェスティングハウスエレクトリックを持っていますね。
    原子力発電所建設に重要な技術を持つ会社・・・UAEに原発を作る計画が東芝に離脱されて頓挫しそうな国が隣にありますね。

  3. 波那 のコメント:

    このポストセブンの記事に朝日新聞社の前の抗議デモを上から見下ろして嘲笑ってる社員達の写真が付いてました。あの朝日新聞社の社員の皆様、ねえ、息してるう~?と聞きたい。

    他にも何社もありますが、ロッテは不買しています。雪印のアイスクリームのこと知りませんでした。教えて頂いて有り難う御座います。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    雪印が朝日新聞に叩かれまくっているとき、まさに、私はその愚かな大人たちの中におりました。本当に情けないことですが・・・・

    でも、こうして、真実を知ることができました。旭日旗を社旗にもちながら、日本の名誉、先人、英霊たちの名誉を汚し続ける捏造報道しかできない新聞社、それが朝日新聞であるということを定年すぎてから(本当に遅すぎますが)ですが、知ることができて、よかったとおもっております。でも、まだ、660万部もの発行部数があるとか、信じられませんが・・・

    それはともかく・・・明日、スーパーに買い物に行く予定です。そのとき・・
    >今度、スーパーに行った時には、雪印のバターを一個買って帰ってください。
    >・・・できれば一番、高いやつね?
    一番、たかいやつを購入してきますね。

    閑話休題・・・

    先日、狭いマンションの扉にも掲げることのできる、日の丸を購入しました。
    明日(いや、今日ですねw)、扉に、日の丸を掲揚し、建国記念の日(紀元節)をしずかにお祝いしたいとおもいます。

  5. hiro のコメント:

    初めての投稿をさせて頂きます。
    いつも閲覧だけでしたが今回初めて書かせて頂きます。

    今回の記事を含めて昔から憤慨していました。
    グリコ・森永事件でどこが儲かったのか(ロッ〇)など全部繋がっているように見えます。
    やり方が本当に汚いです。

    かの国にどれだけの企業、技術が奪われたことか。

  6. 生野区民 2 のコメント:

    雪印は朝鮮新聞朝日がロッテを有利にするための、執拗な犯罪だったと認識してる
    朝日が賃金カットとあるが、資産を国が没収しても何も問題ないし
    幹部は刑務所で暮らすのが、ふさわしい
    今回の下朝鮮との和解金も当然朝日が払うべき、一にも早くつぶれて社長は首でも
    吊って国民に詫びてほしいものだ
    売春婦見舞金は朝日新聞が払えの、署名です
    >https://www.change.org/p/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E-%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E8%A6%8B%E8%88%9E%E9%87%91%E3%81%AF%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%8C%E6%89%95%E3%81%88?recruiter=75278557&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink

  7. araigumanooyaji のコメント:

    「テレビを見ていたらバカになるよ」って大人たちは教えてくれました。 「新聞も読んでいたらバカになるよ」って教えてあげたいです。

  8. hayabu3300 のコメント:

    TV、新聞が「叩かれたくなかったら、わかっているな?」と広告をせしめる構造。
    「オタク、いいの?、雪印の二の舞になっちゃうよ」とか、脅されてたりしてw。

    しかし、ネットの不買運動もカウンタの力を持ち始めています。
    「あの番組に、スポンサーとしていることは、「あの」主張を御社も賛意してると思っていいんですね?」と逆にエンドユーザたる消費者から監視される。これでようやくバランスもとれるんでしょうが、今はまだ彼らは支配者気分なんでしょう。

    朝日やNHKが倒産とかに成ったら、日本の戦後も終わるのかも。

  9. コメコパン のコメント:

    こんにちは。
    私もアイスクリームジャンキーですが、長らくロッテ不買運動をしています。
    アイスクリームのみならずチョコレートもそうですが、ロッテの質の悪さは明治や森永と食べ比べればすぐにわかります。
    味が全然違いますよ。やたらニチャニチャした感じで後味も悪いです。「混ぜものたくさん」というイメージです。

    そういえば不二家も散々叩かれて青息吐息になった頃、銀座コージーコーナーを出したのもロッテですね。そんなわけで銀座コージーコーナーも不買です。(商品も価格に見合うものではないです)
    一人の消費者、家を守る者として、家族に害を与えるものは買うわけにはいきません。
    反対に雪印、明治、森永、グリコ、よつばなどは数十円高くても美味しいし、何よりちゃんと風味があるので、食べた後の満足感が違います。
    地元の企業、近県の小さい企業も購入して応援しています。(本当に美味しいんです)
    買うことでしか応援できないけど、これからも全力で応援していきますし、友人たちにも拡散していきます。

  10. 町工場の親方 のコメント:

    ネットの時代、《逆転》

    >新聞が「叩かれたくなかったら、わかっているな?」と広告をせしめる構造。
    >「オタク、いいの?、雪印の二の舞になっちゃうよ」とか、脅されてたりしてw。
    >しかし、ネットの不買運動もカウンタの力を持ち始めています。
    >「あの番組に、スポンサーとしていることは、「あの」主張を御社も賛意してると思っていいんですね?」
    >と逆にエンドユーザたる消費者から監視される。これでようやくバランスもとれるんでしょうが、今はまだ彼らは支配者気分なんでしょう。

    もう半世紀近く前でしたか、新橋の食堂で昼飯を食べていたところ、隣のテーブルの3人組のサラリーマンの会話が耳に入りました。どうやら、近くの電電公社の広報部の人間たちのようでした。
    「どうして新聞社の人間はあのように威張った態度を取るんだ」、と憤慨して、話しあっていたのが記憶に残っています。

    私の亡くなった義弟は大手電気メーカーの役員をやっていましたが、「新聞記者は態度が傲慢で大嫌いだ」、とよく妹に語っていたそうです。

    大企業も、政治家も、全国紙に睨まれると、まかり間違えば、社運が傾き、落選の憂き目を見かねませんので、内心と裏腹に腫れ物に触るような態度で接していたのが実情です。

    「スポンサーを攻めるのが最も有効だ」、と政治経済ブログの横綱クラスの人が述べていました。
    町工場の親方が、「朝日新聞」、に電話をかけて、「反日、捏造報道をするな!」、と言っても、《蛙の面にションベン》、です。
    今、大評判の、「余命三年時事日記」、の主も、反日・侮日番組のスポンサー社の具体名を挙げて攻略法を述べています。
    スポンサー企業は決して、「反日」、ではありません。
    「朝日新聞」、に睨まれるのも怖いが、多くの国民の不買運動にさらされ、兵糧攻めにあったら、「朝日」、の部数同様、売り上げが激減し、会社は倒産、社長・役員からから一般社員まで路頭に迷うという悲惨極まる結果となります。

    >「あの番組に、スポンサーとしていることは、「あの」主張を御社も賛意してると思っていいんですね?」

    スポンサーにとり、これほど怖い言葉はありません。
    世の中変わりつつあります。

  11. taigen のコメント:

    佐世保市で見かけたロッテリアの店舗はモスバーガーとミスタードーナッツに変わっていました。
    佐世保の繁華街、四ケ町の朝鮮料理屋も撤退したようです。
    韓流、k-popなどと同様、いくら宣伝上手でも中身が無ければ客はいずれ離れます。
    日本人は地道な努力を続ければ良いのです。
    どぶろくみたいなもんかと試しに飲んだコンビニの缶入りマッコリも二度と飲みませんでした。

  12. お爺軍曹 のコメント:

    私たちが愛した「雪の結晶のマーク」は、(アイスにおいては)もう日本のものではありません。というところが気になってウィキみてみたところ、

    2010年(平成22年)1月31日現在において、ロッテアイスにおける「雪印」ブランド商品は家庭用・業務用を合わせて28品目あったが、使用許諾期限である2011年(平成23年)3月31日までに順次「ロッテ」ブランドに変更または販売を終了。同日をもってロッテアイスは「ロッテ」独自のブランドとして再スタートし、「雪印」との関連は完全に無なくなった。

    とありましたけど・・・

  13. みけ のコメント:

    小坪先生

    ブログアップありがとうございます。

    東京、四谷の雪印東京事務所にかつての仕事で行ったことがあります。
    かれこれ25~6年前でしょうか。
    受付の方2名がとても清楚で、きちんとした対応をしてくださったことが
    とても印象的でした。
    時代はバブル、清楚よりもギラギラした受付さんが多かったころです。

    大切な日本の技術が韓国、中国に行ってしまった・・・、
    これが海外に住んでいて一番いたたまれない、悔しい事実です。

    慰安婦問題も、領土問題も、拉致被害問題も、すべて大切なのですが、
    日本企業の技術が盗まれて、そのまま中韓の利益になってしまっている
    この現状、自分にとって先生のブログ原稿を読ませていただくのもつらい、
    耐えられない事実です。

    もう遅いのかも知れません。
    しかし国内では若者たちを安く雇い、
    中国製品と価格競争、まじめな日本人が馬鹿を見る、耐えられません。

    日本の宝である技術流出に真剣に対処する政策が大切ですね。
    車や精密機械などだけでなく、ちょっとした文房具の技術なんかでも・・・・。

  14. 鳥海山たろう のコメント:

    マスコミの企業たたきは過去にたびたびありましたが、もっとも強い印象として残っているのは御巣鷹山の全日空墜落事故です。
    あの報道のパニックぶりは常軌を逸したものでした。

    あの事故で娘さんを亡くしたある遺族の方は、娘が乗った日航機がレーダーから消えたとニュースを見たとたんに、突然、娘さんの衣装をタンスから引っ張り出して自分の身にまとったそうです。

    私も子を持つ親なのでその悲しみと気持ちは痛いほどわかります。またよく知っている企業の働き盛りの社員が亡くなったことなどもあちこちから聞き、残念でなりませんでした。

    しかし、あのキチガイじみた報道の狂乱ぶりは頭がおかしいとしか思えませんでした。
    発狂したように日本航空や国などの関係者をたたきまくって、あることないこと周辺情報や憶測を執念深く長期間に渡って書き立てて、文章もほんとうに気持ち悪くなるものでした。
    遺族はもちろん、日本航空の関係者の方々も過剰報道により、相当な精神的苦痛を受けたと思われます。

    自分たちを絶対的正義の位置に置き、「悪を裁く」という信念が病的なまでに肥大化して、ガキ大将がおもちゃの刀をふりまわす。そしてゲスの勘ぐりやあら探し、捏造や歪曲、でっちあげ等を書きなぐっていたのが報道機関の本性でした。
    そして連中は大きな不幸が起こるたびに、それを食いものにして社会を混乱させます。

    また、その攻撃的メンタリティは、報道機関に侵入した共産主義者たちの「私的大企業は独占資本主義の手先であるから人民の敵」という歴史的怨念から促進された部分もかなり大きいと思われます。

    さて、雪印の食品事故はあってはならないものでしたが、あれは(語弊があるかもしれませんが)食品製造過程のシステムに問題があったということと、雪印が体質的に(最近の廃棄とんかつ垂れ流しの○○フーズのような)無茶苦茶な企業体質であったわけではなく企業組織の一部に欠陥があったという例外的事象であると思われます。

    それに対して朝日新聞の従軍慰安婦騒動に関する捏造・歪曲報道はどうとらえられるか。
    というと、決して「例外的な報道」ではなく、「一時は万事」というほどに朝日新聞を象徴する報道でした。

    企業は商品を売って成り立つ。
    しかし朝日新聞が売りつけた「吉田清治」という商品にすべてが集約されています。それがこの報道機関の本質をあらわしています。つまり「詐欺師」という驚くべき本質です。

    過去に出版物等から吉田清治をずっと分析してきましたが、吉田清治の作家としての人生を次の三段階に分けるとわかりやすいと思います。

    (第1段階)「匿名作家の時代」
    用心深く本名や素性を隠して、創作された無茶苦茶なフィクションをあたかも真実であるかのような出版物を発表する。つまり、ウソと見やぶられることを恐れて吉田は匿名で発表しました。(山口県の労務機関で働いていたのは事実らしいが、法政大学卒業や航空会社にいたことなど他の経歴は詐称であったと見られている)

    (第2段階)「日本の偉人列伝入りの時代」
    吉田は、おそるおそるフィクションを発表したが、だれも抗議してこない。それどころか朝日新聞は積極的に「良心をもった元日本兵」と大絶賛して近づいてきた。
    この辺から吉田は「俺の詐欺に朝日新聞やTBS、学者等のインテリたちが協力してくれるんだね。みんなよくわかってるじゃん・・」と思ったはず。

    (第3段階)「世界の偉人列伝入りを狙った時代」
    「もう日本国内では大丈夫。絶対にバレないはずだ」と思った吉田のホラ話はとめどもなく世界へ拡散していく。
    韓国でも普及した。国連もお墨付きを与えてくれた。「国連でスピーチができるのはいつころだろうか。ニューヨークでも韓国の国会でもスピーチしたいものだ」
    こう思っていたに違いない。

    朝日新聞の報道過程に「なにか異物が混入した」だけといえるでしょうか。
    そうではなく朝日新聞は「社是」に協力してくれる詐欺師を物色して積極的に利用した。そしてその異常に社員のだれも徹底抗議しない朝日新聞は詐欺師の同類でした。

  15. ななしさん のコメント:

    私の好きだったコージーもロッテ資本傘下とか。マックも倒産?か撤退とか言われますが、バーガーキングはロッテとか。半島系の不祥事は全くと言って報道しません。パチンコなんかも巨悪の象徴かと思いますが!

  16. 鳥海山たろう のコメント:

    日本人に戦争反省しろと説教しているときには、
    「他の国も悪いことをやっていたから日本だけそんなに悪いというわけではない、というのは恥知らずだ」
    とえらそうなことを言いながら、吉田清治や挺身隊の捏造記事では「ほかのマスコミも同じような報道をしていたのだから朝日新聞だけ悪いというわけではない」と開き直っていたことは多くの人が知っています。

    このように病的な無反省性こそ、朝日新聞の特徴です。日本人に深い反省を強要しながら、平然と捏造記事を書き散らかして自己正当化ばかりしています。
    こんな異様な新聞社が世論をひっかきまわして日本人を傷つけてきたことは本当に日本の不幸です。

    民主主義の発達した民度の高い国では、どんどんマスコミは衰退していくと思います。
    すぐれた情報網で国民が精度の高い情報を吸収し、専門家の知見が必要な分野では、国民と専門家が対話し、国民の判断能力が向上していくという社会が理想的です。

    マスコミというまったく余計なフィルターが介在して、訳のわからないバイアスをかけまくって社会を右往左往するのは大変ムダなコストです。

    最近STAP細胞の人の手記が本屋に置かれていますが、STAPの捏造を最初に暴いたのは「11jigen」氏というブロガー(ネットで特定分野論文を査読するプロ)でした。

    あれが韓国のES細胞のスキャンダルのように外国人に最初にあばかれるのではなく日本人が捏造を発見して、ある意味、不幸中の幸いだと思います。
    (海外専門家の精査でばれたらもっと日本の科学はダメージ深く、より「恥さらし」になるところだったでしょう)

    このように結局、与えられた情報を鵜呑みにせずに自分で調べる習慣が個人に根付いていけば情報リテラシーが高まりマスコミへの依存度は確実に下がります。

    雪印でいえば乳製品ですが、マスコミの売りつける商品とは何かというと結局、単なる情報でしょうし、客観的情報でなければならないです。
    が、頭のおかしいマスコミは「真実」を報道しているのだと独善的錯覚をしています。
    とくに朝日新聞等の歴史的な独善ぶりは大変醜いものでした。

    その「真実」とやらを変態左翼から調達して、強く洗脳されているに過ぎないのに、さも自分の頭で考えたつもりになっていたので、ひたすら滑稽で最悪でした。

    ひたすら人にだけは反省なるものを強要しながら、その本人はまったく恥知らずで反省のハの文字もないというのが、つくづく感じる変態左翼の特徴です。

    いったい変態左翼の独善性はどこからきたものかというのを、ずっとあれこれ読んで何十年も考えてきました。

    それで結論としては、変態左翼の「われわれは知識人階級だから、世の中の大衆を導く責任と権利がある」という、何の卓越性もないのに(洗脳技術にだけは長けている)高見から人々を心理的に操作してやろうという、狂った感覚でした。

    それが驚くべきマスコミの独善性に結びついています。

    岩波書店という変態左翼が集結していた出版社には、古今東西の書物が戦前から出版されてました。

    そして、そこに巣食っていた自称知識人は「古今東西の書籍を読みこなし、ヒューマニズムや社会科学という科学の立場を代表し、人類の書物に通じたわれわれこそが日本国民を先導すべきだ」とうぬぼれていました。

    でも実際の実像というのはこんなイメージです。
    出版済のあらゆる料理本を読みこんだ「読書魔」がいるとします。この読書魔は「俺はすべての料理本を読んでいるのだから料理の達人である」と豪語しています。
    それで実際に目の前で料理をやらせたとする。

    ためしに卵焼きをやらせる。そしたら「なんじゃこりゃ。卵が黒く焦げているぞ。こんなの俺の読んだ料理本に掲載してないぞ!!!」
    つまり料理本には卵焼きをドジったら黒く焦げるなどと書かれていない。

    古今東西の書物といったって、人類が苦悩した汗や苦闘の「上澄み」しか書かれていません。その「上澄み」だけ飲んで、なにか自分が特別な思想的段階に昇進したと錯覚する。

    だからこういう訳のわからない自称知識人は、共産主義が大流行して、これこそ科学だとバカどもが殺到して、共産主義社会は天国だと錯覚したときに、見事に集団でだまされた。

    そして変態左翼は共産主義に失望したときに、ひたすら「日本人は過去を反省しないので、俺たちが指導してやる」という独善的なイデオロギーしか残っていませんでした。
    そしてそれが変態左翼から素材を仕入れた朝日新聞が毎朝配達される「毒牛乳」となって人々の脳みそに染み込むというという仕組みだったです。
    (「これでもか、これでもか」と虐殺する日本軍のイメージを子どもから年寄りまで焼き付けました。その残像はすさまじい量と規模でした。まさにキチガイでした)

    従軍慰安婦騒動でも変態左翼がありとあらゆる洗脳を駆使しました。セルビアの戦場でのおぞましい集団的強姦と慰安婦を結びつける。

    フランスのサルトルなどがベトナム戦争犯罪をさばくために民衆法廷を開いたのを日本の性奴隷戦犯法廷になぞらえるなど、異常きわまりない病的な類推を駆使して、日本人を巧妙に洗脳し、わずか数年でおそろしいイメージをつくりあげていきました。

    変態左翼はなにをやっても、「われわれは戦争を抑止するために思想活動をやっているのだ」と自己正当化するために、常に過去の戦争をひきあいにださなければ思考活動を続けらないという脅迫観念をもっています。

    共産主義者の集団の怨念はあまりにむごいものです。
    私もそうですが、すぐに「GHQが悪い」といいたがるのですが、この真相は微妙ではないかと最近は考えるようになりました。

    GHQが日本を改造しようとしたときに、日本や日本人のことなどわかるわけがない、それでなにを頼りにしたかというと、にわか仕込みの共産主義者だったと思います。
    つまり日本人の共産主義者が悪知恵をGHQに提供して、あれこれGHQが介入するきっかけをつくり、そそのかした部分も大きいのではないかと感じます。
    すべてGHQとひとくくりにできない部分があります。

    そして、そういう風に外国人に悪知恵をふきこんで日本たたきをそそのかすという陰湿なメンタリティは現代の変態左翼にそっくりの習性でもあります。

    朝日新聞のことを「アカが書いてバカが売る」と揶揄しているのをはじめてネットで見たとき、ちょっとそれは言い過ぎではないかと感じたのですが、自分で徹底的に調べてみて、まったくその通りであったことがわかったときは拍子抜けしたものです。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      この手の輩が戦争を語る際の常套手段である、戦争に人道的見地を紛れ込ませて日本を陥れる手法ですね。
      また、法や時系列の歪曲なども十八番です。

      知識人階級気取りの白痴集団には、呆れるばかりですね。

      戦争とは国家間の紛争解決手段の一つであり、戦時国際法と言うルールに従って行われる試合です。

      この手の輩が主張する理論は、ボクシングの試合で負けた選手に対して「あいつは、人を殴ったから犯罪者だ」と主張するのと同質の、意味不明な論理展開です。

      ボクシングの試合で批評されるのであれば反則があったか否かであって、それ以外で批評される理由はありません。

      しばしばサヨクが侵略として糾弾する支那への日本軍駐留は、義和団の乱終結処理の際に清国・義和団とその被害国間で締結された『北清事変に関する最終議定書(北京議定書)』が根拠となっており、とても侵略と呼べるものではありません。

      またその後、清朝衰退に伴い支那は正当政府の存在しない無主地になり、民間人が支那に渡航する場合にもパスポートが不要(入国審査を行える政府が存在しない)と言う状況になりました。
      無主地である限りは、いかなる国が軍を進めても拒否する権利を持つ者が居ない事を意味します。
      1959年に締結された南極条約施行以前の南極が、各国の領地であった事と同様です。(南極の日本領は、サンフランシスコ講和条約により領有権を放棄)
      因みにこの頃支那で覇権争いを行っていた各軍閥は、国際上ゲリラ勢力の扱いで国家として認められていません。
      従って、日本軍と支那ゲリラ勢力との武力衝突は”日本(国家) vs 支那(ゲリラ)”であった為、国家同士の武力衝突を意味する『戦争』と言う用語が使用出来ず、正式名称は「支那事変」と称します。(”大日本帝国 vs 清国”の場合は、互いが国家である為「日清戦争」で間違いありません。)
      最近の歴史教科書で用いられる「日中戦争」は明らかな誤りです。

      上記の様にあたかも当時”中国と言う国家が存在した”かの様に誤認させる手法も、サヨクの常套手段ですね。

      サヨクが本当の知識人であるのならば、この様な”史実の知識皆無”で”国際法の知識皆無”且つ”時系列が理解出来ない”者でないと恥ずかし過ぎて主張する事が不可能な主張を堂々と口には出来ないでしょうね。

      サヨクって、自分で恥ずかしくならないのでしょうか?
      とっても不思議です。

      • 鳥海山たろう のコメント:

        (櫻盛居士さん)
        「知識人階級気取りの白痴集団には、呆れるばかりですね。」

        現在の東京都内の神田のあたりには、江戸時代に大勢の「漢学者」なる学者が住んでいて漢学を研究していたといいますが、どこまで民衆から尊敬され模範とされて優秀であったでしょうか。

        その時代、時代の知識階級の水準は時代によっていろいろと思います。
        明治の時代の知識階級がえらかったのは東洋的教養(論語なども含む)が衰退していなかったというのも重要な要素だと思います。

        西洋の科学的知識は偉大で、たしかに自然科学や工学などは文句なしに先端をいってましたが、文科系や社会系はヨーロッパの混乱をそのまま取り込んだようなところがありました。

        そのうち社会科学や哲学の混乱を収拾するかのようにみえたマルクス主義は、東洋的英知を時代遅れと軽蔑する知識階級から絶賛をもってむかえられましたが、その後の乱痴気騒ぎでわかるように、「魚を求めてヘビを手にする」というような愚かな判断でした。

        知識階級が共産主義に染まった時代は、日本史上で知識階級が史上最低であった冬の時代と個人的に確信しています。

        世界のどこでも、その傾向があるのですが、共産主義者にはある共通的特性があると思います。

        過激な暴動やテロを起こせば、当然その国の政府が弾圧が強くなる。
        それを逆手にとって、政府からの弾圧をそそのかすことによって、それと闘う革命勢力は、よりいっそう政府の反動性や強権性を糾弾することができる、
        そして、あたかも「自由や平等の権利を求めて闘っている」かのようにカムフラージュできるのです。

        じつに人間や社会の裏面に通じた狡猾な連中であったと思います。

        ロシアなどでもアレクサンドル2世の農奴解放など近代的改革が徐々に進みつつありましたが、そういう改革を共産主義者が逆手にとって大衆をそそのかしてロシア革命を起こしました。

        政府が反動でも改革をしても「革命」に追い込むような巧妙なトリックと仕掛けをもっており最悪の社会扇動の詐欺師たちでした。

        そして共産主義の実像や果実が知られて、現代の東ヨーロッパなどでも共産主義が崩壊することにより、共産党や社会党はもちろん、その背後にいた知識人階級もゴミ箱にいれられました。(その反動が強すぎて逆に過激な民族主義も一部で復活したりするのですが)

        日本では社会党こそ泡沫政党になりましたが、左翼的な知識階級は完全に朝日新聞等の巧妙な庇護のもとで生き残りました。

        やはり戦争の断罪という使いふるしたネタをつかってです。
        私の青年期は、かたや共産主義者の燃えカスのような自称インテリが朝日新聞等の偏向メディアを手先にして、狂ったように過去の戦争を断罪することにより「生き残り」を模索していました。
        そして社会党はもちろん自民党の政治家もそれらに取り込まれて心理的洗脳に引っかかってました。

        もう一方では赤尾敏のような愛国者のように見せかけてはいるが、本質的には日本の民主主義を破壊して日本を自滅に追い込むとしか思えないような狂人が街角でヒステリックに大声をあげて、もはや日本の毅然とした愛国者には、こんなのしかいないのかと絶望させるような異様な雰囲気がありました。

        共産主義に頭をやられた自称インテリはオピニオンリーダーとして復活するためにひたすら日本の歴史と現在の日本を罵倒することに生きがいを見出し、そのためにチベットや国内で大量虐殺をやった中国共産党や相当な粛清をやったはずの崩壊後ソ連などさえも、有頂天になっては「日本は平和をおびやかした犯罪者」などと意気揚々と演説をしてました。

        羽仁五郎などのきちがいじみた捏造については何度もこちらに書いてますが、共産主義が日本にもたらしたものは、執念深く自国をおとしめて外国からの心理的攻撃を率先して自国に呼び込み外交を破壊しても、何もなかったように悪びれず、平然と開き直るような、史上最悪で最低の自称知識人の集団でした。

        (「日中戦争」について)、は事変でないかの説はもちろん以前から知っていますが、明らかな誤りだとまで個人的には断定できません。
        たしかに宣戦布告をしない戦争なので、かつては事変と呼ばれたと思います。
        現代は戦争(war)と紛争(conflict)に分類されると思いますが、紛争というにはあまりに大規模なので戦争と呼ばれていてもやむえないような気がします。

        戦前、戦中の歴史については自分より詳しい方を差し置いて、自説を述べるほどの専門知識はありません。

        大きな意味での史観でいえば、個人的には、
        (たびかさなる民族間戦争や闘争を通じて身に着けられるような)政治的狡猾さに長けてない日本人は大陸に進出しようとすると必ず政治的に失敗する公算が高いので、その手の野心は持たないほうがよい、という教訓でしょうか。

        長い平和の時代をつくった江戸時代の徳川家は、日本に支援を求めた明朝からの朱舜水の誘いなどにも色気を起こさず、国内の平和を優先しました。それは現代から見れば江戸時代が天国とまではいえないでしょうが、世界の混乱に日本を巻き込ませないという意味では非常に先見の明があったと思います。

        ともあれ、
        ー共産主義者の突出した狡猾さや不誠実さ
        ー歴史を後知恵で総括して得意がる評論家の自己顕示欲
        ー政治に歴史認識を持ち込ませ外交を破壊するのを使命とする工作員かなんかわからない変質者

        これらがそろって日本社会を混乱におとしめたということはずっと観察して断言できます。
        こういう変態的能力を最大限に発揮して過去のある時代にぶきみな輝きを放った典型が今回話題の朝日新聞でした。

        • 櫻盛居士 のコメント:

          > 現在の東京都内の神田のあたりには、江戸時代に大勢の「漢学者」なる学者が住んでいて漢学を研究していたといいますが、どこまで民衆から尊敬され模範とされて優秀であったでしょうか。

          当時の学者は本当に研究熱心で、現代風に言うなら研究者と言っても差し支え無い人達だった様ですね。
          例に出して頂きました論語なども支那伝来のそのままでは無くその論理を純化し、良い所だけを抽出したものを教養として市井に広めてましたね。
          儒教、特に朱子学などは「あんなもん、真面目に実践するとアホになる」と儒学者自身が言い放ち、これも日本流にアレンジして広めてますね。

          アカの狡猾さは仰る通り、上に行けば上に行くほど、自分の手を汚さず、まるで悪徳貴族様の如く立ちまわってますね。

          『知識階級が共産主義に染まった時代は、日本史上で知識階級が史上最低であった冬の時代』とは、実に言い得て妙。
          税の福祉投入でほぼ解決出来る問題を、わざわざ殺し合いで下克上を狙った訳ですからお笑い種です。

          世界の共産革命史を振り返れば、匪賊、咎人、ヤクザなどならず者に、金、食料、女(侵略地での強姦を含む)と、形ばかりの名誉を充てがって、民間人を人質に取ったり殺戮しまくったものばかり。
          日本のアカも、共通項が垣間見れますね。
          そんな系譜の連中ですから『史上最悪で最低の自称知識人の集団』になるのも、これでもかってくらい納得出来ます。
          まぁ、一言で表現するなら『変質者』とするのが妥当なのでしょうが、ソフトに『変態左翼』と称するのは優しさでしょうか。
           
           
          ”「日中戦争」について”ですが、下記を根拠としております。
          ——————————————————–
          事変呼称ニ関スル件
          昭和12年9月2日 閣議決定

          今回ノ事変ハ之ヲ支那事変ト呼称ス

          理由
          今回ノ事変ハ北支蘆溝橋附近ニ於ケル日支兵衝突ニ端ヲ発シタルモノナルモ今ヤ支那全体ニ及ブ事変ト化シタルヲ以テ其ノ呼称モ名実相伴フ如クシ国民ノ意思ヲ統一スルノ必要アルニ依ル
          ——————————————————–

          但し、厳密に言えば下記の根拠を以って「大東亜戦争」と称すべきなのですが、歴史教科書では太平洋戦争と日中戦争を別に記述してありますので、本稿でも支那事変と致しました。
          背景としては、国際的に中国国民党政府が連合国の一員として迎えられた事により、ゲリラ勢力から国家に昇格し、対連合国戦に時局が変遷していた事に依ります。

          ——————————————————–
          今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ
          昭和16年12月12日 閣議決定

          一、今次ノ対米英戦争及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戦争ハ支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス

          二、給与、刑法ノ適用等ニ関スル平時、戦時ノ分界時期ハ昭和十六年十二月八日午前一時三十分トス

          三、帝国領土(南洋群島委任統治区域ヲ除ク)ハ差当リ戦地ト指定スルコトナシ
          但シ帝国領土ニ在リテハ第二号ニ関スル個々ノ問題ニ付其他ノ状態ヲ考慮シ戦地並ニ取扱フモノトス
          ——————————————————–

  17. お祝い のコメント:

    更新作業、有難う御座います。
    ロッテの商品は、
    コンビニやあちこちのスーパーでもレジの手前など、
    目に付きやすい所に置いてありますね。
    日本企業製品が、まるで差別されてるみたいな面持ちで見ています。
    勿論、他の方に違わずロッテ他韓国系企業のものは不買いし続けています。

    ガム一つ見てみても、人に貰ったブラックブラックは舌が黒くなり、
    やけに甘く薬品臭かった。
    いつも食べている同じ系統のクロレッツの黒いのや、
    明治の方がガムとして噛んでいられます。

    後、ロッテはキャッチコピーが気持ち悪い。
    「お口の恋人」。民族性を知ると、ベッタリくっつかれるなんてゾッとしますわ。

    雪印の件は、小坪議員と同じような想いがあります。
    お店では、自然に意識して探しています。
    あまりにも酷い報道が今でも尾を引いています。
    雪印の牛乳やバターを食して育ったので、店から無くなった時はとても寂しかった。
    勿論復活した日はとても嬉しかった。

    他は不二家もよく覚えています。
    赤福も。
    韓国企業農心のカップラーメン異物混入の方が余程危険なのに!!
    長々と失礼いたしました。

  18. 一般通過人 のコメント:

    教えて頂きたいのですがロッテ傘下なのはアイスクリーム事業のみでしょうか。雪印と見たら避けてヨーグルトや乳飲料も不買の対象にしてしまってました。

    • hiro のコメント:

      各事業部門毎に、他社との提携・分社化により再編された。

      ・乳食品事業(バター、マーガリン、チーズ)は、雪印乳業が継承した。
      ・市乳事業(牛乳・乳飲料・ヨーグルト)は全農・全酪連(ジャパンミルクネット)の市乳事業との事業統合により日本ミルクコミュニティ(ブランド名・メグミルク)となり分社。その後2009年(平成21年)10月1日に、雪印乳業と経営統合し雪印メグミルクを設立した。さらに2011年4月1日には、雪印乳業・日本ミルクコミュニティの両社とも、雪印メグミルクへ吸収合併された。
      ・アイスクリーム事業はロッテスノーに分社(現在はロッテの完全子会社、ロッテアイス)。

      ・乳食品事業(バター、マーガリン、チーズ)は、雪印乳業が継承
      ・アイスクリーム事業はロッテスノーに分社(現在はロッテの完全子会社、ロッテアイス)。

      その他は雪印乳業で検索してお調べください。

  19. 神奈川11区 のコメント:

    ロッテ製品を買わなくなって5年程です。
    お菓子は必ずメーカーを見て買うようになりましたが、外食はなかなか難しいと感じます。

    以前、コメダ珈琲の使っている野菜(キャベツ)がいつからか不味くなり、どこを調べても産地表示がなかったので、電話で問い合わせたところ、いくら聞いても「公表していません」と言われました。
    「答えられない様な産地のキャベツですか?」と聞いても「お答えできません」との事。
    コメダ珈琲も韓国系に乗っ取られた様なので、キャベツも韓国産(中国産)との認識で食べるのを止めました。

    乗っ取りもそうですが、食の安全面でも自分が口にする食品の産地を隠す(隠さなければならない)事に疑問を感じます。

  20. たろう のコメント:

    強烈な正義感とエリート意識が合い混ざって 必要以上に叩くんでしょうね
    世の中を動かしてることへの快感に痺れてるのもあるのでしょう エリート意識の強い人ほど己には甘く 他人には厳しいのでしょう これは消費税を頑なに上げようとする今の一部の官僚の人達にも当てはまると思います ただ 中韓よりと言われる大手のメディアにしろ 官僚にしろ 政治家にしろ ほとんどが純日本人です エリート意識が強ければ強いほど美しい言葉に弱くなるのか?中韓には甘くなるのかもしれません(本音は馬鹿にしてます) まぁ中韓は日本にスパイを張り巡らして影響力のある日本人を全て把握してると思っていいでしょう
    中には中韓に買収された人多いでしょうね 日本の大切な技術者も全て把握しています(もちろん買収されてる人も多い) これらを防ぐには中韓との国交断絶が一番ですね

  21. 小金井市民 のコメント:

     ごみ問題で有名になった小金井市民です。当時、前朝日新聞政治部次長がバッシングして市長に選ばれたものの「こんな状況だとは知らなかった」と言い残して一年で辞任 結果前職が復帰して解決。

     新聞記事もその程度の調査で書いているんでしょう。  

  22. 関東から のコメント:

    関東在住のものです。近所のロッテリアの店舗は最近別のお店に変わっています。
    撤退したようですね。ましてやおいしくない商品は売れません。
    日本国民が覚醒しています。産地表示のない品物は不買です。そして企業にどんどん問い合わせることです。購買者あっての企業ですから。

  23. Crokuma のコメント:

    “朝日新聞の捏造した従軍慰安婦とは元々はポルノ映画だ。”
    って、全ての人が知る事こそ一番朝日新聞にダメージが大きいような気がします。

    みんなから「ポルノ映画を真に受けて記事を書いていた新聞社」って後ろ指を指されるんですから。

  24. 鳥師 のコメント:

    我が家は牛乳の消費が多いのですが、意識して雪印メグミルクのものを選ぶのが日常です。
    マーガリンやバターも同様です。こちらは時々明治のものも買いますが。

    私個人においてはこの問題は義憤もさることながら、子供時代を雪印の製品と共に過ごした原風景が自分の根底にあることが最も重要です。
    雪印のバター、無塩バター、生クリームなどは、少しだけ特別な料理やお菓子の象徴でした。
    誕生日の前日には必ず冷蔵庫に普段はない雪印の何かがあったことをよく覚えています。

    こういう小さな原風景が、突き詰めるとやがて日本そのものに繋がるのだと、最近それなりに年を取りようやく少し理解できるようになりました。
    なので(おそらく私だけではない)我々個人個人の小さな歴史を、クズ共の不当な工作によって否定されるべきではないと感じています。
    原風景を失い歴史をいたずらに否定すれば魂は帰る場所を失い、結果地球市民だか人民だか何だかと名前だけを適当に与えられた根っこのない何かになって立ち枯れるか刈られるかするだけでしょう。

    それで、ロッチ?ソフチョバンク?でしたっけ?(笑)
    ダイエーの頃は時々球場に行っていましたが今は日当1万貰ったって行きません(笑)
    朝日新聞についてはもう……。罵倒しか出ないのでこれ以上は書きません。

  25. 許せません のコメント:

    いつもまとめブログなどで拝見いたしておりますが、これは許せません。

    あの時に何が起こったか?うちの子供は雪印の粉ミルクで黄色ブドウ球菌に感染し、臍から膿があふれ、思春期まで蛙のお腹のように臍がありませんでした。
    未熟児で生まれ、母乳をくわえられない為に人口乳、産院での雪印。まだ臍の緒も取れていないのに、臍を薬品で焼ききりました。赤子の悲鳴を思い出す度に今でも怒りに震え涙が出ます。
    告発した業者さんには、同情しますが今でも雪印の名前を見る度に悲しい思い出が蘇って来ます。将来、いじめられたら・・・結婚できなかったら・・ビキニも着れなかったら・・・どれだけ何年も悩み
    、風呂の度に苦しく・・・潰れてざまあみろでは済みません。
    ロッテは不買をしていますが、あの時の悔しさは言葉に出来ない。生後3日目で苦しむ子供・・・親として先生ならどう思いますか?病院で黄色ブドウ球菌とされた時にいくら空気や人の皮膚にあるといっても変な話ですし、雪印が乳幼児の粉ミルクに加工した。黄色ブドウ球菌が・・・その報道がぶつ切れで耳に残り、どれだけ泣いたかご理解は頂けると思います。
    あの時、ロッテがどうのこうの、雪印がどうのこうのより、抵抗力のない赤子が口にする物に加工した。親の怒りと悲しみも理解してください。

    • ハロベー のコメント:

      お気持ちは解りますが、この記事に対しての反論としては少々論点違いかと思われます。
      問題を起こした雪印を擁護している記事ではありません。

  26. のコメント:

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5870.html

    正しい歴史認識さんに書いていますが、ロッテのチョコは植物油脂(液体プラスチック)を混入して明治の倍生産すると言っていたそうですね。
    昔はトッポがポッキーと比べて最後までチョコが入ってると思って食べてましたが、今思えばチョコをスナックに隠して白っぽいチョコが見えないようにしていただけなんでしょうね。

    またロッテの社長は「利益は全て韓国に還元している」と韓国のスピーチで公言しているそうな。

    あと不二家はペコちゃんがチマチョゴリ着て「不二家はサッカーで韓国を応援します」とか書いてた事があったようですね。あれも乗っ取られた後なんでしょうか。期限切れケーキだとか騒がれた気がする。

    • のコメント:

      皆さんご存知かと思いますが、僭越ながら補足まで。
      チョコレートの原料はカカオマス、ココアバター、砂糖などです。
      カカオマスを分離すると、ココアバターとココアパウダーがだいたい1:1でとれます。
      カカオマスとココアバターを混ぜてチョコレートを作るので、必然的にココアパウダーが余ります。
      明治や森永は余ったココアパウダーを飲料用ココアとして売っていますね。
      はて、ロッテは余っているはずのココアパウダーをどこに…?(棒

  27. 当時は機転の効いた発想なのかと思ってました。 のコメント:

    ダイエーホークスがソフトバンクに買収された時は、ITバブル時だったせいか、トロフィー的な意味で球団を傘下に入れる事を公言するIT企業が多かったですね。
    そして、楽天がイチから球団をつくり上げた事と、ソフトバンクが福岡ドーム手に入れて球団を傘下に入れた事を比較して「孫さんは発想が良いね。」みたいな評論をTVでコメンテーターの人が言っていた記憶があります。
    当時の私はネットで情報を得る事まではしていなかったので、「孫さんて頭が良い人なのね。」くらいに捉えていましたが、様々な事がつながると「流れが出来過ぎでいる。」と感じてしまいます。

  28. さいたま市民 のコメント:

    最近新聞テレビ報道もどのメディアも、自分たちの利益になることしか報道していないんだと斜に構えて観るようになりました。
    東芝叩きも、勿論東芝自体が一番悪いのでしょうが、東芝を叩くことにより海外の競合が不採算部門を安く美味しく叩き買いできるようにさせるためなんだろう、原子力関連事業に影響を与えて日本の国力を落とすつもりなんだろうと思えて仕方ありません。
    小保方さんのSTAP細胞騒ぎも、実際検証作業に中国からの留学生が混じっていたり、NHK職員が女子トイレまで押し入って怪我をさせたりしたのは全く放送されてませんね。人格否定で徹底的に叩き上げ、再起不能にしたあげく、最近になってアメリカの研究者がSTAP現象を発見したそうです。この件も勿論報道されず。
    日本は報道の集中放火により、この部門で大きく出遅れることになったわけです。秘伝の知識を海外にさらけ出して。
    国益を損なうことそのものが目的なのではと。最近報道の論理を見てると苦しくなるので辛いです。
    特に大騒ぎしてるのは、警戒してます。

  29. けん のコメント:

    ああいう報道が手に入れようとする攻撃対象はこれだという命令書の機能を持っていたらとしたら。。。
    一斉砲撃に加担したマスコミに載せられて反応した実行部隊以外の日本人。。。
    笑いが止まらないだろうな裏で暗躍している人たちは。
    そんな構図を想像してしまう話。もしそうなら、そんな報道機関に報道倫理を期待しているけど、彼らにとっては痛くもかゆくもないだろうな。むしろ、まだ気付いてないぞと笑ってるかもしれん。

  30. やまとどくだみ のコメント:

     雪印社員の消費者対応
     我が子がまだ乳児の頃、雪印の乳糖不耐性用ミルクを常用しておりました。
    実家に里帰りしておりました時、ミルクが底をついてしまいました。
    購入するのにも、どの薬局にも在庫がある類の製品ではないので、電話で商品を卸してある商店を雪印の統括部署に問い合わせました。
    ちょうど、雪印が巷間で激しく叩かれていた時期だったと思います。
    在庫のある店舗さえわかれば、自力で買いに赴くつもりでした。
    ところが事情を話しますと「こちらからお届けに参ります」とのお申し出で、わざわざ山深い田舎まで持参してくださいました。
    報道等の雪印への非難に思う所もあり「しっかりした良い製品を作り続けてくださいね」と応援して見送りました。
    陰徳陽報と申します。
    優良企業はより厚遇し、そうでない企業はそれなりに遇さないと後の禍の元です。

  31. MOD のコメント:

    朝日新聞電話勧誘で記事捏造やってるよね?と聞いたら
    今迄もこれからもやった事が無いそうです、さすが朝(鮮)日(報)
    昔ヤクザ紛い使って新聞勧誘やられたのは今でも覚えてます
    朝鮮人は日本から完全に追放するべきだと思います
    チョウセンヒトモドキと言う人類に対する害悪は地球上から抹消するべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です