嘘と捏造の【慰安婦問題】という大誤報に際して思う。


凄まじいニュースが起きた。
日本は変わった。

そして真摯に見据えるべき時期にきたのだ。
ネットではない、リアルの活動家たちも。
特に左翼活動家たちが、だ。

以下は、「従軍慰安婦」問題を捏造し、
左翼を煽り、共産主義勢力と結託していった首魁。
朝日新聞からの記事である。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

■読者のみなさまへ
吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。
(ここまで)

気になる方は、以下に全文があるため読んで頂ければ。

記事、全文を読む

〈疑問〉日本の植民地だった朝鮮で戦争中、慰安婦にするため女性を暴力を使って無理やり連れ出したと著書や集会で証言した男性がいました。朝日新聞は80年代から90年代初めに記事で男性を取り上げましたが、証言は虚偽という指摘があります。

 男性は吉田清治氏。著書などでは日雇い労働者らを統制する組織である山口県労務報国会下関支部で動員部長をしていたと語っていた。

 朝日新聞は吉田氏について確認できただけで16回、記事にした。初掲載は82年9月2日の大阪本社版朝刊社会面。大阪市内での講演内容として「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」と報じた。執筆した大阪社会部の記者(66)は「講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」と話す。

 90年代初め、他の新聞社も集会などで証言する吉田氏を記事で取り上げていた。

 92年4月30日、産経新聞は朝刊で、秦郁彦氏による済州島での調査結果を元に証言に疑問を投げかける記事を掲載。週刊誌も「『創作』の疑い」と報じ始めた。

 東京社会部の記者(53)は産経新聞の記事の掲載直後、デスクの指示で吉田氏に会い、裏付けのための関係者の紹介やデータ提供を要請したが拒まれたという。

 97年3月31日の特集記事のための取材の際、吉田氏は東京社会部記者(57)との面会を拒否。虚偽ではないかという報道があることを電話で問うと「体験をそのまま書いた」と答えた。済州島でも取材し裏付けは得られなかったが、吉田氏の証言が虚偽だという確証がなかったため、「真偽は確認できない」と表記した。その後、朝日新聞は吉田氏を取り上げていない。

 しかし、自民党の安倍晋三総裁が2012年11月の日本記者クラブ主催の党首討論会で「朝日新聞の誤報による吉田清治という詐欺師のような男がつくった本がまるで事実かのように日本中に伝わって問題が大きくなった」と発言。一部の新聞や雑誌が朝日新聞批判を繰り返している。

 今年4?5月、済州島内で70代後半?90代の計約40人に話を聞いたが、強制連行したという吉田氏の記述を裏付ける証言は得られなかった。

 干し魚の製造工場から数十人の女性を連れ去ったとされる北西部の町。魚を扱う工場は村で一つしかなく、経営に携わった地元男性(故人)の息子は「作っていたのは缶詰のみ。父から女性従業員が連れ去られたという話は聞いたことがない」と語った。「かやぶき」と記された工場の屋根は、韓国の当時の水産事業を研究する立命館大の河原典史教授(歴史地理学)が入手した当時の様子を記録した映像資料によると、トタンぶきとかわらぶきだった。

 93年6月に、吉田氏の著書をもとに済州島を調べたという韓国挺身隊研究所元研究員の姜貞淑(カンジョンスク)さんは「数カ所でそれぞれ数人の老人から話を聞いたが、記述にあるような証言は出なかった」と語った。

 吉田氏は著書で、43年5月に西部軍の動員命令で済州島に行き、その命令書の中身を記したものが妻(故人)の日記に残っていると書いていた。しかし、今回、吉田氏の長男(64)に取材したところ、妻は日記をつけていなかったことがわかった。吉田氏は00年7月に死去したという。

 吉田氏は93年5月、吉見義明・中央大教授らと面会した際、「(強制連行した)日時や場所を変えた場合もある」と説明した上、動員命令書を写した日記の提示も拒んだといい、吉見氏は「証言としては使えないと確認するしかなかった」と指摘している=注?。

 戦時中の朝鮮半島の動員に詳しい外村大・東京大准教授は、吉田氏が所属していたという労務報国会は厚生省と内務省の指示で作られた組織だとし、「指揮系統からして軍が動員命令を出すことも、職員が直接朝鮮に出向くことも考えづらい」と話す。

 吉田氏はまた、強制連行したとする43年5月当時、済州島は「陸軍部隊本部」が「軍政を敷いていた」と説明していた。この点について、永井和・京都大教授(日本近現代史)は旧陸軍の資料から、済州島に陸軍の大部隊が集結するのは45年4月以降だと指摘。「記述内容は事実とは考えられない」と話した。

■読者のみなさまへ

 吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。

     ◇

 注? 吉見義明・川田文子編「『従軍慰安婦』をめぐる30のウソと真実」(大月書店、1997年)

「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断(朝日新聞)

これから何が起きるか。
そして何を考えるべきか。
朝日の声明が何を意味するのか、どういう意図か。
ちゃんと考えたほうがいい。

朝日を味方だと考えていた左翼活動家は、ちょっと真剣に考えたほうがいい。
君らは今から追われる身だ。
そしてその攻勢は凄まじいものになるだろう。
つまり、朝日から見捨てられたのだ。

冗談で言っているわけではない。
左翼こそ、朝日新聞に怒るべきだ。

保守サイドの思いを語らせて頂く。
「慰安婦ネタを日本国内で育てた全ての資料」が虚偽だということもアナウンスしてもらわないと困ります。
放置した30年、言論の自由とうそぶいた過去を清算して頂きたい。
左翼活動家が共に拡大再生産した、各種のネタと現在の結果について、どなたか責任をとって頂きたい。

左翼のみなさん
怒ったほうがいいですよ?責任は皆さんに行く。
というか向くし、私も向ける。
若い子は徹底的に牙を剥くし、私も剥く、剥かせるよう煽る。

左翼の皆さん、よく考えてください。
新聞社として「判断」し、紙面を作ったのは朝日新聞社です。
何度も「編集権」を振りかざしてきたでしょ、メディアは。
その責任が付きまとうわけです。

朝日は、編集権に伴う責任を、放棄しています。
なぜなら謝罪がないからです。
「私も被害者です。」ぐらいの意味合いにもとれる。
吉田某にすべてなすりつけ「俺は知らん」と幕引きを図ろうとしています。

いいですか、左翼のみなさん。
貴方がたは、焚き付けた朝日から見捨てられたんです。

自民党が河野談話の検証を済ませ、公開しました。
これが非常に効果が高かった。
朝日はヤバイと思って逃げたんですよ。
つまり皆さんが言っていたのは、朝日の脳内で作ったファンタジーにすぎず、皆さんが涙ながらに訴えた「事実(と皆さんが信じた朝日)」は、「虚偽」だったんです。

貴方がたも誤報の片棒を担いでおり、
はっきり言いましょう、「おまえは嘘つきだ!」です。
「最低の大人で、子供に未来永劫、悪口を言われる存在」「忌むべき存在」なのです。

なのです、と言っても信じないでしょう。
私はそう言い続けますし、それは覚悟しておいてください。
ですから、そうなります。

朝日は、もうどうにもならない。
すでに新聞社としては負いきれないぐらいの問題を引き起こしてしまっている。
国連まで行き、外交問題に発展した。

廃刊うんぬんまで行くのが筋。
どれだけ我が国の名誉を傷つけ、かつ米国にあっては日本子弟がイジメにあう等。
「取り消します。」で済むわけがないだろう?

だから、朝日は逃げる。
焚き付けた朝日は、逃げる。
左翼の皆さんを置いてね。

いいですか?左翼の皆さんは、見捨てられたんですよ。
「従軍慰安婦」とは、日本発祥で。
当時、韓国でも否定されたものを
朝日があおり、日本の左翼をのせ
共産主義勢力が拡大させ
それから韓国に「輸出」されたものだ。
発祥は日本にある。
そして責任の大部分は、朝日と福島みずほ・共産党にある。
これは事実です。

※大事なこと※
左翼は「朝日には朝日の都合が」と言うだろう。
左翼の皆さん、いいですか、もう一度言う。
君らは全員「嘘つき」だ。
朝日にそうされたのだ、本日この日。

ウソをつきまくり、日本の名誉を汚した、未来の子供たちから恨まれる存在だ。
私は口もききたくないし、全員「最低の大人」だと思う。
左翼の位置づけはそんなものだ。
この記事でそうなってしまったんだ。

ただね、なぜ左翼がそう言われるか、言い続けられるか。
ようく考えてください。

いいですか、左翼の皆さん。
私は君らを許さないよ?
一切の協力はしないし、全て妨害にまわるだろう。
徹底した謝罪があれば別だが。
つまり転向したほうがいいって言ってるんだが。

なぜそう言われるか。
朝日には、足りてない言葉があるんだ。

左翼の皆さん、これからは非常に肩身の狭い思いをして、たまらない思いをして生きていくことだろう。
今までみたいに「なかったこと」にはできないし、私は言い続けるし、なじり続ける。

左翼が黙ればなかったことになるなんて思わないほうがいい。
若い子の怒りは凄まじいんだ。
韓国の話など二度と聞きたくもない。
左翼が取り扱わないことを保守が蒸し返すことはなかった。
それは「今まで」の話であって、これからは違う。
延々と言われるのだ。

なぜそういわれるか。
「朝日に欠けてる言葉」があると言った。
具体的には何か。

?必死に大戦を戦い抜いた英霊の名誉を傷つけたことに対する謝罪。
?そして日本の名誉を傷つけた謝罪。
?及び慰安婦像等で海外に持ち出され、根拠のないイジメにあった子供たちへの謝罪。
?国政を混乱させたことに対する謝罪
?外交問題に発展した一切の謝罪

以上の一切がないのだ。
誤報ではないか。なのに謝罪がないのだ。
日本を巻き込み、国家の威信を傷つけたレベルの誤報ではないか。

韓国ではあるが、他国まで巻き込み、国連まで行き、米国で日本人の子弟がイジメられておるではないか。
そのレベルの誤報ではないか。

なぜ、謝罪がない?
「取り消します。」で終わりなのだ。
むしろ「吉田某」に騙された被害者きどりだ。
責任をとる気は、朝日にはないのだ。

だからね。
左翼の皆さん、俺はあなた方、一人ひとりに責任をとらせるよ?

言い続けるよ?
「この嘘つき!」
「最低の腐れた大人どもっ!」と。

言われて当然だろう?
そのたびにうつむき、悔し涙でも浮かべればいい。

一生、言ってやる。
絶対に許さない。

怖いか?
嫌か?
じゃあわかるだろう、これが韓国から我々が今、おまえらのせいで向けられた「視線」だ。
その責任をとれ、と言ってる。
二度と友好など韓国とはなくなった。その責任をとれ、と言ってる。

なぜ一市民であっても左翼が責任をとらされるか、考えたほうがいい。
理由は明白だ、朝日は責任をとらなかった。

繰り返す。
足りてない言葉がある。
だからだ。

私が言っていることはウソだと思いますか?
そうではない、これは常識だ。
いまの世情をシンプルに分析しただけの結果だ。
私の意志というよりも、私の「読み」に近い。

保守サイドからこう言われるのは当然のことなのだ。
こうなるって、みんなわかってるんだよ。

そして左翼の皆さん、一人ひとりが責められるのもね、当たり前のことなんだよ。
そうなることは、政治やってる奴からすれば当然のことなんだ。

もう一つ
この「常識」は、当然、朝日もわかっていただろう。
だからね、とらなかった。
責任をとらなかった。
知らんぷりを決め込むつもりなのだ。

左翼の皆さん、君らはさ見捨てられたんだよ。
代わりにとらされるのだよ、責任を。
怒りの矛先は、朝日のみに向くにあらず。
君ら、左翼一人ひとりに向くのだ。

貴方たちは、正義の味方でも、世論の代表者でもなく。
市民の味方でもなく、綺麗なことを言っている存在でもなく。

ただの穢れた政治の、大嘘つきなんだ。
私はそう思うし、いい続けるし、許すことはないし。
いま我が国に降りかかった、これらの状況に対処はしていこうと思うのだけれども、
そのたびに、呪詛のように徹底的に「君らの罪状」を述べ続けるよ。

私個人からじゃない。
私の世代、ネットをやっている若い子たちから、一生恨まれるってことだ。

今日はくどく書く。
何度でも繰り返す。

いいですか、左翼の皆さん。
従軍慰安婦を煽った、
君らを焚き付けた朝日新聞から、
皆さんは見捨てられたんだ。

そのうえで、
それがわかった上で、
俺は君らを許さない。

むしろ許せるはずがないだろう?
いま我が国の名誉と外交はどうなった?
いったい全体、どうしてくれるんだ?

将来の日本の子供たちに恥じぬ政治家であるため、徹底的に叩き続ける。
大人の責任として、徹底的に君らを悪者にするよ。
私には多分それぐらいの力もあるのだろうしね。

左翼とは。
嘘つきの大人たちで、
本日、朝日にそう証明されてしまった存在で
朝日に見捨てられた「かわいそう」な存在で

若い子たちから、ずっと嘘つきと呼ばれる存在で。
若い子たちから、ずっと最低の人間とレッテルを貼られる存在で。
そして俺は大嫌いだ。

思想信条の自由に基づき、俺は大嫌いだって言い続ける。
憲法を守れって言うんだったら、私の憲法で守られた権利も守って頂こうかっ!
俺はおまえらを許さない!
 
 
↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

5 Responses to 嘘と捏造の【慰安婦問題】という大誤報に際して思う。

  1. ピンバック: 続・嘘と捏造の【慰安婦問題】という大誤報に際して思う。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  2. ピンバック: 【今日は何の日?】朝日「忌」念日【8月21日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  3. ピンバック: 【電子署名】いわゆる従軍慰安婦虚偽報道問題に対し、朝日新聞社とニューヨークタイムズ紙に全面謝罪広告の掲載を求めます。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  4. ピンバック: 【今日は何の日?】朝日新聞綱領が生まれた日【9月1日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  5. ピンバック: 【これからの分析】朝日新聞の会見を受けて・政治家としての目線? | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください