ウイグル協会の総会が大変、素晴らしかったです。


 

 .

今日は少し疲れたので、休載のつもりです。
触りのみ。
書きたいことは山ほどあって、ウイグル協会の総会が大変すばらしかったです。
正会員(でいいのかな?)が800名ほど、うち議長一任の議決票が430票、議決に言及したものが4票。会費600万に寄附600万の総予算1200万円。
これを本年の活動を報告し、決算を総会で可決。次に次年度の活動方針を述べて、予算案を総会で可決。さらに人事もちゃんと総会にかけて可決。
(数字については、自分のメモ頼りなので、正規の報告の際に修正するかもしれません。すごくドタバタしていたので、細部においては微修正あるかもです。)

ちょっとした、大手中小企業の総会のレベルで、もはや普通の保守団体などとも一線を画す規模。予算には何か所か特筆すべき点があって、専従職員の採用について丁寧な説明がありました。電話番みたいな方がいないと、理事らが常に対応にあたることになるわけで、マンパワー的にアップアップだったそうです。

予算1200万円の報告を受けて喜んだ部分もあったのですが、この規模になると大きすぎることもない。都内の家賃は高いですから、月額10万ぐらいはするでしょうか。あと、ここに人件費や事務所の光熱費など。固定費もかなりの金額になってしまう。さらに最近はチラシも凄まじい数が配布されているとのこと。

移動費など、活動に関する経費を加えていくと、まだ充分とは言えないでしょう。

まぁ、何が嬉しかったって、私はウイグル協会と接して期間は短いのですが、これは地方議員の会の会長、丸山ひろあき市議が延々と数年がかりで教え込んできたこと。今回の総会は、地方議員からも日本人支援者からも大きな支援は受けておらず、ウイグル人が自ら開催したものだったんですよね。
これは凄いことですよ。

他に嬉しかったこととして、これはサプライズだったのですが、ウイグル協会の活動報告(機関紙の蒼空)に、地方議員の会の活動がA4一枚、しかもカラーページで大きく取り上げられていたこと。総会においても活動報告の議案説明で、何度も名前を呼ばれて少し照れくさかったです。

協会の方針は、理事らで決するのですが、理事も選挙で選ばれます。今回、私の知っている方が落選してしまって、それは残念なのですけれども、逆に言えばこれほど民主的に運営されているというのも凄い。

私は、地方議員の会の会長挨拶に続き、幹事長として総会の盛会についてお祝いを述べさせて頂きました。

 

のち、三浦小太郎さんと会談。吉田康一郎・中野区議とも一緒です。
三人で共有した情報としては「ウイグル協会は、完全に(日本人の手から)独立したなぁ」というもの。今まで苦労してきた者として、喜びを分かち合っていました。
吉田さんなんて、イリハム応援団(だっったと思う)のころからの支援者で、これは日本ウイグル協会が設立される前からの組織。

皆、少し寂しさは感じていて、それは手のかかる子供が独り立ちしたような気分とでも言えばいいのでしょうか。いずれからも、ここまで民主的な手続き(市議会の議案審査に近い)を数年がかりで指導してきた丸山議員への慰労の言葉がありました。

ウイグル協会の総会については、かなり詳細に述べたいことがあるので別項でまとめます。

 .

あと、先般の、大阪維新に要請した件についても動きがありました。
こちらも別項でまとめたい記事で、大阪維新の、西田薫府議とさらにやり取りをしました。維新府議団の内部においてトップに諮り、のち政務調査会長に伝え、諮るところまで来たようです。このあたりは西田府議からの公式声明を待ちましょう。

驚いたのは、私の動画を西田府議のBlogで紹介し、こちらこそ恐縮だという言葉とともに、維新府議として本要請を受けたことを府議自身のBlogで公開したことです。私のBlogからアクセスできるのは、どちらかと言えば反維新の方が多いでしょうから、維新側の支持者にも本情報は伝わりました。

さて、ここからは大阪自民側の動きが気になるところですね。
そちらも含めて、いまの状況をまとめたいです。

 

他には、行橋市議会で意見書が採択された際に、公明党福岡県本部の了解のもと、公明党市議が賛同してくれたことに対し、日本ウイグル協会が非常に喜んでくれました。特に国会決議がダメだったあとですから、想像を絶する喜びようであり、ウイグル協会として公明党福岡県本部に御礼状を発送したそうです。

地方議員の会からの報告が起点なので、お礼上のデータは私も頂きました。こちらもアップしたいです。

そういう動きは予定していなかったのですが、他県において県議会クラスで政党間の調整をつける際に、この情報は大きな武器ともなっているようで、お礼状そのものが「議会内の調整材料」となっているようです。
世の中って不思議ですね。

 .

あとは、都議選のアンケートですね。
都議候補に対し、(ウイグルを含む)”中華人民共和国による人権侵害の調査および抗議を求める”趣旨の意見書を採択するつもりがあるか、アンケート調査が開始されました。なんとペマギャルポ先生が率いるアジア自由民主連帯協議会と、地方議員の会の連名です。

吉田さんが発送と集計を一手にやってくれるそうですが、こちらの事務負荷も大きくなりそうです。

・・・休載予定で短く書く予定が、なんだろう、普通に盛りだくさんになってしまいました。他にも色々とあったのですが、今日はこのあたりで。

詳細に書き始めると、ちょっと物凄い規模になっちゃいます。議員間の報告書はなんとか書き上げているのですが、Blog用に(出していい情報を精査し)それなりに分かりやすくまとめる(代わりに長文になる)のは、いますぐは無理かもしれません。

ちょっと明日も重めの案件を抱えているので、今日はこのあたりで。

 

 .

(応援候補)
小松大祐東京都議選(世田谷区)
告示  6月25日 投開票 7月4日

(応援・予定候補者)
大山たかお那覇市議選
告示  7月4日 投開票 7月11日

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

10 Responses to ウイグル協会の総会が大変、素晴らしかったです。

  1. ぽのかのぽん のコメント:

    すげぇよ小坪ちゃん。
    どんどん世界の人権問題を解決している。
    日本にさえ住んでいれば在日日本人も
    在日外国人も生活保護が受けられるから
    もはや日本の人権問題は気にしなくて良い
    時代となりました。これからは日本の
    市議も県議も国会議員も世界の人々のために
    働くのが普通の時代となるのでしょう。
    小坪ちゃんが「世界のKOTUBO」と呼ばれる日
    もそう遠くないでしょう。

    • 波那 のコメント:

      あ〜あなたも生活保護なわけね。憲法違反の生活保護受給している外国人でダントツトップに多いのが在日の朝鮮人と韓国人。しかも生活保護で生き永らえながらも、ネット上でも何処でも界隈で反日しながらウキウキ暮らしてる敵性民族だから。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      早く祖国に帰った方が宜しくありませんか?
      あなたの頭上に米軍のヘリが、グルグル回ってませんか?
      寅🐯さんは、容赦しませんよ。ムッチャ怖いよ。
      なんて言っても世界銀行総裁ですからお金じょ流れを掴んでますから、こんな所で、油を売っている場合では無いでしょう。

  2. BLACK のコメント:

    全てが動いている、強くそう感じます。

    日本ウイグル協会・ウイグル議連・地方議員の会・各党の県本部
    全てが動いて行く姿に感動しています。

    特に、日本ウイグル協会が公明党福岡県本部に御礼状を発送なされたエピに感動しました。
    (「感動」の内容は割愛します。)
    このようなお心持ちとご活動が、ウイグルと中共支配下の多民族と日本の為になるのだと
    このようなお心持ちとご活動が、まわりまわって現実的な結果を引き寄せるのだと
    感じ入りました。
    小坪氏の嬉しさが少しですがわかる気がします。

    努力しておられるのは小坪氏ばかりではないことは理解しておりますが
    小坪氏が曝さなくても良い御身を曝し、手を差し入れなくて良いところに手を突っ込み
    その手がつかんで来られたものは、その闇も果実も、予想以上に大きいのではないかと
    私は思っています。

    以上 文責 BLACK

  3. 波那 のコメント:

    中山副防衛大臣の発言に中国が即反発!www

    🔻中山副防衛相「台湾は兄弟で家族」=米シンクタンクの討論で言及
     https://japan.cna.com.tw/news/apol/202106290002.aspx
    2021/06/29 13:19

    〈中山泰秀防衛副大臣=ハドソン研究所のYouTubeチャンネルから〉

    (ワシントン中央社)中山泰秀防衛副大臣は28日、米シンクタンク、ハドソン研究所のリモート討論で、日台関係について、「台湾は友人ではない。兄弟であり、家族だ」と述べた。

    中山氏は「民主主義国家としてわれわれは台湾を守らなければならない」と強調。米国や世界各国が1970年代からとってきた「一つの中国」政策について、あれから50年経った現在から見て、当時の決定は「正しかったのか」と疑問を呈し、「それは分からない」と話した。

    中山氏は、台湾の安全保障上の脅威を日本は自国への脅威だと考えているのかとの問いに対し、日本と台湾は地理的に近いと言及した上で、台湾を友達よりもより親密な「家族」だと形容し、「台湾に何か起これば、それは沖縄県に直接的に影響を与える」と指摘。沖縄に米軍基地や施設があり、軍人の家族らもいることに触れ、「現在、中国軍からの脅威を受けている台湾問題に焦点を当てる必要がある」と述べた。

    また、中国の戦闘機開発や核保有などに言及した上で、中国の力が強まってきていると指摘し「われわれは目を覚ますべきだ」と訴えた。
    (編集:名切千絵)

    🔻中国、中山防衛副大臣の台湾巡る発言に反発
     https://www.reuters.com/article/japan-usa-taiwan-china-idJPL3N2OB1Z1

    [北京 29日 ロイター] – 中国外務省は29日、中山泰秀防衛副大臣が台湾を「国」と表現したことは誤りで、深刻な違反だと指摘した。

    中山副大臣は28日、米シンクタンクで講演し、日米など多くの国々が1970年代以降、「一つの中国政策」に従ってきたが、それが正しい判断であったか「分からない」と表明。中国による台湾への圧力に対し「目を覚まし」、民主主義国家として台湾を守る必要があるとの見解を示した。

    中国外務省は、この発言を巡り厳重抗議したと表明。日本政府としての立場を明確にすることを求め、二度と起こらないよう要請するとした。

  4. 波那 のコメント:

    🔻中国の強硬姿勢を懸念、台湾やミサイル開発など-中山防衛副大臣
    Brody Ford
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-29/QVFLN7T0G1L801
    更新日時 2021年6月29日 17:20 JST

    →台湾で有事が発生した場合、米軍が駐留する沖縄にも影響及ぶ
    →日本はGDP比1%の枠こだわらず防衛予算を増やす方針

    中山泰秀防衛副大臣は28日、長距離ミサイルの開発や度重なる領空侵犯など中国が強硬姿勢を強めており、同国の脅威が高まっているとの認識を示した。

      中山氏は米ワシントンのシンクタンク、ハドソン研究所の講演で、中国の新型潜水艦発射弾道ミサイル「巨浪(JL)3」の射程距離を示す地図を手にし、「東海岸やホワイトハウスに照準を定めることはすでに可能だ」と指摘した。

    中山泰秀防衛副大臣
      中山氏は中国が主張している南シナ海の領有権や、台湾を巡る問題などについても触れたほか、日本の防衛政策強化にも言及した。「われわれは台湾の友人ではない。われわれは兄弟だ」とも語った。

      岸信夫防衛相は先月、防衛予算について、国内総生産(GDP)比で1%の枠にこだわらず増やす方針を示していた。これに対し中国側は、日本が軍拡競争を引き起こそうとしている兆候だと指摘。一方、日本政府が2021年版の防衛白書素案で「台湾情勢の安定は日本の安全保障や国際社会の安定に重要」と明記したことに対し、中国側は反発を示していた。

    台湾情勢は「日本に直結」、中台の軍事バランス変化に懸念-岸防衛相

      中山氏はバイデン米大統領の対中・アジア政策について、トランプ前大統領よりも強力な政策だと評価。菅義偉首相がバイデン氏と対面で会う初の外国首脳であったことなど日米関係は緊密だとした上で、中国による軍事力の強化や台湾侵攻に備えるよう米国に呼び掛けた。

      さらに、台湾で有事が発生した場合、米軍が駐留する沖縄にも影響が及ぶとの認識を示した。

      一方、中国外務省の汪文斌報道官は29日、中山氏の台湾に関するコメントを非難。同氏の発言を否定するよう日本側に求めた。

      汪報道官は北京で開いた定例記者会見で、中山氏の発言に関して日本に厳正な申し入れを行ったと説明。今回の発言は非常に悪意があり、無責任で危険だと述べた。

    原題:Japan Defense Official Outlines Threat From More Assertive、China Protests Japan Official’s ‘Sinister, Dangerous’ Comments

    🔸韓国の中央日報までが、この発言に反応www

    中山泰秀防衛副大臣は中国の軍事圧力に対抗して「民主主義国家」の台湾を積極的に守る必要があると主張した。

    28日(現地時間)ブルームバーグ通信やロイター通信などによると、中山氏は米シンクタンク「ハドソン研究所」が主催したオンライン行事に出席して「民主主義国家は互いに守り合わねばならない」と述べた。

    中山氏は「過去、台湾に対する中国の軍事的攻撃を『レッドライン(越えてはならない一線)』と称したことがある」とし「台湾を民主主義国家として守る必要がある」と話した。

    中山氏は「中国とロシアが米国領ハワイ近隣地域での軍事訓練を強化している」とし「米国がもっと強い姿を見せなければならない。中国とロシアの協力に対応して、米国と日本も軍事技術協力を強化しなければならない」と述べた。

    韓国中央日報

    〈ネットの反応〉

    名無し
    韓国が報道するというところが面白い

    名無し
    それな

    名無し
    おい、おい、勇ましいけど日本は核兵器を持ってないのを忘れるなよ

    名無し
    まーたどっかの国からファビョる声が聞こえてくる

    名無し
    よくぞ言った。防衛費増やそう

    名無し
    朝鮮有事じゃ積極的には動かないが台湾有事には積極的に動く
    それくらい台湾と言う島が日本にとって生命線なんだよ

    名無し
    尖閣もろくに守れないのにか

    名無し
    これで、また中国報道官が火病を起こすんだろ

    名無し
    おお国家と言ったか!

  5. azumaebisu のコメント:

     なる程、国会があの有様なので地方議員が大同団結して、国会議員のケツを蹴っ飛ばそうと言う事ですね。賛成です。拡散しましょう。

  6. 福岡 秀憲 のコメント:

    >「ウイグル協会は、完全に(日本人の手から)独立したなぁ」
    本当に喜ばしいことです!!
    まずは国会決議ですが、次に在日ウイグル人の把握。かなり前のブログにかかれていたウイグル人が、中華人民共和国民の一人としか住んでいる自治体で認識されていない問題。
    艦長が忙しすぎるのは重々承知していますが、経緯や続報楽しみにしています。

    大阪維新・自民がどうなっているか?
    特に自民サイドが公明党様にどのようにアプローチしているのかが気になります。
    維新西田府議の頑張りで、維新が動き始めて、「これからようやく動きまっさ!」では無いと思うのですが、ちょっと心配。水面下の調整なので明らかにできないのが当然なのですが、後からでもいいから、有権者にわかるカタチで情報をまとめあげないと、保守層自民支持者は納得できないと思うのですよ。
    小坪艦長がやるのでなく、大阪の自民党内部の人間がやるべきです!!
    艦長には側面からそれを広げるのを勿論助けてもらうのですが…www

    大阪自民のだれか!!ホンマたのんまっせ!!

    小松議員の必勝を祈願します。

    と!艦長の沖縄応援動画がアップされることもも楽しみに待っています。
    コロナもあるでしょうが、大山議員の動画で、演説時の盛り上りが「まだまだこれから!!」という感じだったので…

    奈良・東京・沖縄と応援大変でしょうが、「機動力」地方議員日本一の即応体制を見せつけて下さい。お体だけはお大事におねげぇしますダwww

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    この短い動画を見て多くの日本人が覚醒してくれる事を願います。
    https://youtu.be/mG_Qgl3bILo

  8. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    左と呼ばれると火病を起こす似非中立や自称リベラルみたいな存在は鬼の首を
    取ったかのように東トルキスタンは弾圧されていないなどと論拠もないことを
    吹聴しSNSをはじめとしたところで妨害工作を謀りこの国を人民解放軍に明け
    渡すようなダブスタ発言をしているとしか取れません。

    当然オールドメディアも国益に背きながら中立などと謳っている割に此奴等
    には政府寄りだなどと称される始末なので信じられないくらいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください