【拡散希望】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』(韓国のネットの声)


 

 

日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?様より許可を得て、記事の紹介をさせて頂きます。

韓国のネットの声の紹介になりますが、なかなかに酷いものでございます。
紹介することが躊躇われるほどに。

 

▼ハングル表記に驚いた方へ
上記のサイトは「上記サイト管理人の主観(近似的に日本のネットの声)」を、ハングルに翻訳しつつ、韓国側にも発信するサイトになっております。そのため、タイトルもハングルを併記し、記事についても翻訳しつつ日本語・ハングルでの表記となっております。

良い試みだと思い、許可を得て転載・紹介させて頂きます。
文末での追記、私の意見は別途、述べさせて頂きます。(その許可も併せて頂いております。)

当然でありますが、当該サイト管理人様と私の認識には(同じ人間ではないため)若干の相違もありますこと、ご了承ください。

 

▼いま私たちにできること~「文化交流の重要性」
現在の状況において、私たちができることは「民間レベルでの交流」かと思います。韓国と民間レベルでの文化交流、こう書くとまるでサヨクにでもなったのか、と言われそうですね。

私の言う「文化交流」とは、本当の文化交流です。
双方の思いを述べつつ、その違い、その差を相互に認識しあうこと。その上で交流をはかっていく。多くの場合、初期においては衝突もある。それも含め、これこそが真の異文化コミュニケーションでありましょう。

「こちら側からハングルで発信」というのは、非常に興味深い試みかと思います。私は議員であり、異なる動きもできるのでしょうが、ことが国政となれば地方議員にできる範囲はほぼない状態であります。

共に「文化交流」の重要性を噛み締めるため、「いまできること」の一例として、以下を紹介させて頂きます。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

以下においては、「市議会議員 小坪しんや」として発信した意見ではございません。このような試み・方向性を「資料として提示」する意図になります。また、あの国におけるネット世論のサンプルとして(特に酷いものとは思いますが)皆様にお伝えしたく紹介させて頂きます。

※ ここより転載開始 ※

ea31f29d-s

(この記事は管理人の主観で書いています。正しくない可能性があります。ご了承の上、お読み下さい。)

先日、韓国のデイリー・ジャーナル、チョン・ジェハク編集委員が『機会がくれば、私たちも日本王室の佳子王女を慰安婦に送るほかはない』との意見を発表しました。

韓国人と接する機会がある日本人にとって、こういった韓国人の意見は予想できるものであり、驚くものではありません。

多くの韓国人は、こういった意見を持っていますし、こういった意見を言う人こそ愛国心の強い韓国人だと賞賛されるでしょう。

韓国人がこの手の発言をするのは、ネット上に限りません。

 

(이 기사는 관리인의 주관으로 쓰고 있습니다. 정확하지 않을 수 있습니다. 승낙 읽어주세요.)

얼마 전 한국의 데일리 저널, 정 제하쿠 편집 위원이 “기회가 오면 우리도 일본 왕실의 요시코 공주를 위안부로 보낼 수밖에 없다 ‘는 의견을 발표했다.

한국인과 접할 기회가 일본인에게 이러한 한국인의 의견은 예상 할 수있는 것이고, 놀라운 것은 없습니다.

많은 한국인은 이런 의견을 가지고 있으며, 이러한 의견을 말하는 사람 이야말로 애국심이 강한 한국인이라고 칭찬하는 것입니다.

한국인이 손의 발언을하는 것은 인터넷에 아닙니다.

 

日本が好きで、日本に来た韓国人も例外ではありません。

以前書いたように『韓国人は全員日本を憎んでいる。子供たちにも日本を恨めと教えている。日本が好きな韓国人は韓国人ではない』と言った女性もいます。

『韓国が日本を支配して、日本男は奴隷にして、日本女は慰安婦にして、日本の財産を全て韓国に運んだら許してもいい』と言った韓国男性もいました。

議論が激昂した韓国人が本心を隠しきれず、こういった意見を言うのはよくある事で、意外ではありません。

よく日本人で『韓国にも日本が好きな人はいる』という意見を言う方がいますが、それは正確な言い方ではありません。

 

일본을 좋아하고 일본에 온 한국인도 예외는 아닙니다.

이전 쓴 것처럼 “한국인은 모두 일본을 미워하고있다. 아이들에게도 일본을 원망 가르치고있다. 일본을 좋아하는 한국인은 한국인이 아니다 “고 말했다 여성도 있습니다.

“한국이 일본을 지배하고 일본 남자는 노예로 일본 여자는 위안부로 일본의 재산을 모두 한국에 나르면 용서해서 좋다”고 말했다 한국 남성도있었습니다.

토론이 격앙 된 한국인 본심을 감추지 않고 이러한 의견을 말하는 것은 자주있는 일로, 놀라운 일이 아닙니다.

자주 일본인 “한국에도 일본을 좋아하는 사람은있다”는 의견을 말하는 사람이 있습니다 만, 그것은 정확한 표현은 아닙니다.

 

彼らが好きなのは、日本で買える商品や食品やサービスレベル・物価・日本で得られる収入であり、日本人そのものが好きだったり、日本文化を愛しているのとは、根本的に違います。

知り合った韓国人で、激昂することなく冷静な意見交換が出来て、なおかつ『いつか日本に復讐する』と思っていない人の方が稀有な存在だと思います。

しかし、面白い事に彼ら自身はそれを反日とは思っていません。

『日本に復讐するのは、韓国人の権利であり、韓国人の義務である』と思っているように見受けられます。

もし日本と韓国が戦火を交わす事になり、韓国有利と言う事態になれば、彼らはこの誘惑に勝てず、ベトナムで行ったように彼らの願望を実現するでしょう。

 

그들이 원하는 것은 일본에서 살 수있는 상품이나 음식과 서비스 수준 · 물가 · 일본에서 얻어지는 수익이며, 일본인 자체를 좋아하거나 일본 문화를 사랑하는 것과는 근본적으로 다릅니다.

알게 된 한국인에서 격앙하지 않고 냉정한 의견 교환이 가능하고, 게다가 “언젠가 일본에 복수하겠다”고 생각하지 않는 사람이 더 희귀 한 존재라고 생각합니다.

그러나 재미있는 것은 그들 자신은 그것을 반일는 생각하지 않습니다.

“일본에 복수하는 것은 한국인의 권리이며, 한국인의 의무이다”라고 생각하고있는 것처럼 보입니다.

만약 일본과 한국이 전쟁을 나누게되고, 한국 유리하다고 말할 사태가되면 그들은이 유혹에 못 이겨 베트남에서 그랬던 것처럼 자신의 욕망을 실현하는 것입니다.

 

ここ数日、韓国のネットコメントを見ていて、非常に彼ららしい率直なコメントをいくつか見ました。

翻訳サイトで翻訳されているので、目にした方もいると思います。

不愉快な気分になる事は、保障しますが、こういう意見が現にあるということを知って損はありません

彼らが対象としているのは、皇室であり、我々の友人であり、妻であり子供たちです。

では、いくつかご紹介しましょう。

 

지난 몇 일 한국의 인터넷 댓글을보고있어 매우 그들은 같은 솔직한 의견을 일부 보았다.

번역 서비스로 번역되어 있기 때문에 눈에 한 분도 있다고 생각합니다.

불쾌한 기분이되는 것은 보장하지만 이런 의견이 실제로 있다는 것을 알고 손해는 없습니다

그들이 대상으로하고있는 것은 황실이며, 우리의 친구이자 아내이며 아이들입니다.

는 몇 가지 소개합시다.

 

 

韓国は日本を植民地化しなければならない。

1. 日本国籍を有する高齢者及び子供はすべて除去しなければならない。強制労働もできず役に立たない。

2. 日本国籍を有する13歳~50歳の男性は、全て強制労働させる。

3. 日本国籍を有する13歳~50歳の女性は、慰安婦、下女、メイドとして使用する。

4. 日本国籍を有する親韓派は韓国に帰化させる。ただし、韓国語能力試験を合格しなければならず、愛国歌を覚えるなど、試験を受けさせなければならない。しかし、本土韓国人のような待遇は受けられない。2等級大韓民国の市民となる。

5. 1番に記述したように、日本国籍を有する高齢者及び子供たちは、全て山中に解放し、週に一度、大韓民国の軍人の戦術訓練をするために使用される。すなわち、大韓民国の軍人たちは、これらをすべて殺害すべきである。

6. 大韓民国国籍を取得した2等級市民は、大韓民国のパスポート並び、私有財産も持つことはできない。

 

한국은 일본을 식민지화해야한다.

1. 일본 국적을​​ 가진 노인과 어린이 모두 제거해야한다. 강제 노동도 못하고 쓸모없는.

2. 일본 국적을​​ 가진 13 세 ~ 50 세의 남성은 모두 강제 노동시킨다.

3. 일본 국적을​​ 가진 13 세 ~ 50 세의 여성은 위안부, 하녀, 하녀로 사용한다.

4. 일본 국적을​​ 가진 친한파는 한국에 귀화시킨다. 그러나 한국어 능력 시험을 통과해야하며 애국가를 기억 등 시험을 받게하여야한다. 그러나 본토 한국인과 같은 대우를받을 수 없다. 2 등급 대한민국의 시민이된다.

5. 1 번에서 설명했듯이 일본 국적을​​ 가진 노인과 아이들은 모두 산에 풀어 놓고 일주일에 한 번 대한민국의 군인 전술 훈련을하는 데 사용된다. 즉 대한민국의 군인들은 이들을 모두 살해해야한다.

6. 대한민국 국적을 취득한 2 등급 시민은 대한민국 여권 늘어서 사유 재산도 가질 수 없다.

 

7. 日本の国庫は全て大韓民国の国庫に返還され、日本の企業は全て大韓民国の企業に強制合併される。

8. 大韓民国国籍を取得した2等級市民は、本土大韓民国市民に無条件に服従しなければならない。これを破った場合には、大韓民国2等級市民の資格は消滅し、強制的に労役につかなければならない。

9. 日本の政治家、王室は、全て拷問した後、全員処刑する(ただし、ルックスがまともな女は慰安婦として使用する)。

10. 日本の領土は、全て大韓民国の領土に編入される。

11. 丈夫な日本人男性及び女性は、ソウル大、延世大、成均館大、カトリック大など、主要な医科大学の解剖学実習授業に使用される(ただし、死体は実習に使用されない。生きたまま使用される)。

12. 人間動物園を設置するために、日本国籍を有する若い女性アイドル、女性芸能人、女性声優は全員裸で人間動物園に閉じ込めなければならない(韓国国籍を有する男性は、好きな女を選んで良い。ただし、料金は1時間500円が課せられる)。

統一韓国は日本を植民地化できると、俺は信じている。

 

7. 일본의 국고는 모두 대한민국의 국고에 반환되어 일본 기업은 모두 대한민국의 기업에 강제 합병된다.

8. 대한민국 국적을 취득한 2 등급 시민은 본토 대한민국 시민에게 무조건 복종해야한다. 이를 어길 경우에는 대한민국 2 등급 시민의 자격은 소멸 강제 노역에 행해야한다.

9. 일본 정치인 왕실은 모든 고문 한 후 전원 처형하는 (그러나 외모가 괜찮은 여자는 위안부로 사용한다).

10. 일본의 영토는 모두 대한민국의 영토로 편입된다.

11. 튼튼한 일본인 남성과 여성은 서울대, 연세대, 성균관대, 가톨릭대 등 주요 의과 대학 해부학 실습 수업에 사용되는 (그러나 시체는 실습에 사용되지 않는다. 살아 채 사용된다).

12. 인간 동물원을 설치하기 위해 일본 국적을​​ 가진 젊은 여성 아이돌 여성 연예인, 여성 성우는 모두 알몸으로 인간 동물원에 갇혀해야한다 (한국 국적을 가진 남자는 좋아하는 여자를 선택할 수있다. 그러나 요금은 1 시간 500 엔이 부과된다).

통일 한국은 일본을 식민지화 할 때 나는 믿고있다.

 

(日本を占領したら)北海道はロシアに売り、九州は中国に売って、台湾に近い島々は全て台湾に売って、沖縄は独立させて、原子力発電所のすべて破壊して、

日本国内の機密をすべて中国やロシアに売って、日本のコンピュータネットワークのすべて破壊して、日本政府が保有している金を韓国に搬出して、

日本の爆薬を利用して地盤が弱いところを全て探して爆発して、地震、火山活動を促進させて、日本列島の地盤全体を不安定にさせてしまってから、安全な韓国に撤収するればいい。

 

(일본을 점령 한 후) 홋카이도는 러시아에 팔아 큐슈 중국에 판매, 대만에 가까운 섬은 모두 대만에 판매, 오키나와 독립시켜 원자력 발전소의 모든 파괴하여

일본의 기밀을 중국이나 러시아에 팔아 일본의 컴퓨터 네트워크의 모든 파괴하고 일본 정부가 보유하고있는 돈을 한국으로 반출하여

일본의 폭약을 이용하여 지반이 약한 곳을 모두 찾아 폭발, 지진, 화산 활동을 촉진시켜 일본 열도의 지반 전체를 불안정하게하고 나서야 안전한 한국으로 철수하는 바이이.

 

(私たちも日本王室の佳子王女を慰安婦に送るというチョン・ジェハクのコラムに対して)

いつもチョン・ジェハク様の文には全面的な支持と共感をしてきました、この文でも「賛成」を押しながらも日本人たちに対する憐憫を感じます。

三韓時代から永い歳月絶えることなく略奪、放蕩三昧に侵略、占領に達するまで真に隣人たちを困らせる悪い性格の民族ですね。

呪わしいながらもなぜ人間であり人間精神の10%でも感じることができないだろうか・・・

 

(우리도 일본 왕실의 요시코 공주를 위안부로 보낸다는 정 제하쿠 란에)

항상 정 제하쿠 님의 글에 전폭적 인지지와 공감을하고 왔습니다,이 문장에서도 ‘찬성’을 누른 상태도 일본인들에 대한 연민을 느낍니다.

삼한 시대부터 오랜 세월 끊이지 않고 약탈 방탕 삼매에 침략, 점령에 도달 할 때까지 진정으로 이웃을 괴롭히는 나쁜 성격의 민족 네요.

呪わしい하면서도 왜 인간이며 인간 정신의 10 %에서도 느낄 수 있지 않을까 …

 

 

こういった意見を見れば、わかるように韓国人の反日の最終目的は『日本を屈服させ、日本人を絶滅させる事』であり、慰安婦や徴用工問題などは、その理由に過ぎません。

仮に慰安婦が解決すれば、彼らは次の日本非難を理由を探すだけであり、非難は終わる事はありません。

彼らの言う謝罪とは、『日本が韓国に永遠に屈服し、全ての富と女性を差し出し、日本人が韓国の奴隷になる事』と見ていいでしょう。

韓国には今でも李朝王朝の子孫は存在しますが、敬われる存在ではありません。

『日本が素晴らしい李朝朝鮮を滅ぼした』と言うなら、彼らを王政復古してもよかったはずですが、それもしませんでした。

 

이러한 의견을 보면 알 수 있듯이 한국인의 반일의 궁극적 인 목표는 “일본을 굴복시키고 일본인를 멸종시킬 것”이며, 위안부 나 징용 공 문제 등은 그 이유에 지나지 않습니다.

만일 위안부가 해결되면 그들은 다음의 일본 비난을 이유를 찾을 것이고, 비난은 끝이 없습니다.

그들이 말하는 사과는 “일본이 한국에 영원히 굴복하고 모든 부와 여성을 내밀 일본인이 한국의 노예가 될 것”이라고보고 좋을 것입니다.

한국에는 지금도 이조 왕조의 후손은 존재하지만, 존경받는 존재하지 않습니다.

“일본이 좋은 이조 조선을 멸망했다”고 말한다면, 그들은 왕정 복고해도 좋았다해야하지만, 그것도하지 않았습니다.

 

自国の王朝を尊敬しない韓国人が、他国の王家を尊重できないのは当然の事でしょう。

多くの韓国人は市民革命をして権力者を吊ってこそ民主主義と考える者が多く、日本や多くのヨーロッパ諸国の立憲君主制は未開な存在と口にする者も少なくありません。

今回の『私たちも日本王室の佳子王女を慰安婦に送る』という韓国の記事について、日本のSNSやプログでは拡散が始まっています。

こういった感情に任せた発言が、後にどんな作用を及ぼすかまで考えずに口走ってしまうのも韓国人らしい特徴でしょう。

当然日本人としては、血が沸き立つ思いのする発言ですが、こういった韓国人は一人二人ではなく、多くの韓国人に共通する考え方だと言う事を深く認知する必要があります。

 

자국의 왕조를 존경하지 않는 한국인이 타국의 왕가를 존중하지 못하는 것은 당연한 것입니다.

많은 한국인은 시민 혁명을하고 권력자를 매달아 이야말로 민주주의라고 생각 사람이 많은 일본과 많은 유럽 국가의 입헌 군주제는 미개한 존재와 입들도 적지 않습니다.

이번 “우리도 일본 왕실의 요시코 공주를 위안부로 쓰기 ‘라는 한국의 기사에 대해 일본의 SNS 나 프로에서는 확산이 시작되고 있습니다.

이러한 감정에 맡긴 발언이 나중에 어떤 작용을하는지까지 생각하지 않고 무심결에 버리는 것도 한국인 다운 특징 이지요.

당연히 일본인 으로서는 피가 들끓는 생각의 발언이지만, 이러한 한국인은 하나 둘씩이 아니라 많은 한국인에 공통되는 생각이다라는 것을 깊이 인식해야합니다.

 

現在、パク・クネ政権は、先日の日米同盟強化とそれを傍観した韓国外交部への批判を受けて、反日をやや軟化させつつあります。

ケリー国務長官から、更に『日米韓のトライアングルを弱体化させる気か』という趣旨の発言が出れば、更に軟化する事も考えられます。

経団連・榊原との会談では『韓国経済援助の為』日本からの援助や、日韓スワップの再開を希望したとされています。

私は『天皇陛下万歳』と叫ぶ積極的な愛国者ではありません。私にとっての天皇陛下は『被災地で心を配ってくれる優しいおじいさん』です。

『天皇陛下の為に死にます』とは言えません。ですが『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』『私たちも日本王室の佳子王女を慰安婦に送る』という韓国人の発言は容認できません。

 

현재 박근혜 정부는 지난 미일 동맹 강화와 그것을 방관 한 한국 외교부에 대한 비판을 받아 반일을 약간 연화시켜 가고 있습니다.

케리 국무 장관, 또는 “한미일 삼각을 약화시킬 생각인가”라는 취지의 발언이 나오면 더욱 부드럽게하는 일도 생각할 수 있습니다.

경단련 사카키 바라와의 회담에서 “한국 경제 원조를위한”일본의 원조와 한일 스왑의 재개를 희망했다고되어 있습니다.

나는 “천황 폐하 만세”라고 외치는 적극적인 애국자가 없습니다. 나에게 일왕은 “피해 지역에 마음을 나눠주는 상냥한 할아버지”입니다.

“천황 폐하를 위해 죽습니다”라고는 말할 수 없습니다. 하지만 “일본 왕실은 모든 고문 한 후 전원 처형하는” “우리도 일본 왕실의 요시코 공주를 위안부로 쓰기 ‘라는 한국인의 발언은 용납 할 수 없습니다.

 

こういう意見が決して特異なものでは無い韓国に対して、日本人の血税を使う価値がありますか?手を差し伸べる必要がありますか?彼らはすでに一線を大きく超えています。

『こういった意見は過激な愛国主義者のものであり、韓国の総論ではない』と言う意見もあるでしょう。

しかしこういう発言が、後にどのような作用を生むかも考えず、それを黙認してきた韓国社会そのものの問題でもあるでしょう。

繰り返し書いてきているのですが、日本と韓国の交流は、こういった韓国の劇的な意見・事件によって、断ち切るべきです。

天皇陛下をダライラマ猊下にしてはなりません。こういった意見を右翼と呼ぶならば、喜んで我々は右翼になりましょう。

 

이런 의견이 결코 특이한 것이없는 한국에 대한 일본인의 혈세를 사용 가치가 있나요? 손을 내밀 필요가 있나요? 그들은 이미 일선을 크게 초과하고 있습니다.

“이러한 의견은 과격한 애국 주의자이며 한국의 총론이 아니다”는 의견도있을 것입니다.

그러나 이런 발언이 나중에 어떤 작용을 낳을지도 생각하지 않고 그것을 묵인 해 온 한국 사회 자체의 문제도있을 것입니다.

반복 써오고 있는데 일본과 한국의 교류는 이러한 한국의 극적인 의견 사건에 의해 차단한다.

천황 폐하를 달라이 라마 예하하고는 안됩니다. 이러한 의견을 우익이라고 부른다면 기꺼이 우리는 우익가 됩시다

※是非、拡散をお願いします

なお本日画像の発言は、こちらのアドレスです。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1431780013/

【拡散希望記事】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』 ”일본 왕실은 모든 고문 한 후 전원 처형”より。

※ 転載ここまで ※

 

 

 

 

▼「日本と韓国は敵か?味方か?」について
上記のサイトは「上記サイト管理人の主観(近似的に日本のネットの声)」を、ハングルに翻訳しつつ、韓国側にも発信するサイトになっております。そのため、タイトルもハングルを併記し、記事についても翻訳しつつ日本語・ハングルでの表記となっております。

 

▼相互RSSについて
機械翻訳とのことで、どれほど翻訳が正確かはわかりませんが、「ハングル→日本語」は音頼みの部分が強いため、比較すれば「日本→ハングル」はいくばくかは正確かと思います。
私もハングルはできませんので、どの程度の整合性があるかはわかりません。

その上で、良い試みだと思い、この度、相互RSSを結ばせて頂きました。
右カラムにおいて、RSSでの掲示を行っております。

TOP画面上にハングルが出てくることは、正直どうかなぁと思いましたが、だからこそやってみようと思った次第です。
ご理解のほどよろしくお願いします。

 

▼あの国のネット世論について
これらの書き込みは報道ではありませんし、ネットメディアですらありません。
あくまで「ただのネットの声」であります。
しかもその中でも際立ったものでありましょう。

左巻きからの、そういう指摘もありそうです。
いつもの様式美です。
なので、先に書いておきます。

 

▼だからと言って、なんなのだろうか。
あの国の「ネットの声」に、このようなものがある。
それを論じる自由が私にはあるし、それに対しての思いを発信する自由がある。
その是非を問うことは、言論の自由に対し圧力を加える行為だ。
「自由だ自由だ」とか「権利だ権利だ」と述べると、まるで左巻きかのようですが、敢えて彼らの言葉で言わせて頂きます。

私に認められた思想信条の自由であり、同じく表現の自由でございます。
私の権利でございます。侵害されるいわれはない。

 

▼重視する点
あの国は、反日を教育として行ってきた。
堅い言葉ゆえ、意図は伝わらないだろうか。
子供の頃から「反日」であることを、刷りこまれて育ってきた、と言い換えたい。

その結果として「このような声」もある。
私はそう感じています。

このような声があるという事実を、
あの国の国民の(一部とは言え)声があることをお伝えすることは、私の責務だと考えます。

▼知らねば論じることさえ、できません。
互いが分かり合うにあたっては、
「どのような反応があるか」
「先方が、どのような世論か」
「そうなった理由はなぜか」
知り、考え、真剣に見つめる必要があります。

そんな必要はない、と言う方もいるだろう。
私はその方を否定しない。そう思う自由が彼にはある。
その上で、私は必要がある、と考えている。
私の自由な思索に対し、やめろと言われる筋合いもない。
それは私の自由だ。

 

▼とは言え、無理だと思う。
先方の国においては、ネットにおいて、このような声が渦巻いている。
頻繁にあることなのだろう、と感じた。
当該サイトを含む、あの国の声の翻訳サイトを複数見させて頂いた上で、そう感じています。

このようなネット世論が自然に出てきて、そして頻発し
それを「私たちがスマホでまとめサイトを見るように」閲覧しているのだろう。

 

▼真の文化交流とは。
単に友好を掲げるだけでは、すでに無理なのだろう。
このことを「相互に分かり合う」ことには、価値がある。

日本が嫌韓なだけではない、あの国も「嫌日」ではないか。
そしてそれらは、我が国のネット世論と同様に、ある程度のシェアを持っているのだろう。

一部だ!一部だ!という左巻きの声もある想定される。
確かに私には確認する手段はない。

その上で「普通には無理」と思うのは、私の自由。
そして、このブログを閲覧する読者がどう思うかも、皆様の自由だ。
同じく左巻きは「一部だ!一部だ!」と述べる自由がある。
ただし、私の自由は侵害しないでくれ。

 

▼謝辞
紹介させて頂いたサイトからは、議員という立場も鑑み、内容の修正(改変)についても許可を得ております。
これは非常に大きな、そして有り難い申し出でありました。
この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

もう一本、転載の許可を得ており、のちのち紹介させて頂きたいと思いますが、今回の記事に関しては基本的に原文ママとしております。(色付け・句読点の改変あり。)

タイトルについても、私の言葉になおさせて頂いてはおりますが、元ブログのタイトルをベースとした形としています。

もし良ければ、日本と韓国は敵か?味方か?を訪問して頂き、(気に入って頂けましたら)当該サイトのランキングのクリックも押して頂けると幸いに思います。

この度は、転載の許可、及び改変の申し出を頂き、真にありがとうございます。

 

▼いま私たちにできること~「文化交流の重要性」
現在の状況において、私たちができることは「民間レベルでの交流」かと思います。
私の言う「文化交流」とは、本当の文化交流です。

双方の思いを述べつつ、その違い、その差を相互に認識しあうこと。その上で交流をはかっていく。多くの場合、初期においては衝突もある。それも含め、これこそが真の異文化コミュニケーションでありましょう。

もし仮に友好関係が結ばれるとすれば。
本当に交流を行ったあとでございましょう。
相互の、ネットの声を含む実際の姿を知り合い、(ここまで来た以上)衝突もし、その中で得られたものこそが「本当に大切なもの」になるのかも知れませんね。

逆説的ではございますが、私こそ「真の日韓友好」を願っている議員のような気もしてきましてくるので不思議なものです。

共に「文化交流」の重要性を噛み締めるため、「いまできること」の一例として、本記事を紹介させて頂きました。

 

 

「文化交流って大事ですね!」

 

と思った方は、FBでのシェアやTwitterでの拡散をお願いします。

 

 

※ 追記
コメント欄で混乱があったようですので、補足させてください。
私の言う「民間レベルの文化交流」とは、例えばこの私のブログ自体であり、今回紹介させて頂いたブログであり、
そして、この両者を拡散する行為を指します。

「私たち日本人が、どれほど怒っているか」を、「(先方の)民間レベル」にお伝え申し上げることが
私たちにできる「民間レベルの文化交流」かなぁ、と。

はっきり言いますが、かなり皮肉を込めて書いております。
日本人の怒りを、ハングルに訳して「向こうの世論に撃ち込んでやろう」と。
この続編、第二章は一気にその色を出していきます。
お楽しみに。

 

関連
怒りの発端
佳子様を慰安婦に。韓国誌がついに禁断の一言。

犯人の早期逮捕、警察の本気
【祝・早期逮捕】佳子内親王殿下、脅迫事件。罪状は偽計業務妨害罪

コメント欄より抜粋し、注釈と(恐らく今後必要になるであろう)予備知識をまとめてみました。
朝鮮半島系の方からのレス紹介。併せて、ためになったコメントを紹介。

動き始める日本、スワップの意味を「若い議員の目線」で分析。
【政治家の目線】破壊的な日韓関係①~日韓通貨スワップ編

日本が初手から仕掛けたことの意味、その重み。
【政治家の目線】破壊的な日韓関係②~WTO提訴編

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散希望】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』(韓国のネットの声) への52件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散希望】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』(韓国のネットの声) 日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?様より許可を得て、記事の紹介をさせて頂きます。 韓国のネットの声の紹

  2. Augusta のコメント:

    ストレートに来ましたね・・・
    韓国の異常性は、日本の文化、美意識、良心、宝(精神的な意味で)を全て否定し、
    破壊する事を望んでいる点です。一言で言えば、日本という国家の消滅を望んでいます。
    皇室侮辱、文化財泥棒、慰安婦問題の捏造(良心の破壊)、賠償金の詐取。
    全て説明できますね。

    先だっての皇室侮辱発言についても、公職にある人間が発言したにも関わらず、
    韓国政府は何もしていません。それが答えです。

    ですので、これが周知されると、戦争するしかなくなります。ネットでそれを
    知った人々は、戦争しないために断交を叫んでいます。

    これに関しては北朝鮮も同じで、ルーツはソ連。小坪先生が言及するコミンテルンです。
    あそこは日露戦争に負けてから、ずーっと日本を目の敵にしていますから。

  3. 東京都55歳 のコメント:

    小坪さん・・・すごい作戦ですね・・・

    このサイトでクリックしている人が、
    あちらのサイトで、「ついでにクリック」するだけで、
    あっという間に、カテゴリーのトップに躍り出ます。

    恐ろしい作戦です。
    私も早速クリックしましたが・・・

    気分は、「ニイタカヤマノボレ」です。
    「トラトラトラ」を信じて。

    しかし・・・凄いサイトですね・・・
    暑い日だというのに、
    ホラー映画のような効果で、
    「身の毛もよだつ」というのでしょうか・・・

    その直後に、猛烈に体感温度が上昇したのは、
    血圧上昇とか血流増加とか・・・
    アドレナリンが大量に分泌されてしまったようで。

    自動編集で「日本」と「韓国」を入れ替えると、
    少しは、クールダウンできるかもしれませんが、
    馬鹿馬鹿しくて、そんな気にもなれません。

    先日の韓国発の言論が爆弾だとすれば、
    これは、原爆級、いや水爆級の爆弾です。

    いざ、戦闘開始です。

    ニイタカヤマノボレ

  4. 東北の若者 のコメント:

    今回のエントリを読んでいて、怒りや憐れみと同時に悲しくなってきました。
    ここまで嫌われていることもありますが、どうして仲良くなれないのだろうと悲しくなっていきます。

    例え一部だろうと何であろうと、こういった意見が出ることや皇室侮辱に対して政府は何もしないというところで
    日本と韓国は友好的になれないのかなと思います……
    本当に韓国の話を聞くたびに嫌な気持ちになります。

    隣国同士、手を取り合って行くべきだと思うのですが
    友好関係を築いてはいけない、築きたくないとも同時に思っています。

    矛盾ですね。こういうのを理性と本能と言うのでしょうか。考えるだけで嫌になっていきます

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは

    新規投稿、すごいのがきたな!とおもいました

    小坪先生の『脱亜論の薦め!』の一連の流れのひとつとうけとめております。

    私のできること、それは、粛々といいね!とリツィートすることでございます。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    敵を知る事は、非常に大切な事です。
    故に、本記事は大変に有意義でありましょう。

    本来ならば、反日朝鮮勢力などはさっさと薙ぎ払い、アカやその黒幕的存在である、某国家の指導的立場にある党と対峙出来る体制構築に移りたいのですが、思うようには行かないものですね。
    尤も、アカは朝鮮勢力とは密接な関係にあるので、当然妨害して来る訳ですが。

    世の中には「無関係と言う、良い関係」もありますので、出来る限り朝鮮とはそうありたいものです。

    歴史を振り返れば、朝鮮は日本防衛の為の兵站でありました。
    これは戦後も継続していたのは事実です。

    しかし、これは既に過去形と言っても差し支え無いでしょう。

    なぜ、過去形なのか?
    一因として兵器の進化が挙げられます。

    日本は島国でありますので少々特殊な事情がありますが、軍には大原則がありました。

    『連戦連敗の弱小空海軍であっても、猫の子一匹侵入を許さない強い陸軍が在れば負けない』

    つまり、陸兵力の侵攻を如何に食い止めるかが肝だったのです。
    我が国に陸兵力を効率的に送り込むには、朝鮮半島南部、特に釜山の制圧は必須だったのです。

    近代戦は総力戦の形態を余儀なくされますので、国家の経済力が勝敗を決すると言っても過言ではありません。
    日本は当に経済を引き金として戦争に踏み入って行くハメに陥りましたし、経済力で敗戦に至った経験があるのです。

    必然的に『反共の防波堤』であった南鮮に、我が国は経済的支援を惜しみませんでした。

    よく「今まで南鮮を甘やかして来た自民党が一番悪い」と言う声も聞かれますが、東西冷戦下に於いては適切な対応だったのです。

    これも過去形です。

    現在ではどうかと言うと、1990年代には中国人民解放軍、北鮮軍共に大陸間弾道ミサイルの配備を完了しました。

    つまり、直接日本に大打撃を与える攻撃体制が整ったのです。

    この時点で、南鮮の存在価値が著しく低下しました。

    ここで南鮮は自らの存在価値が低下した事に気付いて、日米に対しては国民総土下座外交にシフトしておけば、延命出来たかも知れませんね。
    しかし、事実把握が出来ずに反日駄々っ子外交を今も続けております。

    南鮮の状況も反日教育の毒素に浸りきってしまった事と、日本統治時代を知る世代が次々と鬼籍に入り、本音と建前が区別出来ない状況に陥った事によって、北鮮による工作にまんまとハマって「民族」の名の下に反日に勤しんでいるといった具合です。

    本来ならば、南鮮人が南鮮防衛を考えれば「嫌日であっても、反日にはなれない」筈だったのです。
    しかし朝鮮人の特性と申しましょうか、間近に迫る事への見通しが苦手な様で、自らの危険感知すら出来ない様です。

    その上、南鮮は事実上の軍事協力協定を中国人民解放軍と締結してしまいました。

    米軍の情報を中国人民解放軍に流すと行った前科も、一度や二度ではありません。

    南鮮は自ら進んで『反共の防波堤』である事を放棄してしまったのです。

    謂わば、実質上の敵国になった訳です。

    この状況変化に多くの日本人も、気付く事が出来ませんでした。
    論理的にか感覚的かは別として、この状況の変化をいち早く察知し、方法論は賛否有りましょうが警告を発してきた人が、現在ネトウヨと呼ばれています。

    すでに南鮮は「同じ価値観を共有」出来る存在ではありません。

    そう言った現実を、正しく認識する機会を増やす事は大きな意義があると考えます。

    しかし、ウンザリする事は回避出来ませんが。

    はぁ、明るい記事や日本の素晴らしさに言及した記事が増える日が、待ち遠しい・・・。

  7. 中年ライダー のコメント:

    小坪先生のブログ、いつも楽しみにしております。
    今までは、特アとの関係は、日本の「戦後自虐史観・左翼思想・近隣諸国条項・メディアの偏向捏造報道」などの
    思想が根本にある、バイアスのかかったものでしかありませんでした。しかしここのところ
    ネットメディアの普及により、事実や真実が明らかになるようになりました。しかしまだまだ
    日本人の主流とは云えません。

    そんな中、地方議会のお立場とはいえ、立法からの見地と、精緻な行政手法の知識などを持ち
    一般の私たちとは違った観点から、このような情報の発信をしていただき、目から鱗が落ちる思いで
    拝読しております。

    応援しておりますので、これからも発信をお願いいたします。

  8. 旧新人類 のコメント:

    前に親日発言をした高齢者が撲殺されたニュースを聞いて、なんと怖ろしい国だろうとショックを受けたことがあります。親日発言(ただの事実)を述べて暴行を受け、無理やり土下座謝罪を強いられた学者もいましたね。普通に思うことを述べただけで暴力を振るわれたり殺されたりするような国は、自然発生的な全体主義に近いと思います。つまり、ナチスみたいにきっちりとした方法論を使って国を社会国家主義に染め上げるのではなく、散発的に憎悪とか怨恨が噴出するという感じですかね。これがひどくなると、アフリカのダルフール紛争みたいのが起こるかも知れません。日本を植民地するも何も、それ以前に国内がメチャクチャになる可能性の方が高いです。その場合、当然いるだろうまともな人々が気の毒とは思いますが、日本とて自分を守らなければなりません。一刻も早い国防のための法整備が望まれます。精神を病んだ文化風土は何故つくられたのか?かのセンセーに聞いてみたらいいですね。歴史的な要因があるということは、よくネットに載ってますが。

    ところで、経産省とペンタゴンが人道支援・災害ロボットの共同研究をしていて、その競技会(ロボティクスチャレンジ)が6月に開催されます。「トモダチ作戦」を通じて、専門家同士の交流が促進されたのだそうです。原発事故対応用のロボットも開発しているようです。世界は、原発事故や来るべき自然災害の脅威に備えて必死で技術研究開発にしのぎを削っているというのに、あの国はなんでこうも原始的なレベルから成長できないのか?自分たちにとっても損ではないですか。あ、でもそういう破滅的な性格だからこそ損得勘定もできないのか。。。人を恨むと穴ひとつ、と言います。彼らは自らの破滅を望んでいるとしか思えません。世界では、どこかで地震やハリケーンなどの大規模災害が起きると、お互い助け合って絆を深めていきます。あの国だけですよね、どこかで地震が起こると喜ぶのは。こんなことをしていたら、日本どころか、世界から孤立して嫌われるだけなんですが、歪んだ世界観でしか物事を見れないので、現実がわからないのです(逆に日本が孤立して嫌われている、と固く信じているようです。)通貨危機で大変な思いをしたのはわかりますが、日本を恨んでも何の足しにもなりませんよ。今は世界中どの国も自分のことで必死です。次回は誰も助けてくれないでしょう。だから、ネズミ共和国の南朝鮮自治区になるのではないでしょうか。

    • 旧新人類 のコメント:

      「人を呪わば穴ふたつ」のマチガイでした!LOL 全然違うトピックですが、浅田次郎が、自民党の勉強会で70年談話に「侵略という言葉を入れたほうがいい、そうすれば中国も納得してお互い大人になれる」みたいなことを言ったらしいですが、小説家ってなんでこうも無責任なお花畑ばかりなのか、本当にウンザリです。頭にきたので、早速官邸に「浅田次郎が勝手なことを言うのは自由だが、そう思っていない国民もいる。浅田次郎のせいで中韓がもっと日本イジメに走ったら、彼は責任を取ってくれるとでもいうのか」と浅田批判メールを送ってしまいました。その勉強会のメンバーの趣味なんですかね、浅田次郎を呼んだというのは。国際政治は小説なんかと違ってセンチメンタリズムなど通用しないし、小説家は世論を代表しません。浅田より森鴎外でも読んだほうがよほどためになります。

  9. RN のコメント:

    これはちょっとあり得ないですね。

    ネットの書き込みだとしても日本以外なら国際問題じゃないんですかこれ。

    こんな歪んだ思想で固められた国はもはや手遅れですよ。

    子供が書いたのなら100万歩譲って反日教育による弊害だと許容できなくもないですが
    いい大人もこんなこと平気で書いて尚且つ支持しているんでしょう?

    本当に異常です。断交すべきですよ。

    いやもう本当に気分が悪いです。

  10. いつもの通りすがり改め個別の774人 のコメント:

    記事と直接関係の無いコメントですいません

    今では改善されてますが、グーグル検索で「靖国」と入力すると「靖国問題」などが候補に挙がっていました、
    今でも「靖国じん」と入力すると候補が「靖国人社 零戦」「靖国人者」のみで「靖国神社」が表示されません。
    グーグル翻訳が不正だったり(※1)、msn産経ニュースが終わった途端、msn天気予報の地図から沖縄が消え、
    代わりに朝鮮半島が表示された(※2)など、”不可解”な事が多すぎます。

    (※1)
    >Google翻訳が、中国・韓国がらみのときおかしい 【OKWave】(困ってます 2012-09-21)
    Google翻訳で
    中国は日本を侵略した
    韓国は日本を侵略した
    を英訳すると、両方ともなぜか
    Japan invaded China
    Japan invaded Korea
    と、逆転して翻訳されます。
    http://okwave.jp/qa/q7709506.html

    (※2)
    >【twitter&2chの反応】これはやばいぞ!!時既に情報謀略戦争が始まってるらしいぞ!!
    MSNの天気予報図に「沖縄」が無い!!!その代わりになぜか朝鮮半島が表示されてると話題!!
    – ば韓国いい加減にしろ速報
    http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-3315.html

  11. 七子 のコメント:

    この方のブログは他の嫌韓ブログと違ってほとんどの記事をご自分の主観で書かれて韓国にも発信し、鋭くて明確な目的の元に書かれている文章が好きです。応援して上げて下さい。

  12. 藤原理子 のコメント:

     朝鮮人が、先祖らが作り上げた捏造を信じ込み、赤枠内の――日本人と日本国全てに対する悪逆非道を述べながら――自分達の正義だか人道の高さだかを誇っているコメントの数々が、吐き気がするほどおぞましいですね。

     朝鮮通信使の日記でもありましたが『朝鮮人は自らの徳の高さを誇らしげに唱えながら、自分の下を――奴隷を欲している』。
    (日記内では朝鮮王の徳とやらで日本を征服して、礼節の国にして治めたいなどと矛盾した事を言い、日記主は日本を凄い凄いと褒め称えながらその実……日本人に対して『穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間』『この犬のような倭人を全て掃討したい』と侮辱していたとの、コピペを見た事があります。徳が高い人間は、奴隷を欲したりしないでしょうに:呆れ)

     矛盾している主張と思考・自己評価の余りの高さに比べ実際の下劣で卑劣な性癖と犯罪欲求の高さは、本件の南朝鮮人も、江戸時代の朝鮮通信使と同じですね。
    変わってません、朝鮮人は。
     搾取と非道、これが朝鮮人。だから、サムスンとやらも技術窃盗と日本文化背乗りと云う、中身空っぽ。
    日本人との、ノーベル賞の等の受賞数の差・特許の数の差、わかってんのか?、と。

     こんな連中が、国内に数百万人も居る……恐ろしくて、堪りません。背乗りも、怖いです。
    鮮人あぶり出し目的だけでの、全日本国民遺伝子検査を望みます。

     先の敗戦の原因の一つを鑑みましても、今、日本国内に居る朝鮮人(中国人+裏切り日本人を含めて)を処理排除隔離するにあたっての事々を予測しましても――日本の国内外への報道を、真実を報じる日本人の手に全て取り戻して頂きたいです。
     その際は、特亜国やロシアなどに付け入れられない様、前もって主要国にちゃんと根回しをする事も必須です。

    • じいさん のコメント:

      >朝鮮人が、先祖らが作り上げた捏造を信じ込み、
      ↑「朝日新聞が捏造したデマを、金儲けになるからと肥大させ妄想し」が、正しいのでは?
      何にせよ、アノ国民が独創という能力を持っているとは考えられません。劣化コピーばかりだし。
      朝日新聞の独創力を誉めるべきです。

  13. たろう のコメント:

    この韓国のネットユーザーは典型的な「反日パラノイア」ですね。
    日本の反日左翼も反日パラノイアといっていいのが大勢います。学者や記者などに相当に多いです。
    一年中、「軍靴の音がやってくる」という妄想をいだいて、日本がまっしぐらに戦争に突き進んでいるという強迫観念のとりこになっているのが特徴です。日本にだけ憎悪をもって、北朝鮮や中国への警戒心はまったくありません。

    (パラノイアの典型例)
    ・親族からのご相談
    「うちのおばについてご相談します。 現在58歳ですが、20年も前から、警察が私を陥れようとするという妄想を持っています。」

    ・医者の回答
    「パラノイアでは、体系妄想が特徴的です。体系妄想とは、営々とストーリーが築き上げてこられ、揺るぎなくなった妄想のことです。誰かが私を陥れようとするというような被害妄想に発展するパターンが一般的で、警察などの”分かりやすい”権力機関がそのターゲットにされやすいのです。
    妄想に基づく異常な言動は、このような”不届きな”権力機関に対してのいわば”逆襲””正義の鉄槌”といった感じです。このような患者さんに対しての説得は、おおかた徒労に終わります。
    このタイプの患者さんは、他人を自分の敵か味方か、白黒をハッキリつけようとする習性があります。灰色はありません。こうして他人の属性を単純化してみることで、心の安寧を得ているのでしょう。」

    パラノイアでは、体系妄想が特徴的であり、営々とストーリーを築きます。
    韓国の「反日パラノイア」は営々と過去に関するストーリーが築きあげられています。
    あまり近づかないほうがよろしいかと思われます。

    ただし折角の嫌韓ブームに水を指すようで誠に恐縮ですが、韓国の普通の市民は(特にビジネスマンは)比較的まともです。私は韓国人10人くらいのなかで日本人は私一人だけで飯を食ったこともありましたが、いろいろ気を使ってくれました。個人はいたって紳士的でユーモアがあります。おかしいのは(日本と同様に)特に記者とか学者や政治家ではないでしょうか。
    ただし普通の市民もたび重なる反日教育と反日報道により、平気で地べたに日の丸を置いてふんづけるのも平気なような神経などが蔓延しているようなので日本人は気を許してはいけないと思われます。

  14. 京都の聴覚障害者 のコメント:

    流石にいくらなんでも有りえないと思ってしまいました。。。
    ハングルが読めないので韓国サイト(BBS等)へ直接確認に行くのは難しいですが・・・

    このような声は日本のどの書き込みでも見たことがありません。
    もしこのレベルの書き込みがあふれているとしたら、まだ私の認識が甘いのでしょうね・・・

  15. アンチレッド のコメント:

    小坪殿

    >私の言う「文化交流」とは、本当の文化交流です。
    >双方の思いを述べつつ、その違い、その差を相互に認識しあうこと。その上で交流をはかっていく。多くの場合、初期においては衝突もある。それも含め、これこそが真の異文化コミュニケーションでありましょう。

    これは小坪さんの幻想で終わってしまう可能性大だと思います。
    この理由について簡単に言えば、「韓国人はどこをどう切っても韓国人」だと思うからです。
    つまり、文化交流でも韓国人は韓国人的行動をする、というのが私の意見です。

    この推測の妥当性の検証は簡単で、小坪さん自身のことを考えてみればいいわけです。
    つまり、「小坪しんやはどこをどう切っても小坪しんやであり、どこをどう切っても日本人である」としてみれば納得して頂けると思います。

    文化交流の場で意見が異なれば、妥協するのは日本人であり、問題が起これば日本人の責任であり、問題の解決も日本人が行う。
    おそらくこんな感じになると思います。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      文化交流の効能

       取敢えず交流してみる
        ↓
       相手の化けの皮が剥がれる
        ↓
       アノ国を見捨てる
        ↓
       もう「お情け頂戴」には騙されないので、容赦なく見捨てる
        ↓
       無関係と言う、良い関係に近付く

      文化交流・・・良いと思いますよ。

      ほら、知れば知る程なんとやらの国と言うではありませんか。

    • 小坪しんや のコメント:

      アンチレッド様

      コメントありがとうございます。
      以下、本文に追記させて頂きました。

      実際に、皆様に韓国に行って話し合って来てください等の行為を推奨するわけではありません。
      私なりには大いに皮肉を込めたつもりであったのですが、このレベルの皮肉すら伝わらぬとは、日本人の嫌悪感も本物だなぁと逆に痛感させられました。

      ※ 追記
      コメント欄で混乱があったようですので、補足させてください。
      私の言う「民間レベルの文化交流」とは、例えばこの私のブログ自体であり、今回紹介させて頂いたブログであり、
      そして、この両者を拡散する行為を指します。

      「私たち日本人が、どれほど怒っているか」を、「(先方の)民間レベル」にお伝え申し上げることが
      私たちにできる「民間レベルの文化交流」かなぁ、と。

      はっきり言いますが、かなり皮肉を込めて書いております。
      日本人の怒りを、ハングルに訳して「向こうの世論に撃ち込んでやろう」と。
      この続編、第二章は一気にその色を出していきます。
      お楽しみに。

      • アンチレッド のコメント:

        皮肉でしたかw
        それとわかって読み返しても中々私には皮肉を読み解くのは簡単ではないですねw
        これ以上勘違いする日本人を増やしたくないという思いが強いので、交流という言葉に過剰反応してしまいます。

  16. まかせておくんなまし のコメント:

    民間交流は大切な事だというのは理解します。
    ただ南の鮮族たちの場合は、幼少期からの反日教育が効きすぎておりもはや手遅れではないかと愚考いたします。
    特に国家の中枢で采配を振るう年代は、その反日教育のみで純粋培養された世代です。
    冷戦期の日本併合時代を肌で知りつくし、その上で用日をしてきた世代はすでになく
    ブレーキが効くはずもありません。
    私個人としてはかの国は既にルビコン川を渡ってしまったのだと思います。

    • 小坪しんや のコメント:

      まかせておくんなまし様

      コメントありがとうございます。
      以下、本文に追記させて頂きました。

      >南の鮮族たちの場合は、幼少期からの反日教育が効きすぎておりもはや手遅れではないかと愚考いたします。

      私も同じ思いです。
      ゆえに、彼らに、web上にて「日本人の普通の反応」を、むしろハングルで「先方に発信すること」を文化交流と(皮肉を込めて)書いてみました。

      ネットインフラを用いた、現代の文化交流には違いありません。
      「大いに違い」を先方に、体感して頂きたいな、と。

      私なりには大いに皮肉を込めたつもりであったのですが、このレベルの皮肉すら伝わらぬとは、日本人の嫌悪感も本物だなぁと逆に痛感させられました。

      ※ 追記
      コメント欄で混乱があったようですので、補足させてください。
      私の言う「民間レベルの文化交流」とは、例えばこの私のブログ自体であり、今回紹介させて頂いたブログであり、
      そして、この両者を拡散する行為を指します。

      「私たち日本人が、どれほど怒っているか」を、「(先方の)民間レベル」にお伝え申し上げることが
      私たちにできる「民間レベルの文化交流」かなぁ、と。

      はっきり言いますが、かなり皮肉を込めて書いております。
      日本人の怒りを、ハングルに訳して「向こうの世論に撃ち込んでやろう」と。
      この続編、第二章は一気にその色を出していきます。
      お楽しみに。

  17. 隣の県民 のコメント:

    こんばんわ
    転載元のサイト様をポチッとさせて頂きました。

    さて、これまでのエントリより毛色が違う今回の投稿に、小坪市議の真意を測りかねております。
    小坪先生流のとんち?

    「日本は南朝鮮の事を知らなさ過ぎるので、敵の思考、習性、考え方を知らなければならない」
    という意味であれば同意です。

    が、小坪先生のおっしゃりたいのはそうではなさそうですね。

     ・今更、なぜ「本当の文化交流」が重要なのか?
     ・そもそも「交流をはかっていく」必要があるのか?
     ・相互理解が反日嫌日を解決する事に繋がるのか大いに疑わしい。
     ・そして、戦後70年間の日本側一方的な譲歩(事なかれ?)にも関わらず、同じ地に暮らしている
      在日南北朝鮮人とも分かり合えないままどころか、さらに溝は深まっているのに?
      さらに徒労を重ねるの?

    南朝鮮との民間交流は「できる事」なのでしょうが、やりたいとは到底思いません。
    正直、ムービングゴールを目指す動機は私の中には見出せません。

    • 小坪しんや のコメント:

      隣の県民様

      コメントありがとうございます。
      以下、本文に追記させて頂きました。

      >これまでのエントリより毛色が違う今回の投稿に、小坪市議の真意を測りかねております。
      >小坪先生流のとんち?

      皮肉を込めたのみであり、実は毛色は変わりません。
      後者の「とんち」というか、皮肉が正解です。

      >今更、なぜ「本当の文化交流」が重要なのか?
      日本人の普通の声を「ハングルで先方に撃ち込もう」という意味です。
      今回のサイトを紹介したことを指します。

      > ・そもそも「交流をはかっていく」必要があるのか?
      頭に来たので、やったほうがいいかなーと。

      > ・相互理解が反日嫌日を解決する事に繋がるのか大いに疑わしい。
      解決せず、「あー、日本人は怒ってる」と伝わればそれでいいかな、と。
      そう「先方に理解して頂くこと」も文化交流でありますから。

      > ・そして、戦後70年間の日本側一方的な譲歩(事なかれ?)にも関わらず、同じ地に暮らしている
      >  在日南北朝鮮人とも分かり合えないままどころか、さらに溝は深まっているのに?
      >  さらに徒労を重ねるの?

      先方に「徒労に終わりそうだ」「もう日本人を制御することは不可能だ」と理解させることも文化交流でございます。

      ゆえに、彼らに、web上にて「日本人の普通の反応」を、むしろハングルで「先方に発信すること」を文化交流と(皮肉を込めて)書いてみました。

      ネットインフラを用いた、現代の文化交流には違いありません。
      「大いに違い」を先方に、体感して頂きたいな、と。
      あれは私なりの「拡散依頼」でございます。

      大いに皮肉を込めたつもりであったのですが、このレベルの皮肉すら伝わらぬとは、日本人の嫌悪感も本物だなぁと逆に痛感させられました。

      ※ 追記
      コメント欄で混乱があったようですので、補足させてください。
      私の言う「民間レベルの文化交流」とは、例えばこの私のブログ自体であり、今回紹介させて頂いたブログであり、
      そして、この両者を拡散する行為を指します。

      「私たち日本人が、どれほど怒っているか」を、「(先方の)民間レベル」にお伝え申し上げることが
      私たちにできる「民間レベルの文化交流」かなぁ、と。

      はっきり言いますが、かなり皮肉を込めて書いております。
      日本人の怒りを、ハングルに訳して「向こうの世論に撃ち込んでやろう」と。
      この続編、第二章は一気にその色を出していきます。
      お楽しみに。

  18. 隣の県民 のコメント:

    小坪先生、こんばんわ
    お疲れの中、お返事頂き恐縮です。

    皮肉、了解しました。
    嫌悪感にかられて少々アタマが硬くなっていた様です。
    うーん、反省orz・・

    確かに、こちらの気持ちをしっかりと伝えるのも「交流」ですね。
    しっかりガッツリ(笑)伝わる様、精進しようと思います。

    では、第二章を楽しみにしております。
    それから末尾ですが、ご自愛を。

  19. 一般人 のコメント:

    韓国憲法前文に反日で日本は敵である事が記されていると、先月知りました。
    あちこち調べて解り易いブログがありました。
    「ショウガナイ」というのが感想で、韓国の異常な行動が国の方針で有れば理解も出来ました。
    日本は 憲法9条を改正して、他所の国と同じように、きちんと敵として向かい合わねば、韓国もまともにならない様な気がなぜかするのです。アメリカの保護の元にいるのではなく、日本がきちんと独立し向き合わねば、この韓国憲法前文が改正し「敵」である事を改正しないのではないでしょうか?
    闘わない相手には勝てるのですからWWW。 
     
    日本としての闘い方には、経済戦争というカードも有る事は皆ご存じだとは思います。
    ただ、期限付きのカードかも知れませんが・・・。

    ======================================================
    シンシアリーのブログhttp://ameblo.jp/sincerelee/entry-11350561128.html

    ようこそいらっしゃいました。私はシンシアリーと申します。ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

    3.1運動で大韓民国を建立・・・・・って何の冗談だ?と思われるかも知れませんが、前にも書いたでしょう。

    韓国は韓国という国の歴史の流れを

    ・大韓帝国→併合時代→大韓民国ではなく、

    ・大韓帝国→臨時政府→大韓民国としています。

    建国憲法当時から臨時政府の理想を受け継いだからこんな見方(31運動時の宣言文で臨時政府が出来たことになっています)が出来るのです

    ・・・

    併合時代の発展など継承しません。

    併合時代の必要性など認めません。

    受け継ぐは3.1運動であり、認めるは抗日闘争の精神です。

  20. ピンバック: 朝鮮人は超えてはならないラインを越えています。 | ベラジョンカジノの登録はコチラ

  21. 一般人 のコメント:

    韓国の世話より、まず自国の日本の建て直しが先決だと思います。
    三浦和義さんの「自国に誇りを持てない人が他国を認める事は出来ない。」が全てだと。
    現状の愛国心=悪の教育では、他国との会話は出来ないと思います。

  22. coco のコメント:

    力のある者が弱者を虐げ、搾取し、拷問し、強姦し、略奪し・・・

    植民地時代(植民地ではないが)日帝が朝鮮に対して行ったと彼らが主張することは全て朝鮮人の
    やってきたことであり、自分が力を得た時の願望にすぎません。
    彼らの言論を目にするたび、そう感じます。

    だからこそ、日本による必死の近代化も形骸化してしまい、日本が撤退してから後退するばかりで
    真の近代化を果たせないのでしょう。
    とんでもない隣人を持った日本の不幸ですね。

  23. さいたま市民 のコメント:

    最近メディアがやたら頻繁に地中海のアフリカ難民やミャンマーの難民などの特集を組んでいます。
    私にはこれが将来の日本での朝鮮難民受け入れへの布石のように思えて不安になることがあります。
    なぜなら、最近のメディアは本当に、自分たちの利になることや自分たちの主張しか放送をしないからです。

    2016年に韓国のアメリカ軍が撤退をするそうですが、
    空気を読まない朝鮮半島の南北両国は最悪のタイミングで戦争状態に突入する可能性があるのではないでしょうか。
    もしそうなった場合、韓国国民が避難しようと目指す国は間違いなく一番金のある日本だと思えます。
    中国でも台湾でもロシアでもなく日本です。
    いくら日本の海上保安庁が優秀でも、百や千単位の異常な物量の難民船が一斉に来た場合まずはさばききれないでしょうし、そうなれば日本海側の都市(特に距離の近い福岡)は治安も悪化(警察も人数が不足)して一時混乱状態にすら陥りそうな気がします。
    また、混乱がないにしても、恐らくは在日朝鮮人団体(個人とは言いません)やあるいは左翼は、自分たちの勢力を増す絶好の好機ととらえているのではないかと思えるのです。

    最近のメディアの各地域への難民の報道の仕方を見ると、難民はとにかく可愛そうで、難民が目指した国は受け入れるのが人道的に当然だ!というものばかりです。(先のNHKの朝の特番では全員移民受け入れ賛成派という異常な布陣「受け入れないのは人でない!」とまで言っていたコメンテーターもいました)
    もちろんそうではありますし、私も彼らの境遇には同情しますが、一方で彼らが通常の永住権を得るためのシステムを無視し、人道支援という名目を最大限利用して富める国で移民となろうとしている側面もあるわけです。
    私はそこはずるいと思います。ちゃんと「住まわせてください」と各国の窓口に並んでいる他外国人もいるのに、彼らにも失礼ではありませんか?本来ならちゃんと列に並んで厳正な審査を受けるべきなのです。
    報道での文字を置き換えてみてください。
    「地中海の難民」が「EUに」を、「朝鮮半島の難民」が「日本に」。
    しかし、朝鮮半島が戦争状態になれば、国際世論がある上に人道上という理由もあり、全てを拒否することも難しいでしょうし、恐らくは今彼らを非難している人も「非常時は別だ」と寛大な判断をすることになるのではないでしょうか。
    何よりメディアも人道支援を声高に叫ぶでしょうし、結局は日本は受け入れるでしょう。そこはしょうがないと思います。

    ただ私が恐ろしいのは、日本は先の朝鮮戦争時の前例があることです。
    果たして彼らは、戦争状態が終わったとして帰るのでしょうか?
    いつの間にかまた「強制連行された」と言い出しはしないでしょうか?
    以上に膨れ上がった難民はそのまま前回日本に来たの同胞と溶け込み規模を拡大し、もはや地域規模においてマイノリティと言えないまでに成長する可能性もあるのではないでしょうか。
    最近地方主権を叫ばれていますが、この辺との合わせ技で地方の小コミュニティから乗っ取りが始まっていかないかと不安になってきます。
    最近メディアが難民問題を頻繁に取り上げるのは、イザという時同胞が日本に難民としてきたときの布石と感じられてならないのです。

    杞憂で済めばと思います。考えすぎだとも。
    でも最近の報道はメディアリテラシーがひどすぎて、何を信じればいいのかわからなくなり、不安になってきます。
    早く政府主導の放送局ができることを切に願います。

  24. のコメント:

    先日、京丹後市でアメリカ軍、警察、海上保安庁で密入国者やテロを想定して合同で訓練を行ってます。
    また九州では、自衛隊、警察が合同訓練を各地で行っており、朝鮮半島有事に向けた対策訓練ではないかと推察されます。
    韓国では、国防動員法があり、すべての国民は国防の義務を負います。性別、年齢関係なく全ての国民が対象です。裏を解せば、朝鮮半島で北朝鮮、韓国で戦争が始まった場合、韓国国民は全て軍人扱いになると言うことです。日本が中立を宣言したら、逃げてきた韓国人を領海で殲滅しても、国際的批判は受けません。軍人ですから。(もちろん対外的には情報発信は必須ですが)中立宣言すれば、韓国軍、北朝鮮軍が日本の領海、領空、領土に入ってきたら、攻撃できます。第二次世界大戦中に中立宣言したスイスは、領空に入ってきた連合軍、枢軸軍の戦闘機を攻撃しています。
    また同時に在日韓国人、朝鮮人の拘束、送還も始まるでしょう。反抗すれば、自衛隊が出て殲滅。そういった筋書きがなんとなくですが、みえてくる最近の動きです。

    • さいたま市民 のコメント:

      遼様
      細かく教えてくださりありがとうございます。最近ずっと気になっていたので安心しました。
      小坪先生のブログは記事内容もさることながら、コメント欄の皆様も博識なので毎回大変勉強になります。

  25. ピンバック: 【拡散希望】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』(韓国のネットの声) – 自動まとめ速報

  26. コメコパン のコメント:

    こんにちは。
    今日のブログを読んで、「やっぱりなー」というのが本音です。
    ”日本にいる韓国人は日本が好きなのではない。日本で買えるモノ、サービスなどが好き。”・・・納得しました。
    近くに住む韓国人を見ていて、彼らが日本を理解する気も、共存しようという気持ちも感じられないとは思ってました。
    ゴミ出しの日も、ゴミの出し方も守らないし、注意されてもそのままだし、朝から夜まで大声で騒ぐし。
    子供たちも気づいているようです。
    今日のブログで韓国人の考えがよくわかりました。自分さえよければいい、そのためには周りの人間も環境もあるものすべて、うまく利用してやろうってことですね。
    十分日本を楽しんだでしょうから、もう、祖国へお帰り頂いて、日本と朝鮮の間には、オゾン層まで届く絶対に壊れない壁を作ってほしいです。
    もちろん入国はお断り。出国だけの片道切符でお願いします。
    読んでいて気分が悪くなりました。

  27. 生野区民 2 のコメント:

    反日教育は愚民教育でもあることがわかる
    何年も続ければ、まともな思考の人間など出てこないんだろうなとネットの時代にこれだけの事を言うのは、下朝鮮では言論統制を
    シナ以上に徹底してるのでは、ないかとさえ思ってしまう

  28. 週刊文春「佳子さまを慰安婦に」暴言韓国人教師と現地で直接対決! のコメント:

    週刊文春「佳子さまを慰安婦に」暴言韓国人教師と現地で直接対決!

  29. ピンバック: 時代に即した、「真の」日韓民間交流の勧め | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  30. ぱろ のコメント:

    一部の過激な韓国人の意見を取り上げて、韓国人全体がそう考えているかのようかこの記事は一面的な印象があります。確かに日本嫌いの韓国人はたくさんいるのでしょうけど。嫌悪に嫌悪で応じたら負けだと思います。
    それから、法的に日本は立憲君主国ではありません。ご参考までに。

    • 小坪しんや のコメント:

      ぱろ様

      コメントありがとうございます。
      恐らく貴殿の書き方的に、私はご存知なのではないかな?と思っているのですが、ある事実を指摘させてください。

      納税の番号でしたか、13桁の個人番号、マイナンバーみたいなものでしょうかね、韓国はネット接続の際に必要ですよね?

      日本のような半匿名空間ではなく、ほぼ実名で書いているような状況であり、行政や司法、警察は当然ながらこれを把握できるものと理解しております。

      このような書き込みを、ある意味では行政や公が【容認している】という部分がございまして。

      これは別項で扱おうと思っていたのですけど、知っている方は知っている、ただの常識でございます。

      たった一人の、とか、極論とか。
      その批判は受け入れられません。
      なぜなら、あの国のネット環境は、上記の状況でございますゆえ、【国家が容認した世論】とも言えるためです。

      以上でございます。

  31. イオタ のコメント:

    小坪先生
    今回の記事、拡散記事として私のブログにもアップさせていただきました。
    政治・経済ブログではこういったものは結構取り扱っていますがあえて「一般サラリーマンブログ」
    ランキングに参加しているブログで紹介する意味もあるのかな?と。

  32. ピンバック: 時代に即した、「真の」日韓民間交流の勧め | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  33. とんと のコメント:

    小坪氏はなにかと批判を受けると「私の表現の自由を侵害しないでくれ」というようなことを言われるが、批判する者は表現の自由を尊重しているからこそ批判しているのである。その批判に応えず論点をすりかえておられる。

    • sinobu hattori のコメント:

      返信させて頂きますね。

      貴殿は、このブログのあちこちで、
      「同じような内容」の文章を記載されていて、

      返信するのも「いまいち」…と思っていましたが、

      色々と、理解されて、いない様なので、
      一応、こちらの返信に、
      反論意見を 書かせて頂きますね。
      ―――――――――――――――――――――――――
      >批判する者は表現の自由を尊重しているからこそ批判しているのである。
      >その批判に応えず論点をすりかえておられる。

      こちら、
      「韓国人」と思われる書き込みは、「犯罪予告」…と言いまして、
      日本では「刑法違反」に当たる場合が有ります。

      「物語作品」の内容だった場合は「表現の自由」と言えますが、

      その作品が「実名表記」だった場合、
      「名誉棄損」という「裁判沙汰」となります。

      基本、まともな「法治国家」なら、問題ある内容でしょう。
      海外なら、「国際問題」になる事も有るので、
      早急に、取り締まる可能性、大ですよ。
      ――――――――――――――――――――――
      憲法で「表現の自由」は、保障されておりますが、

      その内容・意味によっては、
      他の「法律違反」に、なる場合が有ります。

      そういう事も踏まえて
      「表現の自由」というルールが、生きてきます。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――

      自由とは、何をやっても「許される」事では、有りません。

      ―――――――――――――――――――――――――――――――
      コピペの様な記載なので、
      もしかしたら、間違えて貼り付けた

      もしくは、

      上記載の小坪先生のコメント返信に対しての反論

      こう考察致しましたが、どちらにしても、
      この文章のみで見たら、
      貴殿は、
      ―――――――――――――――――――――――

      この「韓国人の犯罪予告発言」を擁護する、
      同じ思想の人物

      ―――――――――――――――――――――――
      読んだ方から、
      こう、感じて、捉えられると、思いますよ。

      私は、一向に構いませんし、知りませんが、

      一応、
      助言は、させて頂きますね。

  34. とんと のコメント:

    私のコメントは小坪氏の発言についてのものであり、「韓国人と思われる書き込み」がどのようなものであろうと無関係です。私はどこにもそんなことは書いておりません。

    • sinobu hattori のコメント:

      では、貴殿に
      質問させて頂きますね。
      ―――――――――――――――――――――
      小坪市議の「記載の仕方に対する批判」
      ―――――――――――――――――――――
      これは仕方がありません、個人の評価で自由です。

      では、こちらの「記事の内容」について、
      お聞きしたいです。

      かなりの「犯罪予告」な文章を書いた
      非常識な輩がいる訳ですが、
      ――――――――――――――
      どの様に感じているのか?
      お聞きしたいです。
      ――――――――――――――
      普通に読んだら
      「酷い内容の話」と思いますよ。
      貴殿も、何か思う所が絶対に有るはずです。

      小坪市議に
      「論点すり替える」

      …と批判されている、貴殿ですから、
      「論点をすり替えず」に、是非、お聞きしたいですね。

      ご返信、
      よろしくお願いしますね。

      • とんと のコメント:

        あなたも小坪氏と同様に、論点については「個人の評価で自由です」の一言で済ませて踏み込まず、論点をすり替えておられるではありませんか。
        別の議論なら別のスレッドでされたらいかがですか。

        • sinobu hattori のコメント:

          貴殿は、
          ――――――――――――――――――――
          ――――――――――――――――――――
          こちらの「酷い内容」の事件…

          「そんな事」よりも、

          小坪市議のコメントに、
          兎に角、ただ「ケチ」を付けたいだけ
          ――――――――――――――――――――
          ――――――――――――――――――――
          こういう事で、よろしい訳ですね。

          「日本人」なら、この事件・記事内容に対して、
          絶対に何かの意見が有ると思いましたが、

          全く、関心が無い訳ですか…残念です。
          ――――――――――――――――――――
          私は、
          小坪市議の「記事・コメント返信」の内容には、
          ほぼ、何も問題無く「同意」しております。

          小坪市議に対しての反論が無い以上、
          議論も何もならないし、出来ませんよ。

          私は、貴殿に対して反論している訳ですが、
          「理論・情報を使用」でのコメントでも無く、

          主張している、
          「論点のすり替えた発言」を 貴殿自身が行っていて、

          コメントや返信の内容が、こちらの質問に答えて無く、
          簡単に言わせて頂くと

          「あンた、身も無いつまんない人間」

          …なので、返信はしませんよ。
          ガッカリです。
          ――――――――――――――――――――――――
          >別の議論なら別のスレッドでされたらいかがですか。

          私、「ここの記載記事」に対する、
          コメントを求めております。

          別の議論ですかね? (笑

  35. とんと のコメント:

    私は小坪氏のこの記事の論理のおかしいところを指摘しているだけです。
    勝手に人の発言を「兎に角、ただ「ケチ」を付けたいだけ こういう事で、よろしい訳ですね」などとまとめないでいただきたい。
    あなたの議論に乗らないからといって意見がないわけではありませんが、それは今は論点ではないと申し上げているだけです。たとえ同じ記事についてであってもです。

    貴殿の文章には意味のつかめない部分が複数ありますが、ともかく「あンた、身も無いつまんない人間」などと人格攻撃をなさるような方とはお話しかねます。

    そのような方に支持される小坪氏も全く不幸な方だなあと思います。

    以上。

    • HG のコメント:

      >私は小坪氏のこの記事の論理のおかしいところを指摘しているだけです。
      あなたの記述の何処にもそのような指摘は見当たりませんが。

      • HG のコメント:

        一応申し上げておきますが、

        >それを論じる自由が私にはあるし、それに対しての思いを発信する自由がある。
        >その是非を問うことは、言論の自由に対し圧力を加える行為だ。

        が貴殿の言う「論理的におかしい」部分であるとして反論すると、

        「(思いの発信の)是非を問う」というのは「批判する」と同義ではないですよ。ここでは「発信するな」という意味です。「是非を問う」=やって良いかどうかを論じるですよね。
        でないと、「言論の自由がある」と氏が回答するのに論理的に
        繋がりません。

        その回答に対し、論理矛盾を指摘する以上、小坪氏が、韓国の問題書き込みをした人に対し、「すべきでない」と是非を問うていることがしめされなければ、指摘自体が論理的でない。
        そういう主張がこの記事の何処にあります?むしろ小坪氏の意見としては「言うべきでない」よりも「隠さずにどんどん言って貰って、それを多くの人に見て貰って、判断して欲しい」と読めましたが。隠された方が、こちらとしては都合が悪いんですよ。「いうな」と言うはずがない(笑)。

        もっとも、韓国の問題書き込みは脅迫が含まれ、犯罪的であるならば、是非を問うこともあり得えますが、それは論理矛盾ではなく倫理の話なので、ここでは置きますね。

        まあ、朝鮮日報の記事を和訳しただけで、産経の記者を散々拘束した(元記事の記者はスルー)という、ダブルスタンダードで言論の自由も理解してない国だと、論理も歪むのかも知れませんね。

    • sinobu hattori のコメント:

      返信をしないつもりでしたが、
      貴殿の返信に、興味深い記載が有りましたので、
      コメント致しますね。

      >あなたの議論に乗らないからといって
      >「意見がないわけではありません」が、
      >それは今は論点ではないと申し上げているだけです。

      私は、 こちらのコメント欄は
      ―――――――――――――――――――――――――――――――――
      【拡散希望】『日本の王室は、全て拷問した後、全員処刑する』
      (韓国のネットの声)
      ―――――――――――――――――――――――――――――――――
      この記事内容について、コメントするのが基本の場所、
      こう考えておりました。

      意見が有るのでしたら、
      別に「私に対して」では無くて、構いませんよ。
      個人的な「事件の内容」に対して、コメント下さいませ。

      ―――――――――――――――――――――――――――
      何度も、言いますが、

      貴殿の書き込みを 他の記事でも見かけましたが、
      どれも、「記事の内容」では無く、

      「小坪市議の文章の書き方」に対する「文句・苦言・ケチ」

      こちらの、しかも「ほぼ同じ内容」の事しか
      記載されておりません。

      …以上の事から、私は、
      ――――――――――――――――――――
      「あンた、身も無いつまんない人間」
      ――――――――――――――――――――
      この様に、返信致しましたが、
      「意見が有り」の様ですので「撤回」させて頂きますね。

      ――――――――――――――――――――――――――
      是非、「身も中身も有る素敵な人間」という、
      「濃い内容のコメント」を期待致しておりますよ。
      ――――――――――――――――――――――――――

      今のままだと「どの文章」の「どの部分」かを説明しない、
      「小坪氏は、論点をすり替える」
      …と記載するだけの「コピペ製造機」にしか見えません。

      実は、私は、貴殿の事を
      簡単にプログラムされた「アプリ・ソフト」なのでは?
      …とさえ、疑っております。

      顔も見えない「インターネット」なので、
      この個人的な思考に関しては、ご了承くださいね。

      それくらい、
      ただ「ケチ・文句」を言うのは簡単な行為
      …と、こう思っております。

      是非、貴殿の
      想いの詰まった、人間味の有るご意見の方を

      期待して、お待ち致しております。

  36. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     あらら,こちらでも凄いことになっておりますが,むしろ,それだけ左翼さんも,過去の記事も含めて小坪議員のブログを注目されていらっしゃることだと思われます。
     結構なことです。左翼さんも,外国人への税制優遇への意見書活動をはじめ,小坪議員の正義の味方振りをご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です