【外交官≒スパイも有り得る】日本「ロシア外交官、追放」ロシア大使館「強く抗議!」【日本独自の諜報組織が欲しい人はシェア】


 

 

日本にしては、早い判断だと思う。簡単に「遅い!」という声を挙げるのはどうなのか?って思っていて、戦後長らくにおいて”今までも、やれなかったレベルの判断”ではある。世の中には保守以外の人もおり、俯瞰して見るならば、政府も踏み込んだもんだと感じる。

さて、ロシアの外交官らが追放された。
私は”保守陣営の意見が通った”とか、”私たちの勝利だ”みたいな捉え方はしていない。今回の判断は、残念ながら「西側諸国への追随」になのだろう。我が国が独自で何かを判断をしたというよりは、うっすらと流れつつある潮流の、どちらの流れに身をゆだねるか?というのが本質的な議論ではなかろうか。

判断に至った理由の部分、小さなようで大きな話だと思う。これからの世界の動き、日本の動きを読み解くうえで重要な部分だからだ。判断に至った基準みたいなものは、他の判断においても踏襲されうる。

今回の決定は、レッドチームで行くのか、ブルーチームで行くのか、という話。ゆえに「よっし!外交官を追放するぞ!ウクライナに肩入れだ!」ではなく、実態としては「みんな(西側諸国)がやってるから、うちもやらなくちゃ」ではなかろうか。

そういう実情を悲しく思う人もいるかもしれないが、考えてみれば現実的な選択なのだろう。

つまり、今から”何かが起きる”として、その何かが起きたときに自分たちも守って欲しいという思いを含め、敵味方の識別を国家単位で何度も踏み絵を踏んでいる状況。これが世界の状況であり、我が国の判断の根幹にあるような気がする。

・・・そうでもなければ、ここまでの判断を我が国がこの速さでやれるとも思わない。
結論になりますが、ロシア大使館が「抗議」しているので紹介する。
なんか無茶苦茶だなぁ、と思う。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

外交官≒スパイ

この認識を持っているかどうかで、この報道の見え方は異なると思う。

無論、すべての外交官がスパイというわけではないが、「外交官がスパイに近い動きをしている」事例は多数あるし、そして時々捕まっていることは事実だ。

 

大使の追放ではない。

ただし、外交官を国外退去。

これはですね、欧州や米国などと足並みを揃えると、「ロシアのスパイ網がズタボロ」になる話だと思います。少なくともそういう効果は期待されているのだろうな、と。

 

【日本だけが追随しない】わけにはいかない理由がここにあって、日本が参加しないとウィークポイントになってしまう、日本が。セキュリティホールと言ってもいい。

ある意味では(日本にとっては)「敵か味方か?」の踏み絵に近いものだと思っている。

仮に、ここで追随しなかった場合は「日本には情報が来なくなる」リスクがある。

 

こういう感じで書ければ「なるほど」って思う方も多いと思いますが、【 外交官 ≒ スパイ 】という認識を持てるかどうかで見え方が変わってくるという一例かと思います。

 

 

 

次に来るのは???

私は、場合によっては「次の一手」があると思っています。

ここは夢のある話(?)をさせて頂きますので、確実にそうなるという断定ではありません。だったらいいな系の話になります。

 

スパイ網の、破壊。

 

いまの状況が、後世において第三次世界と記されるかは分かりませんが、その可能性すら否定できない状況になってきました。

その場合、重要になるのはやはり情報です。

 

双方から出される情報、その真贋を調べる術を我が国は持っておりません。そのこと事体もどうなのか?と悲しく思うのですが、そもそもスパイ防止法すらありません。

今からかなり情けないことを書きますが、「日本は、西側諸国のスパイ情報網」から排除されたら、もはや何も見えないのではないか、と。

まぁ、そりゃ公式には何も持っておりませんから。
とはいえ、民間ベースであったり等、何かはあるかもしれませんが、とりあえず日本には公式の諜報組織はありません。

 

で、
西側諸国のスパイ網が狙うのは、「敵方のスパイ組織の壊滅」です。

映画みたいに派手なものではないでしょうが、様々な情報を投射しあうという意味での情報戦ではなく、「すごく地味な、スパイ戦争」があるような気がします。

それは、そのままでは表には出てこないものかもしれませんが、別の角度からは表に出てくるような気がします。

 

日本にはスパイ防止法がありません。

ネット保守界隈では、日本には各国のスパイの拠点がある等の指摘がなされてきました。

仮にそれが事実であるならば、「東側諸国のスパイ網の壊滅作戦」が実施されたならば、一番、摘発されるのは実は日本かもしれませんね。

 

 

 

ロシア大使館のtweet

なるほどな、と。

 

 

私は、前述のような見方をしていましたから、少し嫌な見方をしているかもしれません。

言葉通りには受け取らないというか、「ふーん」みたいな。

そして、(これから何が起きるんだろう)と思った次第です。

 

 

 

究極的に言えば、我が国には諜報組織がない。

この一点に尽きると思います。

防弾チョッキも必要だ、戦車も飛行機も必要だ、
兵站だって重要で、ありとあらゆるものが必要です。

 

いまは「ウクライナ侵攻」というフェーズなのですが、これはやがて変わってしまう可能性だってある。

第三次世界大戦であったり、台湾侵攻であったり、どう飛び火するかなんて誰にも分からないのです。

 

そのとき、我が国には「諜報組織」がない。

相手が戦車で攻めてくるとき戦車がないとか、
相手が戦艦で攻めてくるとき戦艦がないとか、

まぁ戦車には対戦車ミサイルだったり、戦艦には対艦ミサイルだとか、異なる兵器であってもいいのでしょうが、

ようは「諜報戦」が展開された場合、我が国は無防備なんです。

 

究極的に言えば、ここしかないのでしょう。

 

ないものは、ない。

これから起きるんだろうか、ロシアのスパイ狩り。

あるような気もするなぁ、と言っても日本の判断ではないのでしょうが。

けどね、日本の判断ではなくとも「日本で逮捕」という事例はあるかもだし、むしろ多いかもしれません。

 

「あっと驚く、あの人が!」「実はソ連のスパイだった!」みたいな。
ゾルゲ事件みたいなことが起きたりしてね。

 

 

 

今後、展開されていくであろう、ロシアvs西側諸国のスパイ合戦。

 

意外に舞台になるのは、日本かもしれない。

 

スパイとして検挙されることはないだろうから、

 

違う角度からニュースを見ておこうと思う。

 

ある意味では、我が国は(スパイ戦争からは)蚊帳の外。

 

これで台湾侵攻や三次大戦を戦えるのだろうか。

 

「我が国にも諜報組織が欲しい」と思った方は、拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

20 Responses to 【外交官≒スパイも有り得る】日本「ロシア外交官、追放」ロシア大使館「強く抗議!」【日本独自の諜報組織が欲しい人はシェア】

  1. 星海入道 より:

    今後のに日本において良い意味での変化が起きる事を期待します。

  2. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    うーん、随分と時代も変わったものですね。
    本日のエントリーは、相当ブッ込んで来たと言うのが率直な感想です。

    憲法上の兼ね合いから、自衛隊は日本軍では無いと定義され、昨今ではその弊害に目を向けられる様に成って来ました。
    でも実質的には自衛隊は日本軍です。
    ですので、名実共に日本軍にしてしまう事が望まれ始めて居ます。

    これは警察活動にも同様な事が言え、表向きは諜報活動が出来無かった為、我が国は諜報機関を有して居ません。
    では一切の活動が為され無かったかと言えば、そう言う訳では無く、この分野でも専守防衛を余儀無くされて来たと言って良いでしょう。

    一般的には公安と称される、警察庁警備局の外事課が人知れず、専守防衛の防諜活動で奮闘して来ました。
    実際に対日有害活動を阻害する事で、我が国を守って来ました。
    そもそもですが、嘗てソ連の隣に位置し、中国、北朝鮮も隣にある国が、何にもせずに生き残れる筈なんて無いのです。
    防諜を実現するには能動的に情報を収集する必要がある為、実際にはどう言った活動をして居たかは推して知るべしです。

    必然的に今迄も協力者(S)が必要であり、そう言った存在は居ました。
    ですが公式には諜報機関では無い為、ありとあらゆるものが属人化して居ます。
    外国の軍事情報に関しては防衛駐在官が担って居ますが、防衛駐在官は国際的には駐在武官であり、表向きの活動が主務で、大ぴらに諜報活動に従事出来ません。
    故に色々と苦労がある様です。

    大体、ロシアは嘗てのソ連であり、重点監視対象で無い筈がありません。
    事実、第3係が対ロシア防諜を担って居ると言われて居ます。
    その他では当然、中国、朝鮮半島にも目を光らせて居ます。

    実は警察活動に於いても、自衛隊同様に実態と建付けとの不整合が生じて居るのです。
    ならばその能力を最大限引出す為に、建付けを実際に合わせる時期に到達したと言えるでしょう。
    自衛隊は憲法で肯定して軍へ、外事課は諜報機関として肯定して、然るべき機関へと改組する必要性が高まって来て居ると考えます。

    特に昨今では戦争も回帰的に成って来て居り、正規兵同士のガチのぶつかり合いよりは、警察活動とゲリラ戦が混じり合った様な不正規戦が多く成って来ました。
    故に諜報活動の比重が高く成って来て居ます。

    これらを鑑みれば、しっかりと現実を見据えた改善に迫られて居ると言っても過言では無いでしょう。

    1. 波那 より:

      自衛隊は日本では軍隊ではないと言う事にされていますけど、世界から見たら軍備を所有している軍事力を備えた組織です。日本人は我々の自衛隊の世界から見た位置づけを良く知らないですね。2020年のランキングですが自衛隊は総合ランキングでは世界五位にいます。安心して国軍になってもらえますね。

      🔻世界軍事力ランキング2020 日本5位、英・仏・韓凌ぐ

       日本の軍事力は、世界でも上位に位置している。世界の兵力をランク付けするグローバル・ファイヤーパワー誌は、2020年度版の番付を発表した。それによると、自衛隊を軍事力とみなした場合、日本は世界5位のポジションを占めていることになる。これは、英・仏・韓を凌ぐ実力を有することを意味する。

       集計にあたり同誌は、138ヶ国を調査対象として、国ごとに50以上の兵力関連データを収集した。兵士や兵器などの数から算出した純粋な軍事力に加え、経済力や地理的要因なども評価対象になっている。これらを独自の数式を用いて処理することにより、「軍事力指数」を導き出した。注意点として、核兵器の有無は評価項目に直接は組み込まれていない。

      1位 アメリカ、2位 ロシア、3位 中国、4位 インド

      “5位 日本
      akiyoko / Shutterstock.com

      軍事力指数:0.1501
      人口:1億2616万8156
      兵員(推定):30万3160
      航空戦力:1561(6位)
      戦闘機:279(9位)
      戦車:1004(22位)
      主要艦艇:155(空母4)
      軍事予算:490億ドル

       日本は総合的な軍事力で世界第5位となった。ランキングをまとめたグローバル・ファイヤーパワー誌は、「この国は未来に目をむけ、高まりつつある地域の問題(すなわち北朝鮮の脅威)に対する実現性のあるソリューションを引き続き探し続ける」と総論している。項目別では、空軍の総合力で世界6位、空母の数は4隻でアメリカに次ぐ世界2位、駆逐艦は40隻で同じく世界2位だ。インフラ面では、軍用可能な主な港湾が44となり、アメリカを抜いて世界1位の数となっている。”

      こちらから25位までの国のそれぞれの「軍事力指数」が御覧になれます。
      https://newsphere.jp/list/2020_military_strength_ranking_3/
      ……………

      外交官追放だけは欧米に追随しないと思ってました。もう言ってしまったのだから、報復するとかロシアがナンチャラ言ってるので、政府は先ずは北海道防衛に目を光らしていること、そして漁船の拿捕にも呉々も注意して安全保障に没頭して下さい。ボクだって言えるもん、決断出来るもんで、終わりにするとは思えないですけど…。

    2. 東夷 より:

      参考になります。貴重な情報をありがとうございます。考える術にします。

    3. azumaebisu より:

      参考になります。貴重なお話有難う御座います。

    4. azumaebisu より:

      貴重なお話ありがとうございます。大変参考になります。

  3. BLACK より:

    「あっと驚く、あの人が!」「実はソ連のスパイだった!」みたいな。
    ゾルゲ事件みたいなことが起きたりしてね。

    小坪氏の上記のお言葉に、今回の日本の決定に
    心底怯えておられる方々もおられるのでしょうか。
    一部政治家・言論人の方々の今後のご発言と身の処し方を注視したいと思います。

    参議院選挙への影響もあるかも知れません。
    特定の政党への国民の審判と
    保守政治家への狙い撃ち落選活動の行方に注視します。

    また逮捕ですが
    「スパイ容疑で逮捕」と報道されるとは限らないかも知れません。
    (「スパイ容疑で逮捕」と言う法運用が出来るのかも私にはわかっていませんが)
    スパイ活動に付随する何らかの容疑での逮捕もあると思います。
    「引退」「契約解除」「〇〇法違反」等々に注視したいと思います。

    それにしても前々からでありますが
    ロシア大使館と中国大使館のツイートは素晴らしいですね←誉めている訳ではありません。
    何故、これ程素晴らしいツイートが書けるのか私には理解出来ません。
    これもやはり民族性の違いなのだと思います←批判している訳ではありません。

    エマニュエル・トッド氏は「ロシアは実にわかりやすい。今回もロシアのいつもの行動の通り(BLACK意訳)」
    と仰っておられますが
    その「いつもの行動の通り」が、77年前も現在も日本には恐ろし過ぎます。
    なので、トッド氏は「日本は核武装するしか無い。それ以外に自国を護る方法は無い」と提言しておられます。
    ロシアによるウクライナ侵略が始まってから初めてのトッド氏の発言がこのように日本へ向けられたことの重さを感じます。

    今回のロシアによるウクライナへの侵略には様々な要因も裏もあるでしょう。
    昨日の動画でも勉強させていただきました。
    バイデン政権とその周囲の人たち(軍需企業体含む)の思惑も暗躍もあるでしょう。
    ロシアもウクライナも乗せられた部分もあるのでしょう。
    けれども、だからと言って、
    ロシアとプーチン氏=正義
    ウクライナへの侵略=嵌めた米国が悪い。ロシアは悪くない。
    ウクライナ国民の死者=ゼレンスキー大統領の責任。ロシアの責任では無い。
    これは到底言えることでは無いと私は思います。

    どのような思惑や暗躍がバイデン政権にあったとしても
    今回ロシアとプーチン氏がしたことは言い逃れることも、擁護も出来ないことだと私は思います。
    バイデン政権に非があるならばプーチン政権には非が無い は成り立ちません。
    どちらか一方が悪ければ、一方は悪くない、と言ったシーソーでは無いからです。

    いよいよ始まったのでしょうか、北海道問題。

    以上 文責 BLACK

    1. suica割 より:

      私としては、政治資金規正法や所得税法の違反に注目しますね。
      海外からの裏金関係での逮捕ということで。

      1. BLACK より:

        suica割様

        それ、ありそうですね。
        注目致します。

  4. 波那 より:

    昨日のロシアへの制裁発表会見で首相はエネルギーの安定供給にも言及され、その中で原子力も活用すると言われたとか…。参院選までに再稼働させないなら自民党には投票しないとかネットが沸いてましたけどw。もう何もかもが値上がりして国民は岸田政権にウンザリしているんです。上海電力?でしたか、岩国で太陽光パネルでいっぱいにしようとしているらしく地元で大反発されているようですね。中国製太陽光パネルってウィグル人を奴隷労働させて製造してるんでしょう?だから安いんですよね。あ〜恥ずかしい。

    大体、この水害の多い国で太陽光パネルが流れ出して土壌がカドミウム汚染とかされて、中国がアフターケアするような国ですか?それに耐久年数で取り外した太陽光パネルの大量廃棄の問題もありますね。中国が持って帰ってくれるんですか?石炭も制裁でロシアからの輸入を止めるそうですが、何処からの輸入に切り替えるのか知らないのですが、だから自然エネルギーとかの方へ行かないで欲しい。頭クラクラします。

    1. azumaebisu より:

      全くその通り!

  5. 神無月 より:

    日本人の特性に、痛い目に合うまでは行動しない?ところが有りますね。
    また、一度火がつきますと一億玉砕にまで突き進む事が止められないところも。

    以前読んだ内容で、朝鮮人が日本人の扱いに気をつける事で、日本人を本気で怒らせてはならないと有りました。

    理由は、日本人はいつも穏やかでお人好しなので、日本人への扱いがエスカレーターしてしまいます。
    ところがある日突然、穏やかだった日本人が豹変し自らの命さえ顧みず、恐ろしい反撃に出て大きな犠牲が生まれる的な。

    いわゆる、「堪忍袋の緒が切れた!」ですね。

    今の日本人にもまだそれが有るのか消えたのかは解りませんが、大難の前に小難で早く痛い目に合うことを望んでいます。

    キッシーさんで小難になればよいのですが、中難ですと色々と・・・

    世の中の大局的には、ロシアが弱体化して中国に飲み込まれ中国が米国以上の力を付けるのか、米国内が混乱し米国が弱体化して諸行無常となり、さて日本はどうするのか?

    核兵器は廃止派ですが、性悪説の世で国益を護る意味では防衛の保有は悲しいかな必要に思います。

    スパイもネットの時代です。日本はセキュリティーの必要性が性善説ですので情報は駄々漏れ?でしょうか?

    北京五輪への参加者に、自前のスマホに中共のアプリを入れさせる政府ですので、危機感の無さには呆れはてます。

    早く痛い目に合わないかな! 目覚めの為に・・・
    .

    1. 波那 より:

      ゝ以前読んだ内容で、朝鮮人が日本人の扱いに気をつける事で、日本人を本気で怒らせてはならないと有りました。

      今の日本人はもう、ひと昔前の日本人とは違いますよ、別者です。半島民族って年がら年中ファビョン(火病)して発狂してるので日本人の底知れない怒りを見誤ってると思います。決して、絶対に許せない事をやられ続けて来ましたから、一旦、日本人が怒りの矛先を向けたらどれだけ容赦ないか、あの民族はまだ分かっていません。

      耐えに耐え、堪えて我慢していたけど、ハル・ノートを突きつけられて、もはや是迄となった日本人を彼ら知らない。

  6. azumaebisu より:

    『亡国の痛い目』にならない様に祈るばかりです。と同時に主権者の1人として『此の儘では危ないですよ!』と言い続けます。例え変人扱いされても【大和民族の生き残り】の為には何でもありません。

  7. 波那 より:

    えっ、岸田さんが遂に決断??🤯 先日、安倍さんが言ったらアベがー!パヨチン族が猛烈にボロッカスに安倍叩きしてましたが、岸田さんへの反応やこれ如何に?w

    稲垣昭義
    @dream21ai
    コロナ「2類相当→5類」指定に見直しへ、岸田首相が決断

    観測球なのでしょうが、この決断を支持する声が溢れれば、岸田総理は決断できるでしょう。
    皆で5類相当への感染症法上の位置付け見直しを求める声を上げましょう。
    日常を取り戻そう。
    diamond.jp
    【独自】コロナ「2類相当→5類」指定に見直しへ、岸田首相が決断
    午前8:12 · 2022年4月9日

    @dream21ai 選挙対策でも構いません!
    観測気球でも構いません!
    検討総理をやめて、決断総理になって下さい!
    まだ間に合います!
    ただただ英断を、、、
    マスコミは偏った報道はやめて、冷静で平等な取り扱いをお願いします🙏
    コロナばかりを煽る報道はやめて、本来報道すべきことに注力を。

    @dream21ai 参院選後と書いてありますよ。遅すぎます。

    @dream21ai これはキッシーさんよく決断してくれましたね👍️
    検討ではないことを祈ります。

    ツィッターの反応は以下です
    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1080011137.html

    次は国防費を6兆円に上げてNATOに加盟ですね。公明党の山口氏が安倍さんの言った事に反発して、国防費を上げるよりも国民の生活が大事だと訳の分からないこと言ってましたが、国が存立してこその国民の生活です。

  8. 60代主婦 より:

    こんな大変な時期に総理になられた岸田総理は、私は思っていたよりも頑張っていらっしゃると思います。
    御公家さんだの、親中だの、聞くだけだの言われていますが、案外タフで骨太な部分を感じています。派閥の言いなりにもなって居ないのは、ちょっと見直しましたし。

    安倍元総理が復帰される事はもう無いと思います。

    高市さんは、とても立派な、しかも保守が喜び支持しやすいお考えの方ですが、生意気な言い方をしてしまうと、あと一歩のところで、具体性に欠けてしまう時があるように見えます。意地悪な言い方をすれば、理想を言うだけなら誰でも言えるよね…と。なので、今総理になられるのは無理だと、私は思ってしまいます。こんな世界情勢の時には無理です。確固たる信念をお持ちのようですが。それ故?か、岸田総理とは逆で、あまり聞く耳は持たれていない…のかな?人脈作りも上手くなさそうですよね?
    これ、高市批判しているのでは無いのです。期待しているからこそ、私のようなものでも感じる所を書いてみました。

    さて、【ロシア外交官追放】なんて、私はワクワクします。良くも悪くも、日本が普通の国になる第一歩です。
    外務省を始めとする官僚達は、日本がロシアに制裁することに、消極的と聞きました。
    その理由が、『諸外国と足並み揃えて制裁することが、日本の得になるのか?報復されて、かえって不利になるのではないか?』
    だそうです(笑)。
    この人達こそ、正に【御公家さん】ぽくないですか?腰抜け?目先の損得勘定しか出来ない?間抜け?

    その圧を押し返して、【追放】したのですから、岸田総理は頑張りましたよ!

    私は岸田総理を全面的に支持する訳では無いです。気に入らない事も沢山ありますよ。
    外務大臣が兎に角気に入らないし。あれ代えるだけでも、もう少し保守の支持率上がるでしょうに…。

    何はともあれ、一気に何もかも進める事なんて、誰にも出来ません。少しずつ、根気よくやっていくしかないので、岸田政権を支えつつ、皆でこの国を守って行く覚悟を、日本人がする時が来たのだと思います。

    スパイ防止法が本当に欲しいです。
    今、密かに情報を集めていらっしゃる方々には、心の底から感謝しています。命を狙われたり、足を引っ張られる事の連続でしょう。
    小坪さんはお嫌いだと仰っていましたが、やっぱり日本には、坂本龍馬的な?動きをする人が居ないと駄目なのかも…とも思います。

    何はともあれ、激変する世界の中で、二度と負け組に入らないように、腹を括ってやるしかない。
    【ピンチはチャンスだ!】
    頬被りしていても、禍は過ぎてはくれません。見ない振りしていたら、根こそぎやられてしまいます。もうそろそろ目を覚ましませんか?と言いたいです。
    それこそ昔マスゴミが言っていた
    【バスに乗り遅れるな!】
    ですね。意味違うけど(笑)
    ブルーチームで強かに生き残りたいです!

  9. ロード より:

    公安が公式な諜報組織でないとは知りませんでした・・・。勉強になります。

    スパイ防止法を政策の柱とする「日本の尊厳と国益を護る会」は、衆議院選挙で8名の国士
    (長尾敬氏、中山泰秀氏、原田義昭氏ら)を失いましたが、昨年12月には会員数が選挙前よりも増え、71名となったそうです。
    地元選出の代議士も新たに参加されていて、嬉しい限りです。

    代表の青山繁晴議員は安倍元首相と関係が深く、硫黄島に訪問、滑走路で跪かれたきっかけを作りました。
    菅首相とは途中から連絡されなくなったそうですが、岸田首相は違うそうです。
    「日本の尊厳と国益を護る会」に対し、驚くほど聞く耳を持っていただけると。

  10. 維新は裸の王様 より:

    追放した8名の露外交官は、公安の重要監視対象者だったのでしょう。
    佐藤隊長は「遅い」と当初言っておられた様ですが、岸田政権もギアチェンジしたという事ですね。

    露側の対抗措置も同じく外交官追放と、他のも仕掛けてくるでしょうが、それにより直接被害を受ける事業者救済は早急に予測検討して貰いたいですね。

    どうせ思いきった事したんだから、『外交官氏名 追放理由 関係先』とかを、微妙に暈しながら発表すればいいのに。
    国内日本人利害関係人への『見せしめ』にもなります。
    まぁ、それが歴代政権や現政権及び、与野党政党関係者に飛び火するかは、公安のみぞ知る??

    以上です
    4/9 文責 維新は裸の王様

  11. BLACK より:

    『Hanada ブラス』 4月8日 公開記事

    橋下徹と中国資本との長い歴史|山口敬之【永田町インサイド WEB第1回】

    よろしかったら読んでみてください。

    以上 文責 BLACK

  12. SERI より:

    「よっし!外交官を追放するぞ!ウクライナに肩入れだ!」ではなく、実態としては「みんな(西側諸国)がやってるから、うちもやらなくちゃ」
    岸田さんってこんなのばっかり!
    日本をどういう方向に進めて行くかなんて、これポッチも考えていないようにしか見えない。
    国内問題もすべてそう。支持率が下がらないように世論におもねっているようにしか見えない。
    世論に迎合して方向性を変える時は誰かのせいにする。最低なやつだ。
    それでも、優柔不断なので思いっきり間違った方法にカジを切る可能性が少ないことだけが取り柄なのかな。
    早く退陣してほしい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください