差し向かう心は清き水鏡。新選組の生き様と、維新の蛮行【刺し違えるという覚悟】


 

 

私は、まずもって「明治維新」を全否定する立場ではないことは明言しておく。
幕府体制は限界を迎えていたことは事実であろうし、世界と渡り合えるだけの国家体制をひくことは必要ではあったという考えに同意するからだ。
ここで旧体制を維持し続けることは、まさに亡国の道であったろう。

その上で、新政府軍とされる、軍とも言えぬ輩を評価する気はない。
上記の、「国家体制としての変革が必要だった」という部分に同意しつつも、これが【軍事的なクーデター】の側面があることを否定できないからだ。しかも、皇室を政治利用し、日本国民を虐殺した事件であるとさえ考えている。

【江戸城の無血開城】と称賛する者もいるが、あれはテロの結果のように感じるのは私だけか?江戸に放火するとか、民間人である町民に被害を与えると「脅迫」しての交渉である。実際に、火付け・略奪・凌辱を組織的に行った。これも史実だ。

今の世に例えれば、東京において無差別テロを予告するようなもの。
ただし、現在のルールを全て適用することが正しいとは思っていないので、だから駄目だとは言わない。ただ、「民間人に被害を与え、首都で騒乱を起こす」という、まさにテロリスト的な行為であり、それに対し政権が屈したという構図は否定できないという点を指摘したい。
だから「無血開城は素晴らしい」と手放しに賞賛する気になれないのだ。

反論として、それでも時代情勢から言えば、これが快挙という意見もあるだろう。
その声にも私は同意するものではある。同意はするが、賞賛はできない。
民間人に被害を与え、テロをもって政権を屈服させる行為は、賞賛に値する行為ではないからだ。流されなかった血があることが評価されることと、これは両立する。

さて、では幕府軍が完璧だったかと言えば、それも事実ではない。
壊走する佐幕派においても略奪行為はあった。武器弾薬も枯渇していたろうし、水・食料だって不足する。そもそも、自分たちが幕府方であるという慢心から、強圧的に振る舞ったこともあるのだろう。

だが、【新政府軍と称される悪質な集団】への批判を、私はしっかりと行っておきたい。新型の武器を多く用意できたがゆえの勝利、その側面はあったと思う。詳しく話せば様々な要因はあろうけれども、武器の絶対数は「維新という軍事クーデーター」に大きな影響を与えた。

また、その武器は、我が国を内戦状態に陥れ、国力を低下させる目的の「他国の支援」を活用したことも事実で、【維新が売国奴】という点は、指摘してよいと考えている。
同じく、佐幕派が崩れて行く中で、我が国の領土割譲を条件に、まさに国を売る行為をなそうとしたことも、触れておきたい。

維新という言葉への批判。
私が主として論じたいのは、「民間人に武器を供与した場合」の、国民への被害である。
とくに軍規が厳しいわけでもなく、突然、武力を手にした者がどのような蛮行を犯すのか。
新政府軍として戦った者の、一般兵に関して特段の調査を行ったわけではないが、中には「居所が定まらず、定職についていない者」も含まれていたことと思う。というよりも、その比率は決して低くはなかったように思う。

私が、新政府「軍」であるとか、維新「軍」という言葉に違和感を覚えるのは、あれは軍と呼べるものではないからだ。これらの者が、生死もわからぬ中、前線に身を置き、女性とも接しえない状態で「武器をもって」、会津に攻め入ったとき、何が起きたのか。
悲劇は、白虎隊だけではない。

「維新」という言葉には、日本人同士が血を流した、内戦の意味が含まれる。
国家体制としての変革が求められたことに同意しつつも、だからと言って「良い言葉」と考えるのは、私は賛同できない。
さらに特筆すべきこととして、その被害が民間人に及んでいる点だ。軍と軍による戦争であれば、(基本的には)被害は軍人に限定されているはずであるが、維新はそうではない。
事実、江戸城の開場においても、民間人に害をなしており、それは組織的になされたことであり、かつ交渉カードとして用いている。軍と、テロを同一に扱うことは、私にはできない。

維新が通ったあと、
そこで起きたのは、虐殺だ。そして物取り、凌辱。

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

以下は、ある本へのレビューBlog。
下記のBlogが全て正解かは、私は歴史学者ではないので確信は持てない。
だが、それなりにフラットな書き方だとは思うし、類似の文献や意見は多数ある。

 

会津藩VS長州藩 なぜ“怨念”が消えないのか

 

なぜ会津人が長州藩を嫌いかというと、会津戊辰戦争敗戦処理による。戦死者の埋葬を禁じたり会津出身者を職に就かせなかったりした。
 ところが、近年の調査ではこの会津戊辰戦争で非道の限りを尽くしたのは、実は薩摩でも長州でもない。長州藩に至っては、そもそも北越戦争に戸惑って会津攻めに間に合っていない。日本人として恥ずかしい行為をしたのは途中から薩長軍に加わった便乗藩。福井、尾張、淀、黒羽、大垣。福井藩は松平春嶽により会津藩主松平容保に京都守護職を押し付けたし、尾張藩主は松平容保の実兄である。そんな各藩は会津を攻め、捕えた男性は惨殺、女性は強姦の上惨殺。中には70歳を過ぎた老婆を集団強姦した上に串刺しにして川に捨てた。主に大垣藩:黒羽藩。
会津女子が籠城戦の前に自刃したのはこのような事態になる前に自ら命を絶ったにすぎない。

武家屋敷に押し入ってはその家の宝物を取店で売っていた。会津降伏後、街中のマーケットでは自分の家の歴代の家宝が二束三文で売られていたのを連行されている会津藩士は見ている。そして強姦され家の周りで打ち捨てられている妻や娘の姿を見ながら連行された。
これを許可し、さらに埋葬を禁じた長州藩に対して恨みを持つのは当然の事ではありますが、平然それに加わっていた大垣藩:黒羽藩に対しては今でも許し難い。

(後略)

 

 

 

また、私はかつて東北でサラリーマンをしていた時代があり、
上記を裏付けるような話は、少なくとも空気としてはあった。
それが史実によるものなのかはさておき、確かに伝承として民間にもあることは事実として述べておきたい。

 

半年以上も、遺体の埋葬を許さなかったというのは、よく語られるエピソードである。
自身の近所の方が、亡骸となって、その遺体が腐乱していく中で生活するというのが、どれほど残酷なことだろうか。

これについては、実は一部については埋葬を許していたという資料も、2017年に出てきたそうで、一概に言えるわけではない。

 

 

 

幕府軍について、礼賛する投稿ではない。
実際、壊走していく幕府側も、かなり酷いことをやっているわけだ。

だから、どちらが良いというものではない。

私が述べたいのは、維新という言葉に、何が含まれているかという、その部分。
まずもって「国内の内戦」であり、日本人同士が殺し合ってしまったという部分。
そして、被害は、軍人(つまり侍)だけではなく、民間人にも及んだという点。

国家体制の変革と言う意味では、必要だったという意見に同意するものの、
維新の実態は、政治家としては「汚点」と述べるべき部分も、ある。
それが私の答えだ。

 

無論、どちら陣営においても、必死に国家のことを考えた者はいただろう。

ただ、坂本龍馬などは、後世の脚色が強すぎて、実際に英雄だったかは疑わしいと思っている。史実の部分を紐解いても、国際法を駆使した「保険金詐欺」みたいのでなりあがっているわけで、その部分も含め私は英雄視できない。

 

さて、両陣営に素晴らしい者がいたことに触れた上で、新選組について述べたい。
私とは立場の異なる国会議員が、新撰組を党名に入れたことが悔しくてならないことを付記しつつ、私なりの新撰組への思いを書く。

彼らは、決して「所謂おりこうさん」ではなかったと思う。
今でいうところのヤンキーとか番長みたいな存在であったのではないか、と思う。腕っぷしは強いが、それだけ、という扱い。そして、腕っぷしの強さは評価されない時代であった(江戸幕府の時代)はずだった。

そんな自分たちが、なんと侍になれた。
嬉しくてたまらなかっただろう。

高学歴というわけでもないが、地方公務員に採用された、的な。
実際にはもっと重たい覚悟があったと思うけれど、彼らの不屈の忠誠心とはここにあるように思う。
というのは、元々は士族ではなかったわけで、歴代に渡って家として江戸幕府に世話になっていた者とは立場が違うからだ。

真剣に国家を憂い、燃える思いがあったけれども、
ここまで戦い抜くだけの、ある意味では、「謎の忠誠心」みたいなものが、新撰組の魅力だと思う。
何世代にもわたって江戸幕府にお世話になったわけではない。たった何年かだけ、である。

そこに誇りがあるのであれば、それは侍として生きることが許されたという、そこにあるのではないか、と。

 

土方歳三、辞世の句

天保6年5月5日(1835年)
武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市石田)の農家土方隼人と恵津の間に生まれる。父は歳三が生まれる3ヶ月前に結核で亡くなっており、母も歳三が6歳のとき同じく結核で亡くなっている。

(中略)

 

「よしや身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらむ」
また、
「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらん」
さらに、
「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照かと」
が土方歳三の辞世の句とされる。

 

 

鉾とりて、という句には、思う部分がある。
似た心境で議会に臨んだことが私にもあるからだ。

私は、ある意味では雑兵。
雑兵は言い過ぎかも知れないが、政治的にはいつ抹殺されても仕方ないと思っている。
それだけリスクのある案件を抱えている、ということだ。
戦艦や巡洋艦は、基本的には沈めない運用を心がけるが、駆逐艦などの動きはそうではない。

国会議員や県議ではできない、つまり政治的なリスクを伴う(左派から攻撃対象になるであろう)案件を取り上げることが、ある意味では宿命づけられている。
その上で、私が市議をひかないのは、誰か別の者に、リスクのある政策を託すことが嫌だからだ。自らが安全地帯に退き、穏便な言葉使いにし、安全運転を心がけるだけの偉い人にはなりたくない。

”あすはかばねの上に照かと”という部分は、なんとなく思うことがある。

 

その上で、下記の句を紹介しておきたい。
本投稿のタイトルに用いたもの。

「差し向かう心は清き水鏡」

 

解説は色々あるけれども、新撰組の隊士同士で語り合うときの心境、という説のようだ。
それらの解説は私はよくわからないのだけれど、綺麗な言葉だなと思いました。

隠しても仕方ないので正直に書くと、この句を実際に知ったのは動画サイトでの歌です。
そして、この歌があまりに綺麗なため、とても好きになったのです。

 

Hijikata Toshizō themed song 『心は清き水かがみ』

 

 

歌の中にもネタバレが入っておりますが、鬼百合という表現が誰を示しているかも触れて聴くと、ちょっと涙が出そうになる。

孤立した友軍のため、それでも身体を張る、
それが死地であるとわかっていても、身を投じた理由は何か。

自らの、本来の指揮官(先輩)であれば、どう判断したか、
「あの人ならどうしたかな」って思って、だから行ったんだみたいなストーリー。
ちなみに、私の(政治だけではないけれど)、お師匠さんというか先輩は、亡くなっています。

私も時々、思う、
「あの人(先輩)だったら、どう判断するかな」って。

いくつか覚えているエピソードがあって、いっつもフォローしてもらってて
「どうすれば先輩に恩が返せるか?」って話をしたところ、結構、怒られた。
「俺(私から見て先輩)に、おまえが恩を返せるわけはないだろう?」「俺も努力を続けるわけで、俺が失脚したときだけだ」と。
「目上の人間には、恩なんて返さなくていいんだ。上の者であるという誇りにおいて、後輩とか年下には、一方的に尽くすのが先輩の仕事だ。」みたいな。

で、
「どうしても返したくなったならば、次の世代に、おまえも俺と同じように返せ」と。
「同じ人に返すものではなくて、次の者に尽くしていくのが俺らの流儀」みたいな。
そんな人でした。

 

勝手に、新撰組になぞらえて聴いていました。

維新勢力は、国家のお家騒動に天皇陛下を巻き込み、官軍を名乗りました。
そして佐幕派には「賊軍」と宣伝を行い、それもあってでしょう、この国内内戦で戦死した兵は、靖国神社に祀られていません。

私は、それが、私の恩人を愚弄する行為に思えてならなかったのです。
この部分は、極めて私的なエピソード。

言うほど新撰組に詳しいわけでもありませんが、勝手に先輩に投影していただけ、です。

 

かつて、磐梯山の近くで働いておりました。

「ならぬことは、ならぬのです」ではありませんが、私は九州人の血だけではなく、東北の思いも含め、”賊軍”とされた悲しみも知る政治家です。

 

維新が、国家として必要なものであったことは同意いたします。

けれど、それを政党名に冠するセンスは、ひどく疑問なのです。

東北の者はどう思うのか、と。
(個人的には、新撰組ファンは、どう思うのか、という点も。)

 

私も、五稜郭まで戦い抜く覚悟。

「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらん」
「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照かと」

このような句を読む日が来ようとも、私は戦い続けるように思います。
”刺し違えてでも”という気概は、関西では珍しいようだし、”妖しい”とか”怖い”みたいな印象もあるらしい。それは大阪の政治家特有のノリであり、こちらでは、一定の理解は得られるもの。

私に向けて刀を向けたこと、
そちらのルールなんて知らない、
私には私のルールがある。

 

佐幕派をきどるつもりはない。反維新という意味で述べたBlogでもない。
新撰組は、それでも抜刀した。

実は、産廃関係は相当に難航しています。
すでに警察沙汰となり、県土木まで出てきた。

それでも譲れぬものがあるのです。
ならぬものは、ならぬのです。

私が抜いたとして、それは(私にとっては)普通のことだと思っています。

差し向かう心は清き水鏡。
全ての政治家が弱腰だとは、思わないほうがいい。

新撰組が持っていたのは、滅びの美学として語られるものではない。
刺し違える覚悟

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

25 Responses to 差し向かう心は清き水鏡。新選組の生き様と、維新の蛮行【刺し違えるという覚悟】

  1. k のコメント:

    うわぁ、先生の存在はこれからも必要です。誰かの助けも使ってください。

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    どうぞ、おこころのままに。

    日本人か、日本人らしくもっとも幸せだった時代。
    それが、江戸時代だったと言われています。
    幕末の15年と明治維新後の15年は歴史的に隠蔽された部分があります。いずれ明らかになるでしょう。
    神様は、時には罰を与えます。かつて、長洲藩が、英国と戦争を起こし、その賠償金を幕府に払わして、幕府の財政を逼迫させ、倒幕の片棒を担いだ。
    今、長洲出身の安倍総理が、その責任をとってます。世の中とは、こういうものなのでしょう。

  3. BLACK のコメント:

    政党維新の会は、「維新」と名乗っておられます。
    その目指すところ、その方法、その精神は、名乗られた通りだと私BLACKは思っております。
    自分達は維新を目指すのだと、維新を実行するのだと、その方法も前例通りだと
    私は政党維新の政党名を、そのように認識しています。
    その意味では令和新選組より正直であるかも知れません。

    令和新選組ほど不誠実な名称は無い、と私BLACKは思っています。
    過激派やテロリストが治安維持部隊の名称を名乗る
    人民解放軍が米国海兵隊と名乗る
    ISがグリーンベレーと名乗る
    そんなことがあったとしたらどうでしょうか。

    新選組の成り立ち、隊員の生い立ちや身分は様々でも
    新選組は治安維持部隊です。
    テロを未然に防ぎ、テロリストを捕縛することが任務でした。
    (注・テロリストを殺害することが任務ではありません。ここは誤解されている部分だと思います。目的は捕縛です。その任務が結果的に捕縛にならない場合の責任は新選組だけにある訳ではないと思えます。)

    首都を護ることが任務でした。
    池田屋でも鳥羽伏見でも、結果的に幕府と新選組は京都の街と住民を護りました。
    江戸でも、江戸の街と住民を護りました。

    この名称を、令和新選組が使用し名乗ることは、私は大いに不本意です。
    (もっと違う表現をしたかったのですが控えました。我慢しました。)

    大阪は維新、東京は令和新選組
    これは絶対に防ぎたいです。
    少々オーバーな言い方でしょうけれども
    幕軍と新選組が護った京大阪と東京(江戸)
    有権者の懸命な判断に期待します。

    PS
    ネットで拝見していて、「あっ、この方の時事の発言・考え方ステキだな」と思ってフォローしていると
    「実は私は新選組が好きでして」みたいな発言やブログ紹介に出会ったり
    中には「新選組大好き」と一目瞭然のHNだったり。
    新選組大好きの方を探したりしているつもりは皆無なのに、時事を考える時に新選組のことは頭に無いのに
    出会いに驚かされることが多々あります。

    小坪氏が新選組と土方さんがお好きであると知った時も驚き&妙に納得、しましたが
    そのようなことがその後も多々あるので驚きます。

    結局は、人間の価値観・考え方・生き方の問題で、重なる部分、出会いの部分、惹かれる部分があるのだなぁ、と私は勝手に解釈しています。

    • BLACK のコメント:

      維新=支配層の入れ替え 利権の入れ替え 身分の逆転  前政権勢力の駆逐と前政権で働いていた人間とその家族の虐殺 前政権側と思われる市民の虐殺

      これを現代に当てはめて考えた時の攻守の在り方と恐ろしさは多くの方が想像出来ると思います。

      以上 上記2投稿共に 文責 BLACK

      • ぎん のコメント:

        現代に当てはめて考えると…。とても恐ろしいです。わかりやすいです。
        国民の多くの人は勘違いしていると思います。

        • ミカンの実 のコメント:

          歴史を知ることは自分自身を守ることになりますね。
          年号事項丸暗記も大事ですけど、教科書に書かれていない、行間を読むという意識『この時代の人たちに何が起こったのか?どういう気持ちだったのか?』という国語力(日本語力)も大事ですね。ぎん様、BLACK様、ありがとうございます。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生の決意というか、思い(すこし重たいかなw)が込められた新規投稿拝見させていただきました。

    >差し向かう心は清き水鏡。
    >全ての政治家が弱腰だとは、思わないほうがいい。
    >新撰組が持っていたのは、滅びの美学として語られるものではない。
    >刺し違える覚悟

    この部分、敵陣の工作員(といっておきます!)もブログを観ていることでありましょう。
    小坪先生の覚悟を甘くみるなよ!甘くみたら痛い眼にあうで!と認識しているのでは。

    扨て、このまま続くと重たいままになりそうなので、少し、最近のアニメを引用させてもらいます

    小坪先生、刺し違えてもいいすけど!でも、結果的には、銃撃されてもタチコマに避難して生存したサイトー(攻殻機動隊SAC2045)のように復活してくださいね。

    閑話休題・・・

    土方歳三の辞世の句があったなんて、高齢の爺ははじめてしりました。
    読みながら、すこし泣けました。情報ありがとうございます。

  5. 神無月 のコメント:

    歴史も疎いですが、歴史も天意によって創られている様に感じています。官軍、大政奉還、明治維新、大東亜戦争。

    当時の清国における外国勢力の圧倒的な支配力や黒船来航。幕府も危機を持ち外国の視察と武力の近代化を進めていたようですが、天意は幕府側ではなかったのでしょう。外国の資本が日本を分断し内戦を起こさせ、富と国力を衰退させて植民地支配しようとの企みは、天意によって潰えました。

    今現在、中共が清国と似た状況に近付いているように感じます。黒船はトランプ大統領でしょうか?

    トランプ大統領の誕生で、日本の政治も大きく舵を切る切っ掛けになったように思います。

    強者どもの夢の跡、哀愁を誘う言葉です。
    差し向かう心は清き水鏡、家族、愛人、友人を護るは国を護る。
    その心は、生まれ死に逝く命の定めなのでしょうね。

    小坪しんや氏に惹かれる意味も、わかるような気が致します。
    .

  6. ta のコメント:

    維新
    産廃

    部落?

    ん?

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    香港から5000億円が持ち出されました。
    水間条項TV
    ttps://youtu.be/7c8vmb3vkdM
    ・教科書を作る会で作った教科書が、今年の検定で落とされました。その内幕が語られてます。
    ・尾身さんらが立ち上げたコロナ対策についての一連の会議の議事録が一切無いと厚労省は、議事録を取ってないと、嘘をついています。たぶん8500人の中国人の事が書いているから公開出来ないのでしょう。
    日本の保健料が中国人によって破壊されます。未払いが1カ月億単位が未払い。中国人の為の三ヶ月滞在で健康保険を与えるのは問題です。
    カナダのシンディーさんのステップ ホップ ジャンプ
    ttps://youtu.be/yuUi8B-cQCg
    ttps://youtu.be/bAvXKHu0Ylg

    • 琵琶鯉 のコメント:

      各自治体の市議様へ
      厚生労働省が国籍を隠すように指示してました。
      証拠動画
      ttps://youtu.be/k96zGNP1Ai4
      ただちに8500人の国籍を開示させて下さい。
      自治体の 保健制度が中国人によって崩壊します。

      • 草莽の団塊です! のコメント:

        琵琶鯉様、情報ありがとうございます

        水間条項TVを視聴してい、頭が桜島大噴火いたしました!
        さっそく、首相官邸、厚生省、自民党に意見メール((# ゚Д゚)メールです!!!)を送ってきました。

        内容は、ざけんな!厚生省!日本国民を舐めるな!とは書いてませんが、いいたいことは、8000人の国籍不明者が全員中国人だとはいわないが、外国人を日本国民の収めた税金で治療しているなら、日本国民にはその国籍を知る権利があるはずだ!・・という内容でございます。

        • ミカンの実 のコメント:

          中国人は日本で治療を受けたら、その代金の10倍は中国共産党に請求しで、きちんとしていただきましょう。たった8500人分の治療費✖︎10です。中国共産党なら直ぐにでも支払えるでしょう。その前に、コロナ対策費用として、国は、日本国籍を持つ日本人に一律1000万円支払っていただきましょうか。それと消費税0ではなくマイナスにしてください。(物を買えば10%現金が帰ってくるのです。もちろんクレジットカードを使ったらポイントも着きます。外国人は今まで通り無税でOK。これで経済が回るでしょう。)中国にまだいる日本の同胞の方々、1分でも1秒でも早く帰国してください!あなた方が苦労して死んだリ無残な殺され方をするのは、私は気にしません。ただ日本国の脚をひっパラないで欲しいのです。早く帰国してくださいね。自衛隊は日本国の有事には助けてくださいますが、他国の有事は、助けに行くことはとても難しくて、ほぼ不可能なのですよ。

  8. 常磐本線 のコメント:

    ta さま

    まっ、そう言う事なんでしょうね。

    また、BLACKさまの言われた、「何とか太郎」と「うましかな仲間たち」も、元役者だけに
    口だけは達者で、耳あたりの良い話を囁く強酸と同根ですね。

  9. パコリーヌ(髭) のコメント:

    今は戦時だから忘れそうになるけど
    心 なのよね〜

    最近、モナ男やパコリーヌ(本人)がまともな事をツイートしてるけど心境の変化でもあったのかしら
    心に知性が追いつくと覚醒するのかもね

  10. 琵琶鯉 のコメント:

    山田正彦衆議員によって、種苗法を裏で潰した方です。長崎3区、北九州比例区の方々責任とって下さい❗️
    関連記事
    佐賀の新品種「いちごさん」の苗、盗難相次ぐ
    ワイドスコープ 農家困惑「何のため?」

    佐賀県が20年ぶりに開発し、県内で栽培されているイチゴの新品種「いちごさん」で、苗の盗難が相次いでいる。 「いったい、だれが何のために?」関係者は、動機や目的が見えないとして一様に困惑する。苗は農家に広く行き渡り、戸外で管理するため、有効な対策も取りにくいのが実情だ。

    いちごさんは、昨年11月に唐津市の農家から親苗10株余りが盗まれた。その後も、今年1月に同市で子苗40本、4月には伊万里市で親苗20本余り5月には杵島郡白石町で親苗40本と計4回盗まれた。

    いちごさんは、県やJAなどが7年をかけて約1万5千株の中から選抜した新品種。県が育成権をもち、JAが許諾を受けて、農家に苗を配布している。(抜粋
    全文はリンク先へ
    [佐賀新聞 2020.5.30]
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/528883
    上念さんが解説
    ttps://youtu.be/CLQHUEEuy_E

  11. 支寒内 のコメント:

    「差し向かう心は清き水鏡」 そうです!この句を見て私は小坪議員のファンになりましたよ!
    今の世にこんなことをのたまう議員が居るのか・・と、とても興味を惹かれました。
    小坪議員様の政治家としてのその姿勢が好きです。
    立ち位置をわきまえていらっしゃるのも好感が持てます。
    微力ですが(ハラハラドキドキしながら)応援していま~す!

  12. 旧新人類 のコメント:

    ブルーインパルスの編隊飛行、青空に映えてきれいでしたね!医療従事者にも喜んでもらえて何よりです。私はオンラインのライブで見ましたよ!

    さて、ミネアポリスで黒人男性が白人の警官に首を押さえられて亡くなった件で、米国全土に暴動が広がっていますが、例によって極左暴力集団が扇動および暴力を広げているようです。

    Tomo
    @Tomo20309138
    今回の【Black Lives Matter(黒人の命は大切)】に便乗した【暴動】で、黒人男性のスポーツバーが略奪に遭い破壊された。彼の夢は打ち砕かれた。

    ※トランプ大統領がこの動画をRTされています。トランプ大統領はこの度の「暴動」が #GeorgeFloyd の死と関係がないことを理解していらっしゃるんです。

    (お店を破壊された黒人男性が泣いている動画付き。どうみてもレイシズムと関係ないです。)

    Eimi1003
    @Eimi1003
    カリフォルニア州オークランドでも過激派左派暴力団ANTIFAと過激派反差別集団BLMによる暴動が起きました。建物の警護にあたっていた警察官二人が過激派左派に撃たれ、その内一人が亡くなりました。

    発端となった事件の主犯格は逮捕済み。
    前にツイートしたように、亡くなられた黒人男性の恋人は暴力反対を表明。
    それなのに過激派左派の暴動やテロ行為は米国全土で増えるばかり。
    人種関わらず、あらゆる人の安全を脅かしているのです。反差別やマイノリティを利用してますから尚更悪質です。

    ミネソタ州の別の都市でも自称反差別左派が罪のない商業施設で略奪行為をしています。
    発端は黒人が警官に殺されたから。
    マスコミは彼らをデモ隊と呼んでますが、彼らは反差別を隠れ蓑にした暴徒。米国左派は暴動を擁護していますが、米国保守(保守系黒人含む)は略奪や暴動を批判しています。

    (一方、日本では。。。)

    うさぎますく
    @UsagiMaskchan
    「警察官に抵抗したら即時発砲しても良いことにしてください。」→反対

    その上でこの動画の引用元、元々撮影し投稿した人の名前を見たら、ライブハウスに補償しろ!運動を率いていた人じゃないですか

    デモに立憲議員と左翼活動家の立会い、「ヘイトクライム」というレッテル付 

    プロが扇動している

    日本第一党 奈良県本部
    @jfp_NARA
    今回のクルド人デモ。
    この人が付いてきている時点で、誰が先導しているかということは、皆様容易に想像できると思います。
    (某地方紙の記者みたいですね。)

    坂東 忠信
    @Japangard
    「クルド人=弱者」で脳停止するのは情弱。
    トルコ系クルド人は難民化する要素がないのに難民申請を繰り返し滞在する者が多い。
    以前「入管のクルド人弾圧」とやらに反天連やしばき隊、人権派弁護士が連絡網を使いクルド人と押しかけデモしてる。

    いきなり制圧シーンからの放送もマッチポンプを疑う。

    (↑ 変態新聞が動画つきで報道)。

    その他ユーザー 返信先: @Japangardさん
    米国の暴動を見て、日本の治安悪化を狙って本国から指示があったんじゃね?
    6月4日が近いし日本でもそういう官民の衝突があることが望ましいとか考えてそう。

    毎日の仕込み。

    こんな準備万端整った動画が出て
    Twitterトレンド、左派メディアが一斉に取り上げたら、そりゃ胡散臭いと思いますよね

    クルド人って、IS掃討の為に随分と活躍した人達というイメージしかありませんでしたが、こういう形で出てくるとは

    この動画を始めとして、いつも難民等外国籍の方々が、運転免許証をどうやって取得しているのか。常々、疑問を持っております。

    坂東先生、これと連動して計画されていたかのように「外国人であるというだけの理由で警官に暴行された。差別と戦う為のデモ」というプロパガンダが凄い勢いで拡散中です。
    反論していますが防戦しきれません。
    RTいいねだけでも協力頂ける方宜しくお願い致します。

    (特亜工作=極左グローバリストが世界各国で暗躍しているんだろう。特に米国は香港その他の人権法案もあって、狙われる動機十分ありですね。日本も特に都会の治安が心配な地域の人々は用心してください。)

    Tomo
    @Tomo20309138
    59分
    ロサンゼルス、スターバックスが放火される・・・

    これは「抗議」ではありません。
    「暴力」です。「放火」は犯罪です。

    暴力反対、差別撤廃という人たちが、犯罪をおかしていく。絶対に許されない行為。

    • 旧新人類 のコメント:

      案の定。

      Tomo
      @Tomo20309138
      4分
      そら見ろ。

      中国共産党メディア各局は、米国の暴動を積極的にとりあげて「アメリカで起きているのは香港の暴動と同じ」と報道する。

      「民主化運動」と「略奪・放火・暴動・破壊行為」との区別がつかない中国共産党。この度の騒動を利用して「香港に対する国家安全法」を正当化しようとする。

  13. 鮒太郎 のコメント:

    ネットを検索していたら、なんとも凄い方がいたものだと感じ入りました。
    山川健次郎
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B7%9D%E5%81%A5%E6%AC%A1%E9%83%8E

    ・少年期に白虎隊に入隊していたの時の経験を元に著した戊辰戦争を会津藩側の立場から見た『会津戊辰戦史』は死後の昭和7年(1932年)に出版された。
    ・私立明治専門学校(九州工業大学の前身)総裁
    ・会津藩に対する忠誠心は壮年期以降は「愛国心」に転じ、日露戦争の時にはすでに東大総長であったにも関わらず陸軍に「一兵卒として従軍させろ」と押し掛け、人事担当者を困惑させたという。

    九工大出身の小坪議員が維新と戦う...因縁を感じます。

  14. ヘロヘロ のコメント:

    新型コロナに関する情報です。

    ドイツ当局からのリークレポート、コロナを「誤警報」と非難
    https://www.jimakudaio.com/post-7240
    確立したコロナ話に逆らうようなレポート(ドイツ語)が内務省からリークされてしまったからだ。

    このレポートのキー部分としては、
    •COVID-19の危険性は過大に見積もられた。おそらく、新たなウイルスの脅威は通常レベルを越えていなかった。
    •コロナ死亡者は基本的には、統計的に言って今年死ぬはずだった者だ。なぜなら、彼らは、その人生の終わりに達しており、弱った身体は、毎日のストレスにもはや対処できなかったからだ(これは、現在流行する約150のウイルスも含む)。
    •世界的に、今年四半期でCOVID-19死亡数は25万人を下回る。これに対し、2018年、2018年のインフルエンザでは、150万人だった(うちドイツは2万5100人)。
    •危険性としては、明らかに他多くのウイルスに劣る。これが誤警報以上のものでないことの証拠は何もない。
    •非難の的としては、これらの線だろう。コロナ危機のあいだ、国はそれ自身をニセニュースの最大の作成者であると証明してしまった。

    レポートの著者達は、既に5/11にジョイントのプレスリリースを行っている。政府が専門家のアドバイスを無視していると非難し、専門家の共同声明に対する内務省のオフィシャルなコメントを求めた。

    (略)

    「治療的・予防的手段は、病気そのものよりも害をなすものであってはならない。それらの目的は、リスクグループを守るためのものである。全国民の医療と健康の利用可能を阻む事なしにだ。不運なことにそれが起こっている」
    「我々科学・医療者は、コロナ対策による患者への副次的ダメージを日々経験しているのだ」
    「したがって、我々は連邦内務省に問う。我々のプレスリリースに答えよ。そして我々はコロナ対策に関する適切な議論を求めるものである。全国民にとって、可能なベストな解決になるようにだ」
    これを執筆している時点でドイツ政府は反応していない。

  15. 琵琶鯉 のコメント:

    中国語ですが、画像だけでも理解できるかと思います。
    ttps://youtu.be/pPsrIuhnY7A
    ttps://youtu.be/YRgySs-Hd3c
    中国各地で天変地異が起こっております。
    それも5月18日~5月24日の短時間に極めつけは、北京で3、6の地震が発生いたしました。
    日本のメディアはこういった今年を報じません。
    中国にまだ、夢を持つ経営者の皆様、このような画像は、中国政府によって直ぐに削除されます。この隠蔽体質が、中国での商売の障害になるのです。
    ttps://youtu.be/wceCXC6Lhwo
    災害が起こって中国政府はたすけません。
    今が中国から引き上げる最後のチャンスなのです。

  16. 旧新人類 のコメント:

    (「baiqiao tang 唐柏桥@tangbaiqiao 六四幸存者 Tiananmen Massacre survivor, 自传:我的两个中国 My autobiography: My Two Chinas」さんのツイートの和訳)

    (訳)
    今回のミネアポリス州の暴動には、一つの違いと一つの一致がある

    違い。従来の抗議は民衆の自発によるものだが。今回のは組織と策略があり、公然と路上で参加者にお金を渡し、言論の自由を冒涜した

    同じ。金を渡し抗議活動への参加(実際には暴動)は、中共の世界各地でのやり方と一緒である

    アメパヨは漏れなくジャンキー。
    3万近く貰えるはず。
    確か、桜井誠が渡米した時に話してたと思う。
    国際ナショナリスト大会(テネシー州にて)の時も警備が凄かったと言ってたなぁ。

    (↑ やっぱ思った通りだ。まともな抗議デモの参加者は略奪を阻止しています←動画あり)

    • 旧新人類 のコメント:

      いつも言葉足らずですみません。上記は某アカウントからの引用です。私は全然中国語読めません。

  17. 柏城"大保守"耕介 のコメント:

    虎ノ門に関しても維新寄りに取れる要素はあるわけですが出演者の一人も維新に対する支持は
    取り下げたという話もありますし橋下の置き土産によるヘイト規制を名目とした言論弾圧も
    あるため受け入れがたいものはあります。

    山本某に関してはアカと変わらないものすらあるため先日ついったにおいてBOTや芸人まで
    利用した倒閣による国家転覆を企んだ工作活動を行っている輩と同類だと感じてしまいます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください