物言えぬ自衛官に代わり、物言う政治家として述べるべきこと。政治家としての原風景


 

 

「ひとごろし」「死ね」という単語。同級生が自衛隊に入り、航空祭に遊びに行ったときのこと。
真新しい制服に身を包む友人を探す。そこで私が耳にした言葉です。

保守系議員として自衛隊を論じるに、私の原風景を紹介します。
行橋が好き、だから日本が好き。
ここに偽りはありませんが、原風景はもっともっと身近な部分にありました。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

(OGP画像)
940813_975480969189454_1157862181428139837_n

 

 

 

 

航空祭の一コマ
地元の高校を出ておりますから、同級生も多数自衛隊に入っております。
「航空祭に来てよ」と言われ、楽しみにして伺いました。
私は進学させて頂いたので、大学2年生か3年生の頃だったと思います。

そこで目にしたのは信じられない光景でした。
政治活動は自由ですから、そのことについて何か述べるつもりはございません。
基地反対派がいたとして、そして何がしかのイデオロギーを持っていたとして、それを否定する気はありません。

ご存じでしょうか。
ただ、航空祭に遊びに来た方、通行人の方とトラブルが生じないよう、
若い隊員たちは「人間の盾」になるのです。
左派活動家の正面に立ち、未然にトラブルを防ぐのです。
顔と顔が触れ合うほどの距離で。

 

その人の盾の一員に、見慣れた顔がありました。
そこにいたのは、私の同級生でした。

真新しい制服に身を包み、誇らしい友人の姿を見ようとした
私が耳にしたのは「ひとごろし」「死ね」という言葉。

どういう意図で発せられた言葉かはわかりませんが、
今でも耳にこびりついて離れないのです。
目の前で、まさに眼前で罵倒される友人の姿でした。

 

悔しくて、悲しくて。
どう言っていいかもわからなくて。
私は、航空祭を見ずに帰ってしまったのです。

あとで友人に「会えんかったけど、おったー?」笑顔で言われたんです。
「人も多かったけん、見つからんかったろー?」と、笑っていうのです。
私は、「ごめん、忘れてて行ってない」をつきました。
本当は、私はあの場にいたのです。

若い頃の私は、自衛隊とか左翼とか、基地反対派とか
そういうものは一切わかりませんでした。

あのとき、私は逃げたのだと思います。
今でも後悔しています。

 

大人になった今、そして議員となった今。
あの場には慰霊塔があると伺いました。
こんなに失礼なことはない。

 

だけどもう一つ、わかったこともございます。
自衛官は、言えないのです。
その、たった一言が言えない。

 

物言えぬ自衛官に代わり、物言う政治家として。
皆様を守る!と伝えたい。
ずっとそのような動きをとってきました。
その根底にあるのは、ただこれだけです。

 

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

自衛官の前で、実際にマイクを握らせて頂きました。
いま述べた内容と同じことを話しています。
5分ほどの動画です、よければご覧ください。
(第八航空団・築城基地 H28賀詞交換会 国会議員の代打として急遽登壇。)

 

 

 

 

物言えぬ自衛官に代わり、物言う政治家として。
私を保守だと持ち上げる方もおります。
だけれども、原風景は、逃げ出した若い日の、苦い経験。
そこにあるのは後悔なのです。

あの日、友人に声をかけることもできず。
怒りの抗議をすることもなく。
何もできなかった、ただ逃げた、目を背けた私がおります。
恥ずべき過去、悔やむべき青い日。

 

だからこそ、述べるべき言葉がございます。
物言えぬ自衛官に代わり、物言う政治家として。
「守る」と伝えたい。

 

国防も論じます、国家観も大切です。
だけれども根底にあるのは、自分の友達を守りたいという一点のみでした。
ここがスタートです。

 

そこには人がおるのです。
「ひとごろし」と罵られ
(自衛隊は人を殺したことは幸いにしてありません。)
「死ね」と怒鳴られ、

その彼らには、親がおり、友がおり、仲間がいるのです。
そこには人がいるんです、言いたいのは本当はその一点だけでした。

 

 

来賓として出席する方は知らぬでしょう。
混雑の関係で、歩行者の多い正面ゲートから入らないからです。

議員となってのち、違うゲートから入れば「何もなかった」かのようです。
だけど、目にしないことは「なくなった」わけではありません。

いまでも耳にこびりついて離れない。
それほどにひどい言葉の暴力でした。

 

 

 

 

自衛官いじめと、ヘイト行為
ヘイトスピーチの規制に関しては、私は慎重な立場をとっています。
対象が特定のイデオロギーに偏る可能性もあり、範囲が不明瞭だからです。

その上で一点、明確になっていることがあります。
職業差別はヘイトです。これは、よろしくない。
職業を理由としたいじめ、私はこれを明確に否定させて頂きます。

 

報道によりますと、他の自治体では「自衛官の子弟だから」という理由でイジメがあったそうです。
あまつさえ教職までもがこれに加担した、と。
これはヘイト行為であり、断じて許されることではありません。

 

もう、逃げない。
黙るために苦しい選挙を戦ったわけじゃない。
述べるべきは、述べるため、私はこの場に立たせて頂きました。
ゆえの公職でございます。

 

もし自衛官の子弟が、職業ゆえに差別され、イジメられるとするならば。
寄り添う形で守る存在でありたい。
それを堂々と公言したい。

 

 

 

自衛官の名誉
基地は迷惑施設なのです、騒音もございます。
航空自衛隊の飛行機のみならず、大型の機械であれば何がしかの危険は伴う。
市民の安全・安心のため、基地側に問題がある際は、私は厳しく指摘もする。

 

基地が嫌だという市民もいると思う。
自然なことだし、否定したり責め立てる意図はない。

だが同じく「自衛官も人間」ということも併せて述べさせて頂きます。
私はそこに同級生もおるのです。
イデオロギーというよりも「友を守りたい」という思いも否定して頂きたくはない。

 

誰しも自らの職業に誇りを持つ。
人生を捧げ、長らくその職に就くのだ。
自身の一生と言っても過言ではない。

その誇り、名誉を汚されることは、あってはならないことなのです。
こんなに悲しいことはない。

 

 

 

我が国を守るため、その身を最前線に置く者たちがいる。

政治家などは、「述べるだけ」に過ぎず、私だって後方支援に過ぎない。

所詮は言うだけであり、リスクを背負うわけではないのだ。

賭けるにしても政治生命であり、現場の自衛官のように実際に生命を賭けるわけではない。

私も自らの職務に誇りをもつが、彼らの前で「リスクを背負っています」だとか「最前線だ」とは口が裂けても言えません。

 

彼らに守ってもらっている。

その感謝を心にもち、だからこそ「気持ちよく職務に専念」して頂けるよう

声を挙げることは、私たちに求められる責務だと考えております。

そこには人がおるのです。イデオロギーも小難しい防衛の話も関係ない。
あそこには私の友人がいる。

 

それを守りたいと公言して、
責める者がいるのであれば、名を名乗って頂きたい。
議論ならば、受けて立つ。
彼らを守るためならば、私が一片の盾となろう。

 

物言えぬ自衛官に代わり、私たちが声を挙げたい。
微力ながら、物言う政治家として前に立とう。
後に続くを信ず。

あの日のように、逃げることは、もうしない。
思いを同じくする者は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

9 Responses to 物言えぬ自衛官に代わり、物言う政治家として述べるべきこと。政治家としての原風景

  1. 名無しマックス のコメント:

    職業の公平性を説くなら分かりますが、職業「差を無く」したら不公平にしかならないのでは?
    今回の話は職業侮辱を許さないって話でしょう。全く関係無い気がします。

    • BLACK のコメント:

      名無しマックス様の上記のコメントは
      一見正論のように思えて、小坪氏の当ブログで言わんとするところを
      矮小化し、論点を変えているように私には思えます。

      「不公平」と言う言葉を使って、一見「公平」な意見のように見せて
      実に「不公平」なご意見だと私は感じます。

      職業侮辱を許さないのはもちろんですが
      自衛官に対しては「職業侮辱」を超えた、一部団体、一部政党の組織的悪意が向けられています。
      また、学校教育の場でも、軍人への尊敬以前に、正当な評価も教育されておらず
      「職業侮辱」の論点だけでは語れないものだと私は感じています。

      また、国を護る仕事についておられる、有事があれば命を懸けて最前線に出られる職業の方々について
      「職業侮辱」「職業の公平性」だけで語るのは、私は逆に不公平であると思っています。

      自衛官に向けられる一部団体、一部政党の極端な悪意と侮辱、「不公平」を
      「職業侮辱を許さない」だけで解釈し、済ますのは
      私は逆に不公平であり、意図的であり、自衛官に対する「不公平」であると個人的に感じます。
      また、名無しマックス様の仰る「職業」には
      軍事、国防、有事、と言う意味が欠けております。
      それは、意図的に名無しマックス様が、軍事、国防、有事と言うニュアンスが入らないように言葉を選択しておられる故だと私は感じました。

      また名無しマックス様が上記で書いておられる
      「職業「差を無く」したら不公平にしかならないのでは?」
      と言う言いかけの意味が、私には理解出来ません。

      「職業「差を無く」したら不公平にしかならないのでは?」と言う理屈を
      全ての職業の方々に当てはめるおつもりでしょうか。
      全ての職業の方々に当てはめて考えてみて下さい。
      それとも、「自衛官」だけなのでしょうか。
      そうでしたら、それはもう完全に「不公平」ですね。

      どちらにしましても、どのような理屈(屁理屈)でありましても
      名無しマックス様が、小坪氏の当ブログ記事が気にくわない
      当記事の主張が認められない
      当記事の小坪氏のお気持ちが不快だ
      と言うことはわかりました。

      以上 文責 BLACK

      • 名無しマックス のコメント:

        いいえ、少し違いますね。
        そもそも、差別て言い間違えてるところを否定しているだけです。
        矮小化云々では無く、全く別の話ですし、侮辱という行為や「迫害」それらの行為だとした方が大きいと思いますが、如何でしょうか。

        • BLACK のコメント:

          名無しマックス様

          ご返信&ご説明をいただきありがとうございます。
          私が名無しマックス様のご投稿を読み間違い・勘違いをしていましたことを理解しました。

          侮辱行為や迫害行為だと主張した方が良い、ですね。
          職業の場合「差別」と言う主張の難しさ、ですね。
          納得です。
          感謝申し上げます。

          大変失礼を致しました。

          以上 文責 BLACK

  2. クボヒデノリ のコメント:

    目に汗が💦

  3. 名無しのななこ のコメント:

    読んで涙が出ました。
    沖縄の自衛官の退職の理由の一番は「人殺し」と
    罵倒されることだと何かで読みました。
    国防の最前線に立つ彼らをそんな酷い言葉で罵倒する
    極左連中を私も許すことが出来ません!
    私達の命、財産を護るためにどれだけ彼らが貢献していることか。
    罵倒するその人たちの命まで彼らが護っていることをどう思うのか。彼らの純粋な心まで引き裂くことは私達が許さない。私達ができることは、せめて国軍として憲法に明記し、防衛予算をまともな水準まで引き上げるよう国に働きかけていくこと。
    そして国を護る彼らに対するヘイトクライムに対し、侮辱罪の適用を!

  4. 琵琶鯉 のコメント:

    お久しぶりです。とても気になる情報を仕入れました。今年の末の食糧危機説が、現実になるかもしれません。この情報を皆さまと共有します。
    https://youtu.be/AM3qprxxXCI
    日本農業新聞を解説している農家のYoutuberの動画です。

    • 常磐本線 のコメント:

      支那利権で休耕農作地&山林を太陽光に供用している余裕なんてありませんな。
      然しながら大規模経営(企業)を除いては、さんちゃん(零細規模)が多いのも有り
      自分たちの給料分除外(計上無しでも)しても、利益が出ないのも有りますね・・・・・
      収穫が有った粗益が年収も多い訳で
      取り敢えず、畑に種(秋・冬用)を蒔きます。

  5. ロード のコメント:

    活動家の非人間的な行為、言動は、国家に対する犯罪ですね。
    これこそ、到底許されるものではありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください