GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同した人はシェア】


 

 

初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQにより廃止された。
旧暦では、この日が1月1日。
今日が、元旦であったのだ。まさに国の始まった日。

サンフランシスコ講和条約において、我が国が一部の主権を回復してのち、国民世論のうねりにより「建国記念の日」として国民の祝日となる。本日2月11日は、建国記念の日でありました。
そして奪われた「紀元節」という言葉を取り戻すべく、誓いを新たにする日であると存じます。

※ 正しくは「建国記念日」とされておりますが、私人としては「の」は抜きたいというのが本心です。

その理由も書いておきます。「建国記念日」は、自民党により9回も提出、第一党であった社会党の反対で廃案。採決に踏み切った際には、体当たりを受け委員長が入院。社会党を納得させるため、譲歩して「の」をつけたという経緯があるためです。ご指摘も何点かありましたが、私は、のをつけたくないんだよ。
どのような時代に廃止され、18年の歳月を戦い「建国記念の日」となるまでの経緯を詳しく書いておきます。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 
(OGP画像)

 

 

 

 

紀元節
日本の初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日。
明治6年(1873年)に定められた、かつての祝祭日の四大節の一つ。
(※四大節(しだいせつ) 四方節、紀元節、天長節、明治節)

2月11日の日付は、旧暦の1月1日であり、明治に入り新暦に換算したもの。

 

 

 

紀元節が廃止される。
GHQにより、昭和23年(1948年)廃止されました。

 

GHQにより、廃止される。
昭和23年(1948年)廃止される。
西暦よりも皇紀が長いことに嫉妬したためではなかろうか。

少し前後のことを付記する。
終戦が昭和20年(1945年)のこと。

昭和20年(1945年)
9月29日、内務省による検閲制度を廃止。
同年、10月9日、朝日・毎日・読売など在京5紙に対して事前検閲開始。
10月10日、徳田球一ら共産党員などの政治犯が釈放。
10月20日、日本共産党が機関紙「赤旗」を再刊。
10月31日、軍国主義を唱える教員の追放。

昭和21年(1946年)
1月1日、天皇神格否定、人間宣言。
1月29日、行政区が北海道、本州、四国、九州及びその付属当初と対馬、大隈諸島までとなる。
2月1日、英連邦軍、日本への進駐を開始。
2月20日、ソ連が、樺太・千島の領有を宣言。
2月26日、極東委員会発足。
3月5日、第一次アメリカ教育使節団来日。
同日、チャーチルが鉄のカーテン発言を行い、冷戦が始まる。
4月4日、2?300人の米兵が中村病院に乱入し、約100人の妊婦や看護婦を強姦。産まれたばかりの子供も殺害された。
4月29日、天皇誕生日にA級戦犯29名を起訴。

5月22日、吉田茂内閣、発足。

7月1日、アメリカがビキニ環礁で4基目の原子爆弾を実験爆発。
11月3日、日本国憲法公布。

昭和22年(1947年)
5月2日、外国人登録令により、朝鮮人・台湾人などが日本籍を取り消され、外国人になる。
5月3日、日本国憲法施行。
8月15日、インドがイギリスから独立。

昭和23年(1948年)
1月4日、ビルマがイギリス連邦を離脱し独立宣言。
4月、【祝祭日のみ、日章旗の掲揚を許可】
8月15日、大韓民国成立。

昭和23年、紀元節はGHQにより廃止されました。
続けて読むと、これがどういう意味であったか、よくわかると思います。

参考:連合国軍占領下の日本

 

暦の長さと国家の威信
皇紀が西暦よりも長いことを問題視したのではないか?と述べました。
実は、暦の長さとは世界的には凄まじい評価を受けるものである。

これは事実なのですが、なぜなのか?を考えてみました。
少し乱暴な解説であり、私見も多分に入っているが、ようは「治世の素晴らしさを示すバロメーター」であり、「国家としての威厳と比例」するもの。

暦の長さとは、男系遺伝子が何代に渡って紡がれたかという話になる。
他の制度もあるが、「その政治体制が何度の代替わりを行ったか」だ。

 

暦が途絶える場合
それは国が滅びた場合です。
政治体制が継承されず、バトンタッチができなかった、と言ってもいいでしょう。

滅びたらどうなるか。
世界を見渡すに、ほとんどが大陸の国家です。

CHINAのみならず欧州を含め、特に大陸の場合、国が滅ぼされれば皆殺しである。
特に男は集中的に殺される。
後で攻め込まれても面倒なことになるし、特に王族の血縁者は徹底的に殺す。

女性がどうなるは余り書きたくないが、シンプルに言えば孕ませる。
血を混ぜるというか、今で言う民族浄化だ。
その国以外の者と性行させられ、違う国の子を出産させられる。(もしくはまさに奴隷となる。)

 

暦が続く、意味
男系遺伝子が継続し、「これ」と決めた代替わりの方法が継承されるということ。
その意味を考えて頂きたい。
やや失礼な表現もあるかと思うが、世界各国で「自国のルール」はある。

ローマ法王やダライラマ法王の継承方法など異なる例もあるが、男系DNAの継承は世界的に見ても「一般的なルール」であると思う。

どのような制度でも構わないが、これと決めたルールが継続することを、世界はどう見るか。

「きっと凄まじく素晴らしい治世なのだろう」
「なんと強い国なのだ」

 

かなり荒っぽい説明だが、暦が続くことを
世界は重視している。

皇紀のほうが、西暦よりも長い。
だから紀元節は廃止されたのではないか。

これは私の私見である。

 

 

 

建国記念の日として復活
様々な騒動を巻き起こしつつ、先人らの必死の努力により復活。

紀元節復活に向けた動きは、昭和26年(1951年)頃から見られるそうだ。

自由民主党の活躍
昭和32年(1957年)2月13日、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出。
しかし、当時野党第1党の日本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となる。

 

ひどいぞ、社会党
その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すが、成立には至らなかった。

昭和38年(1963年)6月20日、委員長が法案の強行採決を行うが、社会党議員らに体当たりされ入院するという一幕も。

 

「の」が入る。
名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として成立。

“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。

昭和41年(1966年)6月25日、建国記念の日として祝日法改正案は成立。

 

「の」は、いらないと言いたい。
法令順守義務のある議員としては、「の」付けるべきなのだろうが、私人としては「の」は飛ばしたい。

冒頭では注釈を書いてはいるが、私の心の中には「の」はない。
そのことは、はっきり言わせて頂く。

 

 

 

「紀元節」を取り戻せ!
昭和23年にGHQにより廃止、建国記念の日が成立したのは昭和41年。
18年の歳月を掛け、先人たちは取り戻した。
「の」がついているが、努力の結晶である。

現代の日本に生きる、私たちは。
紀元節を忘れていていいのだろうか。

偉そうに書いているが、私は紀元節を知らない。
私が生まれたのは昭和53年のこと。
知ってるわけがない。

 

 

この日が、紀元節であった時代を、私は知らぬ。

正直に言うと、わからない。
例年のことなので、動画とかを見て「なんとなく耳には残る」ようになったけれど、私はこの歌を合唱したことがない。

 

この歌の重みは、私は、わからない。
だけど、とても大切なものなのだと思う。

終戦、GHQの統治、サンフランシスコ講和条約。
米ソ冷戦、様々なものを経て、やっと成立した建国記念の日。

私たちの時代が取り戻すべきなのは、
建国記念日ではなく、紀元節という言葉と記憶なのだろう。
漠然とそのようなことを例年、思う。

 

古事記や日本書紀)
歴史的な裏付けがないと、ロマンに欠ける学者目線の非難が相次いでいた。例えば神武天皇の古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とされている点などが指摘されている。

しかし、一年に二回の稲作を行っていたことで、二回数えていた可能性があり、半分にすると辻褄が合う話が多々あるという指摘も出てきた。その場合は、(西暦換算だと)一部の時代は半分にせざるを得ないけれど、時代考証ともバッティングしなくなる。

史実ではないという批判を行う者がいるが、神話にそのようなものは必要ないというのが私のスタンスだ。聖書に時代考証で難癖をつけるぐらいおかしな話であろう。

自国の始まりを、次に世代に伝えることができぬことは、
それはとても悲しいこと。

 

 

 

 

GHQにより紀元節は廃止。

 

18年の歳月をかけ「建国記念の日」として復活。

 

自民党より9回の提出、第一党であった社会党により廃案。

 

採決に踏み切った際には委員長が体当たりを受け入院。

 

妥協策として「の」を入れたのが、この日です。

 

今日は、言葉狩りにあった「紀元節を取り戻す」と誓いを新たにする日。

 

「自国の始まりを教えられないことは、とても悲しいこと」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

5 Responses to GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同した人はシェア】

  1. azumaebisu より:

    全くその通りで御座います。

    今日から【紀元節復活】の世論を盛り上げていきましょう。

     先ずは、【真の日本人の為の政党】ならば、今年の参議院選挙に【紀元節復活の公約】を入れるか如何か?を自民党始めとする与野党に、問いただする事から始めます。

     御賛同頂けるなれば、晴れて【紀元節】が復活する迄、心に留め置き、粘り強く要求して行きましょう。

  2. ロード より:

    紀元節を取り戻しましょう!
    初めて、紀元節の歌を聴きました。

    類いなき国家が敗戦という最大の危機をも乗り越え、2682年も続いていることは奇跡です。
    嫉妬で紀元節を廃し、洗脳、属国化を進めた米国ですが、露中に占領されていたら終わっています。
    国体である天皇家が存続していることは、実に有り難いことです。

  3. ウマシカおばさん より:

    「閉ざされた言語空間 占領軍の検閲と戦後日本 江藤淳著 文藝春秋」を読んでいる所です。
    戦後日本はGHQにプレスコードを強要されました。新聞などのメディアが日本国民に伝えてはならない項目です。プレスコード30項目は以下の通りです。
    1SCAP-連合国軍最高司令官(司令部)に対する批判 2極東国際軍事裁判批判
    3GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判
    4検閲制度への言及  5合衆国に対する批判  6ロシアに対する批判 
    7英国に対する批判  8朝鮮人に対する批判  9中国に対する批判 
    10他の連合国に対する批判 11連合国一般に対するの批判(国を特定しなくても)
    12満州における日本人取扱についての批判 13連合国の戦前の政策に対する批判    
    14第三次世界大戦への言及 15ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及 
    16戦争擁護の宣伝 17神国日本の宣伝  18軍国主義の宣伝 19ナショナリズムの宣伝
    20大東亜共栄圏の宣伝 21その他の宣伝 22戦争犯罪人への正当化および擁護 
    23占領軍兵士と日本女性との交渉 24闇市の状況
    25占領軍軍隊に対する批判 26飢餓の誇張 27暴力と不穏の行動の扇動
    28虚偽の報道 29SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及
    30解禁されていない報道の公表
    戦後、日本のマスコミが反日姿勢になったのも頷けます。日本古来の伝統的な価値観を取り戻すためには日本人一人一人がプレスコードから解放される必要があると思います。

  4. 愛国者 増田真知宇(ますだまちう)先生が海上自衛隊幹部候補生合格 より:

    愛国者 増田真知宇(ますだまちう)先生が
    https://plaza.rakuten.co.jp/masudapatriot/
    海上自衛隊幹部候補生合格
    https://archive.ph/TRuyA

  5. 大保守(柏城耕介) より:

    遅ればせながら紀元節というところで云えば捗らずにいるLifework等もあるためそちらで動いていた次第でありますがリベラリストの吹聴する国家観すらないようなアナーキストじみた空気に同調しているようにしか見受けられない世間すらあるためこれをどう覆せばよいものかと思えてならない次第であります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください