自殺はしない。


 

 

魔除け程度の意味だと理解しておりますが、Blog上でも告知しておきます。
私は自殺はしません。また、自殺に至るような悩みもございません。
何かあった場合には、「確実に他殺」です。

仮に、どれほど、それっぽい環境整備がなされていたとしても、絶対に自殺はいたしません。
万が一にもそのような報道があった場合には、疑ってください。
事実ではありません。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

”臓器狩り”に関わったとされるCHINA人医師のリスト(ネット初公開)【酷いと思った人はシェア】

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

28 Responses to 自殺はしない。

  1. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    これが中共瓦解の一助になる事を祈っています。

  2. ぽのかのぽん のコメント:

    ほっほっほっほっほっほっほっほっほ♪

    ほっほっほっほっほっほっほっほっほ♪

    ほっほっほっほっほっほっほっほっほ♪

    • ろーざけとる のコメント:

      背乗りが本性表したな

      しかし、ここまで小坪氏が予防線貼る覚悟すら必要なこのねた。
      私も少しながらリスクを共有します!

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    今年の節分に「煎り豆が花を咲かせる」この言葉が天から授けられた時、平成の御代の間、地下に潜り歴史の真実をひたすらに発掘、調査していた水間先生が、命からがら日本の闇にスポットをあてました

    • 琵琶鯉 のコメント:

      すいません。言葉が中途半端でした。
      ❌スポットをあてました。
      ⭕️スポットがあたりました。

      それとこの度の先生の医師名簿。これは黄泉からのデーター公開。時は折しも死者が帰って来る。お盆の時。これを機に益々黄泉からの情報開示がされる事でしょう。

  4. さよなら!ゴミ≪朝・毎・T・N≫ のコメント:

    さすが、小坪先生!
    悪事は、どこまでも許せない小坪先生。
    命を懸けて戦う小坪先生。
    日本国のため、世界のために住みよい世界を目指して戦う小坪先生。
    自分をも顧みず、目的に邁進している小坪先生には、自殺などしている
    暇など1ミリもある訳がありません。
    日本国民全員で、小坪先生の一挙手一投足を、今まで以上に最大漏らさず
    注視していきましょう。

  5. 星海入道 のコメント:

    私もこの先も注視して参ります。

  6. YO のコメント:

    承知いたしました! 私も今年に入ってから、周囲に「私は絶対に自殺しない」と告げてきました。

  7. ぎん のコメント:

    私、お大師様に御祈願します
    不思議な力のある般若心経を唱えます
    私は今でもお大師様に助けていただいたと思っています

  8. 神無月 のコメント:

    問題のリストは多数の方々が既にお持ちですので、公開をした小坪市議のみが危険なわけでは有りません。

    万が一、何らかの危害が起これば、それはリストの内容が正しい事の証明を都合の悪い相手側が行ってくれたようなものです。

    逆に、リストに載っている方々の安否が心配になります。

    無かった事にする為には、躊躇しない人権無視の王朝ですので・・・
    .

  9. 宮崎マンゴー のコメント:

    ここは、日出づる国日本🇯🇵
    ここは、八百万の神々様がおられる日本。

    その日本に於いて、正しいことをやろうとする者が阻止されたり、恐怖や危険にさらされてはならない。
    いつから、国家への信頼が失せてきたのだろう…もはや、国体事態がボロボロと剥がされ奪われようとしているかの様に感じてならない。
    現状日本の政治家に、自分の命、身体を張って、愛する国を民を護ろうとする気骨のある人はいるだろうか?わたくしは、お一人だけ存じております…小坪慎也という若き政治家を。その御方に手を出そうとするものなら、多くの日本人が許さないと存じます。
    (用事済ませ運転しながら、小坪議員様の一大事を案じ、理不尽なる日本の現実に、我がひたおしの行方を想うと目頭が熱くなって仕方ありませんでした。)
    正義という言葉が哀しい…
    正義という魂が消されてゆく…

    日本を想い愛す、同じ空の下で誠実に暮らす日本人の方々へ、少しだけお力をお貸しいただきたく存じます。
    いつも御自身の事は後回しにされ、日本の為民の為(行橋市民を想い)、全身全霊で奔走なさる政治家をお護り下さります様、お願い申し上げます。

    おりしも先月半ばから、米国の特殊部隊が横田基地に入られたということであります。国内(DS)の大掃除、退治であるとの事。ここに武士道精神ある自衛隊の方々の目もある事を願います。どうか日本の真の政治家で在られる小坪議員様をお護り下さいます様お願い申し上げます。上手くお伝え出来ない事を情けなく存じますが、小坪議員様をはじめ日本にて救いを求める弱者のSOSのサインを気づいて下さい!日本🇯🇵が、日本人が危ない…祈

  10. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この事案が厄介なのはかなり利害が広範囲に至る為、その利害が複雑に絡み合い、このリストを公開した事によって障害を感じる者や、その行為に落し前を必要とする者がどこに潜んで居るか特定し難い所にあります。

    恐らく中共はこの「臓器狩りに関わったとされる医師リスト」の存在も、それが外部に漏れた事も、ある程度は察知して居たと考えて良いかと考えます。
    それを察知してからどれだけの期間があったのかは存じませんが、その期間を逆算する事で中共の引いた線をある程度絞り込む事が可能でしょう。
    それこそ中共からすれば、この事案自体を「違法な臓器売買シンジゲートの仕業」としてトカゲの尻尾切りで済ませ、一旦の着地点を求める事は可能だからです。
    もっと言えば、中共自体が一枚岩では無い為、内部で首謀者を政敵に擦り付けると言った御家騒動にも利用出来るのですから。

    「臓器狩りに関わったとされる医師リスト」だけの話ならば、例えそれが理不尽なものであっても、”グレーゾーンで留めて棚上げ”と言った落し所で手打ちにする事も可能でしょう。
    それが顧客迄の追及に至れば話は変わります。
    故に、”顧客リスト”は身を守る為の盾にも、自らを滅ぼす刃にも為り得ます。
    但し、それは飽くまでも政治的な取引が可能な相手の場合ですが。

    この問題の複雑さは、”正義”そのものが人によって異なる事です。
    例えば、自らが臓器移植を必要として居るのならば「他人を犠牲にして迄、自分が生残るのは悪だ」と割切れたとしても、それが大切な伴侶や子や孫の場合はどうなのかと言った問題があります。
    その際に出所元が不明な臓器であっても、それを拒否出来るだろうかと言う部分でも問題があります。
    そんな時に、若し耳元で「次に適合する臓器が見付かるのは何時になるか分からないよ」「臓器は保たないので、今移植手術を行わないと、この臓器は無駄になるよ」「これは凶悪犯の臓器だから」などと囁かれれば、それを免罪符として受入れてしまわないかなども含まれて来ます。
    もう一つは”命の優劣”です。
    非常に書きたくは無い事ですが、誰もが明確に優劣をつけ易い場合、それは社会的正義に置換えられる可能性も無くはありません。
    それ故に顧客からすれば、「顧客リスト」の流出は恐怖である訳です。
    而も、顧客は統制の取れて居無い存在が殆どでしょう。

    更には、現状我々は中共と利害が違えて居る為、ある程度割切る事が出来ます。
    ですが支那人にとっては、必ずしも中共が悪とは限らないと推察して居ます。
    何せ、賄賂でかなりどうにでもなると言うのは、考え方によってはかなり楽でもありますから。
    支那は多民族国家ですし、歴史的に現在の我々と同じ倫理観を育む為のベースを培って来た国家が、無きに等しいのです。
    つまり、根本的に倫理観が異なって居る訳です。
    故に中共が消滅しても、この様な事は再発すると考えます。
    そしてチベットやウイグルにしても状況や経緯はどうであれ、結果的に国を守りきれなかった瑕疵があり、現在では独立解放戦線を切り拓き抵抗をして居無いので、それ故の現状と言う部分もあります。

    つまりこの事案を公表した時点で、個々の善悪は無視して突き進むと言う、覚悟を終わらせて居たのではないでしょうか。
    ですから、この事案に首を突っ込むと言う事は直接的な危険の排除の他に、世の中の価値観の相違を縮めると言った責務が重圧となって伸し掛る訳です。

    尤も、小生的には中共殲滅の為には、御都合主義に徹するのもアリですので、細かい所は扠措いてしまいますが。

  11. パコリーヌ(髭) のコメント:

    三浦春馬氏が亡くなった時にツイッターで
    やっと死んだか などとツイートしている奴がいたが
    朝鮮人中国人の連中が嫌がらせというか様々な犯罪行為を働いていた事は明白
    これを取り締まれない警察の無能さ
    任侠ヤクザのような組織を復活させて昔のように外来犯罪者を闇で処分させたほうがいい
    今更手遅れだがね

  12. 名無し侍 のコメント:

    行橋市はローカルでこれは田舎者とバカにしてるんじゃなくて、であるが故に安全度が高い。
    毒吐きまくりの東京都豊島区の沓沢氏(ボウズP)のほうが危ないんじゃないか?
    気をつけていれば、、、というか気をつけて下さい。
    綾瀬市の笠間さんも不穏な動きに気が付いたようです。が、ここも比較的安全。
    ストーカー行為のみならず、捨てるゴミ袋の中身までチェックする事例もあります。
    日本は安全なようで意外と工作員天国なのです。
    最近ではケントギルバード氏が警戒心露わに。
    アメリカ人であれだけ言えば、狙われるでしょうね。

  13. BLACK のコメント:

    上記で櫻盛居士様が仰っておられますように
    「正義」が人によって、または国によって違う、違うどころか正反対の場合もある。
    ですから、ひどい言い方ですが、当然ですが私は同意しませんが
    小坪氏を襲撃することが「正義」と信じる人たちも存在するかも知れません。

    臓器狩りなど許せない
    ジェノサイドなど認められない・邪悪だ
    日本人なら思想や理想の違いを超えて、だれもがそう感じると思えますが

    彼の国の国民の愛国心
    臓器狩りの恩恵を受けた人達
    妻の為、子供の為ならばどんなことでもする それが私の愛と正義だ
    人類の支配と言うのは結局現在の中共政府のような統治方法がベストなのだ
    人類は結局弱肉強食、弱い民族は淘汰されても仕方無い そうやって人類は進化して来た
    タブーの無い医学の進歩こそが人類に恩恵をもたらす
    人の命と家畜・動物の命に優劣は無い だから人の命を奪うことは特別なことでは無い
    人間は麦や米、牛や豚の命を刈って生きている 人間が人間を刈っても同じことだ
    「人命」「人権」などと言っていては何も進歩しない ただの綺麗ごとだ
    等々、様々な正義が存在していると思えます。

    そのような中で、日本と日本人はどう生きて行くのか。
    小坪氏が、小坪氏の行動が、私にとっては希望です。
    私たち日本人の正義は、どこまで通じるのか
    私はいつもそう祈って小坪氏を見ています。

    以上 文責 BLACK

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      BLACK様、きょうのコメント欄は、小坪先生へのエールに満ちておりますが・・・

      なかでも、BLACK様のコメントを視て、小坪先生は励まされているとおもいます!

  14. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、、、本日のタイトルをみて、おっ!とおもいました!

    >魔除け程度の意味だと理解しておりますが、Blog上でも告知しておきます。
    >私は自殺はしません。また、自殺に至るような悩みもございません。
    >何かあった場合には、「確実に他殺」です。

    上記、小坪先生が腹くくった!どーんとこいや!という決意表明と受け取りました。
    あらためて、小坪先生、頑張れ!頑張れ!頑張れ!とエールを送ます。

    と・・・どうじに、あやつらは、汚い手もつかってくるかもです

    おかしなやつらの接近は阻止(サリンとかまかれるかもしれん!)で、そして、食べもの、飲み物は自分で用意したものを摂取し、なるべく外では飲食しないようにする!など、くれぐれも身辺、ご注意くださいませ!

  15. 波那 のコメント:

    Don’t be nervous that far. Everyone who got involved in this paying a good deal of attention to you. You’ll be alright. You are protected from menace, I am sure of it.

  16. 波那 のコメント:

    🔸こんなことを報道しないなんて信じられな〜い😡💢

    Chieko Nagayama @RibbonChieko.
    報道されない、凄い記事

    9月初め日印会談でモディ首相と安倍総理は協定を結ぶ 一軍事ロジスティクス協定と相互整備協定ACSAを承認

    2人の指導者によって鍵が開かれる

    →日本の製造部門のインドシフトも協議 一対中国で、日米豪印の4カ国連合クワッド概念の強化

    総理、頑張れ

    🔻インド主要紙「9月の日印首脳会談でモディと安倍首相は主要な軍事協定を承認する」※事実上の対中軍事同盟締結 | もえるあじあ(・∀・)
     https://www.moeruasia.net/archives/49667465.html

    🔻おーるじゃんる : 【納得】突然湧いた謎の「安倍総理健康不安」叩き、理由が判明「来月の日印首脳会談で事実上の対中軍事同盟締結」
     http://crx7601.com/archives/57090738.html

     さて、中共の習近平国家主席は、壮絶な派閥争いに加えて地方を統制できていない現状にかなり疲弊しているようですが、それでも対米強硬路線だけは確定したようで、まさに香港の次は台湾を攻撃する方針を固めました。

     それは、文字通りの攻撃であり、米軍もそれを察知して先回りしています。共産党人民解放軍は目下、恐れおののいて何もできないどころか失態すら繰り広げていますが、今後はどうなるか分かりません。

     習主席は、米国の同盟国とも関係を徹底的に切ります。つまり、もうわが国との友好関係を維持する気はありません。よって……

    今朝の遠藤さんの記事です。上のインドとのACSAも事態急を告げているからではありませんか?
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post7351/

    総理は迅速に動いています。

  17. 大阪のおばちゃん のコメント:

    「私は自殺はしません。そんな事があれば他殺です」
    と言っている方々は他にも

    杉田水脈氏、竹田恒泰氏もそうです。
    青山繁晴氏は、子供の事を匂わされた事もあるそうです。

    某市長の当時は、お子さんにもSPがついていたそうです。

    そんな状況に屈してしまった方々もいたかも知れません。
    それが彼らの恐怖支配のやり方で、
    日本の課題でもあり、個人的な課題でもあります。

    手放しに応援させて頂いていいのか、胸が締め付けられる思いでもありますが
    戦って頂いている皆さんには感謝せずにはおれません。

    ありがとうございます。

  18. さぬきのゆめ のコメント:

    どういう状況においても生きることには貪欲な方だと思っています。
    占いでは今年は大変だけど、後何年かで落ち着くそうですよ。今までの年月に比べたらわずかな月日です。
    だから生まれ変わった日本を共に見ましょう。

    Business journal の記事です。まだ残っています。URLは書きませんが、記事名をググれば出てくるでしょう。

    (中国、人民を殺害し臓器収奪&移植ビジネスの疑惑…病院地下に4千人仮死状態との証言)

    脳幹を打撃することにより脳死状態にして新鮮な臓器を保存するなんて人には出来ません。発想が鬼。

    こんな鬼の氏名を公表、外務省に入国阻止を働きかけるのが、何故地方議員なのでしょう。
    遊んでばかり、邪魔しかしない野党にはなんの期待もしていませんが、ここで働かなければ顧客だと思われてしまいますよ。

    ここのコメント欄まで読んでいる中共のお客様に言います。

    自分の命が他人の命より大事だと本当に思っているのですか?

    • 旧新人類 のコメント:

      上記の記事は未読ですが、タイトルだけ読んで思い出した。「コーマ」という、同じく臓器売買をテーマにした映画があります。Wikipediaによると、「コーマ』(Coma)は、1978年製作のアメリカ合衆国の、医療を舞台としたサスペンス映画。。。タイトルの「コーマ」(coma)とは昏睡状態のこと。 。。医師らが臓器移植、臓器売買を悪用し、金儲けのために秘密裏に患者を殺している可能性に対する警告が織り込まれた作品。」

      中国の臓器ビジネスって、いつから始まっているのかね?

  19. 旧新人類 のコメント:

    医師リストはいくバズの会員専用の方で公開したみたいですよ。無料で観れる最初の部分でスタッフが間違ってちらっと映したため生田氏が「コラっ!」と怒ってました(笑)。

    臓器狩りの問題は、相手や家族の合意がなく死ぬべき理由もない人間から無理やり臓器摘出するという殺人行為であると同時に、有力者を顧客にして侵略の手段にするという安全保障上の問題でもあります。臓器移植に関しては様々なルールや手順が取り決められているはずです。それをお金やコネクションの力で迂回するという闇の取引ですね。臓器移植とは話が異なりますが、資源にしても全サプライチェーンにわたりクリーンな調達を要求される時代となりました。世界がクリーン(民主主義に基づき人権に配慮したシステム)とクリーンじゃない地域(他者をモノ扱いする一党独裁の全体主義体制とそれに追従する国々)に分かれて行くのも仕方ありません。だって両立できないじゃないですか、ルールとそれが依拠する思想や価値観がまったく違うんだから。

    クリーン調達 ↓ ↓ ↓
    神戸市会議員 上畠寛弘 (うえはた のりひろ)
    @NorihiroUehata
    17時間
    【給食の脱中国!】本日、神戸市会外郭団体特別委員会では神戸市学校給食会を審査。同会は学校給食の食材調達を担います。昨年より危険な中国産を給食から排除するよう要請していましたが、遂に神戸の学校給食では中国産の食材はゼロになりました!大切な子供達が食べる物です。当然ですが実現です!

    グローバリズムなんて、所詮守銭奴が真面目な人々を騙したり搾取したりしてタックスヘイブンに金を貯め込むだけのくだらない虚偽のシステムでしたね。みんなに嫌われるBigTechも、就労ビザで働く中国人やインド人をこき使ってぶくぶく肥え太る倫理観なき組織だということを元従業員の中国系アメリカ人が動画でばらしていました。ファーストファッションも然り。結局ウイグルの強制労働の上になりなっているんじゃん。

    そういえば、いくバズで坂東先生が言っていましたが、しなちすが自民党の若手30代、40代のどっちつかずの目立たない議員をスパイ要員にしようとアプローチをかけているそうです。これらの議員はちゃんと立場をはっきりさせた方がいいよ!

    あと、面白いボードゲームの動画があります。70年戦争だって。
    https://twitter.com/i/status/1295478618173263872
    香港の時代革命は映画化したらいいと思う。絶対ヒットしそう。

  20. 甲州保守 のコメント:

    アンドリュー・ブライトバートは死んだ、42歳だった
    メインストリームメディアと戦い、左派全体の癒着と戦い死んだ
    彼らの腐敗とダブルスタンダードを明るみに出し、人々の代わりに戦った
    心臓麻痺というけれど、死体は胸が真っ赤に染まっていたと証言された

    アイザック・カッピーは死んだ。43歳だった
    偽善ヅラした連中による邪悪な裏の顔と所業を告発して
    児童への性犯罪、セレブ、人権ビジネスの関連を暴き、自殺しないと主張
    のち飛び降り、偶然トラックに轢かれ、たまたま二人の男に搬送されて死体は消えた

    ここ日本でも、何人も、何人もが死んだ
    平気で殺人を命じる人間は確実に存在していて、都合の悪い人は順当に殺された
    赤坂を騒がせたあの事件を追跡していたフリーライターなどが顕著な例

    無責任に、身勝手に生きて、困ったら政治を叩く
    そんな生き方が最も楽しくて効率がいいのだろうけれど…
    命をかけた彼らのことを忘れられず、偉人でもないのに腐れない

    戦い抜いた人は死んでも消滅はしない
    その姿を見た人は決して忘れたりしないから
    その生き様は凡人を変え、勇気のない人さえ踏みとどまらせてくれる
    その死は無駄ではない

    でも、小坪先生は長生きしてください
    最も死にやすい40代を切り抜けて、さらなる仕事をしてください
    いつもありがとうございます

    • 甲州保守 のコメント:

      そういえば、ANTIFAを初めとした極左暴力団体へ潜入取材していた、スウェーデンの移民系記者ベチール・ラバニ氏というジャーナリストも殺害されていましたね
      極左の資金提供者や背後関係を暴くと殺されるのは「グローバルスタンダード」、近頃の動きは、点と点がつながり線になっていくようです
      すべての動きが中南海とがっつり絡み合っている

      我々は単独ですが孤独ではありません
      なぜなら、敵は世界中で異論を抑圧し、殴りつけてきたからです
      今まで本当に、本当に多くの人が死んでいきましたが……自己都合で他人に唾を吐きかけ、絶対正義を唱えていた集団の増上慢も、ようやく一区切りがつきそうで何よりです

      本題についてですが、ウイグル人が移住してきた漢人によって鉄パイプでリンチされ、追いやられる動画を見てから13年、誰の目にもはっきりわかる動きが出てきて本当に嬉しいです
      あれが未来の日本の姿なのだろうかと、ずっと警戒してきたので

  21. 60代主婦 のコメント:

    確か、3Fの下に住んでいる方の奥様も、中国で臓器移植を受けられていましたよね…?
    このリストと関係あるのかは知りませんけれど…。

    世界が大きく動いていて、何が起こるんです???

    腹を括りつつ、しっかりと足を踏ん張って立っていなければ…と思っています。

    無責任なことを言ってはいけないのかも知れませんけれど、優しいだけの日本男児ばかりで、政治家も腰抜け(失礼)ばかり…と思ってしまうことが多いので、小坪さんの勇気、男気に感動します。

    呉々も、お気をつけ頂きたいですが…

    ピンチはチャンス
    今を活かせなくて、政治家は何を成すのでしょうか?

  22. 草莽愛知 のコメント:

    自殺へ追い込む策動自体が、こちらの標的だし、美味しい場面で自殺は有得ない分けですね。超限戦に対応中の立場から、敵方の左巻き三歳児脳が発想する事は子供でも分かりますね。外食だけは要注意です。朝鮮人の悪癖には毒薬物混入は常に存在しています。。https://video.fc2.com/content/202008200YkG241W

  23. さぬきのゆめ のコメント:

    坂東忠信さんがツイッターに名簿を転載しました。
    これでまた拡散が進みます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください