【拡散】国民が知らない太陽光発電の実態②水害時の危険性→高圧の感電はただちに人体に影響が出る(はっきり言えば死ぬ)


 

 

太陽光発電設備が水害によって損壊した場合、どのように扱うべきか。高圧の場合は「ただちに人体に影響が出る」、はっきり言えば人が死ぬ。
実は業界団体より指針が出されているので報告したい。

前編として低圧を取り扱いましたが、実際に出火の原因になっていること・消火活動の障害になった事例(消防庁発行の)を紹介し、消火活動の観点から住宅地への設置が技術的見地からは相応しくないという理由を述べました。併せて、それをどのように一般質問で扱ったのかについても紹介させて頂きましたが、技術系の政治家としてここまで議会でまとめて質問した事例は多くはないと思います。行政がなぜ手出しができないのか、法的な部分の答弁もとっています。
前エントリをお読みの方は、水害時のパネルの取り扱いがどれほど危険であり、難しいかは想像できると思う。

前回、触れさせて頂いたのは、個人住宅設置向けの「低圧」の話である。
今回紹介するメガソーラーは「高圧」である。

この違いを端的に申し上げれば、高圧の感電は「ただちに人体に影響が出る」のだ。
はっきり言えば、人が死ぬという違いがある。

私個人の見解としては、生物にとって極めて高い毒性をもつ重金属を含有し、かつ消火方法の確立されていない太陽光発電は、「人の生活とは切り離すべき」という考えだ。この中には、水資源としての山、そして河川を含む。米という意味での農地、そして海産物という意味での沿岸部を含む。

ただし、太陽光発電という「仕組み」自体は否定しない。例えば宇宙空間での活用などは正しいと思う。非常時にも避難所として活用されるべき施設の、一部の電力を賄うことも妥当性がある。
だが、人と共存させて良い技術ではないと考えます。

いま読めば「納得」かもしれませんが、これは私が2015年に書いた記事です。国民が知らない太陽光発電の実態。もしよかったら参考にして頂きたいです。

 

関連:国民が知らない太陽光発電の実態①元技術者の市議が、全力で資料整理を行い、一般質問を行った議事録。

 

 

(応援候補)
大山たかお那覇市議選
告示  7月4日 投開票 7月11日

 

【地方議員烈伝】戦闘機乗りだった父が殉職、それでも空自を目指した息子【命を護る大山たかお】

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

 

水害によって設備が被害を受けた場合

一般社団法人太陽光発電協会という団体がある。
詳しくは存じ上げないが、恐らくは業界団体であろう。

鬼怒川の決壊の際には、メガソーラー設置のため自然堤防を掘削し、越水破堤を誘発、被害を拡大させた可能性が指摘された。
当然のこととして、メガソーラーの設備が被害を受けている。

発行日は、2015年9月11日ゆえ、この水害を受けての文書であろう。
そういうつもりで読んで頂きたい。

どこが安全なのか、と。

 

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

 

一般社団法人太陽光発電協会(2015年9月11日)

1.水没・浸水時の注意事項
太陽光発電設備のパワーコンディショナや、太陽電池パネルと電線との接続部は、水没・浸水している時に接近又は接触すると感電する恐れがありますので、近づいたり触れたりしないようにしてください。
漂流物などにより、太陽電池パネル、集電箱及びパワーコンディショナが破損したり、接続している電線が切れたりしている場合は、水没・浸水時に近づくと感電する恐れがありますので、近づかないようにしてください。

2.被害への対処に向けての連絡
被害への対処の実施にあたっては、50kW 未満の太陽光発電施設の場合は販売施工事業者に、50kW 以上の太陽光発電施設の場合は選任されている電気主任技術者に連絡し、対策をとってください。

3.太陽電池パネルの取り扱い
水害によって被害を受けた太陽電池パネルは、絶縁不良となっている可能性があり、接触すると感電する恐れがありますので、触れないようにしてください。
復旧作業等でやむを得ず取り扱う場合でも、素手は避けるようにし、感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用等)などによって感電リスクを低減してください。
又、複数枚の太陽電池パネルが接続されたまま飛ばされたり流されたりした場合は、接続活線状態であれば日射を受けて発電し高い電圧/電流が発生するため、周辺にロープを張るなど、関係者以外が不用意に立ち入らないような対策を実施することが必要です。

4.パワーコンディショナの取り扱い
浸水したパワーコンディショナは、直流回路が短絡状態になる可能性があり、太陽電池パネルが活線状態の場合には、短絡電流が流れることでショートや発熱する可能性があります。ショートしている状態が見える場合には、販売施工事業者に連絡し、対応をとってください。
取り扱いにあたっては、安全のため感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用等)を行うとともに、パワーコンディショナの遮断器を解列することを推奨します。

出典:太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について・一般社団法人太陽光発電協会(2015年9月11日)

 

説明は不要であろう。
上記を「よく読んで欲しい」としか言えない。

どこが安全なのか!と言いたいが、そのようなことは言うまでもないだろう。

 

 

一言、述べておきたいが、この業界団体が悪だとは思っていない。
ネットとは即応性があり、このような形で私が紹介すれば「ここが悪!」と誤解する方もいるだろう。
そのような行為は、諌めさせて頂く。

本団体の、その他の発行文書も読ませて頂いたが、端々に「正しい情報を伝えたい」という思いが見て取れる。
業界の在り様に危機感も募らせているのだろう。

諌める理由は、次項で説明する。

 

 

 

本論と離れるため、折り畳んでおきます。
「我欲と人間社会、政治家の責務」というテーマで、私なりに政治家の在り方を論じています。
(業界団体批判を諌める理由になります。)

クリックして下さい!
我欲と人間社会、政治家の責務
冒頭、述べさせて頂くが、私は業者叩きを推奨しない。
また太陽光発電そのものを否定する立場にもない。

 

本件と韓国は関係ない。
本件と韓国を結び付ける層もいる。
私は、その考えに与しない。
構造的に抱える問題は、より深刻である。

人は「儲かるほうにシフトする」ものであって、
ネットで言われるように、韓国人がどうこう等で済む状況ではない。
(むしろそうであれば、どれほど対応が楽なことか。)

その意味では、CHINAが国策として扱ったことのほうが、より大きな背景だろう。

 

悪貨が良貨を駆逐する
単純に儲かるからであり、それがビジネスとして成立するからだ。
悪貨が良貨を駆逐するという諺の通りである。

違法ではないが、モラル的には悪いこと。
そういうものは、確かに在る。
河川敷にメガソーラーを建設するなどは、その際たる例だ。

太陽光の問題に限定せず、様々な分野で見られる現象だ。

 

モラルの逸脱者と資本主義
誰もが躊躇する領域に手を出せば、「その個」は利益を上げる。
しかし全体としての「公」は大幅な損をする。
残念ながら、そのようなものは一定層、存在している。

その個は大きな利潤を上げ、内部留保を増し、
二号店、三号店を組織を拡大、結果的に業界内でも大きな地位を占めて行く。

 

「我欲」と人間社会
私は、これは「我欲」というもので説明しており
本能的なものであると共に、人間社会においては自然なことだと捉えている。

つまり、その存在を、まずもって許容している。
「そういうものがある」という現実を認識することからスタートする。

それを「是」としているわけではない。
現実をまっすぐに見据えるのは、改善するためだ。

 

政治家の責務
そのままで良いとは思わない。
現状を正確に把握した上で、改善する。
ルールを書き換えるのだ。

制度改定をもって、「利益構造の根本を書き換える」ことで
システムのメンテナンスをもって、法・条令の不備を糺すことによって、
業界を健全化させ、努力したものが報われる構造を維持することが
政治家の責務だと考えている。

政治家のカテゴリにおいて、もっとも強権を有する国会議員、それらで構成される国会は立法府と称される。
このことからもわかるだろう。

 

市議会議員の意地
総理は、偉い。
国会議員は、偉い。
それを否定する気はないし、民意を託された、正当な権力機構である。

では、地方議員には意味がないのか。
上に行けばそれでいいのか、私はそうは思わない。
むしろ私は地方議員であることに誇りを持っている。
誘いを受けたことは、実はある。
隠す気はないが、威張る気もない、しかし同じくここから動く気もない。

民意の最前線であり、最も地域に近い存在であり
立法府の目となり足となり、現場を駆け回る。
私たち地方議員こそが、国を動かす上でのレーダーであり、
極めて重要なポジションであると信じ、ゆえにやりがいを感じているからだ。

余談が過ぎたが、健全性を有する業界団体はむしろ育て
結果として業界の正常化を促すべきだと考えている。
批判を吐き捨て、それで終わりというのは、責任を果たしているとは言えない。

 

 

 

住宅設置型と、メガソーラー
「設備が異なっている」と言ったほうが説明しやすいだろう。
原理としては同様だが、「束ねる」ような設備を有しており、一般的にロスを最小化するため高圧となっている。

メガソーラーの定義だが、出力が1MW(メガワット) (1000kW)以上の施設は一般的にメガソーラーと称されている。
出力によって規定があり、メガソーラーには「電気主任技術者」が設置される。

 

はっきり言えば、死ぬ。
メガソーラーの出力では、人が死ぬ。
住宅の場合は、なんとか感電で済んだが、メガソーラーは高圧なのだ。
よって、感電したら最悪の場合は死ぬというか、普通に死ぬ。

大きな違いは死ぬかどうかだ。
この説明は乱暴だが、実態を端的に述べればこうなる。
ゆえに、電気主任技術者が置かれているのだろう。

 

どの程度の電流で死に至るか。
実は、電圧では人は死なない。
流れた電流で死ぬ。心臓が電気で動いているためである。

電圧をあげればロスが低減できるため、一般にメガソーラーは高電圧であり、通電しやすい。
詳細に説明すると色々とあるため(電流の大きさだとか、通電経路とか、通電時間など)詳しく知りたい方は以下をどうぞ。
感電及び対策

実は、50mAほどで、相当に危険で死に至ることがある。
50mAとは0.05Aである。

「通電電流=電圧÷抵抗」であるため、高圧となれば(大きな電流が流れる危険性が高まり)危険は高まる。
抵抗の値は、絶縁靴などで上げることはできるが「無限大になるわけではない」のだ。
実際、通常の装備であれば、消防官は感電している。

 

 

 

メガソーラーの水害
メガソーラーの火災の場合、普通に消火することはできない。
説明は不要であろう。

実際、ドイツ・米国などメガソーラーを先行導入した国々では、設備の老朽化からだろうか、
すでにメガソーラー火災の難しさは、すでに起きている問題である。

メガソーラーゆえの問題とは、家庭用と異なり高圧である点。
高圧であり、消防官が「死ぬ可能性がある」からだ。
これまた説明は不要であろうが、燃えていようと燃えていまいと、「実はあまり関係ない」。
水害にあい、水浸しとなれば同様である。

 

パネルが吹き飛び、バラバラになってしまえば個人住宅用と危険性は変わらないだろう。
とは言え、パネル単体で発電を継続してしまうため、危険が除去されたわけではない。

鳥獣被害によりケーブルが損傷した場合、
また水害にあい、設備が中途半端に浸水した場合、
もしくは老朽化により設備が故障した場合、
近傍にいる作業者には大きな危険が伴う。
高圧だからだ。

水害時、もしくは上記の想定のような場合、
メガソーラーは「ただちに人体に影響が出る」という危険が指摘される。
端的に言えば、死ぬ。

 

よって、メガソーラーは、無人島のような、人が近所にいない場所にしか設置は許されるべきではないと考える。
何かあった際、被災時(特に水害)に重大な危険性があるためだ。

太陽光発電そのものを否定しているわけではないが、人の住環境の近傍に、設置されて良いとは思えない。
災害時でなくとも、設備故障・経年劣化・鳥獣被害により、近隣住民を危険に晒す可能性が否定できないからだ。

また山奥などでは、火事の火元となる危険性もある。
山も推奨できるものではない。

海の近くとなれば、塩害により設備が損傷する危険性が高まる。
同様に、推奨できるものではない。
風水害でパネルが海に大量にばら撒かれた場合の汚染リスクもある。

メガソーラーの設置場所は、しっかり考えられるべきだろう。
平地の少ない日本では、あまり適した設備ではない、私はそう思う。
このフレーズだけはご存じの方も多いように思うが、
その中身が、大きく報じられることはなく、国民の理解が進んでいるとは思えない。

 

 

メガソーラーは、高圧であり危険な設備だ。

 

現状の設置方法、許可基準が正しいとは思えない。

 

国民の理解を進め、「正しく設置」していくことで

 

新たな技術との共生が可能となり

 

初めて社会全体の利益となる。

 

ご存じなかった方は、伝えるために

 

またこの考えに賛同して頂ける方は、

 

拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

20 Responses to 【拡散】国民が知らない太陽光発電の実態②水害時の危険性→高圧の感電はただちに人体に影響が出る(はっきり言えば死ぬ)

  1. 波那 より:

    次に何を言い出すか分からない小泉君対策をしてほしいですけどね。本当にある意味脅威です。駅前の大手スーパーは、この一年で有料レジ袋の売り上げ600万円も越えて環境保護に寄付するとレジの所に貼り出していましたが、それはいいんですけどね、使用量は全然減ってないってことでしょう?スーパーのレジ袋はゴミ出し袋にする為に、まとめ買いをする人も多いらしいんです。

    スーパーの買い物は量が多いのでレジ袋を買う人は多いけれど、コンビニでは殆どの人がレジ袋を利用しないのでセブンイレブンに納入していたレジ袋の業者は倒産したらしいんですね。本当に、あの人どうやって責任を取るつもりかしら。

    世界で一番厳しい安全基準のクリーンエネルギー原発を稼働させるべきでしょう。福一原発はアメリカのGM社製で、ハリケーンの多いアメリカのように電源を地下に設置してましたが、福一と同じように津波被害を受けた宮城県の女川原発は無事だったではありませんか。

    今回の熱海の件で、ソーラーパネルを請け負ってるのは韓国の会社で、日本には何も利益をもたらしていない事も広く世間に知れ渡りましたね。それと中国製のソーラーパネルは奴隷にされてるウィグル人に製造させているのが入って来てるようですが、どの程度使われているのかも発表して頂けませんか。それに小泉君は日本全国をソーラーパネルだらけにしたいようですが、電気代上げて工場などが海外に出て行ったりしたらどうするんでしょうね。

    ソーラーパネルは自然破壊、景観破壊をするだけではなく水害の多い日本では危険過ぎます。流されたソーラーパネルからのカドミウム被害もありますし。あちこちでソーラーパネルの魔の手が伸びてる地域の住民達の反対運動が、これを契機に盛り上がるように、地方議員の皆様どうぞ宜しくお願いします。

    日本に侵食して来る特亜の企みから日本を守ってください。

    1. 常磐本線 より:

      1Fは、GEのマークⅠでしたね。
      大勲位が通産か科技庁やっていた頃でしょうか。
      歴史に「もし」はないですけど、電気室設置を津波浸水を考慮していれば、スクラム成功で何も起こらなかった・・・・・はず

      太陽光は、確かに「非常遮断・キルスイッチ」なかったよな~
      とにかく小泉一家(爺も)日本国から退場願いたいですな。

    2. より:

      今回の熱海の件はどうやらソーラ-を設置した場所が「土砂流出防備保安林」であった
      可能性が濃厚になってきたようで、何故か静岡県のHPが閲覧不可になる珍事まで発生
      しています。
      土地を開発したのは自民党と関係ありの同和系企業のようですが、現在の所有企業が
      過去に脱税で逮捕されたり建設業で業務停止を喰らってる会社のようですね。
      さらに、その顧問弁護士が極左で反原発団体の要職にある人物で関生に絡んでいる人物
      と香ばしい臭いがしてくる人物のようです。

      1. 常磐本線 より:

        本物の童話なのかエセなのか知りませんが、親分は逃亡したらしいですね。
        悪党の逃げ足は昔から速い。
        県知事も何か噛んでいるんじゃないかな~  適当

    3. さいたま市民 より:

      最近小泉大臣は、本来の仕事をしたくないばかりにエコを押しているのではと感じています。
      本来なら彼は内閣の一人として汗をかき、外交で日本のエコな火力発電をアピールしたり、もっと言えば福島原発の処理水の海への放出決定を決断すべき立場であったはずです。
      しかし、彼の父親やその支持団体の顔色を見るため、国益を度がえしして、福島の処理水に一切の働きかけをせずほったらかした。
      本来なら仕事をするはずの彼がさぼったから、仕方なくかわりに政府自体がしりぬぐいの決断をすることになったのでは?と思っています。

      本当の仕事であるエコな火力発電の外交営業や福島原発で汗をかけなければ、エコでアピールするしかないのでしょうね。
      結果それが日本経済の弱体化に繋がったり、科学的根拠がなかったりしても、深く考えないファッションエコ層にはアピールに繋がります。
      見た目で選ぶ人には次の選挙でもそれで十分と踏んでいるのではと思ってます。

      ただ言わせてもらえば、レジ袋有料化は彼の支持層であろう主婦受けは最悪ですよ。
      少なくとも主婦層はこの一点だけで次の選挙で自民党を選ばないんじゃないかと思います。

  2. にこん様2号 より:

    出力当たりのリスクで考えると最悪レベルですな。
    太陽光の最大の危険性は止めることが出来ない電圧源
    単セルにヒューズ入れるくらいならばはやってやれなく無いのでしょうけど、随分高くなるでしょうね。
    蓄電池で溜めて置けるから無駄になんねぇよ!と私のところに突っ込んできた人も居ましたけど
    その電池のコストやリスクがわかってない。
    加え潜水艦でも使っている数千アンペアアワークラスの蓄電池。1セル当たり2.35ボルト。大きさはドラム缶サイズ。これ短絡すると死人が出るほど危険。そういう場に出食わしたこともある。
    まあ私は最近の電池の実務経験無いですけど、管理がいい加減で爆発したケースありましたね。
    そういう話を知らない人が多すぎます

  3. BLACK より:

    小坪氏が上記の記事を発表した2015年から6年が経過しています。(正確には5年と何か月かでしょうか)
    あれから何も改善していないように見えます。
    否、改善していないどころか悪化の一途に感じます。

    「我欲」「利益」「資本主義」の結果であるので
    個人に対しても企業にも対しても、そのことを100%責めることは出来ないと思います。
    法の抜け道を探すのも企業努力かも知れません。

    ですが、政治家・大臣・県トップと自治体トップまたは責任者
    その方々が、「我欲」「利益」「資本主義」の追求をしたならば
    そのことをどう考えたら良いのか、と思います。
    人間であるならば、政治家と大臣も県と自治体のトップまたは責任者も
    仕方ないことなのでしょうか、もしかしたら仕方ないことなのかも知れません。

    これはもう個人の価値観・考え方・資質・倫理観・死生観・国家感・使命感
    様々な個人の内部の問題なので、どうすることも出来ないのかも知れません。

    その為に様々な規制や法があるのだと思いますが
    そこが、「我欲」「利益」「資本主義」に支配・左右されているとしたら
    そのことに深く絶望します。

    以上 文責 BLACK

  4. 神無月 より:

    中国には「上有政策、下有対策」という有名な言葉があります。
    上に政策あり、下に対策ありと、規制が強化されればその抜け道を探して対抗する精神?です。

    ビジネスの世界では華僑のネットワークが強く、儲けるためには、上有政策、下有対策も常套手段なのでしょう。

    静岡県知事選挙が土砂災害の後であったなら、川勝氏の再選はあったかどうか?
    静岡は民主王国ですので、媚中媚韓の県知事が続投され、県民に不利益が及ぶのも自業自得ではありますが。

    総選挙が近付くにつれて、マスコミは自民党叩きに本腰を入れてきます。

    TOKYO五輪の運営問題(有能な森氏を辞任に追い詰めたのはマスコミ)
    ワクチン接種による、健康被害の責任追及
    コロナ対策の後手後手感の演出。
    等など

    さても、今後必要になる電気の量は、自動車が電気自動車に移行すれば、現在の発電量の何倍必要になるのか、ご存知の方はいますか?

    私も知りませんが、再生可能エネルギーで賄えるとは思えません。

    自然との共存の必要性を考えれば自然破壊が前提の政策よりも、次世代のクリーンエネルギーの核融合発電開発に日本の叡智を集約するべきでしょう。

    中国は核融合も量子コンピュータも先端を目指しています。
    理由は、世界の覇権が手に入るからです。

    それに引き換え、日本の官僚さんは・・・
    .

    1. 常磐本線 より:

      >それに引き換え、日本の官僚さんは・・・
       自分の懐・老後安泰でしょうね。
      何処の国の公僕だか。(特に害・罪・厚労は酷い)

      1. 琵琶鯉 より:

        先日、経産省の官僚二人が逮捕されましたが、こんな事他の経産省官僚も大なり小なりしてますよ。良い例が、半導体でしょうね。
        官僚達にしたらコロナパンデミックは、良い金儲けになったのでは?
        当然、国会議員も同じですよ。

  5. 琵琶鯉 より:

    色々噂のあるTANAOの様子が、ネットに上がってきました。間もなく全てが開示されます。
    シートベルトをしっかりとつけて、心穏やかに臨みましょう。
    https://ameblo.jp/atlantis77/entry-12685533188.html
    青い夜明けを楽しもう  から

    私たちの地球が解放されるます。また、彼女は、絶滅危惧種達と既に5次元におります。後は人類が、来るのを待ってくれてます。

  6. 琵琶鯉 より:

    熱海市の災害は、完璧に人災ですね。日本のメディアは、報じてませんが、海外メディアの大紀元さんは、しっかりと詳しく報じてますよ。
    https://youtu.be/nc-890PRyY4
    闇のクマさんが紹介してます。

    わかってはいますが、ヒドイ話です。
    また、友人は10年前にテレビを廃棄。今は、インターネットで、国内ニュースをロシアから得ているそうです。そちらの方が、正確であるとか。

    日本も北並みの情報統制下にあるとショックを受けました。

  7. アンチレッド より:

    太陽光発電の闇について詳細に書かれた記事の紹介です。
    無敵の太陽 : 朧気に見えてきた政治の裏 / 太陽光の闇 (後編)
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68863854.html
    より抜粋引用
    嫉妬の嵐を知り尽くした純ちゃんは、イチャモン議員から進次郎を守るべく、息子のパトロン(庇護者)にアメリカの石油業界を選んだ。
    親バカの純ちゃんは、ブッシュ大統領の守護神を思い出す。鋭敏な嗅覚を持つ元首相は、オイル・ビジネスの旦那衆を意識して反原発を叫ぶ。そして、得意のジェスチャーを交えて「これからもっと石油を買います !」とのメッセージを送り、「今後とも、ウチの息子を宜しく !」と頭(こうべ)を垂れる。
    父親の鮫島(小泉)純也は、防衛庁長官として、多少なりとも日本の国益を考えていたが、息子の純一郎になると一族の利益だけしか考えない。

    太陽光発電に群がる生田氏は、「小泉元首相とサシで飯を食った」とか、「小池都知事と対談した」と吹聴し、麻生財務大臣や原田義昭・元環境大臣との記念写真を顧客に見せて大威張り。こうした有力者との太いパイプを持っていると、と思わせることで、自身の信用度を高めていた訳だ。生田社長は、テクノ社が買収した銀座一丁目の老舗料理店、「ドンピェール」(フランス料理店)にも小泉元首相や小池都知事を招待していた。

    テクノ社はSLを通して380億円も集めたというが、大半は太陽光発電などの正規の事業に使われず、複数のトンネル会社を通して還流させ、自社の借金返済に充てていたようだ。もともと、豪遊を楽しむ詐欺師なんだから、再生エネルギーなんかには興味が無い。
    大雑把に言えば、政府の愚策に乗じて、ボロ儲けを狙っただけ。

    憐れなのは、余計な電気代を払っている庶民の方だ。
    永田町や霞ヶ関で「一票乞食」と呼ばれている平民は、秕政(ひせい)の実態を知っても抵抗できず、愚痴をこぼしながら料金を払うだけである。

    テレビ局が読んでくる御用知識人なんかは、「太陽光はエコ」と口走っているが、我々は「太陽光パネルを作るのに、どれほどのエネルギーを使い、老朽化したパネルをどうやって処分するのか?」と訊きたくなる。
    以上抜粋引用

    一般有権者が永田町や霞ヶ関で「一票乞食」と呼ばれているのは初めて知りました。
    このブログのコメントも国会議員には「一票乞食」の愚痴程度の認識なんでしょうね。
    小坪市議の支持者がうまいこと踊らされてるのを見て笑いが止まらない様子が思い浮かびますw

  8. 琵琶鯉 より:

    コロナワクチンの正体がわかりました。
    また、武漢肺炎の正体も
    スペインの学者チームが、解明しました。
    https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

    ワクチンとマスクには、酸化グラフェンが使用されてます。
    https://youtu.be/nyyRUMqATp4
    カメちゃんのセカウラ希望塾 より

    直ちにマスクを外し、ワクチン接種は、止めて下さい。

    1. 櫻盛居士 より:

      御紹介のマタタビの羅針盤が上げてらっしゃる動画に、人体が磁石化すると言った動画がありましたが、それを証明する為に何故金属を身体に貼付けるのでしょうね?
      人体に磁力を帯びたのであれば、スマホの方位磁石アプリで証明出来そうなものですが。
      額に鍵やコインを貼付けたりしてますが、これらは人体から排出される塩分に普段から曝される為、磁石に引っ付く鉄を使う事はありません。
      鍵なら磁石に引き付けられ難い鉄分の少ないステンレスや、真鍮、コインも同様の素材か、貨幣であれば金銀銅などが考えられますが、何れも磁石にはくっつかない金属です。
      唯一考えられるのは、ニッケルが用いられている場合くらいでしょうか。
      何れにせよ、程良く汗ばめば身体にくっ付く程度の金属片を引っ付けて磁石化したというのは、イマイチ説得力に欠けますね。
      磁気測定器など目に見える形で、磁石化した事を証明して居る動画などは御存知ないでしょうか?

  9. NW より:

    皆さまに是非視聴してほしい動画があります。
    なるほどという感じです。
    https://www.youtube.com/watch?v=xzW_lmlufNg
    【第101回】「山を“壊す道”と山を“守る道”」「熱海の土石流はなぜ起きたか」です。
    日本唯一の林業専門番組《ZIBATSUニュース》101回目は、静岡県熱海市で発生した土石流の現場レポートです。

    1. BKACK より:

      NW様

      大変勉強になりました。
      しっかり視聴させていただきました。
      ありがとうございます。

      1. NW より:

        共感してくださりありがとうございます。
        たくさんの動画があがってますが、凄まじいです。
        県知事の態度が悪すぎで聞くに堪えない。
        元県民で人生の半分を東部で暮らしたのであの辺の地形は
        よく知ってますが急傾斜地をイタズラした結果です。
        何所を見てるのかわからない視線、うわの空ような、どこか他人ごとのような感じを受け、言葉の端々にもそれが滲みでてしまってる。
        とても冷たい顔をしてる県知事だなと思います。
        この先もあの人では熱海市民が浮かばれない気がします。

  10. 波那 より:

    大山さん、当確出ましたね。おめでとうございます🎊

  11. 大保守(柏城耕介) より:

    メガソーラーも発電コストは最安だなどと標榜されている一方保水力も低下した
    結果熱海の水害も発生したものは明白であるもののそれを報道しない自由により
    隠匿したかのようなものもあることや件の県知事も中共と癒着して権益を得て
    いるものしかない上にセクシー小泉もメガソーラー自体は肯定的であるため
    無能な働き者は一掃するほかないのでしょうけどね…

    ましてやソーラーパネルの生産時こそCo2その他も多量に発生することとなる
    ため環境に悪いとしかいえませんけどそれを知らないチャラい連中やオールド
    メディアに依存したアナログ人間もいるもので手を焼くほかありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください