台風の目、そして反撃の狼煙。懲戒請求などについて


 

 

軽度ではありますが、熱中症になりました。
いまはバリバリとは言いませんが、普通に復活しております。
ただ、しんどいのはスケジュールの調整でして、その間に止めてしまったタスクが山積。

やっとこさ、計画建てた動きに戻れそうです。
明日より数件のアポが入っておりますが、遅延分ではないタスクになんとか取り掛かれるという状況です。

さて、懲戒請求の件について、士業会に照会を行っておりました。
これは弁護士会を含む各士業会に問うたものと、監督官庁がある士業会については省庁経由で問うたものの2パターンです。

結果としては、照会した全士業会の、懲戒請求制度に関する公式の回答を得ております。
こちらについては、ある理由により公開を待ったわけですが、そろそろ時期が良いと思いますので数日に分けて公開していきたいと思います。

 

「お???」という回答であり、恐らくは様々な訴訟にも影響しうる内容かとも思います。
これは弁護士会に留まらずでありまして、懲戒請求に関する訴訟については全般的に影響を及ぼすのではないでしょうか。

一部で意図的に誤解を与えようとした勢力もおりましたので、
一応、注釈をしておきますが「私は、余命氏らが推進した懲戒請求の呼びかけ」には参加しておりません。

私自身が、氏らが作成した懲戒請求を行った事実はございませんし、
賛同したり拡散したという事実もございません。

 

「懲戒請求者に対し、士業が訴訟を起こした」という事態に接し、
政治家として、思うところを述べさせて頂きますとともに、
事実を持って述べるために「資料の照会」を行った次第であります。

ですが、そこから動きは色々とあり、「ある回答」については、
一部の政治家が動きを見せたことも、また事実かと存じます。

 

災害対応(主に行政の視察を丁寧に行って頂くとともに、早急なる予算付け、事業化のお願い)や、のちの体調不良などで遅くなってしまいました。

8月中のアップを予定しておりましたが、8月1日より順次公開していきたいと考えています。

 

先ほど、少しくどい前置きをさせて頂きましたのは、
余波の影響規模が、氏らの懲戒請求権の活用とは、また違う方向の答えが得られつつあるためです。

それは、私が当初より述べておりました、組織としての問題になるように思います。

 

 

ここ数日(ほぼ一週間ほど)過去記事の再掲が多かったのですが、
もう数日だけ、同様の状況が続くかも知れません。

新しい話が書けず、申し訳ありません。

 

皆様も体調に気を付け、早い段階で水分補給を行い、
直射日光を避けつつ、休めるときはしっかり休んでください。

※ 政策資料の納期や、原稿も貯めこんでおります。
体調はかなり良いのですが、Blogに手がまわっていない状況です。

 

 

ちょっとだけ加筆を。

私が懲戒請求制度について言及するのは、上記のシリーズで終わりとなると思います。
現在のところ、それ以上の動きは予定しておりません。

というのは、当初から参加していないという部分もあるのですが、
「制度設計全般」についての部分において、議論のコアの部分が回答として得られたためです。

ある意味では、一部の方に致命的な内容となっており、この一件についての発端については、一つの解を得るだけのものだと考えております。

つきましては、その他の士業会についての動きはとっていきますけれども、
弁護士会とのアクションについては、上記で予告したレポートをもって終結すると考えております。

各個人の思い、また他団体(例えば余命氏ら)は弁護士個人との闘いもあるのだと思います。
ただ、私が論じてきたのは「多くの士業士会の懲戒請求制度、その中での弁護士会の制度運用」であります。こちらについて回答が出るというのは、彼らの戦いにも(結果的には)大きな影響を及ぼすと考えております。

まぁ、ダラダラと書いても仕方ないので、ざっくり申しますと、
「かなり踏み込んだ回答」が得られたので、それを国政に投げ終わっており、
水面下の折衝がどうやら終わりつつある、ということです。

そうなると、地方議員である私には、立場上、あまり深くは語れませんものね。
全ての回答を公開したのち、「なるほどね」と(少しお時間を頂いたことも含め)納得して頂けると思います。

このあたりもあり、言いたくとも言えぬ部分もございました。
ちょっと反論すべきか?という場面もありましたが、成果を優先したという次第です。
そちらについても必要なものは対処を行っていきたいと考えております。

余談になりますが、一部のメディアは、すでに回答を持っていることも付記しておきます。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

23 Responses to 台風の目、そして反撃の狼煙。懲戒請求などについて

  1. medakanoon のコメント:

    台風の目、そして反撃の狼煙。懲戒請求などについて 軽度ではありますが、熱中症になりました。 いまはバリバリとは言いませんが、普通に復活しております。 ただ、しんどいのはスケジュールの調整でして、その間に止

  2. 野良犬 のコメント:

    議員の早いご回復をお祈り致します。

    私は昨年初めて熱中症になり、呼吸が苦しくて困りました。特に夜は苦しかったのですが、冷房の冷気があまり好きでなく非常にローテク方法で乗り切りました。
    1)水枕を使用。更に
    2)濡れタオルで頭、首を覆い、覆った部分に扇風機を最弱で、タイマーセットして当てて寝る。

    成人男子以外には体に良くない方法ですが、参考までに。

  3. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    2018/07/30 01:00 現在では、避難勧告が出されている福岡県内の地域は北九州市だけの様ですが、先立っての豪雨もあり引続き警戒は必要でしょう。
    地滑りは雨が上がった後でも発生する事もある為、尚更気が抜けません。

    行政は普段から維持工事の為の予算を確保しては居ますが、この時期は補正予算が必要になる事もあり、必然的に結果として議員の方も多忙なのではと思います。

    災害迄に至らなくても、河川や側溝、集水桝の浚渫が急遽必要となったり、養生が必要な法面が出てきたりと、柔軟な対応が余儀無くされる事が多いかと。
     
     
    余談ですが、近年は自然災害とは言え警察、消防、自衛隊、自治体の練度向上を伴う事象が続いてますね・・・。
    日本史のパターンに基づくならば、用心はしておいて損は無いかも知れませんね。

  4. 無私 のコメント:

    「懲戒請求者960人の会」の一員として毅然とした態度で弁護士会に臨みます

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、やはり、熱中症でしたか、、、でも、軽度でよかった

    普通に復活されていらっしゃるならば、なによりでございます。

    >ざっくり申しますと、
    >「かなり踏み込んだ回答」が得られたので、それを国政に投げ終わっており、
    >水面下の折衝がどうやら終わりつつある、ということです。

    表記の件、おつかれさまでございます。
    今後、経過報告がされていくのでしょう。

    と、いうことで、本日はゆっくりお休みくださいませ。

  6. 西郷 のコメント:

    小坪市議、呉々も御自愛下さいね。

  7. 無法松の一生 のコメント:

    熱中症の予防には、兎に角、水を被る、出来るならシャワー浴びて石鹸で身体の脂を洗い流すのが一番です。

    余命、小坪慎也、保守速報、応援しています。

  8. JL のコメント:

    本件気になっておりましたが、実際のところ悪どいことをして脅してた弁護士はまだ同じような事やってるんですかね?

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    お疲れ様です、過去の記事は懐かしく思ってます。
    懲戒請求含め多数案件抱えてらっしゃいますし、元々の疲れに暑さも加わってるのでしょうね…早く元気になりますように

    【酷すぎワロエナイ】ニセ留学生が健康保険制度に加入(ブローカー有)→扶養家族(外国在住でも)も加入可。外国で支払った医療費も日本が支払い
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49610384.html
    5: あなたの1票は無駄
    ● 留学生の審査がおかしい
    ● 扶養家族の分の保険料をどうするのか
    ● 日本人もいい加減おかしいでしょ

    これって、保健医療だとさえ言えば医者は損する可能性なしに保険から無尽蔵に金出してたという日本の制度欠陥を外国人に突かれたということでもあるよね。
    医者も「節約」を考えないといけない制度に造りかえない限り、また形を変えてこういうことは起こるよ。
    日本は甘いって知れ渡っちゃったんだから。

    単純労働者でも雇用元が医療負担の義務背負えよ。
    ただ人を確保できりゃ良いで、諸々国に丸投げとかふざけんな。

    Chris Ryouan三宅さんのツイート:
    アメリカに住むチャイニーズが語っていたが、「老後は日本が一番」?
    「だって医療費が安いし、日本政府が支援してくれるから」?
    そう言う噂が広がっていたとは。
    アメリカに住むチャイニーズに広まっているのだから、
    いずれ中国から老人たちが日本に押し寄せるか?末、オソロシヤです。
    ttps://snjpn.net/archives/60479

    イギリスがEU脱退した理由の一つに確か同じ問題があったな
    以前も書いたけど、留学生をサポートしているNPOもやりたい放題だからな
    基幹病院に紹介状もなく、診療科目が休診日にわざわざやってきて治療しろと駄々こねる
    通訳はできても基幹病院の意味は知らんらしい

    ひどすぎだと思う。
    ビザ取得の条件を、健康面から見ても厳しいものにしたほうがいいのでは。

    タイトルだけですけど


    倒閣運動モリトモ★大暴露キタ━━(゚∀゚)━━!!! 籠池長男「菅野完が金(4千万円くらい)は民団幹部から工面すると言い、目が覚めた」と暴露ww

    韓国版AKB48番組に練習生が慰安婦グッズを身に纏って出演 愛国商法を使うことに韓国側からも批判

    【太陽光】孫正義「日本でやりたくても日本の電力会社が意地悪で妨害してる!」→サウジの電力会社に投資し原発3基分の太陽光発電計画を発表…

    東京都、新宿のデモ出発地を4か所から1か所に制限 共産党らが抗議「多くの区民の願いはデモの規制ではない」

  10. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうございます。
    思いのほか収穫があったようで良かったです。
    記事を楽しみにしてます。
    お身体お大事になさってください。

  11. テロ指定共産党 のコメント:

    熱中症も軽く済んで良かったですね。体験はプラスになります。

    性善説の日本が混乱している元凶の一つは国籍条項の廃止でしょう。
    日本の法律は悪用される事を想定しませんので、内容は抜け道だらけです。

    性悪説の方々のマインドが変わらないのであれば、法律をガチガチに厳しくするか、簡単に入り込めない様な仕組みが新たに必要になるのでしょう。

    開放した結果が混乱なのですから。
    .

  12. ピーナツ県民 のコメント:

    熱中症でしたか。どうぞお大事になさってください。

    夏は避けた方が良い食品)
    ・肉類(ことに鶏肉は熱性が高い)
    ・唐辛子
    ・アルコール

    夏は摂った方が良い食品)
    ・甘いもの
    ・牛乳
    ・ハトムギ
    ・ココナツウォーター、クリーム等

    ですから飲み屋で良くある「ビールに唐揚げ」なんかは夏に体内の熱性を増す、最低の取り合わせです。

  13. TETSU のコメント:

    正直、かなり危険な「火中の栗」だと思って見ておりました。

    拝読している限り、見事な間合い感覚だったなと感じます。

  14. 琵琶鯉 のコメント:

    野党はモリカケを長くやり過ぎましたね。(引き際を誤るとこうなる。)
    雑誌HANADAにて、籠池さんの長男が、菅野さんから「裁判費用は民団の関係の経営者が4千万円準備するから心配ない」との言葉で、目が覚めた。と言ったとあります。

    成る程、倒閣の黒幕は、民団で、その繋がりで野党が頑張っていたという事だったんですね。

    政府もいい加減にこういった連中をテロ三法でしょっぴけばいいのに。

  15. akikonian のコメント:

    弁護士会の制度を政治利用すんなってことを言われたんじゃねえのと勝手に予想。

  16. 小坪さーん、無理せんときやー(笑)。
    士業への照会のレポート、楽しみにしております。
    <ある意味では、一部の方に致命的な内容となっており>
    お察しいたします。
    それぞれが、自分のやり方で戦う、ということを今後も続けて行きたいと思います。
    ※昨日の「通州事件」の話はツイッターでシェアさせていただきました。
    教科書に載せるべきですよね。

  17. 紫陽花 のコメント:

    猛暑が続きます。
    お大事になさってください。
    熱中症の兆候としては
    ・足がつる
    ・頭痛
    ・(頭痛の前段階として)目や目の奥が痛む
    ・倦怠感
    ・吐き気
    などがあります。

    スポーツドリンク(ポカリスエットかアミノバイタルを2?3倍に薄め、常温か気持ち冷やしたものを準備しておくといいですよ)
    人工甘味料の入ったもの(ゼロカロリー)などは効果がありません。
    食塩と砂糖がちゃんと入ったものにしてくださいね。
    ちなみに、私がわざわざ商品名を出したのは、実際自分がスポーツをやっていまして
    様々なメーカーの商品を試した結果、
    水分補給と熱中症予防の両方に効果があったものを出したまでです。
    体を張って証明してます(笑)。

    紫外線も厳しいので、サングラスをかけることも必要かと思います
    体が資本ですから、どうぞご自愛ください。

  18. 琵琶鯉 のコメント:

    アメリカから犯人引き渡し依頼とか来てないのかなぁ。
    警察庁は、アメリカに問い合わせした方が、いいんじゃない?

    • 草莽の草 のコメント:

      米大使館に「テキサス州で逮捕状がでている犯罪者が日本国内に潜伏しています。事務所の所在地は…」と通報するのが良いかと思います。

  19. 日本国を憂いる者より のコメント:

    いつもありがとうございます。
    福岡の皆様におかれましては地震の傷も癒えぬのに、次々と猛暑や大雨や台風対策でゆっくりお休みになる事も出来なかったかと思います。
    市議会議員として次々と対策を取って行かねばならぬ状況で、体調不良でも頑張られてしまうのでしょうから、少し心配しております。

    懲戒請求の件、国政より追及・報告があるのを楽しみにしています。
    「組織としての問題」という点で、かねてから小坪先生の提案されていた組織の姿が見えてくるきっかけになるのでしょうか?
    8月からのアップ内容が待ち遠しいです。

  20. あかうお のコメント:

    被災地ボランティアで、連日熱中症っぽい状態でした。
    38℃の室内を日陰だから涼しいと感じる…これは危険だ!が毎日。
    朝トイレを済ませたら次は夕方…何リットル飲んでも汗で出る。
    昔、動けなくなるまで重症化した事があるので、限界点が分かる。
    今年の夏は本当に災害並の暑さですから、お互いに気をつけましょう。

  21. 沙羅 のコメント:

    小坪先生
    政治家が関わって下さるという事は、こう言う事なのかと、改めて驚きました。
    不安ですが「日本を取り戻したい」一心で、960人の中に入れて頂いています。
    これからどう動いていくのか自分には解りませんが、
    情勢を理解して、何とか足手まといにならないようにしたいです。
    ここに毎日訪れるようになりました。また違った勉強ができるのが楽しいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください