【世界の常識】なぜ、軍は尊敬されるのか【護る者の覚悟】


 

 

世界各国は、自国の軍に誇りを持ちます。
これは世界の常識であり、日本が非常識なだけであります。

世界の多くの国々で、国民が軍に誇りをもち、尊敬するのはなぜか。
国民それぞれ自分自身を最後に護ってくれるのが軍であるからです。

それだけではありません。
軍人は、人間だからです。
軍人それぞれには、家族があり、愛する者がおり、帰るべき場所がある。

自国民の生命を守るため、
それでもなお、前に出ることに尊さを、
そして切なさを感じるのであります。

世界では、なぜ軍を尊敬するのか。
私たちはこれでいいのか。
例えば自衛隊に対し、礼賛するだけでいいのだろうか。
そこに込められた尊敬について、私たちはその意味を履き違えていないだろうか。

いま一度、彼らに対しての思い、それを根源的な部分から考えてみたい。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

愛する者がいる。
いわゆる「かっこいい」動画とは異なり、メッセージ性の強い動画です。
私たちは、これでいいのか。

例えば自衛隊に対し、礼賛するだけでいいのだろうか。
そこに込められた尊敬について、私たちはその意味を履き違えていないだろうか。

いま一度、彼らに対しての思い、それを根源的な部分から考えてみたい。

 

かっこいい姿のみを描いたものではなく、
その両国の軍に「家族がいる」ことに、愛する者がいることに、
軸をあわせた動画です。

 

 

 

今日のエントリは、この動画をご覧になった上でお読みください。

 

 

 

戻るべき場所がある
この動画の原題は「Wait for Me」です。
直訳すると「(私を)持っていてくれ」です。

私は英語はよくわかりませんが、映像だけで言いたいことはなんとなくわかります。
繰り返し、「Wait for Me」と出てくる。

 

英語のわかる方は、こちらもどうぞ。
(基本的に同じ動画です。)

 

 

大東亜の一幕を描いたであろう、この作品は、
両国の軍人が命を賭して戦う姿、
それは「護る者」がいるからこそ、命を賭す姿であり、

何よりも戻りたい場所があるから、
大切な場所があるから、だから戦う。

それは、双方の軍において、
どちらも軍人も同じなのだ、ということ。

 

それでも軍は、軍人は、
人として、愛する者がいたとしても、
戻るべき、戻りたい場所があったとしても、
命を賭して、国民を守る。

なんと切なく、なんと尊い存在なのだろう、
それが世界各国の常識としての、自国の軍に対する敬意であり、尊敬であり、
仄かな切なさなのであると思うのです。

 

 

 

軍を護れるのは、国民だけである。
シビリアンコントロールという言葉がございます。
日本においては「歪んで解釈」されており、この犯人は「メディアと左派野党」であるという立場を私はとっています。

我が国においては「首相や政治家が出撃命令」を下すイメージで定着しておりますが、これは正確とは言えません。
正しくは「予算については政治でやる」という仕組みであると認識しております。
(無尽蔵に飛行機とか船を買われても困りますからね。)

 

軍の存在、生殺与奪すらをも政治で審議することは、
本来のシビリアンコントロールとは異なるというのが、私のスタンスです。
と言いますか、正確な解釈であると考えております。

 

各国の軍は、例えば第七艦隊の司令官クラスが、CHINAに対して言及する等、
自衛隊に比較すれば、非常に自由な言論が認められております。

というよりも、軍の司令官クラスからの声明こそ「外交メッセージ」でもあり、封じられること自体がおかしい。

 

いまの状況自体が「おかしい」というのが私の立場でありますが、
リアリストとして述べさせて頂けますと、彼らは自由に発言することはできない現実もございます。

物言えぬ自衛官に代わり、
「自衛隊を守れるのは、日本国民」だけであります。

 

実態がそうである以上、私たちにはなすべきことがある。
護られるだけの存在でいいのか。
私たちには、なすべきことがある。

私は、そう考えるのであります。
そして思うのみならず、行動に移すのが政治家の本懐であると認識している。

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

 

 

 

国民は、応える。
政治家とは何か。
それは提案し、言うなれば「呼びかける存在」であります。

世論の声を受け「要望を聞く」という受動的な立場のみならず、
「こうするべきじゃないか」という提案、能動的な動きも政治家には求められると考えております。

ネットにおいて、月当たり30万人もの訪問者を頂き、
数百万のアクセスを、皆様より頂いていることこそが、
政治家としての私の力であり、武器であります。

それは「呼びかける強さ」とも言うことができるでしょう。

 

私には、呼びかけることしかできない。
もう一つ、政治家として、なすべきことがございます。

 

国民は、応える。
そう信じること。

政治家として、国民は動く。
国民は、動くと信じること、
それが私の責務でありましょう。

 

 

 

愛する者がいるからこそ、

 

必死の思いと覚悟を胸に、

 

一つしかない命を賭して

 

彼らが戦うのであれば、

 

それを護り、支えることが

 

私たちに求められる責務であると

 

私は信じて疑わないのであります。

 

少しでも優秀な装備を彼らに与えたい。

 

少しでも良い待遇と環境を与えてあげたい。

 

声をもって、政治家を動かすこと、

 

それが国民に求められる、

 

彼等への恩返しであると

 

ただただ信じるものであります。

 

それぞれの者が、

 

それぞれの立場で

 

なすべきことをなせ。

 

「国民は応える!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

17 Responses to 【世界の常識】なぜ、軍は尊敬されるのか【護る者の覚悟】

  1. BLACK のコメント:

    先日のブルーインパルスの飛行にも難癖をつける人たちがいます。
    軍事行動、国防行動ではない、あのブルーインパルスの飛行も危険で無い訳はありません。
    ブルーインパルスの隊員にもご家族がおられます。

    ましてや国防行動であれば、ご本人もご家族もどのような想い、どのようなご覚悟でありましょうか。

    おパヨ様たちのコロナでの言動から
    あの方たちは誰よりも権威主義なのではないかと、私BLACKは感じます。
    軍の意義も権威も尊敬される存在なのもわかっている。
    だからこそ叩きたい
    だからこそ否定したい
    だからこそ邪魔だ
    からこそ目に敵にする、
    私は最近、そう感じています。

    否定する、感謝しない、彼等こそが権威主義なのだと感じます。
    そしてイザとなったら、暴力主義なのではないかと感じます。

    以上 文責 BLACK

  2. 小坪議員のファン のコメント:

    スマホで視聴するとYouTube動画が毎回右の方が切れます。いつもPC版にしてから拝見していますが、スマホで閲覧している人も多いと思いますので、切れずに見られるとより良いと思います。

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    メディアはホントにクソです。(朝からすみません)今回は、日経新聞、CCP(中共ウイルス)を正しく理解する国際ツールというものがあります。まずは、この動画をご覧下さい。
    ttps://youtu.be/CyKhr7I6gP0
    これを使えば、いかに日本がCCPを押さえ込んでいるか理解できます。この英国の会社を買収していたのが、日経新聞で、「お前知っていたら言えよ❗️」というレベルなんです。

    結局、自衛隊に対してもそうなんでしょう。
    ブルーインパルスの感謝飛行にも事前報道も無かった。
    中には、燃料費が勿体ないというバカな発言をする輩もおりますが、そんなもの、毎日訓練(当然です。消防団もしているでしょう。)している訳で、
    溶けて無くなるよりは、こうして、訓練の一つとして、感謝飛行をして、医療機関の方々に謝意を表した方が有益であるのは、誰でもわかる事かと思います。

  4. 波那 のコメント:

    安倍総理が屋上でブルーインパルスの飛行を見上げる後ろ姿の画像と共にツィートしたメッセージに過剰反応した恥ずかしい男コニタン。で?君は医療従事者の為に何かしたの?気を緩めることのない毎日を最前線の現場で感染者を救う為に働いてらっしゃる皆さんが居てこそのアメリカに比べたら百分の1に抑えられてる日本の死者数。医療崩壊してたら成し遂げられなかったことでしょ。

    どんなに、みんなが感謝の気持ちで医療従事者のことを思っているか。それを伝えたらいけないの?皆さんの喜んでる姿を君は見たの?悔しかった?早く共謀罪のないソマリアかイラン、南スーダンに亡命しなさいよ。誰かに止められたの?君は日本に必要な人だからと誰かに止められたの?誰も止めてないよね。

    首相官邸
    @kantei
    5月29日
    返信先: @kantei
    【SNS更新】大空を翔る航空自衛隊のブルーインパルスと共に、医療従事者をはじめとした皆様へ、心からの感謝と敬意を込めて、拍手をさせていただきました。本当にありがとうございます。 facebook.com/sourikantei/vi… instagram.com/p/CAxHGdcAU4C/… pic.twitter.com/7oFkQFMxfW

    小西ひろゆき (参議院議員)

    @konishihiroyuki
    なぜ、自分の姿を写すのだろう。
    偽善者ぶりに吐き気がする。

    ※ 厚労省は3月6日に各都道府県に新型コロナに対処する医療体制構築の指針を示している。
     それが実行できず、医療崩壊の危機に直面し、今なお多くの医療従事者が困難を強いられている最大の責任者は安倍総理だ。 https://twitter.com/AbeShinzo/status/1266308484234006528

    【 #ブルーインパルス 病院の上空を飛行✈】屋上でカメラを構えた医療従事者からは大きな歓声と「ありがとう」の声があがりました#医療従事者へエールを#ありがとう pic.twitter.com/1xJXrE3Mil
    — 日テレNEWS (@news24ntv) May 29, 2020

    【安倍総理も見守ったブルーインパルス】ブルーインパルス6機が、東京都心で新型コロナウイルスと戦う医師や看護師ら医療従事者に感謝の意を示すアクロバット飛行を披露した。#医療従事者へエールを pic.twitter.com/nPUUHuhWyR
    — Mi2 (@mi2_yes) May 29, 2020

    no name
    まさか自分たち医療従事者のために航空自衛隊のブルーインパルスが飛んでくれる日が来るとは思いませんでした。

    ネットLiveで見ましたが素直に感動しました。
    医者やってて本当に良かったぁ。

    第二波、第三波に備え、元気が出てきましたよ。

    ありがとう、自衛隊。

  5. 神無月 のコメント:

    先日の、ブルーインパルス感謝飛行は素晴らしいと思いました。
    河野太郎防衛大臣の粋な計らいなのでしょうね。

    一部の方々が批判しているようですが、医療従事者、都民の喜ぶ姿を見ての批判で有れば、悲しいかな心の貧しい人達なのでしょう。

    売国活動が顕著になってきましたが、リーダー格の方々はサイコパスだと思います。

     サイコパスとは反社会的人格を持つ人のこと。

    ・良心が異常に欠如している
    ・他者に冷淡で共感しない
    ・慢性的に平然と嘘をつく
    ・行動に対する責任が全く取れない
    ・罪悪感が皆無
    ・自尊心が過大で自己中心的
    ・口が達者で表面は魅力的

    パヨクの方々に通じます。
    雑魚パヨクは、洗脳、お金、弱みなのでしょうね。

    サイコパスの真逆の存在が、自衛隊員でしょう。
    故に、サイコパスにしてみれば、自衛隊は許せない存在なのかも知れません。

    例年、地元の静浜基地での航空祭でプルーインパルスが見事な飛行を見せてくれますが、今年は自粛のようで残念です。
    .

  6. 日の丸弁当 のコメント:

    どこの国でも民衆の暴動が起きやすくなっている。
    日本ではノイジーマイノリティという言葉のとおり、暴動を起こそうとするのは少数の左翼だ。

    そこには左翼界隈だけで通じる民意なるものがあり、暴動を起こすに十分なロジックが形成されているのかもしれないが、そんなものは、サイレントマジョリティには通用しない。

    我が国には日本を貶める野党の存在以外には政治への不信は無いし、人権が棄損されている国でもない。こんな左翼の存在以外には素晴らしいところしかない我が国で暴動が起きれば、それは「悪」でしかない。

    その「悪」に対して自衛隊の治安出動を躊躇ってはいけない。守るべき国と国民がいる。

    その時に聞こえる「軍靴の音」は、平和に向けて奏でられるドラムのように日本人を安堵させるだろう。

    その時「悪」に対して向けられる銃口は、日本人の怒りを代弁するだろう。

    日本の左翼は支那であり朝鮮そのものだ。
    日本から見たら敵なのだ。

    ここまで国益を損なわせている左翼には何の同情もない。それが真っ当な日本人に共通する左翼に対する理解だと思います。

    自衛隊は国を守るために存在しています。それを早く「軍」と呼べるようにしてほしい。今以上に国民の誇りと正義の象徴として「豊かな日本」を支える存在になってほしい。

    私たちが支えているのだから必ずできる。

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    本日の虎の門ニュースは衝撃的でした。まさに中国海軍と海自の戦力が逆転し、それ故に尖閣への中国が侵入を果たしている事の裏付けを意味してました。
    ttps://youtu.be/flOjnxVA4Io
    動画の最初位です。政治家、企業経営者、学者、国民はまさに明日の香港が日本になると意識しないとなりません。
    香港では、行政機関の人員交代がされてます。つまり現状の役人はクビ、本土から役人派遣という事です。
    私は、俺は関係無いという事はありません。

  8. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、本日もブログ投稿ありがとうございます

    >物言えぬ自衛官に代わり、
    >「自衛隊を守れるのは、日本国民」だけであります。

    物いえぬ自衛官の方々、そして、自衛隊をまもれるのが日本国民であるならば・・・
    やはり、憲法改正で憲法9条第二項に、自衛隊の存在をきちんと記載することを日本国民が賛成!!ということで応えていくことしかないとおもいます。あらためてb

  9. 和錆 のコメント:

    先日のブルーインパルスの感謝飛行への反応の画像を見て、御神輿や山鉾の巡行を想いました。
    夏までのお祭りは、各地で自粛でしょう。コロナの厄払いが必要です。

    ブルーインパルスが日本全国を厄払い巡行してくれないかなぁ、と思います。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      本日、20時に全国一斉に悪疾退散祈願花火が打ち上げられるそうです。場所は秘密。人か集まるといけないから。

  10. 神無月 のコメント:

    行橋市のお隣り、北九州市で感染が拡がっていますので、行橋市も厳戒態勢なのでしょうか?
    外出の自粛が解除されて気の緩みも有りますが、個人的にウイルステロの可能性も意識しなければと思っています。

    日本の自粛が長引き、経済(政権)に打撃を与えることを図る勢力がいると思うのです。

    海外との人の往来は制限されていますが、抜け道は多いと思います。
    夜の繁華街などでは、要請に従わない方々も多いようです。
    個人的には日本に住む9割程の方は要請に従いますが、残りの方々が従わないのではと感じています。

    未知のウイルスの今後を正しく予測出来る経験者はいませんので、試行錯誤を繰り返しながら学ぶしかありません。
    七難八苦ですが、流れは日本を取り戻す方に傾きかけているように感じています。
    .

  11. 新桜盾会 のコメント:

    日頃から自国の軍隊、国防を担う組織、人員を否定して罵倒する愚か者がいる国は日本以外には孫zないし得ないと思います。
    ツイッターのハッシュタグが今やクソ左翼共のツールになっているのならば、同じように憲法改正、9条改訂をどんな書き込みにでもつけて拡散するべきでしょう。かつて大カトーが演説する事に最後の言葉を「カルタゴは滅ぼさなければならない」と締めくくったように。
    今回のブログ記事の動画を分かる人ならば以下の動画も分かると思います。同じ歌でも各製作者が色々と上げているのでお好みのものを探すのも一興かと。

    https://www.youtube.com/watch?v=CaGCmB6KaI8
    https://www.youtube.com/watch?v=e1qgkSc687E

    https://www.youtube.com/watch?v=9Wc0FpMFP2A
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm17492969
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm22757617
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm29122296

    それと忘れがちですが、海上保安庁も忘れてはならないと思いますね。
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm19404652

  12. ぎん のコメント:

    まっとうな国民は自衛隊員に暴言、侮辱発言などしません。そういう言動を許しません。
    見た目でわかり辛い、日本人になりすました人が多過ぎます。日本を潰したい国会議員とかあり得ません。
    次の選挙では必ず、日本国籍(帰化は不可)のみにして下さい。差別だと騒がれても関わってはいけません。ここは日本ですから、普通ですから。

    自衛隊は社会で、学校で、子ども達からも普通に日頃の感謝、敬意を表すような環境になっていかなければなりません。

  13. ミカンの実 のコメント:

    自衛隊の名誉の回復をすること、給料を2倍以上にすること。
    おもちゃの会社はトミ●とか、護衛艦シリーズのプラモデルとか、陸自の車両シリーズとか、空自の飛行機の模型型のドローンのシリーズとか、コレクションできそうなものをもっと本気で沢山作って欲しいです。子供がクリスマスの時に大喜びで買えそうなもので、できれば少しお財布にお優しければなお良いのですが。それから、自然災害の防災を兼ねた自営隊のゲームシリーズなどゲーム会社は開発していただきたい。もうあるのかしら?あったらごめんなさい。

  14. 常磐本線 のコメント:

    暴力装置とか抜かした、弁護士上がりの議員(モドキ)も居ましたね。
    強酸は、平時難癖つけておいて、台風等の災害時は、自分らを優先と抜かす・・・・
    自衛隊から国防軍への格上げは必須と私は考えます。

  15. 名ナシ のコメント:

    日曜日に置いてあった息子の高校の日本史の教科書を読んでみましたが、
    眩暈がするぐらい中韓のプロパガンダのような教科書でしたよ。
    「731部隊が~」とか「慰安婦が~」とか出るわ出るわ極左のプロパガンダ。
    一方で創る会の教科書は不採用になってますよね。
    嘘八百の歴史を教科書で教えるってどういう世の中になったのかと思いました。
    我々の高校時代はここまで露骨な表現じゃなかったはずですけどね。
    教育界から極左を排除しない限り、この状況は変わりません。
    同じ事は法曹界にも言えますけどね、大学の法科なんて真っ赤ですし。

  16. 柏城"大保守"耕介 のコメント:

    内容としては微妙かも知れませんがaviciiの楽曲に兵士とそれを愛する者(飼い犬ですが)と
    いうものもあったので貼っておきます。

    本来ならリベラルみたいなものであっても護る存在や愛する存在があれば戦うものである
    わけですがそこに対する似非リベラルや自称リベラルのベクトルは異常な感じしかあり
    ませんけどね…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください