【政治家の目線】北星学園、さらに「脅迫」との報に接して。


保守層からすると少し違和感のあるエントリになるやもしれない。
今日は、「北星学園」という学校法人の目線から、この問題を論じてみたい。
また今後予測される「推移」についても考えてみたいと思う。

先日も述べたが、本問題に際して最も大きなミスを犯したのは、北星学園だ。
学校法人として経営判断を大きく誤った。
この考えは変わらない。

「学校法人」という観点に主軸を起き、理由を述べる。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

前回の記事は【言論の自由を守れ!】弁護士有志、北星学園・電凸動画の「たかすぎしんさく」氏を告発だが、まだお読みでない方は是非、読んで頂きたい。

 

<政治家の目線とは何か>
フラットに状況を見据え、事態を推しはかる。
分析となれば感情を押し殺して、正確に読み解く。
これが政治家の目線だ。

今回の記事は、単に保守陣営の論客として述べるわけではない。
よって「保守!!!」と思っている方には違和感があると思う。

むしろ違和感があるほどに感情を排さねばならない。
イデオロギーを排して分析することが必要だ。
「こうあって欲しい」とか「こうだろう」を徹底的に排除する。

「行動する・しない」は、感情を原動力としていいと考えているし、
政治家はそうあるべきだとも考えている。
しかし、こと分析となれば、冷静に物事を見据えねばならない。

見えている者を、意図的に見ないことは危険だ。
見るべき物を見落としてしまうことは危険だ。
私にとって、死活問題だ。

 

まず、当該ニュースをお読み頂きたい。

北星学園大にまた脅迫 慰安婦問題の朝日元記者が講師

 北海道警は8日、慰安婦問題の報道に関わった朝日新聞の元記者が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)に、学生に危害を加えることを示唆する脅迫文が届いたと明らかにした。威力業務妨害容疑で調べている。

 道警によると、脅迫文は封筒に入れられ、昨年12月27日に大学に届き、1月6日に職員が開封した。慰安婦や元記者には触れていないが「学生の家の何軒かから出荷する。事件が起こったら拡散する」などと書かれていたという。

 大学には昨年5月以降、脅迫文2通と不審な白い粉の入った封筒が届いており関連を調べる。

産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/150108/afr1501080011-n1.html

 

<出荷についてのいくつかの解釈>
これは脅迫文として報じられている。
これは警察が判断したのか、もしくは学校側がそのような被害届を出したのかはわからない。
(まず、ここから始める必要がある。)

脅迫を示唆する文言とは、報道によれば以下のセンテンスを指す。
「学生の家の何軒かから出荷する。事件が起こったら拡散する」

この出荷には、いくつかの考えがあるようだ。

①「誤字」説
「出火」と書くべきを、「出荷」と誤って書いたというもの。

議論は発展し、以下のような流れになっている模様。
このような誤字は日本人はしない。
よって朝鮮人による「自作自演」という説だ。
「自作自演」を行って「脅迫された!」と被害者を装う作戦、というもの。
この論を私は採用しない。

②責任回避のレトリック説
学生の家の何軒かから出荷するだろう。
クロネコヤマトなり佐川なり、何らかの形で何かが出荷されることは間違いない。
何軒かから出荷する、これは事実である。
そうとしか取り様がない。

以前、webにて「小女子を○す」みたいなスレが建てられ、あわや通報、
いや通報されたんだっけな、騒がせたことがある。
この犯人と思しきものは「小女子」とは魚の「こうなご」のことであって、小さい女児ではないと強弁した。
実際、「こうなご」と入力し、変換してもらえればわかると思うが、「小女子」になる。

その後、どのような推移を辿ったかは記憶にないが、今回もこのようなレトリックに過ぎないように思う。
私は、こちらを採用したい。

 

<実際に何かあるのだろうか。>
プロファイリングなど高尚な学問は納めていないが、これは愉快犯のようなものだと思う。
実際は何も起こらないのだろう。

はっきり言う。
何も起きない、私はそう思っている。

あくまで第三者が勝手にそう思っているだけで、何か責任をとるような意味合いではない。
主体である北星学園大は、こうはいかない、と続くのだ。

 

 

<では何もしなくていいのか>
当然、そうはいかない。
今日のエントリは、主軸を学校法人に置いている。
「学校は」対応を求められる。

①生徒に安否確認を行い、実際に火事が起きないか注意喚起をせねばならない。
②また、父兄に対してもどうようの報告を行う義務がある。

①による悪感情も深刻だが、②はさらに大きな打撃だ。
父兄は高校にも話しをするだろうし、兄弟を進学させることはまずないだろう。
子供が何より大事だからだ。

また、卒業生として各大学に進学した生徒(先輩)が、後輩に高校で話をする。
授業内でやる場合もあるし、公式に行われることも多いように思う。
皆様も見た記憶はないだろうか。
北星学園大学の場合、この機会は事実上、失われた。
生徒獲得能力は、大きく削がれたのは間違いない。

①②は、学校法人に大きな打撃を与えることは理解してもらえたと思う。
やりたくないだろう、ではやらなくていいのか。
そうはいかない。

もしやらなかったら大変だ。
これを怠った上で「もし何か」が起きてしまった場合、訴訟リスクは避けられない。

③警察への通報・対応
④メディア対策・対応

警察発表のようであるから、警察への通報は行ったのだろう。
そしてメディア対策、すでに報じられているため必要だ。

非常に大きな業務負荷がかかる。
定常業務外のタスクに大きく時間を削がれ、しかも内容がこれである。
何の利益もない、モチベーションも下がるばかりだ。

⑤監督官庁:文部科学省への報告
さらに厳しいのは、所管する監督官庁、文部省にも様々な相談・報告をせねばならぬことだ。

これがなぜ厳しいのかは後述する。
最も大きな経営リスク、学校法人として(経営目線で言えば)侵してはならぬ領域に踏み込んだのだ。
ここが肝のため、後半にて。

 

<大きな経営リスクと傷ついたブランド>
学校法人というのは、実は相当に脆い。
生徒数が減少する中、生徒獲得に躍起だ。
今回の件は、就職にも悪影響を及ぼすだろう。

「学校法人から見れば」生徒とは、金の卵だ。
あればあるだけ嬉しいもの、授業料で飯を食っているからだ。

ブランドへの打撃は、計り知れない。
事実、「北星学園大学」という学校法人を私は聞いたこともなかったが、
いまは、すっと出てくる名称になってしまった。
悪いイメージで、だ。

知人の子弟が進学しようか迷っていたとする。
まず間違いなく勧めない。

すっと出てくると言えば、googleも残酷だ。
「北星学園」と入力すれば、あとに何が続くか。
実際に入力してみるといい。
これを見て「よし、進学しよう!」と思う生徒はいない。
また、それが親であれば、停めるだろう。

 

<同情されぬ被害者ほど哀れなものはない。>
北星学園大は確かに被害者だ。
特に経営への打撃という意味では、凄まじい被害を被っている。

しかし同情は、多くはないように思う。
なぜなら、「当然」と誰しもが思うからだ。
同情されぬ被害者ほど哀れなものはない。

保守・左翼を抜きにして考えて頂きたい。
このブログを読む者で、「かわいそう」と思う者はいるだろうか。
イデオロギーを抜きにし、
従軍慰安婦も抜きにし、
植村隆なる元朝日記者を抜きにしても、
「当然」だと思うのではないか。

 

<経営判断のミス>
これだけホットな、火中の栗を拾ったのだ。
どれほどホットであるか、俯瞰して頂きたい。

政府が対応を行い、まさに竹島問題で動画を公開。
米国を出汁にメディアが日米離間を図り、サキ報道官が発言を訂正。
この背景に、「従軍慰安婦の捏造問題」は常に横たわる。

非常に高度な政治問題であり、舞台は国政どころか
我が国を飛び出して外交の現場にすら影響を与えている。
これは右派左派問わず、事実として認識していることだろう。

賛成でも反対でも、敵でも味方でもいいが、
これが政治問題であり、国政レベルであり、外交すら舞台としている。
それほど大きな、極めてホットな政治マターであることは、わかると思う。

であれば。
こうなるのは、自明の理であり、わからなかったのなら経営能力がないということだ。
または、「よっぽどの面倒なコネクションでもあるのだろう」と冷笑されて終わる。

 

<保守派は退かない。>
ここで「保守」とカテゴライズしないほうが良かったかもしれない。
いわゆる保守思想に準拠しての行動ではない者も多数いるからだ。
そしてそれら、ネット外の動きを、とかくネットは軽視するきらいがある。

単にネットを見ればよいわけでもない。
実はネット外でも問題はあるのだ。

海外に在住する在外邦人、その子弟。
生活を脅かし、傷つけ、名誉を貶めた。
これは誤報で起きた事故ではなく、捏造と呼ばれるべきで意図的だと認識している。
そして被害者らは、ネットでも発言しているが、主軸はリアルなのだ。
実生活で、実際に被害を受けているのだから。

海外に進出する日本企業、彼ら企業群が逸した利益はいかほどか。
企業にとってのブランドイメージの重要性を説いたが、朝日新聞が各社に与えた換算できぬ金銭的な被害、例えばビジネスチャンス等はいかほどになるだろう。

これが国益を棄損する、ということだ。
損害を被った者は忘れぬだろう。
ゆえに、退かない。
よって、日本政府も退かぬ。

 

<政府は退かぬ。>
安倍政権は、しっかり取り組む政権だと信じているが、
もし安倍政権でなかったとしても「退くことができない」状況にまで来ている。

ここまで問題が大きくなり、保守・左翼の言論も加熱する中、
「従軍慰安婦ありました、もういいです、韓国の言う通りにします!」なんて言ったら、政権が吹っ飛ぶ。
流石に世論がついてこない。

経営判断の疎かな北星学園大と異なり、政権はバカではない。
他にもなすべきタスクは多々あるのだ。
景気もよくせねばならぬし、道路も作らねばならぬし、福祉もあるし、少子高齢化もある。
北星学園大にだって、多くの事業・タスクがあるだろう。
政権にも同じくあるのだ。

そのように多忙な中で
「面倒になって利益もでないこと」をにわざわざするだろうか。

従軍慰安婦の捏造に対し、政府が消極的な態度をとることは、
この「面倒になって利益もでないこと」になるのだ。
朝日新聞は、謝罪ともつかぬが謝罪し、社長すら代わったではないか。
ここで政府が退けば、そうなるのは自明だ。

イデオロギーを抜きにして、むしろイデオロギーを抜きにすればこそ
「政権運営」にとっても痛手となることはわかって頂けたと思う。

これが高度にホットな政治マターに首をつっこむということだ。
政府はバカではないので、やらぬだろう。
そして外交の場で撃ち合っていくことになる。

 

<高度政治マターでの撃ち合いの規模>
外交の場で撃ち合っていくと述べた。
規模を考えて頂きたい。
米国の報道官とは、日本における官房長官のようなもので、発言の訂正など滅多に見ない。

外交の場での「撃ち合い」とは、映画に出てくるような伝説の妖精たちが、地を揺るがし火山が噴火するような、そんな攻撃をしあっているようなもの。
それが行われるような現場に、ただの学校法人がノコノコ出てきた。
ただの「人」に過ぎない。
溶岩に焙られ、割けた地面に飲み込まれ、何度も致命傷を負う。

ガンダムで例える。
アムロがガンダムでバンバン撃ち、シャアがジオングでバンバン撃ち、
ホワイトベースが弾幕薄いよ、とか言い、アバオクーも大変な中、
ただの民間人が、ノーマルスーツでのこのこ出ていく。
流れ弾ではなく、酸素が切れてジエンドだ。
もしくはモビルスーツのバーニアに煽られて、誰からも気づかれず行方不明。

実際、流れ弾が命中しまくって、ズタボロになっている。
あーあ、とは思う。
だが、私はまったく同情できない。
当たり前だと思うから。

 

<保守派の有志に対してのローハラスメント>
ローハラスメントとは、当ブログのコメント欄で頂いた言葉だったと思う。
有志の抗議に対し、弁護士300名でも告発。
これはローハラスメントと言っても過言ではないだろう。

左派は、これを認めぬのだろう。
しかし動いたのは失敗だったように思う。

結果どうなったか、この様である。
北星学園大学という学校法人に結果的に大打撃を与えた。

あれはやり過ぎである。
これは北星学園が行った告発ではないようだ。
弁護士有志らが「勝手に」やったのだろう。
言論の自由、思想信条の自由を標榜して。

それに対し、私は「言論の自由を守れ!ロビー活動の一環だ!」と声を挙げた。
保守系論壇も同様であろう。
左翼だってそうではないか、味方がやられたら必死に守る。
これは当然である。

北星学園大という学校人が犯したミス、それは、「黙って見ていた」ことではないか。
学校法人側としては「私は第三者」と思っていたのだろうが、結果的に「主体のひとつ」と目されてしまう。
あたかも左翼に迎合し、左派系弁護士のみにおもねっているように「見えてしまった」のだ。
「従軍慰安婦あった説」に加担しているようにも見えてしまった。

そして、それは時の政権とは、異なる動きであり
監督官庁である文部科学省の動きとも異なる。

もうどっちかに決めてしまえばよかったのだ。
左翼系の論説に加担するか、政権(または保守)に迎合してしまうか。
左翼弁護士は痛まぬが、北星学園大だけが一人負け、一番痛い目を見ているではないか。

正直、この左派系のイデオロギーに準拠するであろう弁護士300名以上の告発。
これは北星学園大にとっては「大迷惑」以外の何物でもないのではないか。

 

<経営判断のミス・その2>
経営判断のミスとは、「その2」と書いているが、
なんと北星学園大学という学校法人もまた、戦場となっているのだ。
おわかりだろうか。

遠くに戦場があるうちは、まだいい。
本土が戦場になった場合、どれほど悲惨か。
国土が焼かれるとは、どのような意味か。

北星学園大の大きなミスは、「自分の領土」が戦場になっているのである。
保守が撃とうが左翼が撃とうが、どっちが撃っても命中するのは北星学園だ。
北星学園は、どっちからも命中弾で毎回瀕死の重傷を負う。

保守は、左翼が(もしくは朝日が)悪いのだと言い
左翼は、保守が騒ぐからだと言うだろう。
だけど北星学園からすれば、どっちでもいいのだ。
とりあえず、痛い、きつい、というのが本心ではないか。

・・・正直、もうもたないと思う。
それは経営判断のミスによるものだ。

このような高度政治マターで紛糾している人材を、なぜ採用するのか。
右も左も、イデオロギーを抜きにして「見送るべき」であった。

 

<経営判断のミス・その3>
政治家の存在を忘れているようだ。
私は、街宣活動は行わない。
やるにしても応援演説程度だ。

主は、ご存じの通り「紙で戦う」タイプだ。
そしてそれが弱いかどうかは、ご存じの通りだ。

さて、「その3」が最後になる。
どれしも致命傷に思えたが、一番深刻なのはこれだろう。

実は、大学とは国費が大量に投じられている。
学校法人が最も警戒すべき「経営リスク」としては、予算処置だろう。
ここを忘れ過ぎている。
だから監督官庁に怯えるのだろう?

さて。
大学の予算編成は大きく変わる。
まさに過渡期だ。
ネットではご存じない方も多いように思うが、これも現場では一つのトピックである。
いわゆる「選択と集中」という形で、勝てる大学を作ろうというもの。
ダイナミックに「大きな予算」を投じて、素晴らしい大学を作る。

選ばれたほうはいい。
誰しも選ばれたいだろう、その「特別な大学」に。
国家から特別扱いしてもらえる、特別な大学に選ばれたいだろう。

では、選ばれなかったら?
今まで通りなのだろうか。
私はそうは思わない。

選択と集中とは怖いもので、打ち出の小づちがあるわけではないのだからさ。。。
当然、減額になる大学もあるだろうし、「効果の薄いもの」から削って、
より効果の高いところに配置するのが、「選択と集中」だ。
怖いものなのです。

さて。
さて。。。
さてと何度も書いたが、おわかりだろうか。

例えば「かくかくしかじかの理由で」予算を減額してもいいんじゃないですか?と私が陳情しても、私の自由ですよね。
そんなものは、当然、通らないだろう。
こんな理由で予算編成とは決まるものではない。

通るまい。
だけど、減額されるかもしれませんね。
少なくとも「選ばれる可能性」は大きく減少するでしょうね。

左翼系弁護士300名によるローハラスメントを放置し、「従軍慰安婦ある説」に結果的に加担している(消極的にとはいえ)「政治的なアクションをとっている学校法人」ですもの。
心象は「悪くなる」でしょうし、それだけで大打撃です。

私、ご存じのように「やるタイプ」なんです。
かわいそう?そうは思わないと述べました。
かわいそうなのは、通常のロビー活動の範囲内(と私は認識している)で、突然弁護士が300名も出てきた一般人ですよ。

だっておかしいでしょう?
私たちの戦場に、のびのびと自己都合を振りかざしながら出てきた法人がいるのです。
こちらは命がけですから、そしてとっくに人生かけておりますし、
こちらに撃った格好になっている以上、反撃されても仕方がない。
むしろ、やらない理由がないんです。

 

 

 

 

と、各所に(「犯行声明」ではありませんが)
たっくさん、お伝えしたく思いますので、tweetとかFacebookでのシェアをお願いします。
それだけで大きな効果があると思いますゆえ。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【政治家の目線】北星学園、さらに「脅迫」との報に接して。 への32件のフィードバック

  1. 大和の国の日本人 のコメント:

    いつも複数台のOAで応援しています。
    椎名林檎は、紅白時の間奏でギターをかき鳴らすシーンにシビレました!!超カッケー!!と思いました。
    PVでは日本旗を掲げて歌うシーンがカッケーです。
    毎回カラオケで歌って応援します。

    《拡散希望》
    舛添要一朝鮮人をリコールしよう!!https://www.change.org/p/東京都議会議長-舛添要一東京都知事をリコールしよう/share?after_sign_exp=default&just_signed=true

    2ヶ月間で集めなければなりません。ご協力お願いします。

  2. とおりすがり のコメント:

    以前、アンネの日記および関連本の連続破棄事件がありましたが、国内の反日サヨク勢力だけでなく米国のユダヤ人による言論弾圧機関SWCなどまでが右翼の組織的犯行であるかのような不当な決めつけを行っておりました。

    今回の事件でも、私大学長の山口二郎などを含む反日サヨク界では脅迫が右翼的人物の犯行であることを前提とした植村擁護活動を開始しており、犯人がどういう人物かわからない時点で安倍総理に事件への言及を要求したり、根拠のない印象操作の積み重ねによる情報工作活動が行われています。やはりこういう事件に関しては、基本的には捜査進展後の警察発表までは、専門家でもない個人や組織が勝手に犯人像を捏造し自分たちに都合よく利用することを何らかの方法で阻止、または法で禁止すべきだと思います。
    少なくとも保守言論界は、SWCのアンネの日記事件の犯人決めつけコメントに対し事後に訂正要求をやり、きっちり落とし前を付けさせるといった情報戦における現実的な反撃の習慣を身に付けることが最低限必要でしょう。

    (また、植村氏自身に関しては、現在は教育者ですが過去には朝日新聞記者をやっており、彼は過去の「記者時代の行為に関する説明責任」を問われているのであり、その責任は教育者になったからといって消滅するものではないはずです。よって反日サヨク勢力が植村氏擁護の手段として「教育の自由」を持ち出すのはまったくの筋違いだと思います。)

  3. 一般人 のコメント:

    そもそも北星学園が植村隆氏を臨時講師として採用した経緯と目的は何であるかが重要だと思っています。
     
    週刊誌の文章からですので適当かどうか解りませんが、事実だとするなら、

    「札幌市内にある私立大学の北星学園大学の非常勤講師です。慰安婦問題についての記事の誤りが明らかになり、処遇に困った会社が彼を北海道の支局で塩漬けにしていた2年前から講座を受け持つようになったことが縁だそうです」

    「韓国からの留学生に韓国語で講義できる人材を北海道で確保するのはたいへんです。その点、彼は韓国語に堪能で、うってつけの人材だと思っています」 
     
    日本の名誉よりも、韓国からの留学生の為や学校経営の為に植村氏の雇用をしたのであれば、今こうした事態は予測の範囲内であると思います。
    むしろ、世の中の批判や保護者の疑問に答えたり、或は高杉氏の様に国民に真実を知らせたい方々によるネット活動に対処出来ない大学そのものに問題があるのではないでしょうか? 
     
    最後に週刊誌はこうも言ってます。
    「韓国人留学生に対し、自らの捏造記事を用いて再び“誤った日本の姿”を刷り込んでいたとしたら、とんでもない売国行為だ。」

    高杉氏が恐れ追求する最もの理由であると考えます。
       
      慰安婦火付け役 朝日新聞記者はお嬢様女子大クビで北の大地へ
      http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4261

    大学を取り巻く状況のところで、
    「全国380人の弁護士の方々による脅迫文行為に対する刑事告発・・・」http://www.hokusei.ac.jp/images/pdf/20150106.pdf
    の文も、見ようによっては大学を取り巻く状況に左右され、大学の決定事項が覆ったとも見える訳です。
    本来の一番重要視すべき生徒や保護者については、これらの決定には参加やアンケート等は求められたのでしょうか?それともこの場合、学校の理解しにくい毅然とした対応のみで、生徒や保護者の意見は必要無いのでしょうか?

  4. 鈴木敦哉 のコメント:

    北海道はすごく自然がきれいで良い風土に恵まれた良いところだと思います。
    しかし最近では小野寺まさる 議員の一人奮闘からも(アイヌ問題等)すでに危険な状態になっているのではと思っています。ある民族の幅の利かせ方が半端ないと思います。

    そしてこの北星学園大問題も根幹は同じ根っこに行きつくのだとも思っています。
    北星学園大を調べてみるとプロテスタント系のキリスト教主義学校の一つとなっていますが、どう考えてもウリスト教になっているように思えます。
    反日、慰安婦、様々な捏造・・・
    その先端を担っているだろう在日という名の外国人。
    そしてその裏を操っているかもしれない中京、共産。

    自分の考えの中での、最初の考えの「出荷」は、上記の考えの元今年の韓国徴兵制度の期限が迫っている・・・的な考えで、「出火」でも、物の「出荷」でもなく、この事件にかかわっている人間の本名および国籍を明らかにして、さらにそれを韓国にリークし徴兵へと差し向けるぞということだと思い、そうなればいいと思っていました。
    本当にそういった人たちが関わっているのか解りませんが、やっている事とか、見えてくる思想とかがその通りだと思わざるを得ないのでそう感じていました。
    なので誤字ではないと感じています。
    日本人はこのような「誤字」はしない、朝鮮人の自作自演というのも違うと思います。
    明らかに「出荷」と書いている気がしてなりませんし、そうなってほしいとも思います。
    北星学園大自体が被害者なのはその通りだと思いますし、対応が悪すぎたのは庇いようがないとも思います。つぶれればいいとも思います。

    しかし小坪先生も、ご自身のサイトとはいえ自身の行動予告を曝し過ぎではないでしょうか。
    このエントリーの内容も行動に移すための言葉選びを「以前書かれていた」ように考えていると思いますが、率直に「敵に塩」的な内容にも見えます。
    まあ自分がこう思うってことは相手も最低限で思っているとは思いますが・・・

    赤殲滅に何かしらの署名等が必要な時には必ず応援します。
    そして、ガンダムは自分には解り易すぎましたwww

  5. 都民です。 のコメント:

     予算の「選択と集中」とても大事なことだと思います。

  6. はらっち のコメント:

    確かに・・・松陰女子大学は、株が上がった感がありますものね。

  7. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    教育再生会議は「右傾化」=公明・富田氏
    時事通信 [1/8 19:55]
    日教組が東京都内で開いた新春の集いであいさつ
    自身がオブザーバーを務める政府の教育再生実行会議について
    「メンバーも完全に右傾化している」と語った。
    富田氏
    「自民党が変な方に行かないように、できる限り子どもたちにとって良い教育制度ができるように努力していきたい」
    安倍晋三首相に関しては
    「何でもかんでも右に行く方ではない。きちんとした情報を提供すれば、きちんとした判断をしてくれる」
    と指摘

    右傾化て反日国人みたいな言い方ですね。そして、右に行かないよう左の(日本人にとって有害)情報を提供すると。
    てか、財務省なんて教育再生する気さらさらないじゃないですか

    小中教職員数、2年連続で純減=児童生徒数の減少で―政府方針
    時事通信 [1/9 02:32]
    政府は
    公立小中学校の教職員定数について、少子化による自然減分を超えて減らす「純減」とする方針
    従来は少子化に伴う減少分の一部が少人数教育の推進名目など
    で補われてきたが、2年連続で純減

    教職員定数は、児童生徒の数に応じて決まる仕組み

    文部科学省
    少人数教育などを進めるために2760人を補充するよう求めていた

    しかし

    財務省
    児童生徒の減少数に比べ教職員の減り方が少ないと主張
    補充分を認めなかった上、さらに削減することにした。
    部活動指導に当たる教員に支給する手当の引き上げも見送る。
    統廃合した小中学校への対応や課題解決型授業の推進
    などに関わる教職員の一部増員は認める方針

    財務省はきっと、教育に力を入れて日本人が優秀になられると困るんですよね
    てか、害国籍・無国籍教師をまず削減して生粋の日本人教師だけにすれば大分変わると思いますけどね

  8. 匿名希望の都民 のコメント:

    はじめまして。毎日興味深く拝見させて頂いています。
    当方北海道出身で、身内に北星大卒業生と現役北星高生を持つものです。
    そのため、当件は第一報より大変心苦しく聞いていた次第です。

    一地方の大学のため、ご存知ない方がほとんどとは思うのですが
    北星大学は北海道の中では上位の大学であり、好印象を持たれてるところです。
    なのでこんな悪名がどんどん高くなるのが悲しくてなりません。

    尚、数ヶ月前(元記者解雇決定報道後)に身内に聞いたところ
    この件を全く知りませんでした。。。
    高校生にいたっては「慰安婦って何?」状態でしたし。。。
    高校から大学に進む学生も多いようですが、気にしている風はありませんでした。
    ですので、その時点で学生、保護者への説明はなかったものと考えられます。
    (あっても気に留めてなかった可能性もありますが。)

    連絡を密にはしていないため現時点の状況は分かりませんが、一つの予想として
    受験期間が終了したために今回の報道が出たのかもとも思います。
    下手を打ち続けていることには変わりはありませんが。

    ちなみに、私大では推薦やAO 入試の割合が現在かなり高いです。
    聞いたところ、高望みさえしなければ推薦等で皆大学が決められるとのこと。
    身内のように社会情勢を見ていない保護者と学生だと、進学する可能性も高いかと。

    話は少しずれますが、北海道では今中韓からの渡航者がかなり増えています。
    千歳空港に国際線が出来たためです。(空港に行くと大量にいるのでかなりイヤです。)
    元記者の韓国語力云々もその辺りに関連する気がしないでもありません。

    一つのリアルとしてご参考になれば幸いです。

  9. のコメント:

    大学紛争や三里塚闘争を思い出しました。

  10. Augusta のコメント:

    文言通り受け取れば、脅迫ではありません。
    警察も、これを脅迫として受理するのは無理です。
    そして、これはサヨクが良くやる方法です。

    以下は、共産党の「支援」で、障害者認定されている支持者と私の話です。人目の付かないところに誘導され、私1人、相手は2人です。

    1、オレは共産党の支援で障害者認定を受けている。心臓が悪い(見た目には、体格が良く、顔色も健康そのものでしたが)。
    2、オレは○○病院の院長室で、ナイフを持って暴れたことがある。警察の世話にもなった。
    3、今このカバンの中に、そのナイフを持っている。

    ここで私が震え上がれば、具体的な内容に話が行くのでしょうが、そうはなりませんでした。

    この場合、警察を呼んでカバンの中を見ると、ナイフなど入っていません。院長室で暴れた話も「あれは冗談だ」で終わりです。

  11. araigumanooyaji のコメント:

    “左翼系弁護士300名によるローハラスメントを放置し、「従軍慰安婦ある説」に結果的に加担している(消極的にとはいえ)「政治的なアクションをとっている学校法人」ですもの。”

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    この一件の犠牲者は、現在在学中の学生になるでしょう。

    受験を控える世代は、将来を見据えて北星学園大を選ばないと言う選択肢が行使出来ます。
    しかし、現在学中の学生はこのリスク回避が出来ない身分であり、それでも敢えて回避行動を取るなら、他校に編入し直すと言った経済的にも時間的にも大きな負担を強いる事になります。

    なぜ、在学中の学生が犠牲者になるのかと言えば、多かれ少なかれ将来の就職に影響を及ぼす可能性があるからです。

    仮に私が企業経営者なら業種や会社規模にもよりますが、北星学園大卒の採用は慎重にならざるを得ません。
    例えば、仮に防衛庁や警察等と取引のある様な大企業ですと、怪しい人員を擁して居ては今後の取引に差支えが出る可能性があります。
    だから、北星学園大卒は本音を言えば採用したくない人材にリストアップするでしょう。
    また仮に中小企業の場合、従業員一人一人の志が社の命運に大きく左右されます。
    つまり、大企業に比べて愛社精神の強い人材を欲します。
    そこに、自らが所属する国を陥れそれを正義だと思い込んだ、カルトじみた指導者に教育された者など欲しく無いのです。
    若し、採用した者にとっての成敗すべき対象が国から我が社に変わった場合、会社に損害を与える事を正義として行動しない保障はどこにも無いのです。
    具体的には情報漏洩や公金横領と言った事を正当化されては、中小企業では致命傷に繋がります。
    故に、中小企業の経営者の立場なら北星学園大卒は排除したいです。

    そう言った意味で、北星学園大は若者の将来の目を摘んだとも言えるでしょう。

    北星学園大経営者のミスによる経営破綻が起こっても、それは経営者が責任を負うだけの事で、因果応報でしかありませんので同情の余地もありません。

    北星学園大は罪を犯したと言っても、過言では無いと考えます。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    元朝日記者が文春など提訴=「慰安婦捏造」は名誉毀損―東京地裁
    時事通信 [1/9 13:06]
    元朝日新聞記者で従軍慰安婦報道に関わった北星学園大(札幌市)非常勤講師の植村隆氏(56)
    週刊文春で「捏造(ねつぞう)記事」などと書かれて名誉を毀損(きそん)されたとして、
    発行元の文芸春秋
    誌上で発言した西岡力・東京基督教大教授
    に計約1650万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。
    問題となったのは週刊文春の昨年2月6日号の記事など。
    西岡氏
    「捏造記事と言っても過言ではない」
    などと誌上で批判

    植村氏側
    、「原告が犯罪者であるかのような印象を社会に植え付け、大学に対する脅迫まで引き起こした」
    と訴えている。

    タイムリーな話題ですよね、相変わらず非常勤講師は被害者面してますけど。
    あと、書類偽造に旅行会社も絡んでいる可能性があるみたいです

    中国人観光客が日本で違法行為、中国大手旅行会社がとばっちり=日本渡航ビザ申請代行業務がストップ―中国メディア
    Record China [1/9 11:46]
    中国メディア・澎湃新聞
    中国の大手旅行会社・携程
    の上海エリアでの日本渡航ビザ申請代行が行えない状況だと伝えた

    「携程が顧客とグルになって虚偽の資料を作成した」
    との声があるが、業界内は
    「携程の評判は良く、わざわざトラブルを起こすようなことはしない」
    との見方が強い。

    業界関係者
    「確かに中国の一部のサイトや旅行会社は顧客の要求に応じ申請書類に手を加えることはある
    が、一部の現象」

    携程
    「顧客の不適切な行為が日本の法律に抵触した影響で、弊社の日本渡航ビザ申請代行権も一時的にストップしている
    事態は1月の中旬から下旬に改善すると思われる」
    とし、顧客に謝罪

  14. 藤原 のコメント:

    ご存知の上であえてそう書かれていると思いますが、
    北星が只の被害者だとは考えられませんよね。
    https://twitter.com/ithirdeyei/status/545558095422697472

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    まさかとは思いますが、これら関連してないでしょうね…(あくまで引き取り手の方が、ですけど)

    大阪府大阪市で、猫の里親会が開催 – 入場無料!
    マイナビニュース [1/9 07:00]
    飼い主のいない猫の譲渡の活動などを行うNPO法人おおさかねこネット(大阪府大阪市)
    1月11日に、猫達の里親会を開催
    時間は13:30から16:30で、場所は大阪市中央区本町4丁目7-11の愛日会館。

    猫の引き取り手募集の記事をたまに見かけるので、頑張ってるなーと素直に感心してました

    猫大量虐待?殺処分・遺棄横行か…動物実験や皮・肉の闇市場へ売却疑惑も
    Business Journal [1/9 06:00]
    植田弁護士に
    「B氏は猫をどこへやったと考えているか」
    と訪ねたところ
    「B氏に直接問い詰めたが、最後まで猫をどこにやったのか答えなかった」
    と言い、その上で
    「関西には、猫を動物実験や三味線の皮に使うための闇市場がある。そこに持って行った可能性もある」
    と推論を述べた。
    また、中国には闇市場で1000匹単位の猫の肉や毛皮を売りさばく犯罪集団もいるという
    (14年12月25日付英紙インディペンデント電子版より)
    こういう組織に売却している可能性もあるだろう

    こんな市場があるなんて初めて知りました(やはりあちらの国絡みみたいですけど)
    ただ、密猟・密漁(と言っていいかわかりませんが)絡みなら暴力団に前例ありですからそっちかもですね

  16. 22SUNRISE のコメント:

    お久しぶりです、こんばんは。

     松陰女子大の一件があったにもかかわらず、採用したということは恐らく『お仲間』からの紹介ではないでしょうか。諸説ありますが『北海道新聞社(道新)』から紹介を受けて採用したニュアンスがあります。勿論、松陰女子大の事を隠してです。そうでなければ問題が噴出した時点で辞めさせているはずです。
     私としては、やはり道新が一枚かんでいると思います。ただ現時点では憶測にすぎませんが・・・。

  17. bou のコメント:

     こちらには初めてコメントさせていただきます。
     
    明日、札幌で従軍慰安婦に関する講演が開かれるようです。
    1人でも多くの道産子に真実を知ってもらいたいと思い
    貼らせていただきます。

    【―河野談話の今日的意義と「慰安婦」問題解決の展望― 2015年1月10日、かでる2・7で】
    http://doumin.exblog.jp/21385320/
    《日時:平成27年1月10日(土)
       17時30分開場 18時開演 20時30分終了
    会場:かでる2・7(札幌市中央区北2西7) 710会議室
    参加費:1,000円
    講師:藤岡信勝拓殖大学客員教授
       ※講師変更 茂木弘道先生(史実を世界に発信する会 委員兼事務局長)
    主催:捏造 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会
    問合せ:netsuzouianfukaiketsuあっとまーくgmail.com》

    • 昭和20年生まれの男 のコメント:

      講演会の情報ありがとうございます。
      何とか、聴きに行きたいです。

  18. のコメント:

    いつもブログ拝見しております。

    文中一つ気になることがございます。
    「従軍慰安婦はない」としていますが、
    慰安婦自体の存在を否定しているように読み取れます。

    「国家(軍隊)としての強制連行を伴った慰安婦はいない」
    というような表現が適切ではないでしょうか。

    朝鮮日報あたりがこのエントリーを翻訳すれば、
    「日本の保守陣営は慰安婦の存在自体を認めない歴史修正主義者だ」
    とかやりそうで面倒です。

    また、私としてもこのままでは拡散できません。
    何卒ご検討お願いします。

  19. のコメント:

    追記
    もしかしたら
    慰安婦は居たが、「従軍」慰安婦(左翼や特アの主張するいわゆる慰安婦)はいない。
    とされているのかなとも思いましたが、
    そうであってもそれでは一般人には通じません。

    また仮に過去記事等でそういった説明をされていたとしても、
    この記事だけ読んでいる一般人には読み取れません。

    コメント承認制のようですので、先のコメントと合わせ、
    削除して頂いて構いません。
    先生にお伝えしたかっただけですので。

    • coco のコメント:

      「従軍」と冠するのは従軍記者」とか「従軍看護婦」であり、
      「従軍慰安婦」という存在ありません。

      当時の慰安婦は単なる職業慰安婦であり、追軍慰安婦です。

      「従軍慰安婦」という呼称は、この職業慰安婦を日本軍による強制連行と結び付けたい人達により作られた言葉、と理解しています。

      • のコメント:

        返信ありがとうございます。
        やはりそうでしたか。不勉強恥ずかしく思います。
        ただしそれでも尚、本エントリーの表現は気になります。
        理由は既に書いた通りです。
        次世代を始めとする右派(従来の日本の主流であった極左と比してという意味で)保守
        の不器用な所のように思えて少し残念です。

  20. 旧新人類 のコメント:

    役所関係の人から聞いた話では、少子高齢化で学生争奪戦が激化する中、留学生の奨学金が大学の大事な収入源のひとつになっているそうです。どうりで、かなり前から大学に「異文化交流」とか「多文化共生」などの怪しげな学科が乱立するようになり、留学生のかき集めが大学の経営戦略として確立してきたわけです。ググると、その手の学科抱えた大学がわんさか出てきます。大体、「異文化交流」なんて学問はありません。留学生確保のための口実に過ぎないと思います。なので、その内容もこじつけが多いです。異文化コミュニケーションなんてものは、バックパッカーしたり、海外進出したメーカーの現地勤務等で必要に迫られ必死に取り組んだあげくに、やっと身につくようなものじゃないでしょうか。もう、こういうお遊びみたいなことに税金や学生の皆さんの大事な授業料を使うのは止めた方がいいと思っています。それに、留学生ばかりが国費で優遇され、日本人大学生が奨学金とは名ばかりのローン返済に苦しむ現状も問題です。しかも、中国からの留学生に書類の偽造が多いことを日経新聞が報道しています(11月24日付け)→かけだしさんも取り上げてます。

    それにしても、いつ頃からか、大学が新聞記者の転職先になるケースが増えたようです。最近よく聞くメディア学部は工学系というかIT技術を学ぶところですが、頭がアナクロな元記者がそんなもの教えられるのでしょうか。上智大などには昔から新聞学科がありますけど、それ以外のところで何を教えるというのでしょうか。歴史?(苦笑)。新聞社と大学の癒着も気になるところです。

  21. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    深刻な裁判所の劣化 裁判官の猥褻&パワハラ行為、和解強要や被害者恫喝…広がる司法不信
    Business Journal [1/15 06:00]
    昨今、民事では裁判官が裁判を早く終わらせるために和解を強要する事件
    裁判官が原告や被告の一方の主張のみを判決文に写し書き、裁判を終わらせる事件が多発

    刑事では、
    検察や警察の主張を無理やりに追認するような内容の判決が多発
    冤罪の疑いの強い事件が多く指摘されている。

    昨年には、最高裁で長く勤務し、その内部を知り尽くす元裁判官の
    瀬木比呂志明治大学法科大学院専任教授
    が、最高裁の実態を克明に描いた書籍『絶望の裁判所』(講談社新書)を出版

    同書では、裁判官の倫理観が欠如している実態
    裁判官の能力が低下している実態が克明に描かれている。

    裁判所内部では、最高裁を中心に、裁判官は多くの裁判を処理することが求められており、
    その作業に専念するのに伴って、良心や良識が失われていき、
    和解を強要したり恫喝してでも、裁判を多く処理する裁判官が出世する実態になっているという

    たまに「おかしい」と言われる裁判は、やはりおかしい可能性高い、と。

  22. ピンバック: 【北星学園】動き始める政治家たち | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  23. 北星学園大学卒業生 のコメント:

    かなり昔に北星学園大学を卒業したものです。昨今のネイティブな騒ぎは卒業生から見てもひどいとしか言いようがありません。
    地方3流大学で知名度低いのに・・・(笑)
    私が在籍していた当時(バブルの頃・・・)までは少なくともキリスト教系大学らしくキリスト教国を向いていました。現在は全く知りませんが、当時は欧米から留学生
    受入れ(交換?)もしておりました。
    但し社会福祉学部がある影響から左に向く傾向が強く、民青も多かったです。
    彼ら社会福祉学部生(私は経済学部)は経済なんてこれっぽっちもわからずに、
    社会福祉関連の予算を増やせというような話しかしません。
    その予算を増やすには経済を豊かにしないといけないのにね。。。
    卒業後は一切関わりが無いので判りませんが、いつの間にか特定アジアに向くように
    なってしまったようで、残念でなりません。
    今となってはこの大学がどうなっても構わないとさえ思います。

  24. ピンバック: 【北星学園】たかすぎ氏に対し、政治家としての支援【JAPANISMに感謝】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  25. ピンバック: 【北星学園】たかすぎ氏、支援の効果は? | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  26. ピンバック: 【北星学園】落としどころはどこか、それはいつか。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  27. ピンバック: 【政治家の目線】北星学園、さらに「脅迫」との報に接して。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員 | 日刊☆なんでもトピックス!

  28. ピンバック: 【祝・勝訴】日教組弁護団と、一人の女が戦って勝つのははじめてかも(本人談) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  29. ちょっと立ち寄っただけですよ のコメント:

    産経と読売はいつ国民に謝罪するんだろうね。
    あの記事を書いた記者はいつ訴えられるんだろうね?

    引用
    http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310001-n3.html
    植村「産経新聞だと思うんですけれども、まあ、挺身隊の名で戦場になんとかなんとかみたいな言い回しの記事というのは当時、読売とか産経とかいろんなところに出てるんですよ。つまり当時はどこでもそういうフレーズがあったの。私もそれが全く前提でしたね」

    阿比留「弊紙がどこまで使っていたか分かりませんが、使っていたとして責任逃れする気は全然…」

    植村「責任逃れとかじゃないの!阿比留さん! 僕はそれで捏造記者って言われているんですよ。ねっ? だけどそういう時代状況だったということを分かってほしいんだ、阿比留さん」

    阿比留「ええ。だけど、そういうことは分かるんですが…」

    植村「じゃあ、これ産経新聞なんだけど、これ尹貞玉さんにインタビューして書いた記事だよ。つまり、当時、尹貞玉さんたちは、そもそも(韓国)挺身隊問題対策協議会と書いているじゃない? だから挺身隊ということで慰安婦のことをずっと語ってきていたから、これがあったんだよね」
    以上引用終わり

    西岡力氏はなぜ発言しないのだろうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です