【国葬儀】無事に終えた意義、我が国はテロに勝利した。国民とともに。


 

 

無事に終わった、それが全てだ。そして、その「無事」に終わることがどれほど大変なオペレーションか分かるだろうか。
まずもって警察関係者を含む国葬議・一般献花を支えた方に心からの賛辞を送りたい。警視庁のみならず、全国の都道府県警から応援が入ったとのこと。国葬反対派はごく少数いたのかもしれないが、テレビで言うほどの規模ではないことも分かった。メディアは煽るだけ煽り、そしてデータという形でさも世論を「見せかけて」はいたけれども、国葬推進派のサイレントマジョリティによる静かなる反撃が本日だったのではないか。献花に訪れた方は速報値で2万3千人とのことで、4時間待ちの大行列となったようだ。

国葬反対派よりも、心理的に負担を感じていたのは、実は警察ではないだろうか。
何もなかった、確かに何もなかった。けれども、国葬をやるまでは「何が起きるか」は分からないのだ、誰にも。
海外の要人が狙われる危険性だってゼロではない。全国から集まる来賓が襲撃される危険性も排除できない。
もしくはデモ隊同士が衝突し怪我人が出るかもしれない。または熱中症で誰かが倒れ、生命の危機等。行列とは怖いもので、ドミノ倒しになって亡くなる場合もある。

我が国は、無事に国葬議を終えることができた。
安倍元総理を守り切れず最も悔しかった一人はSPだろう。そしてSPを擁する警視庁だったように思う。
彼等は何も言えない。言う資格がないと感じていたのだと思う。首都警察としての意地を見せることができた。

奈良県警も同じ気持ちだったと思う。全国47都道府県警が、本当に悔しい思いをしていたと思う。
全国から応援を出し、無事に治安を守り抜くことが出来た。
どれほどの心理的な負担だったろう。

怖くなかったと言えば、嘘になるはずだ。
模倣犯が発生したら、国葬で誰かが命を落としたら。眠れぬ夜を過ごした者も多数いる。

政権の決断だって大きい。
メディアでは様々なことを言われたが、結局はやり抜いた。断行した。
細かい部分を言えばキリがないが、それでも”やった”という事実に変わりはない。逆風だってあった、けれども政権は逃げなかった。

これら、国葬議を執り行う側の奮闘、その上に「国民の静かなる戦い」があった。
”国葬推進派”と呼称するのは違和感を覚えるが、ただ静かに祈りを捧げたいという方は2万3千人。行きたくとも行けなかった、全国の方の思いを考えれば圧倒的な差となった。

ここにメディアは虚構を報じていたことが明確となり、彼らは”見せかけの世論”を報じていたに過ぎないことが明らかとなった。国民は、メディアに勝った。安倍さんを慕う気持ちは、メディアの横暴に勝ったのだ。

そして、我が国はテロリストとの戦いに勝利した。
「国民の静かなる戦い」と述べたのは、テロで殺害された政治家を追悼するべく、少なくとも国外から見ればテロの危険を顧みずに多くの一般国民が参集した。警察を含め、ここに治安は維持され、無事に終えることができた。これこそは、テロとの戦いの勝利である。

安倍元総理を悼む気持ちのみならず、私はこの勝利を皆様と分かち合いたい。
元総理殺害というテロを許してしまった我が国が、世界各国に対して「テロへの勝利」を日本らしい方法で示したのだから。

メディアが国葬議を徹底的に叩いた理由は、案外このあたりにあった気がしてならない。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

国葬議

岸田総理

 

長い長い、列。
静かなる国民の強い意志。

 

 

 

 

 

 

反対派
実は軽く考えてもいけない。
白いヘルメットがある。「反戦」とは書いているが、暴力的な集団に思えてならない。

ようはいわゆる過激派である。

共産党の志位委員長もデモに参加すると表明。

 

重要な指摘がある。

 

最高裁判例に基づき、例え過激派であったとしてもデモそのものは許可されねばならない。

このあたりを攻めまくっていた保守層もいたが、あれは我が国が民主国家である以上は仕方のないことです。

 

その上でどうするか。

徹底的に警備する。

 

 

 

菅義偉前首相 追悼の辞全文

 

【安倍元首相国葬】菅義偉前首相「真のリーダーでした」 友人代表の追悼の辞全文

 

7月の8日でした。

信じられない一報を耳にし、とにかく一命をとりとめてほしい。あなたにお目にかかりたい。同じ空間で同じ空気を共にしたい。その一心で現地に向かい、そしてあなたならではの温かなほほ笑みに、最後の一瞬、接することができました。

あの運命の日から、80日がたってしまいました。

あれからも朝は来て、日は暮れていきます。やかましかったセミはいつのまにか鳴りをひそめ、高い空には秋の雲がたなびくようになりました。

季節は歩みを進めます。あなたという人がいないのに、時は過ぎる。無情でも過ぎていくことに、私はいまだに許せないものを覚えます。

天はなぜ、よりにもよってこのような悲劇を現実にし、生命(いのち)を失ってはならない人から生命を召し上げてしまったのか。

口惜しくてなりません。悲しみと怒りを交互に感じながら、今日のこの日を迎えました。

しかし、安倍総理とお呼びしますが、ご覧になれますか。ここ武道館の周りには花をささげよう、国葬儀に立ちあおうと、たくさんの人が集まってくれています。

20代、30代の人たちが少なくないようです。明日を担う若者たちが大勢、あなたを慕い、あなたを見送りに来ています。

総理、あなたは今日よりも明日の方がよくなる日本を創りたい。若い人たちに希望を持たせたいという強い信念を持ち、毎日、毎日、国民に語りかけておられた。そして、日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲き誇れ。これがあなたの口癖でした。

次の時代を担う人々が未来を明るく思い描いて初めて経済も成長するのだと。いま、あなたを惜しむ若い人たちが、こんなにもたくさんいるということは、歩みをともにした者として、これ以上にうれしいことはありません。報われた思いであります。

平成12年、日本政府は北朝鮮にコメを送ろうとしておりました。私は当選まだ2回の議員でしたが、「草の根の国民に届くのならよいが、その保証がない限り、軍部を肥やすようなことはすべきでない」と言って、自民党総務会で大反対の意見をぶちましたところ、これが新聞に載りました。

すると、記事を見たあなたは「会いたい」と電話をかけてくれました。

「菅さんの言っていることは正しい。北朝鮮が拉致した日本人を取り戻すため、一緒に行動してくれればうれしい」と、そういうお話でした。

信念と迫力に満ちたあの時のあなたの言葉は、その後の私自身の政治活動の糧となりました。

そのまっすぐな目、信念を貫こうとする姿勢に打たれ、私は直感いたしました。この人こそはいつか総理になる人、ならねばならない人なのだと、確信をしたのであります。

私が生涯誇りとするのは、この確信において、一度として揺らがなかったことであります。総理、あなたは一度、持病が悪くなって、総理の座をしりぞきました。そのことを負い目に思って、二度目の自民党総裁選出馬をずいぶんと迷っておられました。

最後には2人で銀座の焼鳥屋に行き、私は一生懸命、あなたを口説きました。それが使命だと思ったからです。3時間後にはようやく、首をタテに振ってくれた。私はこのことを「菅義偉、生涯最大の達成」として、いつまでも誇らしく思うであろうと思います。

総理が官邸にいるときは欠かさず、一日に一度、気兼ねのない話をしました。今でも、ふと一人になると、そうした日々の様子がまざまざとと蘇ってまいります。

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に入るのを、私はできれば時間をかけたほうがいいという立場でした。総理は「タイミングを失してはならない。やるなら早いほうがいい」という意見で、どちらが正しかったかは、もはや歴史が証明済みです。

一歩後退すると勢いを失う。前進してこそ活路が開けると思っていたのでしょう。総理、あなたの判断はいつも正しかった。

安倍総理。日本国はあなたという歴史上かけがえのないリーダーをいただいたからこそ、特定秘密保護法、一連の平和安全法制、改正組織犯罪処罰法など難しかった法案を、すべて成立をさせることができました。どの一つを欠いても、わが国の安全は確固たるものにはならない。あなたの信念、そして決意に、私たちはとこしえの感謝をささげるものであります。

国難を突破し、強い日本を創る。そして真の平和国家日本を希求し、日本をあらゆる分野で世界に貢献できる国にする。そんな覚悟と決断の毎日が続く中にあっても、総理、あなたは常に笑顔を絶やさなかった。いつもまわりの人たちに心を配り、優しさを降り注いだ。

総理大臣官邸で共に過ごし、あらゆる苦楽を共にした7年8カ月。私は本当に幸せでした。私だけではなく、すべてのスタッフたちがあの厳しい日々の中で、明るく生き生きと働いていたことを思い起こします。何度でも申し上げます。安倍総理、あなたはわが国、日本にとっての真のリーダーでした。

衆議院第1会館1212号室の、あなたの机には読みかけの本が1冊、ありました。岡義武著『山県有朋』です。

ここまで読んだという最後のページは、端を折ってありました。そしてそのページにはマーカーペンで、線を引いたところがありました。しるしをつけた箇所にあったのは、いみじくも山県有朋が長年の盟友、伊藤博文に先立たれ、故人をしのんで詠んだ歌でありました。

総理、今、この歌くらい、私自身の思いをよく詠んだ一首はありません。

「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」

「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」

深い悲しみと寂しさを覚えます。総理、本当にありがとうございました。どうか安らかに、お休みください。

 

 

 

ブルーリボンバッジが式壇に安置される。
「拉致解決へ尽力、感謝」被害者家族ら ブルーリボン、遺骨そばに

 安倍晋三元首相の国葬には、北朝鮮による拉致被害者家族も参列。報道陣の代表取材に応じ、ライフワークとして拉致問題解決に尽力した安倍氏の功労に、改めて謝意を示した。

 式壇には、被害者救出を誓うブルーリボンバッジが遺骨とともに安置された。遺影の胸元にも、バッジははっきりと見て取れた。横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(86)は、「写真を見て、いろんなことを思い出した。世界に(問題解決を)言ってくれたので、(認識が)大きく広がったことを感謝している」と述べた。「残念でしようがない」と、非業の死への落胆も口にした。

 めぐみさんの弟で家族会代表を務める拓也さん(54)は、岸田文雄首相が弔辞で、拉致問題解決へ全力を尽くすとしたことに触れ、「真剣に安倍さんの思いをくみ取って、一生懸命やってほしい」と政府の奮起を期待。支援組織「救う会」の西岡力会長は、「家族会や救う会ができる前から、拉致問題に関心を持ってくださっていた。必ずめぐみさん達を連れて帰るという誓いを立て、献花した」と振り返った。

 

700名を超える政治家が”ブルーリボンバッジを着用する”と共同声明に賛同

 

本日、ブルーリボンを守る議員の会の賛同者が700名を突破しました。
これは地方議員らからの、一つの弔意の示し方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思った方は、拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

21 Responses to 【国葬儀】無事に終えた意義、我が国はテロに勝利した。国民とともに。

  1. coco より:

    菅前総理大臣の友人代表としての弔辞には心打たれました。

    安部首相の二度目の総理誕生に、菅前総理大臣の熱い熱意があったのには正直驚きました。
    民主党政権でズタボロになった日本経済を救った安部元総理、どうぞ安らかにお眠りください。

    1. 波那 より:

      弔辞には普通、拍手はしないですが、菅さんの弔辞には万雷の拍手が起こりましたね。官房長官の時、菅さんは安倍総理に本当に良く尽くされていましたから。

      1. 草莽の団塊です! より:

        菅義偉前総理大臣閣下の心こもる弔辞・・あぁ、本当に安倍元総理と同じ時間帯・空気をすわれていた菅先生ならではの弔辞だなと思いながらニコ生の映像をみていました。そして、弔辞がおわったあとの万雷の拍手には、おぉおおおお!弔辞に拍手するシーンがあるんかい!となんだか、感動してしまいました。本当に素晴らしい弔辞でございました。

        たりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ

        このような追悼の詩があったことを本日までしりませんでした。
        爺の脳に死ぬまでの永久保存版といたします。

        1. 草莽の団塊です! より:

          かたりあひて・・・の
          『か』がぬけてしまいました。失礼いたしました

  2. 献花に訪れた日本国民のうちの一人 より:

     小坪議員、私も献花させていただきました。そこでは奇跡のような出会いがありました。小坪議員には関係ないようなあるようなできごとだったのですがちょっと書き込ませてください。一生忘れないであろう1日になったものですから。ここをご覧になられている方にとっては何のプラスにもならない書込みだと思いますので読まずに飛ばしちゃってください。

     私は尊敬する先輩方と霞が関方面から徒歩で会場へ向かいました。途中、人の多さに驚きながら先ずはお花屋さんの列に並び購入できる直前で売り切れになりました。すぐに別のお花屋さんへ行こうとするもそこも売り切れ。次の次のお花屋さんの列に並びましたがあまりの長さに恐れをなし方角を変えて更に別のお花屋さんへ行きました。そのお花屋さんでは並ぶこともなく買うことができました。それから国葬儀の一般献花会場へ行きました。荷物検査を受けたあと思ったよりもスムーズに献花まで進みました。

     献花後、すぐ近くにあった中華料理屋さんへ行きました。美味しく頂いていると隣の席に献花に来られたであろうご夫婦の会話が聞こえてきました。イントネーションから関西の方であろう事がわかりました。先輩が声をかけると大阪から来られたとのことでした。その方は他にも大阪から来ている方がいらした事もお話されていました。大阪の話や沖縄の話が出る中、ご夫婦は泉南にお住まいだと言われました。泉南なら凄い市議がいらっしゃりますね!と思わず口から出てしまいました。すると驚いたことにご夫婦はその添田しおりの両親ですと仰られました。腰を抜かすほど驚きました。先輩は驚きのあまり嘘でしよ〜!?と。でもお母様からは隠しようの無い添田議員の面影が感じられました。お父様からも只者ではない雰囲気を感じられました。このお父様、お母様だから添田議員も安心して活躍できるんだなぁと背景を見た気がしました。

     お話させて頂いているといきなりドーン!と凄い音が聞こえ、私は一瞬テロか!と考えてしまったのですが弔砲の音でした。この音にもお父様は動じることもなく美味しそうに食事をされていました。

     お母様は同じように大阪から来られている方との出会いや東京で添田議員の事を応援している人に出会ったり奇跡のようだと仰られていました。私もここへ来るまでの間の事(この日の事だけでは無く)を考え、同じ様に奇跡を感じていました。後で先輩と話をしていると先輩も同じ事を感じられていました。この奇跡を起こしてくれたのも安倍総理大臣です。

     私は偶然が重なったり奇跡のような事が起きるのは実は必然で何か大きなものに導かれていると信じています。小坪議員とは直接お会いしたことはありませんがご縁を感じています。私は両手に神秘十字線があるので余計スピリチュアルな事を信じやすいのかも知れません。

     ご迷惑かな?とも考えて書き込む事をやめようかとも思ったのですが思い起こすと小坪議員のブログがあったから昨日の奇跡も起きたかも?とも思えたので書き込んでしまいました。

     小坪議員のファンの皆様にはまったくもってつまらない書き込みをしてしま申し訳ございません。

     もっと面白く読めるような文才があれば良かったのですがごめんなさい。

     最後に
    小坪議員、ツイッターで発信してくださった添田議員、中華料理屋さんで御一緒させていただいたお父様、お母様、私を導いてくださった全ての方々、そして安倍総理大臣、本当にありがとうございました。安倍総理大臣、安らかにお休みください。ありがとうございました。

    1. azumaebisu より:

       とても素敵なお話を有難う御座います。添田詩織市議の御両親にも宜しくと伝えたいですね。

    2. rikasoeda より:

      こんばんは。
      添田詩織の母です。
      昨日は本当に運命的な出来事が多くて驚きました。
      そして、小坪議員のブログに添田詩織の
      ような新人の未熟者を取り扱ってくださり
      また、コメントしてくださりまして
      ありがとうございました。
      コメントを読んで朝から泣きそうでした。
      添田詩織は、
      本日もは、議会で一般質問の冒頭に
      安倍総理大臣の国葬について無事に終わったことの感謝などを、左翼の野次にも負けずに述べることが出来ました。
      理解していただける方には、泉南市民の方々にも思いは通じたと思います。
      小坪先生には、ご迷惑ばかりかけてますが、これからもご指導をお願いしたいと思います。
      小坪先生のファンの方々も、厚かましいですが
      まだまだ未熟な田舎の市議ですが
      添田詩織にご指導、応援宜しくお願いします。

  3. BLACK より:

    「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」
    菅元総理が友人代表として弔辞でお読みになられた
    山県有朋が長年の盟友、伊藤博文に先立たれ、故人をしのんで詠んだ歌

    菅元総理とは立場の違う一般国民は「かたりあひて」とは言えないですが
    「今より後の世をいかにせむ」は、あれから後の私たちの気持ちでもあります。

    昨日は不謹慎にも腹が痛くなる程爆笑してしまいました。
    角棒を数人で持って、メットを被ってスクラムを組み隊列を組む
    あのひどく懐かしい姿を50年振り程にネットの映像で見たからです。
    夫に言わせれば
    「全然迫力が無い」
    「第一これは機動隊と激突する為の戦陣なんだから、相手もいないのに自分たちだけでやってるの? 何の意味があるの?」
    と突っ込まれましたが。

    今の時代に堂々とメットを被ってこれをやる
    そのセンスと言うのか、時代錯誤と言うのか、懐古趣味と言うのか
    その野蛮さに、そのひとり相撲に、その恥ずかしさに、私は爆笑しました。

    国葬儀反対
    アベがーーー
    の人たちの、これが正体です。
    テレビのニュースやワイドショーではこの映像は流せないのでしょう。

    岸総理の時代にやっていたことを
    孫である安倍総理にやっていた、そして昨日もやったのだと理解出来ました。

    爆笑もしましたし、理解も出来ました。
    けれど、この反安倍、反国葬儀の正体を放送しないメディア
    国際状況の違う現在でも50年前の闘争をそのまま続ける過激派
    その姿にぞっとしました。

    一般献花に並ばれた日本国民の姿に励まされ、安堵もしました。
    国葬儀も多くの方々のご尽力と真心で無事に行うことが出来ました。
    静かな日本人の姿と底力を見た気がしました。

    国葬儀反対の団体の後ろには、「日本弱体化」を望む勢力がいるのでしょう。
    決して安心は出来ませんが、前途多難ですが
    日本人は護り切れるかも知れない、そう思えた安倍総理の国葬儀でした。

    以上 文責 BLACK

  4. 波那 より:

    喪服姿の昭恵夫人は楚々としていらして儚げでした。あのように国民に慕われていた大きな存在だった御主人を亡くされてポッカリと空いた大きな穴は埋まったりしません。せめて国民が寄り添う気持ちを少しでも支えにして頂けたらと思います。安倍さんがずうっと私達日本人の支えだったのですから。安倍さんが居ない日本はどうすればいいのかと戸惑うばかり。菅さんの弔辞で安倍さんが読んでいらした本の山県有朋の歌「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」で大泣きしてしまいました。

    安倍さんは日本がどうすればいいか、いつも知っていました。戦後の日本には何が足りないのか知っていて、日本人が安全に暮らせる為に必要な法を成立させようといつも懸命でした。だから不安な情勢になって来ても、安倍さんが居るし、安倍さんが考えてくれてるんだから心配しなくていいから!と安心していました。本当にもう、今より後の世をいかにせむ。

    テレビ新聞を見ない若い人達にとっては、安倍さんは信頼出来る日本のお父さんみたいな人だったのだと思います。残された私達に出来ることは、今回やり過ぎた余りに炙り出された調子に乗った危険分子、不穏分子を除去することと、メディアにドップリと入り込んでしまってる外来種の除去です。アメリカは多民族社会ですから人種の違いで直ぐに民族闘争なのだと分かります。しかし、反対デモしてる連中が日本人のフリしていても分かりません。だから国民の6割が〜!などとフザケた事を言われて捏造されるのです。ここまでされて日本人が黙っているわけにはもう行かないです。次の世代も確実に不幸にする不要な荷物を押し付けない為にも政治の力が必要です。こんなにメッチャクチャにされて海外にも知れ渡ってしまったのに日本人ではないと報道されないから。戦後レジームからの脱却です。政治家はどうか向き合って下さい。こんなに日本社会をメッチャクチャにされたのに、差別が〜!人権が〜!とか聞く耳いらないです。

    🔻すなわち、在日韓国朝鮮人に各TV局は、乗っ取られていると云う事です。
    https://ameblo.jp/sunsetrubdown21/entry-12441614751.html
    2019-02-20 13:35:10

    TBSが反日的報道をする理由を知っていますか?

    以下は、朝鮮総連の巧妙な圧力から、無試験の在日朝鮮人枠を設けたTBSが除々に在日朝鮮人に乗っ取られる様子が克明に、と題して、2017-06-22に日本国内に発信した章である。
    この章にこそ、TBS、テレビ朝日、NHKの報道が何故、あのような酷い編集とあからさまな反日報道を行うのか、その理由の全てが完璧に在る。
    NHK、TBS、テレビ朝日、朝日新聞などの偏向報道が何故あれほど酷くて執拗なのかを完璧に明らかにしている。
    「底知れぬ悪」と「まことしやかな嘘」の国のDNAを持った人間達がテレビ局の報道部(特に編成部)を支配し、論説委員になっているからだ。

    日本国民が知らなかった真実なのだから、世界が知るわけもない真実である。

    1. 波那 より:

      昨日、某ブログのコメント欄で、

      名無しの(´・ω・`)さん
      2022年09月28日 01:40
      本当に下品すぎるわ 日本人じゃ到底たどり着かない発想だよ
      それから前から気になってたことがあるんだけど、どのデモでも「○○反対!」「▲▲止めろ!」って音頭の取り方や音頭取ってる女の声が同じ気がするんだけど、同じ女がやってるんかな? 何かそんな気がするな
      どっかの共産党系の組織に所属していて、その組織がどのデモも主導しているんだろうな

      と、書いてる人が居たので、

      中核派の洞口朋子じゃないの?デモ主催してる女だから。

      とレスしたのですが、さっき見に行ったらハートポチが57個もついてたのでビックリ。みんな同じこと思っている…w。

      ななし
      2022年09月28日 04:08
      射的は、祖国でやっていることをついやってしまったのだろうが、「お里が知れる」とはこの事。
      日本人は、いくら、敵の大将が嫌いでも、こういう事はやらない。半島が安倍ちゃんの人型を引き摺り回したり、土下座させたり、引き裂いたりしてるのをみても、韓国大統領の人型に火をつけたり日本人はしない。

      1. 通りすがり より:

        菱山奈帆子じゃね?
        生粋の活動家。凡ゆる反日系デモにおるよ。ママの会wwwだと
        知らない方はググってねw

      2. 波那 より:

        さっきパチ倒さんのブログ読んでたら出てました。ではこの女なのですね、音の鳴るもの持って来いと言ったのは。ヘルメット軍団の連中の事はアラビアテレビに取り上げられてしまったらしいです。

        アベガー!で生きてきた反日極左達はというと共産党と密接な関係にある市民連合、その他複数の共産党系ダミー団体で活動している菱山という人物のツイートがこちら。

        菱山南帆子@nahokohishiyama
        【拡散希望】 音のなるものを
        持ってきてください!
        黙祷の時間に一斉に鳴らしま
        しょう。
        安倍元首相「国葬」反対! 927国会正門前大行動
        9/27(火)14:00~ 国会議事
        堂正門前
        #0927国葬反対大行動
        #国葬反対 #統一教会 #統一 協会

        パチ倒さんも戦後レジームからの脱却について書かれてました。先生方、お願いしますね。日本を破壊したいと彼らが思っているの、もう良く分かったでしょう。

  5. じいじ より:

    27日夜7時のNHKニュースも酷かった。
    約30分の国葬関連ニュースの中で一体何回”反対”という単語を発声したんだろう。本当に、NHKいる?って言いたくなる。災害時の情報収集力だけはみとめるが。それでも自衛隊の救援活動とかほぼスルーなんで不満なんだけれどね。日本を守ってくれている自衛隊を反対って声があがるわけないと思うんだけどね、日本人なら。
    それはそうと、安倍さんへの献花が出来て良かった。始発で行って正解。大変スムーズに献花できました。ニュースでやってた変な奴らとも会わなかった。
    誘導、手荷物検査など内閣府の職員さん、警備の警察、救急介護に備えた消防の巡回などその他計画と進行に係わられた全ての皆様、おつかれ様でした、そして、有り難うございました。

    1. 波那 より:

      NHKは安泰ですよ。NHKは総務省の官僚の天下り先なので莫大な税金つぎ込むのも、受信料強制徴収するのも誰も反対しません。総務大臣なんて誰がなっても何も変わらない。

  6. 維新は裸の王様 より:

    デジタル献花というものを行いました。
    国葬儀中継自体は、YouTube上での局チャンネルで視聴しました。

    ・岸田さんの委員長としての弔辞
    ・すが(菅)さんの友人代表としての弔辞
    どちらも心にグッときました。
    安倍晋三元首相、大変お疲れ様でしたゆっくりとお休みください・・・

    特定団体のいわゆる【国葬反対デモ】
    ・国会前デモの正体
    共産 社民 立憲 れいわ 市民連合 等の各支持団体の集合体(幟多数) シールズ残党等。
    ※ 目立つコーラー 菱山菜穂子
    ※ 社民福島 共産志位独裁 は確実に演説する

    ・武道館前デモの正体
    中核派 全学連 関西生コン 主体過激労組(支持(投票)政党は何故か、上記と共通)
    ※ 呼び掛け人兼コーラー 杉並区議員中核派 洞口朋子
    ※※ どちらも綺麗な高齢者動員
    (多分武道館前デモかと思われるが、アベTに水鉄砲で大笑いの学生3人組との文春オンライン)

    TV各局各番組(報道 情報番組)は、国葬反対デモの中身までは報じません絶対に。
    世論調査方法、最低でも人口最小県でも5.000人、全国対象最低10万人位にしないと世論調査とは言えない。
    何で有効回答2.000人位が全国の国民の声だよって。
    彼等が好きな「市民シミン」の声にしても、少なすぎる。
    嫌だね・・・・

    以上です
    9/28 文責 維新は裸の王様

    1. 維新は裸の王様 より:

      中核派関西生コンのデモに、辻元や大石
      国会前デモに、白ヘル反戦グループが確認されたら面白いですねぇ・・・

  7. azumaebisu より:

     『行きたくとも行けなかった。』國民の一人として、本当に良い国葬儀でした。
    当日、7:33に晴れ渡った青空に弔旗を掲げ、一日を静かに過ごせました。そして、2時過ぎに黙祷を捧げる事が出来ました。

    晴れ渡った良い日になったのも、参列される國民各位には、少し暑かったでしょうが
    、雨天よりも良かったでしょう。

     やはり、嬉しかったのは、同じ思いの同胞が作る献花の長い長い長蛇の列を見られた事、菅義偉さんの本当に【良き弔辞】を拝読出来た事。

     小坪市議が言われる様に、我々日本人の【強い意志を以っての静かな反撃】は確かに感じました。と言うより『弔旗を掲げる。』これ自体が、安倍晋三さんが暗殺されてより揺るがない【安倍晋三追悼と暗殺の真相究明を求める私の意志】でした。
     
     それに、統一教会を利用した【マスゴミの酷いネガティヴキャンペーン】に対する『おのれ、今に見ておれ!』との密かな反撃の意志が加わりました。

     小坪さん、私達は確かに【反日勢力】に勝ちましたね。『安倍晋三総理を静かに感謝を以て見送る』事が出来ました。

     後、マスゴミは、『内外問わず』煽動的=センセーショナルに煽り立てる本質は変わらないんだ。興味本位に【極左テロ集団の白ヘル軍団】を取り上げるのは、マァ、アラブ人はこんなもんだろう…とその無知に苦笑いしましたが、あのお高く止まった【BBC】の現実を捻じ曲げた【我が國朝鮮マスゴミ】と見紛うばかりの【偏向報道】には、確実に悪意を感じましたね。『上手く行っている日本の恥部を晒して貶めて、それを世界に拡散してやろう!』
     【弔問献花の長蛇の列】と【左翼反国葬派】の人数を比べれば、『反対する多くの人々が〜』とは、良く言えたもんだ!

     我々は【海外マスコミ】だからと言って『無闇に信じて仕舞う。』のは、あのトランプ大統領選挙事件での民主党と米マスゴミのタッグを組んだ酷い余りにもあからさまな【偏向報道】を体験して気を付けていますが、今回の【国葬儀偏向報道】でも気を付けねば騙されますね。

  8. 神無月 より:

    安倍晋三さんの遺影が、とても良かったです。
    昭恵さんが選ばれたそうで、晋三さんの人柄を見事に表した写真ですね。

    穏やかな笑みの中に、力強い信念を感じさせます。

    歴史に名を残された方々も、生前はいろいろ問題が有ったのでしょうが、時間と共に下世話は消え、偉業だけが残るのでしょう。

    半世紀後の歴史の教科書を見てみたいものです(叶いませんが・・)

    放送で気になった事ですが、皇室の方々の紹介の時、○○内親王ではなく、○○様との表現でした。

    その呼び方は、日頃のマスコミの影響で、○○様に慣れていますので違和感はないのですが、国葬儀の場で世界も観ているのですから、正式な称号での紹介をして頂きたかったです。

    まあ、NHKでもこれですので、今より後の世をいかにせむです。
    .

  9. 名ナシ より:

    昨日は出勤前に門に弔旗を掲げて出社しました。
    まるで世間の半数以上が反対しているかのようなメディアの言動には
    呆れるのみです。

  10. ロード より:

    菅義偉前首相の友人代表追悼の辞は感動しました。
    日本国に身を捧げる盟友だったのですね。
    そして、安倍元首相を師と仰いだり、尊敬する方は数しれずと思われます。
    海外の方からすれば、偉大な不世出の政治家をゴミくずのような輩が冒涜するのを見て、
    なんと異様に映ったことでしょうか?
    心ある政治家の皆様と国民が結束して事に当たらねばなりませんね。

  11. りちゃ より:

    次の一万円札の肖像画、安倍さんにしてほしいです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください