維新、公式に謝罪。「100%こちらに非がある。」当方は”条件付き”で調整に応じた。ただし、票は剥がせ!【反撃する人はシェア】


 

 

維新が、公式に謝罪をしたため、ここに公開する。
橋下氏の元秘書であり、国政選挙を戦ったこともある方であり、現時点でも維新の幹部である。
よって、当組織の名代として対話できる対象であるとして取り扱う。

謝罪を行った者に非があるわけではないゆえ、当該人物の名前は伏せる。
大阪においては、維新サイド・自民サイド双方の政治関係者から、上記の略歴だけで裏取りは可能な人物だ。
その上で繰り返しておくが、相手の名は伏せる。私は、組織を代弁できるクラスと協議し、謝罪を受けた事実のみを報告したい。
また、実際の協議においては「これは公式のものと理解して良いか」と問うたところ、是という回答を得ていることを付記する。

これは、当方がお世話になっている有力・自民党国会議員の事務所を通じて「調整」が諮られた結果である。
有力とのみ称したが、党の役職に就いており、党組織(自民)を代弁できるクラスの事務所である。入閣経験があることも付記する。

当該維新幹部が、かつて自民党の国会議員秘書であったことから、当方に影響力を有する自民党国会議員事務所を通じ、「正規に詫びを入れたい」という打診があり、自民役付きの事務所の手配をもって、当方は「調整に応じた。」次第である。
謝罪を受けたことを報告するエントリーであるが、謝罪をもって和解したという内容ではない。

当方は「調整に応じた」ことを事実として報告するが、”条件付き”であることを併記する。
その条件については、維新サイドに任せている。少し意味が通じにくい方もいると思うが「条件付きで調整に応じた」うえで、「条件については、設定していない」というもの。
どのような対処をとるかについては、先方に任せるという内容で妥結した。維新側が”謝罪で終わり”とか”謝ったじゃん”と思うかもしれないが、こちらは被害を受けている。

対価は、求めた。
被害を受けている以上は、ゼロ回答は許さない。
政治の常識と言うよりも、ただの一般常識だ。

ただし、何を私に提示するかについては、先方に任せるというもの。
敢えて「どのような条件でも、調整には応じよう」とこちらは述べており、何を提示するかに拠らず、私は”調整済”という状況。

その上で、「維新の票を、全国的に剥がす」および「維新候補の選挙スタッフで、当方らの影響下にある者の戦線放棄」については、継続して行う。
明日が最終日であるが、事務所を放り出せと指示を下しておく。これは、当然の対応だ。
「全国の、維新の候補に一票でも打撃」を加えることが、維新の健全化につながろうという、私なりの配慮である。

協議の詳細について、本稿で記す。

関連)
昨日のBlog
維新市議候補、他県の女性候補に”恐怖を与えるような発言”(生命に関連)をして怒られる。維新の候補のレベルについて。そして、小坪FBアカウント、再度の免停。維新からの集団通報か?

 

維新市議候補、他県の女性候補に”恐怖を与えるような発言”(生命に関連)をして怒られる。維新の候補のレベルについて

 

 

本日は、昨晩の京都での宿泊から、東京に移動。

特別区議選の応援に。
まず、荒川区議選を戦う、小坂英二候補の応援に、坂東忠信氏と参加。
町屋駅前で選挙活動を行う。

のち、江東区議選を戦う、屋敷田あやか候補の応援に入り、23:59まで駅立ちを行った。
那覇から大山孝夫市議、および篠原常一郎秘書も途中より参加。
(筆坂英世先生の、長らくの秘書を務めた。正論の著者でもある。)

犬伏秀一候補の選挙区に応援に入れず、非常に申し訳なく思います。
ここは自衛官つながりということで、大山市議と分担はしていたけれども、私も是非とも応援に行きたかった。

 

昨日の件により、日程に影響はあったものの、大山市議らと分担することで、なんとかカバーできたように思う。
謝罪を受け、調整に応じたとはしつつも、当方についても被害を生じており、また応援に入る陣営の多くに影響を与えている。
また、”恐怖を与えるような発言”を受けた事務所にも影響が出ており、全体的に「なんとかする」ことはできたが、被害については、重ねて対価を要求する。

 

明日の日程について)
FBアカウントが停止している状況が継続しているため、下記に日程を記す。

最終日 4月20日
?江東区 江東区 屋敷田あやか候補
少なくとも、午前いっぱいは江東区にいる。
午後よりボートで川下り(選挙上、合法のもの。船上は私も未経験。)、できるだけボートにも参加したい。
もし私に会いたい方がいれば、是非ともご参加ください。日程によっては、街頭演説も行います。

?杉並区 小林ゆみ候補
17:00?
荻窪駅(場所取りの都合もあるため、どちら口かは現場対応)

応援弁士
・小坪慎也(行橋市議)
・大山孝夫(那覇市議)
・深田萌絵(ITジャーナリスト)
一応、篠原常一郎氏も同行してもらうため(明日の移動サポートは、篠原氏の車両手配)、マイクを握る可能性もある。(選対とは未調整)
また、名を明かせない有名人も参加する見込み。

?中野区 吉田康一郎候補
杉並区の集会を終えたのち、中野は隣であるため、移動。
ギリギリになって申し訳ないが、20時には到着するだろう。かつて共に戦った同志たちは、集まって欲しい。
場所は特に調整していないが、恐らくはいつもの場所になると思う。
個人的な思いになるが、戦い抜いた同志らに、私からも労いを伝えたい。

特に未調整であるが、中野区はマイクを納めた20時からが本番だ。
選挙期間いっぱいいっぱい、23:59までご挨拶が続く。(通称:夜ペコ)
今回もあると思うので、”あんときのメンバー”と、また立ちたいと思う。40人ぐらいいたと思う。

 

後述するが、江東区議選において二期目を戦う屋敷田あやか候補。
中野区議選を戦っている方は、「あのときの、いつもいた若いウグイスさんがいないな」と感じているかも知れない。連日、選挙カーで8時から20時まで乗っていた女性は、江東区議の屋敷田さんです。
だから、今回は彼女はいない。当時、一切、身分を明かしておらず、彼女自身が望んだため現場スタッフは知らなかったと思う。ただし、応援に入った議員らは、それを知っており、「江東区の支援」については(それをもって保守系を代表するものではないが)、敢えて「我々が」という主語で、述べたい。江東区については、むしろ我々のほうが恩がある。こちらについては、本日撮影した、屋敷田候補との動画を紹介する。

三鷹市長選について、一部で影響があったようだ。
昨日のBlogによるものと推定する。「現職:清原けいこ」に対し、保守系からの支持が強まっており、一部で地殻変動が生じているとのこと。

 

 

 

(重要)
【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧【シェアして応援しよう!】

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

維新からの公式謝罪、および調整について

順を追って経緯を報告する。

 

まず、状況を把握した維新関係者より、自民党有力国会議員事務所に打診。
正規に詫びを入れたい(原文ママ、政治用語と考えて頂いて構わない。)と、調整が求められる。

私は、調整に応じ、「大人の対応」を自民事務所側に確約。
また、調整とは”謝罪をもって無条件”ではないことを宣言。

 

交渉相手:
橋下氏の元秘書。
政治家を引退済みであるがゆえの、「元」だと想定する。かつて国政に出馬経験もあり、現在も維新幹部であるという認識のもと、私は協議を行った。

※ 冒頭で述べたように、交渉にあたった当該人物個人を責める必要を感じない。
よって名前は伏せる。その上で、維新としての組織責任は問うため、上記の略歴を紹介した。私とはもともと無関係のため、敬礼の一部に事実誤認があれば申し訳なく思う。(指摘があり次第、訂正に応じる。)

 

以下は、主なやり取りを記す。

 

維新「本件については、こちらに100%の非がある。お詫びする。」

小坪「自民党でお世話になっている事務所より、調整が入った。謝罪を受け入れるとともに、調整に応じることを確約する。」

(交渉は、ここからだ。議員ゆえ、ほぼ一般質問方式で行う。)

小坪「この謝罪は、公式のものと考えて間違いないか」と問うたところ、
維新「間違いない」と回答を得ている。

 

小坪「まず、謝罪の理由と、その論拠を述べて頂きたい」と問うたところ、

維新「党組織の候補として極めて不適切な発言であり、その後の対応についてもありえない。また、党とは無関係に、選挙を戦う候補としての資質に問題がある。ご迷惑をおかけした陣営、および小坪議員に謝罪する。」との回答を得た。
(やり取りの中で、私のスペースに乗り込んで、維新候補が絡んできたことを述べている。)
(さらに長い長い理由があったけれども、相手側の発言については記憶違いがあってはいけない。という体にして、ここは情けを懸けて簡略な紹介とする。)

 

小坪「この謝罪をもって、調整に応じる。当方が怒り狂った理由について、当方の主張を述べる。

大阪府から見て県外の、福岡県の市議が、
同じく大阪府から見て県外の、福井県の町議候補に対して応援することは、大阪府にも吹田市にも一切の関係がない。

怒っている理由の第一点目として、選挙人としてのモラルが挙げられる。
今回の件で、さらに維新が大嫌いになったが、維新を支持するべく駆け抜ける現場スタッフには経緯を表する。仮にそれが共産党の現場スタッフであれ、いずれの形にせよ、直接的な政治参画として私は現場に敬意を表したい。

吹田市は選挙戦の真っ最中であり、当該維新候補を支援している現場スタッフもいるはずだ。これら、ボランティアの無償の汗に対し、選挙人としての資質を強く糾弾する。選挙は一人では戦えない。支えてくれる同志らに対する振舞いとして問題がある。吹田市で戦っている後援会からすれば、「他県で火をつけている」ことは納得がいくまい。選挙を支えるスタッフに対し極めて不誠実であり、選挙を戦う候補者として不適格だと批判する。

次に、第二点目の問題として投稿内容について、だ。
「命」という言葉を軽んじており、生命の危機を想起させるレベルでの”恐怖を与えるような発言”は問題である。しかも、これが選挙を戦っている陣営に対して投げかけれたものであり、しかも自分自身が選挙中というのが許せない。

第三点目に、私に対しての非礼。
これは私のみならず、支援した候補との双方に対しての非礼として許せない。
関係ないように思うかもしれないが、早朝5時起床で神奈川県綾瀬市に向かい、(公共交通機関では間に合わない)、午後にて愛知県あま市に入った。のち、当日中に京都まで新幹線で移動している。福井県高浜町は、交通のアクセスが良いとは言えず、日帰りするためにはこの方法しかなかった。京都に前泊し、朝一番で陸路で福井に行き、同じく陸路で戻る。
本来であれば、ネット保守の同志が多数いる愛知にももっといたかったが、この日のうちに京都に行かねば福井に行けない。また、早朝から神奈川に行かねば、愛知入りが遅れてしまう、結果として都内を出たのは6時起きで車。

都内→神奈川も、京都→福井(往復)も、車両のみならず運転手が必要だ。私をピックアップする場所と降ろす場所が違うためで、それぞれスタッフがついている。人の汗が流されて行った福井行きであり、私たちも様々な調整をした。単に金銭的な意味だけではなく、大きなコストがかかっている。

なにゆえ、私への非礼と述べたかと言えば、ここでいう「私」とは、単に私個人を指すものではない。私の移動をサポートしてくれた、多くの仲間たちに対しての非礼という意味である。

次に、「非礼」の意味であるが、すでにネット選挙は全盛であり、当該投稿は言うなれば「為書き」に該当する。その地に行き、候補者名を出し、共に写真を撮る。また実際に街頭演説を行い、候補者をタグ付けして投稿する行為は、事実所の為書きと同様である。

私が、ある候補に送った為書きに対し、事務所に侵入し「死ねばw」と落書きしたり、「夜道は気を付けろwww」と書くぐらいの行為だ。断じて許せない。

また【当然の常識であるけれども】(ここは強く言った)、これらのFBでの投稿は(例えば、あの人が応援に入っていたんだ等の効果も含め)「実際のネット選挙そのもの」である。これ自体が選挙リーフレットのようなもので、それに落書きしておいて許されると思っているのか。
実際に集票効果があるわけで、陣営の士気にも関わるものだ。

コストを払って福井に赴いた私(組織)と、応援に入った候補に対し、極めて非礼である。

上記が、私が怒っている理由である。

これについては、どのように考えるか」と問うたところ

維新「返す言葉もない。実際にその通りであり、同じ認識だ。」との回答を得た。

 

小坪「よって、謝罪を受け入れ、調整に応じることを確約する。」と述べたところ、
維新「大変に申し訳ない」との重ねての謝罪があった。

 

 

 

調整には応じるが、条件は出す。

謝罪がもってここで終わると思う方もいるかも知れないが、ここから、である。
現職議員として一般質問を戦ってきた私にとって、これは導入に過ぎない。

 

小坪「調整には応じるが、無条件ではない。あくまで、謝罪を受け入れたという事実に過ぎない。
(謝罪も受け入れず、謝罪の事実すら認めないという選択肢もある。)
謝罪を受け入れたこと事態が、私なりの譲歩だ。

謝罪をもって無条件で和解したという意味ではない。」と述べた。

重ねて「現時点において、当該維新候補いついてはどのような対処を行ったか」を問うたところ、

維新「本日、朝一番で当該人物を強く叱責した。」との回答を得た。

小坪「具体的な処分や対応については、どのようになっているか」と問うたところ、
維新「私の権限では、現時点では組織全体としての処分などは、断言しずらい」との回答を得たため
小坪「(確かにそれは事実であろうとの認識のもと)ゆえに、現時点での回答としては理解する。」と述べた。

 

小坪「処分に関する言及を、維新候補にはしたか。また叱責の内容について回答を求める」と問うたところ、

維新「このままでは4年後は、公認を出さない可能性がある。そのレベルの話だと理解するようにと追及した」との回答を受けた。

 

小坪「条件については、無条件とする。いずれの対応がとられたとしても、私が調整に応じたことは事実として取り扱うことを宣言する。

だが、どのような組織対応をとったか否か、つまり対価として何を示したかによっては、私の動き方は違う。」と述べた。

維新「選挙後のことにはなりますが、何がしかの対応はとりたい。併せて報告する。条件付きであることは理解した。」旨、回答を受けた。

これに対し、小坪「選挙後のことという部分には異議を述べたい。
何を言っているのかわからない。選挙後というのは、そちらの都合だ。こちらは、選挙中にダメージを受けたわけであり、どうしてそちらが選挙後なのだ?

選挙期間中に行うのが筋だろう?
それを実施するか否かは、そちら側の都合であり介入はしないが、何を提示するかもそちらの自由ではあるが、

一般的に考えて、選挙中に選挙を汚しておいて、自分たちは選挙を乗り切りたいと言うのはあさましい。その他の地方議会からの理解は得られると思うな!

いますぐ公認を取り消し、もしくは出馬辞退させるぐらいの判断が当然である。
大阪だけ常識がおかしいのではないか?もしくは維新の常識がおかしいのか?

条件については任せると述べており、それを撤回することはしないが、身勝手にも程がある。」と強く抗議した。ここだけは、申し訳ないが、本気で怒鳴った。

維新「残すところ、もう選挙期間もありませんし」という話があったため、その点については遮って同じことを述べた。

 

小坪「いいか?こちらは被害者だ。実際に、当方には被害が出ている。恐怖を与えるような発言を受けた陣営にも被害が出ている。

謝罪で終わると思うなよ?党組織として動いており、組織責任を示せ。大阪で何をやろうが自由だが、勝手に他県に出てきて騒いだのはそちらだ。大阪の事情なんて知らない。

例えば自民党であれば、これは公認取り消し・出馬辞退はあり得る。推薦を受けた候補や公認候補であっても、当選後に自民党会派への入会が認められない事例もある。

大阪以外の地方議会は、かなり厳格なルールでやっている、
大阪の、へんてこな政治ルールと歪んだ常識は、大阪の有権者は許したとしても、そんな大阪のノリなんて、こっちには関係ねぇんだよ!!!!!

大阪のルールは、そっちで運用するのは自由だが、他の地方に持ち込むな、非常識な、不完全な壊れた組織め。こっちに出てくるな!

迷惑かけたのは事実で、謝罪は受けれいれたけれども、
条件付きであることは重ねて主張する、何もしないことは許さない。

条件はお任せとしているため、それを選挙後にしようと、選挙中にやろうと任せたい。任せると言った以上、任せる。

だが、半端な対応をとれば、私はまだ、やる。」と怒鳴った。ここも怒鳴った。

「被害は、出ている。謝罪を受け入れたけれども、謝罪だけでは許さない。」と述べた。

 

維新「わかっている、何かの対応はとる。その方向で動く」との回答を得た。
小坪「選挙期間中に公認を取り消すことは検討するか」と問うたところ
維新「なにぶん、もう時間がないことなので」と回答を得たので
小坪「どうやっても自由だが、普通の常識はもって欲しい」と述べた。

 

 

 

維新への抗議
結語として、維新に対して強く抗議する旨を述べた。

小坪「すでに関東圏をはじめ、一部の維新事務所には被害が出ている。保守系も含め、スタッフが反乱を起こしており、得票には影響が出ている。
どこかの維新事務所が崩壊すればいいと思って、昨日のエントリを書いた。当然、得票にも影響が出るだろう。

大阪の都合で、大阪が処分しなかったがゆえに、全国の維新候補が被害を受けているこについてどう思うか?結局、大阪ありきなのか?だったら、全国の、他の他府県の維新候補は「大阪の犬」に過ぎず、地域のことはやらないただの飼い犬であろうと私は思う。

票の引き剥がしは継続して行う。
そういう意味では、他党であれば、他候補への影響を鑑み、選挙期間中に対処を行う。大阪では、維新が強いため、組織自体が選挙を舐めているのではないか?

かなり苦しんでいる他府県の維新候補なんて、見捨てているんだろう?
維新から出馬する、大阪以外の候補は、結局は大阪ありきの候補なのでは?

 

選挙後にしたとして、すでに選挙で影響を受けた陣営が多数ある中で、自分たちの対応は「選挙後」というのは身勝手にもほどがある。他の議会や、大阪以外の地方が、そんな対応で許すとは思わないほうがいい。

ようはガバナンスの問題で、だから維新はナメられる。

 

ここは相当に強く、かつはっきりと言うけれども、「維新です」と紹介を受けた際、さまざま地方議会にいったときに極めて軽んじられる。二流三流の組織であり、話もできず約束もできない、ガバナンス不足のダメ組織で、ただのお祭り野郎であって、大阪の有権者の悪乗りだけで存在しているだけの集団で、他府県ではなんらの影響もない、自らの候補も組織も律することができない、統制すらとれていない、おちゃらけ集団だと思っている。

だから、軽視されるし、維新の議員は馬鹿にされる。
大阪の人は知らないだろうけれども、維新の議員とまともに話す地方議会は少ない。自民党が政権与党だから、だから自民の議員を優遇しているのではなく、維新の議員と絡んでも約束はまもらないし自己中心的であるため、構うだけ無駄という先入観があるのだ。

組織として、自分たちがどう思われるか、
大阪の有権者は「そんなノリ」で、許されるのかも知れないが、大阪だけが非常識なだけで、他の地方には一切関係ない。ちゃんとやれ!

はっきり言って、私も(これは読者には申し訳ないが)沖縄の有権者を笑う一部のネットユーザーたちがいるけれども、同列だと思っている。
大阪の方、そのものがバカにされている現実をわかったほうがいい。なぜなら、維新が組織としてガタガタだからだ。

 

 

 

大阪の、維新支持者の主張はおかしい。

「だったら、大阪の自民府連は・・・」とか言うけれど、別に自民党がいいとか悪いとかの話はしていない。

 

維新が政党としての常識がなく、ルールも守れず、全国的に「バカな集まり」として軽んじられているという事実を述べただけだ。

維新支持者が「自民が悪いから、維新しか選択肢がないんだ!」と言っているが、ちょっと、馬鹿なんじゃないですか?貴方たちの責任ですよ、これ。

 

別に、自民の大阪府連が悪かろうと、それは俺には関係ないわけ。
そんなの大阪の政治家がやればいいだけで、大阪以外に住んでいる人は関係ないんだよ。

いいからさ、迷惑だけはかけないでくれない?
邪魔なんだよね、はっきり言って。

大阪だけでやってよ、って話。

 

なんで、これが維新支持者の責任かと言えば、他の県だったら、「ちゃんと恥ずかしくないだけの対応を、党内でとって欲しい」って、支持者が言うわけ。

大阪の維新支持者は「大阪自民が糞だから、それに比べたらいいんだよ!」しか言わない。別に、こっちは、どっちでもいいんだよ、俺には関係ない。また、福井の町議にも関係ない。

大阪は大阪で勝手に選挙をやって、勝手に議会を動かせばいいんだけど、
他の県に迷惑をかけないで?って言ってるの。

 

単に「大阪の維新がガタガタだから、外に出て、ルールが非常識すぎて迷惑なんですよ」って言ってます。

大阪自民をよくしましょう、そして大阪自民に票を入れて!って、俺は書いてますか?

 

支持者が甘やかすから、党がガタガタになるんだよ。

桜田大臣を見てみろ、私は地方選への影響を加味してだと思うが、発言の2時間後には自ら総理に辞職届を出しただろう?

まだ一日あるのに、「ちょっと、もう時間ないんでぇ」が、どれぐらい馬鹿らしくて恥ずかしい行為なのか、大阪の人間は「ちょっとは恥じだと思ったほうがいい」と思う。

 

大阪自民が悪いとさえ言っていれば、維新がぐっちゃぐちゃの、玩具みたいな政党であることに目をつぶってません?大阪府とか大阪市は、いろんな問題もあるんだろう、腐敗もあるんだろう、それは大阪の有権者の責任であって、こっちには関係ない。大阪自民が悪いと理由づけして、オレオレルールを他の自治体に求めるな。

とても全国では「政治団体としては見られていない」「嘲笑の対象」であることを、大阪の維新支持者は理解してね?

あのさ、ここまで言われるぐらいのことをしてるわけですよ。
当該の維新候補は、最終日を楽しく戦うわけでしょ?こっちが選挙中に受けた被害には、目をつぶってさ。

だっさ!
くそ、だっさ!

玩具みたいな、こんな政党しか大阪にはなくて、(大阪自民も悪いみたいだから)、政党にも議員にも恵まれず、大阪の有権者に本気で同情しそうですよ。

こんなことを言われるのは「大阪の、維新支持者が甘い」からです。
ちゃんと支持者が党を律していかないから、組織がガタガタなんだよ。

大阪のノリが、政治を壊しているように、外部からは見えるけどね。
実際、こういう対応が限界じゃないさ?他の県だったら違うよ。

大阪だけが非常識。

 

 

 

私なりの武士の情け
まぁいっぱい、色々と書いた。

私なりの武士の情けは、ある。

維新側として交渉にあたった者の名を、この場では伏せた。
当該人物に非があるわけではなく、その上で組織責任を追及したけれども、個人批判ではないからだ。

 

他にも、結構、情けはかけている。

維新という「党組織としての謝罪」なのか、「維新の幹部”個人”」としての謝罪かは問うていない。そこは追い込まず、公式であるか否かについてのみ問うた。

この謝罪は、公式のものだ。
また、私が謝罪を求めたのではなく、自民側に維新が調整を依頼したことを発端といている。

 

また、下記が最大の譲歩。
この協議において、以下の問いを行っていない。

橋下氏に話が行っているかは、問うていない。
いかに元秘書であり、公式謝罪であるとはいえ、現在の維新のトップではない。また、政界を引退済みであり、判断があったか否かを問うことは「筋違い」と考えているため。

ただし、一般的に考えて話はそこまで行ったのではないか、とは思う。
その上で”大人の対応”として、私は問うていない。交渉にあたった方については、(組織人としての責任を厳しく問うたけれども)個人としては非常に苦しい立場に追い込まれており、橋下氏を引き合いに出すことは私なりの情けとしてしていない。

 

 

 

吹田市民で責任をとれ
二つの意味がある。

「票をはがせ」という意味が、まず一点。
ちなみに、この維新候補って、まだ謝罪もしてないんですよね。

党の幹部が謝罪し、私と(少しだけだが罵声もあり)協議しただけで、本人は何の責任もとっていない。
選挙中だから忙しいんだろう。
それは維新の都合なんですよね、あのね、こっちも選挙を戦っているんですよ。

 

これは妨害の意味もあるけれども、上記の維新の偉い人からは「なんだかんだで、この候補も勝つと思う」旨の発言があった。これは正直なものだと思う。

実際、勝つだろう。
それでも、できるだけ票を引き剥がして欲しい。

徹底的にやれ!
たまには維新にひやっとさせないと、第二第三の「大阪以外の政治家の被害者」が出る。ちょっとでもダメージを与え、経験させないと「次もやるぞ、こいつらは」と思っている。

 

だから、選挙をもって、吹田市民で責任をとって欲しい。

 

次の意味は、辛辣だ。
吹田市民全体で、責任をとれ。

この動画は、国会議員だけでも、40事務所ぐらいに送付する。私が縁故のある議員がそれぐらい、という意味だ。

そして、本当に申し訳ないとは思うけれども「吹田市の要望活動」については、当該議員のみならず、全ての吹田市について、私は塩対応を行いたいと思う。

彼は当選するんだろう、そして吹田市民が市税で養うのだ。
吹田市民の決断であり、私は違うと言っても「俺には関係ない」のだ。

福岡県にも、福井県にも、そして援護が遅れてしまった関東圏についても、
吹田のことなんて関係ないんだよ。

 

吹田市の候補が、他の県に迷惑をかけた。
これだけの事態に発展している。

それで、吹田市民には一切の責任が問われないとは思わないで頂きたい。
私たちは被害を受けた。選挙中に被害を受けている。そっちは、選挙結果で、これを当選させる、というね。

で、私たちだけ泣き寝入りしないといけないのですか?
吹田市民が、市税で賄っているんでしょ、選挙も。
選挙カーとか、公費負担あるでしょ、市税から。

 

連帯責任ですよ、こいつだけがおかしい!
私には関係ない!っていうのは、ちょっと都合が良すぎますよ。

私だけではなく、それなりの数の政治関係者の助力を乞い、吹田市の動きは、抑止させてもらう。

 

反撃するのが当たり前。

だったら、出馬辞退させればいいし、維新がいまから公認を消せばいいわけで、
(桜田さんは詰め腹を切った。)

かつ、吹田市民が彼を当選させ、選ぶとしたら。
私たちはどうしたらいいの?

私たちだけ、泣き寝入りしろっていうんですか?
むちゃくちゃですよ、言ってること。吹田で責任とってください。

福井の町議が傷ついたこと、私の日程が崩れたこと、
応援に入れなくなった他の陣営。

被害は出ているわけで、責任はとって欲しい。
とりきらんのであれば、吹田市民に「とらせる」しかない。

まぁ、後段は、ちょっと冗談だと思ってくれてもいい。
半分ぐらいは本気だけれども、そういうレベルだという理解は、して欲しい。

吹田市民が決定権あるんだもの。
私たちの被害は、考えてね。

どういう目で見られているか、それを考えてください。

 

 

 

大人の対応、調整に応じた
罵声は、あった。
これは、自分自身、よくないと思っている。

ただ、務めて冷静に話した。
一部で声を荒げたことは許容して頂けると思う。

 

調整に入った自民事務所側にも、同様の報告を済ませている。

できるだけ「大人の対応を」と求められていたので、私なりには大人の対応を頑張った。相当に抑えた。

罵声があったことを恥ずかしいと思い、それも公開しておくけれども、
全体的にはドライな内容だった。

 

大人の対応、である。
先ほど武士の情けとして、相手の身分は紹介しつつも名を伏せた。

また、敢えて確認をとらず、相当に逃がしていることも触れた。

これは、大人の対応、です。

 

全国の、維新の候補の選挙には、悪影響を与えたい。
一人でも落選すれば、ちょっとは眼がさめるだろうから。

候補者選定もちゃんとして頂けるのでは?と思い、今後のことも考えて、徹底的にスタッフの引き抜きと、票剥がしを継続して頂きたい。
スタッフの引き抜きについては、今回のBlogと前回のBlogを用いて、「小坪が切れている」と送って頂きたい。

選対を、崩せ。
これが私の対話であり、そして大人の対応である。

 

本当に。これは穏便処置。

最終日が終わってから、動画を送りまくって、リアルのほうで色々やろうと思っていたけれども「調整には応じた」ので、やらない。

 

ちょっと別の意味の大人の対応もある。
罵声はあったが、一番、怖いのは「条件付きである」としつつ、「条件は任せる」と投げたところ。大人の対応である、こっちだって選挙で忙しいわけで、維新ごときにこれ以上の時間を割きたくないんだよ。

かつ怖いというのは「条件はお任せ」で、ボールは向こうにあるわけだから、やるもやらんも向こう次第という状況だけれども、ボールは投げてしまっているから、やらんならやらんで「だったら、吹田をダメージを与える」だけ。

吹田市に打撃があれば、それは、維新がいま持っているボールのせいですから。
私じゃなくて、維新の、党組織としてのガバナンス不足を批判してください。
こっちのせいにするな、と。

その意味も含め「条件は任せた」のだ。
維新に「ちゃんとした対応」をとるよう、大阪の人間と、吹田の人間がやるべき。

そういう機械を与えて、時間を与えたことは、大人の対応だと思っている。
(吹田の、国費に関係する事業の資料を集めようとしていました。)

でも調整に応じた。
大人の対応です。

なにより、統一地方選で、同志を当選させたい。
そっちに時間を割きたい。

 

 

 

本日の統一地方選

本日は、昨晩の京都での宿泊から、東京に移動。

特別区議選の応援に。
まず、荒川区議選を戦う、小坂英二候補の応援に、坂東忠信氏と参加。
町屋駅前で選挙活動を行う。

リンク先、実際のリーフレットの写真あり。

 

のち、江東区議選を戦う、屋敷田あやか候補の応援に入り、23:59まで駅立ちを行った。

 

那覇から大山孝夫市議、および篠原常一郎秘書も途中より参加。
(筆坂英世先生の、長らくの秘書を務めた。正論の著者でもある。)

 

犬伏秀一候補の選挙区に応援に入れず、非常に申し訳なく思います。
ここは自衛官つながりということで、大山市議と分担はしていたけれども、私も是非とも応援に行きたかった。

 

昨日の件により、日程に影響はあったものの、大山市議らと分担することで、なんとかカバーできたように思う。
謝罪を受け、調整に応じたとはしつつも、当方についても被害を生じており、また応援に入る陣営の多くに影響を与えている。いまも、朝五時過ぎ。

最終日は、ちょっと遅めの出発になる。

 

 

 

【番外】三鷹市長選に地殻変動
地殻変動と書くと大きな話に思うかも知れないが、小さな話でもないようだ。

 

この「影響」というのが、最初はよくわからなかった。

昨日のエントリが若干の影響を与えたようだけれど、どうやら「維新にブチ切れていた」ことに対する恐怖?みたいな噂もあった。

私は、吹田の維新候補に怒っており、維新のガバナンス不足に怒っているだけで、三鷹はお世話になっている谷畑市長の紹介での、お願いである。

 

どうやら、「維新の二の舞」になったり、「吹田の二の舞」になっては大変だと思った方が(少なくとも一部に)いたらしい。まったく関係ないのだけれども、ようは安全保障上の理由で私と支持候補を揃えようと思った”ようだ”。

私にもよくわからないのだれども、噂?を総合すると、そういうことみたい。
最初は何を言っているのかわからなかった(大阪に怒っているだけなのに。)

私だって、いつも怒っているわけじゃないし、
基本的には「綺麗に応援」しかしていないですよ、今回の選挙だって、綺麗に戦ってきたよ?

なので、誰かを怖がらせてしまったことは、ちょっと申し訳ないと思う。
三鷹は、あくまでお願いであり、そんなブチ切れるような、心が狭いわけではないです。
三鷹市長選では現職の、清原けいこ候補を応援します。

 

 

 

最終日の日程について
FBアカウントが停止している状況が継続しているため、下記に日程を記す。

?江東区 江東区 屋敷田あやか候補
少なくとも、午前いっぱいは江東区にいる。
午後よりボートで川下り(選挙上、合法のもの。船上は私も未経験。)、できるだけボートにも参加したい。
もし私に会いたい方がいれば、是非ともご参加ください。日程によっては、街頭演説も行います。
(朝は、ちょっと遅めの参加になります。ごめんなさい。すでに、朝6時近いため。仮眠してから出ます。)

 

?杉並区 小林ゆみ候補
17:00?
荻窪駅(場所取りの都合もあるため、どちら口かは現場対応)

応援弁士
・小坪慎也(行橋市議)
・大山孝夫(那覇市議)
・深田萌絵(ITジャーナリスト)
一応、篠原常一郎氏も同行してもらうため(明日の移動サポートは、篠原氏の車両手配)、マイクを握る可能性もある。(選対とは未調整)
また、名を明かせない有名人も参加する見込み。

 

?中野区 吉田康一郎候補
杉並区の集会を終えたのち、中野は隣であるため、移動。
ギリギリになって申し訳ないが、20時には到着するだろう。かつて共に戦った同志たちは、集まって欲しい。
場所は特に調整していないが、恐らくはいつもの場所になると思う。
個人的な思いになるが、戦い抜いた同志らに、私からも労いを伝えたい。

特に未調整であるが、中野区はマイクを納めた20時からが本番だ。
選挙期間いっぱいいっぱい、23:59までご挨拶が続く。(通称:夜ペコ)
今回もあると思うので、”あんときのメンバー”と、また立ちたいと思う。40人ぐらいいたと思う。

 

 

江東区議選において二期目を戦う屋敷田あやか候補。
重点候補です。ちょっと力を入れているな、と思います。
事情が、ある。

中野区議選を戦っている方は、「あのときの、いつもいた若いウグイスさんがいないな」と感じているかも知れない。連日、選挙カーで8時から20時まで乗っていた女性は、江東区議の屋敷田さんです。

だから、今回は、中野の夜ペコには彼女はいない。当時、一切、身分を明かしておらず、彼女自身が望んだため現場スタッフは知らなかったと思う。ただし、応援に入った議員らは、それを知っており、「江東区の支援」については(それをもって保守系を代表するものではないが)、敢えて「我々が」という主語で、述べたい。江東区については、むしろ我々のほうが恩がある。こちらについては、本日撮影した、屋敷田候補との動画を紹介する。

 

彼女は、議員として弁士に入るのではなくて、スタッフ不足を解消するため、身分を完全に伏せてウグイスをやっていた。どれぐらいの日数、そして、どれぐらいの時間、選挙カーに乗っていたか、覚えていますか?日によっては、朝8時から夜20時までやってたと思う。

現場スタッフには伏せたけれども、入っていた議員たちは知っているわけで。
だから、彼女の支援にまわろうと、みんなで決めました。

江東区は、かなり敷居が高い。
ハードルは高く、女性新人だっている。

前回は、20代新人!で、下町パワーで当選できた。
けれども、特別区で、特定の企業や支持母体をもたず、政党公認なしで無所属で2期目を戦うのは、はっきり言って相当きびしい。

中野を共に戦った同志は「なんとかして、江東区の票」をとりに行ってください。
最後の最後まで、この事情は伏せていたけれども、最終日だから書かせて頂きました。

 

屋敷田事務所では、ちょっとしたサプライズがあった。

私が近所をウロウロしていたところ、発見されていたらしい。
それは、ある方の息子さんだったのだが、「小坪議員を江東区で見た!」と、父親に報告。
「なんだって?だったら、事務所を探して、行くしかない!」と。息子さんの連絡により、チャリと車で(奥さんと子供も連れて)、事務所に来た方がいます。

私はFBが免停になっており、現在地を公開できませんでした。
また、屋敷田さんのアカウントで配信した動画の、前のこと、です。

単に、そのあたりをウロウロしていた結果「あ!!!いる!!!」と、それだけで来てくれた次第です。これは流石にビックリしました。

ネットパワーではなく見かけたというだけで。。。
流石に初めての例でした。

 

驚いた話はもう一つあって、お父さんと息子さんは、政治の話はしてこなかったそうです。
そして、どちらも知らぬ間に、このBlogのファンだったそうです。江東区に在住の方でした。

どうやら区議選で「屋敷田さんって人がいてさ」と、それとなく互いに声を掛け合ったようで、父と息子は「え?おまえも小坪ファンか!」という家庭内での驚きがあったそうです。
細部はずれているかも知れませんが、要約するとそんな感じでした。

為書きの前で、谷畑市長仕込みの、自撮りを撮影。
個人情報の絡みがある為、アップはしません。(そもそも私の携帯では撮影していない。)
固く握手して、中野の恩返しをしたい、あと10票ぐらい声かけてくれ!と頼んだところ、同級生に頼み込んでくれると約束してくれました。

 

他にも、似たエピードみたいのはあったのですが、流石に長くなったので割愛します。

 

 

 

 

 

泣いても笑っても、明日は最終日。

 

全ての候補に、勝利が訪れますよう。

 

そして、維新に対しては、有権者がちゃんと判断してくれますよう、

 

とりあえず、維新からの公式の謝罪はありました。

 

私は、調整に応じました。

 

大人の対応をしたつもりです。

 

条件は出させてもらいました。

 

保守系候補者の必勝を祈る方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

(重要)
【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧【シェアして応援しよう!】

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

53 Responses to 維新、公式に謝罪。「100%こちらに非がある。」当方は”条件付き”で調整に応じた。ただし、票は剥がせ!【反撃する人はシェア】

  1. 学のない保守 のコメント:

    大阪での維新の振る舞いって
    所謂マスゴミに似てますね。

  2. 遠藤 のコメント:

    維新に苦情を伝え謝罪を受けたまではいいと思います。

    でもその後の維新を支持する大阪府民、更には大阪全体を侮辱するような今回の内容はおかしいと感じます。私は他府県の自民支持で、こちらの内容はよく読ませてもらっておりすごく参考になってありがたいと思っていますが今回はちょっとあり得ない。

    議員として有権者に対して、感情にまかせて馬鹿とかださいとか言うのはどうなのでしょう?相手が間違っていると感じたとしても使っていい表現ではない。同じ議員に言うならまだしも何故有権者にそこまで言えるのでしょう?

    支持者が甘やかすからとも書いてますが人それぞれに維新に対する思い入れも違います。今回の維新の行動が駄目だと思っている人もいることでしょう。大阪には他に自民支持もいれば立憲や国民共産党などの支持者もいる。逆に政治に関心がない人もいる。

    それぞれの思いで一生懸命生活し、それぞれの思いで政党を支持している。みんな頑張っている。

    でも今回の内容はそういった人もひっくるめて、大阪全部を批判しているようなものです。

    とりあえず今回の記事はかなり残念。

    • 決して保守ではないけれど のコメント:

      >それぞれの思いで一生懸命生活し、それぞれの思いで政党を支持している。みんな頑張っている。
      >でも今回の内容はそういった人もひっくるめて、大阪全部を批判しているようなものです。

      集団の中には、人それぞれの思い、活動、生活があり、皆一生懸命頑張っている。
      維新支持者もそうでない者もいる。
      言うに及ばぬ、当たり前のことです。
      その当たり前のことを盾にとって「批判をするな」というのは
      「集団に対するあらゆる批判を許さない」という、言論封殺にも繋がりかねない
      あってはならぬ暴挙だと思います。

      • 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

        決して保守ではないけれどさん。

        私は遠藤さんのコメントを読んで、大阪にいる保守層の気持ち(少なくとも私が記事を読んで不愉快に感じた気持ち)を上手に代弁してくださったと思っている一人です。

        前科者の国会議員が当選する高槻市やヘイトスピーチ条例のほうが日本国憲法より上だと思っている府知事が誕生する大阪府を批判するなとは言いませんが、批判するにしても言い方や書き方というものがありませんか?

        『小坪先生に対して苦言を呈するな』と批判するのは、貴方の仰る言論弾圧と同じです。

        小坪先生は日本中を駆け回って選挙をサポートして来られていますし、日本を良くしようと共に戦ってきた同士の為に活動してらしたので、今回の松尾氏や大阪維新に対しての怒りも人一倍でしょう。

        そのお気持ちは理解しますが、大阪の全ての有権者や他の候補者にまでクソ味噌に貶される謂れは無いと思っています。

        ともかく、高槻市議会議員選挙は投票してまいりました。
        大阪府知事選の時とは異なり、白票ではございません。
        大阪から少しでも反日工作員の政治家が消えますように。

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      維新は「KUSO」扱いしてる自分でさえ同じ様な感じを持った。
      確かに大阪維新は「KUSO」だが、他地域の維新票を削る行為は如何なものか?
      地方には維新から出る者の中にも、誠実な人も居るだろうにね、そのスタッフ迄削れと言うのはね。

      リアルでは、努めて冷静に切り刻んだつもりだろうが、ブログで、こんな書き方すると逆効果なる可能性もあるし、実際にこのブログを読む者は全てブログ主のファンではないのですよ。

      • 維新は裸の王様 のコメント:

        ※「読む者は全て」→ 「読む者が全てが」
        「ファン」→ 「ファンばかり」
        に訂正します。

      • ネットウォッチャー のコメント:

        いやいや、その理屈はおかしいですよ。
        先に他所様の選挙区に喧嘩ふっかけてきて、ここに至っては選挙戦にまで影響を与えてしまったんですよ。やられたからやり返しているに過ぎません。維新が適切な対応を撮っていれば「余計なエネルギー」を割いてまで削りになんて行かなかったでしょう。当然の対応です。

        はっきり言って維新の対応はKUSOです。まずは当人に謝罪させろと。これは戦略的な意味でです。当人が内心では「ちっ、うっせーな」と思ってようが良いんですよ。形だけの謝罪すらできないさせられないとは絶句するしかない。維新はそれを是認している形になります。妙なプライドでもあるんですかね。今回のはそういう党の本質が滲み出てるんです。
        今回の件でやはり維新には国政を担わせることはできないと改めて思いましたね。国政では互いに是々非々でやりあっているからなおさらですよ。

        あ、ちなみに私は小坪氏のシンパではありませんよ。例えば「やんちゃな若者」のエントリーなどは同意しかねますし(笑)そもそも保守かと言われればそうではないですしね。ただ全力で政治に向き合う姿勢には惹かれるものがあります。「政治」をしてますから。

  3. ta のコメント:

    某ネット番組は・・・維新忖度なんだなと思いました。
    地上波と比べるのは失礼なほど有用な番組ですが、維新に厳しいこと言ってるのは見たことないし(見てないところで言ってたら申し訳ない)。
    つまりああいう応援側の言論人も維新が組織としてあぽんになった原因のひとつ、と。
    確かに軽いな。

    • 匿名です のコメント:

      あの番組ですね。
      激しい維新推しが始まったら飛ばすようにしています。
      最近はその曜日は見ません。
      ある曜日だけ維新推しではないのですが、その曜日の担当は・・・・・・

    • 60代主婦 のコメント:

      よく言って下さいました。
      あの番組、最近特に変です。
      何度か問い合わせメールもしてみましたが、無視です。
      維新忖度。
      維新御用達。
      維新が全て駄目とも言いませんが、維新の悪いところ、疑問点は一切言わず、維新上げばかりしているのが、とても気になります。
      あれでは地上波の偏向報道、印象操作と同じです。
      自民党や安倍総理にさえ物申す姿勢があるのに、何故だか維新は全面支持???
      ああいった方々が「大阪自民と共産党が…」と言い続ければ、一般人は洗脳されてしまいます。

  4. 無骨 のコメント:

    維新は、FBアカウント停止について配下の関与があったのかどうかも明らかにして欲しい。
    維新はただのチンピラじゃないぞ、というところを見せつけてもらいたいですね。

  5. 琵琶鯉 のコメント:

    大阪自民が腐ったのは、大阪の有権者がそれを正さなかったからでしょう。いずれ大阪維新も同じようになりますよ。

    なんの為の4年ごとの選挙か。

    しかし、吹田市もとんだ トバっちりですね。まだ、決まった訳では、ありませんが維新候補の松尾さんのイッチョカミの為に全国の議員を敵に回し、大切な事業への予算は、市税だけで賄わなければならないかも。まぁ。仕方がないか、決めるのは、吹田市民ですから。

  6. 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

    大阪維新や松尾氏へのお怒りはごもっともですし、そんな大阪維新を増長させる大阪の有権者に対するお怒りもごもっともですが、そんな汚鮮された大阪府にも大阪維新や立憲民主党に投票しない大阪府民もいることをご承知おき願います。

    大阪だからと一緒くたにされるのは不愉快です。
    (ネットで大阪民国と揶揄されるのも不愉快です)

    まぁ、大阪府知事選でタレントに出馬要請したかと思えば、日本共産党や立憲民主党とズブズブの副知事を公認候補として選出するという、自民党本部の大阪府知事選へのやる気の無さが露呈した時点で、府知事選には白票で出すしか無かったんですが。

    それにしても大阪維新。
    日本共産党や立憲民主党と同じく、他人の批判は喜々とするくせに自分達の犯罪行為には激甘対応とか。
    過去の女性蔑視とも言える投稿、他県の候補者に対する殺人予告とも言える脅し。
    そして本人の謝罪もなし。
    こんな社会人として有り得ない人を公認候補のままとする大阪維新。
    松尾氏を公認候補から外さない=このまま有耶無耶に終わらせたいという意思が透けて見えますね。

    【驕れる者は久しからず】

    自浄作用が働かない組織は潰れます。
    昔から指摘されている事実です。

  7. 試され過ぎな大地の国民 のコメント:

    私達が目に出来るのはあくまで公開された内容だけ。
    きちんと公開しないと謝罪しようが私達には届きません

    今回だって小坪さんが書かなければ
    維新から打診が有ったことすら我々には判りません。
    果たして透明な政治なんですかね?コレ。
    維新が今後何言っても私の心には届きそうに有りません。

  8. 名無しの案山子 のコメント:

    維新から謝罪があったという記事ですが、吹田市議候補の維新の松尾しょうた氏からの謝罪は何も無いのですよね。でもって松尾しょうた氏への処分も何も無いのですよね。という事は維新は本心から謝罪していないという事では無いでしょうか。

    今回の問題は吹田市議候補の維新の松尾しょうた氏の問題ですが、それはつまり維新の問題でもあり、吹田市の有権者の問題でも有ります。もし、もしもですよ、松尾しょうた氏が当選する様なら、それは大阪維新と大阪府吹田市の有権者にも責任が有るのでは無いでしょうか。

    ヘイト法案や外国人の参政権をみると、維新というのは上辺は綺麗事を繕いますけど、どうやら腹の中は真っ黒な様に思われます。維新は腹黒く何を企んでいるか分からない恐ろしい連中の様に思われます。

    あ、そうそう、明日は投票日ですね。都合の悪い方は期日前投票をお願いします。その際は本ブログ4月14日の記事の【当選して欲しい保守系候補】統一地方選挙・応援候補一覧【シェアして応援しよう!】を参考にお願いします。

    • たぬきねんね のコメント:

      維新は当初から半島よりの政策なんです。今に始まったことでは無く。だから絶対国政にださせてはいけません。橋下氏自体、竹島で、過去絶対日本人なら誰も支持しないことを放言しています。でも、そういう毒でも必要になるほどよどんでいるのが大阪周辺でもあるのです。(大阪隣県で爺婆が大阪府)

  9. 吉田さん期待 のコメント:

    吉田康一郎候補の東京の中野駅応援に行こうか迷っている方、ご参考のブログ(去年)も判断材料にして下さい。
       ↓
    中野区長候補 吉田康一郎さんの天晴れな訴え
    https://ameblo.jp/sasurai-athlete/entry-12383265489.html

  10. やくも少年 のコメント:

    以下の檄文、フェイスブック及びLINEで公開させていただきました。
    日本国で選挙を通して政治参加するすべての皆さんへ

    今日は、とても悲しく、そして残念なことを皆さんにご紹介しなければなりません。

    福岡県行橋市議会議員・小坪慎也氏のサイトに、現在選挙中の大阪府吹田市議会議員候補・松尾翔太氏が、小坪氏が応援に入った、これまた選挙中の福井県大飯郡高浜町議会議員選挙に出馬している児玉千明候補に対し、
    命は大切にとお伝えくださいw(原文通り)
    と書き込んだのです。
    確かに児玉候補は、狩猟免許を持ち、狩猟をされていることでも有名です。動物愛護(この「愛護」って、何様のつもりだ?!)の観点から批判的に述べていると解釈もできましょう。ですが、選挙期間中に他者のSNSサイトに出張ってこんなことを書くのは、動物愛護がどうとかいうよりも、生命・身体に対する危害を加える目的なのかと思わせるに余りあるものがありはしませんか?
    しかも、文末には「w」の文字。もはや以下ノーコメントとしたいレベルです。

    本件についてはすでに日本維新の会の関係者が小坪慎也氏に公式謝罪をしている模様ですが、当の松尾翔太氏はと申しますと、この書き込みにつき、選挙期間でアカウントを事務員にも使わせており、事務員が書き込んだ旨の釈明をしているとのことです。これは、松尾氏より小坪氏や児玉氏に対して謝罪があったことを示すものではありません。

    大阪府吹田市民の皆さんにお願いがあります。
    明日投開票される吹田市議会議員選挙についてのお願いです。
    「松尾翔太」という、日本維新の会の公認を受けている候補者がいますが、
    この「松尾翔太」氏にだけは、
    絶対に!! 投票しないでください!
    「日本維新の会」の公認はもとより、推薦を得ている、もしくは応援を得ている他の候補者にも、絶対に投票しないでいただきたい。
    他候補には直接関係ない話ですから、名指しは、控えます。
    それから、棄権や白票も、絶対、やめてください。
    どなたでもいい、何党でもいい、日本維新の会を名乗らず、応援儲けていない候補者のお名前を、ぜひ、投票用紙に書いてください。

    他市町村の方で、吹田市に知人のおられる皆さん。
    吹田氏の知人・友人の皆さんに、その旨、お伝えください。

    次に、私が6年間住んでいた兵庫県明石市の皆さんに、お願いがあります。
    明日の明石市議会議員選挙の投票、「日本維新の会」の推薦もしくは公認を得ている候補者、3名おられますが、その方々には、投票しないでください。
    それがどなたか、ここでの名指しは避けます。
    松尾翔太という人物とも、吹田市とも、何の関係もない話ですからね、本来。
    選挙ポスターと選挙公報を見て、ご判断ください。
    そのかわり、他の候補者の方々のどなたでもいい。
    これぞと思う方に投票してください。
    棄権や白票だけは、やめてください。
    私個人としては、ぜひこの人にという候補者も複数いますし、また、リアルで応援している候補者もいますが、それは、ここでは述べません。
    もちろん、その候補者さんが何党の推薦であれ、公認であれ、無所属であれ、構いません。しかし、繰り返します。
    「日本維新の会」の推薦もしくは公認を得ている候補者、3名いらっしゃいますけれども、この方々には、どうか、投票しないでください。
    明石市に知り合いのおられる方は、ぜひ、その知人・友人の皆さんに、その旨、お伝えください。

    こんなことを、フェイスブックのアカウント30日凍結が明けて早々発表するのは、正直、心苦しいのです。
    日本維新の会(以下「維新」)関係者に対して、ここまでのことを書くのも、本当に、心苦しく、泣きたくなる気持ちをこらえつつ、今、書いています。

    私は、維新に関連する政治家で、リアルでお会いした人もいますし、ネット上、それもフェイスブック上だけで知り合っただけの人もいます。
    実は、明石市議会議員選挙に出馬されている3名のうちのおひとりとは、前回の選挙前にもお会いしたことがあり、今回も、私が選挙初日に明石市を訪れた際、信号待ちの選挙カーから降りてこられて、握手をしてくださいました。前回は思ったように票をとれず、落選の憂き目に遭われましたが、再起を期して、改めて出馬されているお姿を見て、正直、厳しい選挙になっているなとは思いましたが、本当に、頑張って欲しいと思いました。その気持ちは、今も変わりません。
    もう一人、私より幾分年上の女性もおられまして、さる月曜日、明石駅前で演説されているところでお会いし、お話もさせていただきました。立派な方だと思いました。ポスターにしても、ものすごくメッセージ性のある、興味深いものをおつくりになっています。
    その方にも、本当に、頑張って欲しい。その気持ち、今も変わりません。

    そもそも、彼女にも、彼にも、吹田市の他候補の話など、何の関係もないことですから。本当に、心苦しい。半分泣きながら、心の中でお二人に詫びながら、今私は、この文章を書いています。

    それでも、私は、日本の選挙に携わるすべての人たちのために、いや、これまでかかわってきた人たちも、これからかかわっていくすべての人たちのために、あえて、書かずにはおられない思いがあって、今、ここに公表する次第です。

    私はこれまで、「選挙」というものを通じて、立候補者や元政治家、それに政党関係者や議員の秘書といった人たちはもとより、その事務所に出入りし、候補者のために手弁当で頑張るスタッフの人たち、それどころか、炊き出しと称する暖かくておいしい食事を候補者やスタッフの皆さんに振舞ってくださった人たち、そしてなにより、お騒がせしているにもかかわらず、手を振ってくださる有権者の皆さんや子どもたち・・・様々な人たちにお会いすることができました。
    すべてが、私にとっては、何物にも代えがたい宝物です。
    候補者だけに限っても、自民党の人、旧民主党系の人、共産党の人、維新の人・・・
    いろいろな人がいました。皆さんどなたも、立派な見識を持った人たちです。
    私の父の同級生で親友だった共産党の市議会議員の方もいました。その方のおかげで、幼少時から分かれていた母に再会することもできました。若くして亡くなられましたが、議員になる前から、鉄道ファンということでつながりができた自民党の県議会議員の方もいました。私に、選挙のことを実際の選挙活動や政治活動を通して教えてくださっている現職の野党系の市議会議員の方もおります。その方の選挙はもとより、ご紹介で、他の候補者の応援に入ったこともあります。

    かくして、選挙活動や政治活動を断続的に行うようになったわけですが、実は私、一度、大失敗に加担したことがあります。
    ある町が近隣の市に合併されたときに行われた増員選挙のお手伝いに行った時のことです。スタッフとして来ていた何人かと、他陣営の様子を見ては、あの提灯の大きさが選挙違反だ、これがどうだ、さあ、選管に通報、所轄の警察に通報・・・などと選挙期間中にやってしまい、応援に入ったベテランの市議会議員の方から、
    「人のことは、どうでもいいでしょう! それより、自分たちの選挙をきちんとやることです」
    と、厳しい顔で一喝されたこともあります。
    その方の一喝で、選対の雰囲気は引き締まりましたが、時すでに、選挙たけなわ。
    今思い出しても、本当に、恥ずかしいお話です。
    もちろんこの時、このような話に候補者ご本人が同調されたりすることはありませんでした。しかし、結果は、惨敗でした。
    本当に、申し訳ないことをしました。

    しかしこの度の選挙において、候補者自らが、自分の選挙区どころか、他の選挙区の、それも他県の、縁もゆかりもないはずの現職市議会議員の運営するサイトに、選挙期間中にもかかわらず、これまた、自分とは縁もゆかりのない他県の、しかも今選挙を真剣に戦っている女性候補に対して、ふざけたメッセージを送った。
    その人物がやったことは、書き込んだ先の小坪市議や、メッセージの宛先となった児玉町議本人だけでなく、選挙中の児玉候補の選対関係者、そして高浜町の住民の皆さんに対して、どれほど失礼なことか。
    いや、それだけじゃない。
    今回の選挙に候補者として、選対本部詰めの事務員として、政党関係者として、運動員として活動されている、そして活動されたすべての選挙関係者に対して、いや、過去に選挙関係者として活動し、これから先活動していくであろう未来の選挙関係者に対して、彼は、こともあろうに選挙中に、あまりにふざけた書込みをもって、今私が述べたすべての人たちを愚弄し、嘲笑する行為を行ったのです。

    こういうと、何もそこまで言わなくてもと思われる方がいるかもしれません。
    しかし、そんな甘い対応は、この松尾候補のような候補者のふざけた行為を容認し、選挙に携わるすべての人を、そして、政治に参加すべく投票に行くすべての人々を愚弄することに間接的にであれ手を貸すことを容認する考えであり、かかるふざけた書込みをした松尾候補と同罪であると、私はあえて、申し上げたい。

    私は、これを、今回の選挙における特定候補や特定政党関係候補者の当選もしくは落選を期して書いているのではない。日本の選挙制度を守り、政治への参加意識を高め、そして、すべての選挙に携わる人々が有権者の皆さんから、そして、日本だけでなく世界の人々から尊敬されるようにしたい、なりたい、という思いから、あえて、ここに書かずにはいられなくなったのです。

    最後に、皆さんにお願いがあります。
    どうか皆さん、投票権のある方は、ぜひ、投票所に足をお運びください。
    この後半戦の選挙に携わっているすべての皆さん、どうか、自らの陣営を改めて引き締め、最後の最後まで、選挙を戦い抜いてください。応援演説をされる皆さん、ぜひ、応援されている候補者が当選できるよう、できるだけの力を与えて差し上げてください。
    そして、前半戦を戦って当落を分けた候補者の皆さん、事務員、運動員の皆さん、お疲れ様でした。後半戦の応援に入られている方も、他候補のために活動されている方もおられるでしょうが、どうか、最後の最後まで、がんばってください。

  11. たぬきねんね のコメント:

    ま、コレは当たり前ですね。維新は即時公認取り消しするしかなかった。それができない程度の組織。実際、大阪とその周辺だけでまずはやるべきだ。それほど、大阪周辺自治体は緊張感のない なあなあ 体質になっている。だがあえて書く。おおさか自民、てめえはダメだ。共産と組むなど未来永劫支持されない。

  12. 甲州保守 のコメント:

    維新については続報待ちですが、松尾候補は典型的な炎上便乗リンチマンが表に出てきてしまった印象を受けました。

    主語がデカくなると比例して該当する人も増えます。属性として。
    当事者ゆえの激怒っていうのはとてもわかりますが。

  13. 元修羅の国の住民 のコメント:

    維新が、党の代表者をたてて正式に謝罪させときながら
    加害者側の松尾氏本人からは何のアクションが無いというのも
    果たして議員候補者としての資質としてどうなんでしょうか?
    某ネット番組で小坪氏と因縁のある足立康史氏が
    「維新の議員は党の政策実現のための駒」
    と語り、候補者もそれを承知のうえで公認をもらうそうですね。
    であるとすれば、夏の参院選に与える影響を考えたらならば、
    ダメージコントロールとして早々に松尾氏をパージしておいても良かったのでは?
    と思ってしまいますが。
    何たって所詮維新から見れば所属議員なんて「党の駒」に過ぎないのですから。

    • 元修羅の国の住民 のコメント:

      ちなみに当方、某団体に所属していて、
      その団体が夏の参院選に維新のとある候補者を推しているのですが
      当方は    絶・対・に・入・れ・ま・せ・ん
      投票を依頼されるかもしてませんがキッパリとお断りします
      その候補者が所属団体にとって恩義があるからとか何とか
        そんなこと当方には関係ありません!!

  14. araigumanooyaji のコメント:

    “いますぐ公認を取り消し、もしくは出馬辞退させるぐらいの判断が当然である。 大阪だけ常識がおかしいのではないか?もしくは維新の常識がおかしいのか? 条件については任せると述べており、それを撤回することは

  15. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この一連の流れが、どこかで見たような無い様な気がしていたのですが、そう言えばシーマンだか役満だかの村なんとかと言う芸人が、今では芸人仲間から総スカン喰らう様に至ったのと似ているからでしょう。

    まぁ、論理的には大阪も維新の票を引っ剥がせば、大阪の自民も共産党と組む必要性も無くなる訳で、この度の選挙後にはその様な動きが水面下で行われるのかも知れませんね。
    若し仮にそうなったとすれば、一番に煽りを喰らうのは大阪以外の都道府県維新の会でしょう。

    既に一部では飛び火している様ですから、これが数年後のスパンで見た場合はどうなっているのでしょうね?

    大阪吹田市議会の立候補者を調べてみたら、共産や元民主、公明を除いたとしても、維新以外の候補者が居ますね。
    ”NHKから国民を守る党”や陸上自衛隊・予備自衛官三等陸曹が吹田市議会議員時代に興した会派系の、維新とは一線を画する党からも出馬している様ですね。
    而も後者は、若手ばかりですが複数人数で出馬してますね。
    これだと、「共産と組む大阪自民よりは維新」なんて言い訳は、苦しいのかなっと思ったりもします。

    何にせよ、松尾しょうた候補の行いは、感情論になりますが”女の腐った”(一般的に言われる腐女子では無い)様な如くの行いに感じます。
    まるで”弱者には無敵”の、とある民族の様な印象を感じます。

    この松尾しょうた候補の影響が、次回の選挙戦でどう現れるかは見ものでしょう。

  16. 通りすがりの一関西人 のコメント:

    大将が「票を剥がせ」と号令されたので、一助となれば…。
    吹田市といえば大阪第7区で、上西小百合が引っ込んで、前回2017年衆院選挙は橋下秘書が立ったけど復活当選も出来なかった、大阪でも珍しく維新の弱い地域。上西が復活当選した2014年の選挙では立候補者3名(自民・維新・共産)全員女性候補だった選挙区でもある。にもかかわらず、松尾某はツイで女性をディスる等、選挙区事情をわきまえていないご様子。今回の騒動で調べてみると、東京の○ラン大学をご卒業になられたようで新参者ならさもありなん。こんな捨て石泡沫候補しか用意出来ないお維新の現状が哀れに思えます。
    元大阪市民として(離れて30年以上経ちますが)他県の皆様に解りにくい「保守票」特殊事情をご説明させて頂けるのなら、55年体制前後の政情をご存じの方には懐かしの旧民社党結党の地であったことも事情を解りにくくしているかも。西尾末広先生、西村栄一先生など(ご子息の西村眞悟先生もというと怒られそうですが)、政党という「看板」と議員個人の心情、来歴が、振り返ってみると噛み合わず理解しがたい。民社党が「第2保守党」と揶揄された由縁でもあります。ま、関西嫌いな東北人のオザーさんにしゃぶられて消滅してしまうんですけど。選挙の保守「地盤」自体は看板変えても、割としつこく残ったりしますからね。そういう風土をよく知るからこそ、そこにつけ込み、関西人特有のプライドをくすぐって「維新」の看板を掲げた橋下は、離反工作のエージェントとして優秀だったのでしょうね。
    ※因みに、自称を「関西人」とする人は間違いなく大阪出身者です(神戸や京都の方は自分のことを「関西人」とは呼びません)。日本人だとは言ってませんよ。

    • 通りすがりの一関西人 のコメント:

      ついでに流れ弾で、お隣の大阪第9区復活当選のあのお方の話し。(叔母の命日に寄せて)
      2012年当時、維新より初の立候補だった小坪議員因縁のあのお方ですが、私の叔母が、旧女子高等師範学校を卒業し、長らく第9区在住で教師を勤めておりました。当時は既に退職後だったのですが、人伝てを頼ってあのお方「先生、力貸してぇなぁ」と掏り寄り。叔母も悪い気はせず、情にほだされて票の取りまとめ。?桁かは判りませんが熱心にまとめておりました。その叔母も鬼籍に入って早5年。お線香一本上げに来たという話しはついぞ聞きません。そういうところが選挙弱い一因かも。GWに久々にお線香上げに来阪する私でした。吹田のボクちゃんのおかげで、言わなくて良いことまで思い出しました…。

    • 西郷隆盛 のコメント:

      その【オザーさん】は在日帰化人かも…亡くなられた生粋の【東北人愛国者渡部昇一上智大学名誉教授】が「オザーさんの墓は日本には無い。」と言われていましたな。

  17. 山形賢一 のコメント:

    小林ゆみ候補の応援には、また例の奴らが集まるのな?危険が無ければ良いのですが

  18. サンダーボルト のコメント:

    小坪議員、お疲れ様です。

    維新の候補者の書き込みは大変問題があると思います。小坪議員が怒る理由もわかります。特に、政治家は発言に気をつけるべきだと思います。

    さて、小坪議員が応援している議員候補の中に、直近、インターネット動画で某著名人の婚約者を誹謗中傷していると受け取れる発言をしている者がおります。某著名人の婚約者は何かといろいろ批判されておりますが、だからといって、誹謗中傷されてよい理由はありません。

    今後、政治家として、成長してもらうためにも、小坪議員の方からも、その候補者に、その発言の撤回とともに謝罪を促したほうがよろしいかと思います。

  19. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、最終日も応援活動(激務ですね!)おつかれさまです

    >最終日 4月20日
    >?江東区 江東区 屋敷田あやか候補
    >?杉並区 小林ゆみ候補荻窪駅(場所取りの都合もあるため、どちら口かは現場対応)
    >応援弁士・小坪慎也(行橋市議)・大山孝夫(那覇市議)・深田萌絵(ITジャーナリスト)
    >?中野区 吉田康一郎候補
    >三鷹市長選について、一部で影響があったようだ。
    >「現職:清原けいこ」に対し、保守系からの支持が強まっており、

    上記の候補の方々、全員当選を祈っております。

    閑話休題・・・

    維新の幹部の方から、小坪先生への公式謝罪があったそうですが、、、
    問題の吹田市議選候補から、小坪先生への謝罪とかはいつ行われるんですかね、、本人はもう投票日まで大人しく隠れまくっていて、当選した途端に、万歳!勝てば官軍!だぁ!!みたいな感じなんでしょうね。しっかしてくれ、吹田市民の皆様!といいたい!!

  20. 髭のN のコメント:

    維新には旧たちあがれ日本系の人もおりこういうことになってしまうのは残念です
    マトモな政党へ維新が成長してほしいけど次世代の党分裂あたりから悪いほうにぶれてる感じがね…

  21. 西郷隆盛 のコメント:

    【大人の対応】…怖ぇ〜…
    一般的に言う【大人の対応】→維新の謝罪を公式に受ける!と、言っただけ。
    小坪流【厳格な大人の対応】→さて、【損害賠償】の話な!如何いう【落とし前】を手土産に持って来るかは、オメエラ【維新】に任せる。但し「舐めた真似をしゃーあがったら【吹田市民】に責任を取ってもらう。よ〜〜く覚えとけ!」

    この【小坪流厳格な大人の対応】が、今、一番求められているのは、【我国】です。

    思えば【平成の30年間】、諸外国、就中【共産支那と反日韓国】を筆頭に、我国は侮辱され続け、愚弄され続け、挙句の果てには【天皇陛下】迄【愚弄】されました…二度までも…
    その度に【戦後世界世界を護りたいアメリカ合衆国】から『日本!控えおろう!』と掣肘され続け、【強請りたかり】のサンドバックになり続け…もういい!哀しくなる…

    あの【屈辱の30年】にもし【小坪総理】がいたならば…。如何、国益と我国の尊厳を護ってくれたか…

    結局、【安全保障面の独立】を渋り続け、同盟国のアメリカに【防衛力の強化】を強く求められても逡巡し続けた【我々自身】にも問題が有りましたが…←アメリカの求める【防衛力強化】とは、畢竟【アメリカ軍の友軍=アメリカ軍の犬】として働け!金儲けばかりしやがって、その金を使え!。と云う事でしたが…

    小坪総理は如何されていたか?…夢想してしまいます。

  22. ふるば のコメント:

    小坪先生を応援していますがこのたびはちょっと。
    確かに恫喝した維新の候補は論外ですが、橋下氏が残した実績(吉村氏、松井氏含む)は
    どう評価したらいいのでしょう?

    一個人にはTV、ネットの情報しかなく不確定要素も多いです。
    維新贔屓のネット情報では大阪の債務は減り、子供に対する補助金は増額されてるし、当初
    噛み付いた中核派の女性職員は退職してるとか維新のいいところしか見えません。
    反する意見でマルハンに支援されてるといっても、自民もそうでしょと言わざるを得ません
    し、何より派遣を拡大した小泉、竹中を我々工場勤務の作業員は恨んでいます。

    私は小坪先生は応援していますしご活躍して欲しいと思っていますが、個人的には反自民で
    あり反民主・公明・共産・社民なのです。

    そして大阪維新の今回の知事、市長選で野合政党の応援に関わった団体は私は決して認めら
    れない。今でも、もし山口県で維新の候補が立候補したら投票するでしょうし、比例では
    共産・社民に対抗し日本第一党に投票します。(先生の推薦があれば別ですが)

    どの政党が日本国民の為になり、労働者の為になるのか?景気がよくなり物価もあがったの
    に仕事量が増え賃金が増えない我々は結局デフレのままで良かったのです。

    やはり我々底辺労働者は日々の暮らしが大事なのです。それには維新の改革に夢を見るしか
    ない。今までの政党でダメなら新しい政党に賭けるしかない。それは維新であり、桜井氏で
    あると。

    不勉強で全くの見当違いかもしれませんが、一番人口の多い中小零細従業員の考えです。
     
    もちろん、暴言をツイートした候補者の除名請求などは当たり前で、人としてどうかと思う
    ような人物は政治の世界に入ってきてはいけない事であるとは承知しております。

    • 西郷隆盛 のコメント:

      一時的に【懐】が温まっても、未来を【朝鮮系】に牛耳られて、それで幸福ですかな?
      【維新】を評価出来ないのは、そういう【反日売国奴】の面を隠して【偽装保守】で、関西を中心に日本を撹乱し、【朝鮮系】に乗っ取らせようと画策している疑いが拭いきれないからです。
      違うなら、【在日朝鮮人の地方参政権】推進、【日本人だけ弾圧する反日ヘイトスピーチ条例】を綺麗さっぱり撤回し、自ら【日本人サイド】である事を、【党綱領】に書き込み、それを公表して下さいな。そしたら考えます。

      • 洗濯父さん のコメント:

        横から失礼します。
        「一時的に懐が暖まる」という次元か「食わねば死ぬ」という次元かで対応も変わるでしょう

        元々橋下氏が出馬する以前から「そこまで言って委員会」等で外国人参政権賛成の立場というのは知っていましたし、それでも夕張の二の舞になりかねない状況を改善しない大阪自民よりはましではないかとの判断が「悪」「間違い」だとは思っていません

        小坪先生はこう書かれています
        「支持者が甘やかすから、党がガタガタになるんだよ」
        大阪府民はガタガタになった大阪自民に厳しい対応をしたんですよ、大阪自民や党本部が襟を正してくれることを期待して

        その結果、大阪自民は共産党と手を組みました

        そんな中、苦渋の選択で維新に投票している人に対して(反維新の府民に対しても)侮辱するような今回のエントリーに対してははっきりNOを言いたい

        ちょっと嫌みになりますが、
        「支持者が甘やかすから、議員がガタガタになるんだよ」
        イデオロギーや支持政党にかかわらず、今回のエントリーがおかしいと思う人は「小坪先生だから許す」ではダメですよ

        ※西郷隆盛様への返信という形で投稿しましたが、半分ぐらい西郷様宛ではないこと、お許しください

        • ワンリバー のコメント:

          申し訳ございません。
          その大阪自民がダメだから維新に入れるしかないという感覚が理解できません。
          大阪自民に厳しくした結果?それは本当ですか?
          それで維新が危険だとわかっていながら何故票を入れるしかないんですか?
          だったら票を入れたその危険な維新を大阪の方々は厳しくしていますか?結果は出てるのですか?
          他に方法は無かったんですか?
          ご当人も暴言に対しては文中で自身を批判してますよ。
          小坪先生だから良い悪いでは無く、こんな非常識なことを維新の候補はやっておきながらのうのうと当選までしている。
          反撃すれば自分に対する非難の声が上がり、相手側が有利になるような状況なのは先生だって覚悟の上でしょう。

          そもそもここまでされてもご批判なさる方は自分が当事者だったら聖人君子でいられますか?

          先生の移動距離、活動時間を考えてください。私利私欲でなく国の未来のためにここまでしていながら勝手に向こうからやってきて妨害してるのですよ?あなた方が仕方なく投票している政党の候補者に。
          それでも一方的な御批判しかできないのですか?自分達の事は棚に上げるのですか?痛烈な文言であることは私でも刺さるほどにわかりますしそれを大阪を名指しで言われた方々は気分はよろしくないでしょう。

          ですが大阪の管轄である政党の候補者が他県の候補者を妨害した事をうやむやにして発言だけ御批判とは、ちょっと納得できませんね。ましてや小坪先生は大阪の候補者の方の応援にまで行っているんですよ?

          • 洗濯父さん のコメント:

            まず前提として私は維新支持者では無い。かといって反維新でもない。ですので維新支持者からの返信ではないと言うことをあらかじめお断りしておきます。

            >ご当人も暴言に対しては文中で自身を批判してますよ。
            暴言ですと言っておけば暴言が許されると「本気で」お思いですか?
            まあ暴言に対して正直むかっ腹はたちますが、そんなことは些末なことなんですよ
            これまでの小坪先生の行動や考えから、今回のエントリーは(私の中で)整合性がとれないんです
            ・正反対のイデオロギーの人でも真剣に行動する人に対しては敬意をもたれているはずの小坪先生が、真剣に考えたあげく(先生から見れば稚拙で馬鹿な選択だったとしても)民主主義の根幹である選挙権の行使をした一般市民を侮辱し暴言をはいたこと
            ・日本の国を良くしようと行動・言動で先頭に立っておられる先生が、「大阪は勝手にやってろ、俺には関係ない」と。
            先生の良くしたい日本には大阪は含まれないんですか?
            維新が勝つような大阪に住んでる人は日本人では無いとでも言うんですか?(この辺はちょっと暴言気味ですね。でも暴言と書いてるから問題ないですよね? > ワンリバー様)

            >大阪自民に厳しくした結果?それは本当ですか?
            私は一府民であり、府民を代表する者ではありません。
            私個人としては、その通りですとお答えします

            >それで維新が危険だとわかっていながら何故票を入れるしかないんですか?
            >他に方法は無かったんですか?
            大阪自民とどちらが危険かを考えた結果、維新に投票する人もいるでしょう、としか維新支持者では無い私には答えられません
            また「自分の持ち得る情報や知識を総動員して考えたところ、他に方法が無かった」と答えれば納得されますか? 納得されるならそれでよし、納得されないならワンリバー様には何か考えがおありなのでしょうから、ぜひ勉強させてください。

            >だったら票を入れたその危険な維新を大阪の方々は厳しくしていますか?結果は出てるのですか?
            権力金力に縁の無い一般市民に何ができるのか逆に教えて欲しいですね、選挙以外で
            もっとも、それを勉強する意味も込めてこのブログを読みに来ていますし、これはと思う記事の拡散はしているつもりです
            結果については、「そんなに簡単に結果が出るなら苦労せんし、今回の小坪先生のエントリー一つで維新惨敗だわ!」とお答えします

            >そもそもここまでされてもご批判なさる方は自分が当事者だったら聖人君子でいられますか?
            聖人君子ではいられなくとも私なら「絶対に・確信を持って」言葉は選びます
            小坪先生は自他共に認めるインフルエンサーで強大な影響力を持っています
            だからこそ自戒も込めて「支持者が甘やかすから、党がガタガタになるんだよ」と書いておられると思っております。私の想像通りならそれに反しているのはワンリバー様のほうではないかと
            (想像の上に成り立った結論ですので一笑に付してもらって結構です)

            最後に、たとえ維新支持者であっても件の候補者に批判的な人の方が多いと想像しますが、ワンリバー様は「維新支持者は件の候補者を容認している」と決めつけておられませんか?(違ったらご容赦を)

            また小坪先生の
            >大阪の人は知らないだろうけれども・・・
            の前後の維新批判をみるに、「過去、維新に投票した人はそのことを知らない」と小坪先生は理解しておられますね
            その上で、反維新も含め大阪の有権者を侮辱したんですよ
            少なくとも(過去、維新にも反維新にも投票したことがある)私は、おちゃらけで投票したことはありません

          • 北山 のコメント:

            洗濯父さん さん、横から少し失礼いたします。

            まず前提として、しんやさんは大阪市のヘイトスピーチ条例に対して怒っておられました。
            つまり本記事の

            >別に、自民の大阪府連が悪かろうと、それは俺には関係ないわけ。
            >そんなの大阪の政治家がやればいいだけで、大阪以外に住んでいる人は関係ないんだよ。
            >いいからさ、迷惑だけはかけないでくれない?
            >大阪自民が悪いと理由づけして、オレオレルールを他の自治体に求めるな。
            >とても全国では「政治団体としては見られていない」「嘲笑の対象」であることを、大阪の維新支持者は理解してね?

            にはその条例の件の怒りも含まれているわけです。(もしかしたら他にも維新はやらかしてるのかもしれませんが。問題の方、前々から挑発を繰り返してたみたいですし。)
            ヘイトスピーチ条例の件も考慮すれば、しんやさんがここまで怒っておられることも不思議ではないかと思います。

            ちなみに、吹田市民や大阪の有権者に責任を求めるのは間違ってはいませんよ?
            例えば、安倍総理が失敗したら、日本国民全員が不利益を被るのは当然ですよね?日本国民の代表なんですから。
            同様に、市議や議会、知事等々はそれぞれの有権者の代表なんですから、有権者も無関係ではいられません。
            (まあ維新が責任取って相応の対価を差し出せば、有権者が責任を取る羽目にはならないんでしょうけど。)

          • 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

            ワンリバー さん

            『申し訳ございません。
            その大阪自民がダメだから維新に入れるしかないという感覚が理解できません。』

            多分、自民党本部もその感覚が理解できなかったから、大阪で負けたのだと思います。

            日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、自由党などの野党が、政策や代案を出すなどの仕事を全くせず、安倍政権を批判することに注力し、ボイコットかクイズ出題かブーメランを投げる事しかしていない中、
            有権者の中には、まともな野党がほしいと思っている人達が一定数います。
            私の周辺で維新に投票した人たちの半数は、そういう人達です。
            この人達は維新の都構想賛成派です。

            残りの半数は、都構想もヘイトスピーチ条例も反対だし橋下も胡散臭いが、共産党や立憲とズブズブの大阪自民が勝つくらいなら維新に入れるという苦渋の選択をした人達です。

            私のように維新にも入れたくないという人は白票で投票しました。

             
             
            想像してみて下さい。
            ワンリバーさんの地元の自民候補者が選挙演説する際、応援演説に志位、鳩山、辻元、蓮舫などの野党オールスターが笑顔でマイクを持っていたら、どうします?
            うわぁ、、、ってなりません?

        • 反日工作員を落選させたい高槻市民 のコメント:

          洗濯父さん さん

          『大阪府民はガタガタになった大阪自民に厳しい対応をしたんですよ、大阪自民や党本部が襟を正してくれることを期待して
          その結果、大阪自民は共産党と手を組みました』

          このお言葉、反民主&反共産で大阪維新派の友人と、反民主&反共産で無党派の職場の人達が主張していた内容と同じです。

          『先生の良くしたい日本には大阪は含まれないんですか?
          維新が勝つような大阪に住んでる人は日本人では無いとでも言うんですか?』

          今回の記事で感じた、とてつもない疎外感を的確に纏めて下さいまして、ありがとうございます。

          大阪にも郷土愛を持ち、愛国心のある日本人が大勢いるんですけどね。
          まるっと無視されたことが悲しかったです。

          いつの日か、大阪はガチ保守だと言われるくらい、保守政党、保守議員で固めていきたいですね。

          • ワンリバー のコメント:

            感情的になってしまったことは御詫び致します。そして的確なご返答ありがとうございました。
            私もまだ知見が狭いがために浅慮な発言となってしまいましたが、このような政治的経済的状況である大阪という地を、共産含め粗暴な連中に奪われることを黙って見ているのはやはり辛いです。
            洗濯父さん様含め大阪の有権者の方々が苦渋の決断しかできぬという理不尽な状況に件の維新候補者の問題…
            これこそが悔しい気持ちを発現させてしまったのかもしれません。
            決して私は皆様が不信を抱いている政党を盲信しているなどとは思いません。

            今やネット上ですら揚げ足取りをされるのが当たり前の時代でございます。怒りは人であれば当然の事でありますが、これをどう捌いていくか…難しい所でござすますね。

    • NW のコメント:

      二重行政は無駄の一言に思考停止してませんか?
      大阪都構想では大阪市の財源を一旦大阪府が吸い上げ再分配するので目減り分があります。約8800億円の大阪市の収入が約6800億円の分配に減り、差額分は大阪府内に再分配するので財源の苦しい市町村は助かりますからそれで大阪市民も大阪府民も了承したということでしょう。大阪特区構想では大阪府の権限が強くなり権益は府に集中しますがこれも大阪市民、府民も納得したのでしょう。新たな枠組みを作るシステム構築や人材の再配置などこれからが大変で、コストはしばらくは今まで以上に増えると思いますが、赤字は一旦どこかから借金して帳簿上はゼロにして年度変わりにまた予算にでも計上するのでしょうかね。(素人の創造ですよ)
      まあ都構想に賛成するか、しないかはこれからも民意を示して廃案にもできますからよく考えてください。大阪自民とカス政党の野合が気に入らないのはわかりました。
      でも、この大阪維新の産みの親は沖縄独立、大阪独立、北海道独立、道州制そして特別永住者には参政権を与えるということに大阪府民は賛成なんですか?
      これは日本国の根幹に関わる大問題ですから皆文句を言ってることを承知置きください。
      これは朝鮮自治区、中国自治区にエスカレートしますよ。それは治外法権地帯と化し、その町、区には日本人は住みづらくなりやがて追い出される。要求事項も当然エスカレートし歯止めがきかない無法地帯になり、治安は悪くなり、またコストがかかりますし、そこにいろんな国の人がなだれ込みますよ。要するに不法滞在者の巣窟になり戦前戦後と全く変わらない風景に逆戻り。多文化共生は夢物語で日本の大和民族には日本のルールを守らない、または勝手に変更する外人とはやがて争いになるでしょう。
      こんなこと言う政党を大阪府民が背に腹は代えられないと思ってるのだとすれば、思慮が浅いと思いますのでこの部分については異議を唱えて阻止してほしいし、条例で在日参政権付与が簡単でしょうが安易に決めてはなりません。
      世界標準だのポリティカルコレクトネスだの人権だの差別だので追い込まれますし、利権が生まれ行政の腐敗が進みます。
      大阪発ヘイトスピーチ規制法は最悪でした。
      日本人としてバカバカしいの一言です。
        
      そうそう小池劇場にそっくりな松井劇場はマスゴミが与党自民党を引きずりおろして、既得権益を守りたいことの表れでしょう。TVショウに利用されるということはお仲間かなと勘ぐってしまいました。色物泡沫政党にならないようまじめに日本人の国益を考える政党に代わってほしいですがあの橋下徹の言動からはたぶん無理でしょう。
      維新は在日帰化系や特亜系がこの日本国で長く生き残るためにある政党ではないでしょうか。
      近いうちに日本と隣国の情勢も大きくかわりそうですし、国内汚染にもメスが入ると思います。
      あたらしい令和時代から昭和、平成の悪党の大掃除を加速したいですね。
      オリンピック、万博、成功させるためにもテロ対策は万全を期して、出入国在留管理庁、公安、警察、自衛隊等々、運営にかかわる人にエールを送りたいと思います。

      http://osakar.jp/2-2/参考

  23. dajyaranger のコメント:

    >?中野区 吉田康一郎候補
    >杉並区の集会を終えたのち、中野は隣であるため、移動。
    >ギリギリになって申し訳ないが、20時には到着するだろう。かつて共に戦った同志たちは、集まって欲しい。

    昨年の区長選挙でボランティアをしていた者です。
    本当は最終日の本日こそ「万難を排して」中野入りしたかったのですが、私の事情によりそれが出来ず、吉田康一郎候補に大変申し訳なく、また小坪先生に合わせる顔もありません。
    体調の回復によって明日顔が出せるようであれば、選挙事務所の撤収作業を手伝いたいと思ってます。
    いずれまたどこかでお会い出来れば嬉しいですが、それはまだ「闘いが終わっていない」ことを意味しますね。

  24. 日出処の天子  のコメント:

    名実ともに米国のカリフォルニア州の様になるのだろうか
    大阪は・・。
    カリフォルニアは独立運動もありましたし、不法移民のサンクチュアリーっぷりも
    半端ないらしいですよ。

  25. パコリーヌ(髭) のコメント:

    辻元生コン清美も『アタシに逆らったらあらゆる方法で圧力をかける』って言ってるし、センセーのFBが停止なら
    生コン清美にも何らかの制裁が降らないと納得いかないわ

    それはそうと社員と会社関係者にミンス議員への投票を強制している公職選挙法違反企業【SUZUKI】が悪質な不正隠しで200万台リコールしたわね
    会長の鈴木修と浜松市長の鈴木康友は罰を受けるといいわ
    元ミンス議員の鈴木康友に関しては、他文化強制 イオン誘致 パチンコ屋との癒着等々問題有りまくりのクズ野郎だから

    でもね、維新の会の胡散臭さも創価公明の胡散臭さもアタシラパンピーにとっては同じよ
    出来ることなら共倒れになって消え去ってくれないかしら

  26. 河内のおっさん のコメント:

    お疲れ様です。

    > 大阪だけ常識がおかしいのではないか?もしくは維新の常識がおかしいのか?
    辻元清美の様な犯罪者が当選するのですから、この様に思われるのも仕方ないですが、維新の常識がおかしいのだと思います。
    うちの近所の、維新の市会議員と衆議院補欠選挙の選挙カーは「自民党じゃダメなんです!」と、何の具体例も示さないまま連呼して走り回っていました。
    狂惨党並に非常識な集団だと思います。

    • 大蛇鉈 のコメント:

      >うちの近所の、維新の市会議員と衆議院補欠選挙の選挙カーは「自民党じゃダメなんです!」と、何の具体例も示さないまま連呼して走り回っていました。

      うわぁ。。。河内のおっさんさんの上記投稿を見て『まるでかつての政権交代が起こった時の民主党を見ているかのような』うすら寒い感覚に陥りました。
      これは駄目ですわ、こんな政党で教育されて無さそうな(むしろ政治家としての教育すらしていない?)議員が一人でもいれば、実態は1/4程度はいてもおかしくなさそうですね。
      とりあえず目立つ議員が『ちゃんと仕事してる感』を醸し出しながら、その他は上の言う事に従う駒。。。
      関西地区は保守は神谷さん達の流れに期待するしかないのですかね?

  27. のコメント:

    維新のやり方や姿勢は、やはりどこかの国や日本に特別永住許可で居座っている方々と同じ気がします。

    この人なら小坪議員が謝罪を受け入れるだろう、という方を選んで「謝罪をした、そして受け入れさせた」という事実を作りたかっただけなのではないかと。
    そして、どのように転んでも、小坪議員、そして志を同じくする側の方々にダメージが行くように立ち回っている、そのように感じます。
    行動が伴わない謝罪は、かの国とその協力者にとって上辺だけのものであり謝罪でも何でもなく、意味がないのではないでしょうか。

    維新も反日政党、反日勢力が分裂し、生き残るために保守を装っていたものなのかと悲しく思います。

  28. 無骨 のコメント:

    吹田市の某市議トップ?
    ttp://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-gyousei/senkyojimu/oshirase/_92859/20190421_senkyo.html

    維新が某市議に、ペナルティを課すのか否か注目したいと思います。
    果たして、維新に政党としての矜持はあるのでしょうか。
    果たして、某市議本人によるグダグダな?謝罪はあるのでしょうか。

  29. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    維新ってのもオールドメディアを利用して有権者をたきつける
    ポピュリズムに他ならないことだとしか思えません。

    そんな中今回の統一地方選でNHKから国民を守る党も躍進して
    いたため動きに目が離せない状態でもあります。

    NHKは中立を装って国益に反する偏向報道をしているだけに
    受信料を払う価値もないと思うだけにオールドメディアを
    弱体化させて維新の思うつぼにならないような動きを取ら
    なければならないところでしょうか。

  30. Sinobu Hattori のコメント:

    選挙後では有りますが、
    コメントさせて頂きたきたく存じます。

    私的には、今回の事も踏まえ、
    ―――――――――――

    以後の、維新という政党とは

    吉も幸も降り注ぐ事は
    微塵も有り得ない
    終わったもの

    並びに

    関わる全ても同様

    ―――――――――――
    看過は不可という事ですね。

    たかが個人的の考えと気持ちですので、
    大した事では無いでしょうが、

    見限られるというのは、
    結構な辛い事だと
    思いますよ。

    以上です。

  31. ピンバック: CHINAと内通なら、維新は「日本の敵」だ。効果的な攻撃方法【滅んで欲しい人はシェア】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください