【慰安婦像など撤去】大村知事、展示の責任認めず。反日イベントと化していた、愛知県の監督責任を追及せよ。【税の支出を容認しない人はシェア】


 

 

いわゆる慰安婦像などが撤去される。記者会見にて、大村・愛知県知事、津田大介監督が明らかにした。大村知事は、事前に展示物について把握していたことを認めており、確信犯であったとして扱うべき状況だ。
津田大介氏は、記者との質疑応答において、(彼らの言う少女像について)「韓国の大使館前にあるものと同一」である旨を認める発言を行った。私も知らなかったのだが、世界には慰安婦像の金型は4つあるそうで、そのうちの一つが日本にあるらしい。確かに鋳型で作るものだから、量産金型が存在するとは思う。そのうちの一つが日本に在るらしい趣旨のことを口走っていた。かつ、今回、展示された慰安婦像は日本で新造されていたものらしい。

記者との質疑応答において、新作であるか否かが問われた。新作?という表現に「え?なんだ?」と感じたのだが、津田氏も最初は少しわからなかった様子。記者より、台座?か何かのパーツが装着され、完全状態で展示できたのは初めてみたいな話があり、私は「え?慰安婦像って、いくつかのパーツがあるの?」と驚いた。部品構成で考えると、金属製の部分と木製の椅子があることはわかる。どうやら、それ以外に台座かカーペットか何か、下部パーツがあるようだ。その部品が何なのかは、私にはわからなかった。
物凄くどうでもいい情報かも知れないが、会見における質疑応答では、「ほぉ、それはトリビア」という情報も飛び出しており、なかなか興味深かった。

これらのパーツが装備されたことで、「新作になるのか?」みたいな質問趣旨であり、記者が再質問していく中でこれらのディテールが明らかになっていった。このあたりの話も含め、記事には一切、書かれていない。

私が感じたのは、「愛知県が、税を投じて展示を続けた場合」には、日本にある量産金型を用いて、日本中が慰安婦像になる危険性があったという恐怖だ。こういう状況にあったことは、会見を聴いていないとわからない。ネット上でも保守も発信していない情報であり、ある意味では貴重だろう。
メディアが配信した記事を論じるだけでは、この分野は足りない。

個人的なトピックとしては。
柴山文科大臣の公式Twitterにて、公開でお返事を頂いた。実はかつて請願の紹介議員になって頂いたことがあり、本当に昔のことだけれどもお会いしたこともある。流石に覚えていないだろうけれど。
一介の市議に対し、公開でお返事を頂いたことは嬉しかった。感謝の思いもTwitterで返信したのだが、時代の変化を感じた。

さて、撤去の記者会見だが、まず大村知事が一時間ほど。これを閉じてのち、津田大介氏の会見となった。私はライブで聴いたのだが、大村知事については後半部分を。津田氏の会見はほぼ全てを聴いた。(途中で連絡があった際を除き全て聞いた。)

大村知事の会見において着眼したのは、大村知事が事実上の確信犯であったことが明らかになった点だ。メモ・速記の類をとれていないため、数字に誤りがあれば訂正をお願いしたいが、「四月半ばには展示の方向性、および展示物についても把握していた模様」だ。津田氏らが率いる実行委員会の独断ではなく、知事も了解のうえで実施にしていることが会見で明らかになった。

また、四月の後半であるが、日付けを明示した上で、文化庁の交付決定通知を得ていることも触れていた。この部分は、名古屋市長からの撤去要請や国費を投じるかについて言及した官房長官との関連で出てきた話だ。
大村知事は、「交付決定を受けている」ことを述べ、事業の実施後(つまりトリエンナーレが終わったのち)、文化庁に対して国費を頂けるよう手続きを行う趣旨の発言を行っていた。
その際には「交付決定を紙で頂いている、日付けも入っている、額も記載されている」と、文化庁の予算をもらえることの正統性を述べていたように感じた。はっきり言えば、”どうしても国費は欲しい!”という思いが透けて見えた。

その際に交付決定を受けたこと、事業として採択を受けたことを論拠のように述べていたが、大村知事は間違っている。キャリアから考えれば、いささか不勉強ではないかと感じた。大村知事は、かつて県連会長も務めているし、国会議員を五期務めている。副大臣や政務官も務めており、内閣を含め行政庁の動きは知っていて当然だ。

文化庁の上級省庁は、文部科学省である。
行政庁としてのトップは、文部科学大臣である。大村知事ではない。予算案は、行政庁である文化庁が提案し、議会が承認して初めて執行される。県知事と県議会も同様だ。交付決定通知の文書は、そのまま予算執行ではない。
かなり初歩的なことであり、何を言っているのかまったくわからなかった。

文化庁として予算案を提案するか否かの権限は、文部科学大臣である柴山先生の職権である。愛知県知事の職権ではない。また、文化庁の官僚が最終決定ではない。有識者会議などの手続きも必要かと思うが、今回の文化庁の事業助成は満額でスムーズに行くとは思えない。
また、最終的には国会の承認という、議決が必要である。これは立法分野の話であり、提案権は行政職である大臣にあっても、最終決定は国会という議会承認が必要だ。衆参両院で与党を占める自由民主党は、党の部会で厳しく本件を追及している。私は、ゼロでいいと思っているが、確実に減額処置はなされるだろう。なされるべきだ。

大村知事は、中止にする理由を安全上の理由などにすり替えていた。実際、テロ予告に相当するようなFAXがあったそうだが、被害届は出していないともコメントしていた。ガソリンの携行缶に言及した内容だったそうで、テロ予告と受け取ったという回答だった。ただし、ニュアンスとしては具体的に示されていたとは考えられず、刑法犯として罪を構成するか否かはわからない。

(私は爆破予告を具体的に受け、被害届を出し、犯人が逮捕され、司法の場でシロクロつけて、かつ議会で取り上げ、議会だよりを用いて市民に報告した。議会に対しては内容証明郵便をもって主張した。)

知事は、会見において「慰安婦像の展示」についての責任は明言しなかった。また、慰安婦像以外の、昭和天皇の御真影を焼く映像についても、日の丸・星条旗を汚損するかのようなドーム状の構造物についても言及はせず、ノーコメントを貫いた。ロジックとしては、芸術や表現については、中身にコミットすべきではないという論法だった。
だが、予算はどうしても欲しい雰囲気で、自分たちは単なる被害者だと言わんばかりの主張を繰り返した。記者らは、ある意味ではグルみたいな論調の社が多いため、そのまま会見は続いた。

このあたりは私なりの分析だが、文化庁の助成がストップすると「足りない分を、県が支出せねばならない」のだろう。そうなると、この状態では県議会がスムーズに通るか自信がなく、県費の増額を嫌ったのではないか?と感じた。愛知県が8億超、名古屋市が2億超の事業であり、文化庁の7800万円は総額からすれば比率は低い。
だが、増額を議会に諮るのは面倒だ。知事も了解のうえで好き勝手にやらせて、国から助成を受けられなかったため、増額してくれと議会に行っても素直にうんとは言うまい。まぁ、単に面倒くさいというだけではないかな。

他、思うことは、文化庁が協賛から離れた場合のダメージだ。3年ごとに開催している芸術祭だが、今回、離れられると3年後の開催にも打撃がある。また、企業協賛も錚々たるメンバーだが、看板として文化庁が使えなくなると、企業協賛も得られにくくなる。金もだが、看板も大事ということだろう。
ただ、交付決定を「紙でもらってる」だとか「額も記載されていた」と、二元代表制で生きる者からすると上から目線というか上滑りしたロジックで必死に強弁する姿はあさましかった。

ならば、慰安婦像をはじめ、昭和天皇の御真影を焼く映像や国旗を侮辱するような展示物について、知事として会見でしっかり言及し謝罪すべきだったように思う。それは認めず、金はくれ、看板も使っていきたい、紙でもらったもんは、ぶっちゃけくそダサいと思った。

そのため、私のターゲットは、文化庁の助成、この部分を目標とし続けることに変更はない。

 

津田氏の会見について。
正直、ちょっと見直した部分もある。なかなか男らしい部分もあった。思想は相いれないが、わかっている部分はわかっていると思った。
例えば「中止ではなく休止扱いとし、事態の収束後に、再度展示する」などの方法はなかったのか?という趣旨の質問に対し、実行委員会にはそういう思いもあったことを認めた上で、電凸を始めとした抗議活動を沈静化させるためには、「すぱっと中止」するしかない旨、明言。これはネット対策としては正しい対応で、判断としては正しい。
展示物の作者ら、全員からは(撤去の)了承は得られていないことを述べ、私の責任だと芸術監督としての責任で自分が背負うことを述べた。この点も、私には高評価だった。

公共でやるため、企業協賛らへの電凸などが苦しかったことも言及。実行委員会側の応対人数も増加させたが手がまわらず、美術館などにも電話が波及していったことを、苦しそうに述べていた。この部分は、本心だと思う。

記者からは、韓国とベトナムに関する像の話もあった。ライダイハンの像であると推察する。津田氏は、ここにも正面からコメントしており、実行委員会で検討はしたし、天秤を釣りあわせる意味で自分も考えた趣旨のことを正直に述べ、テーマが日本で展示し撤去されたもの、もしくは許可が下りなかったものを対象にしていることを理由に回答した。
ライダイハンの像を設置について、片一方ではなく設置すればよかったのかなみたいな発言もあり、そうしなかったことの全ての責任は自分にある旨、発言し謝罪していた。
(大村知事がひどすぎて、誉めたくもないのだが、津田氏の会見がよく見えてしまったのだろう。)

 

文化庁の予算の話に戻る。
これは、不採択扱いに変えるなどし、ゼロ回答にすべきだ。少なくとも減額は間違いないだろう。
そうしていく。私は、そう動く。

津田氏は、大村知事ほどにはここは言及していない。官房長官の発言を圧力とか検閲と感じたか?みたいな質問に対し、かなり気を使った回答をしており、そういう意味では文化庁の助成金を重視している空気はあったが、大村知事ほどこだわってはいないように感じた。知事に比較すれば、男らしさを感じた。

だが、予算については気が気ではないのが実情だろう。
今回の芸術祭は、多額の税金が投じられているのみならず、企業協賛も相当にある。何を作るにも予算は必要だが、”芸術家”には対価が払われるようだ。少なくともハフポストの記事では、その趣旨の回答を津田監督はしている。

これらの実行委員会の、反日展示物みたいな製作者にも「対価は払われる」と見るべきだろう。ようは慰安婦像の作者や、昭和天皇の御真影を焼く映像の作者、日の丸・星条旗を汚損するかのような作品の作者にも、だ。
ここは津田氏の友人らで構成されているようで、会見でも素直に応えていたのだけれど、「総額が削られた」場合には、まずしわ寄せが来るのは津田氏の友人たちだろう。

ようは、文化庁の予算が減額されると、県費を簡単には増額できないので、どこかを削らねばならない、と。反日展示物というべき作品の、作者の取り分が大きく減る。
というか、大村知事は名古屋市長のことをかなり悪しざまに述べていたが、名古屋市は素直に金を出すのだろうか。すでに予算は通っていると思うし議決は得られているとは思うが、9月議会で(名古屋市議会でも)ひと悶着ある可能性はあるし、名古屋市長はかなり面白くない思いもしたと思う。

となると、総予算が不足する可能性は高いわけで、
文化庁とビヨンド2020が逃げて、企業協賛が逃げ出すと、いよいよ足りない。
活動家みたいな方が混じっていたとして、行政から金を引っ張ることが難しくなる。

ゆえに、文化庁の予算には、かなりピリピリしているのだろうと私は感じました。
リード文としては長くなってしまいましたが、会見の様子や今日あったことを述べていきます。かつ、抗議先や私たちの効果的な動きを述べます。

本稿は、実際の記者会見の様子や私が政治家として実際に動いたことを述べていくものです。先に述べておきますが、メディアの配信記事をベースに論じているネット保守論壇の意見とは、かなり違うと思います。
で、リアルに即したものであろうと思っています。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

最後まで撃ち抜け

担当する職員は、かなり疲弊していることは事実だろう。記者会見でも言及していた。
私は、非常にドライであるので、敢えて第一目標に実行委員会事務局を掲示する。

および愛知県の本庁舎に。
ここは休日だろうから、ほぼ窓口は機能していないだろう。だが、第二目標として掲載を続ける。

人数こそ少ないが、県クラスであれば休日対応もしているはずだ。
(してなかったらごめん。)

抗議方法の雰囲気も少し変えていこう。

 

弱点は、明示された。
確かに展示物の撤去も実施された。

「日本人なら」という声とか、美徳がどうとかいう話はあるだろう。
だが、それはダメだ。

私が政治家として得た経験と、ある意味では現場指揮官として感じる空気。
ここで、しっかりと振り抜いておくことは重要。

 

冒頭で津田氏のことを誉めすぎたが、もう一回、誉めておく。
彼がネットを含め、今後も指揮をとることがあるとして、(実際あるだろうが)、彼のためにもなる。

こういうことをしたら、どうなるか。
それは痛感したように思う。

で、どこまで続くのか、というのを脳裏に刻み込んでおかせたほうが、彼のためにもなる。
そして、私たちのためにもなる。

 

日本人が本気で怒っており、中止しても「いったん、展示したこと」には怒りが静まらないと。

こりゃ国内での展示は無理だな、と。
公共でやるのは無理だ、と。
きっちり思い知らせてやったほうがいい。

 

恨みとは言わないが、私だってヘイト認定を受けて、総攻撃にあったことがある。
少しでも弱みを見せれば、徹底的にやられてきた。

「あぁ、反撃はされるし、きっちり白旗をあげないと駄目だ」と。

 

そのためには、弱点を徹底的につくよりない。

 

 

 

抗議の論法

愛知県知事の会見について攻めるべきだ。

 

津田氏への個人攻撃は控えたほうがいい。

好きにしてくれとは思うが、恰好が悪い。
「あぁ、津田が嫌いだから抗議の電話ね」と扱われると、効果が半減する。

ま、ちょっと可哀想だなって思ったことは私も正直に書いておく。

 

攻撃対象は、公人であるべきだ。

大村知事は、県の行政トップである。
すでに半壊した津田氏を責める必要はあんまり、ない。
事務局への攻撃が継続すれば、どちらにせよ津田氏へのダメージなる。
(現場の責任者として、疲弊していく電話対応のスタッフを目の前にしているそうだ。)

 

抗議方法案

愛知県知事の記者会見がひどかった。
テロ予告などは許されないが、抗議が殺到した理由について正面から受け止めたものではない。

文化庁など、国費の投入は絶対に反対である。
我が国の方針に明確に反しており、このシビアな状況で慰安婦像を国内で量産させる危険性すらあった。

その件については一切釈明や謝罪がない。
自分たちは完全なる被害者のように振る舞っており、怒りを感じた日本人が納得できるようなものではなかった。

展示物に対しての抗議が殺到したにも関わらず、その点は明言を避けるなど逃げまくっている。その上で、国費だけはくださいみたいな、あさましい会見であった。

撤去したからいいではなく、芸術祭をこれからも継続していくならば、行政トップとして、原因を明示し、責任を明かし、きっちりと謝罪すべきだ。

 

みたいな内容でお願いします。

あくまで一案です。

 

あまり難しいことを言う必要はなく、「撤去したとは言え、あの展示物には傷つきました」ぐらいの短い電話でも結構です。

話せる人は、がっつりやってもOKですが、最終的には抗議の数がいくらとかいうカウントになります。

 

 

 

抗議先

担当する職員は、かなり疲弊していることは事実だろう。
敢えて第一目標に実行委員会事務局を掲示する。

および愛知県の本庁舎に。
ここは休日だろうから、ほぼ窓口は機能していないだろう。だが、第二目標として掲載を続ける。

人数こそ少ないが、県クラスであれば休日対応もしているはずだ。
(してなかったらごめん。)

 

あいちトリエンナーレ実行委員会事務局
(愛知県県民文化局部文化部文化芸術課トリエンナーレ推進室内)
住所:〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター内
TEL:052-971-6111(代表)
FAX:052-971-6115
E-mail:triennale@pref.aichi.lg.jp

 

(愛知県)
代表電話:052-961-2111
知事室 :052-954-6000
県議会事務局:052-954-6730

知事室(執行部)には、「何を考えているんだ!」という抗議を行って頂きたい。被害者は日本国民であるという観点で言えば、愛知県民以外であっても良いと思う。
また、議会には「是非、議会で知事部局を質して頂きたい」という依頼の形でお願いします。
※ 議会は予算を審査する立場のため、双方へのアプローチは微妙に異なる。

 

(名古屋市)
代表電話:052-961-1111
市議会総務課(庶務係)052-972-2083

※ 名古屋市は、愛知県知事から攻撃を受けるような発言を受けているため、「愛知県知事の発言ってないですよね」「でも、名古屋市も予算だしてますし、それは抗議します」ぐらいで大丈夫。
「減額ってできないんですかね?」ぐらいは言ってもいいかも。

県と違い、休日対応の職員数には限りがあると思うので、できるだけソフトに。名古屋市は攻撃しないように。
月曜日でもいいと思う。

 

 

企業は、かなりのクラスの会社もあるため、コールセンターは開いてると思う。
月曜日も継続していこう。ここは、効いていることがわかっている。

助成
・文化庁
・一般財団法人 地域創造
・損保ジャパン日本興亜
・野村財団
・一般財団法人 東海テレビ国際基金
・cooperacion espanola(スペイン国際開発協力機関) 政府機関
・公益社団法人朝日新聞文化財団
・芸術・文化による社会創造ファンド
beyondo2020

協賛の一部を紹介、イオン、シチズン、愛知県医師会、麻生グループ、名古屋競馬、VOLVOに愛知県宅建協会、三菱UFJ銀行、TOYOTAまである。

株式会社豊田自動織機、株式会社百五銀行、愛知県農業土木研究会、NDS株式会社、株式会社LIXIL 中部支社、愛知県私学協会、一般社団法人愛知ビルメンテナンス協会、株式会社コングレ、トヨタ紡織株式会社、公益社団法人愛知建築士会、豊田通商株式会社、日本製鉄株式会社 名古屋製鉄所、東海東京証券株式会社、名港海運株式会社、愛知県農業土木測量設計技術研究会、名古屋商工会議所、株式会社クレディセゾン 東海支社、東和不動産株式会社、ホーユー株式会社、株式会社NHKプラネット中部、名古屋ファッション専門学校、阪和興業株式会社、カフェ コンセッション、興和株式會社、トーテックアメニティ株式会社、アイシン精機株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、愛知県行政書士会、愛知県舗装技術研究会、伊勢湾海運株式会社、第一生命保険株式会社、株式会社デンソー、豊島株式会社、豊田合成株式会社、日本たばこ産業株式会社 東海支社、三井住友海上火災保険株式会社、学校法人愛知医科大学、愛知県美術館友の会、朝日電気工業株式会社、天野エンザイム株式会社、一般財団法人荒井財団、OKB大垣共立銀行(多すぎるの後略、詳細リンク先)

協賛意外にも、協力という項目があり多数の企業が名を連ねる。
また、会場提供にも多数の企業が掲載されている。

 

 

 

これは、ほとんど掃討戦に近い。

そして、それは重要なことだ。

 

 

 

実績に利用される危険性

公共で展示されたことは、事実だ。

 

今後、「実績」として悪用されていくだろう。

すでにハンギョレ、朝鮮日報、中央日報が紙面化しており、
謎の阿吽の呼吸を見せている。

記事はすでに在り、使われ続けていくだろう。
ここは確実視されている。だからこそ、私たちは続ける必要がある。

 

 

 

日本国内に量産金型が存在していることも明らかになっている。
いまもあるかはわからないが、今回の慰安婦像は日本国内での生産だ。

量産できる可能性は残っており、日本中に慰安婦像が展示されまくる危険性は、まだ除去されていない。
むしろ会見において顕在化した。

 

和田先生の考えは、もっともだと思います。

 

 

ちなみに、
大村知事や津田氏は、和田先生を直接的に攻撃することはない。

いま彼らが怖いのは、文化庁の助成金のカットだろう。
官房長官が言及したことには、かなりビビっている(特に大村知事)様子で、会見でも気を使った回答をしていた。

和田先生は、菅官房長官の側近であり、参院選では地元に何度も官房長官が入っている。

 

ここで和田を撃てば、どうなるかは彼らはわかっているはずだ。
だからこそ、ここは「和田押し」で行こう。

政治家というのは、こういうときに弾よけというか、盾にして進めるための存在でもある。
みんな選挙で力を貸しているわけだから、是非とも利用させてもらいましょう、それは悪いことではない。

和田先生に、少々、被弾しても構わない。
むしろ和田を撃てば、「上が動きやすい」ぐらいに思っていいと思う。
(こんなこと書いたら怒られるかもしれないが。)

 

じゃんけんぽんで、相手が確実にチョキを出しているときに、
手札にぐーがあるなら、全力でグーのカードを切るのは普通のこと。

和田先生の露出をあげ、RTなどで拡散していこう。

 

どちらにせよ、和田先生は徹底的に言及して行く。
そもそもCBCテレビが選挙期間にやらかしてるわけで、むしろ躊躇う理由がどこにもない。

斬り込むと思うので、タイミングをあわせて援護射撃を。
(このあたりは、特にアクセス数の大きなまとめサイトやTwitterのインフルエンサーなど。)

 

 

 

文化庁の事業を停止するロジック

ここは大村知事の会見を聴いたうえで策定したロジック。

色んな先生がいると思うので、私のは私の案として。

 

交付決定がされていること自体は事実であり、通常であれば減額が限界だと思う。
理由は、トリエンナーレはこの実行委員会にも各種の団体が入っており、このような展示物だけではないからだ。例の一派だけの分だけ、減額。
これが普通の考え方。

 

その上で、ゼロにする方法。

虚偽申請みたいな論法とか、信義則みたいな話はやれる。
大村知事が実行委員会が掲げるテーマであるとか、展示物について把握したのは四月の半ば。決定通知はその後であった趣旨のことを会見で述べていた。

ここは会見をしっかり文字起こしして調査して欲しいけれど、時系列の話。

 

文化庁が決定をし、書面で採択を伝えた際、大村知事は「把握していた」のだ。
文化庁がこれを把握していたか否かだけれども、把握してなかったと思う。ここは調査が必要だけれど。

その意味では、愛知県が「国をあざむいた」という主張は成立する。
助成の申請をする上で、不誠実だという論法で、事業採択したことが誤まっていたというやり方なら「ゼロ回答」に持って行くことはできると思う。

このやり方は、文化庁の官僚の面子も守るロジック。
ある程度は素直に応じるのではないか。

 

県知事の、そして県行政の、管理能力の欠如。
芸術監督自身が「炎上する可能性」を想定し、知事も了解したうえで進めていた。

結果として文化庁にもダメージを与えている。
把握しつつも報告せず、文化庁の面子まで潰そうとしたわけだ。

この論法ならば、ゼロ回答を求めることは不可能ではない。

 

まぁ、それでもいくらかは支給されるだろう。
採択の通知を出しておいて、完全にゼロは正直むつかしい。
だが、ゼロを求めていかねば、減額もできない。

 

彼らは、自分たちが被害者みたいなことを言っているが、
文化庁こそ被害者みたいなもので、県知事も芸術監督も好き勝手にやって、
危ないかもな?と思いつつ踏み込んで、見事にドボンしたわけだけど、
巻き込まれた文化庁のほうが被害者だ。

だから、文化庁には「大変でしたね、貴方も被害者ですね」「ところで、嘘つきにはお金あげんでいいと思いますよ?」「国民として、あんな展示物について私の税金を使われたくありません」ぐらいは言っていい。

 

 

(文化庁)
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
電話番号(代表) 03-5253-4111
御意見・お問合わせ

 

休日はつながらない可能性も高いですが、メールだけでも送ってもらえると、強力な援護射撃になります。

 

ぼそっと書きますが、協賛、消してくれんかな、と。
その場合は、3年後のトリエンナーレにも影響でてくるし、今後の企業協賛に影響でてくるんですよね。

 

ぶっちゃけ、バタバタで中止したのって、文化庁の顔色だけじゃないだろうなって。

星条旗の件で外務省とか大使館が面倒なことになって、文化庁も身動きできないような状況になりつつあったとか、そういう話もあったんじゃないかなって。
あくまで推論ですけど。

 

愛知県の衆議院議員(7区)の鈴木淳司議員の投稿。

 

下記の二点は注目すべき点だと思います。

>①現状について
 本日(8月2日)、文化庁は主催者側と会う予定だったが、急遽キャンセルとなった。今後は未定。したがって、事実関係や今後の対応について確認は取れていない。

> ③今後について
申請の時点で、この展示については申請内容に含まれていなかった。そのため、再度第3者委員会を開き、有識者のご意見を聞いた上で、文化庁として判断したい。

 

文化庁が実行委員会に「会いたい」というか、会う予定だったらしいんですよね。
それをキャンセルになって、そして中止。

ここで会ってしまうと、どういうことを言われるかわからないし、ある意味では恐れをなして「さっさと中止」にしたという経緯ですよね。

で、知事の記者会見。

 

ならば、文化庁の助成を吹っ飛ばすロジックで可能だと思います。

このあたりは調査が必要でしょうけれど、それは私の仕事ではなくて、
国会議員と官僚の仕事だと思います。

私がすることは、読者に「さて、国民の声を挙げていきましょう」と呼びかけること。
ゼロにする動きを国会議員がとれるように、環境整備を行っていくことだと思ってます。

 

 

 

時代の変化

少し取り留めもないBlogになってしまったので、最後ぐらいは良い話を。

 

文部科学大臣が公式アカウントで、公開で返信をくれました。
びっくりしました。

言ってみるもんだな、と思ったのは秘密。

 

 

時代の変化を感じます。

私も、御礼はTwitterで書きました。

 

 

tweetでも触れていますが、かつて紹介議員になって頂いたことがあります。
当時は自民は野党で、民主党と戦っていた時代のことです。

国会法に基づく請願というものがあり、直筆署名には限定されますが、実際に下記のように公式に扱われる手法があります。
ロビー活動としては、国民が取り得る最強の手法だと思っています。

(陳情と違い、公式に保存されます。ただし、現職国会議員が紹介議員になる必要があり、事務所との調整作業など事前準備がかなり大変。)

請願名「国旗・国歌法の改正を求めることに関する請願」(衆議院)

請願名「尖閣諸島・沖縄への自衛隊配備と日米同盟強化を求めることに関する請願」

 

色んな請願を書きました。
えっと、上記の請願は、私が作ったものです。

かなり大変な準備なのですが、単年度に限っていえば日本会議を超えた年もあって。思えばネットのロビー活動とか署名運動のはしりだったな、と。

当時はまだ市議でもなくて。
上京費用とかめっちゃ苦労してて、バイトとかして貯めたお金で行ってた。

最初は紹介議員もなかなかつかなくて。
柴山先生は、かなり初期のころに、ぶっちゃけ何の面識もなかったのにあっさりOKくれた事務所だったと思います。

お会いしたのは一度だけだと思う。
たぶん柴山先生は覚えてないでしょう。

 

気づけば、柴山先生は大臣になっていた。
ニュースを見たとき、嬉しかったけど、それ以上に驚いた。

当時、紹介議員になってくれた先生なんて、あの頃は若手として扱われていて、中堅とは言えないカテゴリで、党内でもペーペー扱いされてた気がする。
私なんて、市議選に敗れて浪人中、ただの政治少年みたいな存在だった。

熱いハートだけが武器で、野党だった自民は総議席数が70とか80ぐらいじゃなかったかな。30とか40事務所を飛び回るって、ほぼ半数と付き合うみたいな話で。
正直、事務負荷も含めしんどかった。あんまり寝てなかった。いまも、か。

ただ、今でもお付き合いがずっと続いている先生もいる。結構な数、いる。
(Blogにはあんまり書いてない。情報源とかでもあるし、実際に動かすときにさくっとやれるよう、人脈を見せてないほうがスムーズだから。)

みんな、よく付き合ってくれたなぁって。最初の出会いは、基本的に全員、飛び込み営業みたいなやり方だった。(野党自民だからできたことだと思う。)

派閥も基本的には関係なくて、風通しもよかったなぁ、とか。
時代の変化みたいなのは、ここにも感じる。

尖閣の請願とか、いま見ると紹介議員のメンバー凄いなぁ、と。参議院も同じく紹介議員がいるわけで、衆議員だけでこのメンバーか。いまは軽々に声もかけれないや。
(かけるけど。)

 

どれぐらい昔のことかと言えば、第177回国会は、2011年1月24日に召集された通常国会。会期は8月31日までの220日間。
まだ10年はたっていませんが、思えば昔のことになってますね。

当時、ともに請願を書いた仲間は、TPPのやつは三橋さんと連名だったり。
押し紙のやつは、渡辺哲也さんが共闘してくれたり。あとは、NHKのスクランブル化の請願を作ったのも私だったりします。
いまのロジックの基本政策みたいの、色んなのを作りました。

消防団の福利厚生と防災とか、子供手当の問題を指摘したやつ。あと何を作ったっけ。。。

 

当時のメンバーも、思えば重鎮みたくなってて、
一部は市議になってたり、一緒にやった仲間が秘書になってたり、
議員会館をウロウロしてると、「あの時、署名したんですよ!」って言われたり。

直筆・郵送というのは、当時はハードルも高かった。
数も集まらなくて、苦労もあった。
いまも活動を継続している同志は、いまや中堅もしくは古参。

同志の市議たちが、ネットを駆使しはじめた今、
「そら、強いわ」と言われているのは、実はここで。
ネットを経由してのリアルの付き合いが、多分、日本で一番古い。

 

今回も、まるで「見てきたような」というぐらい、
謎の的中率を誇っているような気がするし、読者も感じているだろうけれども、
もしかしたら、愛知県の県職員とか名古屋市職員に私の読者がいたり、かつて署名に協力してくれて人間関係あったりで、事実上の内部リークが続いているなら、「当たるほうが当たり前」かもしれません。

見てきたようなというか、目が凄まじい数あるのかも、です。
ほら、大村知事、津田さん、私は貴方の後ろにいるかもしれませんよ。
というのはジョークですけどね。

 

もしかしたら津田さんやその周囲の人も見るかも知れないから、ジョーク以外も書いておきます。
この部分、文化庁の助成とか公共とか行政の部分は、私の領域です。
イデオロギー的な論争とか、いわゆる言い合いみたいなやつとか、もしくは政治活動とは違うんですよね。だから貴方たちのフィールドに降りていくこともしない。ここで戦う。

三権分立のうち、行政と立法、
ここにはここのルールがあり、その縛られた世界で私たちは生きてる。
この分野では、この分野のルールがあるんだ。

どんなにロジックをすり替えても意味はない。
私は芸術はわからないし、その分野では貴方には叶わないだろう。けれども、この分野の内部手続きであったり、動き方、指揮の仕方では負ける気はまったくしない。
どうこう言っても仕方ないんだ。炎上させたり、メディアが叩いたり、かつてはそれで倒せたかも知れないが、時間をかけて私たちも経験を蓄積してきた。

端的に言っておきますが、どうにもならんよ。
津田さんは、かなり知事に敬意を払っているようですが、このままでは知事も焼け落ちる。
事務局メンバーの疲弊だけでは済まない、ということは述べておきたい。

それが公共を巻き込むといことの重みで、軽々にここに来られても困るというのは、今からまだ思い知ることになるだろう。
私たちにも公人としてのプライドがある。

覚えておいて欲しい。
政治は、怖いよ。そして、少なくとも俺は怖いタイプの政治家だと思う。
ジャーナリストとして、外部から撃つことに慣れ切っていて、どこかで政治家なんて怖くないって思ってたんじゃないかな。

正面から政治そのものと戦ったことはなかったと思う。
安全地帯から撃つのと、真正面から斬り合うことは、違うんだ。痛みを伴う。

 

 

今回、こちらの陣営が押してる。
戦局全体を見渡せば、いまの推移は悪くない。

ふと昔のことを思い出した。
苦しい戦いばかりだった、厳しい戦線ばかりだった、
理解なんてされなかった。

淡々と事務方として戦う戦場、孤独と一緒、
いまみたいにチヤホヤ(?)されることもなくて、保守=変なやつという括り。
リアルで顔出しでやってる人間なんて極一部で、実名型のネットロビイストだともしかしたら最古参かもしれない。

ネット保守の組織化を訴え、ロビイストとの重要性を説いた。
時代は行動する保守の全盛期で、見た目に綺麗な活動を主としてたら、腰抜け扱いされて味方に撃たれたり。

 

柴山大臣から返信をもらって、請願のことを思い出した。
時代の変化を感じる。

いま、保守派はある程度の組織化ができてきた。
私にも後輩市議ができており、各地に中核となる政治家が誕生してきた。
統制射撃みたいなこともできるようになり、足並みを揃えた動きもできるようになった。

最初は、一人だった。

 

 

 

 

あと少しだ。

 

きっちり、最後まで行こう。

 

まだ戦術的勝利に過ぎず、戦略的勝利には至っていない。

 

ここでしっかりと撃っておく。

 

共に、皆で、一歩を踏み出していこう。

 

盾には、私たちがなる。続け!

 

最後まで戦う人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

44 Responses to 【慰安婦像など撤去】大村知事、展示の責任認めず。反日イベントと化していた、愛知県の監督責任を追及せよ。【税の支出を容認しない人はシェア】

  1. 読者 のコメント:

    これは事実か?
     https://tsuiran.jp/word/841848/hourly?t=1564812000#

     https://twitter.com/S65M7IKRSCNfwjT/status/1157408999504875520?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1157408999504875520&ref_url=https%3A%2F%2Ftsuiran.jp%2Ftweet%2F1157408999504875520%2F1564782783

     画像のリンク先
      https://pbs.twimg.com/media/EA_xWLzU0AAkpyc?format=jpg&name=small
      https://pbs.twimg.com/media/EA_xWLzUcAAr5BW?format=jpg&name=small

    ネット検索でありました。これでは確信犯ですね。

  2. araigumanooyaji のコメント:

    具体的な抗議方法が書いてある。大変参考になる。大村知事はこの展示があることを知っていた。とんでもない反日野郎だった。

  3. 鮒太郎 のコメント:

    あいちトリエンナーレのwikipediaを見ていて思ったんですが
    参加アーティストの組数が今年は極端に少ないんですよね。
    131組(2010年)->122組(2013年)->119組(2016年)->79組(2019年)
    トータルの人数はほぼ変わらないのか、予算が極端に減ったんでしょうか。
    まさか金型代に回すつもりだったのでしょうか?

    キュレーター(博物館や美術館などで作品収集や研究、調査を行う専門職だそうです。学芸員よりも専門的管理的な立場?)という職業があるようで今回も何人かいらっしゃいますが、どのような思いであの作品群を見ていたのでしょうか。

    せこい話ですが表現の不自由展を取りやめるのであれば、
    チケットの値段も下げていただかないと割に合わないですよね。
    見れる作品数が減ってしまったので。
    前売り券を購入済みでこれから見に行く人は差額分を返してもらうよう交渉の余地はあると思います。 
    収入減の責任は全て大村知事に背負ってもらいましょう。

    「表現の不自由展・その後」実行委員会は中止を一方的に通告されたので契約違反として法的手段に訴えてきそうな勢いです。
     https://www.asahi.com/articles/ASM837HV0M83OIPE034.html
    どんな契約か分かりませんが、謝罪と賠償まで仕組まれていたんでしょうか。
    愛知県民、名古屋市民の税金から払われるのでしょうか。

    今回の件で一番ブランドに傷がついた協賛企業はトヨタさんではないかと心配しています。
    現在の御料車(センチュリーロイヤル)を製造したんですよね。。

  4. 匿名希望 のコメント:

    協賛に百五銀行があるんですね。
    信じられません。
    三重県や県内市町の主要取引先銀行です。
    超安全経営な銀行で、トヨタより驚きました。

  5. 学のない保守 のコメント:

    とても参考になりました。
    経緯を見ても、日本国民として
    様々な点で許せません。
    きっちり抗議をさせて頂きます。
    微力ではありますが、選挙のような
    そんな気持ちです。

  6. BLACK のコメント:

    昨日の大村知事の会見は19時からのNHKニュースで拝見しました。
    「ガソリンを持ってお伺いすると脅迫があった」
    「(ガソリンの脅迫)こういうことがあったと覚えておいてもらいたい」
    と、この部分を切り取ってNHKのニュースになっていました。

    何故大村知事は
    「(ガソリンの脅迫)こういうことがあったと覚えておいてもらいたい」
    と言ったのか
    大村知事の正直なお気持ちかも知れませんが私は不自然に感じました。
    私は違和感を感じました。

    脅迫の証拠を提出して被害届を出すべきです。
    そして犯人を逮捕するべきです。
    そして犯人を公表するべきです。

    京アニ事件を日本中が悼んでいる中でこのような脅迫をするなど
    脅迫自体が許せませんが、このような脅し文句を使うななど
    許せない上に許せません。
    脅迫罪以外に、言葉の罪を問いたいくらいです。

    そしてこの脅迫文句を会見で、ニュースで公表したこと
    「ガソリンを持ってお伺いする」は
    今後も使われるかも知れないと、嫌な予感がしました。

    被害届を提出しない場合
    被害届が出せないのだと解釈されても仕方ないと思っております。

    証拠を提出して被害届を出すべきです。
    そして犯人を逮捕するべきです。
    そして犯人を公表するべきです。
    そして犯人に罪を償わせるべきです。
    警察は犯人を逮捕してくれるはずです。

    断固追撃のエントリー
    実行委員会・愛知県・自治体・国・協賛企業への追撃
    嬉しく頼もしい限りです。

    金型メーカーさんには申し訳ないかも知れませんが
    金型メーカーさんの会社名、わかりませんでしょうか。

    今回、金型のことが判明したことは非常にありがたいことだと思っています。
    日本国内での慰安婦像の大量生産を未然に防ぐことが出来たようです。
    少なくても、知って、対応が出来ると言う事だと思います。

    国からの補助金の全額カット
    協賛企業からの異議
    今後の協賛への疑問
    イベンド継続への疑問
    イベントそのものへの疑問
    大村知事の知事としての資質への疑問
    大村知事の知事としての在り方への疑問
    大村知事の再選への疑問
    今後の国や自治体予算の投入されるイベントへの注意喚起
    反日活動家の活動方法の再認識・再確認

    今回のことで多くを得ることが出来そうです。
    災い転じて福となす、が出来そうです。
    小坪氏、ありがとうございます。

  7. たかば のコメント:

     地元愛知にて生活しているので、昨日は協賛・協力企業に勤務する子供の頃からの友人らに電話攻勢。「お前の会社、何やっとるんや」と伝えると大多数は「えっ、うちの会社協賛・協力してたの」との返答。 自動車関連に勤務する連中は、今年給料カットの流れにいるため、「給料カットをしておいて、浮かせた分をそんなことに使ったのか」とご立腹。製造部門の連中からすると、宣伝広告部門は無駄遣いのイメージ強いらしく、上司に話を上げつつ、担当部門長の足をひっぱる策を練るそうです。大手企業さんは部署間の政治が激しいようで、「良いネタもらった」との一言もありました。(何が良いのか知れませんが)
     こちらの読者さんで、友人知人が協賛・協力企業に勤務していたら、電話をかけて現況を教えてあげると、企業イメージを守ることに繋がるのできっと感謝されると思います。

  8. ぽて子 のコメント:

    Twitterで共有を試みましたが、何度やっても『接続がタイムアウトしました』となり、投稿できません。
    FBよりはマシかなとは思うものの、対日本ヘイトはまかり通るのに、保守派のアカウントは凍結されることが多いようです。
    社会に影響力のある分野への就業には、国籍条項が絶対に必須であると、強く感じています。
    少なくとも、反日が国是である国々の国籍を有する人がなんの制限もない状態は危険極まりないと思います。

    • 朝顔 のコメント:

      ぶら下がり失礼します。
      私も直ぐ先生のツイートをRTしましたが、ラインに載って来なくて不思議に思っていました。
      言論弾圧は問題です。

  9. 韓国ビザ反対 のコメント:

    自分の子供に見せられない公費の展示会です

    沖縄でも芸術の名のもとにどんどんこれらを利用する予定だったとおもいます

  10. 波那 のコメント:

    何だか、あちこちで展示を拒否された物らしいじゃないですか。そんな見る人を不快にする作品?を芸術だ!と言われるなら、あっそうなのですが、そんなに見せたいならどっかで野晒しでも並べて置けば良かったじゃないですか。大体、あの偽慰安婦像は韓国では外に置いてますし。反日展示物をよくぞ、日本人からの税金を「お貰い」しながら日本人に見せつけようとしましたね。

    本当に日本に蔓延り巣食う反日パヨパヨと在日の悪意の企みは留まる所を知らず。表現の自由だとか差別だ、人権だと言いながらとうとう日本ヘイトを許してしまう社会にされてしまって。日本は日本を愛して日本を守る日本人の国ですよ。知らない内に偽慰安婦像の金型まで持ち込まれてしまってたとは何それ❗つくづく恐ろしい人達ですよね。何で陛下まで侮辱されるのを芸術だと受け入れなきゃいけないのか。

    当然ですけど、国体を破壊しようとしてる勢力から、日本ヘイトから我々日本人は国を守りますよ。排除だ、排斥だ、差別だと騒ぐのは結構ですけど、何でそんなふうに思われることをやってるわけ?とうとう、あの偽慰安婦像を日本でも展示してやった、昭和天皇の御真影を燃やしてるのを日本人に見せつけてやったと韓国人が乱舞して喜んでるかと思うと腹立つ、本当に許さないから。

  11. 名もなきせいぎーー のコメント:

    本件の目標は、これを奇貨として国内の反日活動への金の流れを断つこと。

    その過程において経緯とコネクションの確認が必要。

    大村知事には政界から消えていただきたい。

    愛知県議会、名古屋市議会にはしっかり動いていただくよう働きかけましょう。

    きわめてソフトに、かつ、主旨がぶれないように。

    国としての動きについては、護る会も和田先生もいるので実はあまり心配はしていない。

    というかそこはやっていただかないと。

    何のために押し上げるべく選挙のかなり前から動いていたかという話です。

    みんな個の利益のために応援したわけじゃない。

    因縁の名古屋だし丁度いいじゃないですか。

  12. ta のコメント:

    いまは軽々に声もかけれないや。
    (かけるけど。)

    かけるんだ(笑)。

  13. Sinobu Hattori のコメント:

    少々、厳しい内容を 記載致します。

    解ってはいた事なのですが…

    やはり、今回の催しの公費予算は、
    名古屋市議会、と、愛知県議会にて「議会の承諾を得ている」
    …という事なのでしょうね。

    高い額の内容なのに、
    監査が非常に甘いと言わざるを得ないでしょう。

    それとも、
    政令指定都市認定される都市圏地域にとっては、
    「一桁億」の規模の額など「駄菓子を購入する程度」
    …というの意識なのでしょうかね?羽振りの良いご様子ですな。(笑

    …まぁこれでは、以降のこの地域は、
    「税収が足りない」などど、口が裂けても言えませんよ。

  14. BLACK のコメント:

    今回展示された慰安婦像が金型作品であり国内製造だと知人に話したところ
    知人曰く、知人は金型専門職ではありませんのでどこまで信頼出来るのは不明ですが

    どこの金型屋さんでも製作できるサイズではないと思う。
    普段車の金型を製作しているところならば造れると思う。
    金型だけで数百万はかかっていると思う。

    とのことです。

    プロの方の情報があれば良いのですが、こんな情報ですいません。

  15. 試され過ぎな大地の国民 のコメント:

    こないだF35導入に税金の無駄だとか言ってた方々は
    今回も大騒ぎだろうなー

  16. ナナシ のコメント:

    文化庁には今朝メールをしました。

    さすがに天皇陛下の肖像を棄損する展示物を含む物に
    国·県·市の予算をというのは、心の平静を失わせるものでした。
    落ち着いてメールを書くのにも日を置くほどに

    今回の展示物は心に大きな負のイメージを残し続けるでしょう
    大村知事の会見も脅迫に屈して中止して、警察にも捜査を訴えない
    愛知県警察の頭が、可笑しな事です。

    自戒も込めて書きますと、先鋭化してしまった方々は其れによって
    何が起こるのかの予測が余りにも甘い
    全てが都合の良い現実、など在りはしないと本当に承知しているのかなと

    私は、表現の不自由展の展示物を拡散します
    どの様な意図を持って展示したかを、一般の方々に

  17. 清水 のコメント:

    いつも分かりやすく丁寧な記事をありがとうございます。
    愛知県民です。
    早速参考にさせて頂いて、方々に抗議と文化庁へ減額願いを出させて頂きました。
    何かの足しになれば良いのですが。
    今回、折角納めた税金をこのような反日嫌がらせ事業に使われて怒り心頭です。
    他にも何かこの愛知県に大恥と泥を塗りたくった方々を社会的に生きにくくする方法などありましたらどうぞご教示下さい、知らなかったとはいえ納税で片棒を担いでしまった身です、やれる事は全てやるつもりです。
    今回も勉強させて頂き、ありがとうございました。

  18. しましま のコメント:

    いつも具体的にありがとうございます。今回は世界コスプレサミットも開催しており、一部文化系メディアも各国から来られてます。意図的にやった側にとってはチャンスだったんでしよね。

  19. hokurokunojijii のコメント:

    小坪議員お疲れ様です。

    大村知事は「許可」を出す前に内覧しており展示物を確認している。いわゆる「確信犯」だろうと。彼の言動は以前から怪訝を持っていた。内心は隠せないもんだなとしか。
    異なる価値観の違いを許容しないのは何方にも言える。
    だが、マスコミの報道は見るからに恣意的で不寛容に見える。
    右でも左でもどうでも良いが「特定の民族」に左右される姿は正しいとは言えない。
    日本の冒された病巣は深い。

  20. k のコメント:

    愛知県安城市から、豆知識を提供しましょう。愛知県というのは、
    日本においての中央部に当たり、交通の要所です。サヨクというのは
    交通の要所を押さえる傾向にあり、名鉄本線の知立駅、新安城駅、
    JRの三河安城駅、国道1号線など、ここを起点に各所に通じる道と
    なっています。豊田市においてもトヨタ自動車があり、労働組合の
    関係から、サヨクと接触する機会が多いのも事実です。豊田市は
    東名高速も通っています。

    安城市のアンフォーレでは、どこの国とも属さない踊りのイベントが
    開催されて気持ち悪いです。つまり、明確な宣言もないまま、サヨク
    というのは支配下を増やそうと日々努力しているのです。

    そのような中で、大村が知事をやっているというのは、それだけの地盤
    があるから、知事になっているということです。それらを前提に知った
    上で、サヨクを干し上げる必要があるように思います。

  21. Muna Tommy のコメント:

    次の拡散希望致します

     川崎市は、「差別のない人権尊重」の名のもとに、全国に先駆け条例でヘイト
    に対する罰則を制定しようとしています。
    これは、憲法の表現の自由に明らかに違反していると考えられます。

     普通の人は、「ヘイト」はダメなんじゃない、という風に単純に考えていらっ
    しゃる方々が多いと思います。しかし、この条例の恐ろしさはそのような次元で
    はありません。
     例えば、今回の、あいちトリエンナーレが芸術祭で国、県、市から公金による
    日本国民に対するヘイトを行っている。川崎市は、こちらは国籍条項が明確でな
    く、誰が入りどのように判断するのか不明な人権委員会でヘイトと認定し罰則を
    科すという。これは、マイノリティの外国人と言っているが実質、韓国人、中国
    人による日本人に対する言論、表現の自由を奪うにも等しい条例と考えられる。
    つまり、単純化すればマイノリティ外国人による日本人への差別を容認しなさい、
    罰則を科しますよ、というものです。すなわちマイノリティ外国人による日本人
    の言論封殺、逆差別なのです。

     また、恐ろしいのは、これが瞬く間に全国の県や市町村に広がることが懸念さ
    れることです。
    そうなれば、例えば今回のあいちトリエンナーレが芸術祭に対する日本人の批判
    が、場合によって裁判で負け逆に罰則が科されることにもなりかねない。

     そこで、お忙しいところ申し訳ありませんが、下記の条例に対するパブコメを
    送っていただきたく思います。

    川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例
    パブコメの送り先 : http://www.city.kawasaki.jp/templates/pubcom/250/0000108585.html

    なお、詳しいことは
    せと弘幸Plog : http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53327629.html
    をご覧ください。

    なを、上記の記述の中で何か間違いがありましたら指摘していただければ幸いです。

    以上よろしくお願いいたします。

    • ppng のコメント:

      Muna Tommy様

      貴重な情報をありがとうございます。川崎市は以前から何かと話題には事欠かなかった地域ですが、そのような条例が制定されようとしているのですね。
      差別の撤廃や平等の名の下に行われるのは、反日活動や外国人による日本人への暴力を容認し反論を封じるという、文字通りの弾圧です。主要先進国が軒並み苦しんでいる、被差別層を騙る者達が人権思想を盾に特権階級となり、先住国民を「ヘイト」、「レイシスト」のレッテルと社会的抹殺で脅して搾取する社会の構築が彼らの目的でしょう。おっしゃる通り、前例となって全国に波及する恐れもあります。

      暴力も暴言もレイプも、日本人が被害者なら無罪。一方、日本人はまっとうな反論や批判も「ヘイト」、「差別」だと言われる。こんな社会の到来は絶対に阻止しなければなりません。彼らは真の人権、自由、平等の敵です。
      輸出規制管理の件のように、多くの人の関心を呼び、日本と日本人の生活や名誉を守ろう、という潮流が形成されれば良いのですが。私も拡散に努めます。

    • 名もなきせいぎーー のコメント:

      あー川崎も出さなきゃ。

      アイヌ交付金のこっそりパブコメも愛知と絡めて出しましたし。

      相変わらずバカなヘイト条例ですが、仮に増え続ける外国人労働者間でイスラム教とキリスト教で揉めた場合、一体、誰がどんな尺度でどんな裁定をするつもりなのでしょうかね。
      または、ロシアとウクライナの方が揉めた場合はどうするんですかね。
      ミャンマーの方が民族間で揉めた場合は?その他多数。

      日本人のデモなどとは比較にならない言葉の応酬となることが容易に想像できます。

      何らかの裁定を下して、あるいは見て見ぬふりをし、それが世界で喧伝された場合、その影響について川崎市議会、市の職員は責任をとれるのでしょうか?
      多分、想定自体していないんでしょう。

      条例の目的、主旨とは著しく乖離しますね。大した人権感覚です。

      また、いまどき障害者差別などあり得ないし、性的趣向などは見た目じゃわからんので、そのことだけで事が起きることはない。

      この時点でヘイト条例なるものが在日の権利のみを守ろうとするための条例であることは明らかです。

      特定の出自の人間たちだけを優遇し、日本人のみを罰する条例など作ってはだめです。

  22. 60代主婦 のコメント:

    大村知事のお話を聞いていると、どこぞのホワイト国除外のお国の方々の言い訳と、とても似通っている気がしてなりません。

    話のすり替え、論点ずらし、被害者コスプレ…。

    小坪市議のお立場では、言いにくいかも知れませんが、頭の悪いそこいらのおばさんが言うなら、許されるかな…?ということで、一言。

    『テロ予告』
    これ自体が【ヤラセ】ではないかと思います。
    所謂、パヨクさんお得意の【自作自演】ってやつかなあ…と…。

    この手ももう通用しないよ…と知らしめる良いチャンスになるべく、暴いていく必要があるのではないかな?と思います。

    本当にテロ予告があったなら、被害届を出して頂いて、犯人を特定すべきですよね。

    ピンチはチャンス!
    今の日本なら、この勢いなら、全て良い方向へ転換して行かれるのではないかと、私は期待しています。

  23. miku のコメント:

    ブログ「ぱよぱよ日記」さんのところで、愛知県の組織表が見られます。
    それによると、県民文化局の中に「多文化共生推進室」「人権推進課」「男女共同参画推進課」
    まであり、既に左翼の巣窟になっているようです。
    この中の文化局に「トリエンナーレ推進室」が、あります。
    https://payoku-requiem.blogspot.com/2019/08/triennale.html

  24. 旧新人類 のコメント:

    日本、日本人、国体に対する敵意と憎悪の表現に血税が使われるなど、許せるわけありません。役所に反日テロリストが入り込んでいることもよーくわかりました。とにかく各種の手続きを透明化・厳格化し、(犯罪者や工作員が入国し放題の)ノービザも廃止するようネット世論をますます盛り上げ、巷で怪しい動きがあったらすぐ通報するとかしたらいいかも。日本人はお人よしすぎるんですよ。このウナギイヌみたいな男もどうせ何か弱みをつかまれているんでしょう。ツイッターで地元民が、知事選のときこれと共産党候補しか選択肢がなかったと嘆いていました。小坪先生が保守層の組織化を進めておられるそうですが、先生の同志の層がもっと厚くなって才能ある有望な文武両道の若者が政治家を目指してくれたらいいなと思います。もう、変な自治体首長はうんざりです。日本人というより韓国人みたいな舛添が辞めて、新潟は変態みたいな人が降板してよかったですが、沖縄と愛知がこれですからね。周到な選挙戦略で地方を取り戻していかないとと恐ろしいことになるかも。

  25. ppng のコメント:

    具体的かつ現実的な対処方法をご教授いただき、ありがとうございます。
    津田氏や大村知事は、小坪先生の予測通り「表現の自由を抑圧された被害者」という立場に回ろうとしていますね。もう、左翼や韓国人のこうしたすり替えにはうんざりです。

    相手が誰であろうと、亡くなった方のお写真を焼き、土足で踏みにじるなどという行為は、芸術などとは呼べません。まして、天皇陛下は我が国と国民の象徴たるお方であり、天皇陛下に対する侮辱は日本国民全体への辱めとなります。むしろ、日本国とその国民を辱めることこそが彼らの目的なのでしょう。このような行為こそ、「ヘイト」ではありませんか。

    昭和天皇はかつて、ご自身の退位をもって有罪とされた臣民を救うことはできないだろうか、と仰せになったと聞いたことがあります。恐らくご存命であられたとしても、お立場を慮りどのような罵倒や侮辱をも耐え忍ばれたかもしれません。しかし、昭和天皇は崩御されており、もはやご自分のお気持ちを表明することも、歪められた真実を正すことも不可能です。だからこそ、陛下や英霊達の名誉と尊厳は私達子孫が守り抜かねばなりません。
    亡くなった方を辱めるなど、断じてあってはならないことです。これは、イデオロギーとは無関係に人間のやることではない。

    慰安婦像や、新たに展示されているというトランプ・ベビー(トランプ米国大統領を揶揄するもの。デザインも本国のものの完全な盗作で、芸術とは呼べない代物でした)を含め、我が国や同盟国の名誉を毀損し、国益を損なう催しに公金を投入するなど許してはおけません。
    津田氏は「日本の表現の自由が後退した」などと言っていますが、人を傷つける自由などという権利はこの国にはないということを知らねばならないでしょう。自分達の暴力は表現の自由、自分達に対する暴力はヘイト。こんな二重基準に、主要先進国はいつまで怯え続けるのか。
    いずれは多数派や先住国民の怒りが爆発し、「差別だろうとヘイトだろうと構うものか。政治家も警察もマスコミも皆守ってくれないのなら、我々国民の手で国の名誉、女性や子供達を守れ!」となることは明らかです。どこかで歯止めをかけなければ、世界の対立と差別は前世紀以前より更に苛烈なものとなるでしょう。

    私も、私にできる方法で、日本と日本人に対するヘイトと、激しい差別や対立が蔓延する世の中を作ろうとする動きに立ち向かうつもりです。

  26. 波那 のコメント:

    津田大介 @tsuda 午前5:52 2019年7月29日
    今回は子どもと一緒にアートをつくって楽しめるアート・プレイグランドも全会場に用意しました→(link:  https://aichitriennale.jp/search.html?offset=0&limit=1000&search=&artwork_category_bn=lp&venue_category_bn=) aichitriennale.jp/search.html?of…
    託児サービスも充実させました。子どもと一緒にアートを楽しんだり子どもを預けて じっくりアートに浸ることもできます。ぜひお子さんと一緒にトリエンナーレにお越し ください!
     https://twitter.com/tsuda/status/1155581853681590272

    つるの剛士 @takeshi_tsuruno 午後9:09 2019年8月2日
    たとえ近所で開催されていても、無料でも、夏休みでも、 自国ヘイト作品を展示するアート展なんかに子供連れて行くわけない。
    ああ、
    表現の自由も不自由?も守られて、
    連日近くでミサイルは飛んでいて、
    日本はなんて寛容で平和な国なんだろ。
    毎日暑いけど、感謝、感謝。??
     https://twitter.com/takeshi_tsuruno/status/1157262042132148224
     https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

  27. jjj のコメント:

    こんな杜撰なやり方でしかできなくなっているあたり、連中も余裕がなくなっているのでしょうか。
    津田氏は今まではあくまで左翼の一論客であり一般人の立場から発言していましたが、今回は国費・公費が投入される文化イベントの実行委員長という公式の場において、その思想を公言したも同然なわけで、今までの勝手気儘な立ち位置との違いを理解しているんでしょうかね。

    それに、津田氏は文化庁の著作権関連会議にもMIAUの代表として出席していますね。
    会議中にtwitterで会議に対する暴言を書くなど、およそ会議の出席者としてそぐわない人物と思いますが、文化庁に彼のシンパでもいるのでしょうか。
    文化庁は彼が実行委員長であることは当然知っていたはずですし、この辺りの繋がりも明らかにしていただきたいですね。

    左翼連中の自称被害者・社会的弱者的立ち位置というのは嫌悪してもし足りない。
    弱者の味方というポーズをとりながら、反論しづらい立ち位置から常に攻撃してくる姑息さ。
    攻められたら論点をすり替えて嘘誤魔化しで逃げる。
    自分たちの独善的正義を通すためなら社会・世の中がどうなろうと構わず、平気で弱者を食いものにし、自らの活動維持のためには公費でも何でも利用する浅ましさ。
    こういうのをパブリックエネミーと言えばいいんでしょうね。

  28. 波那 のコメント:

    ◇10cmにも満たない少女像まで…ドイツから次々と少女像を撤去する日本=韓国の反応
    http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55665894.html

    10㎝にも満たない少女像まで…日本の抗議にドイツで撤去
    2019.08.04|8:26

    ●ドイツ強制収容所記念館から撤去
    ●日本、ドイツのあちこちで少女像の展示妨害
    ●欧州初の少女像も説明碑文を撤去
    ●日本、慰安婦合意を根拠に挙げ抗議

    日本がドイツの強制収容所記念館に展示された10㎝にも満たない超小型「平和の少女像」さえも、記念館側を圧迫して撤去させたことが一歩遅れて明らかになった。

    4日、ドイツで活動する韓国関連の市民団体であるKorea Verbandによると、同団体のハン・ジョンファ代表は、2017年初めにベルリン北部のブランデンブルク州の小都市と、ラーフェンスブリュックナチス強制収容所記念館(Ravensbruck Memorial)に「小さな少女像」を展示した。記念館側は意味深い贈り物として、同年4月から、複数の作品や記念品を並べた記念館の入り口に小さな少女像を展示した。

    この少女像はあらゆるところに設置された平和の少女像と同じ外形であるが、高さが10㎝にも満たない超小型サイズである。少女像の左側には、「平和碑」というタイトルで、韓国語、英語、日本語で説明が書かれている。少女像が設置された入り口は、訪問者が簡単に見ることができる位置である。

    ラーフェンスブリュック強制収容所は、ナチス時代、体制に反抗する女性を閉じ込めた女性専用収容所であった。この収容所の一部の受刑者は、他の強制収容所に性奴隷として送られただけに、韓国から来た小さな少女像が特別な意味だったので大切にされた。

    慰安婦被害者であるキル・ウォノクおばあさんは、少女像の展示当時、記念館を訪れ記念撮影をした。しかし、現地の日本大使館側がこれを知った昨年1月頃、ブランデンブルク州当局と記念館を相手に抗議し、展示物から少女像を撤去することを要求した。

    ハン代表は、「当時、記念館側との通話や電子メールを通じて、州当局と記念館が日本側の圧力を受けているという話を聞いた」と述べた。日本側の強い反発に慌てた記念側は、日本大使館関係者を呼んで理由を尋ねたりもしたと伝えられた。

    結局、日本側の全方位的執拗な圧迫の中で、記念側は小さな少女像を展示作品から除外した。少女像の展示などに関する日本の妨害は、ドイツ各地で現在進行形である。

    ベルリンの女性アーティスト展示館である「GEDOK」が2日から始めた「TOYS ARE US」展示会に少女像が出品されると、駐独日本大使館はGEDOK側に公文書を送った。

    展示された少女像は、日本最大の国際芸術祭である「あいちトリエンナーレ」に出品された少女像と同じく、キム・ウンソン – キム・ソギョン作家の作品である。最近、あいちトリエンナーレに展示された少女像は、最終的に展示場から撤去された。

    聯合ニュースによると、日本大使館側は、2015年、朴槿恵政府が日本と結んだ合意を根拠にあげ、「日本と韓国政府が慰安婦問題について”最終的不可逆”な合意をした」とし、「以後、文在寅政府が和解・治癒財団を解散したのは、2015年、両国の合意の観点から完全に受け入れることができない」と主張した。

    GEDOKに展示された少女像は、6月ドルトムントで行われた「ドイツ教会の日」記念展でも展示されたが、当時、日本デュッセルドルフ総領事館が展示側に連絡をして撤去を要求をしたと展示関係者が伝えた。

    2日、展示館を訪れた日本人女性アーティストであるアイ・コバヤシは、「日本政府だけではなく、日本政府からの資金援助を受ける団体が少女像を引き込んでいることが問題」とし、「日本には慰安婦問題と関連して、フェイクニュースがあまりにも多く、メディアはきちんと説明していない」と話したと聯合ニュースは伝えた。

    2017年3月に南部の都市ウィーゼントのネパール・ヒマラヤ・パビリオン園に、欧州で最初に建てられた少女像も、日本側が公園側に撤去を要求したことは、すでに知られている事実である。結局、同年、公園側は少女像は撤去しないまでも、少女像を説明する碑文を撤去した。在ドイツ同胞団体である風景世界文化協議会が、ボン女性博物館にも少女像を置こうと推進してきたが、日本側の妨害でままならない状況だ。

    2016年には、水原市が姉妹提携をしたドイツ・フライブルクに少女像を設置しようとしたが、日本側の抗議に失敗した。日本側関係者がフライブルク市当局に強く抗議したものである。フライブルクと姉妹提携をしてきた日本の都市松山市は、少女像を置いた場合、断交するという意まで伝えて圧迫したことが分かった。

  29. ひかりちょういち のコメント:

    量産型「従軍」慰安婦像など戦闘力の劣るまがい物に過ぎない。
    奴らの弱点を着けば良いのです。
    「U.S.ARMY
    第5種補給品」
    と書いたドラム缶に詰め込むか、
    「竹島は日本の領土」と書いた杭をくくりつければイチコロです。

  30. たつまき のコメント:

    ここ最近色々と悩まれていたようですが、小坪さんらしさが戻って来たように感じます。
    吹っ切れましたね。
    いつも応援していますので思う存分頑張って下さい。

  31. 日本を守りたい のコメント:

    歴史の嘘と捏造によって「日本が加害者で 朝鮮半島・朝鮮人が被害者」という定式化を
    未来永劫に続けて 「日本から経済利得をむさぼりたい 日本人を朝鮮人の奴隷にしたい」と
    卑劣な野望を抱いて その実現のためなら どんな卑劣な手段も用いる それが反日の朝鮮人。
    在日が帰化して 日本国籍・日本人の名前で 日本のあらゆる分野のあらゆる組織を乗っ取り、
    支配しつつある。その結果、政治・経済・報道・教育・宗教に至るまで、日本の衰退と劣化が酷い。
    この惨状に気付き始めた日本人が、反日の朝鮮人こそは 日本の諸悪の根源であり、日本のがん細胞であると確信。
    日本人の戦いが始まった。日本人は結束し団結して、反日の朝鮮人どもと戦って必ず勝利しよう、日本を取り戻そう!!!

    • 日本を守りたい のコメント:

      「あいちトリエンナーレ」が改めて見せつけてくれた 亡国の構図。反日勢力によって 政府も地方自治体も完全に侵食されて、反日活動に日本人の血税が補助金として投入される構造。日本人の血税が 在日・反日勢力によって最大限に吸い上げられる構造。このままでは、日本人は 数十年のうちに、日本列島の少数民族に成り下がり、日本の最大民族は 移民して来た鮮人・中国人と成るだろう。文字通りの弱肉強食の、第二の朝鮮半島のようなものに成る。日本人に残された時間は 多くは無い。既に土俵際 がけっぷちに追い詰められてしまった。戦わなければ、日本人の 民族の命運は尽きてしまうだろう。まず喫緊の課題は、日本の公務員・公職の全てにおいて、国籍条項を復活させる事。日本国籍を有する者だけに限定する事。なおかつ、反日国であるシナおよび朝鮮半島出身者には、日本国籍を与えない事。これによって、日本国の「法による秩序」の形成と維持は、全て日本人だけが 権限と責任を有する事と成る。この事が 何よりも、重大で不可欠。国家百年の計と覚悟して 臥薪嘗胆 必ず戦って、勝って、日本を取り戻さねばならぬ。頑張ろう、日本人!!!

  32. 6人の孫のジイジ のコメント:

    小坪先生、いつも有難う御座います。今日は長男家族が来まして、いつもはあまり政治的な事は話さないのですが。昨今の韓国のホワイト国除外の事で長男と話題になり話をすることになりました。長男は韓国が劣勢だと言う事は分かっていましたが、深い意味はまだ認識してなくて小学校高学年の孫娘たちにも韓国の事を話しました。上の孫は韓国に旅行したいとかいうので、普段あまりきつく言う事はありませんが、今日は大人げなく叱ってしまいました。長男もそれなりの事は言っているみたいですが、まだまだ認識が甘いです。大村知事は国会議員の時から何やら胡散臭い(ただの先入観)と思ってましたが、自分のセンサーもなかなかのものかと思いました。小坪先生は津田氏の経歴とかもよくご存じだと思いますが、この輩と組む時点で問題かと思います。沖縄を含め、大都市を貶めて行こうとする反日の人はたくさんいますがマスゴミは美化的に報道しますのでジジババは分からないでしょうね。長男もこれからの韓国の報道には気を付けると言ってました。ジイジとしては孫達が誤った道に進まないように導いていきますので、これからも宜しくご指導をお願いします。

  33. 言い出しっぺ のコメント:

    報道によれば、大村知事は会見で、「これ以上エスカレートすると、安心して楽しくご覧になることが難しいと危惧している。テロ予告や脅迫の電話等もあり、総合的に判断した。撤去をしなければガソリン携行缶を持ってお邪魔するというファクスもあった」と説明した。と言うことです。上手い言い方ですね、缶を持って行くだけですから。脅しでもなんでもないじゃん。ってか、誰が楽しく見るかっつーの!

    • 常磐本線 のコメント:

      「見たかったのに~」と、ほざくパヨ爺もいるようです。(出典は、あのアカヒ系)
      httpえす://news.yahoo.co.jp/pickup/6332274

  34. りちゃ のコメント:

    『予算として付けられた目的に違反していたら・・・不当事項』

    アメリカの国旗に対して外国国章損壊罪の法律違反。

    他人の作品のコピーなので著作権法の法律違反

    第二百三十一条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。
    この法律に違反しているでしょ

    • りちゃ のコメント:

      以下の可能性も高い

      (詐欺)
      第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

  35. 流人 のコメント:

    文化庁に苦情のメールを送りました!

  36. うさねこ のコメント:

    津田大介氏は「表現の不自由展」についてこうツイートしている。
    津田大介@tsuda
    公立美術館などで展示不許可になった作品を、その「ハネられた理由」と共に展示をします。当時の出品作と、2015年以降そのような目にあった作品を、合わせて発表します。(※ちなみに、かつて赤瀬川原平も、同じタイトルの展覧会を開いたことがあります)午前0:04 · 2019年4月1日

    和田政宗議員のブログより
    >津田大介氏は中止した「表現の不自由展・その後」について、確信的に「公立の美術館や行政の文化事業」で開催したと述べた。
    という部分にハッと思った。
    公立美術館などで展示不許可になった作品→あいちトリエンナーレ(公立の美術館・行政の文化事業)展示作品というロンダリング完了ということなのだろうか?展示の中止内容も安全面からということで作品については言及していない。

  37. 匿名で。 のコメント:

    大村知事は、公権力で昭和天皇や国の尊厳を棄損しても構わないとお考えのようです。
    先だっての知事選(大村VS共産)で、失礼ながら、仕方なく大村氏に投じた身としては次回の投票先がない(焦)。テロシエンあいちなんて笑えんにー。

    大村知事「河村市長の主張は憲法違反の疑いが極めて濃厚」…県には”京アニ放火”に言及した脅迫メールも 2019.08.05 10:48
    https://abematimes.com/posts/7013626
    (引用)
    その上で、展示中止を求めてきた河村市長の一連の発言について「憲法違反の疑いが極めて濃厚ではないか。憲法21条には、”集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。”、”検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。”と書いてある。最近の論調として、税金でやるならこういうことをやっちゃいけないんだ、自ずと範囲が限られるんだと、報道等でもそうことを言っておられるコメンテーターの方がいるが、ちょっと待てよと、違和感を覚える。全く真逆ではないか。公権力を持ったところであるからこそ、表現の自由は保障されなければならないと思う。というか、そうじゃないですか?税金でやるからこそ、憲法21条はきっちり守られなければならない。河村さんは胸を張ってカメラの前で発言しているが、いち私人が言うのとは違う。まさに公権力を行使される方が、”この内容は良い、悪い”と言うのは、憲法21条のいう検閲と取られてもしかたがない。そのことは自覚されたほうが良かったのではないか。裁判されたら直ちに負けると思う」と厳しく批判。

     また、愛知維新の会からの文書にも触れ「維新の会は表現の自由を認めない方々なのか。憲法21条を全く理解していないと思わざるをえない。戦後民主主義の原点ではないか」と訴えた。

  38. 大和太郎 のコメント:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください