【在韓米軍基地、撤退】朝鮮半島の赤化統一(韓国の消滅)が我が国に与える、地政学上の影響【日本の主権を守る人はシェア】


 

 

 

「在韓米軍12基地 韓国への返還で合意」と聯合ニュースが報じた。韓国のメディアだ。韓国目線のニュースゆえ”合意”となっているが、米国目線で言えば【撤退】である。
これをもって、朝鮮半島における西側諸国からの直接的な軍事支援は消失しつつあると述べたい。

朝鮮戦争の際には、速攻で首都近くまで進撃を許している。
兵器の能力が当時とは段違いのため、さらなる電撃戦となる可能性もある。
米軍基地がなくなるということは、半島における西側勢力(これは韓国も含む)の軍事力が低下することを意味する。

朝鮮半島は、北朝鮮によって赤化統一されるだろう。
バックがCHINAになるのかロシアになるのかは分からない。
だが滅亡に近づいたことは間違いない。

それを嗤う、日本の保守層もいるだろうけれど、物事はそう単純でもない。
日本海側の防衛ががら空きになり、紅い大陸に対して、我が国は柔らかい背腹をさらす恰好になる。
なんだかんだで韓国も「緩衝地帯」としての役割は果たしていたわけで、我が国は自国での自主防衛の道を選択せざるを得なくなる。

私は(保守にしては)珍しく原発推進派ではない。その理由は、立地と防衛が難しいというものが含まれる。理系として、技術的に(テストは必要だが)製品段階ではないというのもあるが。
日本海側には、原発が乱立している。

さて、どうするかな。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

韓国は、遠からず滅びるだろう。
自衛隊への火器管制レーダーの照射も要因だが、いまの「北朝鮮、ばんざーい」主義は世界からの孤立を招く。
ここで言う世界とは、世界中全ての国という意味ではない。西側諸国と言ったほうが適切だろう。

北朝鮮を、世界の中に加えていいかは迷うし、CHINAやロシアの仲間入りを果たすであろうから、完全なる世界からの孤立とは意味は異なる。
だが、それは、私たち日本人が認識している「いわゆる世界」とは違う。

 

 

 

朝鮮半島に、韓国が存在したことのメリット

さて、北朝鮮という「赤いチーム」と、一応は仲間として「青いチーム」の韓国がせめぎ合ってきた。
この微妙なバランスは、我が国にも利益をもたらしてきたし、米国を含む西側諸国にとっても利益のあることだった。

朝鮮半島において、「こちら側の砦」が存在していたことは、確実に国益であった。
まず軍事費が安くつくし、日本海を完全なる内海として扱うことができた。

ロシア・CHINAという大国とは、本土の非常に近い部分で接する必要はなかったし、北朝鮮の海軍力は極めて低い。
抑えることは容易だった。

 

ただ、陸軍として見た場合の北朝鮮は軽視することをやめたほうがいい。
兵の数だけならば結構なものだし、如何に兵器が劣っていようとも、頭の悪い戦争(いわゆる現代的な戦争)を仕掛けられた場合は、実は先進国のほうが圧倒的に不利だ。

彼らにとっては、「兵の命の値段」が安いということだけが最大の武器であり、
そして、西側先進国にとっては、そこは乗りたくない部分である。

どんなに精密な空爆を行い、高額な爆弾を投下しようとも、
大量の工作船なりで上陸した(もしくはJALなりANAなりに潜りん混んだスパイ)兵員に、後方で破壊活動をされた場合には、先進国はかなり手痛いダメージを負う。国際法だって守るとは思えない。

 

遠くない未来、「朝鮮半島には、韓国っていう国があってね」と語られることもあるだろう。

世界は、そう動いていく可能性が高い。

 

陸軍としての北朝鮮は、軽視すべきではないと思う。
だが、海軍力としてはたいしたものではなかった。

朝鮮半島が内戦状態を継続した結果、我が国は、つかの間の平和がもたらされてきた。
戦火と戦火の間、小康状態という意味以上ではないけれども。

嫌味な表現とするのは、それが我が国の、自発的な努力の上に在ったものではないからだ。

 

 

 

朝鮮半島から、前線を下げるという判断

この部分については、世界情勢における事実として論じられるべきだろう。

米国は、朝鮮半島を「反共の防波堤」としての機能を喪失したと判断した、
私はそのように感じているし、専門家の意見も同様だと考えている。

 

このロジックは、かなり早い段階で当Blogで公開したものであるけれども、
現実が追い付いてきたように思う。

古くからの読者は、「おぉ、確かに当たったわ」と懐かしい思いもあるのではないか。

 

動画を、防衛省が公開した。
世界から見れば、改憲がどうだとか、それが自衛隊だとかは関係ない。

日本を守る存在、すなわち軍として見られる。
米国と日本が強い同盟関係にあることも周知の中であり、この動きを世界はどう感じるだろうか。

 

米国は、半島から前線を下げる。

どこに下げるかと言えば、日本列島に下げるよりない。

 

私たちが最前線だ。

 

 

 

覚悟も、いる。

私は、保守にしては珍しく原発に対して慎重な立場をとってきた。
一つには技術的には「製品としてお代を頂くには、未熟」という技術者としてのプライドがある。技術開発は継続すべきだけれども、完成した技術としてお金をもらっていいレベルなのかという意味だ。
二つ目は、軍事的な理由。国防上、日本海に原発銀座があることには非常に大きな問題があると感じている。

なんせ、半島が赤化統一後は、「最前線に原発がいっぱいある」という謎の状態になるからだ。
どうやって守っていいいのやら、わからない。

 

日本列島は、残念ながら弓型である。

この弧を描いた形状は、半島からの防衛には不利だ。
赤化統一後は、CHINAもしくはロシアが進駐する可能性だってある。
日本における、在日米軍のように、だ。

CHINAもしくはロシアの艦隊が、大手を振って入港できるようになるだけでも苦しい。

 

THAADミサイルの配備でも難航した件がある。
あれは迎撃ミサイルそのものよりも、迎撃という技術的にも難しいことを達成するための「レーダー群」がセットであり、そのレーダーに対して難色を示したと言ったほうがいい。

今までは、韓国という「眼」があった。
役に立ったかどうかはさておき、一応は「見えていた」はずだ。

それすらない状態というのが、赤化統一後の世界。

 

 

 

我が国は、最前線となる。

かつて大国と言われた清は、眠れる獅子ではなく腐った獅子であったと、歴史的には解説すべきなのだろうけれども。

我が国は、結果的には惰眠をむさぼってきただけではなかろうか、と私は不安にも思う。

 

すでに現時点でも、かなり取り返しのつかないところには来てしまっているようにも思う。
それを左派の攻勢だったり、メディアの腐敗に求めることは簡単だけれども、
原因追及は必要だとして、それが直接的な解決につながらないことも事実だ。

無為に時間は消費され尽くし、様々な政治判断を先送りしてきた我が国は、
いま、どれほど厳しい事態に直面しているのか、と。

 

真剣に考えてみると、ちょっと胸が苦しくもなる。

 

我が国は、最前線になる。
原発銀座を抱えたままで、上陸拠点がどこかも断定できない状況で。

直線距離に大きな隔たりがあれば「ここが前線となろう」と防備を増すことも可能だが、守備線は日本海側の全てとすべきだ。
機動性を軸とした、いまの自衛隊の体制では無理も出てくる。

それは「韓国と言う砦」が、かつて存在していた時代にのみ通用したロジックだ。

 

陸自は、圧倒的に人員増をはかる必要がある。

船だって、いまの数ではどうにもならない。

空自の数も、操縦士の育成から考えれば凄まじい期間が必要だが、やはりやらねばならんのだろう。

 

 

 

それ以前に、憲法を改正し、

 

憲法を論拠とした上で、様々な法律を通し、

 

自衛官の身分をしっかり保証していかねばならない。

 

何より、国民の意識を、しっかりと国防を認識して頂かなければならない。

 

残された時間は、多くはないように思う。

 

そして、なすべきことは多い。

 

だが、今を生きる日本人として、

 

後世の日本に誇れるような生き方をしたいと思うんだ。

 

課せられた責任は余りに重く、

 

滅びゆく韓国を、静かに見据えている。

 

日本の主権は、日本人として守る方は、拡散をお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

22 Responses to 【在韓米軍基地、撤退】朝鮮半島の赤化統一(韓国の消滅)が我が国に与える、地政学上の影響【日本の主権を守る人はシェア】

  1. 加藤 義浩 のコメント:

    ついに来ますか。
    覚悟を決めないと。。。

  2. たぬきねいり のコメント:

    案外良い面もあるのでは。韓国自体が竹島同様、いつ何時対島や佐渡に奇襲してくるかもわからない状態でなくなり、誰が考えても普通に襲来の危険があるとなれば、普通に防衛力整備という流れになるでしょうから。今までが平和ボケしすぎていたんですよ。アメリカも自国だけで防衛力提供はきつくなってきているので日本の防衛力保持に昔ほど目くじらたてませんでしょうし。箱物公共事業予算が防衛力整備予算にスイングすると思えば経済的負担もさほどでもない。(戦前だって造船会社の倒産危機に戦艦発注してたように、防衛費も公共事業の一つです。)むしろ注意すべきは中朝べったりの(日本の中の)勢力がレッドチーム入りを日本に働きかけること。コロナですら平然とノーガードで外国人(実態は中韓)の出入りを許可している状況がその危険性を示唆しています。

  3. hayabu3300 のコメント:

    ここに来る人は、今アメリカで選挙クーデタが起きていることをご存じだと思うが、連邦最高裁が最後のリトマス試験紙に引っ掛かって、大丈夫と思われた5人の判事が、2人しか大統領側に居ないことが判明。 賢い弁護団はさっそく否決理由の当事者資格に変えて再提訴としたようです。

    しかし、トランプ大統領は「最高裁判事の踏み絵結果がわかったので、もう最高裁には頼れないことを悟りましたので、おそらくパウエル弁護士の訴えを守るため(の場合は早期に)、この結果を待っての場合でも1週間程度のうちに、4州に対して、限定的戒厳令を発するのではないでしょうか?。 そこまでの事態になってきましたね。
    せっかくチャンスを与えたのに徹底抗戦との回答を示したので、オバマ、ヒラリーまでアウトでしょうね。

    大統領は、あくまで憲法下、法を守った手段のみ且つ、実際は2018年9月の大統領令を使えば、いつでも強硬できたのに、国民への不正の周知、機運の高まりまで待って世論を引っ張ってきました。 日本の報道で「なにごねてんだ!」ばかりですが、アメリカのトランプ支援はすごいうねりになって来ており、少なくとも「不正選挙を明らかにせよ」は国を挙げての機運になっていますので、今回のテキサス州の訴えを退けた連邦最高裁の判決は、さらに多くの米国民に司法までがディープステートに浸食されていることを知ったでしょう。

    ペンタゴンが来年1月5日でCIAへの援助を打ち切ったことからも、「その後」への動きでアメリカはうごいているようなので、日本も後れを取らないようにしないと、、、と思う中での菅政権を見ていると?。ですが。
    韓国は、チャイナに付いた、と確定。 NATOとQUAD VS 国連(チャイナ)になりますね。

     

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      hayabu3300様、情報ありがとうございます

      爺も本日は、米連邦最高裁がテキサス州の訴訟をどう扱うのかに刮目しておりました。

      保守系の判事が6人いるが、ロバーツという判事はもうあちら系に寝返っていて実質5人が保守系だろうということでしたが、今回の訴訟却下で、トランプオヤビン側にいたのが、二人だった!かつ、トランプオヤビンが最近指名したばかりの判事もあちら側だったということが判明・・・もう、連邦最高裁は宛てにならないことが米国国民すべてに周知されました。ま、ある意味、リトマス試験ができてよかったのかもしれません!

      爺も限定的な戒厳令が発令される可能性があるかなとおもっていますが、また、テキサス州ではあらたな動きもあるようです。なので、トランプオヤビンはテキサス州の動きにも刮目しているような気もしますが、、、

      以下にURL貼っておきます。
      Total News Worldの記事です。

      テキサス提訴却下 第3報 テキサス州が独立宣言/州連合を提案・・・というタイトル

      http://totalnewsjp.com/2020/12/12/trump-303/

      • hayabu3300 のコメント:

        草莽の団塊です! さま

        今回の連邦最高裁の正体を、国民に広くさらせたのは、仕上げだったと思います。なので、憲法守側集団の結束、、と言うテキサス州の動きは良いですが大統領としては、そうなると、騙されている民主党州の国民が分断されるのと、南北戦争の再来となるので、中国共産党殲滅シナリオと同じく、「操っている層」のみを攻撃できるステージに持って行く必要があります。

        なので、BLM等の地域テロ暴動を準備する前に、州兵が動くよう段取りすると思っています。 ダイハードみたいによりによって「クリスマス?」にならないためには、2018/9大統領令による「選挙不正の客観的報告書」を45日(12/17迄)にあげるラドクリフ情報長官の報告書をもって、トランプさんは戒厳令を発する「客観的事実」を得ることになるので、これを受けとる長官たちのなかで、バー司法長官はここでリトマス試験に掛けられて更迭するでしょう。 で、クリスマス前と思うのですが、せめてクリスマスは穏便にやり過ごしてから、、、なのかがわかりません。 
        しかし、行政、司法、議会のすべてに浸透している敵を相手にするので、最後は軍でしょうね。

        以下、大統領の5時間ぐらい前になるかな、ツイートを紹介。
        Donald J. Trump
        @realDonaldTrump
        3時間
        「それで、あなたはアメリカ合衆国の大統領であり、あなたは、歴史上のどの大統領よりも多くの票を得た選挙を通過したところです。あなたは最高裁の前に「立つ」ことができないので、素晴らしい州と「介入」する…..」

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    >「在韓米軍12基地 韓国への返還で合意」
    小坪先生はお立場があるからいえないでしょうが・・・爺は勝手に以下のようにおもってます

    米国は在韓米軍12基地を捨てた!これで余計な経費を韓国にかけずに済む!せいせいした!
    そして、米国は日本に対しては、自分の身は自分で守れや!な、防衛予算がGDP1%未満でやれるもんならやってみな!・・・・っていうのが本音じゃないでしょうか!

    そうおもえてなりません!

  5. 常磐本線 のコメント:

    それでは、9条廃棄します。(パヨ憤死)
    核装備してもいいんですね・・・・となりますな。
    それと、横田制空権他も返してね。
    在庫掃討・殲滅させますよ・・・・・

    なんて妄想しますが、半島難民上陸防止に機雷敷設はしておかないと、過去と同じ轍を踏まないようにしないと。

  6. ぎん のコメント:

    韓国が滅亡しても、歴史は繰り返されるのだなぁと驚きもしませんが、日本にだけは来ないで‼︎

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    2020年11月7日付 バイデン氏が過半数獲得、CNN報道。ネット保守も自覚すべき我々の弱点【受け止め、戦う意思を持つ者はシェア】にはこうありました。

    「読者の反応」ばかりを気にして、喜びそうなことばかりを書くのはどうなのか。
    また、読者もそれを単に許していいのか?

    このエントリーは、出した瞬間、SNS上では袋叩きにあいました。
    現実を直視したくない者や、評論家を盲信した層だと思います。

    米国大統領選挙に関する情報は現状、未確定要素が多すぎると判断して居ます。
    テキサス州が起こした訴訟で米国最高裁が棄却した件で、今現在熱いワードは”戒厳”でしょう。
    ここで、戒厳に関してのおさらいです。

    戒厳は戦時、自然災害、暴動等の緊急事態に於いて兵力を以て警備する際に、国民の権利を保障した憲法・法律の一部の効力を停止し、行政権・司法権の一部乃至全部を軍部の指揮下に移行する事です。
    この戒厳を布くにあたって、それを規定した軍事法規を戒厳令と言います。

    今取り沙汰されている戒厳令ですが、一次ソースを解析して居無い為正確な事は分かりませんが、メッセージとして利用する為に戒厳令を発するべきと述べられて居るのか、実際に戒厳を布くべきだと述べられて居るのかが分かりません。
    そもそも戒厳を意味するmartial lawと述べたのか、国家緊急権を意味するNational Emergencyと述べたのか、非常事態或いは緊急事態を意味するState of emergencyと述べたのかも定かではない為何とも言えませんが、訳のニュアンスの違い(誤訳)がある可能性も含めると、、この戒厳と言う言葉に過度な期待を寄せて居ると、糠喜びに成りかねないなと考える次第です。
     
     
    一方で、在韓米軍12基地返還合意は紛れもない事実です。
    実は2003年に盧武鉉大統領が取り付けて居た合意で、米軍が環境汚染浄化費用の負担を拒否して居た為に、どちらかと言うと韓国側が返還を渋って居たので、宙ぶらりんになって居た事案がここに来て進展したに過ぎません。
    環境汚染浄化費用を先ず韓国政府が負担し、追って費用分担を協議する方向で韓国側が妥協したのです。
    つまり、このニュースは然程真新しい話題では無いが故に、確実性の高い案件と言う事が出来るのです。

    但し、タイミングがこの時期だけに、ある種のメッセージ性が強く働く可能性は大きいでしょう。
    而も、あの乞食の様な韓国が折れた形ですから、裏で何かが関与して居る可能性も否定出来無い訳です。

    我が国は、最前線となる。

    この言葉が、遂に現実味を帯びて来た訳です。

  8. 豚猫じじい のコメント:

    早々に核武装して、拉致被害者奪還して、北方領土奪還して、朝鮮半島とはエンガチョしませう・・・シナには原潜ミサイルからトマホーク250発の可能性を理解させませう・・・早いとこ日本国内の売国奴を殲滅だな・・なぜかって・・?

    俺が生き残りたいからさ・・大好きな日本でね。。。

  9. パコリーヌ(髭) のコメント:

    戦わない者を守る理由は無いわな
    戦う意思があるなら証明しろって言われたのかね
    アメリカの陰に隠れて戦うなら守らないとか

  10. のコメント:

    現状の自民党の動き(王毅氏への対応、夫婦別姓論議、外国人入国緩和等)を見ていると、日本もレッドチーム入りを目指しているのかと思う。
    既に米国は内戦直前ではないのか?
    さて政府は何方につくつもりなのでしょうか。
    はっきり舵取りをしてもらいたい。

  11. yoshi のコメント:

    件の聯合ニュースからの引用です

    >返還された12カ所の総面積は約146万5000平方メートル。

    気になるのですが、
    数字が間違いでなければ小さすぎませんか?
    自衛隊の駐屯地一ヶ所でも146万平方メートルどころかその倍は余裕であると思います。

    私も
    「さっさと撤退してくれ!後ろ楯がなくなったら今までの落とし前をつけてやる!」
    日々願いながら過ごしているネトウヨですが
    今回の記事はぬか喜びだと思っています。

  12. 波那 のコメント:

    在韓米軍の縮小や撤退への意欲を隠さない「米国第一」を掲げるトランプ米大統領の施政下。

    返還対象の米軍基地は80ヶ所で、そのうちの12ヶ所が今回返還、未返還基地はあと12ヶ所のみだそうです。

    🔻米軍基地12か所を韓国に返還 ソウル・竜山基地の一部も12/11(金) 15:30配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5afe0d1f605ecef60f0e74edaff9d359cb97752

    ソウルの竜山米軍基地のサウス・ポスト全景(資料写真)=(聯合ニュース)

    【ソウル聯合ニュース】韓国政府は11日、米国と在韓米軍地位協定(SOFA)合同委員会をテレビ会議形式で開催し、ソウル市や京畿道、大邱市、慶尚北道浦項市、江原道太白市にある米軍基地計12か所の返還を受けることで合意したと発表した。  返還された12か所の総面積は約146万5000平方メートル。  ソウル市では竜山米軍基地の南側、サウス・ポストの二つの敷地(スポーツフィールドとソフトボール競技場、5万平方メートル)などが返還された。  2004年の竜山基地移転協定などに基づき、韓米が全国の在韓米軍基地80か所に対する返還作業を開始して以降、竜山米軍基地(203万平方メートル)の一部が返還されたのはこれが初めてとなる。  昨年12月に米軍基地4か所が返還されたときと同様、環境汚染浄化費用はまず韓国政府が負担し、追って費用分担を協議することにした。  韓米は汚染浄化に対する責任の所在に加え、在韓米軍が使用中の基地の環境管理強化策、汚染管理基準の開発などについて継続的に協議する予定だ。  今回の返還により、返還対象の米軍基地80か所のうち未返還は12か所のみとなった。政府は残りの基地の返還に向け、米国と協議を続ける方針だ。
    ……………

    こうして見ると、つくづく韓国って地政学的な観点から軍事的にはアメリカに守られ、経済では日本から支えられ発展して来れた、ただそれだけの国でしかなかったのが分かりますね。韓国の国としての存在意義は地政学的に位置として必要とされていたからでしたが、あの異常な民族性の虚栄心から、どの指導者も国民を反日反米へと煽って来ただけ。なので位置としての唯一の存在意義を失ってしまったら相手にされなくなると言う単純な構図が未だにに見えないとか分かっていないのは信じ難いです。こんな幼稚な頭した国に日本人は辛酸辛苦を舐めさせられ続けて来たのですから落ちぶれ果てて行くだけの韓国にはカケラの哀れみの情も感じない。どれだけ我慢を強いられて来たか、どれだけ譲歩をさせられて来たか屈辱の思いしかありません。

    今では韓国を助けてやる政権は国民から倒される位に国民の怒りが溜まっている事は政府も御存知だと思います。それは兎も角として、米軍が韓国から居なくなれば韓国が防衛圏から外され防衛ラインは朝鮮戦争前の日本海から対馬、台湾まで含むアチソンラインへと下げられる事への準備は、心積もりは政府に出来ていますか?敵基地攻撃能力を持つことを見送るって何なんですか、それ?日本海側にイージスアショアを置く事を諦めたから敵基地攻撃能力を持つことにしたのではなかったですか。アチソンラインを挟んで日本は半島と対峙するだけではありません。米軍の代わりに中共軍が韓国に入り込み軍港を釜山辺りに持つ事になるでしょう。危機感を持てないのですか?

    石平太郎@liyonyon
    管政権への失望感は日を増して大きくなってきているのは、私だけでしょうか。
    …………
    産経ニュース@Sankei_news
    敵基地攻撃、結論先送り  ttps://sankei.com/politics/news/201210/plt2012100050-n1.html… 政府は地上イージスの代替策について検討を重ね、閣議決定ではイージス艦2隻を導入する案を盛り込む。敵基地攻撃能力に関しては公明党の反対もあり、9月の菅義偉内閣発足直後の段階で結論を先送りする見通しとなっていた。
    午前8:25 · 2020年12月11日

    与党を離れたら、ただの弱小政党でしかない中国ベッタリの公明党などに何故、日本国の国防を左右されなければならないのか💢

  13. BLACK のコメント:

    『JBpress』12月12日 吉田典史氏寄稿
    「日本の「左翼」活動家をも怒らせる中国の蛮行」

    私は妙に感じ入りました。

    以上 文責 BLACK

  14. 波那 のコメント:

    中国人を入国させないで、中国人に土地を買わせないで、中国人を帰化させないで、日本に中国人を蔓延らせないで!!何も危機感を持てない日本政府が堪らなく嘆かわしい。アメリカはトランプ政権になってから共産党中国と対決し国内に居る中国共産党の息のかかった中国人を企業を組織を排斥する法案を次々成立させていると言うのに、日本は尖閣の防衛は米国頼みなくせして何もしようとしない。もしかしたら政界は性善説派ばかりなんでしょうか?性善説なんて日本人だけの単一民族国家であった天皇陛下を戴く日本だから通用していただけの賜物であって何とか騙そう、他人、他国の物を何とか自分の物にしようとしか頭にない中国人とか朝鮮人にとって日本はチョロい獲物でしかありませんよ。

    🔻支那人は排除するのが一番 / 有害民族を入国させる愚策
    http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68838124.html
    2020/12/12 17:58

    日本人に厳しく、支那人に優しい日本政府
    …………

    黒木さんは、とても博学な方で、ブログ記事では知らなかった事ばかり教えて貰い知識を増やして頂き、更新される毎に読んで来ましたが、やっと20位圏内に定着され読者数も伸びて来ました。

  15. kidokazu2 のコメント:

    #行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也市議#政治家#大韓民国#朝鮮民主主義人民共和国#中華人民共和国#憲法#拡散希望#憲法改正反対!現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!#六四天安門#武漢肺炎#憲法

  16. mirage のコメント:

    韓国は自主解散をして、北と統一するのでしょう。
    慰安婦問題、偽徴用工問題による日本との決別が、統一への大きな推進力になると思います。
    朝鮮半島は日本により大陸から切り取られ、その後アメリカに南半分を占領されて今に至りましたが、やはり居づらさのようなものがあり、大陸に帰っていくのでしょう。

    長きに渡って軍事からの逃避をしてきた日本が、生き残れるのかどうかは分かりませんが、大陸側も万能の悪魔ではありませんから絶望せず、とにかくやるしかない、ということですね。

  17. k様(管理権にて編集) のコメント:

    小坪くんは、アメリカ大統領選挙の事は書いてはいけないとどこからか脅されていのですか!?

    • 小坪しんや のコメント:

      k様

      米国大統領選挙においては、投票日前に以下のエントリーを公開しております。お読みください。

      https://samurai20.jp/2020/11/hunter-biden/

      何が言いたいのかというと、他の保守系論客よりも遙かに深い考察をしてきた自負がございます。当時は圧勝圧勝、また圧勝の情報しかありませんでした。
      私は苦境も伝えておりまして、その際には保守系ユーザーからフルボッコにされております。

      いまも、情報は持っています。
      出す気がしないだけです。

      ※ 本名と思われましたので、管理権にて編集させて頂きました。

  18. 旧新人類 のコメント:

    (某ツイ)
    人権活動家の在米中国人。
    郭文貴の支持者と思われる団体が、この活動家の家の前で抗議活動を始めた。
    スレッドを見るとわかるが、抗議活動は現在まで続いているとのこと。
    理由は、郭文貴を批判したから

    うさぎますく
    Media Watcher
    @UsagiMaskchan
    2時間
    郭文貴支持団体ということは、新中国連邦も支持しているであろう人たち

    そのうち日本でもこういうこと起こすんじゃないか?

    11/29に続き12/20のデモも「新中国連邦」が関わっているらしい。トランプ支持だから、反中共だからといって、在日中国人団体の日本での政治活動に無警戒でいるのは危険では?

    (リプ)
    そもそも日本に不法だろうがなんだろうが在住している中国国籍の人間は中国大使館が全員把握してるだろうし、それなのに中国の許可無くして反中国みたいなデモなんかするかな
    指示がなくちゃやらないと思うよ

    (うさぎますく)
    たしかに、国家安全法や国防動員法は海外でも適用されるはず。。。

    だとしたら、「新中国連邦」や中国系メディアの日本語化、、、やっぱりいくら反中共とはいえ中国人が日本で政治活動するの違和感ありませんか?

    *************
    アンチチャイナチ学院
    @AntiChinazi_jp
    12月8日
    生半可な知識でデマ吹聴するのやめて下さい。

    郭文貴の新中国連邦は「台湾は中国の一部」というスタンスです。

    支持する台湾人は私の知っている限り1人もいませんし、彼らが主導するトランプ再選支持デモに参加する訳がありません。

  19. やましろや のコメント:

    人員を増やすのも結構ですが、どうして無人兵器を取り入れないのか不思議です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください