【速報】沖縄知事選、デニー氏、当確(現地メディア)。厳しい結果か?現場からの声、苦しい日もあった。


 

 

さきま後援会の会場。
はっきり言えば、空気は重苦しい。
沖縄の政治家を取り囲む、メディアの群。

蓋は閉まった。
結果を待つだけであるが、、、
まだ結果は出ていないが、厳しい結果となるような、そんな空気はある。
(どうなるかはわからない。報道での「デニー玉城候補優勢」を受けてか、空気が沈んでいる。)

※ タイトルの修正
地元メディアが、玉城氏の当確を出し始めました。
誤報であって欲しいですが、空気はなんとも言えないほど重たいものがありました。ハズレて欲しいですが、厳しい結果となる可能性も高いのだろう。
信じたくはないが。。。

 

 

いまだから言えること、もある。
投票箱の蓋は閉まり、すでに開票を待つのみとなった。結果が出るまで、いくばくかの時間がある。この間だけしか、吐けぬ言葉もある。
苦しかった、こともある。

今回の沖縄県知事選は、苦しかった。私ではなく、様々な者たちが、である。そして何人もの名も無き英雄たちがいた。まずもって、彼らの戦いに賛辞を送りたい。候補者選定が遅れたことで、党員・支持者は致命的な板挟み。それぞれが抱えようとした候補がおり、それぞれの候補が良すぎたがゆえに、諦められない気持ち、納得できない気持ちが残った。それでもなお、決められた候補を支えるべく、自らの気持ちを抑えて立ち続けた者たちがいる。
彼等こそ、まさに名も無き英雄たちだ。
皆が苦労し、誰もが苦しんだ選挙だった。

名も無き英雄たちを労う意味で、二人の人間を紹介したい。
今回の結果は、まったくわからない(投票率次第という目測は多々あったが、最後まで勝敗が見えるような、信頼にたる情報はなかった。)
一人は、古謝景春・南城市元市長。そして、もう一人が安里繁信氏である。この両名の英断、そして協力がなければ、まともに選挙を戦うことは不可能であった。それは、まさに事実である。
明確に書いておくが、これは事実である。

どちらも、非常に嫌な思いをしたタイミングがあった。そして、両名を支えたかった支持者にも、極めて失礼かつ下劣な判断を組織がくだした時期はある。明確にしておく。

それでもなお両名は、最後に決めた候補に対し、強い支援の意思を示した。
これがどれほどの援護となったことか。

それでもなお、支えた古謝さんたち、そして安里陣営(新しい沖縄を創る会)は、敬意が示されるべきだ。彼らは、本当によく頑張ったと思う。あのような扱いを受けてなお、支え続けた。

様々な人が頑張った、結果はわからないけれども、選挙を形作るにあたっては本当に多くの方の協力が不可欠だ。色んな方が様々な立場で頑張ったのだけれども、私は敢えて、「名も無き英雄」たちのことを触れたい。

彼らが支えようとした二名の英雄は、まさに英雄たる振舞いであった。
そして、貴方たちこそが、まさに名も無き英雄である。
そのことを強く誇りに思って頂きたい。
我慢した方もたくさんいると思う、胸を張って頂きたい。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

78 Responses to 【速報】沖縄知事選、デニー氏、当確(現地メディア)。厳しい結果か?現場からの声、苦しい日もあった。

  1. medakanoon のコメント:

    沖縄知事選、厳しい結果か?現場からの声、苦しい日もあった。 いまだから言えること、もある。 投票箱の蓋は閉まり、すでに開票を待つのみとなった。結果が出るまで、いくばくかの時間がある。この間だけしか、吐け

  2. ばらねこ のコメント:

    朝日が、まだ開票もしていない時点で、当選とまで書き切ってすでのはしゃいですらいますね。できることなら、その笑顔が絶望にかわる、努力が報われることを、今は祈ることしかできません。選挙戦お疲れ様でした。

  3. 茶釜 のコメント:

    仮に知事がデニーだった場合沖縄はどうなるでしょう・・・?

  4. 茶釜 のコメント:

    先程のメールいきなり送付して失礼しました まずもって選挙活動お疲れさまでした。(`・ω・´)ゞ

  5. k のコメント:

    結果を待ちます。

  6. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは

    沖縄県知事選での応援・支援活動、おつかれさまでした。
    まずは、これだけいっておきたいとおもいます。

  7. 通りすがり のコメント:

    8時ジャストの当確と言うことは、圧倒的な大差と言う事ですか?
    ちょっと沖縄県民 信じられません・・・・

  8. ミカンの実 のコメント:

    沖縄県の民意ですから、どちらに当選しても日本国民として受け入れます。
    沖縄は日本国ですから。

  9. 学のない保守 のコメント:

    参りました。
    これは本当に大変だ。

    沖縄県連責任取って下さい。

  10. 匿名希望 のコメント:

    NHKでも当確出ましたね
    不満はあるが、民主主義の結果を尊重せねばならん

    いやそれ以前に、まだ開票率5%程度でしょ?
    多くの有権者が出口調査でフェイクかけてることを期待したいな、無理か
    票読みが外れればマスコミの面目丸潰れでものすごく面白いのに

    • 匿名希望 のコメント:

      もうひとつ
      玉城デニー氏が当選したら、ネットで指摘されてきた数々の
      公選法違反の疑惑
      ※私自身は証拠のソースを確認していないので事実と断定はしません
       噂話の段階である事を明記しておきます
      については無かった事になるのでしょうか?

      だとすると、公選法のルールなんて
      「あって無いようなもの」で「やったもん勝ち」って事?

  11. オオタニワタリの天ぷらサイコー のコメント:

    悔しい 
    さきま氏で沖縄は良い方向に変わってゆく!と期待していました
    先島で暮らす私たち家族にとっては、この先本当に不安です
    投票日当日、固定電話に2回も「玉城デニー後援会です、玉城デニーに投票お願いします」と電話がかかってきました ルールを守れない人たちに何ができるのか・・・
    このあとどのくらい票差があるのか、見てゆきます

  12. 波那 のコメント:

    もうNHK の速報、スマホに出ました。沖縄はもう滅茶苦茶になりますね。小沢とかもホイホイ関与しに来ますね。もう沖縄に危機感がない人達が沢山居るんですから、どうしようも無いです。

    佐喜眞さんの陣営の尽力された皆様方、本当にお疲れ様で御座いました。胸が痛みます。

  13. coco のコメント:

    小坪様、佐喜眞敦候補を支えた多くの皆様、本当にお疲れさまでした。
    8時からネットの開票速報を見ていました(なぜか玉城陣営からの中継と、沖縄2紙と朝日新聞主催の中継しかなく、佐喜眞候補陣営の様子がわかりませんでした)
    でもずっと佐喜眞候補がリードしていたんです。ところが、急に玉城デニー氏に当確が出て、キツネにつままれたような気分でいまだに信じられません。
    以前、何かの選挙で当確が取り消されたことがありましたよね。
    沖縄県民が「佐喜眞候補支持」と言うと何をされるかわからないので嘘を言った、全票開票したら佐喜眞候補が当選!という可能性にわずかな望みを託して・・・。

    • 雛あられ のコメント:

      「急に玉城デニー氏に当確が出て、キツネにつままれたような気分」というcoco様のコメントを見て、思わず開票時の不正を考えてしまいました。
      過去に、2013年の参議院選挙ですが、衛藤晟一氏の高松市内での得票数がゼロとされる開票時の不正があり、市の職員が逮捕されています。
      沖縄は選挙違反が当たり前の土地柄のようなので、不正がなかったのか気になります。
      沖縄の将来が心配です。

  14. 波那 のコメント:

    沖縄県知事選挙 開票速報”
    https://youtu.be/yVvC0xHuI6g

    開票率46. 1%で3万票くらい差が開いてますね

  15. ミカンの実 のコメント:

    まぁ、反省はいっぱいしましょう。
    沖縄の運命がどうなろうと、沖縄県民が決めたことですから。
    私を始め親族はこれで沖縄に旅行に行くことは、しばらくないでしょう。
    旅行代金は、またどこかに寄付しますかね。

  16. 高田三吉 のコメント:

    非常に残念な選挙結果でした。結構大差がつきそうですね。安倍首相が来なかったのも勝つ見込みが無いと見ていたからでしょうか。
    それにしてもTwitterで保守のインフルエンサーと呼ばれるような人たちが「沖縄県民は何やってるんだ」みたいなツイートをしてるので腹が立つやらガッカリするやら本当にやるせない気持ちにされられました。
    小坪先生、お疲れかと思いますご自愛くださいますように。

  17. かな のコメント:

    かなりの差がついてきました。もうひっくり返すのは厳しいでしょう。

    小坪先生がおっしゃっていたように、スタートで県連が仕事をせず、党本部が乗り出して対策をした時にはすでに時遅し状態だったんだと思います。
    いくら党本部が音頭を取ったところで、すでにみんなの心は離れていたのかと思います。
    県連は断罪されるべきだと思います。
    あと、公明党。カナリ分裂したと聞き及んでおります。

    落とせない選挙を落として、問題は宜野湾市長選挙になっていきます。
    普天間基地のある市長を落とすと、かなり厳しい事になっていきます。
    宜野湾も今日が開票日です。ダブルで落とすってことはないと信じたいです。

    • かな のコメント:

      宜野湾市長選挙は松川氏に当確が付きましたね。
      なんとか踏みとどまった感じでしょうか。
      知事選挙の出口調査では、若者ほど佐喜真さんに投票したと出ております。
      逆に高齢者ほど、玉城氏に投票している状況です。
      未だにオールドメディアの影響力は凄いのだと沖縄知事選挙で思い知らされました。

  18. 通りすがりの日本人 のコメント:

    お疲れ様でした。もう沖縄は駄目ですね。
    沖縄県民全てを悪く言いたくは無いですが、当事者意識が何もかも無さ過ぎた。
    危機感が無い、沖縄の地政学的価値も分からない、自分の意思で考えない。
    メディアを乗っ取られているという免罪符こそありますが、まさかここまで流されることしか出来ないとは呆れを過ぎ去って、最早諦めと嘲りの感情しか無いですね。
    これから先、沖縄県民はその無知の代償を手酷く払う事となるでしょうが、後悔する頃には何もかもが遅いです。

    何が起ころうと、それが沖縄県民全員が負うべき責任です。

    小坪先生、並びに現場で全力を尽くされた方々、本当に本当にお疲れ様でした。
    さぞかし精根尽き果てておられるでしょう。 ゆっくり英気を養ってください。

  19. はるの のコメント:

    選挙違反を取り締まれないのですか。不正すり替え得票ないですか、最後まで監視してほしい。

  20. 髭のN のコメント:

    皆様ただただ激戦お疲れ様でした
    今は身体を壊さぬようゆっくり休んでくださいませ

  21. 名無しの案山子 のコメント:

    現在の開票率91%で、6万票差です。
    もう逆転は無理でしょうね。

    ま、残念な結果でしたが、死んだわけじゃ無し、まだまだ戦いはこれからです。
    今後も頑張りましょう。

  22. 黒水仙 のコメント:

    デニーが言うところの一国二制度ということは、沖縄には補助金を支給しないという制度もできるってわけだww
    全在日米軍基地を沖縄に集めて「米軍特区」「米軍軍政」という手もある

    そしたら、もっと基地は増えるわ、金は貰えないわで沖縄にとってもっと事態は悪くなる

    まっ、そうなったとしても沖縄県民が選んだ結果だ

    あっ、国策の辺野古移転の邪魔をした損害賠償の支払いもヨロシクね
    沖縄県民の皆様

    今後、沖縄でも目端のきく人間は沖縄を捨てて移住するんじゃね?

  23. 波那 のコメント:

    宜野湾市長選、自民、公明、維新推薦、松川正則さん当選されました。

  24. ふぃくさー のコメント:

    ただ一言。
    悔しいです。
    NHKの嬉々とした報道ぶりに非常にやるせない気持ちにさせられました。

  25. 神無月 のコメント:

    台風の進路が関東直撃のようです。ご注意ください。

  26. 名もなきせいぎーー のコメント:

    市長選は取ったので踏みとどまったちゃー踏みとどまったが。。。

    小沢、共産枢軸連合が上手く機能してかなり切り崩されたみたいですね。
    流石に小沢は勝ち方、急所を知っている。立憲とか旧民主とは違う。

    組織票を単純に積み上げて勝てると思ってた人は冷静に振り返ってほしいね。
    そんな甘いもんじゃない。

  27. 日本を守りたい のコメント:

    関東大震災では 在日朝鮮人による放火で 日本人が十万人も焼き殺された。そしてその数年前から秘かに調達し隠し持っていた武器で 奴らは日本の軍隊一個師団を壊滅させるという暴挙に出た。日本軍が奴らを鎮圧したが、反日勢力としての朝鮮人と日本人共産主義者が一心同体と化して、終戦の日から 日本人の虐殺と略奪など あらゆる悪事を やりたい放題。無法・違法行為を継続拡大して、嘘と暴力で日本を内部から侵略して来た。今や 政官財から報道・教育・宗教に至るまで、反日の朝鮮人と共産勢力が広く深く侵食・支配している。この反日勢力の跋扈・横行に対して、日本人はひたすら圧迫され、盗まれ、侵され、奪われ、殺されて来た。その結果が、今の沖縄、北海道。

    沖縄県議会の与党は社民・共産。翁長の次のデニーも、シナ共産党・反日勢力の手下。既に 沖縄は 反日勢力の支配下に置かれている。日本の血税が沖縄を通して反日勢力に奪われるシステムが完成しているのだ。北海道も いずれ同様と成る。沖縄と同じプロセスをたどりつつある。

     悪貨は良貨を駆逐する。今後の十年間が、日本人にとって、反日勢力との戦いの 「起死回生」のための最後の期間。負ければ、民族としての日本人の命運が尽きる。50年後の日本列島の主人は 1%のシナ人・朝鮮人富裕層と成ってしまうだろう。日本列島の住人の九割はシナ人・朝鮮人の労働者階級、そして残った日本人は1割にも満たず、かつての朝鮮半島の奴隷階級にも劣る底辺の民となる。富裕な日本人は 日本を逃れて世界各地に居住、そして100年後には、民族としての日本人は ほぼ滅亡。

     辻本清美、蓮舫などの反日の帰化人、反日の在日朝鮮人によって、日本人が圧迫され、弾圧され、言論の自由が奪われて行く。盗まれ、奪われ、犯され、殺され、滅ぼされて行く。奴らよりも強大な シナ共産党「真打登場」の時が来る。

     日本の全ての公職・公務員から 反日勢力を排除する そのための戦いに、日本人が結集団結しよう。法による秩序の決定権を 日本人の手に取り戻そう。出来なければ、負ければ、日本人の命運が尽きるのだ。

    • 徳島県民 のコメント:

      朝鮮人と日本人と左翼と右翼と軍人が震災で揉めてる時に徳島県の薬売りで被災地を助けに来た一団が朝鮮人と間違われて赤ちゃんも含めて皆殺しにされた。

      いまだに全てに腹がたつ

  28. じた のコメント:

    選挙の結果を受けて、沖縄の人が悪い・バカだと主張する人も多いようですが、そうではありません。
    判断を誤ったのは彼らの判断力に問題があるというより、彼らが吸収可能な情報の質と量に問題があると思われます。

    「AとB、どちらがいい?」
    と聞かれると、ほとんどの人はAかBを選びます。
    どちらも選ばない、もしくはCを選ぶという人は稀です。
    スーパーに買い物に行っても、棚の奥に隠してある聞いたこともない商品を選ぶ人はあまりいないでしょう。
    ましてや店にない商品は買うことも存在を知ることもありません。

    既存のオールドメディアが報道しない自由を手放さないのは、選択肢を狭めることで民衆をコントロールしたいからです。
    「うちの質の良い商品を買わない客はバカだ」と言い続けたって、商品は売れません。

    悪口を言っても意味はありません。
    たぶん「こんなに沖縄の悪口を言ってる」と宣伝に使うために、呼び水を巻いている宣伝マンも多いと思います。
    Twitterをやってる人が、もしかしたら奇妙な現象を発見してくれるかもしれません。

    証拠付きの事実を広め、情報交換しましょう。
    あれだけ民主党を支持した人たちが実態を理解したように、沖縄の人にも理解できるように、事実を。

  29. cat のコメント:

    これから4年

    沖縄の人は暗黒を見ることになりますね

  30. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この結果を受けて飽く迄も小生の予想ですが、保守層では無く沖縄県民の方々に今後のサバイバルプランを提示するとすれば以下の通りです。

     ・倹約に努めて浪費は控えて下さい。

    安倍政権が存続する間はそこまで経済が酷く落ち込む事は無いでしょうが、それでも沖縄は当然掴んで然るべきであったチャンスを逃し、経済発展率は低い水準となる事が予想出来るのではないでしょうか。

    玉城デニー氏と言えば元民主党員ですが、民主党の経済オンチは生半可なレベルでは無い事は、既に過去の民主党政権時代に証明されています。
    その半面、反日勢力にあるものやそれに侫る者がボロ儲けした時代でもありました。
    近い将来沖縄は、これに近い状況になる事を想定して備えておいた方が無難でしょう。

    併せて県外活動家の更なる流入と、それに伴う中長期的商機喪失等も後々にボディーブローの様に効いて来る可能性も予想しておいて損は無いでしょう。

    CIAが「敵の組織を破滅する為に潜入スパイに実行させたマニュアル」まるで石破茂や民主党政権と話題に|もえるあじあ
    http://www.moeruasia.net/archives/49614049.html

    正確にはCIAの前身機関のマニュアルですが、日本の反日勢力の多くはほぼ天性の才能で現実のものとしている様に思います。

    更に突っ込めば経済苦は社会不満や政府不審を煽るにはうってつけで、餌付けを行い易い状況を作る事が可能です。
    嘗ての民主党政権時代の政策をなぞれば、意図も容易くこの様な状況を実現出来るでしょうし、ここに観光客に扮した中国人や工作員を大量に送り込めば、中共寄りの者を養殖する事が可能で、結果的に沖縄を危機に追い込む事も可能でしょう。
     
     
    経済が停滞気味になる一方で、平和と銘打った”骨抜き丸腰化活動”は活発化する可能性があります。
    今回の年代別支持率を見れば、反日勢力からすれば今後の障壁となるのは若い世代である事は明白で、これを潰すには”所謂平和学習”などを利用して来る事も想定しておいた方が良いでしょう。
    その活動は沖教祖が重要な役割を担い、事実上児童や生徒を人質にした状態で実行される筈です。

    特に平和学習では過去の悲惨な体験を聞かせる等の、不安を煽り厭戦ムードを高めると言った鉄板の手法が主流として用いられる事でしょう。

    尤も、冷めた言い方で事実を淡々と述べると、”所謂平和学習”などで戦争は無くならないし回避も出来ませんので、「戦争を無くす」と言う意味では殆ど意味を成す事は無いのですが。
    何故ならハンナ・アレントの言葉を借りると「今日まで戦争が残っている主な理由は、人類の内心の死への志向でもなく、抑制しがたい攻撃本能でもなく、…ただただ国家間の最終的決裁者として戦争の代わりになるものが未だに政治舞台に現れないという事実の為なのだ。」と言う所に帰結してしまうからです。
    戦争が話合いを尽くした結果に勃発する事実を考慮すれば、本気で戦争をなくそうと思うなら、戦争よりも優れた話合い以外の揉め事解決の手段を発明しなければならないのですが、自称平和主義者はその様な活動はしてませんよね。

    事実、1918年に終結した第一次世界大戦では、終戦直後に欧州は厭戦ムードに包まれ国際連盟まで組織して迄、世界は平和を渇望する状況に至りましたが、第一次世界大戦を生き延び戦争の悲惨さを実体験として知る世代が、僅か20年後の1939年には第二次大戦をおっ始めてます。

    まぁ、その様な”所謂平和学習”の機会を得たなら、語らせるよりも積極的に質問して「どの様にして生き延びたのか?」や「どの様にして難を逃れたのか?」をヒアリングし、今後訪れるかも知れない危機を乗越える為のサバイバル学習とすれば良いでしょう。
     
     
     
    【悲報】有田ヨシフ立民沖縄県連会長、証拠がない都市伝説「選挙移住」をばらしてしまうwwwwwww|もえるあじあ
    http://www.moeruasia.net/archives/49614645.html

    全てが沖縄県民の責任とは言えませんが、少なくとも結果的に世界規模で”和を乱す沖縄”として悪目立ちする事は確定です。

    沖縄タイムス+で樋口耕太郎氏が「沖縄から貧困がなくならない本当の理由」としてコラムを書いておられますが、沖縄の”和を乱すまい”とする心理や、電気を点けずに薄暗い教室で教員を待つ程の気配りも虚しく、沖縄は悪目立ちする事は確定です。

    間違い無く、高い授業料には成る事でしょう。

  31. 69 のコメント:

    以前からこのサイトを興味深く拝見させて頂いていましたが、まわりの方々のコメントを見るにつけ思うことがあり、描き込みをさせて頂きます。

    那覇市民の自分としては、佐喜真さんを応援していたので今回の結果は大変残念ですが、沖縄県民として今回の結果は民意として受け入れます。

    素人ながら、佐喜真さんの敗因は幾つか挙げられると思います。(選挙が終わってから言うのも卑怯かと思いますが)

    まずは佐喜真さんの政策が伝わりづらかった。
    公開討論会がテレビ中継され、政策を県民に伝える絶好の機会だったにも関わらず、滑舌が悪いうえに途中で興奮して早口になるなど、その内容が分かりにくかった。(決して佐喜真さんを貶めるつもりはありませんが、冷静に評価するとそう言わざるを得ない)

    佐喜真さん寄りの自分ですらそう思わされたので、佐喜真さんに興味のない人なら尚更でしょう。
    自分の職場の周りの人間は皆、「昨日の佐喜真さんの内容は分かりにくかったねー」と言っており、残念ながら同意せざるを得ませんでした。

    例えば、那覇軍港移設の議論等は内容的に完全に玉城さんを看破していたのに、きっとその内容が視聴者には伝わっていなかった。

    結果として、内容が薄くても滑舌のいい玉城さんの政策が、公開討論会としては視聴者=県民に伝わりやすかったのだと思います。

    しかし、一番の敗因はここからです。
    「それは沖縄県民が理解力の不足している馬鹿だから」「自分達の選択を後悔しないように」等の意見をみるにつけ、辟易するのです。
    その典型は、沖縄県庁前で定期的にスピーチをしている集団です。(那覇市民ならわかるはず)
    彼ら彼女らは、中国北朝鮮の脅威をこれでもかと恫喝口調で脅しのように強調するのです。
    仮に内容的に正しくてもあのやり方では、たまたまパレット久茂地に来た一般市民へのアピールになるどころか、心を遠ざけるだけでしかない。
    その傾向は、このサイトでコメントされている一部の方々にもみられます。

    つまり、何が言いたいかというと、保守層のやり方が、全てではないにせよ、一般市民へのアピールの手法としては非常にマズイわけです。それも自分みたいなド素人にそう思われる程度ですから。一度でも拒否感を持たれてしまえば・・・その人にとっては終了です。

    その点、玉城さんは強い。元DJですから。
    内容はさておき、伝わりやすさが結果として県民の心を掴んだのだと思います。
    じゃあ、滑舌さえ良ければ、スピーチが上手ければいいのか?フザケんな!という意見が出るでしょうけど、素人としては残念ながらそうだと思います。選挙戦略としても。

    佐喜真さんの言葉で自分の心に響いたものの一つに、政治家は活動家ではなく交渉人だ、というのがありました。まさにそうだな、そういう人に知事になって欲しいな、と思って自分は佐喜真さんに投票しました。

    しかし・・・残念ながら佐喜真さんは、きっと表現者として玉城さんに負けたのです。
    厳しいことを言うなら、玉城さん人気を上回るカリスマ性が、佐喜真さんには足りなかった。
    それがあれば誰も苦労しないでしょうけど。
    思えば小泉元総理や田中角栄元総理など、カリスマ性のある政治家は表現者だったとも言えます。

    つまり、こんな事を言うと身も蓋もないのですが、安里繁信さんに一本化されていれば、表現者としては玉城さんと互角に戦えたのではないかと・・・たらればを言っても今更何も意味はありませんが。

    小坪先生、今回は本当に大変お疲れ様でした。
    先生の、沖縄に馳せる想いは県民として大変ありがたいです。
    4年後も自分は保守層を支持しますが、今回の敗因を正確に分析して次に繋げて下さい。
    素人の意見としては、やはり正々堂々と辺野古移設の正当性を真っ向から主張すべきでした。そのロジックを那覇軍港移設とも絡めて。そうやって懇切丁寧に説明すれば、きっとより多くの県民に伝わったはずです。

    すでに一部の報道では、自民県連が今回の敗因として、時間がなくて全県規模で佐喜真さんの知名度を上げられなかったと述べていますが、さすがに沖縄県民を舐めすぎでしょう。
    こんな分析をするようなら4年後も惨敗です。

  32. 一市民 のコメント:

    公職選挙法違反について官邸にメール突撃しました
    まあ望み薄ですが…
    沖縄の民意は尊重したいところですが、あれではね…。

  33. 尾張小牧 のコメント:

    お早うございます。
    皆様お疲れ様でした。
    勝てなかったのは、非常に残念ですが早く立て直して次回選挙に向けて体制を立て直して欲しいと思います。

    情報を極左に握られている状況下で、8万票差に追い上げたのは、皆様の頑張りの結果だと思います。

    こちら側が、一枚岩となって情報戦に勝てる様にして行きたいですよね。

  34. cat のコメント:

    沖縄は、これから4年。小沢のおもちゃになるわけですね

    もう、米軍基地も鹿児島とかにもってきちゃいましょうか

  35. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議も皆様もお疲れ様でした。
    とりあえず、これから玉城知事がどのような働きをするかですね。

    【天皇批判】靖国神社宮司「今上天皇は靖国神社を潰そうとしてるし、次の皇后は神社神道大嫌いだよ」
    ttp://crx7601.com/archives/54222271.html
    25: 名無しさん@
    昭和天皇の御意向も確かめず、戦死者でもない連中を勝手に合祀したからやろ。

    神社にも変なのが入り込んでるんだっけ?
    ともあれ、メディアを通した情報だと真に受けるのもどうかと。
    口調も発言内容も主旨も捻じ曲げられてるかも分からん。

    タイトルだけですけど


    中国、東シナ海ガス田開発で新たに移動式掘削船を設置したことが判明 → 外務省「極めて遺憾…」

    男性の脳から体長10センチの生きた条虫が発見される。十分に加熱されていない食べ物が原因(中国)※条虫注意

    玉城デニー「日米から沖縄を取り戻す!」

    太陽光業者(外資系)が国定公園で森林約8900平方メートルを違法伐採 → 岐阜県が行政指導へ…

    【情緒>法】韓国政府「日本は韓国人の旭日旗への情緒を考えてほしい」

    ペンギンの赤ちゃんが放置されているのを見たゲイのペンギンカップル、赤ちゃんを保護しお世話するも実親とのバトル勃発

    • 波那 のコメント:

      【天皇批判】靖国神社宮司「今上天皇は靖国神社を潰そうとしてるし、次の皇后は神社神道大嫌いだよ」

      本当に宮司がこんなことを言ったのですか?皇室揶揄ブログの記事だと思ってました。タイトル見ましたから。先帝陛下は朝日と旧社会党が寄って集って中国煽った靖国神社に戦犯が?と言うのを始めるまで靖国神社に御参拝されていました。おやめになったのは陛下が御参拝されることで中国が騒ぎ国家間の問題とされるからです。今上陛下もだから参拝はされませんが、代理の者にお供えを持たせておられる筈ですよ。南京事件も慰安婦問題も靖国問題も全て仕掛けたのは朝日です。

  36. 60代主婦 のコメント:

    残念でたまりません。
    小坪市議、本当にお疲れさまでした。

    この県知事選の結果は、やはり沖縄の民意なのでしょう。

    以前、知り合いの沖縄出身の方が、普通に「沖縄は戦争で一番の被害者だ」と言うのを聞き、根強い『被害者意識の洗脳』を実感した事があります。

    マスコミの印象操作、情報弱者の情報不足、高齢者はネットをやらないから…というレベルの問題というよりも、何処か根強い『本土は沖縄を犠牲にした』という思いが、実は殆どの沖縄県民の根底にあるように感じるのです。

    だから、騙されて…という人だけではなく、進んで反政府という意識で玉城氏に投票した人も多いのでは無いかと、肌で感じるものがあります。

    沖縄県民はとても善良な人が多いです。純粋で素直な人達が、強く思い込んでしまった意識を改革するのは、想像以上に困難なのではないかと思います。

    上手く言えなくてすみません。

    • じた のコメント:

      沖縄は、五十年前はまだアメリカの統治下でした。
      元はと言えば、アメリカが自分達を正当化するために
      「沖縄は被害者だ。日本が悪い。お前たちは無力だ」
      という教育を施したのだと思います。

      70年代になって沖縄に日本が返還された後、当時すでに下火となっていた左翼活動家(中国ロシア共産主義者など)たちが、「日本が悪い」に共感してもらえる沖縄に入り込んだのではないでしょうか。
      もちろんアメリカ(ユダヤ)も、引き続き日本を弱体化するためには労を惜しまなかったでしょう。

      沖縄はそろそろ、日本である沖縄を守るために本土の若者たちがどれだけ力を尽くして無くなったかを知る時期ではないでしょうか。

      沖縄は、日本が勝手に始めた戦争に巻き込まれたのではありません。
      欧米がアジアを蹂躙する波が日本の近くまで到達し、それに抵抗したから国境沿いの沖縄が戦場になっただけです。

      英語を喋ったり欧風の名前を持つ東南アジア人を見る時、カケラも残さず破壊されたその土地の文化を思い、いたたまれなくなります。
      近代化したとはいえ、沖縄が今、沖縄らしさを残しているのは、あの時、日本が戦ったからです。
      戦争をしてでも、沖縄を守り、アジアを取り戻そうとしたからです。
      あと100年、沖縄がアメリカであったなら、今とは違うOKINAWAになっていたことでしょう。

      ごく最近のマスコミ捏造報道より根が深いと思った方がいいと思います。

  37. あかうお のコメント:

    選挙の結果ですから、左翼のように「民主主義が死んだ」
    などとは言いませんが、厄介な結果になりました。
    ここに至るまでの首長選挙で外堀を埋めつつあったのに
    本丸を陥とせなかった。
    オール沖縄は息を吹き返し、民意の名の下に徹底的な嫌がらせを
    してくるのは間違いない。
    朝日新聞は「政権に打撃になる」と、まぁ嬉しそうなこと!
    それにしても、ネットで聞こえてきた公職選挙法違反の数々は不問?
    やったもん勝ちにも程があるだろ…。

  38. ぽのかのぽん のコメント:

    おっしゃああああ!( ゚ω^ )v

    これで沖縄を鬼畜米軍から守ることができた。o(≧▽≦)o

    さあ、今こそ我々保守が一丸となって叫ぼうではないか!(*≧ω≦*)

    「米軍は沖縄から出て行け、それが沖縄の民意なのだ!」と。(´∀`*)

  39. ぽのかのぽん のコメント:

    沖縄は返還されたとは名ばかりで、島の大半は米軍基地のまま。
    米兵が女子小学生を集団レイプしても逮捕できず。
    硫黄島も米軍機の離発着訓練に使われ、
    いまも一般人の立ち入りは禁止されてる。
    あまり知られてないが、同様の島はいくつもある。

    そもそも首都圏の上空でさえ、アメリカの管制下におかれ
    伊丹から羽田に来る旅客機も房総半島沖まで大きく迂回しなければならない。
    こんな惨めな国は世界で日本だけだ。

    つまり、戦後70年以上を経ても日本はアメリカの植民地なんだよ。
    実際、アメリカは「日本は、世界で最も植民地化に成功した国だ」
    というようなことを言っている。

    ——————————————————-
    米国大統領トルーマンの有名な言葉

    猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。
    方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。
    そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。
    これで、真実から目を背けさせることができる。
    猿(日本人)は、我々の家畜だからだ。
    家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。
    そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は、
    長寿にさせなければならない。
    (化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
    これによって、我々は収穫を得続けるだろう。
    これは、勝戦国の権限でもある。
    ——————————————————-

  40. 北九州市民 のコメント:

    異常な基地反対活動も放置されるくらいなんだから、沖縄では公職選挙法とかあってないようなもの。要するに無法地帯と化していて、それをサヨクは十分理解している。

    同時に、「知名度だけ」でもまだ選挙に勝てるという現実を突き付けられましたね、、、

  41. ネコ太郎 のコメント:

    沖縄県民の政治観に対して失望することだけは厳に慎みたい。

    偏向二大新聞に情報源を握られ、おまけに玉城氏は地元タレント。
    前宜野湾市長の佐喜真氏は、市長という肩書きが付いているものの隣町の市長の名前なんて知らない人が普通だろう。

    タレントが当選する傾向なら、東京都の方がもっとひどい状況である。
    佐喜真さん、本当に善戦しているので、沖縄の若者に期待したい。

  42. 北麓のじじい のコメント:

    小坪市議お疲れ様でした。
    選挙は難しいものですね。
    自分の所の状況だと何とか読めるのですが、他県ではどうにも。
    正直、沖縄の県民は基地問題には辟易してるんだと思いますね。基地のある状況を受け入れ佐喜眞氏を支持した県民が4割。兎に角基地を無くしてほしいが故に実現困難な政策を訴えたデニーを支持した県民が6割。
    県民の判断は示されたが結果はとうに出ているんですよね。基地は出来ることが既定路線。辺野古に決めた民主党政権。許可を出した仲井真知事。基地の是非は最高裁で結果が出ている。基地を争点にした知事選自体が不毛な論戦だった。この先何方が出ても基地を争点にする限り結果は変わらないんじゃないかな。
    自分なりに、辺野古移転と普天間の跡地利用の青写真、それとやはり米軍との地位協定の見直しを掲げればどうだったかなと興味はありました。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      地位協定の見直しに関してですが、これは地位協定そのものを整理して見る必要があるでしょう。

       ?地位協定は国家間の協定であり、地方自治体の管轄外
       ?日本に於ける米軍との地位協定は、在日米軍とその関係者を守る為の協定

      ?の視点で見れば、地方自治体から国へ働きかける事くらいは出来るでしょうが、権限の関係上県知事選で俎上に載せると、弱腰感が払拭出来無い可能性があり不利に働く可能性が高いと推察します。

      ?の視点で見た場合は、スパイ防止法やスパイ取締法が無く、スパイ天国の我が国で米軍関係者を守る為には、日本にとって圧力的な協定内容である必要があります。
      現に沖縄で基地反対運動を展開している活動家が、米軍関係者を脅かす状態に迄エスカレートしており、日本側もこれには明示的な対抗処置を下していません。

      地位協定を本当に見直すつもりならば、先ずいの一番で過激な活動家の排除や、在日米軍やその関係者に危害を及ぼす可能性のある者や活動を禁じ、これを防止し取締まる根拠法の制定など、実績を積重ねてから交渉に臨む必要があります。

      然し乍ら、先代の翁長前知事はこれらの実績を積重ねる事を怠った為に、地位協定見直しの道筋が遠のいてしまったのです。

      若し沖縄県民が本気で地位協定見直しを望んでいるのならば、過激な基地反対運動を助長し兼ねない首長を選んではならなかったのです。

  43. WAK**755 のコメント:

    結果は残念でした。
    愚痴は云わない先生の侍魂は、国のため手弁当で掛け散じた「利他」の精神への共感として、沖縄の人々の心に通じ残っていくでしょう。
    それは、前の戦争における、ひめゆり学徒隊、陸軍「航空特攻総攻撃」などで国土を守るために命を賭けてくれた先人への想いを呼び戻します。
    しかし、昨今の風雲急を告げる国際環境の中に在って、先の自民党総裁選、今回の沖縄知事選でのマスコミ・世論の論点は「利己」の劣情の焚き付ける事ばかりです。

    今、我が国の喫緊の課題は、主権の無い占領時代に与えられた憲法を自主制定し、自主防衛権を70余年ぶりに取り戻す事です。安倍政権の内外での働きによって、その道が開けて来たのです。
    今回の新沖縄知事のデニー氏は「一国二制度と消費税廃止」を唱えていましたが、来年6月の参議院選を勝利し、憲法自主制定を確実に実現するために、多くのブレーンが箴言しているように、必要のない消費税10%への増税政策を破棄すべきです。
    それは、今回の敗北が国を想う人たちに危機感を共有させ、絆を更に強くする出発点となると思うからです。

  44. 八王子市民 のコメント:

    ただただお疲れ様でしたと感謝の気持ちを込めて言うしかできませんね

  45. sm57 のコメント:

    小坪先生、本当にお疲れ様でした。このような結果になってしまってどうにも気持ちの収めようがないですね。そのためにネットでは感情的な沖縄叩きに溢れています。少し時間が経っておさまっていくようであればいいのですが、これが一番厄介な問題だと思います。多くの人が、厳しい状況の中で佐喜眞氏に投票した31万5千人の沖縄県民やギリギリの状況で必死に闘った沖縄保守陣営の気持ちを思いやることができていません。その上、沖縄がとられればシーレーン確保ができず日本も一蓮托生だということを理解できていない人が非常に多いように見受けられます。
     
    問題は多々あったかと思います。佐喜眞氏は準備不足で知名度が低い中で善戦されたと思います。肝心の自民党沖縄県連自身がこの選挙がどんなことがあっても絶対に落とせない選挙であることの自覚が足らなかったようにも見えること。また、佐喜眞氏も、保育料・給食費・医療費の無償化や携帯電話料金の値下げなどを軸に戦っておられるように見え、何だかな、という思いもしました。基地移設自体は粛々と行われるでしょうが、何よりも政権への打撃を恐れます。来年の統一地方選挙、参院選挙、ひいては憲法改正への影響が心配です。
     
    宜野湾市長選に勝利したことで何とか踏みとどまった感もあり、また、アメリカが中国を徹底的に追い詰めている中でメディアの弱体化、パチンコ規制の強化を急がねばなりません。スパイ防止法の早期成立も望まれます。国内が更なる内戦状態になると思いますがあらゆる法律を駆使して力づくでもやり抜く必要があると思います。玉城知事は早晩行き詰ります。

    私自身ショックが大きく、気持ちを整理できないままの駄文失礼しました。小坪先生は日本再生になくてはならないお方。どうか、ご健康と御身の安全に格別の配慮をお願いいたします。まずは十分な休養をとっていただきたく。本当にお疲れ様でした。

  46. 旧新人類 のコメント:

    私は沖縄の若者のことが気にかかります。だってあんなに沖縄のために頑張ったのに不本意な結果になって、さらに櫻盛居士様がご指摘のように今後洗脳工作のターゲットにされていじめられたら可哀そうです。なので、よく小坪先生が仰っているように、「つないだその手は離さない」という気持ちで、これからも極左勢力の弾圧に負けないよう支援しなければと思います。それに、瀬戸さんのブログによれば、調子にのった極左勢力が全国で反撃を呼び掛けているそうで「沖縄のことは沖縄で」どころか全部連動しているのです。大体、小坪先生の記事によく出てくるように、国や県との役割分担や交渉事(地域だけでは担えない予算や執行権限等)という実務的な問題があり、ひとつの県(地域)だけが自己完結的に存在できるわけではありません。そういう現実を一切無視して、単純化して煽るのがマスゴミスタイルです。沖縄が重点的に情報工作をしかけられていて巻き返しが必要な現状で、沖縄を他県(本土という言葉に「外地」とセットになっているような違和感を感じてます)から分断させるような言論にこっちから乗る必要はありません。あと、戸締りさんが「フィリピンの米軍基地が復活すれば、台湾の米軍駐留も視野に入る。沖縄は後方支援のための基地に変わる」というツイートをしていて、こういう大きな視点から見て沖縄にとってどのような選択肢があり、どれが一番メリットがあるかを現役世代が中心になってどんどん議論すればよい。そのための正確な情報もたくさん提供したらよいでしょう。知れば知るほど、今回の選挙結果の背後を選択してはならないという決意が固まることでしょう。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      戸締りさんが「フィリピンの米軍基地が復活すれば、台湾の米軍駐留も視野に入る。沖縄は後方支援のための基地に変わる」というツイートを―

      台湾の米軍駐留に関してですが、選択肢としては放棄していないのは事実でしょう。
      然し乍ら、台湾の米軍駐留と言う行為は、中共側からすればキューバ危機当時の米国の様な立場に至ってしまう為、その時点で米国は米中戦争を覚悟したと言う意思表示になります。
      従って、沖縄が戦禍に巻き込まれる事も想定済みの戦略であると判断出来ます。

      「若し台湾有事が勃発すれば、沖縄から米軍が直ぐに駆付ける」と言う絶妙なバランスが、沖縄が戦禍に巻き込まれる事を回避させている以上、沖縄県外への基地移転も沖縄が戦禍に巻き込まれる事を想定した上での決断となってしまうのです。

      米軍基地の沖縄県外移設は結果論で言えば、当に「沖縄を見捨てた」事になる為、中共や反日勢力が精力的に活動展開するのも頷けますね。

    • 雛あられ のコメント:

      私もアメリカの動向を見るに、トランプ大統領は対中国で本気だと思いますので、台湾の米軍駐留は当然視野に入っていると思います。
      今回の選挙結果で今まで以上に違法な反基地活動が活発化するなら、中間選挙の後、アメリカから動きがあるような気がします。
      例えば「米軍が台湾に移り、沖縄は後方支援の自衛隊だけになったらどうなる?」とか、色々なシミュレーションは日米の関係者の間では既にされていると思います。
      主導権を握るのはアメリカでしょうが、その時玉城知事はどうするのか?補助金は?沖縄の雇用や経済は?
      アメリカが韓国を切り捨てて在韓米軍を撤退させるという話も現実味を帯びている中、対中包囲網の構図が大きく変わるような気がしています。

  47. 勝利の要因は何かを考えてみる のコメント:

     選挙においての反省は、それぞれの立場において、個々人が考えれば良いことだと思います。周囲の人間が、賢しげに「あなたはこういう部分を反省すべき。」というのは、反省と名を借りた攻撃にしかならないので、しない方が良いと思います。
    ただ、今後のために、分析した方が良いと思います。脇から見ている者の分析です。

    この文章のテーマはなぜ勝ったのか。

     一言でいうと、ルールを無視した選挙活動が、「宣伝活動」としはとても効果の高いものだった。

     この「宣伝活動」は、次のような人々に対して、とても効果があったと結果が物語っている。
    政治の中身にはあまり興味はない、もしくは、中身を詳しく知らない、だけれども、投票は義務だから行く。
    という人々に、効果が抜群であった。

    そして、この宣伝行動に対して、違法だけども「する」、違法だから「しない」の差は、100対0の状況を生み出した。圧倒的に有利な状況を作り出した中で、選挙をしたのだから、当然のごとく勝つわけである。

     本来、この「宣伝活動」は、違法なものとして裁くべき内容、少なくとも警告を与えて排除するべき内容ではある。だが、裁くことも警告を与えて排除することもできなかった。実行者たちは、裁かれることはないと確信して行動している。確信している理由はいくつかある。
    1.沖縄県では、過去においてこの種の違法な選挙活動は取り締まりを受けてはいなかった。
    2.県政与党の立場で、政治的にもみ消しする事ができる。
    3.沖縄のマスコミを占有する勢力が味方であり、世論を喚起される心配はない。
     他にもあるかもしれませんが、この3つで十分すぎる理由だと思います。

     一方は、反則であろうが何であろうが、自分に有利になるように行動する。
     もう一方は、ルールを守って、制約を受けながら行動する。

     どちらが正しいかと言えば、言うまでもない事ですがが。どちらが勝つかと言えばも、言うまでもない事だと思います。
     この宣伝活動を封じる策を練るか、宣伝活動を超える活動を生み出すか、そのどちらかをクリアしないと、沖縄では今後の厳しいのかもしれません。

  48. 神無月 のコメント:

    関係者の皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

    玉城 デニー氏に投票したのは、有権者の内、約35%です。半分にも満たない支持者によって沖縄の将来が託されます。民主主義なのですから、有権者の過半数の獲得が前提でなければ、民主主義としては成り立たたないと思うのですが、おかしなものですね。

    敗因をしっかりと分析し、次に繋げて下さい。

    一つ分かった事は、小坪市議の書かれた支援組織の重要性とサポート体制です。左翼を見て分かっていたつもりでも、リアルな現場の声で問題点も理解でき対策も出来ます。

    小坪市議はネットを活用した支援ネットワークを目指しておられますので、期待をしております。

    憲法改正へのハードルは上がりましたが、ピンチはチャンスとも言います。
    ピンチを活かして、次のステージに進んで下さい。応援します。
    .

  49. Augusta のコメント:

    さきま氏は健闘しましたが、残念な結果でした。
    優秀な方ですので、今後のご活躍を期待します。

    玉城氏は、これから事あるごとに翁長前知事と比較されます。
    弔い合戦を掲げて当選したのですから、しっかりと向き合って頂きたい。

  50. 小坪さん、お疲れさまでしたー。
    せやけど悔しいなあ。
    もうちょっと接戦になるかと思てたのに。
    あ、ちゃうねん、ちゃうねん。
    そもそも相手は知名度100%、こっちはほぼゼロからここまで盛り上げたんやんか。
    パチ倒ブログでも言うてはったけど、44%vs55%やで。
    この前の石破くん、45%で「善戦」やったんとちゃうんか?(笑)。
    あと一息、次こそは!かな。
    それにパチ倒さんによるとあちら側はほぼカードを使いつくしたわけで、デニー君はこれからレイムダックになっていくはずやと。
    知事権限ではでけへんことを公約にしたりしてるし、とか。
    あきらめたらあかんな。

  51. ぽのかのぽん のコメント:

    お前ら、何でそんなに米軍が好きなの?

    • Sat のコメント:

      米国はChinaよりずっとマシだからな。共産シナに日本侵略などさせてはならん。

    • あかうお のコメント:

      米軍に対して日本が平身低頭な現状に不満が無い訳ではないが
      在日米軍が退去するなら、同等規模の自衛隊増強が必要となる。
      憲法や政治で手足を縛られ、野党やマスコミはほぼ全てが敵で
      目下の脅威であるミサイル防衛すらまともに出来ない始末。
      こんな状況で自衛隊を増強するのに何十年かかるか。
      それまで待ってくれるほど、周辺国はお人好しではない。
      予算だって兆円単位で増えますよ?
      将来的にはともかく、現状は米軍に頼るしかないでしょ。

  52. 川崎哲治 のコメント:

    沖縄の左翼新聞はツブさないといけませんね

  53. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    負けました。ガッツリと。
    長年に渡る基地への感情、アメリカ、自民党がやってきた事。
    一貫したマスコミの報道姿勢、印象操作、選挙違反・・・。
    ネットをあまり見ない普通の県民は普通にデニー氏に入れたのでしょう。
    今回、佐喜眞氏は地位協定について公明党と協力するとの事でしたが
    何で公明党?自民党は一体何をやっているのか。
    アメリカとちゃんと話が出来る人はいないんでしょうか。
    まあ長年、日本はそんな要求が出来るような立場では無かったのでしょう・・・。
    日本を守るため。悔しいがどうにも出来なかった。
    デニー氏は国とアメリカに喧嘩売ると言ってる。
    全く無責任であてなんか無い発言ですが県民感情はどうか。
    やっぱり難しいですよね。沖縄は。
    アメリカと話し付けなきゃならない問題なのに政権は何かしたのだろうか。
    沖縄のために何か交渉したのだろうか。
    公明党にぶん投げたのだろうか。
    蓋をして見ないふりをしてないだろうか。
    負けるべくして負けたんではないだろうか。

  54. ロード のコメント:

    おつかれさまでした。

    今回の選挙、
    市議が再三再四、訴えてきたように、敵の力を見誤った結果ですね。
    あまりに公認選定が遅く、不透明でした。

    県のため、国のため、苦渋の決断をした安里氏、古謝氏、
    全国から応援に入った国士の方々の奮闘は、次に繋がると思います!

  55. 一国民 のコメント:

    あくまで私見ですが、デニー新知事は最初から詰んでいると思います。彼の公約が知事の立場で実行可能かどうか考えると絶対無理ですから。早速菅官房長官が辺野古移設につき釘を刺してましたし。
    さらに選挙前からの数多くの違法行為は動画や画像つきの証拠が多数あります。
    彼が沖縄県民の怨嗟の的となるのにそう時間はかからないでしょうしリコールの対象になり得ます。
    長い目で見ると、彼と反日どもは自ら墓穴を掘ったと思います。
    あとは政権がいつどんな形で動くか? 沖縄の諸問題の解決にはどうやらハードランディングが必要になりそうです。

  56. じた のコメント:

    沖縄基地問題。

    本当に、自衛隊が軍隊になって、米軍に変わって沖縄にいるようになれば良いのになぁ。
    自衛隊の規律の良さは米軍の比じゃないし、基地周りの産業も引き続き潤う。
    必要があれば同盟国である米軍も自衛隊(軍)の基地が使えるんじゃないのかな?

    沖縄の人こそ、自衛隊の軍隊化&沖縄防衛を目指せば良いのに。

  57. 一国民 のコメント:

    じた様
    御意であります。米軍の代わりに沖縄に我が国の正規軍が駐留するのが理想的な形だと思うのですが、このような議論はあまりきかれません。
    これを実現するには改憲と自衛隊の国軍化が不可欠ですが、パヨク達の目的とは相入れませんね(苦笑)

  58. コンソメパンチ のコメント:

    無党派の7割がデニーに流れたとか。普天間にも辺野古にも反対なんだとか。
    愕然としました。
    沖縄は、きちがい左翼や外国人が蔓延ってるのもあるけど、反基地が沖縄の願いなのか。
    国の安保などどうでも良い、補助金よこして基地は出ていけと。
    勝手に違反行為だらけの売国奴知事と滅びてしまえと叫びたい気持ちもあるが、
    沖縄は日本だ。沖縄のすぐ向こうには明らかに反日国が見える。
    放置もならない。
    それにしても、中央はなにをやってるのか。
    米軍関係者への罵詈雑言蛮行を放置する政権は、日本領事館まえの銅像、デモを放置するかの国と変わらないではないか‥‥。
    沖縄の狭蝿なすものどもを速く一掃していただきたい。

  59. 山形賢一 のコメント:

    ネット右翼に足を引っ張られた佐喜眞候補【沖縄県知事選挙 現地レポ?敗北の分析】
    古谷経衡 | 文筆家/著述家
    10/1(月) 5:30

    Yahoo!に載ってましたが、負けたのはネット右翼のせいらしい。

    • 北山 のコメント:

      ttps://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181001-00098867/
      ○それにしても、中国の沖縄への野心を何が何でも誤魔化したいという意思が伝わって来る記事ですね。
      ・【3】荒唐無稽な在沖縄ネット右翼活動家の蠢動
      >「玉城はパヨク」「玉城は売国奴」「玉城は中国の工作員」等というレッテルと共に、
      >ここで重要なのは、地元新聞とは「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙を指すと言うこと。また「中国の沖縄侵略」ではなく「沖縄侵略隠し」を訴えているという点で、極めて陰謀論的世界観である。 つまり、沖縄に於いて中国の侵略が現に行われて居るが、「琉球新報、沖縄タイムス」の二紙がそれを故意に隠している、という主張を繰り返したのだ。
      ・【4】『在日特権』から『中国による沖縄侵略』へ
      >巨大な既成のマスメディアが、重大な真実を遮蔽し、隠蔽している―という『マトリックス史観』から発生してきたのが、ゼロ年代前半から登場してきた『在日特権』というデマゴーグである。
      >『在日特権』というデマは、おおむね2013?2014年、第二次安倍内閣発足と共に衰退していった。なぜなら、いくら探しても『在日特権』を示す根拠が発見されなかったからである。 それに代わって登場してきたのが、『中国による沖縄侵略』というデマゴーグである。
      >上記の部分を、「大新聞・TVによる世論誘導選挙、在日朝鮮人の日本侵略隠しを訴える」と置き換えれば、この世界観は見事にゼロ年代全般から2013年頃までを席巻した『在日特権』という虚構の構造と全く同じである。
      ・【5】フェイクニュースとも戦ったデニー氏
      >ネット右翼は沖縄でも、本土でも、そして中央のCS放送や保守系論壇誌の中でも、はっきりと「デニーが知事になると沖縄は中国にのっとられる」などと主張するようになった。その対として彼らは佐喜眞氏支持を鮮明にし、デニー氏に対し徹底的な誹謗中傷やデマの流布を行なった。 9月に入り週刊誌報道で”デニー氏に隠し子疑惑”が報じられると、著書を持つクラスの保守系言論人らが、こぞってこの事実に尾ひれをつけてSNS上で拡散した。が、この報道はデマであった。
      >デマであると確定したデニー氏に関するフェイクニュースは、
      ・【6】ネット右翼が佐喜眞氏の印象を悪くしたのか?
      >彼らは口々にこう絶叫した。 「玉城デニーが知事になったら、沖縄は中国にのっとられます」「玉城デニーが知事になったら、中国の工作員が沖縄を破壊します」このような、トンデモ陰謀論とも思える連呼
      >「玉城デニーが知事になったら、沖縄は中国にのっとられます」 という絶叫
      >沖縄に中国の工作員などいないし、彼らの破壊工作を沖縄二紙が隠蔽しているはずが無いことは、他でもない沖縄県民が一番よく知っているからだ。
      ・【7】争点にすらならない「中国沖縄侵略説」
      >沖縄に中国の工作員が忍び込んでいる、というのは「大阪にスリーパーセルなどと呼ばれる北朝鮮の特殊潜伏工作員が存在する」という「工作員妄想」にも通底する陰謀論だ。百歩譲って中国の工作員が日本に潜入するとすれば、それは自衛隊司令部のある市ヶ谷や横須賀や朝霞でなくては理屈に合わない。なぜわざわざ沖縄に潜伏しているのか。少し考えれば常識で分かるデマである。沖縄の有権者は、こういったデマを一蹴した。
      >このことからも分かるように、「中国の沖縄侵略」とか「沖縄二紙の問題」は、有権者の中で争点にすらなっていないのである。 こういったネット右翼が叫ぶトンデモ陰謀論的世界観は、中央(東京)から放送される一部の極端に偏向したCS番組や保守系論壇誌、あるいはネットニュースの中で俎上にあがるだけで、実際には「保守」「ネット右翼」という自閉した巨大なサークルの中でしか通用しないジャーゴン(組織内言語)に他ならない。だから、在沖縄の街頭で行なわれたこのような叫びやSNSでの拡散は、沖縄の有権者にとってノイズとしてしか認識されなかった。
      ・【9】沖縄保守の静かな憤慨
      >「連中、星条旗と日章旗を一緒に掲げて中国の侵略がどうのこうのと・・・。正直、やめて欲しかった。勘弁して欲しかった。冗談じゃないよ」
      >沖縄の保守陣営からも、蛇蝎のごとく嫌われるトンデモ陰謀論を訴えるネット右翼は、ネット空間から「選挙」というリアル空間に這い出て、それが「ネット右翼活動家」になった時点で、いかなる陣営にとっても害毒しかもたらさない。そう私は確信した。

      ○こちらの方は沖縄の保守派の抵抗意思を挫きたいってことですかね?
      >しかしながら私は、佐喜眞氏の敗因は、佐喜眞氏自身は当然のこと、その「外野」にこそあると分析している。「外野」とは何か。それは翁長前知事が健在であった時代から、反翁長(反オール沖縄)の姿勢を鮮明にして、主にネットやCS放送局などを利用して勢力を高めてきた在沖縄のネット右翼活動家達のことだ。
      >しかし前述した在沖縄のネット右翼活動家らや、及び全国に存在するネット右翼の、「善意による」佐喜眞氏への勝手連的な応援は、沖縄の有権者に佐喜眞氏への親近感を高めるどころか、却ってマイナスの材料になったのではないか?と私は観ている。
      >このような、トンデモ陰謀論とも思える連呼とセットに佐喜眞氏を応援することで、常識的な感覚を持った有権者の多くは、むしろ佐喜眞氏へのネガティブイメージを持つに至ったかもしれない。
      >という絶叫とセットで行なわれた佐喜眞氏を支持する勝手連的訴えは、まさにネット右翼による「親方思いの主倒し」の典型ではないだろうか。
      >彼らが「なんかトンデモな人たちが佐喜眞氏を応援している」という印象を与え続けたのなら、これは佐喜眞陣営にとって痛打以外の何物でも無い。それを実際に実行したのが、「善意」を以てデニー氏を攻撃し、佐喜眞氏を応援した在沖縄のネット右翼活動家らである。
      >最後にこの事実を書いておく。冒頭の大広間で、私は或る佐喜眞陣営選対関係者に詰問した。 「どうして、在沖縄のネット右翼活動家らを放っておいたのですか。却って佐喜眞さんの足を引っ張っただけじゃ無いですか」
      >佐喜眞氏敗北が確定したことも重なってか、関係者の瞳の奥には、ネット右翼への敵愾心とも取れる静かな憤怒を感じた。

  60. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、皆様お疲れ様でございました。
    結果は受けとめなければならないのでございましょうが…
    県民全ての[見極め]の結果では無く、
    日本を取り戻す!沖縄を取り戻す!の
    我々と同じ[見極め]の切実なる想いの多くの県民の方々がいらした事で、今日からの沖縄にある意味、ある波が発生致した時、大どんでん返し!が起こるかもしれないと…まだまだ期待せずにはおられません。大和魂、沖縄魂は、そうたやすく
    怯まないと存じてなりません。
    あの日、あの時の沖縄の先人の方々の尊い教えを想えば、[正しき見極め]の県民の
    願いが消えずに残っている以上、[正しき見極め]の灯火がともっている以上、護る
    精神は受け継がれていきましょう。県民だけではなく、日本国民で沖縄を日本を
    再生していかなければなりません、誰かに託すのではなく、我々一人一人が護る番なのでしょう。祈

  61. 尾張小牧 のコメント:

    こんばんは。

    結果は残念でしたけれど、留まっている訳には行きません・・・・
    やはり、出来れば数年前、遅くても1年前位には候補を決めておくべきだったと思いますが。

    来年は統一地方選挙も有ります。
    「オール沖縄」とマスゴミは囃し立てますけれど、
    統一地方選挙で、オール沖縄側の首長をひっくり返し、議席も勿論過半数以上を押さえて行くという基本に立ち返るべきです。

    もう既に、戦いは始まっているのですから、
    戦列を建て直して、もう一度やり返して行くべきだと思います。
    絶対に向こう側にも「隙」は有る筈だと思いますので。

    また、情報戦の制空権を極左誌に握られていますので、
    「押し紙」からの何か良い手で、弱体化させたいですし、
    電波オークションを早く導入して、フラットな報道をする事を否が応でも?させたいものですよね・・・・

    選挙違反行為についても、アチラ側が好きな(苦笑
    何たらオンブズマン!?方式で攻めたら?どうでしょうか?
    小坪さんが以前書いておられましたが、攻める事は得意でも攻められる事には弱い!という事を徹底的にするべきでは無いでしょうか?

  62. 無党派層の沖縄県民です のコメント:

    沖縄県民です。
    今回の敗因はやっぱり自民が最初から立候補を名乗り出ていた安里繁信さん推さず、佐喜眞さんを密室会議で担ぎ出した事でしょう。あの時点で安里繁信さん支持の無党派層は今回の選挙自体に興味を失った感が強いです。私もその1人です。安里繁信さんなら支持しましたが、市長として任期途中、まだ市長2期目としてやるべきことが山積している佐喜眞さんを推すことは全く理にかなってないと思っておりました。沖縄自民の老害の結果だと思います。
    次の豊見城市長選では私も含めた無党派層は現市長を推している人が多いのにまた自民は自民で候補者を擁立していることもまた老害。
    自民党はしっかりと市民を向くべきですね。

WAK**755 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください