【祝】韓国をホワイト国から除外。新しい半島との付き合い方へ【目出度いと思った人はシェア】


 

 

本心から目出度いと思う。
今後、半島との付き合い方は新たな局面に入っていく。
これは、日韓両国民にとって祝うべき慶事だ。
日本国民にとって、不当に虐げられ、名誉を貶められてきた時代の終焉。
朝鮮学校の最高裁判例も降りたという。

今後、我が国は、細部においても「今までの不当な特権」が排除されていくだろう。
また、行政も議会もこれに追随していくことが可能となる。
新たな時代の幕開けだ。
ただし、これで全てが終わったわけではなく、あくまで「始まりの一ページ」であることは強く認識せねばならない。

 

 

 

※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 
場の風が吹いてきたがゆえに「今後、やっと対応していける」という意味以上のものではない。
今まで、これらの案件に関わってきた議員は、メディアの集中砲火などにあい散ってきた。何人もの同士が討ち死にしてきた背景を忘れないで欲しい。
新たな変化とは、大手を振って明確な意思表示ができるようになったという意味に過ぎず、これから改善を進めなければならないという点は忘れてはならない。
ここはスタートラインだ。

時間は、あまり残されていない。
我が国は、そしてネット保守層は韓国にのみ対応できる状況にはない。
隣接する大国として、ロシア・CHINAを抱え、軍事的にも半島のみの対応に注力しすぎるわけにもいかない。
望まぬことであるけれども、やがて戦争は起きるように思う。近隣諸国の軍事バランスは不安定であり、経済的にも破綻の兆しが見えている。いずれかのタイミングで、世界チキンレース選手権はドボンし、どこかの地域で火を噴くだろう。
それが日本の近隣である可能性は否定できない。

これらの対応も含め、我が国が「自ら立って行く」一歩になったであろうことを、本心から嬉しく思う。
かつ、韓国の国民にとっても良いことだろう。このフローを経てはじめて、日本と韓国は「正常なお付き合い」をやっていけるようになる。一旦は冷却期間となるだろうが、いまの状況は極めて歪であると言わざるを得ず、正常化を果たさねばならない。

片方が片方を虐げ、謎の要望を声高に叫ばれ、
なぜか委縮するような関係は不健全であったのだ。
もう距離をとろう、そして距離をとった後に「在るべき関係」が構築される。

なんだかんだで完全に縁は切れない。
海を隔てているとは言え、残念ながら最も近い隣国には違いはなく、人的交流はゼロにはならない。だからこそ「ちゃんとした関係に戻ろう」という話。韓国の国民にとっても、「錯覚させられてきた過去」から脱却するという意味では、とても良いことだと思う。

ちなに私の考える正常化とは「もっと距離をとったまま」で、いまほど金銭的な要求や名誉を汚すような発言をしない「うるさくない状況」である。
とは言え、北朝鮮のミサイル問題、ロシア・CHINAのバランスを鑑みるに、西側諸国から脱退した韓国は、いつまで国家としての仕組みを維持できるかはわからない。

存在しなくなれば、お付き合いもしなくてよくなる。
それも「正常化」だ。

 

 

 

※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

29 Responses to 【祝】韓国をホワイト国から除外。新しい半島との付き合い方へ【目出度いと思った人はシェア】

  1. araigumanooyaji のコメント:

    “存在しなくなれば、お付き合いもしなくてよくなる。 それも「正常化」だ。”

  2. Always out of base のコメント:

    国家が破たんしても人間は消えません。日本と同緯度・以北で7500万人の人口を維持する国・地域は中国東北部、欧州側のロシア、ドイツしかない。中露には燃料があり、ドイツは海流の影響で温暖。朝鮮半島の石炭でどれだけの人間を暖められるか…1/3ぐらいかもしれませんよ。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、おつかれさまです

    >【祝】韓国をホワイト国から除外。新しい半島との付き合い方へ
    >【目出度いと思った人はシェア】

    ブレずに、粛々とすすめる日本政府を応援したいとおもいます。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    日本が大東亜戦争の停戦に至った1945年以降、小さな藩王国、士候国、首長国等を含めると180以上の国が消滅しています。
    消滅の形態は様々ですが、少なくとも中国共産党によって実質的に滅ぼされた国は今も尚生きる事の叶わない、ただ死んでいないだけの人生しか過ごせない状況に陥っています。

    韓国に関しては北朝鮮が尖兵として展開している為に錯覚しがちですが、背景には中国共産党が存在する訳です。

    既に”韓国の滅亡”が、未来の一つとして視野に入って居る方も多い事でしょう。
    この韓国の滅亡を中国共産党目線で見た場合、その後の北朝鮮の利用価値は如何なものかなど、考えておかなければならない事は多岐に及びます。
    そもそも長い歴史から見れば、朝鮮半島が完全に独立して居た試しは無く、中国共産党的に対露外交のプランを考えた際に、若しかすると北朝鮮主導の独立国家統一朝鮮などは邪魔である可能性もあるのです。
    っとなると、朝鮮を再び中国の版図に組込む可能性もある訳で、その様な事態に至った場合には、日清・日露戦争の頃と類似した勢力図に戻る可能性も想定しておく必要も出て来ます。

    勿論、上記の仮定はあらゆるベクトルが一定のタイミング、一定の方向、一定の箇所で交わった結果の、飽くまでも可能性の一つに過ぎません。

    ですが、未確定な状況に備えるに不可欠なものの一つが軍事力です。
    ここだけは、そろそろ覚醒しておかないと、何かとマズいかも知れません。

  5. 名もなきせいぎーー のコメント:

    北の飢餓、出生率。
    南は財閥の国有化をもくろむ現政権による経済破綻(財閥はパテントを移すか切り売りして国外脱出の可能性あり)と出生率。

    果たしてどれだけ体裁を維持できるのか?

    民族の核?核は一旦保持したとして、いつまで使える状態を維持できるのか。
    維持更新に莫大な費用が必要でアメリカですら大変。その他の国は推して知るべし。

    もちろん周辺国は全員、維持させる気が毛頭ない。

    本邦の大戦略としては、多くの友邦と協力し、不当なダンピング企業を潰し、国境をまたぎ制度の違いを意図的、脱法的に利用することにより税金を払わない企業、個人に抑制をかけ、各国の経済を不毛な人的コスト競争から脱却させ、もって経済基盤を揺るがないものとするのが第一。

    また、その体制を維持するために国防と国防における国際協力を進める。
    経済の協力体制とそのパートナーを見誤らないことが戦前の教訓として最重要。

    あとは本邦固有の問題としては、内部の治安の維持。
    これまで曖昧にしてきた矛盾にケリをつける時。その覚悟が必要。

  6. あめ のコメント:

    新しいステージですね。
    メディアもネットも毎日韓国韓国…韓国自体もこちらに必要以上のことを求めている状況ですが、実際に韓国にばかり目を向けるわけにはいきませんね。
    ネット保守は、本当に必要とされるところに、限られた時間というリソースを分配、注力をしていかなければ。

    今の私の気掛かりは、半島の有事です。
    移民難民が大量に押し寄せてきた時の対応に不安があります。
    収容施設に入りきれない程の難民が来た場合、それを先方が引き取らない場合、一体どうするのか…
    国内の大きな混乱が予想されます。

    • 常磐本線 のコメント:

      露助なら迷わず海の藻屑にするのでしょうが、我が民族は、一旦は保護するでしょうな。
      とりあえず、公海上(日本国領土の離島に渡れない場所で)にメガフロートに仮置きで良いでしょう。在韓米軍引き上げ時に、半島機雷封鎖が一番コスパ良さそうですが。

      • 冗談邊巣 のコメント:

        海の藻屑しか手は無い気がしますね。
        第二の強制連行の歴史を捏造される前に断固たる処置を取らないと元の木阿弥。ベトナムのボートピープルが大量に発生した時、人の見ていない海域で米軍が何をしたか。それに倣うのが良いのでしょう。

  7. BLACK のコメント:

    小坪氏、まだまだ地元が大変な状況の中、お疲れの中、更新をありがとうございます。
    (今日の更新は私は思っておりませんでした)

    無事ホワイト国除外が出来たこと、新しい日韓関係に踏み出すことが出来たこと、ほっとしております。
    それと同時に、今後保守が望む形で、一直線に日韓関係が距離をとることが出来るかは不確定だとも思っております。
    距離をとりたいのは、安倍総理にしても、政府にしても、山々と思いますが
    日米の友好関係、中露対策、日本人の安全、日本の安保等々、日本の国益から
    保守から見たら「政府は何故弱腰なのか」「何故ここで韓国に譲るのか」「政府は韓国に甘い」
    と受け取られる政策を選択する場合もあるのではないかと思っております。
    そのような時、
    保守がどれだけ政府を信用出来るのか、
    どれだけ政権を支持し支えられるのか、
    どれだけ激情を抑えることが出来るのか、
    どれだけ国益を冷静に追及出来るのか
    大きな問題と言うか、試練だと思っております。
    保守と国民が、そこを乗り越えてこそ、目指すべき「韓国との正常なおつきあい」が出来ると、私は覚悟しております。

    例えで言うと
    状況によっては日本への難民防止の為のスワップ復活や経済援助はあるかも知れません。
    日本国内の治安維持を、韓国へお金を出すことで「買う」。
    日本国内の平和を、日本のお金で買う(体裁としては「援助」する)可能性はあると思っております。
    お金をあげるから日本には来ないでね、と言う政策はあり得ると思っています。
    韓国がどのようになろうと自業自得で知ったことではありませんが
    韓国難民の日本への流入は避けたいです。防ぎたいです。
    政府がどのような判断をなさるのか、どのような政策をとるのかわかりません。
    今後もブレずに一直線に韓国と距離をとり続けるのか
    それとも距離をとったり一見近づくような形を見せるのか
    政府にしか判らない条件下での国益の判断次第だと思っています。

    日本国民、特に保守が、気持ちが晴れる、すっきりする展開にはならない可能性も大きいと思っております。
    ですが、「気持ちが晴れる」「すっきりする」の愛国で自国を滅亡させようとしている韓国民のようにはなってはならない
    激情で自分の首を絞め続けるような韓国民のようにはならない
    愛国で他国民をヘイトする韓国民のようにはなりたくない
    そう思っております。
    外交、とくに韓国民とのお付き合いは、激情や怒りに流された方の負け
    私はそう思っております。

    世界情勢がどのようになるのか、私には見えません、わかりません。
    韓半島が今後混乱の末に、
    中共に飲み込まれるのか
    ロシアに飲み込まれるのか
    国連統治下になるのか
    それとも旧満州と合併してネオ満州となり発展するのか(ただしこの場合国の支配は欧米)
    どちらにしても韓国は滅ぶと思っています。

    線引きが難しいですが
    毅然とした対応と、柔軟な対応、この両立を目指したいと私は思っています。
    何が毅然で、何が柔軟なのか、実際にはとても難しいですが
    でも、韓国のように、自分の首を絞めることが、リスカが「毅然」
    場当たりで相手国に無茶苦茶な要求を繰り返すのを、ストーカーを「柔軟」
    とは言えないのは確かです。
    韓国のように感情的にはなりたくない
    感情的になったら自国を滅ぼす
    韓国が教えてくれています。

    保守を引っ張って先導して下さるのか、小坪氏、と思っております。
    と同時に
    走り過ぎた場合にブレーキをかけて下さる、ブレーキをかけられるのもまた小坪氏
    そのように小坪氏のご判断に信頼申し上げております。

    まだまだ今日も気を緩めることの出来ない状況とお察しいたします。
    どうかお身体に気をつけて
    どうかご安全に!

  8. 一郎 のコメント:

    いずれ我が国が西側の最前線になる。

    西側の最前線を切り崩す為に、赤い軍団(悪性がん)が、さらに我が国の政治や経済に浸潤する。

    保守の皆様のご活躍を祈ります。

  9. 西郷隆盛 のコメント:

    漸く、日韓の【関係正常化】の端緒につきましたね。万歳!
    私の理想は【江戸時代】の関係です。上の方も触れていますが、例え「韓国に恵む事で、【我国への不法移民流入】を止む終えず選択するにしても、彼奴等に「分を弁えさせる」躾が必要でしょう。例えば、【朝鮮通信使=実質李朝の徳川将軍家への朝貢】の様に、
    1,来日するのも【我国の許可制】にする。勝手に来させない。
    2,満天下に、『日本様への朝貢に参りました。』という事をハッキリさせる為に【支那の伝統的朝
    貢儀式】に基づく【朝鮮日本国朝貢使謁見儀式】を厳格に儀式化する。

    これ位やらないと、彼奴等「直ぐに図に乗ります」からね。【平等な扱い】は厳禁です。最初に、それを「キッチリ呑ませなければ」相手にせず、来たら【ゲ リラ或いはテロリスト】認定し『見つけ次第殺処分する。』と、満天下に宣言する。

    此処まですべきです。
    明治以来の失敗を繰り返してはなりません。

  10. 山形賢一 のコメント:

    内閣改造で世耕、河野、両大臣が留任してもらいたいですね。

  11. mirage のコメント:

    8月28日は日韓正常化のスタートの日になりました。
    「謝罪と賠償」を求め続けるストーカーと大きな距離を取ることができると考えると、これから毎日が楽しみです。
    日韓が異常な関係であったことには、日本に半分の責任があると考えます。
    日本の反日左翼が、韓国の燃え盛る反日の炎に油を注ぎ続けたからです。
    ですから日本の敵は韓国と日本の左翼2つがあり、そのため日本は負け続けたのです。
    しかし、国民の大半が韓国に怒りを持つようになった今、この両面作戦にも日本は負けません。
    これから大事なのは歴史戦で、「日本がいかに韓国に貢献し、韓国がいかに日本に残虐なことをしたか」がポイントです。
    小坪さんには実務でお忙しいとは思いますが、2週間に1回くらいは真実の日韓史をこのブログを通して教えていただければと思います。

    • 西郷隆盛 のコメント:

      いや、米国の【我国に対する掣肘】も、彼奴等を「付け上がらせた」大きな原因でしょう。
      何せ、米国の政権は、【対韓国】に関しては、【常に我国を牽制するポジション】を取り続けましたから…
      トランプ政権になって、「韓国を突き放した」事が、我国が【対韓国フリーハンド】を得た主要因でしょう。

      ですから、【彼奴等を甘やかした大半の原因は日本】と言うのは、頂けませんな。

  12. 波那 のコメント:

    28日、韓国を貿易優遇国(ホワイト国)から「り地域」に格下げ。り地域は韓国だけ、他国は求められない書類も必要となるそうです。(韓国特典?)

    ネットの反応

    大変めでたい

    新しい世界の始まり

    清々しい気持ち

    経産省の皆さんありがとー

    抜けましておめでとうございます

    断韓コノヤロー

    書類出せばいい話

    感想 

    世界で一番優遇すべきでない国を優遇してたのがそもそも間違い

    これが是正され遅まきながらめでたい

    今日(28日)から輸出にいちいち経産省の許可が必要になったのは1194品目

    これとは別に戦略物資になりそうなものやミサイル製造に使われそうなものも順次追加に

    逆に韓国で作れるようになったが価格面で輸入したいような品目は削除されていく可能性

    ※可能性はごくわずか

    http://bouzup.blog.jp/archives/1075604507.html

    ✳最近ネットでよく見るようになったコメント。

    飯うま。酒うま。w

  13. 旧新人類 のコメント:

    ふと思ったのですが、北朝鮮の主敵はC国なのでしょうね。兄や叔父の暗殺や処刑もそれがらみだし、あの意味不明の主体なんちゃらという思想(?)にしても核武装への固執にしても、長年にわたる冊封秩序の奴隷状態から独立するというのが一番の動機ではないだろうか?今はまだそこまでの力がないから、二人のぷーさんに下手に出ているだけですね。そこにトランプが、ボルトンを横に置いて睨みきかせながら、安全保障を提供する等ブタにうまいこと吹き込んでいる最中じゃないでしょうか。ブタがどちらに寝返るかがカギですね。日本としては、北朝鮮とCがドンパチやってくれたら一番楽でいいです。Cが解体されて北と満州あたりに新しい経済圏が成立するというシナリオだったら、そこにいっちょかみたい露助も引き込めますね。Cも露もならず者国家同士だから本格的な同盟関係にはならないような気がする。とにかく少しでも日本から遠いところでガタガタやってほしい。こっち見るな。いずれにしても、日本は抑止力の強化が必要です。ミサイル配備という話が出ていますが、国内の反日勢力がまた発狂しそうです。私は断然支持します。その旨官邸メールしようっと。

  14. 神無月 のコメント:

    【祝】韓国をホワイト国から除外ですが、まあ、正しくは貿易信用度AランクからBランクに格下げですね。韓国は報告の義務を無視してきたのでは仕方がありません。

    それが、GSOMIA破棄とは。

    宿題の提出をしてこなくて、結果、成績を下げられたことが頭にきて、教育委員会に対して「引きこもるけど、責任は先生だからね。成績を戻せば出席してやる!」みたいなものでしょう。

    コリア人には上下の意識しかなく、揉めた場合、第三者を味方に付けて有利にする。その為には、嘘も含め騒ぎまくります。可愛そうなのは味方した第三者です。部外者がいつの間にか当事者にされてしまいます。

    日清戦争も日露戦争も朝鮮戦争もそうです。朝鮮国内のゴタゴタにいつの間にか、日本と清国、日本とロシア、アメリカと中国が戦う嵌めになったのです。

    元々の当事者は高みの見物となり、敗者に対して謝罪と賠償を求め続けます。

    GSOMIA破棄も、格下げ問題にアメリカを巻き込み、アメリカの責任にしようと暴走中です。

    日本人でコリアに対して免疫を身に着けた方は、相手にせず無視が出来ます。
    免疫のない方が、いちいち反論したりして相手の手の内に落ちてしまいます。

    マスコミの外国関係の報道の約9割は韓国ネタですね。
    どんだけ、韓国が重要なのか。

    私達は、縁を切る韓国の国内事情よりも、同盟国や中国の情報の方が重要だと思いますけどね。
    .

  15. 元修羅の国の住民 のコメント:

    異論のある方もあるでしょうが、文在寅大統領閣下に心から感謝を
    捧げるべき日が来るかもしれません。
    半島の南半分が火の海になる前に、自ら憎まれ役となり
    自称徴用工問題で日本企業の撤退を促し、
    反日原理主義的ファンタジックな言動を発することで
    日本人の反韓意識を執拗に煽りたてて訪韓者を激減させ
    半島が炎に焼かれる日が来る前に、少しでも半島内にいる日本人や
    日本企業の資産を減らして彼らの犠牲を減らそうと、
    米帝から馬鹿者扱いされながらも日々涙ぐましい努力を
    続けている様を、まさに感動と随喜の涙無くしては
    観ることが出来得ません。
    数十年後、ユギオ2により韓国から脱出した在韓外国人の
    一時退避場所になった対馬の地に「文在寅先生功労慰霊碑」が
    建立され、結果的に多くの日本人を救った功績を称え、
    その功徳を偲ぶ日が来るかもしれませんw

    (半分は冗談です、念のため)

    • じまさん のコメント:

      素晴らしい冗談です。見えない世界からの導きを感じてしまいます。

    • 異国より のコメント:

      同じ事を思いましたw

      かつてここまで短期間で嫌韓を日本のみならず世界に急速に広めてくれた大統領が居たでしょうか、いやない。

      • 常磐本線 のコメント:

        何も考えずやっていると思われる、この大酋長!!
        ※痴呆症発症してるんでしょうな・・・・

  16. 名無しの案山子 のコメント:

    【祝】韓国をホワイト国から除外。

    今度の日本政府の対応は、今迄の対応とは違う大きな変化です。

    思うに、世界は米中冷戦という新時代に向かって動いていて、日本の韓国への対応の変化もその布石の様な気がします。

    今の所、ブルーチームは韓国に対して、どっちのチームに入るのかの決断を迫っているという状況の様な気がします。(もしかしたら、既に見放したのかもしれませんけど)

  17. 西郷隆盛 のコメント:

    小坪さんのブログに集う皆様にお願いの儀が有ります。
    御存知の方もおられると思いますが、今、【新帝陛下即位の最も重要な儀式である大嘗祭】が、宮内庁の【独断】で【1300年続く伝統の破壊】が進行中です。

    大嘗祭が行われる【大嘗宮の造営仕様】は、遠く【天武天皇の御代】に制定され、中断を挟みながら、営々上皇陛下の大嘗祭迄【厳格に継承】されています。その【唯一無二、only oneの世界で1つの伝統文化】が、【宮内庁の君側の奸】によって破壊されつつあるのです。

    その【延喜式】にも記載された【大嘗宮の造営仕様】は…
    イ、材木→【黒木】=樹皮を剥がない丸太を使うべし。

    ロ、宮の屋根葺き→【茅葺き】の古式工法【逆葺き(サカブキ)】で葺くべし。

    その【茅葺き】を、宮内庁は【板葺き】に勝手に改竄、造営を強行しています。その屁理屈は…
    1,経費節減の為、2,材料と人材(茅と茅葺き職人)の払底、3,【茅葺き屋根の安全性】の疑義。

    上の【屁理屈】に、【社団法人・日本茅葺き文化協会、安藤邦広理事長(筑波大学名誉教授)】は、昨年12月の時点で【反論し完全論破】しているのです。以下反論は…

    1,経費節減←茅葺き屋根の古式工法【逆葺き(サカブキ)】ならば、江戸時代以降の近代工法【真葺き(マブキ)】に比して35%の費用で済む。何と【65%】の経費節減になる。

    2,【茅と職人】の払底←大嘘!心配無用。【8月中に発注】で、【9月中旬】には【職人20名】【工
    期二週間】で着工可能。つまり【10月中旬】には、遅くとも完成する。11月の大嘗祭に間に合う

    3,【茅葺き屋根の安全性?】←答は【伊勢神宮の茅葺き屋根】にあり。その仕様は【宮内庁改竄仕
    様板葺きの下地+その上に茅葺き(逆葺き=サカブキ)】で有る。真似れば解決。
    大体、【1300年に亘り支障無く継承】されて来た事で【安全性の証明】になりますね。

    宮内庁は、以上の様な【屁理屈】を以て【新帝陛下】に【1300年の伝統文化の破壊】の罪を犯させようとしている【不忠者、君側の奸】です。
    これは【令和の道鏡事件】です。
    危惧される皆様。【草莽の令和の和気清麻呂】となり、官邸・宮内庁メールを以て【大それた奸計】を阻止して頂きたく、伏してお願い申し上げます。

    • 異国より のコメント:

      君側の奸だけでなく、前東宮はレッドチームの傀儡ですよ。

      • BLACK のコメント:

        西郷隆盛様のお怒りとお気持ちは保守であれば同感でありましょう。
        私も良く理解できます。

        が、最近の私は少し冷めています。
        日本人として保守として皇室を敬いたい気持ちは持っておりますが
        ☆現在の皇室制度・皇室の在り方・皇室のスタイルは明治維新後のものであること
        ☆明治新政府が政権運営の為にそれまで表に出てこなかった天皇を政治の前面に出したこと。
        ☆皇室行事の様々な歴史は、嘘ではないと思われるが連綿と引き継がれてきたとは、皇室の財政上無理があると思われること。
        ☆天皇が日本最高位の神官であるとするならば、すでにそれは破綻していると推察されること。
        ☆日本と日本国民の為に祈らない、ただ尊敬され敬われる存在としての天皇が必要なのか疑問に感じること。
        ☆私感ですが、皇室と天皇は日本の国体、日本人の団結の要、と思ってきましたが
        もしかしたら日本人は皇室・天皇がいなくても自国の為に団結できるのではないかと感じている為。
        日本人が団結できるのは制度ではないのかも、と思えている為。

        以上のことから、私は
        今後皇室が日本人にとって害悪無く存在出来るのであれば歓迎しますが
        外国勢力に乗っ取られたり、売国的または左翼的であるならば、いっそ無くてもよいのではないかと感じてきています。
        以前に亀井静氏でありましたか「京都に御帰りになられて」発言がありましたが
        京都で政治や外交や利権に一切かかわらずに静かに存続するのも良いのではないかと、最近は思えて来ました。

        なので、大嘗祭のことも経費削減の為であれば、私としては批判する気持ちはありません。
        秋篠宮様の「質素に」と言うニュアンスにも賛同します。
        国として「国威の為に、外交の為に、ここは盛大に費用をかけて」というのであれば批判はしません。

        保守としてあるまじき発言と自分でも思いますが
        最近、私のように考え方を変化させている保守もおられるのではないかと思います。

  18. ミロクの世へ のコメント:

    小坪市議 毎日の更新、ありがとうございます。

    オバマ大統領のときまでは、南朝鮮に譲歩させられてばかりでしたが、少しまともに対応できるようになってきていることは、喜ばしいかぎりです。

    あめさんも指摘されているとおり、半島有事における難民移民への対応がとても心配です。関係省庁は、対策を準備しているのでしょうか?

    国会議員の方々、日本の治安・国民の生命・財産に関わることです。しっかりと仕事をしてください。大東亜戦争後、朝鮮戦争当時のような、悲劇を繰り返さないように。

  19. ATD-X のコメント:

    やっと普通の2国間関係への第一歩が始まったんですね。
    優遇政策、それは日本弱体化政策の一環で米国内の国際金融派が撒いた毒物。
    それを言い訳にこれらに積極的に協力した経団連や役人も問題はありますが、
    まずは第一歩を祝福したいですね。

  20. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    中指突き立てて仲良くしようぜ、みたいなことを宣いながら猫虐殺同然の
    行為を彼等なりの正義で主張するような相手とは手を切りたいところで
    すらありますがそこに対して釘バット振り回すような状況ではいわせて
    おけばいいとか嫌ならみるなで済まされるわけでもないだけにさらなる
    対処は必要だと感じてしまいます。

    猫虐殺ってのは猫好きな身の上でもあるだけについったなどのアカウント
    停止に関する比喩表現であるわけですが…

  21. 日の丸弁当 のコメント:

    日本国内においても大多数の真っ当なホワイトな人たち(律儀で勤勉でちゃんと義務を果たす人たち)と左翼思想(半島風土病)に毒されたホワイトな人たちの邪魔にしかならない奴らは、ちゃんと区別してほしいな。
    例えばホワイトな人には特別なクレジットカードが発行されて(今持っているクレジットカードに優遇識別をつけるのは簡単にできる)消費税などが優遇されたり様々な料金が割引になったりする仕組みだ。
    日本国民のための政治をしっかりやってほしいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください