もうすぐ衣替えをせずに、冬を越える。


 

 

今年は変化があった。寒波に耐えつつ「まだ行ける!」と念じつつ、私は未だに衣替えをしていない。多くの場合、冬服はどこかにいなくなる。春・秋物のスーツで3シーズンを過ごすため、コートさえあれば”乗り切れそう”なところまでいく。

衣替えは異常に遅い。風邪をひいたら冬服を買うみたいなやり方で来た。
ある意味では「寒さに敗北」し、新たに冬服を購入するのだ。なんと今年は乗り切れそうなところまで来ている。いま寒いのだが、まさに九州は寒波なのだけれども、もう何週間か耐えれば「ついに衣替えをせずに越冬」である。初めての快挙だ。威張っていいかは分からないが。

アリとキリギリスという寓話があった。例年の年末、似たことを投稿している。人類は、学習しない生物だ。私も同じなのだろう。そして越冬キリギリスになろうとしているのが今年の私だ。

私はアリ型なのかキリギリス型なのか、わからない。
常にギリギリまで仕事をため、納期ギリギリで生きているためキリギリスのような気もする。一応、積み重ね型の努力もしているはずなので、アリの属性もあるのだろう。もしくは、そもそもアリでもキリギリスでもない。おや、話が終わってしまいそうだ。

とりあえず、冬になるとキリギリスは死ぬ。
アリの巣において、なんらかの食料を得たとしても、それはキリギリスが咀嚼し吸収できるものではない。また、寒さを防ごうにもアリの巣にキリギリスが入ることはできない。入るとすれば、バラバラに解体され肉団子にされた後だけだ。

よって、とりあえず、冬になるとキリギリスは死ぬ。
そこで衣替えの話をしたい。私は例年、衣替えに失敗する。だいたい長袖の私服は、【出張の前後でどこかにいなくなる】のだ。一応、なくしたわけではないと主張しておくが、脱ぎ散らしたり、またはハードに出張を続けた結果、破損(破れたり型崩れ)するのだ。数自体が多くはなく、かつ安価なものばかり着ていたため、ほぼオートマティックに衣服が入れ替わっていく仕組みだ。

ちょっと前まで、例えばほんの一か月前まで暖かった。いや、一週間前までコートは不要だった。
むしろ暑かった。で、そのあたりから急激に忙しくて、あれよあれよという間に12月。
どうやらクリスマスまで近いうえに、時期としては師走らしい。もはや年末だ。
これが例年の姿であるが、このころに「ついに衣替えか」と耐えきれずに冬服を購入する。

そのころまでは地味に夏服である。
はっきりいうが、強烈に寒い。幸いにしてパジャマはあったのだが、寝具としての長袖・長ズボンである。
私服はいまだに半袖、秋用の羽織物が発見されたが、昼に着る長袖が行方不明だ。そもそも事務所に泊まり込むことが多く、なかば自宅と化してきた。けれども、事務所にはそもそも私服は基本的に置いていない。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

スーツは、長袖である。
夏から、長袖である。暑い時期には、上着を脱ぎたい日もあった。
けれども、脱ぐことは許されない。そういう覚悟だ。

スーツ=暖かい(むしろ暑い)というイメージがある。
ジャケットさえ来ておけば、「まだ行ける!」と思ってしまう。

いま着ているスーツは夏用。
動きも軽快なサマースーツ。
他には春秋用のスーツもある。

 

そこで、アリとキリギリスの話を思い出した次第。
いま、強烈に寒い。というか、夏用のスーツでは無理があろう。下着も半袖しかない。絶対、どこかにあるのだけれども発掘調査する余力がないのだ。
タイミングを見て、ユニクロに行くしかない。尖閣がどうこうで変な声明も出していたし、半島びいきなところも好きにはなれない。だが、もはやそんなレベルではない。

私は、衣替えを忘れた。
これはCHINAが余計な騒ぎを多数おこすからだ。
だから忘れたのだ、CHINAのせいだ。
風邪をひいたら、どうしてくれるんだ、と。

私は、ロジカルな理系であるつもりだけれども、
結構、精神論でイケイケな部分もある。
だが、これは精神力でどうなるものでもない。

余談になるが、若い頃は、クリスマスイブぐらいまで衣替えを忘れたことがある。
理系全体に議論を発展させると他の技術職に怒られそうだけれども、こういうことは時々ある。

そう、時々あったのだ。
しかし、ついに「越冬に成功」である。
いい子は真似してはダメだ。普通に寒かった。

何度も何度も「これはあかん」と思ったこともある。
冬服も買おうとしたのだ、えり好みしているうちに忘れてしまった。

ついに、冬を越えたキリギリスである。
俺は強い。やった。

 

 
 

「ついに限界突破か!」と思った方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一枚、着る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

4 Responses to もうすぐ衣替えをせずに、冬を越える。

  1. ピンバック: もうすぐ衣替えをせずに、冬を越える。 | 新型コロナウイルスまとめちゃん

  2. ミカンの実 のコメント:

    小坪議員、いつも本当にありがとうございます。コロナ禍のため、経済は低迷しております。特にチャイナ🇨🇳は気象異常の大洪水(三峡ダム)も重なり食糧不足も懸念されています。日本に食料や衣服など輸入出来たとしても今よりも値段が高くなるかもしれません。今のうちに必要な衣服は購入しておきなさい。備蓄大事です。

  3. 学のない保守 のコメント:

    水泳コーチをしていますが、
    今年は体調崩す生徒が本当に少なかったです。
    例年インフルエンザで休む子がたくさん
    出るんですが、今期はなんとゼロです。

    コロナ以前から飛躍的に伸びたマスク着用率
    手洗いなどへの意識も凄いですし、
    海外から来る便の検疫。

    たくさんの人と接する先生の体調が
    守られるなら、その点は良かったと
    言わざるを得ません。

  4. 維新は裸の王様 のコメント:

    胴体が寒さを凌げても、手足先が我慢の限界をこえますよね。
    春の便りの前に、熱発せぬように・・・

ミカンの実 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください