【教科書に載ってないポツダム宣言・邦訳】終戦の日は、祈りを捧げる日。先人たちに感謝を。


 

 

今日は、祈りの日。
ひとつしかない命を、「日本の未来」のために投げ打ってくれた先人たちに、
(彼らが守った)未来そのものである、私たちが祈りを捧げる日。

そして、不甲斐なき現代日本に対し恥じると共に
次なる一歩につなげるための口惜しさを噛み締める日。

令和を迎えた。
思えば、昭和、平成と三つの時代を生きることになるのだと気づく。
【敗戦国として押し付けられた憲法】ではなく、「我が国の憲法」で参拝できる日を迎えたい。

一つしかない命を、国家のために捧げてくださった先人たちがおります。
国粋主義的な観点から論じる意図ではなく、当時の「国家の未来」とは何であったかを考えて頂きたい。
それは、いまを生きる私たちを含むことは疑いありません。

私たちのために捧げてくださった英霊の皆様に、安らかにお眠りくださいと、感謝を込めてお誓い申し上げす。

 

▼我が国を取り巻く情勢。
いま我が国は、CHINA・北朝鮮など緊迫した東アジア情勢に対処すべき時期にある。
戦後70年以上、国防という国家の一大事をないがしろにし、「見て見ぬふり」をしてきたツケだ。誰しもが、平和も安全も”誰かが与えてくれる”と根拠なく盲信し、政治家も国民も当事者意識を著しく欠く。

今日、この日、英霊に謝りたい。
ウクライナ侵攻だけではなく、武力を背景に侵略行為は今までもあったのだ。ウイグルしかり、チベットしかり。台湾で起きる危険性は充分に考慮されてきたろうか。

70年を越えてなお、この状況。英霊たちに申し訳ない。

 

以下、ポツダム宣言の邦訳(及び現代語訳)と、
先人たちの姿を動画でいくつか。

▼ポツダム宣言・邦訳
ポツダム宣言の邦訳は、恐らく保守陣営もほとんど知らないんじゃないだろうか。
教科書には掲載されていないかと思います。

現代語訳も探してきたが、読んで頂けるとわかると思う。
非常に高圧的な内容であり、「いろいろな問題」が発生するためだ。
理由は、読めばわかると思います。
流石にこれは、ね。

 

▼豆知識
8月15日は、「終戦の日」と呼ばれますが、厳密に言えばこれは間違い。
人によっては「いわゆる終戦の日」などとも表現します。
私の場合ですと、混乱を生じてもあれですので「終戦の日」で書きますね。

日本軍が「停戦した日」がこの日で、本当の終戦はサンフランシスコ講和条約でしょう。
まぁ、そう言いますと沖縄の本土復帰の話はどうなるんだ等の話もでてくるのですけど、便宜的に「終戦の日」と言わせて頂きます。

少なくとも「終戦記念日」は使わないし、「敗戦の日」とも呼びたくありませんけれど。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

(OGP画像)
13934711_1128298637241019_4236485329832644465_n

 

 

 

 

ポツダム宣言
ひどく高圧的な内容だ。
受諾して「戦争が終わって万歳」という気分になるような代物ではない。

日米関係にも様々な支障をきたす。
CHQの指導でもあったのでしょうか、これを知る日本人は少ない。

 

ポツダム宣言(現代語訳)

一 合衆国大統領、中華民国政府主席およびイギリス総理大臣は、自国の数億人の国民を代表して協議した上で日本国に対し、今回の戦争を終結させる機会を与えるということで意見が一致した。

二 合衆国、英帝国および中華民国の巨大な陸、海、空軍は西方から自国の陸軍および空軍による数倍の増強を受け日本国に対して最終的な打撃を加える態勢を整えた。右軍事力は日本国が抵抗を終止するまで同国に対して戦争を遂行する一切の連合国の決意によって支持され、かつ、鼓舞されているものである。

三 覚悟を決めた世界の自由な人民に対抗するドイツ国の無益かつ無意義な抵抗の結果は、日本国国民に対する先例を極めて明白に示している。現在、日本国に対して結集しつつある力は、抵抗するナチスに対し適用された場合において全ドイツ国人民の土地、産業および、生活様式を必然的に荒廃に帰せしめたのに比べ、計り知れないほどにさらに強大なものになるぞ。我らの決意に支持される我らの軍事力の最高度の使用は、日本国軍隊の不可避かつ完全な壊滅を意味すべく、また、同様必然的に日本国本土の完全な破滅を意味する。

四 無分別な打算によって日本帝国を滅亡の淵に陥れたわがままな軍国主義的な助言者によって日本国が引き続き統制されるべきか、あるいは理性の道を日本国が進むべきかを日本国が決定すべき時期が到来した。

五 我らの条件を左に述べる
我らは右の条件を絶対に離脱しない。これに変わる条件は存在せず、我らは遅延を認めない。

六 我らは無責任な軍国主義が世界より駆逐されるまでは平和、安全、および、正義の新秩序が生じ得ないことを主張する。従って、日本国国民を欺瞞して世界征服の暴挙に出る過ちを犯させた者の権力と勢力は永久に除去する。

七 右のような新秩序が建設され、かつ、日本国の戦争遂行能力が破壊されたことの確証が得られるまでは連合国の指定する日本国領内の諸地域は我らの指示する基本的な目的の達成を確保するために占領されるべきだ。

八 カイロ宣言の条項は履行されるべきで、また、日本国の主権は本州、北海道、九州および四国と我らの決定した島嶼に限定されるべきだ。

九 日本国の軍隊は完全に武装を解除された後、各自の家庭に復帰し平和的かつ生産的な生活を営む機会をえさせるべきだ。

十 我らは日本人を民族として奴隷化しようとしたり、または、国民として滅亡させようとする意図を有するわけではないが、我らの捕虜を虐待した者を含む一切の戦争犯罪人に対しては厳重な処罰を加える。日本国政府は日本国国民の間における民主主義的傾向の復活強化に対する一切の障害を除去すべきだ。言論、宗教、思想の自由、ならびに基本的人権の尊重は確立されなければならない。

十一 日本国はその経済を維持し、かつ公正な損害賠償の取り立てを可能にするように産業を維持することを許される。ただし、日本国に戦争のための再軍備をさせるような産業はこの限りではない。右の目的のための原料の入手、(原料の支配は含まない)を許可される。日本国は将来世界の貿易関係への参加を許される。

十二 前期の諸目的が達成され、かつ、日本国国民の自由に表明された意思に従って平和的な傾向を有し、かつ、責任ある政府が樹立された場合には、連合国の占領軍はただちに日本国より撤収する。

十三 我らは日本国政府がただちに日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、かつ、右行動における同政府の誠意によって適正かつ十分な保障を提供することを同国政府に対し要求する。右以外の日本国の選択は、迅速かつ完全なる壊滅があるだけだ。
ポツダム宣言の全文が教科書に掲載されていない理由が悲しすぎる

 

以下が外務省による邦訳である。

potsdam_l

 

 

 

戦争に負けるということ
たった、これだけのことすら教科書に記載されていない。

きっと戦勝国にとっては、「後世の日本人に伝える」には、
【恥ずかしい内容】だったのでしょうね。
そして【都合の悪いもの】だったのでしょう。

ネットでは「隠された真実」の発掘に躍起であるが、
名前だけは有名なポツダム宣言についての言及は、実は少ない。

 

責めたり、批判したり、という意味ではない。
無論、バカにしている意図もない。

知らぬ方がそれだけいるという現実が、
「戦争に負けること」なのだと、それを伝えたい。

 

 

では。
知らななくていいのか。

そうではない。
私はそう思う。

なぜならば、私たちのために、命を捧げてくださった方がいるのだから。
目を背けることは、許されない。
いまを生きる日本人としての責務だと思う。

 

 

 

今日、見て欲しい動画集
お勧めしたい動画はたくさんありますが、いくつか好きなものをセレクトしました。
全て見ると凄い時間になるため、気になったものを選んでください。
タイトルの横に、再生時間を付記しております。
改行して動画の解説を少し。

 

【史実】神風特攻隊の手紙が凄すぎて、涙が止まらない!(3:44)
特攻隊の手紙、遺書。実際の画像を多数。
29万再生。短めなので、せめてこれだけは。

 

回天?後を頼みます。出発します?(7:27)

「回天記念館を訪れたことがきっかけで作成した動画です。」という説明文。
かなり映像処理能力に優れた個人が作成したものと思われます。
回天記念館を訪問した気持ちになれる、実際の回天基地周辺の風景を撮影したもの。
遺書、手紙、当時のやり取りなどが記載。
長さを感じさせない動画。12万再生。


 

泣ける【静ちゃんへの手紙】?神風特攻隊員の兄と幼き妹?(8:57)
ある兄妹に焦点を合わせた実話。
映像は当時の実写(動画)が多数。
やり取りがテキストで挿入されている、もしこれが自分の家族であったら、と想像して見て欲しい。
250万再生。


 

【GMV】戰艦世界-零れ櫻(05:06)

CGを主としたもので、少し系統の違う動画。
戦争の悲惨さを家族をも観点に進めており、その意味でも毛色が異なるもの。


 

ザ・コクピット 音速雷撃隊(24:46)
シリーズとしての有名、この絵柄をご存じの方は多いのではないか?
ザ・コクピットで桜花を描いたもの。
フルバージョンがあった。24分の動画だが、アニメゆえに往時を想像することができるだろう。23万再生。

 

いかがでしょうか。

 

 

 

祈りと感謝
我が国が、あれだけの痛みを受け
あれほどの血が流れたのに
それが集結した際の宣言文、
我が国が受諾した文章を、外務省の邦訳だってあるのに
それを教えない。
おかしいと思わないのですか?

だから、終戦を語ることに、これほどの言葉を要す。
前提を冗長になど書きたくはない。
だけど、これを書かないと、何を言っているのか意味がわからないんだ。
何が伝えたいのか、それすら伝えられないのだ。
おかしいと思わないのですか?

都合が悪いから、教えない。
教科書から消していく。
例えば通州事件だってそうだ。

終戦という、この8月15日にあって
このブログを読んだ方の中にも
「ポツダム宣言を読んだことがない」
という人が多いのだろうけれども
「知らなかった。」「見たことがなかった。」ことに
疑問を感じて欲しい。

 

だが、今日の日付が変わるまでは、罵倒や罵声は控えたい。
70年以上前の今日、ボロボロの身体を、やっと休めた方々がいる。

叫ぶ日じゃない。
静かに過ごしたい日なんだ。

 

怒りを胸に秘め、誓いを新たに。
一歩前に出る勇気、先人に恥じぬよう。
思いを同じくする方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

9 Responses to 【教科書に載ってないポツダム宣言・邦訳】終戦の日は、祈りを捧げる日。先人たちに感謝を。

  1. Mi より:

    今日は祈りに日ですね。小坪議員、ありがとうございます。
    私もポツダム宣言は内容をよく知りませんでした。
    直接戦争に参加せず、また、戦争の被害を知らない世代である私がポツダム宣言を知るということは、それだけ日本国が立ち直りかけているということなのだと思います。
    通州事件のことは教科書に記すべきことだと思います。

    1. ミカンの実 より:

      名前はMiではなくて、ミカンの実 です。

  2. 波那 より:

    これ以上もう戦わないと陛下の御聖断を玉音放送で拝し、敗戦した事を受け入れた日ですね。当時の人々の泣き崩れる慟哭の思いと、もう空襲はされないのだと言う安堵の思いを、ただただ想像してみるばかりです。

    🔻1945年8月15日正午。昭和天皇「終戦の詔勅」「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び…」

    【終戦の詔書(原文のまま)】

    朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以(もっ)テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク

    朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其(そ)ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

    抑々(そもそも)帝国臣民ノ康寧(こうねい)ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕(とも)ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々(けんけん)措(お)カサル所曩(さき)ニ米英二国ニ宣戦セル所以(ゆえん)モ亦(また)実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如(ごと)キハ固(もと)ヨリ朕カ志ニアラス然(しか)ルニ交戦已(すで)ニ四歳(しさい)ヲ閲(けみ)シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘(かかわ)ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之(これにくわうるに)敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻(しきり)ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而(しか)モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯(かく)ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子(せきし)ヲ保(ほ)シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是(こ)レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ

    朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃(たお)レタル者及其ノ遺族ニ想(おもい)ヲ致セハ五内(ごだい)為ニ裂ク且(かつ)戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙(こうむ)リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念(しんねん)スル所ナリ惟(おも)フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨(おもむ)ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

    朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚(しんい)シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫(そ)レ情ノ激スル所濫(みだり)ニ事端(じたん)ヲ滋(しげ)クシ或ハ同胞排擠(はいせい)互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜(よろ)シク挙国一家子孫相伝ヘ確(かた)ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念(おも)ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏(かた)クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克(よ)ク朕カ意ヲ体セヨ

    【終戦の詔書(現代語訳)】

     私は、世界の情勢とわが国の現状とを十分に考え合わせ、非常の手立てをもってこの事態を収拾しようと思い、私の忠義で善良な国民に告げる。
    私は政府に対し、アメリカ、イギリス、中国、ソ連の4カ国に、四国共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させた。
    そもそもわが国民が健やかに、安らかに生活できるよう心がけ、世界の国々とともに栄えその喜びを共有することは、歴代天皇が手本として残してきた教えで、私も常に念じてきたところでもある。したがって、さきに、アメリカとイギリスの二国に宣戦布告した理由もまた実に、わが国の自存とアジアの安定を心から願ったためであって、他国の主権を押し除けたり、領土を侵したりするようなことは、もちろん私の意志とは異なる。しかしながら、この戦争が始まってすでに4年がたった。陸海軍の将兵は勇戦奮闘し、多くの役人たちも職務に励み、一億国民も各職域に奉公してきた。それぞれが最善を尽くしてきたが、戦局は必ずしも好転せず、世界の情勢もまた我々に不利である。そればかりでなく、敵は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して、多くの罪なき人々を殺傷し、惨害がどこまで広がるかはかり知れない。なおも戦争を続けるなら、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、ひいては人類の文明をも打ち壊すことになるであろう。そのような事態になれば、私はどうして我が子のような国民を保護し、歴代天皇のみたまにお詫びできようか。これこそ、私が政府に対し、ポツダム宣言に応じるようにさせた理由である。

     私は、わが国とともに終始アジアの解放に協力した友好諸国に対し、遺憾の意を表明しないわけにはいかない。わが国民のうちで戦死し、職場で殉職し、不幸な運命で命を落とした人々やその遺族に思いをはせると、まことに悲しみに耐えない。また、戦争で傷を負い、戦禍に遭い、家業を失った人々の厚生を考えると深く心が痛む。思うに、これからわが国が受ける苦難は尋常ではないだろう。わが国民の心中も私はよくわかっている。しかし、時世の移り変わりはやむを得ないところで、耐えがたいことを耐えて、忍び難いことも忍んで、未来の平和を実現するために道を拓いていきたい。
    私は今ここに、国体(天皇を中心とする秩序)を護持し得て、忠良な国民の真心を信じ、常に国民とともにある。もし激情にかられて、みだりに問題を起こしたり、同胞が互いに相手をけなし、おとしいれたりして時局を混乱させ、そのために人間の行うべき大道を誤って世界から信義を失うようなことがあれば、それは私が最も戒めたいことだ。全国民が家族のように仲良く分かち合い、長く子孫に受け継ぎ、わが国が不滅であることを固く信じ、国の再建と繁栄への任務は重く、その道のりは遠いことを心に刻み、持てる力の全てを未来の建設のために注ごう。道義心を大切にし、志を強固にして、わが国の美点を発揮して、世界の進歩に遅れないよう努力しなければならない。わが国民よ、私の意のあるところを十分汲み取って身につけてほしい。

    アメリカの原爆投下を非難されたのは天皇陛下御一人だけでした。昭和帝の御姿をお偲び致します。

  3. 神無月 より:

    米国・英国・中国・オランダの4か国が、1930年代後半から、海外に進出する日本に対抗して行われた、石油や屑鉄など戦略物資の輸出規制・禁止による経済的な対日ABCD包囲網。

    ソ連が主導だったのかも知れませんが、慢心してしまった日本にも責任の一端は有ります。

    それだけ、極東の小国の得体の知れない強さを、ユダ系は恐れたのでしょう。

    日本人を骨抜きにし管理下に置こうと戦後してきたと思いますが、長い歴史で培われてきた民族性は、数世代で変わるはずも有りません。

    ユダ系など千年単位で変わらないのですから・・・

    彼らが一番恐れているのは、日本人が自信を取り戻すことでしょう。
    選民思想に偏ると危険ですが、日本人の民度は、諸外国のような宗教に頼る必要がない程、高いものです。

    日本は元々、自然環境と共生していた優しい文化です。
    男女の差別など、諸外国に比べれば小さなものでしょう。
    まともな異人、異文化には寛容でした。

    いま、世界が訴えている目標は、日本が江戸時代に成し遂げていたことに過ぎません。
    (当時の江戸は、世界一の人口と環境)

    日本人が目覚め、自信を取り戻したら世界は変わると思っています。

    故に、支配層は日本を眠らせたままにしたいのでしょうか?
    .

  4. 維新は裸の王様 より:

    昭和天皇は、終戦後数回靖国神社へ行かれていたという。
    ところが、靖国神社宮司が密かにA級戦犯合祀したのを境に昭和天皇もご皇族も、一切行かなくなったという。
    「A級戦犯」という言葉は、既に名誉回復しているのではなかったでしょうか?

    A級戦犯とかは別にいいのです、合祀だろうが分祀だろうがいいのです。
    天皇陛下だからこそ、 ご皇族だからこそ、靖国神社へ行かれて欲しいのです。
    靖国神社のご英霊も「日本人」なのです。
    この様な発言は不敬だと充分承知なのです。
    ですが「恒久平和を願うならば」、率先して行かれて欲しいのです。

    同じ様に、日本国総理大臣以下内閣閣僚全員揃って参拝して欲しいのです。

    8/6 8/9 (東京大空襲 各地の空襲 沖縄戦没者)そして、8/15
    全ての御霊を静かに鎮魂する8月

    以上です
    8/15 文責 維新は裸の王様

  5. 波那 より:

    真実ゆうこさんの、ねぇ知ってたぁ?
    「靖国神社問題」を作ったのも朝日新聞なんだよ。」より
    http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-41.html

    中国側は、昭和60年まで何も言っていなかったんだよ。

    昭和60年朝日新聞の加藤千洋っていう記者が「中国、日本的愛国心 を問題視」という記事で、8月15日中曽根首相の参拝について繰り返し批判を書いていたん だ。

    そして、8月15日中曽根首相の参拝に行った時、中国政府は、正式な抗 議の姿勢を見せていなかったのにも関わらず、朝日新聞は批判記事を載せたみたい。

    10日以上過ぎて、社会党の田邊誠が中国へ行って中国政府に吹き込 み、中国の副首相が初めて批判したんだって。

    社会党の田邊誠って 奴、覚えてる?

    南京大虐殺の記念館を 作るように仕向けた奴ね。

    ちなみに、加藤千洋記 者って、あの「情報ステーション」に出ていた朝日新聞編集委員。

    ちょっと身奇麗な男 で、見た目紳士的だったから、すっかりいい人に見えたかも知れないけど、コイツ何考えてんだっ ていう行動をしてくれてるのよ。

      歴代首相は戦後58回の参拝を繰り返して、A級戦犯が靖国神社に合祀されてか らも、20回行っている。

    それなのに、加藤千洋 がそれを問題だと捏造しやがった。コイツは売国奴ってこと。
    ……………

    この後、中曽根康弘が中国に媚びて靖国参拝を断念したので、天皇陛下の御親拝も賜れなくなりました。なので昭和天皇の時代から例大祭などには御名代が御参りされています。

    慰安婦は強制連行の話も、南京事件も問題として作り出して煽ったのは朝日。

  6. 湘南童子 より:

    日ノ本の大和の日本国を始め私達の天命が完うされますように
    祖神祖霊 ( おやがみさまみたまたち ) 八百萬の大神達樣 ありがとうございます

  7. ロード より:

    ポツダム宣言は初めて読みました。ボーッとしてました。
    植民地が当たり前の時代、驚きはしません。
    空襲や原爆などの民間人虐殺すら罪の意識はない人たちです。
    しかしそれでも、ソ連、支那人に占領されなかったのは幸いでした。

  8. 大保守(おおほのかみ) より:

    先の大戦に関してはWGIPの問題や不法占拠された千島・樺太の奪還も解消されないところはあるにしろ民主国家相手であったため酷くならなかったとはいえこの国の現状を観れば怠惰で腑抜けた精神年齢を疑うようなチャラいヘタレのお花畑状態のリア充みたいな存在しか見受けられないことに対して落胆と失望しかありません。

    とまぁ辛辣なことをボロカス書き殴ったようで何ですがこれが英霊の望んだ未来だとは思えませんし仮にも人民解放軍にこの国を制圧されようものならWW2での敗戦後どころで済まされるとは到底思えません。

    そりゃUA侵攻も含めた国際情勢はともかく元首相暗殺だけでなくミサイル領海内に打ち込まれたりしている現状を踏まえると世間の箍も外れて頭のねじや思考回路を疑う輩も幅を利かせているほかに小手先だけの内閣改造に対することも含めた時点でもうこの国は3年と持たないのかも知れないものにしか取れないくらいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください